「ほっ」と。キャンペーン
2015年 11月 13日

   ・・・ イタリアの晩秋 ・ 黄葉煌く快晴の朝 ・・・

d0097427_00093099.jpg
       イタリアの黄葉の秋も、そろそろ終盤です。
       日本の紅葉、黄葉の煌びやかさをあちこちで拝見しているので、
       ちょっぴり負けん気を起こしまして、ははは、
       静かなイタリアの黄葉も、なかなかの物ですぞ!
       と、先週日曜の朝、快晴の元で撮ったのをご覧下さいね。

       日曜の午前中は仲間と歩き会をしておりまして、
       暑かった夏も過ぎ、脚を痛めていた友人もそろそろと復帰、
       雨でない限りは大体2時間半程は歩きます。
       で、この日曜日は、私が日本にいた間に亡くなった友人の
       お墓参りを兼ね、オリアーノ村まで行こう、という事に。

       上は元気付けのカフェの後、北に向って歩き出し、
       モンティカーノ・Monticanoの川沿いに出てきた所。
       この川にはたくさんのイタ鴨たちがいるのですが、
       それはまた最後に。

       スコミーゴ村の四季さまざま、
       http://italiashio.exblog.jp/i12

       我が町コネリアーノ



       真っ赤に色付いた小さな実が鈴生り!
       何かと思いましたら、野生のリンゴだそうで、
       キンカンほどの大きさ。 やはりリンゴの味がするそう。
d0097427_00094523.jpg



       大快晴の朝の強い光線の元、少し影が濃く写りましたが、
       肉眼では本当に煌びやか。
       日本のように紅葉は殆ど無いのですが、黄色からベージュ
       オレンジから茶色と静かなトーンのハーモニーで、
       爽やかな空気の元なんとも美しく、
       なんといい日なんだ!と何度も仲間と言い合った事でした。     

       少し上り坂の左手にあるのは馬場で、
       今一頭歩いて出てきたのが、下の写真にみえるかな?
d0097427_00095893.jpg
d0097427_00101246.jpg



       この辺りまでカーヴしながら上ってきて、スコミーゴ村の家には
       真っ直ぐこの景色を見ながら下って行きますが
       歩きの時は車の多いこの道を避け、左手に曲がりまして、
d0097427_00102536.jpg



       こんな道に入ります。 道はも少し広くなったりしながら、
       カーヴを切りながら、坂道を上ったり下ったり。
d0097427_00103926.jpg



       道の脇は、大概どちらか側が谷か平野に下り
d0097427_00105762.jpg



       奥に見える鐘楼がオリアーノ村の教会
d0097427_00111198.jpg



       葡萄畑の葉がすっかり色づき、落ちかけ始めた所で
d0097427_00112496.jpg



       振り返っての西の方面
d0097427_00113702.jpg



       葡萄畑が、本当に良い色でしょう?!
d0097427_00115235.jpg
d0097427_00120590.jpg
d0097427_00121883.jpg
d0097427_00123186.jpg



       お家の生垣に咲いていた薔薇
d0097427_00124584.jpg



       オリアーノ村への曲がり角に近づき、東南に広がる畑の色
d0097427_00125714.jpg
d0097427_00131022.jpg



       正面に見えてきたオリアーノの教会と鐘楼
       その手前下に見えるのはオリーヴ畑。 南向けの日当たりの良い畑で、
       良いオリーヴが取れると聞きました。
d0097427_00132258.jpg



       この辺りの畑の畝の美しさに惹かれ、若葉の頃に撮りたいと
       思っていたのに今年は逃しました。来年は!
d0097427_00133570.jpg
d0097427_00134841.jpg
       ですがね、ここからオリアーノに向っては、
       下り坂と上り坂のキツイのが2度連続するのです!!




       坂の途中から見上げる、中間点の農家!
d0097427_00140233.jpg



       道脇の赤い実。 夏にはプルーンをもぎ取って食べましたっけ。
d0097427_00141359.jpg



       坂道にある桑の木。 昔はイタリアも養蚕が盛んだった残りです。
d0097427_00142739.jpg
d0097427_00144187.jpg



       途中で振り返っての丘の眺め
       う~ん、こうして見ると坂道のキツイのは見えませんねぇ!
d0097427_00145490.jpg



       白く木の幹が見えるのが、なかなかでしょう?
       イタリアにも結構白樺の木があるのですが、これはどうかな。
       遠くに見えるのは、フォルメニーガの村の教会。
d0097427_00150830.jpg



