「ほっ」と。キャンペーン
2013年 10月 28日

   ・・・ スコミーゴ村に戻って ・ ちょっぴり晩秋 ・・・

d0097427_22130100.jpg

       先週戻って来た我がスコミーゴ村なのですが、
       私が日本で暑い暑い、と言っていた時期、やはりこちらも暑かったそうで、
       とは言え、日本ほどではなかった様ですが、
       ここの所霧や雨が続き、晩秋の色が濃くなってきた様子。

       金曜のお昼に薄日が射して来たのを幸い、
       ちょっと近所の葡萄畑などを視察に、ははは。
       やはり、戻って来た、という実感を得るにはこれが一番!

       長野での日本食オンパレードは次回に回すとし、
       我が愛するスコミーゴ村の様子をどうぞ!

       上は、広がる青空に映える黄葉


       我がコンドミーニオの前からだらだらと下って来た所で、
       並木はティーリ(オ)と呼ばれるイチイの木
       ほんのわずかな風にもはらはらと散り落ち・・。 
d0097427_22132923.jpg



       イタリアは紅葉が殆ど無く、こんな風な黄葉で、
       オレンジ、黄色、ベージュ、茶のトーン
d0097427_22135175.jpg
      


       並木の陰にあった英語教室の広告看板。
       レッスン・ワン・ドッグ
       日本語で洒落てみた・・事は無いよね?! ははは。
d0097427_2214812.jpg



       少し先の、道の突き当たりに広がるトウモロコシ畑ですが、
       道脇の猫じゃらしが逆光に輝き
d0097427_22143287.jpg

d0097427_22144946.jpg



       いつもの眺め、隣のオリアーノ村。
       雲の流れに太陽が出たり入ったり・・
d0097427_2215989.jpg



       ここはつい最近出来た葡萄畑ですが、大きめの苗を植えた様子。
d0097427_22153312.jpg

       畝の間は勝手に草が生えるのかと思っていたのですが、
       この草の畝を見て、そうか、草も植えるのか、と納得です。
       畝の間に草がある事によって、乾燥が防げるのでしょうね。

       我が町コネリアーノから北西にかけては、
       辛口白ワイン・プロセッコの産地で、大変に景気が良いらしく、
       この一帯もどんどん葡萄畑に替って行っていますが、
       ここも単なる草原だったのですよ。



       道脇の葡萄畑の葉が黄ばんでいるのを見て、
       中に入り込み、
d0097427_22155189.jpg



       はい、これが奥に広がる、私の大好きな眺め!
       だらだらと下った先、一番の低地には湧水が流れ
       そこから向こうに広がるオリアーノの葡萄畑。
d0097427_22162265.jpg

d0097427_22164245.jpg


       右側に見える雑木林の当たり、
       早春には緑の野生のクリスマス・ローズが咲くのです。
d0097427_2219278.jpg

       傾斜地に添う雑木林も、秋の色が進み



       手前の葡萄畑の畝の陰が伸び、その奥はトウモロコシの枯れた穂先。 
d0097427_22201484.jpg



       こんな渋い濃い目の色合い、古い油絵の風景に見ますよね?! 
d0097427_22203746.jpg



       葡萄の葉もまだ緑色の部分が多く、
       逆光に光る黄色も少なめ
d0097427_22212264.jpg

d0097427_22214059.jpg



       逆に北側を振り返り・・。
       何列かの葡萄の畝が掘り返され、木が植えかえられる様子。
       このなだらかな傾斜の感じが好きなのですが、
d0097427_22222073.jpg

d0097427_22223865.jpg



       ゆっくりと戻りかけて、何か茶色の物が伸びているのに目が止まり、
       なんだろう、と何歩か進みかけると、
       さっと起き上り歩きだしたのは、雉君
d0097427_22225731.jpg

d0097427_22231790.jpg

       ゆっくりの歩みながら、こちらの様子を伺いつつ
       畝の陰に入り込み、飛び立って行きました。



       草原にあるリンゴの木
       野生種みたいな小さな実ですが、真っ赤に色づき・・。
d0097427_22233772.jpg



       そう、タンポポも一度描きたい、と思っているのですが、
       霧雨に濡れて、落下傘がひっつき加減
d0097427_22235653.jpg



       こんなピンクの花もまだ咲いていて
d0097427_2224131.jpg



       戻る道脇に見た真っ赤な柿の葉
       赤くなった柿がどこにあるのか、見えない程!
d0097427_2224306.jpg




       我が家のあるコンドミーニオと庭
       奥から2段目の1階に我が家です。
d0097427_2225746.jpg



       という所で、最初に見て頂いたイチイの並木とベンチ
d0097427_22252698.jpg


       静かに黄葉の秋が煌めいている、ここ北イタリア
       ・・長野も日本も素敵でしたけど、
       戻ってくるとやはりホッとする我が家、
       そして我が村です!

