2010年 03月 10日

   ・・・ スコミーゴ村、春を告げる野生のクリスマス・ローズ ・・・

      ここヴェネトは、先週は2日程春らしい穏やかで暖かい日がありましたが、
      週末から一転して冷え込みがひどく、北の奥やトリノ辺りでは雪のニュース
      日曜日にヴェネツィア・メストゥレまでお墓参りに行きましたが、
      陽射しは明るいものの冷たい風が強く、凍える程でした。
      フェッラーラのご案内が続きましたので、今日は一服、
      2月の末、春の陽射しいっぱいの我がスコミーゴ村の様子
      そして春の訪れを告げる野生のクリスマス・ローズの緑色をどうぞ!

d0097427_341849.jpg

      ◆スコミーゴ  1

       地元の人だけが通る小道が、隣のオリアーノ村に。
       中程に見えるカーヴの左に続く木々はアカシアで、
       5月初旬には白い花がいっぱい。
       昨春lanさんが来られた時、オリアーノの友人ヴィッティと取りに行き、
       (車が殆ど通らないので、埃がかからないと)
       テンプラにして食べましたっけ
       (もちろん lanさんがお料理! 彼女、とても上手なのですよ)
       ええ、花そのものよりもテンプラが美味しかった!!
       
       今はこうしてスケスケに見えますが、
       夏はうっそうとした陰の、薄暗い道です。



d0097427_343745.jpg

      ◆スコミーゴ  2

       今迄とは違う場所、道に見つけた野生のクリスマスローズ

       春到着のお知らせ!
       この冬が厳しかったので、やはり少し遅めでしょうか?



d0097427_345514.jpg

      ◆スコミーゴ  3

       素晴らしい緑色



d0097427_351135.jpg

      ◆スコミーゴ  4

       ういういしく、清楚に!



d0097427_352820.jpg

      ◆スコミーゴ  5

       上の部分、花弁にギザギザがある細身の蕾が見えますか?
       この種は初めて見たような。



d0097427_354832.jpg

      ◆スコミーゴ  6

       1の写真の道を上ると、こうして開けた場所に。
       左奥の農家に続く道、そして隣村に続く道が分かれます。



d0097427_36587.jpg

      ◆スコミーゴ  7

       今、奥の農家からボクとママがやって来ますが、
       サングラスをかけたボクが何か駄々をこねて。
   


d0097427_362887.jpg

      ◆スコミーゴ  8

       2人の姿を撮りたかったので、待つ間を稼ぐべく、
       こんな宿り木も撮ったりして・・、はは



d0097427_364631.jpg

      ◆スコミーゴ  9

       はい、やっと!

       ボクはサングラスを取り、着ていたコートも脱いで足取り軽く。
       うん、暑いからコートが要らない、と言っていたんだね。



d0097427_37527.jpg

      ◆スコミーゴ  10

       いつもは茂った木で見えないスコミーゴ村の教会が、正面に。

       小さな丘の起伏がいくつも重なるこの辺りです。



d0097427_372128.jpg

      ◆スコミーゴ  11

       目にとまったタンポポ
       という事は、やはり春の訪れが遅いのですね。



d0097427_373839.jpg

      ◆スコミーゴ  12

       オオイヌフグリ
       色が少し薄めのブルーでした。



d0097427_375752.jpg

      ◆スコミーゴ  13

       野生のプリムラ
       枯れ葉の間から、むっくりと。



d0097427_381785.jpg

      ◆スコミーゴ  14

       この日は本当に暖かく、逆光に丘が霞んで。

       列を作るコブコブの木の細い枝は、
       葡萄の木の剪定後、支柱に結び付けるのに使われます。



d0097427_383826.jpg

      ◆スコミーゴ  15

       雲の間から射す陽に照らし出される、
       カルページカ村の教会と鐘楼。



d0097427_39070.jpg

      ◆スコミーゴ  16

       スコミーゴ村の北部分。

       奥に見える山はヴィットリオ・ヴェネトの山々。



d0097427_392154.jpg

      ◆スコミーゴ  17

       日向ぼっこを楽しむワン君。

       家の横から撮った時には、まるで無防備に寝ていましたが、
       家の玄関側に回ったら、流石、むくっと目覚めて。
       なかなかハンサムでしたので、またイタ犬でご覧頂きますね。



d0097427_394221.jpg

      ◆スコミーゴ  18

       我がスコミーゴ村とオリアーノ村の境には、
       丘の重なりの間のちょっとした谷部分があり、
       あちこちに湧き水がある様子。

       細い流れですが、煌めきながら。



d0097427_310236.jpg

      ◆スコミーゴ  19

       雑木林が刈り取られる風景。
       
       農家が畑を広げるのでしょうが、
       こういう風景を見ると少し残念な気が。



d0097427_311250.jpg

      ◆スコミーゴ  20

       最初の写真のカーヴする道の向こうに、細い流れの切れ目があり、
       もう一度雑木の列、そして広がる傾斜地。
       なんの木か可愛い落ち葉が敷き重なり、そのはずれに・・



