2010年 04月 14日

   ・・・ ほら、春だよ! ・ スコミーゴ村も、春だよ! ・・・

d0097427_0462887.jpg

      柔らかい春の陽射しが続く毎日、暖かい春の陽気に誘われ
      この日曜日の午後、我がスコミーゴ村・Scomigo を一回り
      エジプト旅行記が続いていますが、ほんのちょっぴり脱出を敢行!
      柔らかい緑の草原、咲き始めた小さな花々、萌えだす新芽
      のんびりとした、イタリアはヴェネトの春 をお届けしますね。

      上は、家からすぐの所で見つけた春の花、春の色


d0097427_0465184.jpg

      ◆スコミーゴ  1

       萌えだす新芽



d0097427_0471540.jpg

d0097427_047346.jpg

      ◆スコミーゴ  2・3

       ムスカリの花、草地に咲いているのですが、野生かな?

       イヌフグリと、同じ位の大きさのピンクの小さな花。



d0097427_0475563.jpg

d0097427_0482154.jpg

      ◆スコミーゴ  4・5

       タンポポの黄色、満開!

       良く見ると、小さな他の花も咲いているのですが、
       黄色に埋まっていますね。



d0097427_0484192.jpg

      ◆スコミーゴ  6

       イタリアの春は、カリカントス・蝋梅の薄黄色で始まり
       レンギョウの黄色が続きますが、今は既に盛りを過ぎ、
       これは、山吹

       日本のように花の咲く順番がなく、
       咲きだすと一斉に、その土地の陽当たり条件により
       いっせいに咲きだします。
       山吹など、日本では梅雨時に咲くものと思っていましたが・・。



d0097427_0485924.jpg

      ◆スコミーゴ  7

       いつもの風景、隣のオリアーノ村の教会と鐘楼。

       村の境の谷を埋める木々が芽吹きだし、
       今様々な色で埋まりはじめ。



d0097427_0492079.jpg

d0097427_0494023.jpg

      ◆スコミーゴ  8・9

       草原で、シニョーラが草を探して摘んでいますが、
       向こうから声をかけてくれました。

       ほら、この草の先を摘んでいるのですね。
       sciopetin・ショペティンとこの辺りでは呼ぶそうで、
       イタリア語の先生に写真を送り訊ねましたが、やはりこの言葉。
       が、ヴェネツィア・メストゥレに住む息子セルジョの奥方
       ドナテッラは別の言葉で教えてくれたのですが、思い出せず・・。

       リゾットにすると大変美味しいとの事(まだ食べた事なし)
       スーパーでもこの季節、ほんの少し売っているのを見かけます。
       日本でも蕗の薹やらタラの芽とか土筆とか、春の野の味を賞味しますね、
       所違えど、やはり人間の感覚というのは同じですね。   

       スコミーゴで生まれ育ち、ずっと住んでいるという
       このシニョーラとは初めての出会いでしたので、
       どこに住んでいて、誰と結婚したのか、
       いつからこの村にと、ちょっとした身元確認の会話があり、
       にっこりと、また会おうねとめでたく無罪放免。
       ええ、田舎ではこれが大事なのです。



d0097427_050353.jpg

d0097427_0502599.jpg

d0097427_0504598.jpg

      ◆スコミーゴ  10・11・12

       葡萄畑の脇を通りかかり、
       新芽が出ているのを確認。

       葡萄のこの一見枯れた様な肌の枝から
       こんな可愛い、みずみずしい新芽!



d0097427_051733.jpg

d0097427_05129100.jpg

      ◆スコミーゴ  13・14

       ほらね、逆光に新芽が煌めいています。

       少し奥に入り込むと、
       土地の傾斜に連れて列が伸びるのが、良く分かります。



d0097427_0515057.jpg

d0097427_0521370.jpg

      ◆スコミーゴ  15・16

       だらだらと傾斜を下り入り込むと、雑木林。

       向こう側に湧き水の細い流れがあり、渡った場所にも
       雑木林があるのですが、最近どんどん刈られて行きます。

       草地の奥で、ひっそりと野生のクリスマス・ローズが咲き、
       今、種袋が膨らみつつあります。

       3年前に種取りをして、日本の各地にお嫁入りした、この村の
       野生のクリスマス・ローズが、皆さんの丹精のおかげで
       この春咲き始めたとの嬉しいニュース!
       しかもなんと、爽やかな香りを持っているのですって!!



