イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 16日

   ・・・ イタリアで一番美しい 10の村々 ・ サイトから ・・・

d0097427_14565484.jpg
       先日偶然「イタリアで一番美しい10の村々」というサイトを見つけ、
       既に知っている場所もあり、初めて知る名もで
       とても興味深く思ったので、それを今日は皆さんにも!

       サイト名は、mondointasca - giornale on line di turismo e cultura del viaggiare
       ポケットの中の世界 - 観光旅行と文化の為のオンライン新聞
       
       魅惑的な美しさを持ち、皆さんに発見され評価されるに値すると
       思われる、10の村々をここにご案内

       というサイトの紹介文に相応しく、
       「小さな美しい村々」として既に有名な町村以外の、
       まだ余り知られていない、でも・・!という10の町の紹介ですね。

       という事で、北から南のシチーリアまでの10の村々の写真が
       1枚ずつ載っているのですが、州と町名だけではピンと来ませんよね?
       
       というよりもshinkai自身が知りたいものですから、ははは、
       どこにある町かの地図と、写真ももう一枚探し、ここにご披露を。
       短い紹介文はサイトにあったものです。

       サイトではボルゴ・Borgo(複borghi)村となっているのですが、
       これはイタリアでの慣習ですので、ここでは町とご紹介致しますね。


       1.チヴィダーレ・Cividale フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
d0097427_14520351.jpg
       
       ジュリオ・チェーザレ(シーザー)によって興された町で、
       ユネスコの世界遺産の指定を受けている。
       魅惑的な町で、例えば写真の悪魔橋・ポンテ・デル・ディアーヴォロに
       伝わる、最初の通行者(実は猫)が、橋を造った悪魔の犠牲になった等
       たくさんの言い伝えがある。




       地図をどうぞ
       ウーディネ・Udineから私鉄道が連絡。
d0097427_14522435.jpg




       ロンゴヴァルド文化がしっかり残っている町で、国立博物館もありますが、
       この小神殿・テンピエットも大変美しく、町訪問の際はお見逃しなく!
d0097427_14524676.jpg

       チヴィダーレには以前何度も行き、何度かご紹介しています。
       こちらからどうぞ。




       2.ヴォゴーニャ・Vogogna  ピエモンテ州
d0097427_14530233.jpg
       ヴァル・ドッソラ・Val d'Ossolaに位置する住民1702人の町。
       中世からの町で、写真のお城は町よりも高い位置にあり、
       ほぼ円形の塔は町のすべてを睥睨する。





       地図をどうぞ。
       2つ見える湖の右はコモ湖、左はマッジョーレ湖で、
       ヴォゴーニャはそこから西に。
d0097427_14534697.jpg



       サイトで写真を探し見つかったのがこれで、随分昔、
       まだイタリアに来て間もない頃に雑誌で見つけた写真に惹かれ、
       切り取っていたのを懐かしく思い出しました。
       確かに行ってみる価値はありそう!!
d0097427_14535762.jpg



       3.ベッラージョ・Bellagio  ロンバルディア州
d0097427_14541008.jpg
       町はコモ湖に飛び出した先っちょに位置し、休暇を過ごすのに
       最適な事で知られ、北の山越しにアルプスが望め、
       コモ湖南の散策に適した色彩豊かな町である。




       地図は上のヴォゴーニャと同じもので、よくお分かりと。
d0097427_14542545.jpg



       もう一枚の写真は、湖から町の反対側を
d0097427_14555571.jpg

       生憎の曇り空の日でしたが、町の周遊のご案内は




       4.テッラーロ・Tellaro  リグーリア州       
d0097427_14562802.jpg
       この町はラ・スぺーツィア・La Spezia湾に位置する町村の中で
       一番魅力的な町の1つで、有名なチンクエ・テッレ・Cinque Terre
       からも遠くない。
       町は岩礁の上にあり、細い道を辿り背後の山にも行ける。
       



       地図をどうぞ。  左端切れて囲った場所がチンクエ・テッレで、
       確かに近いですが、行くとなると別ですね、これは・・。
d0097427_14563950.jpg



