2014年 11月 23日

   ・・・ スコミーゴ村 ・ 秋の色を見つけに一回り ・・・

d0097427_00471399.jpg
       ちょうど1週間前になりますが、朝は曇り空でぐずっていたのが
       10時頃に急にすっきりと空が広がり、久し振りの太陽が!
       1週間ほどもの雨続きでしたので、
       陽が射すのを見るともうたまりません!
       お絵描きをそのままに、カメラだけ持って出かけました。

       雨が続く前にちょうどよい黄葉となっていたので、
       この雨続きでかなり色が変わり、葉も落ちたのですが、
       それでも、イタリアの静かな秋、黄葉!
       と私が思っている様子を、スコミーゴ村便りで、
       ははは、お楽しみください!

       トップはお馴染み、隣村オリアーノの教会
       いつも逆光の位置になるのですが、
       この時は雨上がりで少し靄ってもおりました。

       昨年の秋の様子は

       オリアーノからコネリアーノへの秋の色


       写真をRAWのL版で撮ってJpegに変換、縮小、ブログ名を入れ、
       の際の手加減がいまだイマイチつかめず、今回も少し写真がチリチリと、
       見難いのがあり、申し訳ありません!



       手前は、村で今一番新しい葡萄畑で、
       ひょろっとした子供の葡萄の木が、育ちつつあり・・。
d0097427_00473385.jpg
       最近の、辛口発泡性白ワイン・プロセッコの販売大向上で
       この辺りはどんどん葡萄畑に替わって行ってますが、
       ここも2年前まではトウモロコシ畑だったのです。




       少し先の葡萄畑
       逆光に枯れた葉が煌きます。
d0097427_00474617.jpg
d0097427_00475918.jpg


       こんな風に土地の起伏に従い、畝の先には小さな谷があり
       湧き水が流れ、そして向こう側の丘、オリアーノに続きます。
d0097427_00481298.jpg
       
       ここの葡萄畑についての詳細は




       この優しい色のハーモニー、素敵でしょう?!
       少し葡萄畑の脇道を入っての、私の一番好きな眺め。
d0097427_00482665.jpg
d0097427_00483968.jpg


       道を引き返し、北の方に少し。
       この辺りは土地が低いのか、いつもすぐに水溜りが出来る場所。
d0097427_00485480.jpg



       となりの葡萄畑は既に剪定済み!
d0097427_00503160.jpg



       お家の前庭で、鴨が2羽日向ぼっこ
       まぁさか、クリスマス用では・・! はは。
d0097427_00504462.jpg



       少し離れた場所には、馬の親子
       久し振りのお天気に、蝿たちの動きも活発なのか、
       2人ともにせっせと尻尾を振っており・・。
d0097427_00505698.jpg



       丘の稜線にそって葡萄畑が広がる場所
       ほら、手前側の畑の葉はすべて落ちているのに、
       丘の方のは、まだ黄葉・・。
d0097427_00510997.jpg
d0097427_00514751.jpg


       並木、そして葡萄畑の畝の並び、葉の色の違い
       この葡萄畑の畝の並びが大好き!
d0097427_00512159.jpg
d0097427_00513483.jpg
d0097427_00520074.jpg



       奥に続く秋の色
       遠くの山は北国との境ですが、今日は上の方、雲がかかり。
       先日の雨では、ほんの上の方ちょっぴりと白くもなり・・。
d0097427_00560822.jpg



       道を行きながら見る黄葉
       雨が多いので、緑がまだこんなに。
d0097427_00562524.jpg



       道を折れ、オリアーノに続く高い道に向いますが、
       途中で見た、せっせとお仕事中の蜂君
d0097427_00563811.jpg



       そして蝶。 この色柄のは良く見かけます。
d0097427_00565339.jpg



       裸木をカサコソと動く音、トカゲ君
d0097427_00570575.jpg



       烏瓜のオレンジ色
d0097427_00571889.jpg



       上の道に出ての、 
       丁寧に作られた段々畑の、逆光に光る葉
d0097427_00573130.jpg



       あ、ここも既に剪定が済んでいる、と見つつ
d0097427_00574213.jpg



       パチン、パチンと澄んだ鋏の音が聞こえ
       シニョーレがお仕事中。
d0097427_00591009.jpg
       左腰に下げている細枝、見えますか?
       余分な枝を剪定した後、切った先を支えの針金に結わえるのですが、
       今頃は殆どがプラスティックか金属の輪を使うのに、
       このシニョーレはまだ柔らかい小枝で結んでいるのですね。



       眺めていると振り向かれたので、ついでに1枚お願いし、
d0097427_00592354.jpg



       すぐ先では、落ち葉を掃かれているお年のシニョーレ
       家のワン君が吠えるので振り向かれ、ボンディ!と。
d0097427_00593699.jpg



       オリアーノ村のほうが高く、スコミーゴ村の教会がこんな風に
d0097427_00594932.jpg


       少し位置を移して見える、我がコンドミーニオ
       左寄り階段状の建物、上から2段目の1階に我が家で、
       右側の庭が広く、窓の外は全部緑で気に入ってます。
d0097427_01000377.jpg
       奥に見える教会は東隣のコッレウンベルト村
       望遠レンズでこうして見ると、とても近く見えますねぇ!




