「ほっ」と。キャンペーン
2015年 04月 01日

   ・・・ スコミーゴ村の春 ・ 新しいレンズの試し撮りを兼ね ・・・

d0097427_23531455.jpg
       日本は桜も咲き始め、いよいよ春爛漫の便りが近い様子!
       う~む、桜相手では到底勝てませんが・・、
       でもね、こちらもいよいよ春、春が見えて来ています!
       という事で我がスコミーゴ村を一回り

       いつもの風景ながら、長閑な春模様を楽しんで頂こうと、
       と共に新しい望遠ズームレンズを買いましたので、
       その試し撮りを兼ねてあれこれと、
       今回はめちゃに写真が増えましたが、はは、お許しを、
       ご一緒に田舎道の散歩をお楽しみ下さい


       トップは、ヴェネト平野の北の屏風とも言うべく、
       立ちはだかるヴィザンティンの山並み
       
       写真は土曜の朝7時半頃、余りの晴天に思いたまらず、ははは、
       試し撮りしなくちゃ、と出かけての最初の一枚目。

       この前々日、この辺りは雨でしたが山は雪だったのでしょう、
       前日に見た時は上が半ば近くまで真っ白になっていたのですが、
       既に殆ど消えてしまい・・。

       我がスコミーゴ村のご案内はこちらから。



       実は今回買ったズーム・レンズは70~300mmで、
       風景を撮るには以前から欲しかった物なのですが、

       この位までアップ出来るのに、きゃ、きゃは!
       おまけに手持ちでこの写りですから、ヤンヤンヤン!
d0097427_23532905.jpg



       何をそんなに嬉しそうな顔してる?
       とばかりにキジバトが見下ろし・・
d0097427_23534292.jpg



       坂道をちょっと下って、お馬ちゃんのいる方に
       ちょうど顔をプルプルと振ったところで・・、
d0097427_23535584.jpg



       こちらが秋に見た時は、まだ子馬ちゃんだったほうと。
d0097427_23540823.jpg
       



       ここの葡萄畑はまだ確か2年目だったと
       ワイン業界の不景気知らずで、どんどん葡萄畑が増えているのですね。
       奥のオリアーノ村の教会は、今修復中で覆いが架かり。
d0097427_23542009.jpg



       村の道を行くと、朝ご飯の催促なのか、
       あちこちから盛んにコケコッコーの声。

       小屋の中のはお母さんなのかどうか、素晴らしい茶と黒の柄!
       そして周囲を小さいのが幾つもうろついていて。
d0097427_23543366.jpg
       



       手前の葡萄畑の丘を下り、また向こうの丘の葡萄畑に
       本当に大好きな村の眺め。
d0097427_23544582.jpg



       まだ木の葉がないので丸見えの巣。
       これは白と黒のカッコいい柄を持つ、カササギの巣と。
d0097427_23545756.jpg
       泥棒カササギと言いますが、カササギはきらきら光るものが大好きで、
       巣の中には金色の紙とか、盗んできた金製品などがあるからなのだそうで・・。



       葡萄畑の間の道を入って行くと、愛するこの眺め
       年々葡萄畑が広がり、林は小さくなっていくのですけど・・。
d0097427_23550896.jpg



       右手手前の葡萄畑が昨年秋、ばっさり刈り落とされ、
       わっ!と思っているうちに、根も掘り起こしているのが見られ、
       ではきっと新しい葡萄に植え替えられるのだ、と思っていましたら、
       案の定、新しい支えに替えられ、

       今、こんな新しい葡萄の木、30cmほどの高さ
       でも、ほんとに小さな芽が芽吹いているのが見えますか?
       きっとプロセッコなんですよ、この葡萄!
d0097427_23552151.jpg



       下の古いほうの葡萄畑は変わらずに・・
d0097427_23553346.jpg



       葡萄の木の、がさがさした肌にはいつも驚きますが
d0097427_23554626.jpg



       また今年も芽吹き始め
       余りにも産毛が濃くて、ピントが合いにくい・・。
d0097427_23555825.jpg



       隣の葡萄畑との間にある、野生のリンゴの木の蕾
d0097427_23561002.jpg



       間の草地はちょっとした花畑になっていて
       春を告げる小さな花があちこちに。 
d0097427_23562260.jpg
d0097427_23563453.jpg
d0097427_23564710.jpg
d0097427_23565944.jpg
d0097427_23571119.jpg



       ブルブルガタガタと大きな音をさせながら近づいて来て
       シニョーレが私を見て首を振って挨拶し、
       葡萄畑の間の坂道を上って行きました。
d0097427_23572458.jpg
d0097427_23573704.jpg



