イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 21日

   ・・・ スコミーゴ村に羊の群れ 到着! ・・・

d0097427_02491176.jpg
       土曜の朝、我がパソコンが突然インターネットに接続出来ず、
       色々やって見ても所詮我が腕では手に負えるものではなく、はぁ、
       いつも頼む店は週末休みだし、日曜夕のブログ更新もダメかも・・。

       と思いつつ10時頃、何気なしにスマート・フォンで
       店のサイトを見ると、今日開いていると! きゃ!
       試しに電話してみると、開いてますよとの事で、
       パソコン本体を持って駆けつける事に!

       でスコミーゴ村の端まで来ると、
       何と羊の大群が到着しているではないですか!!

       残念! まぁ、帰りにもまだいる筈よね、と出かけ、
       パソコン本体の事故ではなく、テレコムの問題であろうという事で、
       5分もかからずに、また代金もとらずにすらすらと解決。

       はい、家に戻ってカメラを持ち、再度出かけました!



       が残念な事に、羊の大群はいましたが、朝出かけに見た時は
       皆もりもりと食べている最中だったのが、
       今は殆どが食後の休憩に入っておりまして・・!
d0097427_02492769.jpg



       それでも少数が移動しながら食べており
       カラカラと鈴の音があちこちから聞こえ、
       その合間に結構、あちらからこちらから、めぇぇ~、めぇぇ~の声。

       お母さんのお腹の下から顔が見えたり
d0097427_02494133.jpg
d0097427_02495462.jpg



       しっかりお母さんに引っ付いていたり
d0097427_02500706.jpg



       チビちゃんも食後の休憩を
d0097427_02502173.jpg



       固まって休みつつ、shinkaiのほうを見たり
d0097427_02503480.jpg



       チビちゃんも安心して寝ていて
d0097427_02504757.jpg



       大変良いお天気で、暑い位だったせいか、
       奥の木立の方にかなりの数がもぐりこみ
d0097427_02505961.jpg



       横を流れる小川に挟まれた半日陰で皆休憩中
d0097427_02511231.jpg
d0097427_02512682.jpg



       この草地の東側はちょっとした住宅地になっていて、
       そこに車を止めて羊飼いが見張っており
d0097427_02513830.jpg



       こちら側には、黒いワン君3匹が油断なく!
d0097427_02515149.jpg

       彼らは秋に北の故郷から南に下って来て冬を越し、
       今春になって北の国に戻って行くのですね。



       お母さんの横で、気持ち良さそうでしょう?!
d0097427_02520386.jpg
d0097427_02521513.jpg



       一人で、3人で、日向ぼっこ
d0097427_02522756.jpg
d0097427_02524053.jpg



       この子が一番後に生まれた子の様で、歩くのもまだひょろひょろ。
       毎日の歩いての移動で大丈夫なのかと心配ですが・・。
d0097427_02525350.jpg



       これで全部の羊! いつもコネリアーノに出て行く時に
       通る谷の道で、向こうの丘の上がオリアーノの村。
d0097427_02530636.jpg
 
       この畑にいる羊は初めて見たのですが、
       この道を挟んで右側、




       ですが、この春先から奥の雑木を切り倒し整理している最中で、
       何の畑になるのか・・。
d0097427_02531922.jpg
       もっと我が家に近い別の畑に来ていた事も。 




       畑の手前のお家に咲きだしている花
d0097427_02533227.jpg



       そして、退屈しているワン君! 
       でもね、羊のお守りは大変なんよ、体力勝負でね。
d0097427_02534632.jpg



       道の手前角にある、サン・ピエリンの礼拝堂
       はは、サン・ピエリンというのは土地の訛りで、
       サン・ピエトロの事で~す。
d0097427_02540015.jpg



       と言うような様子で土曜のお昼前に撮ったのですが、
       これを書いている今朝日曜、まだあの草地にいるんだろうな、
       朝の草を食べているのを、仲間との歩き会に出かける前に
       見に行って来ようか、とちょっと気になり、8時前に出かけました。

       我が家から真っ直ぐ出て、突き当たりがT字で、左に行くと
       草地に行くのですが、
       ぶらぶら歩いていくと、Tの字の所で車がきゅっと止まり、
       ちょっと下がってこちらに曲がって来るのを見かけ、
       ははは、行き過ぎたんだ・・。

       所がなんと、曲がり角を曲がった途端見えたこの光景!
       道いっぱいどころか、広がれるだけ広がって、ははは、
       羊達がやって来るではないですか!!
d0097427_02541249.jpg
d0097427_02542650.jpg

       昨日見かけなかったロバも2頭、羊達に挟まれて歩いており、
       わぁお~、幸運だったぁ!!
       5分でも遅れていたら、この光景は見れませんでしたものね。




       私がいる草地の所まで来ると、先頭の羊飼いが横に向き
d0097427_02543901.jpg



       草地に上がって来るのに、羊達が続きます!
d0097427_02545388.jpg
d0097427_02550607.jpg
d0097427_02552088.jpg

       この時ボンジョルノ!と挨拶でき、
       全部で何頭いるのかと聞きましたら、450頭ですって!!



