イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 23日

   ・・・ レオナルド・ダ・ヴィンチの発明した物、考案した物 ・・・

d0097427_1592744.jpg

       今年は何かとレオナルド・ダ・ヴィンチについての新発見が多く
       最近の科学審査の進歩に伴い、彼の作品と違うと
       今迄言われていたもの何点かが、真品であると認められたとか、
       長年言われてきたフィレンツェのヴェッキオ宮の壁の下の捜査も始まる、
       という様子で、彼の話題が多い事でした。

       shinkaiも歩けば棒に当たるで、浦島たろ子風に世間の話題と関係なく
       ウロチョロしている当ブログにも、何度か彼が登場しましたが、

       ちょうどこの秋、我が町で彼の残したスケッチ類、
       発明とか考案のスケッチ類を長年に渡って研究され
       小さいながらも動く模型を作られている、その展示会がありました。
       
       紙に描かれたスケッチが動く、というのが大きな魅力!
       出かけて行って写真を撮らせて貰い、
       再度説明を聞きつつ動くのも見て、成程!と思うのも何点か、
       これはまぁ、お遊びの部類、失礼、というのもありましたが、
       それらをここに皆さんにも!

       上は会場、アルテストーリア・Artstoria というグループの本部横、
       このグループの企画で、展示会や見学にも出かけるのですが、
       良く研究され準備された方々で、説明が大変的を得ていて分かり易く、
       参加できるのがいつも楽しみなグループなのです。
       http://www.artestoria.org

       レオナルドの真作の話題も含め、cucciolaさんがこちらに
       http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/cat_118185.html

       フィレンツェ ・ ヴェッキオ宮 その1
       http://italiashio.exblog.jp/10363693

       フィレンツェ ・ ヴェッキオ宮 その2
       http://italiashio.exblog.jp/10363547

       
       会場は事務所横の大きな部屋で、
       子供達の見学もあったり、実際に動かして楽しんだ様子。
d0097427_201186.jpg

d0097427_202363.jpg

       レオナルドが遺した数々の発明、考案のデッサンは夥しい数に上り
       実際に使われた物もそうでないのも、埋もれた数の方が断然多い筈ですが、
       今迄にもモデルに起こした方は何人もおられるようですし、
       今回ちょっと見ただけでも、デッサンを分かりやすい絵にしたりの
       サイトもたくさん見つけました。
       
       今回の展示品は、ヴェネトのジローラモ・コヴォラン教授
       prof.Girolamo Covolan が1997年から取り組んだ物で、
       いつもはトゥレヴィーゾを流れるシーレ川沿いのサンクチュアリー・
       Oasi di Cervara の中にある古い建物に展示されている様子。

       このサンクチュアリーも水が枯れ始めていたのを、
       レオナルドの発明である水車を用い、シーレ川からの水を運び
       蘇らせ、コウノトリの繁殖も、というプロジェクトの一環だそう。
       この様子は、イタリア国営放送RAIの番組のYoutubeも見れますので、
       こちらをどうぞ。
       http://www.macchinedileonardo.it/

       今回展示されていた物は、いわば動く小さな模型とでもいうか、
       今迄実際に作られた事が無いのもコヴォラン教授が実現したリの
       一部分で、
       レオナルドのデッサンと並べてご覧頂きますね。


       まず、ヘリコプター
d0097427_20498.jpg

d0097427_21440.jpg

       かって全日空の尾翼に、この形のデザインが描かれていたと
       記憶していますが、
       支えに立て、横の歯車をぐるぐると回すと、ふっと浮いたと。



       こちらは、鳥の羽、飛ぶ研究のデッサンを基にした物で、
       左のテコを上下すると、羽が軽く動きます。
       つまり鳥は、羽を上下するのに筋肉を使っている訳ではない
       という部分なんだそうでして、はぁ。
d0097427_211921.jpg



       レオナルドは各地の実力領主に招かれ、戦利用の為、城の保守に、
       また領土内の河川工事について、
       あれこれ考案したり設計したりしていた訳ですが、
       (その間に勿論、絵の依頼も受け描いていた訳で!)
       遺されたデッサンの中には有名な「戦の機械」の幾つかもあり、