       さて、オリアーノ村に到着
       お墓に寄った後、バールで一休み。

       すぐ前のサッカー場では、少年達の試合が行われており
d0097427_00152122.jpg



       ここから見る我がスコミーゴ村
       左に見える無粋な四角い鐘楼がスコミーゴので、ははは、
       我が家は右寄り奥に見える階段状のコンドミーニオに。
d0097427_00153367.jpg



       こちらも何度も見て頂いている、右がヴェネツィア方面への高速で
       私は左に3Kほどのヴィットリオ・ヴェネト南から出入りしています。
       そうなんです、オリアーノからは地平線が見えるのです!
d0097427_00154644.jpg



       バールで一休み、冷たいオレンジの生ジュースを。
       隣に座っていた、黒い大きなワンちゃん
       肝心の顔が写らなかったよぉ。
d0097427_00155663.jpg



       行き掛けに茸取りのシニョーラと出会ったり、別の友人との
       お喋りで少し時間をとったので、
       帰り道は少し急ぎ足で、せっせと戻ります。

       今、最初に見ていただいた道の分岐点、馬場の上辺りまで戻り、
       コネリアーノの町が見えてきた所
       戻りには少し靄がかかり、逆光で色がよく出ていませんが、
       丘の繋がりの上に見える塔がコネリアーノの城の塔で、
       手前の林の向こうに、週2回通うプールがあります。
d0097427_00160901.jpg



       さてモンティカーノ川沿いに来ると、岸辺でイタ鴨たちが
       のんびり寛いでおりまして、
d0097427_00162391.jpg
d0097427_00163880.jpg
d0097427_00165139.jpg

       餌を持ってくる方もおられるので、既に朝ごはんが済んだ時間帯。
       泳いでいるのは少なかったですが、かなりの数なんですよ。
       

       という8日の日曜日、歩いたのは2時間半、9,25K(休憩を除く)
       歩数は14920歩。

       私のスマート・フォンにも歩行距離計、GPSのソフトを入れましたので、
       ヘッヘッヘッ、次の日曜日が待ち遠しい!
       
       ところでこの快晴の日曜の翌々日、火曜にはどうなりましたか
       分家の水彩ブログにパート2を載せましたので、ご覧下さいね。
       あ、飛ぶ前に、励ましクリックをお忘れなく、お願いいたしま~す!
       

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 冬の運河 途中経過と、描き始め1枚、 スコミーゴ村霧の朝 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
       
       

       




by italiashiho2 | 2015-11-13 00:24 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(17)
Commented by 鬼藤千春の小説・短歌 at 2015-11-13 02:35 x
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。
Commented by 小父さん at 2015-11-13 05:10 x
うわ~っ!
おはようございます。
今日は京都の山歩きです。
こんな写真を撮りたいです。
戻って、明日にでもゆっくり訪問します。
Commented by hairpriori at 2015-11-13 08:08
秋や
落ち葉
欧州が1番似合いますね
Commented by italiashiho2 at 2015-11-13 14:39
★鬼藤様、始めまして、こんにちは! ブログご訪問、コメント有難うございます。

はい、ご丁寧に有難うございます! 後ほどお邪魔させていただきます。

Commented by italiashiho2 at 2015-11-13 14:41
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

あ、今日は京都、それも嵐山なんですね! 写真を楽しみにしています!
しっかり楽しんできて下さいね!!
Commented by italiashiho2 at 2015-11-13 14:42
★hairprioriさん、こんにちは! コメント有難うございます。

あれ、日本の秋の、落ち葉も素敵じゃないですか?
Commented by クリス at 2015-11-14 11:20 x
おはようございます。
紅葉の葡萄畑は素敵ですね。
今回は、私もイタリアの紅葉を堪能させてもらいました。当初は少し早いかな? といった印象でしたが、訪れた所々で深かったり様々でしたね。車窓の風景としてはとても印象深いのですが、いちいち車を停めて撮影していてはきりがないし、画面に収めるとそれほどでもなかったり。やはり訪れて自分の目で堪能するのが一番なのかと思いました。
Commented by italiashiho2 at 2015-11-14 14:58
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうでしたね、今秋お出での時はお天気が良い日が続いていたので、きっと眺めも良かった事でしょう。
イタリアは日本の様に春の花も順番に咲いていくのではなく、その場所が日当たりが良いかどうかで随分花が咲く条件が違うみたいで、とても早く咲き出したり、ずっと咲いていたりですから、
黄葉もその場所によって様々なんだと思います。

そうですそうです、車から流れて見える風景と、一枚に納めた時の感じは随分違いますよね。 きっと目で見る時は、流れている風景でも、自分の中で留めて見ているのでしょうね。