d0097427_0552283.jpg

d0097427_05666.jpg

      ◆スコミーゴ  17・18

       葡萄畑と道との境にある、小さな果樹の花が開き始め、
       蜂君が寄って来ていますが、
       花に潜り込むと写せず、飛ぶとピンボケで・・。

       ここの果樹はなんだったっけ?
       リンゴだったっけ?



d0097427_0563189.jpg

      ◆スコミーゴ  19

       向かい側の畑の脇の木。
       ここも様々な色の新芽、そして白い花。



d0097427_0565349.jpg

      ◆スコミーゴ  20

       お家の庭のこれを写していましたら、
       ガードマン君が吠えながら走り寄って来て、
       声をかけつつ、カメラを向け一枚撮りましたら、
       途端に何やらモゴモゴいいながら母屋の方に、ははは。



d0097427_0572314.jpg

d0097427_0574267.jpg

      ◆スコミーゴ  21・22

       藤の蕾も、ほら、膨らんで来ています。
       
       最初のは、スコミーゴ村の郵便局のお隣で、
       次のは、もすこし先のお家の垣根に。



d0097427_0582352.jpg

      ◆スコミーゴ  22

       隣のオリアーノ村への谷の道を下らず、
       東に延びる道をだらだらと。

       住んでいる人位しか通らない道なので、
       早速にワン君たちが騒ぎます。

       細いスカンポに、もっと細い蜘蛛の巣が。
       見えますか?



d0097427_0584373.jpg

d0097427_059313.jpg

d0097427_059235.jpg

d0097427_0594282.jpg

      ◆スコミーゴ  23・24・25・26

       イタリアの白い桜と果樹の白い花。

       いずれも少し盛りを過ぎて。



d0097427_101265.jpg

d0097427_10385.jpg

      ◆スコミーゴ  27・28

       この花はなんでしょうか?
       辺り一面に、馥郁たる香りが漂い、
       蜂君たちもたくさん集まっていましたが・・、
       なかなか、こちらの思う花には立ち止まってくれず。



d0097427_11054.jpg

d0097427_112556.jpg

      ◆スコミーゴ  29・30

       オリアーノ村との傾斜に広がる葡萄畑。

       逆光の位置ですが、大好きな眺めなのでご覧頂きますね。



d0097427_12348.jpg

      ◆スコミーゴ  31

       この大きな農家の左下を高速が通り、村道の高架が架かります。
       車で旅行に出かけて戻って来た時、
       手前で大きくカーヴする高速を走りながら、見上げるこの家。
       いつも、ああ無事に戻って来た、と安堵する場所なのです。

       写真は、も一つ南の高速にかかる橋上からなので、
       下から見上げるイメージはありませんが、
       スコミーゴ村のとっかかりです。



d0097427_122814.jpg

      ◆スコミーゴ  32

       やはり高架の上から。

       面白い畝の形の畑を見つけましたが、
       どうしても橋の上からしか、この位置は写せず・・、
       左に白い線が写り込んでいるのは、高架の金網の線。



d0097427_125180.jpg

      ◆スコミーゴ  33

       葡萄畑も今のこの時期、まだこんな風に骨格のみ。



d0097427_131429.jpg

d0097427_14027.jpg

      ◆スコミーゴ  34・35

       空き家になった大きな農家、
       それでも、庭木に春が。



d0097427_142344.jpg

      ◆スコミーゴ  36

       この写真の前日の土曜の夜、
       ざぁっとかなりの雨が降り、雷も鳴り響きました。
       
       日曜は、ずっと北の山には雲がかかっていたのですが、
       家に戻りかけの時少し薄れて、
       なんとまぁ、また山の上が白くなっているのが見えました。



d0097427_145594.jpg

      ◆スコミーゴ  37

       葡萄畑の間に広がる草原に、猫ちゃん。
       遠くから望遠で狙いましたが、
       パシャっというシャッターの音で、一目散!