       スコミーゴ村の四季
       http://italiashio.exblog.jp/i12



     *****

       長野での個展の終了ご挨拶を、本人以上にしっかりとして下さっている
       有難い我が師二木さんのブログにリンクを。

       ですがぁ、少し複雑な心境でして・・、
       まぁ見て頂くと、我が小さな胸の痛みもお分かりかと・・!
       http://blog.goo.ne.jp/futa2560/e/27cf6a1207c165d7a16fc059f90c0ebe

       2人並んでいるのは、二木さんの奥さま竹ちゃんが撮って下さったのですが、
       シャッターを押す前の言葉は、
       「はぁい、腹引っ込めてぇ!」でして、ははは、
       思わず吹き出しながら、私めもしっかり引っ込めましたです。



     *****     

       水彩ブログの作品ページに、各作品の額に入れた様子も追加しました。
       総目次のページから入れますので、
       見てやって下さい。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho/c/745eeaa68cdfea532108ed0bf98f8a48



       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          





     

by italiashiho2 | 2013-10-28 22:28 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(20)
Commented by corsa at 2013-10-29 06:10 x
shinkaiさま
本当に素敵な土地にお住まいなんですねぇ。特にこの季節は、美しさが際立つ感じ~!
先日、フト思い立って、今更のようにお住まいの地域を地図でみてみました。なんだ!意外と近いんだ!(すいません、勝手にすごく山奥をイメージしていたもんで…。すっごく失礼ですね)。それもValdobbiadeneがとっても近いんじゃないですか。あ、そっか~、プロセッコ、ですよねぇ。是非いつか押しかけてみよう、と勝手に決めました!笑
遅ればせですが、個展の大成功、おめでとうございます。多くの作品がお嫁に行かれたようで、喜ばしい限りですが、丹精こめた娘たちが手を離れるのって、本当は少し寂しかったりしませんか?
それも、また描こう、という後押しになるのかしら。
お楽しみにされていた日本食の数々も、無事味わいまくってこられたようですね!これまたおめでとうございます!というのも、とっても変ですが…。
わたしはこのところ栗ご飯にはまっています。最近、近所のメルカートの栗が、びっくりするくらい大粒でおいしいもんで。秋の味覚、イタリアでも味わえるものがありますねぇ。さばの塩焼きもおいしいです~。先日、サヨリを見つけてびっくりしました。
Commented by Art真似蛙(マニア) at 2013-10-29 07:18 x
新開さん、おはようございます。

早速の、スコミーゴ村の秋の便りを拝見し嬉しく思います。
長野の秋も1週間前とは一変し、順調に季節の衣で覆われ始めました。
11月の日めくりとと同じ歩みで、紅色を濃くしていくと思われます。
私もエネルギッシュな新開さんに恥ずかしくないように、善光寺の秋を
UPできればな~!と残り少ないカレンダーにつぶやいております。

お身体を大切に!
そして〝憧れのヴェネト〟の便り&作品のUP!
よろしくお願いいたします。
Commented by fresco1939 at 2013-10-29 07:58
おはようございます〜元気で何よりです。黄葉がきれいですね。オリアーノ村は絵になりますねー。
油絵のような景色、やっぱりヨーロッパ、いい色合いですね。

二木さんのブログも拝見・・・さぞにぎやかな光景だったでしょうが、人ごとではないですね。
私もロンドンで大失態、背中に背負っていたものを、某劇場に置き忘れて、あわてて引き返して
なんとか無事に、わが背中に・・・
Commented by 二木一郎 at 2013-10-29 13:47 x
shinkaiさん、こんにちは!
疲れは取れましたか?

恐る恐る、顔色を窺いながら上目遣いでお邪魔しています。
なぜかって、どんな復讐が待っているのか戦々恐々としているからで〜す、ぎゃはは!
良かった! まだ私の悪口は書かれていなかった!

スコミーゴ周辺も、すっかり秋ですねぇ。
さりげない、押し付けがましくない美しさが、じわ〜っと心に響いてきます。
トスカーナ・ウンブリアは華やかですが、目が回りそうな感じもありますから。
先日、ストリートビューで案内していただいてから、一層身近に感じられるようになりました!
葡萄はすでに収穫されて醸造所に行ってしまったのですね?
リンゴの木に目が行きました。
我が故郷松本には、もはやこういう野生種っぽいリンゴはありませんね。
スコミーゴ周辺に葡萄畑が広がるように、我が故郷の周辺は一面のリンゴ畑なのです。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-29 16:48
★corsaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうで~す、田舎ですけど、そう山奥ではなくプロセッコの葡萄畑の多い所ですし、そちらからだと近い筈です。 高速のヴェネツィアから27号に入って、ヴィットリオ・ヴェネトの南まで40分掛かりませんから、チャンスがあったら是非お寄り下さい!