       ふらふら歩きながら、またスコミーゴへの下り道に入り、
       雨に打ち倒されたコスモスを見つけ、
d0097427_01002089.jpg



       お家の影にまだ咲き残る紫陽花も
d0097427_01003595.jpg
d0097427_01004893.jpg



       名残の小さな薔薇一輪
d0097427_01022393.jpg



       今頃都で流行るなる、自分撮りを我もしてみむとて・・、ははは。
d0097427_01023865.jpg



       細い上り道の木々のトンネルを抜け
d0097427_01025109.jpg
       



       家の近くの畑脇、
       いつ、どこでも、猫じゃらしが光ると、写さずにおれず・・!
d0097427_01030474.jpg



       蜘蛛の巣も
d0097427_01031952.jpg



       静かなトーンとハーモニーの、イタリアの黄葉だけでなく、

       最後はね、そう、こんな赤いのもあるんよぉ!
d0097427_01033481.jpg


       柿の赤い実が青空に映えると
       ほらね、日本の秋と同じでしょう?! ははは。
d0097427_01034779.jpg

       スコミーゴ村の一回り、ご苦労様でしたぁ!!
       


     *****

       水彩ブログには、 紫陽花の咲く頃 ピエンツァ ・ 仕上げにしたい 
       アップしております。
       見てやってくださ~い!     

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


             
       




by italiashiho2 | 2014-11-23 01:05 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(19)
Commented by クリス at 2014-11-23 08:08 x
おはようございますsinkaiさん。
秋というと、トスカーナの黄色に色ずいた紅葉のブドウ畑を思い出します。写真では剪定がほぼ終わっていて、イタリア人も働かきものなんだなと改め感心します。
ヨーロッパでは、あまり赤い紅葉がない印象なんですが、イタリアはけっこう赤い色も楽しめるんですよね。天正使節団の持ち込んだ柿も、今ではすっかりイタリアになじんで来た感じがします。あちらを旅行していると柿を見かける事が多かったのです。
ところで、長野は昨晩大きな地震に見舞われました。私の所は無事ですが、方々で被害が出ています。
Commented by シニョレッリ at 2014-11-23 08:09 x
Shinkaiさん、こんにちわ!

晩秋のスコミーゴ村の数々の写真、実に味があります、素敵です。

スコミーゴ村にもプロセッコのカンティーナがあるのでしょうね。一度、飲んでみたいですね。
トレヴィーゾのプロセッコが有名ですが、コネリアーノ周辺のものも中々良いと思います。

ところで、今年の葡萄の出来は最終的にどうだったのでしょうか?
夏のピエモンテでは最悪、秋のトスカーナでは例年並みと聞きました。

Commented by hairpriori at 2014-11-23 09:35
素敵な風景ですね
秋の欧州いいでしょうね
Commented by italiashiho2 at 2014-11-23 14:45
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

地震の事、お家の方が無事だったそうで、何よりです! 良かったです!!
こちらに来て以来、住んでいるこの一体の岩盤が固いとかで、一度だけ揺れを感じた事があるのみで、地震の怖さを忘れかけていますが、長野のニュースは恐ろしいです。 お大事にどうぞ!

あ、柿は天正の使節団が持って来たのですか?! それは知りませんでした。 
今頃はすっかり馴染んでいて、名前もKAKIです! 木もたくさん見ます。 
でも皆さん、食べるのは熟柿で、デザートにスプーンですくって食べるのがお好きなんですよね。

ははは、イタリア人も良く働きますよ、とりわけ北の男達は! あ、勿論、女性もですけど。 
多分、その分しっかり遊ぶので、そこだけが日本人の目に映るのではないかと、はい。
Commented by italiashiho2 at 2014-11-23 15:01
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

有難うございます! 田舎の、観光地ではない土地ですが、住んで馴染んで、とても気に入っている村なのです。

スコミーゴにはカンティーナがないのですが、Bisolの畑があります。 写真の、丘の稜線に並ぶ、畝とか、色違いの畑の辺りがそうです。 隣のカルページカの村にはBellendaがあり、コネリアーノの町全体で言うと3つほどあったと思います。

コネリアーノはトゥレヴィーゾ県に入るので、多分皆さんトゥレヴィーゾと混同されていると思いますが、プロセッコ自体はコネリアーノから北西のヴァルドビッアーデネ(ここもトゥレヴィーゾ県です)にかけての産出なのです。
プロセッコのカンティーナは、コネリアーノから西に向うこちらに断然多いですね。