       今日のトップは、サイトにあったテッラーロの写真でしたが、
       いささか味気ない写真で、町紹介のも何か良く分からない感じ! 
       という事で、トップと同じ位置からの美しい写真をどうぞ。      
d0097427_22234972.jpg



       5.ソラーノ・Sorano  トスカーナ州
d0097427_14571112.jpg
       凝灰岩が掘られた上にある小さな町で、トスカーナのグロセット・
       Grosseto市にある。
       魅惑的な造りと古くからの趣のこの町は、エトルスクの証言に満ち、
       ヴァッレ・デル・レンテ・Valle del Lenteの傾斜地にある。




       地図をどうぞ。  左に見える薄いグレイの点線がトスカーナ州と
       ラツィオ州の境で、右上をかすめるのがウンブリア州。
       ソラーノの町はトスカーナの南東に位置します。
d0097427_14572213.jpg



       美しい夜景写真をどうぞ
d0097427_14574937.jpg
       
       この町にはピティリアーノから日帰りで出かけ、町中の美しさは
       知っていましたが、今回写真を探していて、
       町の対岸からの特殊な造形美の美しさにも感嘆しました。
       次回の為にインプット!
       
       町のご案内は




       6.カプラローラ・Caprarola  ラツィオ州 
d0097427_14580200.jpg
       カプラローラはラツィオ州の火山湖であるヴィーコ湖の 
       傍らに位置する。
       ここでは美しい風景と共に、素晴らしいファルネーゼ邸の庭園、
       そしてサンタ・テレーザ教会ではヴェロネーゼ・Veroneseや、
       グイド・レーニ・Guido Reniの絵画の鑑賞が出来る。




       地図をどうぞ。
       町にはヴィテルボ・Viterboから連絡
d0097427_14581449.jpg



       町の景観の美しさは我がブログでご案内していますので、
       ここではファルネーゼ邸の入り口からの眺めを
d0097427_14582718.jpg

       ブログでのご案内 カプラローラの町  

       ファルネーゼ邸 その1~3




       7.スペルロンガ・Sperlonga  ラツィオ州
d0097427_14584005.jpg
       海の町、自然のオアシスであるほかにスペルロンガの町は、
       海に突き出す岬に位置するたくさんの家々の眺めで魅惑し、
       幻惑する。 いくつかの見張りの塔の存在で分かるように、
       ずっと要塞化された町であったとみなされている。
       



       地図をどうぞ。  現在は道路状況が良くなり
       ローマからも楽に行ける場所となったと。
d0097427_14584823.jpg



       この春この一帯に出かけ、スペルロンガの町も散策しましたが、
       残念、この一廓を見ておらず、サイトで写真を見る度に・・・!!
d0097427_14591168.jpg

       町のご案内は




       8.フローレ・Furore  カンパーニア州
d0097427_14592668.jpg
       この町の美しさは何年も前から様々な観光協会によって知らされ、
       1997年にはアマルフィ海岸一帯がユネスコの世界遺産に指定された。
       と共に、イタリアで一番美しい村々クラブ、ワインの町協会、
       描かれた町協会にも加盟、2007年にはプロジェット・エデン・
       Progetto Edenで表彰された。

       描かれた町協会、というのは、町村の家の壁に壁画を描く企画で、
       通りが賑やかになり、観光の人々が集まる利点もありますが、
       何でも描けば良いというものではない、と思う事も、はい。
       古い町の美しい年月を経た壁が、下手な壁画で潰されるのは哀しく、
       町の趣が一変してしまう面もありますから。

       プロジェット・エデンというのは、どうやら観光客誘致の為の
       様々な企画をし、実行するものの様子。          




       地図をどうぞ。  アマルフィ・Amalfi とポジターノ・Positanoの
       中間にあるのですねぇ。
d0097427_14593720.jpg



       上の凄い眺めの写真から、どういう状況にあるのかと思いましたら、
       海が細く岩礁に入り込んでいる様子なのを見つけましたぁ!
d0097427_15000257.jpg



