イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 18日

   ・・・ ヴェネトの春、 スコミーゴ村の春 ・・・

d0097427_1295712.jpg

       今朝は昨日までの雨と曇り空が一転しての大快晴!
       写真コースの講習日で出かけたものの、5月中頃にある
       講習終了展示に出品予定の写真9枚をキーに入れて持参し、
       同じ場面で角度違いのどちらを、という選択を2枚して貰い、
       あとはこれで宜しいかでOKを貰ったのみで退出。

       こんなお天気の良い日に、PCソフトの使い方なんぞを
       習いたくないですよね?!
       どうせ、そういういじり方はしませんし・・。

       家に戻りカメラを持って、コネリアーノからの戻り道、
       オリアーノ村の教会の裏、スコミーゴ村の坂の下、などを
       さっと写して来ました。

       どこもかしこも、柔らかい新芽の色が溢れ
       おまけに北の遠くの山にはまた雪が降り白くなっていて
       カッコウの鳴く声も遠くに聞こえ
       本当に美しい日。

       という事で、今日は予定を変更、
       ヴェネトの春、スコミーゴ村の春をどうぞ!
       
       トップの写真は、北国との境に
       屏風のように聳えるヴィゼンティンの白くなった山



       こちらは少し東に目を移し、
       奥に白く覗くのは、フリウリ州の高山
       集落が広がって見えるのは、フレゴーナの村、海抜292m。
       右下に白いパイプが2本見えますね、
       あれは、ずっと下って来た近くの村の水力発電所。
d0097427_1303165.jpg



       隣村オリアーノからスコミーゴに下る手前、
       こんな風に遠くに地平線が見え、左奥にこんもり高いのは
       カステル・ローガンツォーロの村で、
       手前を蛇行するのが高速A27
       べッルーノからヴェネツィアまでを繋ぐ、
       車で出かける時いつも通る高速です。
d0097427_130517.jpg



       遠くが薄曇りで少し見えにくいですが、
       フリウリ平野の地平線の向こうに連なる雪を被った山々は、
       フリウリからスロヴェニア、オーストリアに続く高山で、
       そう、ここはもうイタリアの北東部なのです。
d0097427_1311690.jpg



       薄いブルーの花、これはなんと言う名かな、
       フルフルとそよ風に揺れ・・。
d0097427_1313568.jpg



       サルビア系ですよね、これは・・
d0097427_132127.jpg



       タンポポ満開!
d0097427_1322537.jpg



       そしてそのすぐ隣には、咲き収めの一群
d0097427_1324457.jpg



       下に広がる葡萄畑を見ていましたら、
       畝の間の草刈にトラクターがゆっくりと動いて行きます。
       畑の脇でチビちゃんとお祖父ちゃんが見守っているのに、
       写真の整理をしていて気が付きました。
d0097427_1331127.jpg



       スコミーゴ村の郵便局の近くの藤
       満開を過ぎ、先日来の雨に少しやられておりました。
d0097427_1333046.jpg

d0097427_133509.jpg



       今度は坂を下り、東の方に。
       オリアーノ村の外れが見え、右に目を移していくと・・、
d0097427_134922.jpg



       丘の上の教会が見え、順に下って平地に
d0097427_1343127.jpg



       下の平地はこんな風に広々と、トウモロコシ畑
       気を付けて見ましたら、芽が出かけたのもほんの少し。
d0097427_13546.jpg



       小さな小川の流れですけど、青空が映るとなぜか嬉しく・・。
d0097427_1353269.jpg



       ここの葡萄畑は、この辺りでは珍しい赤ワイン用なのですが、
       ほらね、今の時期は畝が等間隔に広がるのが見えます
d0097427_1355496.jpg
       


       畝の間にタンポポがまだ黄色く満開ですが
d0097427_1361296.jpg



       こちらは道を挟んで南側の畑
       ね、凄いでしょ、南の方はもう白い落下傘部隊!
       高くなった道を挟むだけで、こんなにも違うのですよ。       
d0097427_1363479.jpg



       道の土手を見下ろしながら歩いていて
       ちらほらとムスカリを見つけ、
d0097427_1365318.jpg



       そして、ほら、土筆!
       あった、あった!と他のも探して歩きましたら、
d0097427_1372250.jpg
      


       何の事は無い、土手の下の辺りに団体さんが!
       何年か前にこの土手に土筆があるのを見つけて知っていましたが、 
       こうしてまた会えるのは嬉しい事!
       まして春の使者ですものね。
d0097427_1374522.jpg



