イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 10日

   ・・・ トスカーナより、無事戻りました! ちょっぴり総集編 ・・・

d0097427_23393039.jpg

       皆さん、お久し振りです!
       木曜の夕方、トスカーナはヴァル・ドルチャの旅から
       無事、満足して戻って参りました。

       雨の日も曇り日もあったのですが、
       結果として日焼けして戻りましたので、ははは、
       8日間の旅は上出来だったと思います。

       現在ブログはお休み中なのですが、
       余りにもたくさんの町の姿、美しい風景を見、
       写真も数えましたら4250枚も撮っておりまして!
       少しでも頭の中を整理すべく、ざっと日程順に最低限を纏めましたので、
       無事戻りましたのご報告代わりに、見てやってください!

       最初のは、今回の旅の最初の1枚
       シエナを過ぎ、アシャーノに向かうべく県道を下りた
       タベルナ・ダルビア・Taverna D'arbiaの町を出てすぐの所。

       町外れから坂道を上った目の前に、即、緑の野が始まり
       ああ、やって来たぁ! と深呼吸をしたのでした。



       わき道にそれ、入り込んでいった所から振り返ると、
       遥かにかすむシエナの街!
d0097427_23395647.jpg



       シエナのクレーターの緑は、やはり凄い!
d0097427_23402469.jpg



       今回の最初の計画では、シエナからトッレ・ア・カステッロを経由して、
       まずクレーターの中を通る地道を、と予定していましたが、
       前々日にもう一度、道の確認にグーグルのストリート・ヴューを見た所、
       なんと入り道の脇に進入禁止、または許可を得たのみが通過OKの
       白丸に赤い縁取りの標識が見えるではありませんかぁ?!

       この標識では2度えらい目にあっておりまして、大罰金、ははは、
       ひょっとしてとアシャーノ側を確認すると、こちらには無し!
       あの辺りに隠しカメラがあるとも思えませんが、へへ、
       君子危うきに近寄らず、
       ならば旅の戻りに入り込もう、と計画変更。

       そして最初は2日朝出発予定だったのですが、
       天気予報がどうも良くない、それも大雨で雷マーク付き!
       雨のアッペッニン越えは嬉しくないので、
       太陽マークの1日出発に変更、宿を大急ぎで探し、
       ありがたい事にピエンツァの市壁のすぐ外の安い宿が見つかり、
       ラスト・チャンスに滑り込みセーフ!

       というような若干の計画変更に従い、
       シエナのクレーターの中を行く幹線道を通った後、
       アシャーノの手前からキュズーレ・Chiusureに。
d0097427_2340505.jpg

d0097427_2341754.jpg



       そして初日の宿を取ったピエンツァ・Pienza
d0097427_23412778.jpg

d0097427_23414699.jpg

d0097427_2342378.jpg

d0097427_23422168.jpg

d0097427_23423818.jpg

       今回は都合3回ピエンツァに寄りました。
       泊まった夜は雨となり、翌朝は曇り空でしたが、
       これが私には幸いし、
       先回の訪問では気が付かなかった
       この町の壁の色に目が行き、再発見の想いがありました。
       そして2度目はお昼時、その次は朝と、
       時間の違う、つまり光線の入り方が違う姿を見れました。


       この辺りの町は既に一度訪問している所が多いので、
       先回のご案内はこちらからどうぞ
       http://italiashio.exblog.jp/i17/


       ピエンツァの町外れの古寺、
       ピエーヴェ・ディ・コルシニャーノ・Pieve di Corsignano.
d0097427_2343360.jpg



       北に向かい、カステルムーツィオ・Castelmuzioの町に。
d0097427_23432211.jpg

d0097427_23433819.jpg



       町の出外れにある、これも古いサント・ステーファノ教会
       Santo Stefano.
d0097427_23435651.jpg

       上の教会共に開いており、中も撮れましたので、
       また詳細を見ていただきますね。



       そしてトゥレクアンダ・Trequandaの町。
d0097427_23441354.jpg



       2日目の夜は、モンティージ・Montisiの町に。
       夕方からぱらつく雨となり、夜から翌日はかなりの降り!
       町の中を傘をさして歩きつつ、
       これはもう一度お日様の下で見たい町だと考え、
       最終日の戻り路に寄る事に旅程計画を変更。
       ここでご覧頂くのは2度目の訪問の時のもの。
d0097427_23443051.jpg

d0097427_23445188.jpg

d0097427_2345929.jpg

d0097427_23452975.jpg



       そしてモンテプルチャーノ・Montepulcianoに。
       この町も2日間曇り空続きだったのですが、
       最後の朝は快晴となりまして・・。
d0097427_23455173.jpg

d0097427_2346111.jpg

d0097427_23462926.jpg

d0097427_23464922.jpg

d0097427_2347720.jpg

       この町は先回はほんの短い訪問で、町の半分しか
       見ておりませんでしたが、今回はずっと端から端に、
       おまけに坂道を行ったり来たりで頑張りましたぁ!
       かなり町が大きい分、やはり興味深い所がありましたです。
       