       それがなんと、まさに馬が疾走するみたいに
       後ろに長い尻尾を一直線に閃かしながら、
       素晴らしい走りっぷりで逃げて行ったのですよ、あはは。

      ◆*◆

       と、少しばかり脱獄気分を味わいまして、
       次回から、また頑張ってエジプトに戻ります。
       とはいえ、後ほんの少々で済まそうと思いますので、
       呆れずに、おつき合いお願いいたしま~す!
       その後はもう、えっ、エジプトって何処にあるの? 
       という様子で参ります、はい。

       今日のブログ・タイトルに致しました
       ほら、春だよ  は、
       2年前に見に行った、アッシジのカレンディ・マッジョのお祭り
       タイトル・ソングのように何度も聞き、CDも買って戻った
       Echo la primavera・エコ・ラ・プリマヴェーラ から。

       ほら、春だよ
       心を浮き浮きさせ、恋をする時
       幸せな気分を味わう春だよ

       空気も季節も、浮き浮きさせる

       この軽やかな季節
       憂いもなく、すべて優美で楽しくて

       草はみずみずしく、花は野原を覆い
       飾りつけられた木々も、そんな様子だよ

       あのお祭りは、まさに訪れる春を寿ぎ、喜びを歌いあげる
       素晴らしいお祭りで、繰り返し想い出しては楽しんでいます。
       どうぞご覧下さい!
       その前夜 http://italiashio.exblog.jp/7910201/
       その1.http://italiashio.exblog.jp/8000377/
       その2.http://italiashio.exblog.jp/8033222/
       その3.http://italiashio.exblog.jp/8063650/
       その4.http://italiashio.exblog.jp/8093974/

      ◆* お知らせ *◆

       リンクして頂いてるお友達のブログでも、春の様子があれこれ。

       Ayumiさんのイタリア黒猫日記・イタリア美術とジュエリー
       では、メジロが桜の花にうずまって、楽しんでいる様子が。
       http://blog.belladonna-it.com/?eid=471573

       たっちゃんの石内の四季では、広島は宮島の桜
       http://blog.livedoor.jp/qnxjq020/archives/51514020.html

       ナオちゃんのお気楽生活では、7年に一度行われる
       長野は諏訪大社の御柱祭り、勇壮な木落としと川渡しの様子。         
http://blog.goo.ne.jp/wild_carp2005/e/a0d5cdf93c4568505485b7e214924481

       hanaさんの dejavu では、たおやかな桜の花びら
       写真がアップされています。
       http://papermoon2.exblog.jp/14153365/

       どうぞご訪問され、
       過ぎゆく桜の春をもう一度、お楽しみくださいね!

       
      ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       今日は文字数が少ないので、ちょっとお喋りを。
       ご自分がブログをされている皆さんはご存知でしょうが、

       お気に入りに入れて訪問して下さる方の身元は分からないものの、
       どのリンクから訪ねて下さったか、
       どんな検索言葉で訊ねあてて下さったか、
       一日に何人ご訪問くださったかは、
       分かるようになっているのですね。

       所で、このブログは有難い事に、
       今年になり、ぐっと訪問して下さる方が増えました
       本当に有難うございます!!
       好きな事を好きな様に綴っておりますが、
       訪問して下さる方が多いと、尚の事励まされます。
       今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!

       と、しおらしくご挨拶をすませまして、・・ははは、
       検索をかけて、このブログを訊ねあてて下さるのに、
       時にとんでもない言葉で、来られる方がおられるのですね。

       以前、砂地・ニンジン というので、数人の方が!
       でもこの、砂地・ニンジンには心当たりがありました。
       ポー河のデルタの干拓地で、砂地の人参畑を見たのを
       一行書いた事があります、はい。

       で、逆にこの言葉で検索をかけましたら(好奇の虫が)
       砂地・ニンジン でかかるサイトの多い事!!
       20ページまで行きましたが、当ブログには行きあたらず断念。
       一体何ページ位で探し当てて、訪問して下さったものでしょうか!
       そしてまさかに、イタリアの田舎くんだりに辿り着くとは、
       予想外だったでしょうねぇ、ははは。

       で、つい4月1日の事、
       なんと、お前の血が欲しい という言葉で、お一人様ご訪問!
       な、なに?! 覚えがないです! 無実です! どう考えても!
       で、逆検索を。  
       物凄いページ数、ホラー・ページ検索かと思う程、血まみれ!!
       これも20ページまで行きましたが辿り着かず断念。
       お前の血がほしい、だと?!
       いらん、いらん!! やらん、やらん!!