ちょっとサイトを見てきましたが、ワイン全体の量としては1割減位で収まったようです。というのも、北は良くなかったのですが、南はとても良いお天気続きだったもので。

Commented by italiashiho2 at 2014-11-23 15:03
★hairprioriさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、長年住んで、とても気に入っている村なのです。
Commented by ミ~タ at 2014-11-24 19:53 x
今年のイタリア北部は雨続きなんですね。日本も中国四国地方は夏に雨が続き、お米が少し不作でした。しかも米価が易く、農家の方々は大変そうです。
それでも、収穫も無事に終わり、冬を迎える準備が順調に進んでいる様子が伝わってきます。

日本の紅葉狩りもピークを迎えました。
Commented by italiashiho2 at 2014-11-24 23:36
★ミ~タさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんです、今年の北イタリアは散々でした。 とりわけジェノヴァの辺りは大洪水が2度もありましたし、つい先ごろはポー河の水位が上がり各所での氾濫浸水もあったのです。
そうでしたか、日本も異常気象なのですね。

この近辺の景色はちょっと懐かしいでしょう?!
今朝見た木々は、また一段と葉が落ち、柿の木も実だけが見えるようになっていました。
寒くなりますね。 お元気で!
Commented by 小父さん  1 at 2014-11-25 16:00 x
こんにちは
私も昨日六甲の尾根を、こんな素晴らしいところはないと思いつつ紅葉を目にしてはシャッターをずいぶんきりましたが、何せ歩きが主だもんで最後には疲れきっていました(笑)

黄葉もいいです!

いやー、素晴らしいです。
六甲に行く前にこのページをしっかりと見ておくべきでしたね(笑)
なるほど、なるほどと感心しております。

オリアーノ ~ コネリアーノを開くと紅く染まる葉もあるんですね。

私も撮ったたくさんの写真を一度に縮小サイズにするやり方を知らず、山ともにそのソフトのありかを教えて欲しいと頼んだところでした(笑)

一番新しい葡萄畑の写真、色合いがとってもいいです。
昨日はこんな綺麗なところに出くわしませんでした。
へーっ、トウモロコシ畑が葡萄畑に変化なんですか。
畑の規模が大きいのでその思い切りにも決断がいるでしょうね。

>少し先の葡萄畑。

この三枚!!!
私はイメージだけはこんなものを持っていましたが、たぶん撮れていないでしょう。
Commented by 小父さん  2 at 2014-11-25 16:02 x
リンク先の萄畑の畝の大きいこと大きいこと。
いや、素晴らしいこうけいです。

ボケにレンギョウに水仙にうっとりしています。
フィルム時代にはこんな写真も撮っていたんですが、今のデジ一を買ってからは研究もしていないんですが、こんな写真が撮れません(涙)
あれ、ここはリンク先でした(汗)

>この優しい色のハーモニー、素敵でしょう?!

ほんと絵画の中で構成されたような彩りです。

>いつもすぐに水溜りが出来る場所

これ気に入りました。
樹木が見事に映しだされていますね。
これって難しくないですか。

>まぁさか、クリスマス用では・・! はは。

鴨の表情がすばらしいです。
これって望遠?何ミリくらいのものなんですか?

うんうん、馬君には芝居をさせているかのようです(笑)
Commented by 小父さん  3 at 2014-11-25 16:03 x
>ほら、手前側の畑の葉はすべて落ちているのに

面白いです!

>この葡萄畑の畝の並びが大好き!

いやはや
家のすぐ近くにも葡萄畑はあるんですが、違いを感じます(笑)

>奥に続く秋の色

私も秋を見つけに、山ともも(岡山)早朝にマクドナルドからfacebookで「六甲に紅葉狩り行ってきます」とつぶやいてましたが、
最初はよかったけど、後は単調でしたね(涙)

蜂に蝶にトカゲ、綺麗に撮れていますね!

自分撮りで驚きです。
日ごろの水中トレーニングなんかのせいでしょうか!
とってもお若い印象です。
車を長時間運手されるはずですね。
素晴らしいです。

>猫じゃらしが光ると、写さずにおれず・・!

はっはっは、お持ち帰りはされました?

>こんな赤いのもあるんよぉ!

