イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 15日

   ・・・ スコミーゴ村 春近し ・ 馬 葡萄畑 野草の花 犬 ・・・

d0097427_23580941.jpg
       これを書いている今日2月14日は、ヴァレンタイン・デイ!
       で、まずはいつもブログご訪問くださる皆様に、
       ささやかな、でも美味しそうなチョコレートを!! ははは。

       こちらイタリアでは愛の日、愛する2人の日で、
       決して女性から男性へのチョコレートの日ではないのですが、はい、
      
       ちょうどこの日に、生憎とブログ更新がぶつかりましたので、ははは、
       いつもご訪問いただいている皆様に、大和撫子の端くれとして、
       心をこめての義理チョコを贈りま~す!!
       

       ここの所こちら北イタリアは雨続き、または曇天と
       お天気がパッとしませんが、
       先日木曜は雨続きの間の一日、大快晴に!
       
       ずっと天気予報を睨みつつ狙っていた木曜の朝、
       郵便局への用を済ますなり、カメラを持って村内パトロールに!

       この平地では雨だったのが、高地では雪。
       この冬3度目ほどの、しかもこれほど白くなったのは初めてで、
       煌く陽射しの下の、春近いスコミーゴ村の様子をどうぞ!
d0097427_23583547.jpg



       この紐のような房の花が、へーゼルナッツ・ハシバミの花
       イタリア語でノッチョーラと知ったのは、つい最近の事!
d0097427_23584942.jpg



       タンポポも、咲いているのを見つけたのは、まだ2つだけ!
d0097427_23590299.jpg



       トウダイ草も、まだ小さいのだけ。
d0097427_23591568.jpg



       シロツメ草もまだ余り目立たず・・。
d0097427_23592873.jpg



       という調子で、あっちこっちと覗き込みながら歩き、
       お馬ちゃん、いるかな?と覗くと、奥にこの子
d0097427_23594287.jpg



       手前の金網のすぐ近くにお母さんがいて、水を飲む姿を写したく
       胸ほどの高さの金網越しに腕を伸ばして、漸く1枚。
d0097427_23595534.jpg
       彼女は水を飲み終えると、さっさと立ち去り、




       すると奥から、あの元子馬君がこちらにやってくるのが見え
d0097427_00000983.jpg



       待っていると、なんとパッと水の流れを飛び越し、
       ドン!!と金網にぶつかりながら、こちら側に!
       なにせ彼らは体が大きいですものね、金網にぶつかった音も大きく、
       一瞬ぎょっとしたのですが、いたって大人しく!
d0097427_00002330.jpg
       向こうもこちらを何者かと偵察中の感じで、う~ん、
       こうして改めて眺めると、まだ大人になり切っていない感じかな。

       お母さんと同じに鼻の上が茶色で、はは、
       でもなかなか良い目に写ったでしょう?!




       金網の隙間から草をちぎって差し出すと、ハムハムと食べてくれ、

       顔も差し出してくれたので、鼻面もちょっとさすらせて貰い、
       猫や犬と違って、どうやって一緒に遊んで貰うのか勝手知らずで、
       ははは、それに近くからだと、どちらの目を見たら良いのか分らず!
d0097427_00003847.jpg
       たてがみに付いていた枯れ枝の尖ったのを、幾つか取ってやり、
       鼻面を撫でて、チャオ、チャオ、またね!

       それにしてもアンナリーザの実家で見る、手入れの行き届いた
       体もたてがみも艶々の洗いたてと違って、かなりの泥まみれ!
       う~ん、ご飯は貰っているんだろうけど、外猫、外馬の感じだなぁ・・。




       道脇の小川脇の土手には、犬ふぐりが咲き誇り
d0097427_00005122.jpg
d0097427_00011050.jpg




       葡萄畑の間を、奥に行く道
d0097427_00012424.jpg



       そして既に剪定の済んだ葡萄畑が広がり
d0097427_00013721.jpg
d0097427_00015193.jpg
d0097427_00020574.jpg



       丘の上の木、ベンチも2つあるのが見えるのですけど、
       あそこは私有地で入れず、眺めも良さそうなのですが・・。
d0097427_00021901.jpg



       後ろから盛んに吠える犬がいて、カメラを向けると逃げたり、ははは。
       そりゃぁ、それだけ汚れていたら、カメラ映りも良くないよね。
d0097427_00023234.jpg



       オリーヴの枝も陽に煌き
d0097427_00024786.jpg



       隣のお家の奥で別のが吠え出し、見ると3匹が尻尾を振りつつ吠え、
       まぁ、彼らは退屈しているもんね、ははは、良く撮れたのを2枚。
d0097427_00032012.jpg
d0097427_00033651.jpg



       こちらは北西に広がる山で、まさに北との境の屏風の山で、
       あの北側にはベッルーノの町からの流れがあり、
       温度もぐっと低く、雪も多いと聞きます。
d0097427_00034994.jpg