       日頃、世間常識とは離れて暮らしておりますが(認めます!)
       思いがけずにお付き合い頂けるようになった方々との繋がりが
       どんどん広がり、これは大変に嬉しく有難く
       そして時にこの様に、
       大いに世間に引きずり込んで、笑わせて貰える
       ブログの功名にも大感謝です!!

       どうぞ今後とも、よろしくお願いいたしま~す!
       

by italiashiho2 | 2010-04-14 00:35 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(24)
Commented by cucciola at 2010-04-14 03:33 x
shinkaiさま、

こんばんは。
美しい春の写真、はーるがきーた、はーるがきーた、と歌いたくなりますね。子供のころは私も田舎育ちで家の周りに咲く花々と戯れて育ったのに、この年になって野に咲く花々の美しさを実感しています。イタリアの草原の緑はまた格別に美しいですね。写真を拝見していたら、私もこんな道をのんびりとお散歩したくなりました。
ブログの「リンク元」は楽しいですよね。私も「こんなとこから私のところにたどり着いたんだ?」と思うことがしばしばありますよ。
Commented by ophthalmos at 2010-04-14 04:28 x
はじめまして。
今年になって訪問するようになったうちのひとりです。いつも楽しませていただいています。
今回も、びっくりするようなきれいな写真にしばし見とれてしまいました。葡萄畑の眺めが実に素晴らしい。東京の都心に住んでいるものですから、本当にいやされます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-14 05:14
★cucciolaさん、こんばんは! コメント有難うございます。

急に春の陽気に満ちた日が続き、何となくうずうずとして、できたらコネリアーノまでの6K程の道を歩きたかった位なのですよ!
田舎に住む良さだと思います。 イタリアの田舎、緑は本当に美しいですよね。 日本とどこが違うのかと思うのですが、湿度とか緯度とか、いろいろな違いがあるのでしょうね。

ね、検索の言葉には、時々絶句し、そして吹き出す事もありますよね。 まぁ、自分も同じような事を逆にしてもいるのですが・・!
Commented by italiashiho2 at 2010-04-14 05:22
★ophthalmos様、初めまして、こんにちは! ブログご訪問、コメント有難うございます。

そうですか、こちらこそ、有難うございます! 
この辺りは、最近日本でも有名になって来ているというお話ですが、発泡性の白ワイン、プロセッコの土地なのです。
ここに住み始めた頃は、トウモロコシ畑も多かったのですが、どんどん葡萄畑に替わっていっています。 

日本に住んでいた時は街の中しか知りませんでしたが、今は四季折々が身近に感じられるこの田舎が大好きになっています。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
 
Commented by 中山 典子 at 2010-04-14 10:23 x
 いつも美しい画像と、丁寧な説明ありがとうございます。        やっぱり春は良いですね~。山里はいっぺんに色んな花が咲き、山は萌黄色、深緑の前の目に優しい季節。うっとりして拝見しました。
なんたってプリマベーラですものね。イタリア語の春が、一番華やかで、うきうき感を出しているような気がします。
そろそろ旅に出たい虫が騒ぎ出しそうです。
Commented by allegria1i at 2010-04-14 10:55
shinkaiさま
いや~、春ですねぇ~。 
一度にたくさんの花が咲いて・・こんな風景、大好きです。
町の中に整備されて植えられているものしか目に出来ないので、
和みますわぁ~。