       こうして家に戻って来ましたら、道の端で寝ているこの子を見つけ
       彼は大体いつも道の真ん中で寝ているので、
       あ、いたいた!と車を止めカメラを手に出ましたら、

       むっくり起き上がって道の真ん中に!
       最初は尻尾をフリフリしていたのが
d0097427_13897.jpg



       すぐに尻尾が下がり、目も半眼に
d0097427_1382920.jpg

       はいはい、じゃあね、と車に戻ってバックミラーで見ると、



       いつもの通り、はは、道の真ん中で寝始めており
       証拠写真を皆さんにと思い、
       また車を止めドアを開けましたら、

       ああ、目は半眼ながら、頭を持ち上げてしまい・・
       残念、証拠物件は半分に!
d0097427_1385873.jpg

       ですが、この子はノラ君では無く、
       すぐこの前の大きなお家の、れっきとした家付きなのですが、
       庭の柵の隙間を通り抜け、こうして広い道の真ん中でね、ははは。

       そしてこの辺り一帯のワンちゃん達は、
       教会の鐘が鳴ると、一斉に合唱するのです。
       うぉ~ん、うぉ~ぉんと中には小節を聞かせる子もいてね!



       最後はそよ風にふるふると揺れる小さな花
       少しブレましたが、色が綺麗に出ましたので。
d0097427_1392425.jpg



        スコミーゴ村の四季
       http://italiashio.exblog.jp/i12


     *****


       ブログご訪問、有難うございます!

       ただ今水彩ブログには、アッシジの町、アーチの向こうと、
       オリアーノ村の春 をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくお願いいたします。


       先週土曜14日にグループでヴェネツィアに出かけました。
       サンタ・マリーア・フォルモーザ教会近くのグリマーニ邸と、
       クエリーニ・スタンパリーア博物館を見学し、
       午後3時半ごろでしたでしょうか、解散になり、
       仲間数人とS.M.フォルモーザ広場を歩いていましたら、

       シンカイさ~ん、と声をかけられました。
       え?!と驚きましたら、なんとブログリンクしている
       イタリアの誘惑 
       http://jun-gloriosa.cocolog-nifty.com/blog
       の、グロリオーザさん!

       挨拶よりも先に、あぁ!何で知らせなかったのよぉ!
       という言葉が飛び出しましてございます、ははは。

       以前は月一で我がブログに写真をお願いしていましたし、
       一緒に車で出かけたり、ヴェネツィアに来られた時はお会いしたリで、
       なんとまぁ、驚きました!

       今回はヴェネツィア3泊と短く、我がブログを見ると
       いつも出歩いているみたいだから・・!、という事でしたが、
       同じヴェネツィアにしても、こんなにばったりすれ違った、
       というのに、
       仲間も驚いておりました。

       グリマーニ邸は以前行った時は、ガイド付き案内で
       写真もまるで撮れず、素晴らしい邸内なのにとても残念でした。
       がぁ、今回はです、
       グループ一同で動きまわり、こちらの引率がガイドするものですから、
       管理人も寄って来ないのを良い事に、ははは、ざまぁ見ろ!
       撮りまくりましてございます、はい、前の分もね、ははは。
       という事で、また整理しまして順にご案内致しますね。

       クエリーニ・スタンパりーアの方は、写真を撮ります、と
       1エウロ切符売り場に払いますと、ステッカーをくれ、
       それを胸に張り、大手を振ってパシャパシャ出来まして、
       はい、こちらも中が素晴らしかった!

       楽しみにお待ち下さいませませ!!

              
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          
          

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


       

by italiashiho2 | 2012-04-18 01:41 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(22)
Commented by la_mia_coccolina at 2012-04-18 07:32
shinkaiさま、こんにちは^^
溢れるようなやわらかい春の陽ざし、春を喜ぶかのように咲く花々、芽吹く新芽。。。春の息吹を感じます。
待ち焦がれていた「春」ですね♪
shinkaiさんのブログにお邪魔すると、いつもハートを鷲づかみされ^^心はもう一瞬にしてイタリアに^^
朝から幸せな気持ちにさせて頂きました♪
どうもありがとうございます!

