2016年 09月 26日

   ・・・ 葡萄摘みが始まったスコミーゴ村 ・・・

d0097427_00144965.jpg
       この木曜22日の朝、隣のカルページカ村まで歩いて戻る途中、
       葡萄摘みが始まっているのを見かけ、
       一旦家に戻って朝ご飯を食べ、カメラを持って出かけました。

       葡萄畑に取り囲まれた田舎に住んでいても、
       いざ葡萄摘みとなると、毎日出かけるわけでも無いので、
       なかなかその日のその畑に出会うことは難しく、
       チャンス!と思って出かけたのですね。


       上の写真はこの春のものですが、何度か見て頂いているこの丘の、
       葡萄摘み・ヴェンデンミア・vendemmiaを見かけたのは
       これに続いて広がる畑で、




       奥に建物が見える手前の、傾斜地のこの広い畑
d0097427_00150783.jpg



       ここは緩やかな坂道の東側にず~っと続いて広がる畑。
       坂道の写真は7月に、カルページカ村の教会まで歩いての
       戻り道に撮ったものですが、
             
       最初のカーヴを過ぎ、ちょうどこの右奥の庭に、
       いつも吠えて尻尾を振ってくれるワンがいて、
d0097427_00152847.jpg
       


       上のカーヴを過ぎると、これがまた長~~い坂道!
d0097427_00161097.jpg

       で、この長い坂道の最初辺りから、最後位まで続く、
       これまた長~~い広い葡萄畑でして
       ほら、同じ柵がずっと続いているでしょう?




       その一廓の半分から北側、右に見える道の角下で、
       朝7時半頃に葡萄摘みが始まっているのを見かけたという訳。
d0097427_00162864.jpg



       曇り空の日で、一寸残念と思いつつ朝ご飯を食べ、
       9時になって家をでました。

       所が坂道にかかる頃から有難いことに太陽が顔を出し
       良かった!と思いつつ道を行きますが、
       朝見かけた皆さんの赤いジャンパーが見えません!

       こちら側の傾斜の葡萄摘みが済んで、向こうに下ったりすると
       見えなくなる・・、と心配しつつ歩いていくと、
       畑の手前と向こうにちょこっと頭が見え
d0097427_00164503.jpg
d0097427_00165957.jpg



       小さな車のウンウン唸る音と、人の姿は見えるのですが
       肝心の皆さんの姿は見えず・・!!
d0097427_00171429.jpg
d0097427_00172832.jpg



       その内に遠くから音楽が聞こえてきたので、ああ、いるいる!!

       ほらね!!
       葡萄の畝の陰に隠れて、皆さんの姿が見えなかったのでした。
d0097427_00174371.jpg
d0097427_00180177.jpg
d0097427_00185446.jpg
       こちらの道から手前の畑を越えての、向こうの畑で、
       おまけにここの畑には普通は無い柵があり、私有地の標識もあって
       傍に寄れず、近くからの様子は撮れないのですが、

       でも考えてみると、平地の畑は傍では見れるものの
       一列の畝の間しか見えませんから、逆に良かったのかも!




       若者、中年のシニョーレも混じり
       赤い籠の中には満杯の葡萄も!!
d0097427_00194776.jpg



       今年は雨が多かったので、ほんのちょっぴり色が付き始めたかな、
       という程度で、未だに葡萄の葉が緑なのですね。
       
       この小さい車と2人のシニョーリが何をしているのか
       何度か写真を見返していて分かりました。
       まだ摘果の済んでいない列に、収穫用の赤い籠、プラスティックの籠を
       適当に置いているのですね。
d0097427_00200287.jpg
d0097427_00205213.jpg
d0097427_00210872.jpg

       そうそう、まだまだ摘むべき畝は長いぞ~!!
       
       そしていっぱいになった籠は、この2人が運び上げているのでしょう。


       摘んだ籠から、大小のトラックの荷台にシートを敷き広げて移され、
       それから各地の農業組合の醸造所に運ばれるのが普通ですが、

       ここの畑はビゾール・Bisolの土地なので、
       自分ちの醸造所に運ぶわけですね。

       ビゾールの醸造所訪問

       一度私が撮った写真を使いたい、というので本社まで持参しましたら、
       お昼ご飯前でしたの、はい。
       すると折角なので1杯どうぞ!と大き目のシャンパングラスに
       プロセッコをたっぷりね。ははは。
       嫌いではないので、写真代と思って勿論頂きましたがぁぁぁ、
       帰りのカーヴ続きの坂道は、ほろ酔い加減にはきつかったぁ!!
       



       すぐお隣の畑の葡萄の熟れ具合!
d0097427_00212140.jpg


       少しでも近くが良いかと思って移動したのですが、
       畑に近づくと畝の中に皆さんが隠れて見えずで、

       再び畝と真っ直ぐの位置に戻り
d0097427_00220900.jpg
d0097427_00222181.jpg
d0097427_00232131.jpg



       どんどん摘み取りながら、皆さん移動して行きます
d0097427_00233866.jpg
       
       中腰での作業が多く大変な仕事!!
       一度フリウリの農業学校で機械摘みの畑の葡萄の木を見た時、
       働く側の作業としては楽になったのでしょうが、
       一列にスパッと刈り取られた枝を見るのは無残でした。
       
       土地と日光の恵みを含んだ、芳醇なワインの味わいの中には、
       元の葡萄を手塩をかけて育て、手で摘み取った人々の愛情もあるんだよね、
       と、改めて思ったことでした。




       道沿いに植えられているオリーヴの木々の実も
       かなり大きく育って来ています。
d0097427_00235610.jpg



       そろそろと道を戻りかけると
       皆さんが畝の下まで下りてきて、次の畝に移動する所。
d0097427_00241033.jpg



       坂道の下の畑は、この春、前の葡萄が引っこ抜かれ、
       整地されて新しく植えられた苗木がひょろっと
       確か葡萄摘みができるまで3年かかる、と聞いたような・・。
d0097427_00242621.jpg



       家に戻る道の角の奥地には、お馬の親子も健在で
       どちらが親か、姿だけではもう分からないほど!
d0097427_00244251.jpg



       家の近くまで戻っての畑の葡萄
       もうそろそろね、と思ったのでしたが、まさにその翌朝
       買い物に出かけるのに通ったら、葡萄摘みの最中でしたぁ!
d0097427_00245783.jpg



       最後はお隣のオリアーノ村の様子を
       色づき始めた木々の色と、村の教会。
d0097427_00253599.jpg
d0097427_00255089.jpg
    

       こちらは昨年の、家の近くの葡萄摘み
       http://italiashio.exblog.jp/22238958/   
       
       トスカーナはピティリアーノの葡萄摘み、運ぶ様子



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ジョットの鐘楼 途中経過と、 ローマへの巡礼 仮想旅 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       





# by italiashiho2 | 2016-09-26 00:35 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(0)