今年の東京の気候は、行き過ぎた三寒四温というか・・・。
20℃を超える日があれば、10℃くらいになったりの繰り返しで・・・。
もう、桜もびっくりしながら咲いて散っていった感じです。
次回はエジプトに戻りますか??
私も、いい加減カンパーニャの記事をUPしないと・・ですわぁ。
Commented at 2010-04-14 14:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-14 16:21
★中山さん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、プリマヴェーラ、ですねぇ、この冬が厳しく長かったので、尚の事春の訪れが待ち遠しかったのですが、来たかなぁ?と思ううちに、いっせいの花です。
本当に今の緑が素敵ですよね、夏になると緑が濃すぎて暗い緑になりますから。

個展が済まれたら、お出かけになりますか? 
こちらも復活祭のお休みが済み、まだ夏休みまでには少し間が開きますから、旅行にも良い時期と思います。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-14 16:26
★パンダさん、こんにちは! コメント有難うございます。

は~い、待ち遠しかった春で~す! ちょっと一回りのつもりが、あっちに寄り、こっちに寄り、結局2時間ほどもの散歩になったのですが、楽しかったです。
この辺りは土地の起伏が結構あるので、それもなおの事、面白いのかもしれません。

パンダさん、あはは、カンパーニャですか?! これは、私のエジプトよりも凄い!!
とはいえ、ずっと前のをまだ整理してないのがいっぱいありますが、これは言わない、言わない、 ははは。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-14 16:29
★haさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ね、田舎の春も素敵でしょう? そうですよ、タンポポ畑もあるのです、ははは。
タンポポも、咲く前の蕾を食べれるそうですけど、ここのは食用ではないで~す。

はい、どうぞ! いつも有難うございます。 よろしくお願いいたします! 
Commented by tonton at 2010-04-14 22:42 x
ため息をついていますぅ~・・・。
スコミーゴ村の春・・・なんて素敵なのでしょうねぇ・・・。
柔らかいのですね、なにもかもが。

はぁ~・・・。私もお弁当ばかりじゃなくて風景を撮らなくてはねぇ。

今は時間があるので、来年のイタリア行きを目指して、ヴェネチアとドロミティを調べています。行きたい・・・早く行きた~い!
Commented by italiashiho2 at 2010-04-15 01:15
★tontonさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ね、イタリアの田舎はなかなか素敵でしょう? 有名観光地もそれはそれで素晴らしいのですが、何でもない田舎がとても素敵なのです。
そうですね、柔らかい、という言葉がよく合いますね、色の諧調が柔らかいのですね。

ははは、いよいよ来年は北に来られますか? ヴェネツィアとドロミティ? お調べになりたい事、お手伝いしますよぉ。
Commented by 二木一郎 at 2010-04-16 18:36 x
こんにちは。

イタリアの春の風景をありがとうございます。
スコミーゴ村の景色は素晴らしいです。
素敵なところにお住まいで羨ましい限りです。
私は春のイタリアには行ったことがないのですが、芽吹きの頃はさぞ美しいことでしょうね。
花のアップを見ると、結構日本と同じような花が咲いているのですね。

29・30のようなブドウ畑はイタリアでたくさん見ましたので懐かしいです。
トスカーナの、果てしなく続くブドウ畑を思い出します。
こういうブドウの育て方は日本にはないですからね。

7と31はこのまま絵に描きたいくらいです。

17・18は、たぶんリンゴですね。
安曇野の私の生まれ育った地域は、見渡す限りリンゴ畑なのです。
花がそっくりですから、まず間違いないと思います。
リンゴと言えば、イタリアではシードルは作っているのでしょうか?
聞いたことがないのですが…。

やはり春の風景は癒されますね。
次回も楽しみにしています。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-16 20:48
★二木様、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、住み始めた当初は初めての田舎暮らしで、日本と比べて不便さばかり気になったのですが、今はもう、ここに住める幸せを楽しんでいます!
多分、丘の流れがたくさんあり、景色に高低差があるのも、美しく思う要因だろうと思うのです。 ウンブリアでもトスカーナでも、丘の上の町は変化に富み美しいですよね。

