2017年 01月 15日

・・・ n.2 カステルヴェッキオ 城(博物館)と橋 ・ ヴェローナ ・・・(旅行 お出かけ)

第一回プラチナブロガーコンテスト
d0097427_20490111.jpg
    
       今回は、ヴェローナのカステルヴェッキオのご案内 その2を。 

       博物館に収蔵の中世の像を何体かご覧頂いた所ですが、
       今回は最初に、城の中から連絡して北のアディジェ河を渡る橋について
       ちょっとお話をさせて下さいね。

       上の写真はグーグルの衛生地図から切り取ったもので、
       橋の3連アーチの位置がよく分かると思い・・。

       ちょうどアディジェ河が街中に来て大きく蛇行する位置に城と橋があり、
       河のほぼ真ん中に、最初の城からの長いアーチの橋脚があり
       後の距離をほぼ半分にして、もう2つのアーチがかかります。

       つまり、同じ幅のアーチではないのですね。
       



       こちらをどうぞ。
       横から、その差がよく見えるのをサイトで見つけまして、

       橋の全長119,9m、 城側の一番長いアーチの部分が48,69mで、
       あとのは29,15mと、24mと。
d0097427_20491105.jpg
       城から最初のアーチの頂上部分まで少し上り坂で、
       そこから緩やかな下り坂で北に渡ります。


       説明には、ヴェローナの中世において一番大胆で見事な作品であると。
       確かに、アーチの下を支える白い石と上部の赤い煉瓦の色の対比も鮮やかで、
       城の防御の一部としての造りも頑丈な、見事な橋!

       建設は城と同じグリエルモ・ベーヴィラックワの名が上がり、
       1354年から56年にかけての、城が完成した後に引き続いての事と見られ、
       万が一に備えての、北への逃亡路でもあったと。

       
       こうして5世紀を無傷で経た橋は、北側にあった塔と橋の上のレース飾りが、
       主塔の上を削られたと同じようにフランス軍に寄って削られ、
       またその後のオーストリア軍占領時に再建設された事もあったのですが、




       一番大きな損害は、1945年4月24日、撤退するドイツ軍によって爆破された事!
d0097427_20491991.jpg
       爆破はこの橋のみならず、アディジェ河に掛かる街のすべての橋が爆破されたのだそうで、
       ドゥオーモの北東にあるローマ期のピエトラ橋も爆破された写真も見つけました。




       戦争終了後、即、街の他の重要な記念物、橋共に再建が決められ
       上の写真で見るように、大爆破にも関わらず基礎の大事な部分が残っているのを幸いに、
       新しく全部掛け替えるのではなく、その部分を修復して掛けることに決定。

       最初の仕事が始まったのは、1945年の最後からで、まさに戦後数ヶ月にして
       河床の残骸を除くことから始まり、

       1949年からは新しい無傷の切石がオリジナルと同じ場所に置かれ始めたのだそう。
       これは幸いにも爆破前にされた測量と写真があったのが役立ったといい、
d0097427_20492712.jpg

       おまけに石の色彩研究から、中世の石切場のどこからこの橋の石が
       切り出されたのかも突き止めることが出来、
       つまりヴァルポリチェッラ・Valpolicellaのサン・ジョルジョ・San Giorgio
       一帯の石であるのもわかったのだそう。

       ヴェローナの有名なワインにヴァルポリチェッラ、同名の赤ワインがありますが、
       同じくヴェローナの赤い大理石の産地でもあるのですね。
       ヴェローナから北西、山地に掛かる一体で、サン・ジョルジョはその中でもやや南西に。

       こうして新しく赤いヴェローナの石が切り出され、橋の下部に使われ、

       一方煉瓦は、粘土があちこちのもので大きさも不揃い、各地で焼かれている事から、
       解体された建物から新しい煉瓦を取り出し、またヴェローナやマントヴァの違う
       煉瓦工場から取り寄せたのだそうで、      
       こうして無事に架替工事が終了したのが1951年7月20日の事。


       爆破された当時の写真からも見えるように、アーチの基礎は5角系で、
       上流側は尖った形に張り出し、3連のアーチの広さも様々の長さ120m,幅6mを越す橋、
       アディジェ河の水の流れもよく研究された、中世14世紀の橋がこうして蘇ったのでした。


       修復や建設工事の際の様々な研究努力を読むと、つい興奮し、
       何とか皆さんにもお伝えしたいと、ははは、お分かり下さいますよねぇ?!