d0097427_3112767.jpg

      ◆スコミーゴ  21

       またまた野生のクリスマス・ローズがあちこちに



d0097427_3114991.jpg

      ◆スコミーゴ  22

       花の丈が低く、おまけに下向きに咲くので、
       花芯の見える花を写すのが、なかなか。



d0097427_3121098.jpg

      ◆スコミーゴ  23

       流れの岸はかなりの傾斜。
       南向きの岸は日当たりが良く、風も避けるのか
       大きく咲いているのも見えるのですがぁ・・、

       もし足を滑らしたら、お尻も濡れるしなぁ・・。



d0097427_3122947.jpg

      ◆スコミーゴ  24

       散り残る葉が、逆光に光ります。



d0097427_3125039.jpg

      ◆スコミーゴ  25

       坂道を下りおり、村の平地に。

       道の角に、古い大きなコブコブの木。



d0097427_3131022.jpg

      ◆スコミーゴ  26

       いつもの、オリアーノ村の教会、鐘楼。



d0097427_3133071.jpg

      ◆スコミーゴ  27

       次の選挙はいつだっけ?
       ヴェネト州の州知事と、ヴェネツィアの市長が変わります。

       州知事候補、現農業大臣のルーカ・ザイア・Luca Zaia       
       彼が次期のヴェネト州知事でしょう。

       ヴェネツィアの現市長カッチャーリ氏は、
       政治に疲れたと引退を表明。
       元哲学教授には、やはり生臭さすぎるのかも!



d0097427_3135293.jpg

      ◆スコミーゴ  28

       ヴェネト訛りで書いてあるポスターをどうぞ。
       Stemo tenti de no farse ridar drio.

       標準語のイタリア語では、
       Stiamo attenti a non farci ridere dietro.
       後ろで笑われる事の無いよう、気をつけています。

       大体感じは分かったものの、
       間違いのないよう、先生に質問した正しいイタリア語で~す。
       ああ、語学の壁は高く厚く、立ちふさがりますねぇ!  


     ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       日本語版PCがインターネットに接続できず、1週間後の今も、
       未だに日本語を片方で打っては、キーに、そしてイタリア語版のPCに移し、
       貼り付けのメール、コメントでしのいでいます、う、う、う。

       今日火曜の午後テクニコが来てくれる予定が、たった今、別の客の所で
       ブロックされ来れない、というTELがあり・・・、う、う、う、
  
       このブログも、上の手順でアップする羽目に! きゃいん。

       まぁ、片方だけでも動いてくれて良かった、と思う事に。
       明日の午後来てくれるそうですが・・、さて。

       イタリアの生活はなかなか厳しいのでっせ、皆さん
       最新モードの国、とのみ甘く考えたらいけまへんえ。
       
       冬の寒さがドカッと戻った北国イタリアから
       では、また次回に!
       

by italiashiho2 | 2010-03-10 03:00 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(10)
Commented by fresco1939 at 2010-03-10 10:48
また冬へ逆戻りですか?こちらも似たような天気ですが、
野生のクリスマスローズを見たら、やっぱり春ですね〜。
緑の花がなんともいい色です。
先日のフェッラーラもよかったです。一度訪れましたが
さらっと通過したようなもので、あらためて見せていただくと
奥深いものがあります。
イタリア人は、結局、マイペースなんですかね。
こんなにたくさんの写真と文章、PCと格闘されている姿を見てみたいですよ〜。
Commented by italiashiho2 at 2010-03-10 17:46
★Frescoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうですか、日本も寒気が戻っていますか? 今朝こちらは霙交じりの雨ですから、奥の方はきっと雪でしょう。 暖かい春になるのが、待ち遠しいですね。

フェッラーラも見て頂いて、有難うございます! はい、あの街はフィレンツェの様に派手な美しさは無いですが、重厚な素晴らしさがありますね。

そうです、イタリア人は大変マイペースです! で、私めも生き方の楽なこの方式にすっかり染まり、のんびりと好きな事だけして・・!
で、撮りまくった写真の整理に追われ、皆さんにご案内する為にあれこれ調べ、分からない事だらけになり・・、でも楽しんでいます。 
Commented by allegria1i at 2010-03-11 13:53
野生のクリスマスローズ、初めて見ました。
本日ネットショップopenしました。 後ほどご連絡します。
Commented by italiashiho2 at 2010-03-12 00:24
★パンダさん、 こんにちは! コメント有難うございます。