はい、花の種類は殆ど同じだと思いますが、ただほんのちょっと違いがあるというのか、藤の花なども少し違います。
ああ、やはりリンゴでしたか、長野で育ってたくさん見ている筈なのに、こちらでも実がなっているのを見ている筈なのに、花だけ見ると、あれ?と思う情けなさです!
シードルは、聞いた事がないですね。 ボルツァーノの方に行くと、盆栽みたいに刈り込まれたリンゴ畑が広がり、大変美味しい
りんごジュースは頂いた事があるのですが、さて、あちらの方に行くとあるのかもしれませんね。

有難うございます! 絵を描く方、しかも二木さんの様な方に褒めて頂くのは身が縮む思いがしますが、でもとても嬉しいです! また次の季節も、見てやって下さい。

Commented by naotyan at 2010-04-16 21:24 x
shinkaiさん、ぶぉなせ~ら!

そちらはすっかり春の気配が濃厚のようで・・・こちらは例年にない異常気象が続いておりまして、4月の中旬だというのに今現在外は雪が舞っています。

アイスランドで大規模な噴火があったようですが、そちらイタリアは大丈夫でしょうか?

草花は苦手ですが、樹木のことは多少分ると思いますので挑戦してみましょうね。
17.18はリンゴ、20はオオデマリ(英:スノーボール)、23.24はサクラ、25.26はナシ、27・28はヒイラギ(英:ホーリー)の類でヒイラギ南天?、34.35はボケ若しくはジナシ。
余り当てにはなりませんが、間違ってたなら許してくんろ。

では又、ぶぉなのって!zzzz・・・
Commented by ゆんぴょ at 2010-04-17 01:21 x
春ですね~!
エジプトから、しばしスコミーゴに戻って、美しい春を満喫♪
日本でも馴染みの草花が多いのには親近感が増しますねぇ。
のんびりお散歩中の猫ちゃん、びっくりした顔がおかしいです!
エジプトの方は、モスクの素晴らしさに感動! そしてスフィンクスのお尻尾にも! こんなアングルで撮ってくださるのが何とも嬉しいです。
ブログの検索のお話はまた面白いですねぇ。なぜに「おまえの血が・・・」でこのブログに行き当たるのかしらぁ???
Commented by italiashiho2 at 2010-04-17 01:57
★ナオチャン、ボナセーラ! ははは、コメント有難うございます。

雪ですか?! なんと、4月の半ば過ぎに?! わぁ、それは凄いですねぇ、 風邪などひかないで下さいよ。
アイスランドの噴火の灰は、北ヨーロッパ空港が閉鎖になっている様子で、まだまだ続きそうな気配です。 イタリアは国内は大丈夫ですが、イギリス、フランス往き、来る便が全部取り止めになっているそうです。

やぁ、流石ナオチャン、有難うございます。 やはりリンゴの花ですね、オオデマリですか、あれは。 コデマリは分かるのですが。 梨の花、柊の花ですか、葉の形は柊に似ているとは思ったのですが。
はぁ~い、ボケの花はよ~く知ってま~す、ははは。

ボナノッテ!  (凄いなぁ! NHKのイタリア語始められたのかな?)
Commented by italiashiho2 at 2010-04-17 02:04
★ゆんぴょさん、こんにちは!  コメント有難うございます。

はぁい、余りにも良いお天気でうららかで、到底そのままエジプトを続ける気にはなれなかったのですよ!
で、脱出しましたら、もう戻る気力が薄れて・・、さてさて。

あの猫ちゃんは、凄い走りっぷりでしたよ、かなり太めの猫ちゃんでしたけど!
ね、スフィンクスの尻尾は、面白いでしょう? あるかどうかも、考えて事無かったのですが、見たら成程ぉ!と。

ええ、昔はこれでも血の気の多い性質でしたけど、はは・・、今はねぇ、どこで引っ掛かったのか不思議です。
Commented by るびんば at 2010-04-17 12:13 x
素敵な春をいただきました。こっちは急に寒くなり、昨夜は雪がふって道の端に雪がちょこちょこ残る状態・・・4月の真ん中にジュボット着るってどうよおおおってかんじです。