       いよいよヴァル・ドルチャに入り、
       まずはモンティキエッロ・Monticchielloに。
d0097427_23472953.jpg

d0097427_23475358.jpg

d0097427_23481415.jpg
       


       サン・クイリコ・ドルチャ・San Quirico D'orciaに
       向かう途中に寄ったヴィタレータの礼拝堂・Cappella di Vitaleta.
d0097427_23483373.jpg

d0097427_23485066.jpg



       2泊したサン・クイリコ・ドルチャですが、再訪でもあり、
       へへへ、今回はまるで町の中を見ませんで・・!
       町の入り口の有名な古寺サン・クイリコ・エ・ジュリエッタ
       Collegiata del Santi Quirico e Giuliettaのみ。
d0097427_23495711.jpg



       ですが狙った通りに、宿を取る町の位置としては最適でして、
       朝靄にかすむ眺めも見れ、
d0097427_23501222.jpg

d0097427_23504038.jpg



       このオルチャの谷のシンボル的存在である糸杉の塊にも近寄れ、
       ずっと丘の上まで歩いたり・・、
d0097427_2351573.jpg

d0097427_23512488.jpg

d0097427_23514127.jpg



       そしてサンタンティモ修道院・Abazzia di Sant'Antimo.
       修復も済んでいて、先回には回れなかった裏側にも。
d0097427_23515684.jpg

d0097427_23522160.jpg

d0097427_2352387.jpg



       最後の宿泊はモンタルチーノ・Montalcino.
       ここも半分ほどはうす曇でしたが、町の下、古い地区も歩き、
       またもや何とかの高上がりで要塞の上にも上り、ははは。
d0097427_2353815.jpg

d0097427_23532578.jpg

d0097427_23534317.jpg

d0097427_2354156.jpg



       そして今回の最後を締めるクレーターの中の地道行き!
       何とまぁ、凄い道でしたぁ!!
       余りにも砂利道の傾斜がきつく、車から出ないままで撮ったり、
       ははは、まぁ、次回にもとは思いませんが、
       自分の納得の為には、通って良かったです!
d0097427_23541852.jpg

d0097427_23543471.jpg

d0097427_23545053.jpg

d0097427_2355814.jpg

d0097427_23552722.jpg

d0097427_23555427.jpg


       
       今回は土地の名のみで見ていただきましたが、
       またぼちぼち写真を整理しつつご覧頂くつもりで、

       はい、また10日ほどお休みを頂きまして、
       20日からブログを再開ということで、
       よろしくお願いいたしま~~す!!

       
     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

         

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     




      

by italiashiho2 | 2014-05-10 23:56 | ・トスカーナ州 | Comments(26)
Commented by la_mia_coccolina at 2014-05-11 00:38
Shinkaiさん、お帰りなさい^^
月並みですが、トスカーナの青い空、緑の大地。。。本当に素敵ですね!
「ほんのちょっと総集編」だけでもこんなにわくわくするのですから、本編が本当に楽しみです。
どの町もどの風景にも釘付けになってしまいます。
まずは旅の疲れをお取りになって下さいね*^^*
そして、ブログの再開、ヴァル・ドルチャのお話を楽しみにしております♪
Commented by paprica at 2014-05-11 03:22 x
楽しみに待っていました!
素晴らしいこの景色。。。あぁ、いつか、この目で見てみたい、肌で感じてみたいと思います。ゆっくりと休まれてから、ゆっくりと旅の様子を紹介してくださいね!
Shinkaiさんは、こういう旅の計画を自分でされるのですか?宿泊先もやはり予め調べて予約されるのですか?それとも、行き当たりばったりなのでしょうか?ゆったりとした雰囲気がただよっているので、行った先で「ここ!」と思ったところに宿泊されているのかな、とも思いました。
それから、旅はいつも車を運転されているのですか?なかなか行けそうにない小さな町を見せてもらえるのが嬉しいです!
Commented by sa55z at 2014-05-11 07:27
今更ながらという感じですが、トスカーナ地方美しいですね。
これからのアップを楽しみにしています。
Commented by hairpriori at 2014-05-11 08:02
素晴らしい景色ですね
食事も美味しかったでしょうね
Commented by yosh at 2014-05-11 09:22 x
お帰りなさい!
早速ブログ訪問しました。

充実したご旅行だったようですね!
今後の細々した風景や食べ物!の記事が楽しみです^_^

しかし何と言っても、行動力に感服です!
Googleで迂回路対応されるとこなど、素晴らしい!