個展の事、有難うございます! ええ、お嫁に行ってくれるのはとても励みになりますし、次はどういう物をどう、という自分のモチーフを考える上にも勉強になるので有難いのです。

今回はずっと日本食で、毎日魚を食べていたのですけど、心配していた蕁麻疹もまるで出ず、まさに食品、魚の新鮮さの問題だと思いました。 日本の魚万歳、日本食万歳で、戻って来てそれが残念ですけど、出来る部分で秋を味わう様にしないといけませんね。

Commented by italiashiho2 at 2013-10-29 16:54
★ Art真似蛙さん、こんにちは! コメント、そして諏訪では有難うございました!

こちらはまだご覧の様に色が少しですが、霧がかかる日が多くなりました。 少しずつ秋が深まっていく感じです。

長野の善光寺の写真がありますから、また半世紀ぶりに見た景色を、浦島たろ子の写真を私もアップしたいと思っています。
でも、本当に暑かったぁ!!

大体予定が分かりましたので、近いうちにメールを差し上げますね。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-29 17:00
★frescoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、オリアーノはいつも見ている景色で目慣れしてしまっているのですが、今頃の色だと描けるかな、という感じですね。
この辺りは丘の起伏が幾つもあるので、絵のモチーフに良いかと思うのですが、ただ私は林や木を描くのが苦手で、まずそれを克服しませんと・・。

ははは、frescoさんもご経験済みですか?! ああ、良かった、我らだけではないのですね、へへへ。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-29 17:10
★二木さん、こんにちは! コメント有難うございます。

こちらでも2人のドジ話を、今朝はアンナリーザに話して聞かせた所です、ははは。 
まぁね、毒蛇は急がない、という言葉があるそうですし、へっへっへ、肉を切らせて骨を切る、とも言うそうですけん、急がない急がない!!

ね、良い色でしょう?! 紅葉は美しいし華やかですが、段々慣れて来て、こんな静かで穏やかな秋の色も良いなぁ、と思います。
ぼちぼちと木を描く事、林を描く事にもトライしないといけません。

はい、葡萄摘みは私が出発する時はまだしていたのですけど、今はもう無いですね。 
もう1ヶ月もすると、早い所では来年に向けての剪定が始まり、冬の枯れた葡萄畑になります。
Commented by organvita at 2013-10-29 17:33 x
おかえりなさい!!!そして、個展のご盛況、おめでとうございます!! ポッポやさんからも、個展があったこと、ブログを通して伺っておりましたよ☆ 昨年コネリアーノで拝見した絵も持っていかれたのですね!覚えています!!またイタリアでも個展なさいますか?!楽しみにしています☆
ブドウ畑、綺麗ですねー!ここ、夫の実家に限りなく近いところです☆が、しばらく忙しくて帰っていないので、実家周りの雰囲気が楽しめました。わは。
Commented by 小父さん at 2013-10-29 23:09 x
今晩は、プロ野球日本シリーズも見ていたので、もう寝ぼけまなこになりつつあります。

もうひとつ開いているページは「ラヴェンナ・モザイク  テオドーラ妃」
関連の記事がこちらにあるのかな?と思っってやってきたら

この素敵な秋の写真群!
そして「はぁい、腹引っ込めてぇ!」のにこやかなお写真。

いやー、どこにそれだけのエネルギーをためておられるんでしょう。
年少者は先輩の爪の垢を煎じて飲んで見習います。

上の写真どれもこれもうっとりですが、一番下のベンチに自然のクッションが敷き詰められているのがユーモラスでいいです。

人は腰掛ける時、クッションの上に座るんでしょうか、それとも枯れ葉を払って腰掛けるんでしょうか?

モザイクは次回に回させていただきます。
Commented by クリス at 2013-10-30 00:00 x
sinkaiさん、こんばんは!
すっかり秋の写真ですね。長野もよりいっそう寒くなりましけれど。
赤い柿の写真もありますが、イタリアの紅葉は赤が少ないんですよね。まあよく見ると、紅葉などもあるにはあるのですが。
ブドウの畑は、これが収穫時の風景だって、見てもらえばわかりますか。
収穫後のブドウ畑の葉の、黄色い色好きも美しいんですね。ハイ
Commented by italiashiho2 at 2013-10-30 01:33
★愛さん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、昨年はコネリアーノまで来て下さいましたねぇ。 有難うございます! お陰さまでたくさんの方に来て見て頂き、無事に戻って来ました。
しっかり日本食を食べて来ましたよ! この辺りでは無理ですものね。