明日からまた春日和らしいのですが、こんなコロコロ気温がかわるとはい、もちろんうちの沙羅坊は風邪ひきました・・・・

今からエジプト記読みにまいりま~す
Commented by italiashiho2 at 2010-04-17 16:38
★るびんばさん、 こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんですってね、長野のナオチャンが昨日、雪が降ってる、と書いて下さったんですけど、東京もね!
こちらは、まぁこの辺りは最後の雪が3月11日だったかな、一番遅い雪で3月の末、というのを経験した事がありますが、4月は無いですよ、有難い事に!  う~ん、でも最後の日曜日、北の山が白かったので、べッルーノ辺りは雪だったかもです。

沙羅ちゃん、可哀そうに! 大変な冬でしたね。
Commented by hiroshi at 2010-04-17 20:53 x
緑が目に気持ち良いですね~。

行っちゃァ、何ですが、砂色のエジ猫、エジ駱駝ちゃんの世界よりも、個人的には、やっぱりイタ猫、イタ犬ちゃんの世界が好きです。

まだ、そちらに居たかったのですが、ドロボーの心配(盗られて困るほどのモノもないんですけれども)もあって、帰国しました。
ご存知の火山の爆発のせいで、間隙を縫っての飛行機は、わずか30分ほど遅れただけで、あっけなくこちらへ運んでくれちゃって。いささか、痛し痒し、の心境でした。

エジ、の続きを、楽しみに拝見させていただきます。
自分も、早く、エジ、から脱出したいのですが。。。
Commented by italiashiho2 at 2010-04-17 21:50
★hiroshiさん、お帰りなさ~い!!  早速のご訪問、有難うございます。

そうなのですよ、昨日までは北ヨーロッパの空港だけだったのが、今朝は北イタリアに迄灰が届いたとかで、今夜まで北イタリアの空港すべて閉鎖になったと、今のお昼のニュースで。
今朝サイトを見た時は、まだ午後の便は大丈夫と出ていたのですが。 振替の国鉄も既にいっぱいで、どうしようもないようですし・・・、
楽に戻られてしまうと逆に心残りかもしれませんが、この先の煙の行方がまるで掴めないらしく、その辺りをお考えになって、心をお慰め下さいね!  またお出でになれますから!!

はい、エジプトがですね、・・、ずる休みすると、ははは、シンドイですねぇ。
Commented by Otium at 2012-06-16 16:50 x
いつも些細なところが気になってしまって申し訳ないと思っている私なのですが、「スコミーゴ  8・9」で、野原で摘んでいるショペティンという草がずっと気になっていました。

読んだ後に調べてみたら膨らんだ白い花が咲くらしいので、それならフランスにもあると、見分けられるように花が咲く時期を待って匂いを嗅いでみました。でも、何も香りがない。

違っていたのだろうと思って忘れていたのですが、先日、別の香りの良い草のことをブログに書いていたら、偶然にショペティンらしき植物を見つけました。この記事のリンクを入れてしまったのですが(URLに入れたページ)、それとは違うので迷惑ということでしたら削除するので教えてくださいますか?
Commented by italiashiho2 at 2012-06-17 17:39
★Otiumさん、こんにちは! さすが!のコメント、そしてリンクも有難うございます。

お邪魔して、あれこれのサイトも拝見して来ました。やはり「海の豚」とは違うようですね。 葉の厚みが違いますし、葉の洗い方料理法も違うようで、
stridolo という方が、ショペティンだと思います。 ショペティンというのはこの辺りの呼び方で、少し土地が違うとまるで呼び名も違う様なのです。
食べ方もリゾット、オムレツ風、というので間違いないと思います。
はい、リンクもどうぞそのままでお願いします。 Otiumさんのこだわりが見える記事ですから、嬉しいです。

所で、先日トリエステに出かけ、泊まりはムッジャにして、あのお勧めのレストランに行って、美味しく頂いて来ました!
料理の写真はないのですが、トリエステの記事をアップする時にそちらの記事にリンクさせて下さいね。 その時にまたお邪魔します。


<<    ・・・ エジプト紀行 ・...         ・・・ エジプト紀行 ・... >>