       こちらは戦車
d0097427_213991.jpg

d0097427_215189.jpg

       下の箱は展示用で、2つ見える輪を回すと、
       中の輪車が自由な方向に動く仕掛けが見える様になっていて、

       
       中はこんな様子。
       中に兵が入り、歯車の梃子を回し自由に移動でき、
       上下の隙間から鉄砲、または小砲を四方に撃てるという形。
d0097427_22524.jpg

       レオナルドはこれ以外にも、機関銃式に次々と撃てる小砲、
       巨大砲、潜水艦式などなど、様々な近代兵器も考案しておりますし、
       イスタンブルの金角湾に架ける橋の設計もして売り込んでいた、
       と知って驚いたのでしたが、
       他にも回転する橋、2層の橋、取り外して持ち運べる橋、などなど、
       まさに知れば知るほど驚くばかりの、頭脳のフル回転!

       ガラタ橋は、釣り人天国 ・ イスタンブル 
       http://italiashio.exblog.jp/15006286

       こちらのサイトに、分かりやすい図にした考案の数々が
       http://www.leonardo3.net/leonardo/machines.htm        


       これは、鎌を付けた戦車とでも!
       見るからに恐ろしげな戦車のデッサンで、前にも後ろにも、
       当たるを幸いなぎ倒す、鎌で切り取る式の戦車。
d0097427_222537.jpg


       モデルに作られたのがこれでして、
d0097427_22405.jpg


       まさに恐ろしい戦車ですがぁぁぁ、
       ああた、こんな鎌を前に見ながら、馬が走ると思われます?!
       まさに、レオナルドが馬鹿領主を前に大法螺を吹いて、ははは、
       自分の売り込みを図る様子が目に見えるようではありませんか?!



       これは初めてモデル化されたという、2重のカタプルタ・
       弩砲と日本語ではいうのだそうですが、大きな投弾機とでも。
d0097427_23338.jpg

d0097427_232175.jpg

       使い方をご説明いたしますので、はは、
       ごゆっくり眺めて下さいね。
       読まないでも分かる(可愛くない)方は、お先にどうぞ!

       右の棒の足元にある台に弾を乗せ、・・こちらの仕掛けが見えませんが、
       ぐんぐんと迫上げ、一番上の台に乗せます。
       そして一番手前の歯車を回しロ―プの付いたしなう板を引き寄せ、
       ロープの途中に見える継ぎ目を外し、これはちょっと引くと外せる仕組み、
       しなう板がパンと上の横板を打ち、上の腕部分が回り、
       今左に見える丸い玉が、回った勢いで右の上板の弾を打ち飛ばす、
       という仕組みでございます、お分かりになりましたぁ?

       カタプルタは、中世の城攻めでも良く使われた様で、
       弾だけではなく、火を付けた藁玉も撃ち込んだりした様子ですが、
       この大きな単純な形を見た事があります。
       
       サン クイリコ・ドルチャ ・ 中世街道の分岐点
       http://italiashio.exblog.jp/9573061



       この2つはなんとなしに可笑しい、現在見るから可笑しいのですが、
       当時の兵士にとっては命にかかわる城壁防御、左側、と
       右は逆に城壁を乗り越える為の梯子。
d0097427_234718.jpg

       左は下の横十字の棒、梃子を兵士が回すと歯車の仕掛けで、
       城壁の上に突き出た十字棒が回り、
       向こう側から上って来た適をなぎ倒す、という物。

       右の梯子は移動でき、梯子の角度調節付き。



       これはもう、うふうふ笑いそうになった物ですが、
       城壁の上に穴を開け、手前側にこういう仕掛けを付けておき、
       いざ敵兵が向こうから梯子をかけ上り始めたら、
       手前の棒を引くと、城壁の向こうに突き出ている棒の先の横板が
       敵の梯子を押し返す、という仕組みでござるよ、ははは。
d0097427_25654.jpg
       


       ここからは彼の平和的有用な考案物を。
       
       レオナルドが大いに関心を持ち研究した物の中に、
       水とその流れ、歯車とそれが自動的に動く仕組みがあるそうで
d0097427_255298.jpg

       こちらは水車を動力源にして、水を他の場所に運ぶ仕組み。


       これが模型で、水車が左回りに回ると、筒状に巻かれた
       チューブを通り水が汲みあげられる仕組みで、
d0097427_26711.jpg

       つまりこれが可能なのは、水の渦巻きというのは常に、
       (地球の自転によって北半球では)左巻きなのを見極めたのを利用、
       この筒状の物は左巻きに動き、水を汲み上げるのですね。