旅日記、次を楽しみにしています。 もうアップされたかどうか、偵察に行きますね。

Commented by シニョレッリ at 2015-11-15 07:16 x
shinkaiさん、こんにちわ! お久し振りです。

晩秋の葡萄畑が何とも良い色合いですね。去年と違って、葡萄の出来が宜しいようですね。

イーモラ近くのルーゴ Lugoに行ったら、蚕市場だった建物がありました。イタリアでも養蚕が盛んだったことを認識しました。

個展が成功されたと伺いました、おめでとうございます。
遅きに失しましたが、今年は秋のイタリアにご無沙汰して、イタリア芸術の傑作に触れるためアメリカに行ったので、中々コメントを書く時間がありませんでした。


Commented by italiashiho2 at 2015-11-15 15:03
★シニョレッリさん、こんにちは! お久し振りです、コメント有難うございます。

はい、今年は夏がとても暑かったですし、秋口も全般にお天気が続きましたから、良いワインになるでしょうね。

そうなんです、イタリアも養蚕が盛んだったそうで、桑の木が未だに目に付きます。
ですが、日本では年に3度か4度位くり返して養蚕していたと思うのですが、こちらでは年に1度のみだったそうで、貧しい農民にとっては頼りの現金収入だったと聞きました。

はい、アメリカに行かれたというのは、cucciolaさんのブログで拝見しました。 そうですね、良い作品はかなりの数アメリカに行っているのでしょうね。

個展の事、有難うございます! 今はまた来年に向けて頑張っています。
Commented by Vivo運営事務局 at 2015-11-16 12:10 x
澤田智絵(Tomoe Sawada)
初めまして。
突然失礼いたします。
私は株式会社モンスター・ラボ Vivo運営事務局の澤田と申します。

この度、こちらのブログを拝見いたしまして、ぜひ「Vivo」という旅情報共有アプリで
ローマのご紹介にご協力いただきたく、ご連絡を差し上げました。

以下、アプリの詳細となりますのでご確認いただければ幸いです。

*Vivo(ヴィーヴォ)とは

ちょっとこだわりの旅行情報を探せる、女性向けの旅行ガイドサービスです。
現地在住のレポーターや現地に詳しいレポーターが、
ガイドブックには載っていないローカル情報や最新情報など、
とっておきの情報をマガジン形式で発信するWebサービス・アプリです。


■Vivo|公式サイト
http://vivo.voyage/
■Vivo | レポーター募集ページ
http://vivo.voyage/campaign
■Vivo|iOSアプリダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/nu-xing-xiangke-lu-xinggaido/id971977863?mt=8



12月14日新都市リリースにつきまして12月13日までに投稿していただき、記事が採用された場合には、インセンティブとして
1記事につき¥500分のアマゾンギフトを差し上げております。更新頻度は問いません。ローマを旅行された際や、
今まで行ったことのあるおすすめスポットなどの記事を投稿していただければと思います。

まずは是非アプリをダウンロードしてVivoを使ってみてください!

もしご協力いただけるようでしたら、ぜひ公認レポーターとして
ご活躍いただきたく思います。ご検討いただければ幸いです。

何かご不明な点等ございましたら下記のアドレスまでお気軽にお問い合わせください。
vivo@monstar-lab.com

ご連絡お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

澤田
Commented by 小父さん at 2015-11-16 22:26 x
こんばんは
ひやー、スマート・フォン、歩行距離計、GPSのソフト、歩数は14920歩、2時間半、9,25Kとは!
もう完全、私のお株を取られていますね~。
いや、何でもこなされますので尊敬です。

京都の出掛ける前にちらりとお見かけしたこのページ、全く私の教本です。
以前から拝見していますが、紅葉という現象がないんですね。

最初の川沿いの写真のカーヴがいいです。
野生のリンゴって初めて聞きました!

>今一頭歩いて出てきたのが、下の写真にみえるかな?

わかりました!何といってもこの広がりと美味しいそうな空気がいいです。

>カーヴを切りながら、坂道を上ったり下ったり。

やはりカーヴはいいです。
いつか撮らなくては!(笑)

>道の脇は、大概どちらか側が谷か平野に下り、

この写真も好きです。
こんな林は日本には存在しないのか!?(笑)

これから下が見事な組写真みたいでとても素敵です。
ああ、このブログで名前を覚えた糸杉、私の階段トレーニングの公園に10本ほど植わっておりました(笑)

>坂の途中から見上げる、中間点の農家!

ここから折り返しになるんですか?
プルーン、桑の木・・・こんな構成を真似ようと無意識に神経が働いております(笑)
Commented by 小父さん  2 at 2015-11-16 22:27 x
>う~ん、こうして見ると坂道のキツイのは見えませんねぇ!