ネットショップ、オープンおめでとうございます!!  頑張って、遂にやりましたね。
先ほど拝見して来ました、可愛い!
はい、送って頂くのを待ちますね。

昨夜雪になり今朝はまた白い景色、でも快晴で、たまたま今日は写真クラブの面々とお城に行き、楽しんで来ましたよ。 
で、また写真の整理に追われそうです。
Commented by cucciola at 2010-03-12 07:04 x
shinkaiさま、

こんにちは。
クリスマスローズって、日本の母も非常に大事にしていて庭の一隅に植えていたのを思い出しました。
でも野生のクリスマスローズは本当に緑色が鮮やかですね。まだだ春とは言い切れない周囲の色の中でひときわ目立っています。本当にきれい。
写真を拝見していると、村の匂いまで漂ってきそうです。街に住んでいると感じるんですよ、郊外に行くたびに漂う暖炉の火やお昼ご飯を作るにおいなどなど郷愁を誘う匂いを。
Commented by italiashiho2 at 2010-03-12 16:35
★cucciolaさん、 こんにちは! コメント有難うございます。

ええ、この野生のクリスマスローズは、改良された栽培種の華やかさと違い、花弁も厚く花も小さいのですが、まだ落ち葉の敷きつめている中でとても緑が美しいのです。
こちらの花屋さんでも、クリスマスローズの鉢を売っていたのを見ましたが、これが栽培種でもまだ色が薄緑から白になりかけという感じで、野性味を感じさせる色でした。

有難うございます。 多分この村周辺は自分の村になっているのでしょう、 それに私は知らなくても向こうは私を見て知っているので、のそのそとカメラ片手にあちこち歩きまわれます。
この四季折々を感じ取れる村が大好きなのですよ。
Commented by wedgblue at 2010-03-13 22:19 x
今年も拝見できて嬉しいです。
緑花弁がなんとも言えない清清です。
こうやってみせてもらうと、うちの子達の中のあの子に似ている!っと思って、余計に楽しむ事が出来ます。
送って戴いた子達の中で、今期開花した子達は花友さんちも含め5株ほどなのですが、なんんとなんと!5株とも匂いがありました。
日本では匂いつきは貴重!なのですよ。種を採取していただいた場所の母株達は、皆匂いつきなのでは?っと花友さんと話しています。
きっと匂いがほんのりと漂っているのでしょうね。
匂いはグレープフルーツのような匂いです。
Commented by italiashiho2 at 2010-03-13 22:41
★ウェッジさん、こんにちは! お知らせして見て頂こうと思いつつ、つい毎日バタバタで・・、 覗いて下さって、本当に有難うございます!!

この冬は本当に厳しくて、どの花も遅い様なのですが、それでも漸くに少しずつ咲きだしました。
今回のは、種取りをした場所とは違うのですが、やはり似たような環境で、同じ様な林の外れでも、日当たりのよい場所はやはり花が大きいですね。

そちらに行った子が、香りつきなのですか?! それは凄いですね。 まるでそれは気がつきませんでした。 一度確かめてみないといけませんね。 
グループフルーツの様な香り、ああ、やはり香りも爽やかなのですね。
これはお聞きして、とても嬉しいです。 有難うございます!
Commented by ヴィヴィアン・リー at 2010-03-14 12:41 x
wedgblueさんの日記から 飛んできました。今年も UPしてくださってありがとうございます。・林のあちらこちらに自然に咲いてるなんてん素敵なんでしょう!!枯れ葉色の腐葉土のなかから緑のお花が咲いている、早春そのものですね。 わが家のも ご近所にお嫁に行ったのも 匂ってます♪~ そして 花弁・葉等形が少しちがってたりしているにもかかわらず、匂ってます。林の中は、かすかにグレープフルーツの清々しい春の匂いがが漂っているのでしょうね。
Commented by italiashiho2 at 2010-03-14 17:07
★ヴィヴィアンさん、 こんにちは! 見て下さって有難うございます!

はい、今年は少し遅めなのですが、やはりぽつぽつ咲きだしていましたよ。 日当りの良い道端には草の緑もあるのですが、林の中はまだまだ枯れ葉がつもり茶色なので、なんとも爽やかな緑色です。

そう、香りがあると言うのはまだ知らないのです! ウェッジさんに教えて頂いて、これは経験しに行かないと、と考えていた所なのです。
クリスマスローズが咲いていると言っても、あちこちちらほらで群生はしていないので、香りは林の落ち葉の匂い、というのかな、 やはりそのつもりで見に行って来ますね。


<<    ・・・ フェッラーラ ・...         ・・・ フェッラーラ ・... >>