今の所、イタリアよりも日本に顔が向いているのです、正直なところ。 コネリアーノにはちゃんとした画廊もありませんし、ね。 でも先の事は・・、です。

葡萄畑のあの感じは、またそちらの畑の感じと違いますよね? 昨年の秋ヴァル・ディ・ノンに行った時違いを見たのですけど、そうですか、ご実家はこちらの方でしたか。
ここの所、秋の雨がちょいちょいです。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-30 01:44
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

ああ、日本シリーズですか。 諏訪でちらっとTVを見た時、広島が巨人に逆転負けして・・、というのを見ましたが、昔広島に居た頃のカープの熱狂ぶりも今いずこになりましたぁ。

テオドーラのモザイクについては、カテゴリの「エミーリア・R州」のラヴェンナ・モザイク詣で、その1に写真を載せています。 素晴らしいモザイクですので、見てやって下さい。

いえいえ、エネルギーは減少しているのですけど、独り暮らしなので好きな事だけしているという調子です、お恥ずかしい!

あの落ち葉のベンチは、夏だとちょうど木陰になって風通しも良い場所なので近所の人が座っているのですけど、今はもう誰も座っていませんね。 近頃は良く雨も降りますし。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-30 01:51
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

じわじわと季節が移って行きますね。 近頃は雨も多く、曇天の日も多いです。 じきに枯れ木の風景になる事でしょう。
そうですねぇ、殆どの木が赤くならない木なのでしょうねぇ。

葡萄畑の収穫時、というのはまだ葉の色も変わりませんし、葡萄摘みの人が見えるとか、バケツが見えるとか、トラクターが入り込むとか、出ないと、ちょっと遠方からでは見わけが付かないかもですね。

はい、そうですね、そのうちに黄色い葉が、全体に茶色っぽくなって葉が落ち掛け、そして剪定作業が始まります。
 
Commented at 2013-10-30 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by italiashiho2 at 2013-10-30 20:08
★K@さん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、パンチ・パーマと言われるのですけど、結構長くて15.6cm位なんですよ。 くりくりに巻いているので短く見えるのかも。

いいえ、特別に何も感じる事は無かったですね。 ええ、マスクを掛けている人も見かけましたが、これは諏訪でもどこでもちらほらという感じで、空気がどうのというのは感じませんでしたけど、私は大体そう言う事に鈍いのかもですし、なんともお答えできませんです。
まぁ、ホテルで見た中国の汚染のニュースは凄かったですが・・。
Commented by cucciola at 2013-10-31 22:53 x
shinkaiさま、

お疲れやら興奮やらも収まって、ようやくご自宅周辺の美しい景色の中でくつろがれているのかなあ、と写真からお察しいたしました。
ブドウの葉は、我が家の周りにも降り積もってくるんですよ。周辺の家の庭にあるみたいで、乾いているときは美しくて娘と手にとって遊んでいるのですが、雨が降るとあれで階段で滑りそうになります。今のうちに掃除をしなくては。
今年は昼と夜の寒暖の差がかなりあるので、どこも紅葉が美しいかもしれませんね。
そして雉!野生の雉がここまでくるんですね。私は見たことがないのですが、我が家の裏にある森も、夫が朝早く出勤するといのししやら狼やらがいるそうですよ。まだまだ自然が残っているというのはありがたいことです。
日本滞在中のハプニングも、日本でだからこそ後から思い出しても笑い話ですみますよね。私も改めてローマの町でボーっとすることがないように、と自分を戒めております。
Commented by italiashiho2 at 2013-11-01 13:49
★cucciolaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、お陰さまで漸くに戻ってのバタバタが済み、一昨日からお絵描きを再開しておりますが、もう今日は11月なのですねぇ! 
仰る通り、楽しく美味しかった打ち上げのお祭りも済んで・・、という感じです。

落ち葉は見るのには綺麗なのですけど、濡れると本当にくっついて、おまけに汚くなりますし、滑ります。 お家の坂道ではお気をつけて下さいね。
そうなんですよ、こんな近くで雉を見れたので驚きました。 居るのですねぇ! リスは町中でも見かける事があるのですけど、野兎も時に葡萄畑で。 そちらのイノシシや狼には驚きますけど、こちらも少し山に入ったらイノシシはいるのかもですね。
そうなんです、こんなに身近に自然があり、四季の動きが見える事の喜びは他に替え難いです。

いやぁ、自分が如何にドジか! 本当に頭の中が白~くなったです、今だから笑って言えますけど・・!
Commented at 2013-11-04 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by italiashiho2 at 2013-11-04 15:34
★有X様、こんにちは! ご丁寧に有難うございます!

はい、お陰さまでしっかり楽しみ味わい、戻って参りました。 体調も既に回復し、お絵描きも再開しております。

有難うございます! 寒くなりますので、どうぞお元気で!!


<<    ・・・ 日本で食べた美味...         ・・・ 無事、戻りました... >>