       前から目をつけている、ははは、お家の納屋
       ちょうど良い具合に壁の色が剥げて来ているのですが、
       正面には入り込めない位置でして・・。
d0097427_00040428.jpg



       適当な所で道を引き返し、
       
       白樺の太い幹
d0097427_00042374.jpg



       庭先のボケの花
d0097427_00043744.jpg
d0097427_00045302.jpg



       野生のクリスマス・ローズを探しに林のほうに。
       
       林に射し込む光
d0097427_00050732.jpg



       やはり! 野生のクリスマス・ローズが咲き出していて・・
d0097427_00052033.jpg
d0097427_00053319.jpg
d0097427_00054767.jpg



       こちらは、野生のプリムラ。 色はこの薄黄色のみ。
d0097427_00060160.jpg



       家への道を辿ると、聞こえてきたハサミの音
       お、剪定している!と近寄っていくと、ちょうどこのシニョーレが
       こちらを見たので、撮っても良いかとOKを貰い、
d0097427_00061470.jpg

       撮っていると、ほら、足元に小犬が見えるでしょう?


       この子が吠えもせず、ひょこひょこと近寄るので、
       あんたも撮って欲しいかい?と聞くと、
       尻尾を振りふり前に進み出て、ちょこっと座り、ははは。
d0097427_00062856.jpg
       なんとなし、いつも主人がお世話になっております、と言う感じで、
       ははは、おお、賢いねぇ!と笑いましたら、
       シニョーレが、そいつは悪いんだよ、と。
       そうか、猫かぶりして見せたか、ははは。




       と言う感じの、雨の間のお天気の一日でしたぁ!
d0097427_00064245.jpg

       翌日からまた曇り、雨と続いていて、
       長い間降りませんでしたので、この雨は必要とは分っていても、
       はぁい、本格的な春が待ち遠しいですねぇ!!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 仕上げにしたい2枚と、野生のクリスマス・ローズ を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       
       




by italiashiho2 | 2016-02-15 00:12 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(8)
Commented by yUKO at 2016-02-16 12:46 x
Shinkaiさん素敵な写真ありがとうございます♪
雪山が見えていても春は確実に近づいていますね。
お馬さんやワンコたちが自然のかなで育っているのが良く分かります。
またいつかこの地をお訪ねする日が来る事を願っています!
また見せてくださいね^^
Commented by italiashiho2 at 2016-02-16 23:45
★Yukoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、この冬は温かかったとはいえ、やはり冬は冬の寒さもありましたので、徐々に季節が移り、
春が近づいているのが分ります。
日本の都会に住んでいた時と違い、そういう季節の移り変わりが良く分るのが楽しく、嬉しいです。

はい、また見てやってくださいね。
Commented by シニョレッリ at 2016-02-18 02:23 x
shinkaiさん、こんばんわ!

可愛いお馬さんたちは乗馬用?
イタリアのちょっとした田舎に行くと、乗馬で散歩という風景に出会います。長閑で良いものだなあと思います。

野生のクリスマスローズの写真が秀逸です。
畑に行くと、大体ワンちゃんがいて、初めは吠えられますが、私がワンちゃん大好き人間だと分かるらしく、直ぐに尻尾を振ってくれます。

イタリアは日本よりも暖かく、開花時期も早いと思います。でも雨続きには少々うんざりしています。よく降りますね。
Commented by italiashiho2 at 2016-02-18 14:26
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ああ、どうなんでしょうか、私もそれを考えてのですが、あの放し飼いの状態だと乗馬用でもない感じがしますが・・。
そうです、そうです、結構乗馬で動いているのに出会いますし、アグリトゥリズモなどは乗馬が出来ることが売りになっているのも多いようです。 乗れると楽しいでしょうねぇ。

クリスマス・ローズは、この辺りどんどんちょっとした林を切り倒し、葡萄畑になっていっているので少ないのですが、逆にヴァルドッビアーデネに続く葡萄畑の脇には、もう盛大に大きな株になって咲いているのを見たことがあります。

ワンちゃん達も庭で退屈しているので、歩いている人間にはかまって欲しいみたいですね。

ここの所本当に雨続きで! 今日木曜はお天気になるようですが、その後はまた雨になるようですよ。
折角の旅行なのに残念ですね。 風邪など引かれませんように!
Commented by 小父さん at 2016-02-19 18:01 x
おはようございます。
こちらの「もろもろ」ブログにはすっかりご無沙汰でした!
義理チョコ、有り難く頂戴いたします(笑)

>先日木曜は雨続きの間の一日、大快晴に!

それはそれは!

>カメラを持って村内パトロールに!

いやー、いいですね~。
私は寒気が去らないとなかなか始動する気になれません。

あっ、山の雪の量は多かったんですね。

へーゼルナッツ・ハシバミには食用の実もなるんですね!?