そして街角を描いていらっしゃる水彩画、いつもとても心惹かれます♪
Commented by fresco1939 at 2012-04-18 08:05
おはようございます〜、おなじような春ですね。たくさん撮りたいのがあるので、
油断していたら咲き終わっていたりしますね。
写真を撮るのに1ユーロ、そしてワッペン・・・それっていいですね、気兼ねしなくて撮れるのは・・・

分室のアッシジ、私もあそこで立ち止まりますね。描き込んで失敗したことは多々・・・
筆を何処でとめるか・・・
Commented by Violet at 2012-04-18 08:28 x
こんにちは!
土筆とは懐かしいですね。以前の所で生える場所がありましたが。
これは土筆ご飯にすると美味しいですね。
スギナは色んな効用があるようです。
野草がきれいですね。
一眼レフをお使いでしたね。流石ですね。
日本の原発が危険らしいです。祈ってますが、政府が無関心で怖いです。
Commented by kazu at 2012-04-18 15:00 x
お天気の良い日の村の景色のどかで素敵な風景です。
まだ行ったことのない処なのに懐かしさをかんじるのはスコミーゴ村の写真を四季折々拝見しているせいでしょうか。
つくし ムスカリ日本と同じなんですね。
小川が流れまるで童謡の世界を満喫しました。
Commented by italiashiho2 at 2012-04-18 15:21
★coccolinaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

今年は一度暖かくなりかけて後に大寒波が来ましたので、なんとなしに春が遅い様な気がしますが、ゆっくりと着実に。
植物たちは偉いですねぇ。 ちゃんと季節になると知らせてくれますね。

イタリアの田舎はとても素敵だといつも思うのですけど、有名な街だけでなく、こうして見て楽しんで頂けると嬉しいです。

水彩ブログの方も、有難うございます! はい、また見てやって下さいね。
Commented by italiashiho2 at 2012-04-18 15:27
★frescoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、そうなんです、今年は寒さが行きつ戻りつで、なんとなしに桜の花を見るのが中途半端に終わってしまい、もう既に藤も終わりかけです。

そうなんです、昔美術館でやっていた事があるのですが、この頃は皆デジタル・カメラを持っているせいか、めったやたらに写真禁止になってしまって。
でも皆内緒で撮るので、禁止するのはフラッシュだけにして、こうして1エウロ払うようにしたら良いと思います。 その方が美術館も儲かるでしょうにね。

アッシジのあのモチーフは、下描きをしっかりしたら色は楽だろう、位に考えて始めたのですが、・・難しくなりそうです、あああ!
Commented by italiashiho2 at 2012-04-18 15:31
★Violetさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、こちらの土筆は2種類あるのですよ、ものすごく大きな30cm程の高さに育つのと、この日本のようなのと。
土筆ご飯は美味しいと読むのですが、まだ食べた事がないですね。 この土手はかなりの傾斜で、葡萄畑の横ですから、ちょっと採るのは難しいかな。
それに私は長いにょろにょろが大の苦手で・・! 出るかもしれない所は遠くから眺めるだけ、ははは。
Commented by italiashiho2 at 2012-04-18 15:35
★kazuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ね、だんだん目が慣れて来られたでしょう?! そう、とても気に入っている村なのです。 

土筆もムスカリも一見同じ様なのですけど、やはり少し違うかも、と思います。 皆さんの所で拝見するムスカリよりも不揃いで、色も濃い紫でしたし、藤も似ているのですけど、やはりちょっと違うようです。

川も日本のようにコンクリで固めていないので、風情があるでしょう? 冬はカチカチに凍るのです。
Commented by vruocculu at 2012-04-18 17:57
こんにちは!!!
春がいっぱい♡ 春色がいっぱい♡
私は、芽吹いた柔らかい緑色が大好きです。
黄色も大好きです。 素敵な春の風景と花たちをありがとうございます。
そして、ようやく桜の季節になって、もう体がウズウズで外へでかけっぱなしです!!!
Commented by italiashiho2 at 2012-04-19 01:46
★vruocculuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

あ、そうですね、そちらはいまが桜の季節なんですねぇ! 一度に花があれもこれも咲きませんか? こちらも!! 
もう藤も終わりかけ、緑も今が一番美しい時ですよね。 いろんな緑があって、5月の最初までかな、そのあとは濃い緑色でうっそうとして来ます。
今の黄色の花はタンポポと、アカシア系の黄色の房に咲く花、これが満開です。 黄色の方は食べれるのかな、白い方は戦時中も食べたそうですが、今だってテンプラにするととても美味しいです。 
良いですねぇ、しっかりお出かけして春を味わって下さいね!
Commented by Otium at 2012-04-19 04:44 x
こちらではタンポポが咲きはじめたばかりなので、それがもう白い穂になってしまったいるとは驚きです。サルビア系と書かれている花は、夏の花だと私は認識していました。ブルゴーニュでも、北と南では春の訪れが2~3週間違うのですが、イタリアともなると、こうも全く違うのだ~!