       ここも結構広い草地で、それにいっぱいに広がり
       朝露のついた草を歩きながら、食べながら・・
d0097427_02553298.jpg
d0097427_02554663.jpg



       一頭だけいる茶色の羊も傍で見れ
d0097427_02555912.jpg



       ロバたちも食べつつ、常に皆が一斉に移動して行きます
d0097427_02561294.jpg



       ガードマンのワン君は、大活躍!!
       羊飼いの号令も勿論ですが、ちゃんと自分で判断して、      
       縦横無尽に走り回り、羊達を纏めます!
d0097427_02562578.jpg
d0097427_02563886.jpg



       その内にオリーブの葉っぱまで食べ始め、ははは。
d0097427_02565186.jpg



       少しはここでゆっくりするのかと思うまもなく、
       さっと引き上げて行きます
d0097427_02570495.jpg
d0097427_02572147.jpg



       T字の角で少し詰まったら、皆が一斉にshinkaiの方を見て
       ははは、挨拶されたみたいな気持ちがしましたっけ!
d0097427_02573573.jpg



       角の墓地の横を曲がり、少し上り坂の道を行く450頭!
d0097427_02574964.jpg
       先頭を少しお年の羊飼いが行き、しんがりを若い羊飼いが。
       今日はどこまで行くのか、と訊ねましたら、さぁ~、と。




       チビちゃんたちが最後から付いて行くのに
       こちらを振り返り止っているのを、
       若い羊飼いが、ほらほらと押しやり・・。
d0097427_02580448.jpg



       坂道を上り左に折れ
d0097427_02581743.jpg



       左右に広がる葡萄畑に即入り込むのを、ワン君が走り回って
       団体行動をとるようにと、ははは。
d0097427_02583074.jpg



       犬の鳴き声も聞き、奥から何事?!
       と駆け寄ってくるお馬ちゃんの親子、ははは。
d0097427_02584376.jpg
       このお馬ちゃんの続きは、水彩ブログの方に。



       こんな感じで、スコミーゴ村を去っていった羊の大群でした。
d0097427_02585651.jpg
       
       見ていると、奥の曲がり道を左に上って行きましたが、
       あの奥にまた草原があり、それからヴィットリオ・ヴェネトへの道、
       北に向かう道に出ます。

       そして峠を越え、北の故郷に戻っていくのですが、
       彼らが北の自分の家に戻るのは、さていつ?!
       大変な仕事ですねぇ!!



     *****

     ◆ 展覧会のお知らせ 二つ ◆

       我が絵の師、友人の二木一郎さんの絵画教室のメンバーである
       洲羽の会5人展が、諏訪のギャラリー橋田にて
       3月21日より29日まで開催されます。
d0097427_05153288.jpg
d0097427_05154785.jpg



       ブログリンクをさせて頂いてますフレスコさん、永見隆義さん
       陶芸の内山正義さんの2人展が
       3月31日から4月5日まで、大阪心斎橋ギャラリー永井にて開催されます。
d0097427_05150464.jpg
d0097427_05151975.jpg
       どうぞご高覧下さいますよう、ご案内申し上げます。

 

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 黒猫ちゃんの途中経過と、 馬と猫  を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     






by italiashiho2 | 2016-03-21 03:07 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(6)
Commented by クリス at 2016-03-22 18:46 x
こんばんは、sinkaiさん!
これぞまさにトランスマンツァ、感動的ですね。春なんですね!
道一杯に広がって壮観な眺めです。何時でも見られるという物ではないので良いチャンスに巡りあったと思います。
桜(アーモンド?)も咲いて、イタリアは早いですね。
Commented by 小父さん at 2016-03-22 21:53 x
こんにちは

>パソコン本体を持って駆けつける事に!

それはラッキーでしたね。

>残念! まぁ、帰りにもまだいる筈よね、と出かけ、

この大群予告なしにやって来るんですね!

>今は殆どが食後の休憩に入っておりまして・・!