やーっ!タンポポもこのアングルはいいですね~。

燈台草という名、初めてききました。

ほ~っ、一昨年の11月の仔馬が成長したんですね。
そう言えば、近くの馬事公苑に行った時若い女性が外に出ている馬に干し草を与えていたので、つい言ったものです。
「馬は肉を食べないんですか?」って(笑)
この大きな体が干し草と水だけで育つのかと驚いたものです。
>金網越しに腕を伸ばして、漸く1枚

うまく撮れましたね。
水は溜まり水か小川でもあるんですか?
>一瞬ぎょっとしたのですが、いたって大人しく!

へへへ、馬事公苑では若い女性の乗り手が馬に「アルフィー、噛まんといてな!」なんて話しかけていました。
「噛むんですか?」と笑いかけて問うと「すぐ噛むんです。でも可愛いでしょう」との返答でした。
家の付近ではご年配の方が子犬とよく散歩しているんですが、あんなにでかくても可愛いんだと納得したものです(笑)
Commented by 小父さん  2 at 2016-02-19 18:08 x
(送信ボタンがうまく働きません。前の方の右側の最新のコメント欄からアクセスしたら今やっと送信できました。他の人でも同じ現象が出ています。)

>でもなかなか良い目に写ったでしょう?!

馬の目って本当に優しいですね!
近くの公園の馬はちょっと怖くてこんな感じを撮ったことないです。

>ハムハムと食べてくれ、顔も差し出してくれたので、鼻面もちょっとさすらせて貰い、

あれ、shinkaiさん乗馬も経験されているんですか~?
そういう私はは犬も猫も接し方が分かりませんが(笑)

>鼻面を撫でて、チャオ、チャオ、またね!

あっ仔馬君、いつもモデルになっている犬、猫ちゃんと同じ表情になっている!
すごいですね~。

へっへっへ、アンナリーザさんちの馬は光っていますね。
私のブログに載せた三木ホースランドパークはアンナリーザさんのところの大型です。
日本中央競馬会と三木市が運営していますね。

>外猫、外馬の感じだなぁ・・。

なるほどですね。
犬ふぐりに、葡萄畑の間を奥に行く道いいですね~。

うわっ、葡萄畑だ!
昨日スコットランドの葡萄畑?(笑)の剪定の模様を見たところでした。

>それだけ汚れていたら、カメラ映りも良くないよね。

ははは、相変わらず、親しげなポーズしてますね。

>見ると3匹が尻尾を振りつつ吠え、

なるほど、吠え方にも威嚇と「こっち向いて」と二つあるんですね。
Commented by 小父さん  3 at 2016-02-19 18:10 x
>白樺の太い幹

これいいです!!!

下は春ですね。

>あんたも撮って欲しいかい?と聞くと、

たっのしーい!

>いつも主人がお世話になっております、と言う感じで、

わっはっは

えっ、わんちゃんでも「猫かぶり」?

>と言う感じの、雨の間のお天気の一日でしたぁ!

この下のアングルもとても面白いです。

いやー、のんびりと散歩させていただき有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2016-02-19 22:41
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、ご心配なく! お気の向いたときにどうぞ宜しくお願いいたします。

いやぁ、このあたりは緑が多く、開けているので、お天気の良い日だと窓の外の空の色にムズムズするのですね、それに雨続きだったので、待ち構えていたのでした。

へーゼル・ナッツというのはご存じないですか? コロッと丸く、チョコレートなどにも入っていると思うのですが。 こちらのジェラートにも良く入っていますね。

そうなんですよねぇ、あの巨体が干し草や穀物(麦だったかな、アンナリーザが仕事によって与えると言ってましたが)で、肉食ではないのですよねぇ! でも肉食だったら西部劇の中の夜のキャンプでも、心配でゆっくり寝ていられないかも、ははは。

はい、それに後ろを通ってはいけない、と言いますね。 結構神経質で、後ろで物音をさせたりすると蹴っ飛ばすそうです。

あの溜まり水は始めて気が付いたのですが、すぐ近くを小川が流れているので、それの湧き水かもです。

いえいえ、馬は鳥取の砂丘で一度乗っただけで、はは、振り落とされましたっけ。

日本中央競馬会ですか、記念競馬の中継をよく見ていた事を思い出しました。 ああいう競馬がこちらには無いのかな、見た事がないですねぇ。

スコットランドにも葡萄畑がある? あんな寒い所にも? ほんとですか、小父さん?!

あの小さな犬は、自分一人だと大概吠えるんですよね、通りがかりの人に。それが自分の主人と一緒に話しているのを見たので、大人しくしゃしゃり出たのだろうと思って可笑しく、そいつは悪だよ、と聞いて笑いました。

わがスコミーゴ村も何回も見て頂いてますが、季節ごとに違いますから、楽しんで頂けると嬉しいです。 有難うございました!




<<    ・・・ オルチャの谷風景...      ・・・ ヴィテルボ 3 コンク... >>