       これを聞いた時、ムチムチのshinkaiは思わず、え?!でしたが、
       皆さんご存知でした?! ・・と仲間を集める、ははは。
      


       やはりこれも水力利用の挽き臼と、小麦粉ともみ殻の選別機
d0097427_263853.jpg
       
d0097427_265436.jpg

       中央上に見える丸いのが挽き臼で、水車利用で挽き臼が回り、
       上から小麦を入れ粉が滑り台を通り、丸い布が筒状になった中に。
       一方、水車利用の力で歯車を動かし、これが布の筒の下に見える棒を
       筒の下をこする様に左右させるのですね。

       これで重いもみ殻は布筒の下に残り、軽い小麦粉は
       筒先から出るという仕組み。



       やはり水力利用の、製材機
d0097427_273056.jpg

d0097427_275821.jpg

       水車が回り、これが鋸歯を上下させて製材しますが、
       右上に見える丸い歯が左下の重りに連絡し、
       最後まで製材した後に、自動的に木材を挟む枠が戻る仕掛け。
d0097427_281715.jpg


       こちらは実際に活動した様で、ドロミーティーの麓の村に復元され、
       ヴェネツィア式製材所、だったかの名前で、
       グループで申し込むと見学できるそうで、たまたま息子たちが行った時に
       開いていて見物出来、動画に撮ったのを私も見せて貰ったのですね。

       実際の大きさは、大きな小屋一杯に埋め込まれる仕組みで、
       大きな鋸歯がギコギコと上下するのは、ちょっとした感動もので、
       息子たちも大いに見惚れたという話でした。



       基材打ち、これが初めてのモデル化だそうで、
       ドスッと落ちるのを見て、おお!
d0097427_284738.jpg

d0097427_2911.jpg

       つまり、この重しを両側から吊っている鉤状の物が、
       上に引き上げられ、上の丸い形に沿って開き、フックが外れ、
       重しがドスンと落ちる仕掛けで、
d0097427_291438.jpg
   
       ご想像下さい、
       ヴェネツィアの街建設の干潟への基材打ちに
       パラッツォ・ドゥカーレの基礎建設にも
       大いに活躍した姿を!

       パラッツォ・ドゥカーレ・ディ・ヴェネツィア その1 
       http://italiashio.exblog.jp/14795419



       手動印刷機の圧搾の仕組みを、自動的にする改良だそう。
d0097427_293646.jpg

d0097427_2948100.jpg
       
       つまり手前に延びる梃子を回す事により、奥の歯車の仕掛けで、
       手前の紙台が上に引っ張り上げられ、ここに傾斜があるのがミソで、
       圧搾機の下に上手く入り込むようになっていて、
       ここで上から押し付ける、という形。

       これは子供達の見学で大いに試され、インクで汚れておりました。

       ソンチーノ ・ 中世の要塞と、ユダヤ人の印刷所 その2
       http://italiashio.exblog.jp/7479431



       回転するクレーン
d0097427_210687.jpg

d0097427_2102727.jpg
       
       レオナルドが考案した物を、フィレンツェのドゥオーモの屋根の建設に、
       ブルネレスキが実際に実用化して使ったという物で、
       一方向だけでなく、回転してどの部分にも使える、
d0097427_2104751.jpg

       高さも上下する、というのがミソですね。



       彼の大いなる関心は、歯車の組み合わせによって
       梃子を一方向に回すにも拘らず、
       作用する向きが縦にも横にも、
       組み合わせる螺旋形、蛇行形により、
       途切れることなく様々な動きに変化する、事にも向けられたようで、
d0097427_2113031.jpg

       時計の振子運動に相当する物、扇を動かす形
       などなど様々のモデルも展示されていましたが、
       この辺りになると、既にshinkaiの頭は考える事を停止し・・!
      