確かに坂の角度はいつも写真に表れていないと私もよく思います。

>イタリアにも結構白樺の木があるのですが、これはどうかな。

素敵です。
樹木の名を知ると楽しみも増えますね。

>すぐ前のサッカー場では、少年達の試合に隣に座っていた、黒い大きなワンちゃん

こんなカットがとても楽しいです。

ヴェネツィア方面への高速もうねりがあっていいです。

イタ鴨の可愛いこと!
高級な手作り靴はferragamoでしたっけ!
同音異義語か!(笑)

いやはや、有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2015-11-17 00:56
★澤田様、初めまして、こんにちは! ご丁寧なご紹介お誘い、有難うございます。

ですが、私はローマは殆ど知りませんで、とりわけ女性向の最新情報などには疎い人間ですので、
お役に立てないと思います。
有難うございました!
Commented by italiashiho2 at 2015-11-17 01:35
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

いつも上手くおだてて頂いて、ははは、有難うございます! 
ですが、このときの数字はジュリアーナのスマート・フォンで出たもので、私の方のアプリはこの日曜に初めて入れてたのを使ったという有様で、GPSの方はちゃんと動いたのを確認したのですが、
歩数とか時間とかの方は上手く作動しなかったので、この水曜の午後にもう一度講習会をしようという事になっています、ははは。

と、絵を描いている時に、ふっとアイディアが浮かぶ事があり、これまではメモ帳に書いていたのですが、これをスマート・フォンでできないかと思い、マイクロ・ソフトのオフィスが入っているのを見つけたので、これもこの水曜に試してみようという事になっています。

なんとなしにパソコンを使い始めたときと同様に、なんとなしに分るのですが、なかなかスマートに即使えるようにはならず、ははは、まぁ、電話の受け答えとメッセージは大丈夫なので、後はボチボチだと楽しんでいます。

自分の事ばかり書きまして・・。  そうです、赤くなる葉は、日本の楓が入って来ているのと、蔦でしょうか。 他は黄色から茶、オレンジなどが多いですね。

結局日本と比べて、遊んでいる土地があるのですね、きっと。 畑の脇も広いですし、土地の所有者は勿論居られるのでしょうが、林のままになっている土地、まぁ、余りの傾斜だと使えませんけど、そんなのが多くて、のんびり感があるのだと思います。

で、私の写真を褒めて頂くのは嬉しいのですが、それは私の力というよりは、イタリアの風景の良さでして、多分私は日本に住んでいたら、きっとブログはしていないと思います。
出かけた時に写真を撮るにしても、なかなか難しいのは、皆さんの写真を拝見していて良く分りますもの。
なので、イタリアの景色を愛でてやって下さいね、ははは。

わっ、小父さん、フェラガモの綴りが Ferragamo なのを始めて認識しました!
ははは、ではフェラガモではなく、本当はフェッラガモなんですねぇ。
いやぁ、こういうのが楽しいです。 あの美男俳優のマルチェッロ・マストロヤンニも、本当はマストロイアンニ・Mastroianniなのを知った時の驚きにも似て、わぁお~!です。

こちらこそ有難うございました!!
 
Commented by nsg50 at 2015-11-17 22:35
新開さん、お久しぶりでございます。
ART真似蛙(マニア)は元気に生きておりますが、
なかなか器用に生きられずに、最優先したい「楽しく絵を描く」事ができずにいます。
Yahoo!ブログ「長野美術情報」も長きに渡り更新できずにおります。
ご訪問してくださる皆様に失礼のないように!と思いながら
1年以上も開店休業状態が続いております。ダメですね~。
甘えてばかりで申し訳ございませんが、もうしばらくご猶予をください。
以前のように絵を見ていただけるように(見る価値のないものかもしれませんが……)
準備を始めていますので、よろしくお願いいたします。

p.s.肌寒い季節到来ですね。風邪をひかないようにご自愛くださいませ。
p.s.(2)わ~い、オリアーノの教会と鐘楼だ~。もう一度、もう一度……。
Commented by italiashiho2 at 2015-11-18 01:58
★ART真似蛙さん、こんにちは! 諏訪の時は有難うございました! 久し振りのコメントも有難うございます。

お仕事がお忙しそうなので、これは仕方が無いですね。 落ち着いたら、また是非ブログも!
絵は人のために描くのではなく、自分の為ですから、とにかく続ける事しかないと思っていますので、
どうぞ頑張って下さいね。

長野は寒くなってきている事でしょう。 そちらもお気をつけて。

そうですよ、イタリアは逃げませんから、また次のチャンスを目指し!



<<    ・・・ モンティッキエッ...         ・・・ 碌山美術館 ・ ... >>