       林のすぐ傍まで行き、やっと見つけた野性のクリスマス・ローズ
       この冬は余り寒くならないままに済んでしまい、
       もう花は一つも残っておらず、唯一この種を持ったのだけ!
d0097427_23575093.jpg



       林の奥に咲く、小さな白い花
d0097427_23580201.jpg



       隅に積み上げられた、伐採の切り枝。 
d0097427_23581593.jpg



       林の奥に湧き水が通っていて、かなりの水量ですが、
       本当に透明な水。
d0097427_23582892.jpg



       再び道に出て来て、ビザンティン山の良く見える場所から
       新しいレンズを通し、初めてこの山襞に目が行った感じ!!
d0097427_23584131.jpg
       



       今年初めてお目にかかった、てんとう虫!
       イタリア語ではコッチネッラ・coccinellaと言います。
d0097427_23585259.jpg



       郵便局近くの、お家の奥から出てきた白ちゃん
       道のこっちから撮っているので、ためらいつつ歩き、立ち止まり、
       んもう、まったくぅ、フォーカスなんかしちゃってぇ、
       という、目を細めた迷惑顔で消えて行きましたぁ。
d0097427_23590559.jpg



       隣のオリアーノ村に続く谷の道
d0097427_23591872.jpg



       オリアーノ村、村外れの家。 300mmの威力、うふ。
d0097427_23593245.jpg



       そして出会う猫ちゃん、あんた誰?という顔で
d0097427_23594582.jpg



       お向かいの家に行き、 XXちゃん、いるぅ?
d0097427_23595952.jpg



       お家の窓辺の花も賑やかになり
d0097427_00075064.jpg



       連翹も今満開
d0097427_00084651.jpg



       杏かな? なんだろ?
d0097427_00085784.jpg
d0097427_00091164.jpg



       ボケの花ももうお終い近く
d0097427_00092126.jpg



       藤の花の蕾も大分大きくなってます。
d0097427_00093384.jpg



       スコミーゴ村の東端近くの、ここも好きな葡萄畑
d0097427_00094427.jpg



       高速を渡る陸橋の上から、北の山並み
       あの見える陸橋をくぐって暫く行くと、shinkaiがいつも使う
       ヴォットリオ・ヴェネト南の高速インターチェンジ。
d0097427_00095613.jpg



       こちらは南、ヴェネツィアに向っての大きなカーヴ
       旅行に出かける時帰った時の、嬉しいカーヴなので~す。
d0097427_00100945.jpg



       日本ではもう見かけないでしょう?!
       綺麗な緑青のガラス製の碍子。 すぐ近くのは空色でした。
d0097427_00102190.jpg



       戻ってくると、あの猫ちゃんがお友達のお家にいて
       私を認めて、柵に顔をこすり付けるのですが、鼻の頭とか
       ヒゲだけが陽に光って煌くので、それを狙って何枚も! ははは。
d0097427_00103320.jpg
d0097427_00104651.jpg
d0097427_00105815.jpg



       上の黒茶は指を舐めてくれましたが、
       こちらは、よその女と遊んでからにぃ、と不満顔、ひひひ。 
d0097427_00111156.jpg



       さてこちらは5日の日曜がパスクワ・復活祭ですので、
       シンボルの、オリーヴの枝を皆様にも!
d0097427_00112313.jpg

       皆様、良い春をお過ごしくださ~い!!


     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます! 
 
       先日友人の誕生日が続き、お花やカードの写真を送るのに
       探していて、見つけた面白いのをご紹介しますね。

       ボクは年寄りではない!
       起きて
       腕を持ち上げ
       肩を動かし
       首を回す・・
       と、どこもかしこも同じ音を発する
       クラ~~~~~~ック!
d0097427_00113318.jpg
       ・・結論に達した。
       ボクは年寄りではない、
       クロッカンテ(ぱりぱりと活きがよい)なんだ!!  


       もう一つ、体操するワンちゃん。   



     *****

       水彩ブログは、あれこれ手を入れたものの余り進みませんで、
       いぇ、新しいレンズにうつつを抜かしている訳ではなく、はい、
       一回パスさせて下さいませぇ~
       次回までに、また頑張りますぅ!
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  

              





by italiashiho2 | 2015-04-01 00:13 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(11)
Commented by papricagigi at 2015-04-01 04:44
300mmというのはすごい望遠ですね!今まで手に届かなかった(?)被写体にもぐっと接近できますね~。また色々と見せてください♪
ところで、私も先日、イタリア市場のワインが下火だっていうニュースを聞いたのですが、どうしてなのでしょう?? イタリアンワインというと、コチラでは少し高いし美味しい!で通っているのに。プロセッコは確かに人気がありますねー。お祝いごとにプロセッコ、っていう感じですもん。去年、イタリアに行った時も、名もないハウスワインでさえ美味しいなーって感動したんですよ。

shinkaiさんのお住まいのところはスコミーゴというところなのですね!地図で調べてみまーす。
Commented by italiashiho2 at 2015-04-01 14:17
★papricaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、風景を撮るにはやはり300mmが必要だと感じて、欲しかったので、漸くに、です。
でも野鳥などを撮るには、最低500mmが必要だと聞きますし、スポーツの試合のカメラマン達のレンズなんか、まるでちょっとした大砲並ですから、レンズとしては普通でしょうね。
ですが、私にとってはやはり感激の近寄り感です!

