イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 08日

   ・・・ 自家製の美味しい リモンチェッロはいかが?! ・・・

d0097427_0262291.jpg

       リモンチェッロ・limoncello は、皆さんご存知ですよね?
       こちらイタリア、とりわけ南イタリアで良く見るリキュール、
       レモンの良い香りと綺麗な黄色の、甘くて強いお酒ですが
       食後酒にも、夏の暑い午後にもキーンと冷やして。

       今回訪れたナポリからアマルフィ沿岸では畑にも街路樹にも、
       たわわに重くレモンが下がっているのを見て、
       なるほどなぁ、と納得しましたが、

       という訳で本日は、リモンチェッロをお家で作るレシピをどうぞ!

       今日使っている写真は、小さいのがサイトからで、
       いつもの大きさのが私のです。
       
       そうそうその前に、ちょうど良い具合にcucciolaさんが
       レモンについての記事を載せられましたので、こちらをどうぞ。
       http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/2513527.html

       生きていく覚悟についての、幸田文の素晴らしい一節の引用も
       あります。 是非どうぞ。
       
       

       こちらは買って戻ったレシピ付き絵葉書
d0097427_0264921.jpg

       まずは、ここに書いてある作り方から。
       
       材料
       ・レモン  6個
       ・95度のアルコール  1L
       ・水          1L
       ・お砂糖       700g

       作り方
       ・新鮮なレモンを選び、濡れた布で綺麗に拭く
       ・レモンの皮の黄色い部分だけを、薄くむく
       ・薄切りにした皮を、ガラスの容器に入れ、  
        アルコールを注ぎ入れる
       ・これを10日間寝かせる
       ・10日後、鍋に水に入れ砂糖を加え5分間沸騰させた後、冷ます
       ・こうしてできたシロップを冷ました後、
        レモンの皮とアルコールの容器に注ぎ入れ、そっとかき混ぜる
       ・1週間寝かせた後、濾し、ガラス容器に入れ保存する

       どう、簡単でしょう?!

       ですが、ちなみに「リモンチェッロのレシピ」で検索をかけましたら
       出るわ、出るわ、物凄い数のレシピが見つかりました。

       レシピが簡単で、家のレモンを使って各家庭で作る、
       それぞれの家庭の味やらご自慢のレシピなのでしょう。
       一番大きな違いは、使うレモンの数8~12個と、砂糖の量で
       あとはあまり大差ありません。

       それと、レモンの皮の浸けたアルコールを寝かす日数
       シロップを混ぜた後に寝かすかどうか、何日寝かすかの違いです。

       ヴィデオのサイトで、若者3人がリモンチェッロを
       作っているのを見つけましたが、ははは、なんとまぁ、賑やかな事!
       イタリアの若者のお喋りぶりに興味のある方、こちらを。
       http://www.youtube.com/watch?v=IWCKO77vBZY&feature=related
       http://www.youtube.com/watch?v=z5817E9KtdI&feature=related

       こちらのヴィデオの中には、リモンチェッロの工場や
       ソッレントのレモン畑が出て来て楽しめますよ。
       http://www.youtube.com/watch?v=WAh6viYMJqg&feature=related
       


       では、おさらいも兼ねまして追記を
      
       レモンの皮の剥き方ですが、
       これは先日友人のジャンナがやって見せてくれた方法で、
       野菜の皮むきを使い、薄く黄色い部分だけを剥きます
       白い部分が混ざると、リキュールに苦みが出るそうですから、
       ここは慎重に。
d0097427_027251.jpg

       と、レモンを選ぶ際に一番重要な事、
       必ず、無農薬、ワックスをかけていないレモンを選ぶ事!
       皮を使いますから、ここは重要な部分です。



       剥いたレモンの皮をつけるアルコールですが、
       95度のアルコールを
       日本だと、スピリタスウォッカという96度かな、の品が
       売られているそうですから、それを。
       軽く火がつく強度ですから、取り扱いにはご注意!
d0097427_0274865.jpg

       アルコールにレモンの皮をつけたら、
       冷暗所に置き、一日に一度振ってやりますが
       ジャンナのレシピでは、15日間寝かせます。



       寝かす期間がすみましたら、
       水1L に、砂糖を入れて弱火にかけ、沸騰させ
       シロップを作ります。
       
       水1L というのは、サイトのレシピでは大体一致ですが、
       ジャンナは2L と言いました。

       大体売られているリモンチェッロは、
       飲んだ時にアルコールが味覚にかなり強く来ますが、
       ジャンナの家で飲んだのは
       大変すっきりの味で、美味しいと思ったのですね。
       多分、この水の量の違いなのでしょう。
       レシピにも一つ、水1.5L というのがありましたから、
       その辺りは、やはりご自分の好みによると思います。

       砂糖の量も、大体600~700gが定番の量です。

   
       このシロップが冷えたのを、レモンの皮を浸けたアルコールの
       瓶に注ぎ、ゆっくりとかき混ぜます

       この後、暫く寝かせるか、
       または翌日にでも濾して、瓶に詰めるか、これも各自のレシピで。
d0097427_028232.jpg

       濾す時は、ガーゼを使ったりする方が
       液が透明になると書いてあるレシピも。



       こうして濾した後は、各自ご自分のラベルを貼ったりして、
       冷蔵庫に、またはフリーザーにでも保存します。
       そう、アルコール度が高いですから凍結しません。
d0097427_0293152.jpg