       と、この城が「カステルヴェッキオ・古い城」と呼ばれる所以ですが、
       この城の後アディジェ河を挟んだ北の山手側にサン・フェリーチェ・San Felice と
       サン・ピエトロ・San Pietro(現考古学博物館)が築かれて後、
       古い城・ヴェッキオと呼ばれることに。

       そしてもう一つお断りですが、
       先回スカラ家と書いておりましたが、Scalaの発音はスカーラですので、
       やはりスカーラ家と書くのが正しいと思い、先回の分から訂正させて頂きましたので、
       よろしくご了承願います。




       さて、博物館内見学に戻って頂きまして

       1階の彫像展示室から出て、スカーラ家の居城だった一郭の展示室に移動する際、
       上階の角に展示のカングランデ像が見え・・。
d0097427_20493638.jpg



       スカーラ家の居城であった部分にも展示室がある事も頭になく、
       自然に順路に従い移動したのでしたが
d0097427_20494473.jpg
       今になって知ってみると、この奥が城郭部分だったのでしょうねぇ! 
       もっとしっかり見ておくんでしたぁ!!




       宝石類を使った装飾品があり、美しいと思ったのを数点写しておりますが、
       ピンぼけご容赦!
       首飾り、ベルト、ブローチでしょうか。 美しい貴族の品々!
d0097427_20495086.jpg
d0097427_20495925.jpg
d0097427_20500677.jpg



       とにかく展示品の数が多く、ぱっと見て、あっ、良いな!と思ったものだけ撮っていて、

       これは旧約聖書の絵解きですね。
d0097427_20501550.jpg



       スカーラ家の城郭部の展示室は、こんな風に部屋の形も真四角でないのがあり
       天井下にはずっとスカーラ家の紋章、梯子・イタリア語でスカーラ、と
       両脇には立ち上がったの紋章が描かれ、その下は装飾柄のフレスコ画で埋まります。
d0097427_20502320.jpg
d0097427_20503193.jpg

       なぜ紋章に犬なのか、なぜ一族にカングランデ・大きな犬とか、マスティーノ・マスティフ犬などの
       名があるのか、ずっと疑問だったのですが、現在では時に余り良い意味を持たない「犬」も、
       中世において「犬」には良い意味があり、価値とか賞賛を示したそうですし、
       
       スカーラ家がかってトルコ系の軍の長であるKhanと縁戚になったとか、
       カングランデが生まれる前に、母親は犬の唸り声の中で犬が生まれる夢を見たという伝承もあり、
       とりわけカングランデの偉大さが知られて後は、家系と犬を結びつけたのであろうという事。

       カングランデについては、後ほど騎馬像の所で改めてご説明いたしますが、
       ここでスカーラ家についてちょっとご案内させて下さいね。

       最初の記録にスカーラ家が登場するのが1180年
       布、織物商アルドゥイーノ・デッラ・スカーラ・Arduino della Scala
       南の方から移って来たように申告があり、

       その息子ジャコミーノ・Giacomino またはヤコピーノ・Jacopino 毛織物商、
       彼が後に続くヴェローナの君主の始祖と見做されます。

       ヤコピーノの息子マスティーノ1世・Mastinoは特別の金持ちでもなく、貴族の称号も
       持っておりませんでしたが、残虐で知られるエッツェリーノ3世・ダ・ロマーノの占領から
       逃れて間もないヴェローナ市民に受け入れられやすい平和志向の男で、

       大変に政治的にも優秀であった弟のアルベルト・Albertoとともに、
       当時の街の政治を動かしていた富裕な羊毛組合の中で自然に長となり、
       特別な闘争なしに、マスティーノが1262年にヴェローナの君主となり、1277年まで

       ついで弟のアルベルト1世が、1277年-1301年まで、
       3代目はアルベルトの息子バルトロメーオ・Bartolomeoが1301-1304年
       4代はアルベルトの息子、バルトロメーオの弟アルボイーノ・Alboino1304-1311年

       そして5代目が、アルベルト1世の3男に当たるカングランデで、1308-1329年
       ここにスカーラ家の一番の繁栄期、絶頂を迎えるという事になります。
       



       こちらはナポレオン棟の展示室で、長い展示室が続きます。
d0097427_20503902.jpg



       この黄金背景の綺羅びやかな絵、天使たちが飛び交う花園の中の聖母子像は、
       多分スカーラ家の城郭部の方にあったのと思いますが・・、
d0097427_20504875.jpg



       これはベッリーニでしょうか?
d0097427_20505528.jpg



       そしてマンテーニャの作品ですが、かなり工房の弟子の手が入っているなぁと・・。
d0097427_20510391.jpg



       この「落書きを見せる少年像」は気に入って撮ったのではなく、ははは、
       当時でも、こういうのもありだったんだなぁ、と思って撮ったのでしたが、
d0097427_20511080.jpg

       何と3年後の2015年11月19日夕方、閉館近くの博物館に入った強盗
       盗み去った17点の中に含まれており・・!