まずはゆっくりお休みになって、写真整理に奮闘してくださいね。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-11 15:04
★coccolinaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、お陰さまで無事戻りました! 緑のトスカーナというか、もっと起伏の多い広いヴァル・ドルチャを一度みたいもの、とずっと思っていましたから、今回はやはり大変満足しています。

以前と違ってやはり自分が何を見たいのかが分ってきている、というのか、それもあってこの周辺だけに絞ったのですが、良かったです!

有難うございます! 小さなモンティージもとても良かったですし、ピエンツァは今回本当にじっくり見ることが出来ましたので、またあれこれ楽しんでいただけそうです。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-11 15:16
★papricaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、やはり素晴らしかったです! あの広い広い空の下に、小鳥達だけの大声のお喋りの中に立てるのは、やはり得がたい喜びと感動です。 ぜひぜひ、いつか!!

ええ、旅行は自分で計画を立てます。 今頃はサイトで大体の町の様子が分りますし、自分の行きたい場所も知っているので自分でルートを決め宿も申し込みます。 これがまた楽しいのですけど。
宿はトスカーナ辺りはやはり人気があるので、お高いところは別なのでしょうが、何ヶ月も前に既に埋まります。
私は夜の町も見たいので町中に宿が欲しく、それで今回も年明け早々に計画を始めました。 夏の終わりに友人とまた出かけるのですが、これも既に昨年の末には宿を取っています。

イタリアの田舎に行かれるには、やはり車でないと難しいです。 バスもあるのでしょうが時間がかかりますし、自分が思うような場所に鞄を持って移動するのは大変だと思います。

昨夜はそちらにお邪魔して、2カ月分位の記事を楽しませていただきました!
後ほどpapricaさんのブログとリンクさせて頂たいのですが、よろしくお願いいたします。

  
Commented by italiashiho2 at 2014-05-11 15:20
★sa55zさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、以前は麦刈りの季節に行き、それはそれで広大で美しかったのですが、やはり緑のトスカーナを一度見たいと思っておりました。
念願が叶い、やはり違う美しさ、しっとりとした美しさを発見した思いです。
まぁ、それだけトスカーナの太陽は強いというのでしょうか・・。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-11 15:22
★hairprioriさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、素晴らしかったです!

ただ食事はです、私は肉を食べないので、逆にトスカーナに行くと選択の幅が狭まり、次回にでも見ていただきますが、変化がないのです、はは。
でも、ワインは味わってまいりました!
Commented by italiashiho2 at 2014-05-11 15:27
★yoshちゃん、こんにちは! コメント有難うございます。

はぁい、見ていただいておおきにです。 
そうですね、今回は自分の狙っているものが分っているので、あの周辺にのみ絞り、お天気次第で変更できるように、と時間と光線の具合によっても動けるように、ゆったりの日程で動いたのが良かったみたいです。

と、友人達と歩き会をしている成果を大いに感じました! これは彼らに感謝しないと、ね。 坂道の往復、階段も何とかこなせましたし、まずはまた体力を整えて、秋に備えます、ははは。

はぁい、写真整理にはいつも後で死ぬ思いです。
Commented by 小父さん at 2014-05-11 19:57 x
おかえんなさ~い!
帰宅予定は5/20頃ではなかったんですか!?
またゆっくり訪問させてもらいま~す!!
Commented by italiashiho2 at 2014-05-12 00:36
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、8日に戻りました。 20日というのはブログ再開予定日でして・・。
はぁ~い、よろしくお願いいたしま~す。
Commented by 小父さん  1 at 2014-05-13 00:59 x
こんばんは!
4250枚とは!
これはメモリを入れ替えるわけなんですか?