       最後に、ちょっと一手間かけるレシピを見つけましたが、
       これは、かなり美味しそう、と思うのでご案内です。
d0097427_0315122.jpg

       見つけたサイトはここ、
       http://lericettedinicola.myblog.it/tag/ricetta+limoncello

       材料
       ・1L のアルコール 95度の品質の良い物
       ・1L のミネラル・ウォーター
       ・750g 砂糖
       ・8個x2 計16個のまだ青いレモン
        (注・固めの未熟のレモンで十分だと)

       作り方
       ・8個の新鮮なレモンの皮を剥き、刻んで、
        アルコールに1週間浸ける
       ・しっかり蓋の閉るガラス容器に入れ、一日に一度振ること
       ・7日経ったらレモンの皮を引き上げ、新しいレモンの皮を浸け
        再度7日間同様に寝かす
        引き上げた皮は、蓋の閉る容器に入れ保存しておく
       ・15日目に、鍋にミネラル・ウォーターと砂糖、そして
        16個分のレモンの皮を入れ沸騰させる
       ・シロップが冷めたら、レモンの皮を引き上げ、
        ガーゼかキッチン・ペーパーを使って濾し、
        アルコールに加える
       ・2日後にもう一度ペーパーを使って注意深く濾し、
        フリーザーに保存すること

      サイトの主の言葉
       このレシピだと、まさに並みのリモンチェッロ以上の
       最上の物が出来ます、と。

       お試しください!

     *****
       では、最後に先日のジャンナの家でのおまけの写真を
       今年最初のテラスでの食事、というお昼に頂いた
       ショペティン・チョぺティンという野草のリゾット
d0097427_0341181.jpg
       
       まさに美味しい春の味でしたぁ!



       ジャンナの家の新しい一員、ペードロ君
       生後2カ月ちょっとの、真っ黒のシェパード。
d0097427_034431.jpg

       先輩兼マンマのルーナと一緒に。
d0097427_035111.jpg

       幸せに、大きく育ってね!!

     ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       こちらは、急に夏が来たかと思う様な暑さがやって来ています。
       週末には30度になりそうとかで、
       海辺の浜では既に日光浴や、勇気のある人は水の中にも!

       先日夕、ちょっと風邪をひいたかなという感じでしたが、
       大丈夫、翌朝にはプールに行ける調子に戻り、
       麗らかな春の陽射しを窓の向こうに睨みながら、
       写真の整理に励み、ブログ書きを。 クヤチ。
       今夜は明日に備え、宿題のかたずけも! あああ。

       でも、このリモンチェッロ作りには、私も挑戦するつもりです。

       
       ではまた励ましと応援を、よろしくお願いいたします!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

   

by italiashiho2 | 2011-04-08 00:36 | ・旨いもの! | Comments(6)
Commented by kazu at 2011-04-08 15:36 x
レモンチェロの作り方拝見しました。
それぞれの家庭で作り方が違い味も微妙に違うとテレビで見たことがあります。
やはりイタリアはレモンがたくさん採れ種類も多いそうですね。
日本の国産のも最近でてはいますがなかなか手に入りにくいみたいです。
ちょっと自分で作るのは面倒ですのでイタリア産に決めました。
ラベルも自分で作るなんて。なかなか可愛いのがありますね。
Commented by italiashiho2 at 2011-04-08 22:01
★kazuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そう、軽い気持ちで検索をかけたらどどっと出て、あはは、笑いましたよ。 中には、あれこれ試したけどどうも気に行ったのが出来ない、本当に美味しい作り方を教えて、という質問やそれに対する答えもあったりして、大変ポピュラーな事が良く分かりました。 
こちら北でも勿論売っているのですけど、食後酒と言うとやはりグラッパが多いので、やはり気候文化の違いですね。
そうですね、肝心のレモンの良いのが上手く見つかると、あれこれ楽しめるかもですが、これもこちらだと、ソッレントのレモンを売っているから、あれを使え、とジャンナが教えてくれましたよ。 一度、やはり試してみますね。
Commented by クルクミン at 2011-04-09 03:15 x
オルタサンジュリオ行きたくなりました
レモンチェロ片手にあの島を眺めていたい・・
Commented by italiashiho2 at 2011-04-09 14:10
★クルクミンさん、こんにちは! 初めまして、こんにちは! コメント有難うございます。

オルタ湖も、ブレーシャの北にあるイゼオ湖も大変美しいと聞くのですが、私もまだ行った事がありません。
行ってみたいですねぇ!
Commented by BB at 2012-09-19 21:24 x
ひゃ〜〜。かわいい!
このシェパードのペードロ君。
マンマのルーナちゃんは 何犬なの。
この子もかわゆ〜〜っす。いぇ〜〜い。
Commented by italiashiho2 at 2012-09-20 00:21
★BBさん、この5月だったかな、ジャンナの家に行った時には、もうこのペードロがすっかり大人の大きさになっていて、ママ役を務めていた同じシェパードのルーナも亡くなっていました。
昨年の秋にはルーナもまだ元気だったのですけど、年もいってましたし、脚の具合いも良くなくて、それでペードロが新しい家族として加わったのでした。

ペードロは今ももうまっ黒で、時に小さい時から片耳がたれ加減だったのですけど、それもまだ少し残っていて、それにまだまだ元気が良すぎて、一緒には遊びにくい大きさになりました。
 


<<    ・・・ セナンク修道院 ...         ・・・ カプリ島の海と空... >>