       盗まれた作品は1年後に見つかり、博物館に2016年12月23日に無事戻ったのでしたが、
      
       作品はコレクションする人間の希望にそって選ばれたと見られれる、というのを読み、
       う~~ん、私だったらこういうのは要らないなぁ、ははは、失礼!と思うものが多く、
       もっと良いのが他にいっぱいあるじゃぁないの!!と・・。 きゃはは。




       とは言え、このルーベンスも持ち去られた内の一作品で、
       ええ、これはねぇ、素晴らしい作品ですねぇ!
d0097427_20511889.jpg



       こちらはマティルデ・ディ・カノッサ・Matilde di Canossa(1046-1115)の肖像画。
       「カノッサの屈辱」事件で有名なカノッサ城を所領に持つ、トスカーナ女伯、と言っても
       書いている本人shinkaiにもあまりピンときておりませんが、ははは、
d0097427_20512672.jpg
       彼女の遺骸がかってあった(現在はヴァティカンに)というマントヴァの南にある
       サン・ベネデット・ポーという町の大修道院サン・ベネデット・イン・ポリローネ
       San Benedetto in Polirone を訪問した時この絵(の複製)を見ていたので、
       あれ、実物はここにあったんだと少し驚き・・。




       収蔵展示品は他にも見くたびれるほどあるのですが、余り写真を撮っておらず、
       上からの眺めなども見て頂きたいので、これでお終いとしまして、

       これは展示室から見える橋の眺め
d0097427_20513415.jpg



       そして、お待ち兼ねの「カングランデ騎馬像」

       鎖帷子を付け、翼を持つ犬がついた兜は後ろにはね、にっこり笑った笑顔!
       愛馬も頭部は主人と同じ兜をつけ、ダマスコ織りの踝まで届く盛装をし、
       それが一陣の風にひらめいている、という素晴らしい騎馬像!
d0097427_20514337.jpg
d0097427_20515201.jpg
       多分右手には鞘の剣を持っていたと見られ、これは平和を示し、
       笑顔には温情が見られると。

       この像は元は彼のお墓、スカーラ家墓所・アルケ・スカリージェレの横にある彼の棺所の
       上にあったのだそうですが、現在墓所にあるのはコピーだそう。


       カングランデという名を持つ人物はスカーラ家に2人おりまして、
       こちらがスカーラ家一番の隆盛を築き、盛名高かったカングランデ1世(1291-1329)
       
       父親はヴェローナの君主2代目となったアルベルト1世で、
       バルトロメーオ、アルボイーノに次ぐ3男として生まれ、
       洗礼名はカン・フランチェスコ・Can Francescoだったようですが、
       彼の幼少からの目覚ましい成長を認めての通称がカングランデ・偉大なるカンとなったと。
       勢力争いの激しかったヴェローナで、敵方からも1年後にはイタリア王になるだろう、と
       言われ、スカーラ家に招かれ身を寄せていたダンテも賛美を惜しまなかったという人物。

       頭脳明晰、武力に秀で、雄弁快活、謙虚な信心深さももち、芸術にも関心を持ち
       一旦決めたことにはためらいなく、鉄の意志を持って向かう、という
       まさに君主になるべくして生まれた人物

       皇帝フェデリコ2世と縁戚の父を持つジョヴァンナ・ディ・ズヴェーヴィア・Giovanna di Sveviaが、
       ドイツにまだ見ぬ夫との結婚に向かう途中、スカーラ家の当時の当主バルトロメーオ1世の
       妻となっていた姉のコスタンツァの元に逗まった時、
       彼女を見たカングランデは一目惚れし17世で結婚! 彼女の方が11歳ほども年上だった様ですが・・。
       ですが、この結婚からは嫡子を得ず、カングランデの8人の子供はすべて庶子(男子4名)!

       
       そして彼は38歳の夏、7月22日トゥレヴィーゾに於いて突然の死を遂げます。
       トゥレヴィーゾの政情不安のため乗り出し攻略に成功、町に入ったのが18日で、
       司教館に滞在しますが、
       4日後22日の朝司教館の部屋で、健康に問題なかった壮健の盛りの突然の死。

       トゥレヴィーゾに向かう途中、湧き水の冷たい水を飲んだのが原因と見られ、
       ほんの少し毒殺の声もあったものの、近年まで自然死と見做されていたのが、
       2004年に墓所から遺骸を取り出しての科学的検査が行われ、
       遂にジギタリス(和名キツネノテブクロ)による毒殺と判明!