ツクシは、こちらでもたまに見かけることがあるのですが(出会うと喜びます♪)、ブドウ畑があるような土壌には生えないと観察していました。共存できるんですね...。

写真を入れられたムスカリ、自然に生えているものですよね? これは日本でムスカリと呼んで園芸店で売られている花と同じに見えるのですが、フランスの春の森に咲くムスカリ(ブログに入れた写真: http://otium.blog96.fc2.com/blog-entry-629.html )は全く違うのです。イタリアでは、こううムスカリが野原に咲く植物とは大発見です♪

ブルゴーニュのブドウ畑では、支柱につけるのは3本の針金だと言われて検証したことがあって、shinkaiさんのところはずっと多いのも(7本かな?)興味深かったです。
Commented by cucciola at 2012-04-19 04:59 x
shinkaiさま、

こんばんは。

こちらは寒い寒いと丸くなっておりましたが、こうして拝見すると春ですねえ。
藤の花は年々咲く時期が早くなっている気がしませんか?こちらではもう散ってしまっています。
それから今年気がついたんですが、こちらのタンポポっていい匂いがしませんか?日本のタンポポは子供のころよく遊んだものですが、あのにおいはしなかった気がするんです。年をとって自然に敏感になったんでしょうか。
それに土筆!
私は子供のころから土筆が大好きで、ただ眺めているだけで嬉しくなるんです。イタリアでは土筆を見たことがなかったので嬉しいです!アスパラジと似ていますけど、やはり土筆は土筆ですよ。なんて可憐なんでしょう。土筆の染付けのお皿も日本で愛用していたくらいで。

遅くなりましたがオルシーニ家のリンクの件、ありがとうございます。
いつもこまめにリンクしていただいて感謝感謝です。

私はこの寒の戻りで風邪を引きました。昨日はかなりつらかったんですが、今日は回復です。
shinkaiさんもどうぞお体をお大事に。かりそめの風邪でもつらいです、はい。
Commented by italiashiho2 at 2012-04-19 07:59
★Otiumさん、こんにちは! コメント有難うございます。

あ、そうですか、やはりアルプスの北と南では随分違うのですね! 今年は春の温かさが来たかな、と思う後に大寒波となり、凄く調子が狂いました。 一旦どの植物も沈黙したようでしたけど、その後はやはりじわじわと季節が動いて、こちらが付いて行けずに、たくさんの花の盛りを見逃したようです。

そうそう、ムスカリの花もそうですが、なんだったっけな、同じ名前でも随分違う花がありましたよ、以前拝見したのに。 はい、これは野に咲いているムスカリですけど、イタリア語でなんというのかな?

葡萄畑の針金は、多分そちらの方が葡萄の木の背が低いのも理由ではないでしょうか? 写真で拝見する限り、フランスの方がずっと木の背が低いですね。 こちらも日本の葡萄に比べるとずっと低いですけど、フランスのよりは少し高いかも。 今の剪定済みの高さで、大体私の目の高さ位で、葉が茂って170cm位ではないでしょうか。

この所バタバタでお邪魔出来ていませんが、近いうちに必ず!!
Commented by italiashiho2 at 2012-04-19 08:09
★cucciolaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

いやぁ、今ブルゴーニュにお住まいのOtiumさんが、タンポポが咲き始めた、と書いて下さったのが、この辺りでは白くなり始め、そちらは藤ももう散った、って、緯度の関係が良く分かりますねぇ! ははは。
タンポポに香りがあるとは思いもよらず、これは即確かめに行きますね。 今まだあちこちがまっ黄色に見える位咲いていて、春の色ですね、とても嬉しくなります。
土筆の姿は本当に可愛いですよね、染付のお皿! 羨ましい!!