シエナの街を望む写真もいつも広々と感じるのは平野の広がりなんでしょうか。

いやーなんという黄緑、そうか木がほとんど生えてないのか。

へぇー、宿に着いたら汗を流し、和菓子と緑茶を飲んで一服とはならないんですね(笑)
でも、ほっとされるでしょう。

ありゃ、ユースホステルみたいなものをイメージしていたら、ピエンツァ
はちょっとした城ですね~。

うわぁ、shinkaiさんのキャンバスにも載りそうな場所が三つ。

そうですか、天候と時間によって周りの色がいろんな表情を見せるわけですね。

町外れの古寺には趣を感じます。

北に向かい、カステルムーツィオ・Castelmuzioの町にの下は映画でも撮れそうな一角に思えます。

サント・ステーファノ教会は戦の跡な印象です。
Commented by 小父さん  2 at 2014-05-13 01:00 x
次はルイ・ヴィトン模様の教会ですね(笑)。

へへへ行ったり来たりとは洒落ていますね。

う~ん、古びた瓦の並びがいいです。

あ、おひさまがさんさんとふりそそいでますね。

>おまけに坂道を行ったり来たりで頑張りましたぁ!

まるで展覧会場のようにでしょうか?(笑)

ヴィタレータの礼拝堂は今まで拝見したものと形状が違ってみえますね。
下が遠景ですか?
これは素敵です。

へぇー、サン・クイリコ・ドルチャからの朝靄、いいですね~。
幻想的です。
うっとり見とれました。

オルチャの谷!!!こんなところトレキングシューズを履いて歩きたいです。
気持ちがいいでしょう!

サンタンティモ修道院のまわりには何もないですね!
修道女か僧は神との対話しかなさそうに感じます。
うわぁー、幽閉されるた感じと隣り合わせに思えます(笑)
Commented by 小父さん  3 at 2014-05-13 01:01 x
モンタルチーノの要塞に登って足腰のトレーニングもされているわけですね(笑)

うわぁ、上から下からまるで絵ですね。

>何とまぁ、凄い道でしたぁ!!

うひゃうひゃ、野を越え山を越え愛車共々おつかれさまでした。

ありがとうございました。
ゆっくりお休みをとって下さい。
Commented by シニョレッリ at 2014-05-13 09:44 x
shinkaiさん、こんにちわ!

ブログは5月20日までお休みと伺っていたので、このサイトには暫くご無沙汰で、久しぶりに覗いたら、ビックリで更新されていました。

先ずは、お帰りなさい!

ステキな写真ですね、見とれてしまいます。

教会が開いていたようでよかったですね。
苦心して辺鄙な所にある教会に、開いているハズの時間に行っても、閉まっていた経験が私には数多くあります。

後でゆっくり見せていただきます。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-13 15:11
★小父さん、こんにちは! しっかり見て頂いて、有難うございます!

はい、今回は写真を外付けのメモリーに移す為だけにPCを持って行きました。 車での移動は重さがあまり関係ないですし、この頃は写真を高画質で撮っているので8GBでも500枚ちょっとしか撮れないのです。 なので毎晩ひどいブレ写真は消しながらせっせとメモリーに移しまして・・。

あのシエナの見える写真はブログに載せたらはっきり見えないので少し残念なのです。 クレーターから見えるシエナの写真をサイトで見つけていたのですが、実際自分で見たときは、あの街の素晴らしさもあって懐かしくもあり、クレーターの平野越しのシエナは綺麗でした。

そうですね、シエナのクレーター、そしてオルチャの谷の風景の特徴として、平野部分にあまり木がないのですね。 まぁ、同じオルチャの谷でも西のモンタルチーノから南の方に行くとまた眺めが変わるのですが。

ははは、ピエンツァのあの写真、いかにも私好みでしょう? 今回は大急ぎで何枚かだけ整理したのですが、たくさん好きなのが見つかりました。

Commented by italiashiho2 at 2014-05-13 15:21
★小父さん、続けます。

初日は朝6時半に家を出てアッペンニンを越えピエンツァに着いたので、夕方早めに宿についてお風呂をしてちょっと横になったら、はは、2時間ほど寝てしまいました。
この町は世界遺産指定なのですよ。 オルチャの谷自体もそうなのですけど、結構な観光客でした。

オルチャの谷のどこに行っても、歩いている人、自転車で行く人、まぁバイクの人も多いのですが、あの辺りは本当にそうやって楽しんでいる人が多いです。
車である地点まで行き、そこから入り込むとか、以前と違ってハイキングコースの矢印、標識が充実してきているのに気が付きました。
そしてそういう人たちはイタリア人というよりも外国からの人もたくさんいるのです。 太陽の素晴らしさ、風景の素晴らしさを堪能しているだろうと思いました。