いやー、移動中と全く様子が違いますね。

>固まって休みつつ、shinkaiのほうを見たり、

あっ、本当だ!
でも皆同じ顔立ちに見えますね(笑)

>奥の木立の方にかなりの数がもぐりこみ、

これって土地の持ち主は怒らないのでしょうか?
それとも入場料を取っているんでしょうか?(笑)

>そこに車を止めて羊飼いが見張っており、

へーっ、人間さまは車での羊追いなんですね。

ワン君は賢いでしょうね。
でも1匹の犬に10匹の羊が暴動を起こしたら勝てそうな気がしますが、
羊は平和主義なんですかね?
Commented by 小父さん 2 at 2016-03-22 22:20 x
>「峠のトンネル越えの様子は、こちらに」

この光景をすぐに思い浮かべました。
初めてこの記事を見た時は本当にびっくりしましたね。

>この畑にいる羊は初めて見たのですが、

ああ、畑が草を食べたり休憩するところなんですか!?

ところが道路いっぱいにひろがって行進していても交通警官には叱られないんですね!
とても長閑な光景です。

>そして、退屈しているワン君!

いやー、本当に賢いものですね。

>はは、サン・ピエリンというのは土地の訛りで、

たくさんの文化があったわけですから話言葉も多種多様なんでしょうね。

>所がなんと、曲がり角を曲がった途端見えたこの光景!

圧巻ですね。
2枚目の写真が何ともいいです。
まるでお話の中の挿絵みたいで!

羊飼いさんも気短では勤まらないでしょう。
450頭ですか。
これは落伍羊が出ても分かるのかな?(笑)

お~、一斉に食べはじめましたね。
shinkaiさんは歩いて追っかけておられるんですね。

ガードマンが居て、・・・

>ははは、挨拶されたみたいな気持ちがしましたっけ!

楽しい!
ひょっとしたら道路は糞だらけになってませんか?(笑)

>と駆け寄ってくるお馬ちゃんの親子、ははは。

これは驚いたでしょうね!!!

ん?羊飼いさんの車は誰か運転しているんですかね。
彼らが夜寝るのもその車でしょうか?

いやはや、珍しい光景を有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2016-03-23 00:12
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、春がやって来て、北の国に帰るトランスマンツァです。
そうなんです、草地で食べて休憩、というのは何度も見ていますし、道を移動していくのを車の中から、というのもあるのですが、
こんな風に正面から対面、というのは初めての経験で、見れて本当に嬉しかったです、幸運でした。

イタリアの春は、一斉にあれこれも咲きだします! ほんのちょっと日本よりも早いでしょうか。
桜でしょうか、白いのは? 連翹はもう満開ですし、ピンクの濃いのも咲き出しています。
Commented by italiashiho2 at 2016-03-23 00:22
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、パソコンは暫く前から、XPとヴィスタはグーグル・クロームのサポートが受けられなくなります、という表示が出ているので、それの関連かと思ったのですが、エクスプローラーにしても繋がらないのでお手上げで、
まったくこういう時は店のテクニコ様様なんです、ははは。

そうなんです、いつやってくるか分らないのです。 その年の天候によって羊飼いたちは様子を見て移動するのでしょうね。

一度調べた事があるのですが、やはりどの土地に入ってもOkという事ではなく、土地の所有者と契約して、つまり使用料を払っているみたいですね。
なので、我が家の近くの草地に入ったのは契約していない土地なので、さっと引き上げて行ったのだろうと思います。

群れの先頭としんがりに一人ずつ付いて歩いていましたが、車を運転する人がいて、この時は先に出かけているのか、後から来るのか見かけませんでした。
半年位の移動になるので、所帯道具を積んだ車が一緒なのですね。
Commented by italiashiho2 at 2016-03-23 00:32
★小父さん、続けます。

この種のワン君は本能と訓練で、素晴らしく賢いみたいですね。
でも大変な仕事で、余り長生きできないという事も聞きました。

そうなんですよね、羊の習性なんでしょうか、先頭の羊飼いの後に皆従っているでしょう? 
犬よりも何倍も大きな羊でもとんで逃げますもの、ははは。

まぁ、この日は日曜ですし、上の県道に出てもそう車は多くは無いと思いますが、毎日の移動ですし、時に結構車の多い国道も通っているのを見たことがありますが、こういうのはイタリアではありうる事として大丈夫みたいですね。

はい、あの正面からやってくるのを見られたのは、今回初めてで、嬉しかったです!!

当りです! 通って行った後はヒズメに付いている泥がいっぱい落ち、おしっこするのも居て、ウンチするのも居て、ははは。

車は多分2台だと思うのです。で、4人で交代似、という感じかな、と想像します。 夜は羊達も寝るでしょうし、ワン君だけの番なのかも。
それにしても半年仕事ですから、大変ですよね。
こちらこそ、有難うございます!


<< ・・・ ルチャーノ・パヴァロッ...         ・・・ ヴェネト春の訪れ... >>