そうそう、オルシーニのリンクの件、お断りにも上がりませんで、失礼いたしました。 ちょっとバタバタなのです、この所。

お風邪ですか? お大事に!! 私は寒がりでいつもしっかり着こんでいるので大丈夫なのですが、一昨日中腰で動いていて腰をやられ、薬を飲みサロンパスを貼り・・!
お互い、と言うとcucciolaさんに失礼ですけど、気を付けて参りましょうね!!
Commented by romaitalia at 2012-04-20 17:40
shinkaiさん、ご無沙汰しております。
土筆!私が気づかないだけなのかもしれませんが、我が家近辺で見かけたことがないので、この土筆の写真を見てとてもうれしくなりました。あるところにはあるのですね(笑)
そして、この広大な景色の中で写真コースの講習ができるってステキです。また、遊びに来ますね。
Commented by ゆんぴょ at 2012-04-21 01:09 x
こんばんは~!
春満開ですね! お天気も良く、気持ちの良い光景ばかり。
ムスカリは日本のものより色が少し濃いような。
なんと土筆が出てますか。そちらでも食べる習慣があるのかな。
これを見ると日本の春という気がするのでイタリアでも見れると不思議です。今年は久しぶりに食べたのですよ。袴取りで手が真っ黒。我が家の敷地内で収穫できました~。
名も知らぬ小さな花たちが可愛らしいですね。
あはは!ワンちゃんはしっかり写真を撮られると思って起き上がりましたね~。でもこの陽気でとても眠そう。
怪物公園も面白かったです。ちょっと行ってみたい(笑) 昔は派手派手に彩色されてたんでしょうか。日本の仏像も昔はそうですよね。
おー、グロリオーザさんとバッタリとは嬉しい驚きでしたね!
Commented by italiashiho2 at 2012-04-21 08:11
★romaitaliaさん、こんにちは! こちらこそ、ご無沙汰して、コメント有難うございます。

はい、ここの土筆は何年か前に偶然に見つけましたので、ある筈!と思って目を凝らして歩きました。
あるのですねぇ! でも同じ土筆でも、少し東の隣町に行った時に見つけた土筆はこんな可愛い物ではなく、はは、30cmほどの大きなお化けみたいな土筆でしたよ!

そうなのです、先生もとても良いのですけど、なんせ生徒が横着で言う事を聞かない生徒なので・・!
Commented by italiashiho2 at 2012-04-21 08:19
★ゆんぴょさん、こんばんは! コメント有難うございます。

そうでしょう? ムスカリ、日本の方で見るよりもずっと色が濃くて不揃い、という感じでした。
タンポポの芽が出た時には食べる様ですけど、少数趣味の方が、土筆は・・?!です。 
食べられた?! 美味しいそうですね、羨ましい!

あのチビワンちゃん、寝むそうでしょう?! いつも道の真ん中なのですよ、可笑しいですけど、なぜですかね?
怪物公園は、きっと自分の計画では行かないと思うのですけど、町が良さそうでね、これは情報収集でもあり、良い所と半々ですね。 怪物公園も一度見る価値はあるかもですね。

彼と出会って、私がとても嬉しそうに両腕を広げた、というのが仲間内で広がっているようで、ははは、グロリオーザさん、ごめんよ! ははは。
Commented by BB at 2013-04-21 22:26 x
去年の今頃なので、 今年もスコミーゴ村の周りは、
こんな春を迎えているのでしょうね。
こんな写真を見せられると、すぐにでも またベッルーノあたりを車で走ってみたくなります。 
すぐに,すぐにです!行きたいなぁ〜〜!
ツクシ、そちらでは食べないのですか?
我が家の周りにもツクシ見られますが、ワン子ちゃんの栄養がたっぷりかかっているので,敬遠しています。
ハカマを取るのも大変だし、それほどおいしいものとも思わないのですがね。てへぇ!
Commented by italiashiho2 at 2013-04-22 00:58
★BBさん、は~い、今年はね、冬の雪が無かったわりに寒くて、春も遅く、曇り空、雨と続き、昨日今朝とピエモンテの方は雪にもなっているようですよ。
だから、先日のお天気が2,3日続いた時は良かったのですが、今年は少し遅れ加減ですね、春が。
でもコネリアーノに向かう途中に菜の花畑が3面程あって、今満開になりかけていますよ。

土筆はこちらの人は食べないですね、食べるのはタンポポの小さい時と、リゾットにしたら美味しい野草があるのです、ショペティンという。
それを先日グループで出かけたピアーヴェ河、ほら、べッルーノを流れている河ですけど、そのずっと末流の土手で見つけ、ミレーナが摘んでいましたよ。
Commented by BB at 2013-04-22 09:33 x
えっ!
タンポポのご幼少の時を 食べるのですか?
それも リゾットに? なんだか、綿毛が鼻に詰まりそうだわ!
って、綿毛になる時は,加齢のタンポポですね。えへ!
Commented by italiashiho2 at 2013-04-22 18:31
★BBさん、こんにちは!  
は~い、タンポポちゃんの幼子を、ひひ、蕾ちゃん辺りを食べるのか、それとも、葉っぱの柔らかいのを食べるのか、よく知らないのですけど、食べるとかいう話を。
いや、リゾットではなく、さっと茹でてオリーヴオイルをかけるのではないかと・・。 
またセルジョに聞いておきますね。 彼は一度食べすぎてお腹をくだした、と言ってたのを覚えていますので、ははは。


<<    ・・・ n.1 サンタ・...         ・・・ n.2 ボーマル... >>