       ジギタリスはピンクの筒型が集まった美しい花で、心不全の薬として現在も
       用いられているそうですが、意図して適量を越すと毒薬にもなり、
       まさにこれが原因だったというのが判明したと。       
       多分彼の侍医によるものと見られますが、この医者は後に絞首されたそう。
       
       誰もが考えもしなかった一代の英雄の死が起こったのでしたが、
       彼の嫡子はなく、甥のアルベルト2世がスカーラ家の当主となり、その次代は彼の弟
       マスティーノ2世と続き、徐々にスカーラ家は衰退の道を辿り始めます

       


       この素晴らしい衣装は、棺の中のカングランデが纏っていた絹の高級織物を
       再現したものだそうで、
d0097427_20520019.jpg
       
       生前の身長は175cmほど、髪は明るい栗色、顔は長く、下顎がひときわ出っ張っていた
       特徴ある顔だったと、2004年の検査が明らかにしていますが、

       カステルヴェッキオから北西にある、サン・フェルモ教会の後陣に描かれた人物像の中に
       ひときわ出っ張った顎を持ち高官にある人物の衣服を付けたのが、多分彼を描いたものと。
       



       城の見学順路には、かっての物見兵士たちのパトロール道も含まれていて、

       ここはナポレオン棟のアディジェ河を見下ろす通路で、
d0097427_20520796.jpg

       昔、これによく似た通路を通った記憶が・・!




       向こう側の岸で記念撮影中のカップル
d0097427_20521694.jpg



       この高さから橋が見え、向こうに見える鐘楼はサン・フェルモ教会
d0097427_20525802.jpg



       ローマ兵士も、ははは、休憩中なのが見え、
d0097427_20530810.jpg



       これは主塔の横に出てきた辺りからの眺めで、
       橋の上、そして鳩でいっぱいのナポレオン棟の屋根の上
d0097427_20531691.jpg
d0097427_20532400.jpg



       物見パトロール道は、この写真の右に見える城壁、橋に続く城内の通りの右横、
       コルテ・ダルミとの境の城壁の上も通ることが出来、
d0097427_20533348.jpg



       こんな様子のパトロール通路で
d0097427_20534113.jpg



       時計塔の中に入り、展示のマスティーノ2世・MastinoII(1329-1351)の騎馬像
d0097427_20535072.jpg
d0097427_20535801.jpg
d0097427_20540607.jpg

       カングランデ騎馬像と同じような作りなのですが、やはり少し及ばない感がありますねぇ。

       マスティーノ2世の時代に一旦所領はぐんと大きくなるのですが、
       フィレンツェと組んだヴェネツィアと戦う羽目になり、結局領土はヴェローナと
       ヴィチェンツアのみになり、スカーラ家の勢力は徐々に下り坂となり、

       カングランデ2世(執政1351~、カンシニョーリオパオロ・アルボイーノバルトロメーオ2世
       アントーニオと、1387年まで君主制が続きますが、
       スカーラ家のレジーナ・Reginaと結婚していたベルナボ・ヴィスコンティ・Bernabò Visconti
       がパドヴァ、フェッラーラ、マントヴァと組み、妻の相続を口実の攻略を始め、
       ヴェローナは激しい戦いを乗り切り独立を守りますが、
       これによりアントーニオ・デッラ・スカーラは引退し、

       125年間12代に及ぶスカーラ家の王朝は終わりを告げたのでした。




       時計塔の横に小さい芝生があり、夏の暑い時にホッと
d0097427_20541481.jpg



       こちらが先回の一番最初に見て頂いた城の正面側の城壁、内側からで、
       向こうに広がるのがヴェローナの旧市街地。
d0097427_20542284.jpg



       時計塔を出ると、街に接した城壁の上を歩き、いや、パトロールし、はは、
d0097427_20543130.jpg



       こんな街中の喧騒も見、次にはあの2階建てバスに乗って回ろうとか計画し、ははは、
d0097427_20544028.jpg
     

       博物館入口に戻って、見学はお終いです。
       
       2度に渡ってのお付き合い、有難うございましたぁ!!




       最後はサイトから拝借の夜景を
d0097427_20544963.jpg

       ほぼ6世紀に渡っての変遷を生き残り、今も見事な中世の城塞を見せてくれる
       カステルヴェッキオ。 
       いやぁ、やはり見事なものでした!!




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、修道院の壁 途中経過と、 雪のヴェネツィア モノクロ絵葉書で を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
       

 



# by italiashiho2 | 2017-01-15 21:45 | ・ヴェローナ・ガルダ湖 Verona- | Comments(0)