       という所で、ご案内は終わりですが、
       
       レオナルドの生きた15~16世紀、動力源と言えば
       人力と動物の力と自然の風水力という時代に、
       現代の素材と動力元を必要とする、
       当時にあっては奇想天外な想像力を働かせ、
       あれもこれもとその頭脳の及ぶ限りの研究と考察を続ける一方、

       当時の社会状況に根差した水車利用の農機具の改良とか、
       製材機とか、基材打ちなどの実用的な物、と
       二つの方向に分けられるのが、大変興味深かったです。

       レオナルド・ダ・ヴィンチの生家と、その周辺
       http://italiashio.exblog.jp/10382591

       レオナルド・ダ・ヴィンチの母親について
       http://italiashio.exblog.jp/10382550

       「アンギアーリの戦い」始末記と、その周辺もろもろ
       http://italiashio.exblog.jp/14885331 


       さて、ちょうどクリスマスになりますので、
       最後はやはり、レオナルドの描いた聖母子を。
d0097427_2115096.jpg



       そして、いちびりshinkaiとしましては、
       サイトで見つけたからには、どうしてもご覧に入れたい、ははは、
       レオナルド関連の一枚を!
d0097427_212675.jpg

       皆さま、ブオン・ニャターレ!!


     ◆ 個展のご案内 ◆
       昨年秋以来、何度か旅をご一緒した我が友人、
       このブログにも写真を拝借したリ、mkちゃんで登場の
       越川道江さんの、個展のご案内が届きました。
d0097427_2123082.jpg

       もう既に始まっていて、残りの日が少ないのですが、
       お近くの方、よろしかったら是非お出かけ下さいますよう
       ご案内申し上げます。

       八千代の丘美術館 市民ギャラリー
       広島県安芸高田市八千代町勝田494
       0826-52.3050
       展示は10時から17時、最終日は15時まで       


       いつも有難うございま~す!
       励まし応援クリック、よろしくお願いいたしま~~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2011-12-23 23:45 | ・我が町コネリアーノConegliano | Comments(6)
Commented by K at 2011-12-24 07:42 x
こんにちは!
写真お疲れ様です。

レオナルドの頭の中ってもう追いつかないほどのアイディアがあったんでしょうね。
書いたデッサンもかなり無くなってしまったそうですが。
ドキュメンタリー映画では、音楽機?のような物まで作ってます。それをミラノのパトロンの所で演奏させているシーンもありましたがあの音楽の作曲もしたかもしれませんね。
パトロンの要求で戦争に関するものも考案したようですね。
500年経っても天才だと思える人ですね。
Commented by atarou at 2011-12-24 14:18 x
こんにちは。
また、思い出話になりますが、以前東京での個展の最中に、
西武美術館で開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ 素描展」を
観に出かけましたことを、思い出しました。

人体や部位の素描もさることながら、不思議な道具類の
デッサンに目を奪われ、カタログを買い求めて戻りました。

モデルも一緒に展示されていますのは、佳い企画ですね。
Commented by italiashiho2 at 2011-12-24 17:49
★Kさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうそう、レオナルドのあのドキュメンタリーですが、偶然な事から何年か前にDVDになって発売されている事が分かり、それがヨーロッパ向けと日本向けだけなのですが、はは、オンラインショップで見つけて先日注文したのですよ。
年内には十分届く筈で、ゆっくりまた楽しめると思って喜んでいます。 資料的にもかなり上等な作りだったのを良く覚えていますので。

後ほど、そちらのリンク先の住所を変えておきますね。
Commented by italiashiho2 at 2011-12-24 17:55
★atarouさん、こんにちは! コメント有難うございます。

素描をご覧になられましたか?! それは凄いですね。 彼のあのデッサンというのは、印刷の本で見ても凄いなぁといつも思いますもの。 私はまだ実物は見た事が無いです。

はい、デッサンと並んでいると、そうか、こうなるのか、ととても興味がもてて楽しめました。

ヴィンチ村に行った時に、私も薄いデッサン、道具類のデッサン本を買って戻っていて、今回そうそう、と思いだして引っ張り出したのですが、この展示の物は何も無かったです。
きっと彼の考案した物は、物凄い数に上るのでしょう。
Commented by K at 2011-12-24 19:38 x
リンクこのままでも良いです。あちらも細々続けています。
ヨーロッパと日本だけだったとは、面白いですね。
Commented by italiashiho2 at 2011-12-24 22:34
★Kさん、は~い、了解です!

何かあったら、またお知らせ下さいね。


<<    ・・・ 初夏の浜辺 ・ ...         ・・・ イスタンブルで、... >>