イタリア・ワインが下火ですか? いぇ、聞いたことが無いですし、逆に素晴らしい発展振りだとニュースでも言ってますが・・。

イタリアのワインは本当に美味しいですよねぇ! そうそう、カラフで出てくるワインでも美味しいですものね。

は~い、そうです、Veneto の Conegliano の Scomigo です。町の北7kほどで、サテライトの地図だと、コンドミーニオが3つほど近くに固まっているのが見えるはずで、その内の一つ離れた階段状の所です。
Commented by 小父さん at 2015-04-01 18:51 x
こんばんは

いやー、私は絵は全く描いていませんが写真は全くの師匠です!!!
今日も小雨の中、傘をさしながらカメラを担いで近くの公園のさくら広場を歩いていました(笑)

>と共に新しい望遠ズームレンズを買いましたので

雨の日は小鳥が多いんですかね?
今日の私は、そら望遠だと思ってレンズを付け替えるともう小鳥はいません(笑)
それで望遠をつけたまましばらく歩いていたんですが、小鳥を撮影する難しさもとことん味わいました。

へーっ、ヴィザンティンが北の屏風とはいいニックネームですね。
スコミーゴ村は盆地でもないんですか?

朝7時半頃ということは山なみの上部だけに日が射しているんですね。
うわっ!頂は白いですね。
ということはスコミーゴ村もけっこう高地なんでしょう。

我がスコミーゴ村のご案内、写真だけパラパラと見せていただきムッソリーニのご子孫とお知り合いなのか・・・(笑)、あと印象的なのは自転車レースですね。
たぶん、コメントさせていただいた分もあったと思います。

>この位までアップ出来るのに、きゃ、きゃは!

私の望遠はまだ初歩の初歩で先日の真っ赤な顔して頂上の写真なんか後ろに下がっても下がってもディスプレイに入らないんなんてレベルです(笑)

キジバトが見下ろしは時間はかけられました?シャッターは何回もきりました?
私はカシャカシャ撮って歩きまわるので自分で駄目だと思っています。
馬もいい表情です。
Commented by 小父さん  2 at 2015-04-01 18:52 x
>まだ子馬ちゃんだったほうと

そんなの楽しいですね。
先日の私の馬は乗馬倶楽部のものなので、たぶん輸送トラックで他所との入れ替えなんかもある気がします。
10頭くらい置いているうちの2頭づつを遊ばせていますね。

>ワイン業界の不景気知らずで、どんどん葡萄畑が増えているのですね。

素晴らしいことだと思います。
今日本では環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership、略称TPP)で関税を自由化することにより農業や畜産業が打撃を受けそうな段階です。

>あちこちから盛んにコケコッコーの声

いやー素敵な光景です。
福岡で私が育った家は農家から買ったものでしたが、左隣も右の2軒隣にもニワトリがいました。
屋根に重しが乗っているのなんか長閑さを増しますね。

ブドウ畑がとても綺麗です。
家から歩いて10分くらいの神戸市西区にもブドウ畑がありますが、たぶんだいぶ狭いでしょう。
それと葡萄畑ではないと思います。

カササギの巣は中央のてっぺんですね。
なるほどいい被写体を知りました。

へへへ、林は葡萄に浸食されて行っているんですね。

プロセッコは名称まで保護されているんですか!
Commented by 小父さん  3 at 2015-04-01 18:53 x
>と、どこもかしこも同じ音を発する
クラ~~~~~~ック!

いや楽しいです。

ひとつだけ質問です。
猫ちゃん、犬君がshinkaiさんのカメラ目線の表情になるコツを伝授願えませんか?
たぶん、私が真似してすぐにそんな顔になるのは無理だとは思いますが・・・。

どうも有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2015-04-02 04:54
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

いやぁ、写真は昔から好きで撮ってはいましたが、なにせフィルム時代はお金がかかりましたから、そんなに数は撮れなかったのですが、今は本当に良い時代で、ははは、好きなだけ撮れますよね。
撮り過ぎて、後の整理で死にそうになります!