自分も結構歩く、とは思っていたのですが、友人達と歩くのを始めてからおかげさまで、以前よりも歩けるようになっているのに気が付きます。 やはり日頃のトレーニングもある程度必要ですねぇ! 実感しました。

Commented by italiashiho2 at 2014-05-13 15:22
★小父さん、続けます。

いやぁ、あの最後のクレーターの中の道は本当に凄かったです。 砂利道でずるずると滑って、下り坂などでかなり緊張したのが何度もありましたよ、ははは。

お陰さまで毎晩よく寝て、プールにも昨日から通い、徐々に平常運転に慣れつつあります。
こちらこそ有難うございました!
Commented by italiashiho2 at 2014-05-13 15:28
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、なにせたくさん撮ってきたので少しでも整理しないと、と初めて、ならばと載せたのでした。

有難うございます! お陰さまでしっかりゆっくり楽しんで参りました。
あの教会二つもきちんと整備され、どちらも開いておりましたので良かったです。
本当に! 教会も当てにして行って閉まっていると本当にがっくりですよね。

ぼちぼち整理してアップしますので、また見てやってください。
Commented by kazu at 2014-05-16 17:09 x
おかえりなさい。
お疲れ様でした。
素敵な写真満載!いつもながらびっくりしながら拝見しています。
サンタンティモ修道院裏の部分まで撮って見せてくださりありがとうございます。ロマネスク建築の素朴さが好きです。
こちらも何かと忙しくコメントも遅くなってしまいました。
信州も新緑が綺麗で楽しみが多い季節になり心もウキウキしています。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-17 11:42
★kazuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はぁい、お陰さまで無事元気で戻ってきていますが、撮った写真の多さに我ながら、ははは、整理するのにくたびれ加減です。 が、まだまだ序の口で、いつ目途がつくやら・・!

はい、サンタンティモ修道院も修復が済み、周囲の庭が広々と広がり、奥の方との境にもきちんと塀が出来たり、駐車用のスペースも整備されておりました。
内部にはまだ誰もいない時間だったのですが、やはり写真禁止とあるので中は撮れませんでしたが、裏側はゆっくり大丈夫でしたので、また見ていただきますね。

そうでしょうねぇ、 そちらも漸くに新緑の美しい時でしょうね。 冬が寒くて大変だった分、しっかり楽しんでくださいね!
Commented by fresco1939 at 2014-05-17 19:07
こんにちは、あれあれ・・・まだかなと思っていたら、、、、、、

あの緑はすごいですね。着色したのかと。

ロマネスクの教会がかわいいですね。身の丈にあったというのか

庶民の信仰のかたまりですよね。

トスカーナはやっぱりすごーい・・・
Commented by italiashiho2 at 2014-05-17 22:32
★frescoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はぁい、余りにもたくさん撮りすぎて、ははは、少しでも整理を始めなければと、じりじりとは始めているのですが、なかなか・・!です。

緑と一口に言うものの、本当にたくさんの緑で、どうしてあんなに違うのかと、しかも隣同士の畑で、不思議なくらいです。
日向と日陰だけの違いではなく、本当に不思議な緑と茶のコンビネーションでした。

本当に!ヴェネツィアも大好きですが、緑のトスカーナとロマネスクはやはり良いですね。
 
Commented by nagisamiyamoto at 2014-05-20 12:55
初めまして。
モンテリッジョーニの記事を探していたら、こちらのブログにたどり着き、さらに素敵な写真と記事を見せていただき感動してしまったのでコメントさせていただきます。
トスカーナはとても美しいですし、町ごとに様々な顔を見せています。それを上手く表現されていてガイドブックよりも奥の深い内容をご紹介されていることがとても良かったと思います。
ちょいちょいお邪魔させていただきます。どうもありがとうございました。
Commented by italiashiho2 at 2014-05-20 16:51
★nagisamiyamotoさま、初めまして、こんにちは! ブログご訪問、ご親切なコメント有難うございます!

あれ、このお名前は?と今そちらにお邪魔して来たところです。 ランキングで拝見している「なぎささん」なのですね、有難うございます。

フィレンツェでお店をされているのですね。 そうですか、またフィレンツェに行きたいと思っているのですが、次回に行った時にはお邪魔させて頂きます。

同じエキサイト・ブログなんですね。 ではリンクが簡単ですので、させてくださいね。 またお邪魔致します。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


<<    ・・・ トスカーナで食べ...         ・・・ ヴァル・ドルチャ... >>