ひとりでニヤニヤしています。

これらは ♪ 小さい秋小さい秋 見つけた~♪ なんてもんじゃないですね。

有難うございました。
  
Commented by cucciola at 2014-11-25 21:09 x
shinkaiさま、

こんにちは。コメントは本当にご無沙汰をしてしまい、申し訳ございません。
サン・ジミニャーノは、私もまだ子供がいなかったころに夫と訪れて、あの坂道に難儀したことを思い出して、懐かしく読ませていただきました。塔は、のぼりよりくだりが怖かったです。階段、下が透けて見えたんですよ!
アレッツォもまだ未経験、死ぬまでに必ずピエロ・デッラ・フランチェスカは見に行かなくては、と思ってしまいました。ヴァザーリもアレッツォご出身だったとは知らなくてびっくりいたしました。
日本は今年は紅葉がとてもきれいなんだそうです。私が住む町は、一時期真冬が来たかと思う寒さでしたが、また寒さが緩んでいます。今年もあとわずかだなあ、とスミニーゴ村の秋色を眺めてしみじみといたしました。どうぞお風邪などひかれませんように!
Commented by italiashiho2 at 2014-11-25 23:01
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんですよね、小父さんの所で拝見した紅葉は、まさに紅かったです!
が、ね、黄葉も素敵でしょう?! ははは。
たくさん褒めていただいて、有難うございます!

そうなんですよね、写真を撮ろうと思うと、一人か、写真を撮る目的の仲間とでないと、なかなか難しいです。
ましてトレッキングの仲間、私の歩き会の仲間もそうなんですが、歩くのが目的なので、写真を撮っているとつい遅れて嫌われかねないのです。 
だってやっぱり一応の構図とか、どの位置からが良いかと選ぶ時間が必要ですものね。 気候の良い、色の良いこの頃は、これが悩みになりかねませんね。

私の使っている望遠は18-200mmですが、あのカモ達は家の前庭、門のすぐ中にいたのです。
水溜りの写真も、はは、私はピントはオートですので、パシャッとやっただけでして・・。
Commented by italiashiho2 at 2014-11-25 23:13
★小父さん、続けます。

はい、日本の葡萄は食べる為で、木も高く温室式になったりでこちらの背の低いのとはかなり印象が違いますよね。
畑もかなり広いでしょうか、だからあの畝が綺麗に通って、遠くからもとても綺麗なのですよね、丘の起伏に沿っていて。

ははは、小父さんの所で、自分を撮るのがはやっている、というのを拝見して、はは、顔が写っていないので良かったです!
有難うございます!! 服装が楽な簡単なので、若そうに見えるのでしょう。 浪曲の森の石松ではないですが、寿司喰いねぇ! 酒飲みねぇ!という所ですね、ははは。

猫じゃらしは、昔猫ちゃんがいた頃は持って帰ったんですが、今回は。  

こちらこそ、有難うございました!
Commented by italiashiho2 at 2014-11-25 23:25
★cucciolaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

いいえいいえ、ご心配なく!! 私も同じような事をしておりますので。

サン・ジミニャーノはご存知でしたか、アレッツォはまだ?!
はい、アレッツォはやはりチャンスがあったらぜひお出かけくださいね。 今回30年ぶり位の再訪でしたが、あのどっしりとした街の印象がなかなか良かったですし、
ピエロのあるサン・フランチェスコ教会と、ロレンツェッティのあるラ・ピアーヴェが本当に素晴らしかったです。

そうですね、少しお天気が続いていて、やはり気持ちが晴れますね。
私も少し落ち込むような事があったのですが、でも何事も通り過ぎていくんだ、という気持ちでゆっくりと・・。
cucciolaさんもどうぞ体調にお気をつけて、頑張って下さいね!!


Commented by cucciola at 2014-11-26 02:05 x
shinkaiさん、
スコミーゴ村でした。すみません、お住まいの土地のお名前、間違えてしまって!
Commented by italiashiho2 at 2014-11-26 04:22
★cucciolaさん、
わざわざご丁寧に、有難うございます!!
はは、私はおっちょこちょいで、気が付きませんでした。 だって本当に良く似た綴りですもの!

Commented by kazu at 2014-11-26 15:14 x
スコミーゴ村の秋沢山楽しませて戴きました。まだ訪れたことのない所なのになぜか懐かしく感じます。
今まで何回も見ているせいでしょうか。
イタリアのブドウ畑の風景は本当に絵になる美しさですね。新開さんのお元気な姿も拝見できました。
Commented by italiashiho2 at 2014-11-26 22:36
★kazuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、そうですよね、もう何度も見ていただいていますが、季節によって色も違い雰囲気も違うので、私自身が飽きずに、季節の移り変わりを楽しんでいます。

葡萄畑の畝は、土地の起伏に沿い、整然と広がっていますよね。 そして隣の畑はまた畝の向きが違ったりして、土地の起伏によるのかもしれませんが、この眺めは本当に美しいと思い眺めています。

はぁい、お陰さまで元気で居ります。
kazuさんのほうも、先日の地震が揺れだけで良かったです!!


<<    ・・・ 上諏訪の町 ちょ...         ・・・ 聖女フィーナと、... >>