小雨の中、傘をさしてですか?! それは凄いです! 私自身雨が大嫌いなのですが、とりわけ出かける時の雨はもう本当に大嫌いですから、それだけの情熱に感嘆です!

いやぁ、鳥は難しいですし、少々のズームでは撮れません。 基本が500mmと言いますし、そうでないと豆粒みたいになりますから。 友人のジョヴァンニは600mmを買ったと言ってましたよ。

スコミーゴ村は海抜が140m位だったと思いますが、隣のオリアーノの方がも少し高いです。

キジバトはブログに載せたのと、もう一枚前向きのと2枚撮ってます。 馬はもう一枚の全部で3枚です。
Commented by italiashiho2 at 2015-04-02 05:12
★小父さん、続けます。

先日買われたカメラですが、いつもは40-150mmでしたっけ、のズームを付けられておられるのでしょう? で、それで設定で300mmになるのですよね。
そしたらやはり、遠い風景の時に300mmで、後はズームで撮られた方が楽でしょうね。
レンズを付け替えるのは面倒ですし、埃が付かないように気をつけないといけませんし。

このスコミーゴ村に住み着いた最初は余り好きではなかったのです、車が無かったので買い物も不便ですし。
ですがどんどん好きになって、今はとても気に入っている村なのです。
四季折々の風景、色があるというのがどんなに素晴らしい事か、丘のなだらかな傾斜地である事も気に入っています。

プロセッコは葡萄の種の名で、今はワインと同じ名であるのがややこしいので本当は別の名なのですが、
ワインになっての、その質と等級によって、呼び名が違うのだったと思いますが・・。

いやぁ、私は元々犬や猫が大好きで、彼等と出合って撮りたい時には、チャオ~とか、にゃ~んと言いながら近寄っていくのです。
写真を撮られたことのない子は、それでもさっと逃げますし、逆に近寄りすぎて撮り難いのもおりますが、そうですねぇ、やはり話しかけて、人畜無害の人間である事をアピールすると良いのではないでしょうか、ははは。

こちらこそ、いつも有難うございます!
Commented by クリス at 2015-04-03 07:24 x
望遠、凄いですね。
景色はすっかり春で、昨年のプーリア旅行を思い出します。
ところで、先日、教会のフレスコ画を検索していてスコミーゴ村の近所の教会がたまたまヒットしました。
他の教会をたまたま画像検索しているなかで見つけたのですが、ボルゴ・アンティガ(Borgo Antiga)にある聖ピエトロ・ディ・フェレット教区教会(parrocchia s. pietro di feletto)をご存じですか?
いくぶん時代が下がっているようなのですが、ご存じでしたら、この教会のフレスコ画について少し教えていだたけないかなと思いました。
Commented by italiashiho2 at 2015-04-03 12:37
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、漸くに良い季節になって来ました。 この日曜はいよいよパスクワで~す!

ええ、あの教会は良く知っていますし、中にも2度ほど入って説明を聞いたことがあります。
写真も撮っているのですがまだご案内しておらず、ずっと以前にほんの少し外側だけをこちらに。 
http://italiashio.exblog.jp/4919662/

あの教会はトゥレヴィーゾ地区でも大変古く貴重なものだという評価で、11世紀、中のフレスコ画は12~15世紀のものだそうです。
中の一連のフレスコ画よりも、外のポルティコの軒下にある方が古い時代のようですね。

急いで写真を整理して、次々々回位にはアップできるように、ははは、頑張りたいと思いま~す。
Commented by クリス at 2015-04-03 19:12 x
そう、復活祭(パスクワ)ですね。春本番もうなずけます。はい、そして長野は、善光寺の御開帳が5日の日曜からはじまるのですよ。

やはりご存じでしたか、
12世紀からと書いてはあるのですが、内部のフレスコはけっこう見応えがありそうですが、12世紀にはみえませんでした。はい、そしてポルティコの方が古そうに見えますね。
ハハハ、内部の写真があるのでしたら、早くアップしてください。期待してます。
Commented by italiashiho2 at 2015-04-04 00:45
★クリスさん、再度有難うございます!

あ、善光寺さんのご開帳ですか! そうなんだ。「ごかいちょう」という言葉自体が懐かしいです!

教会のフレスコ画の写真を見直して見ましたが、内陣辺りは古いフレスコ画の上に、後にまた別のを描いているのも思い出しました。
ただ近年修復されたのは良いのですが、し過ぎなくらい綺麗になっていて、内部の新しいのは逆にちょっと趣に描けるかな、という感じもします。

説明を聞いたを忘れてしまっていますので、へへ、どこかで探してみますね。
はぁい、有難うございます!




<<    ・・・ パスクワの昼食会...         ・・・ ラ・ロトンダ訪問... >>