       9.カステルサルド・Castelsardo  サルデーニャ島・Sardegna
d0097427_15002163.jpg
       カステルサルドは自然の素晴らしさである。半島の頂上に位置する
       ドリア家の城に至る細い道、急な坂道の特徴ある、
       中世からの町がとても良い状態で保たれている。




       地図をどうぞ。 サルデーニャ島のサッサリ・Sassariに近く
       北に見える島は、フランス領コルシカ島。
d0097427_15003366.jpg



       上の写真の、山の頂上の城の写真を探しましたら、これひとつ!
       物凄い岩と城の区別がつきますか?!
d0097427_15004503.jpg



       10.カステッランマーレ・デル・ゴルフォ・Castellammare del Golfo シチーリア島
d0097427_15005844.jpg
       カステッランマーレ・デル・ゴルフォの町は、トラーパニ・Trapaniの
       湾に面し、12世紀のノルマン族の征服期に端を発する町。
       この町からの素晴らしい海の色の眺めは驚異的であり、
       まさに空と海が混ざり合うようである。




       地図をどうぞ。  パレルモの西、湾の奥に位置するのですね。
d0097427_15010905.jpg



       上の写真ではちっとも町の良さが分かりませんので、ははは、
       探しましたぁ! 
       これで海に飛び出す要塞城も、古い町の造りも
       海の色の素晴らしさも分かりますね。
d0097427_15012220.jpg

       如何でしたか?
       お気に入りになりそうな、小さな美しい町は見つかりそうでしょうか?

       う~~ん、シチーリアにも、他にも行ってみたい所ばかりだなぁ・・!!

       
 
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ティツィアーノの生家 詰め と、スコミーゴ村の朝焼け を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

      
  
   
       



by italiashiho2 | 2016-10-16 00:03 | ・イタリア全般・番外編・ご挨拶 | Comments(4)
Commented by シニョレッリ at 2016-10-16 06:55 x
shinkaiさん、こんにちわ!

「この国の魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅すれば足りるだろう」ですね。
絶景の写真の数々は今や目の毒です。行ったことがある村にはもう一度行きたくなるし、未だ行ってない村は頑張って行きたくなります。時間がいくらあっても足りません。

「最も美しい村」は大好きですが、日帰りではなく泊まること主義にしている私にとっては、意外に退屈に思うことが少なくないのです。(宿泊して夕、晩、翌朝の雰囲気を味わうのが良いと思ってますから)優れた芸術作品が数点以上ある村々は多いとは言えず、村歩きと食事だけでは時間が余ってしまうからです。
Commented by italiashiho2 at 2016-10-16 15:14
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんです、日本の様に次々とモダンに建替えられる建物や街と違って、こちらのはほぼ昔どおりですから、幾ら見ても全部見つくすことはまるで不可能ですよね。

かといって、「一番美しい村々」もそれなりに良い部分があっても、好みもあり、何を目的に訪問するか、によって随分見えようが違うと思うのです。
シニョレッリさんのように絵画鑑賞が目的の方には、やはり「単なる村」に過ぎない事が多いと思います。
私は「風景」が目的ですので、いくら美しい村でも平野にある平坦な町村では退屈する事も多いですし、
やはりある程度繁栄した歴史を持たない町は、歴史遺産も町の風景も平凡である、という私見を持つようになりました。
Commented by クリス at 2016-10-17 22:30 x
こんばんはsinkaiさん!
しばらく読み逃げしてばかりで申し訳ありません。
イタリアの美しい村のセレクトは選者によって様々ですが、今回のはオンライン新聞なるサイトでの記事によるものなのですね。
今回の物はほぼsinkaiさんのブログで紹介された町が多いのであまり驚きはありませんでした。

ただ今回は、中部イタリアでのセレクトが少ない、比較的大きな村、ロマネスクなど私の興味からは少し外れた場所(チヴィダーレは違いますが)が多いので、個人的には今一の印象です。
ただカステルサルドはなぜかマイマップでは星印がついていましたね。どうも、以前調べてたぶん印象に残ったのでクリックしたようです。周辺にも良い村があるのでこの辺りは行けたらいいなと思いました。

Commented by italiashiho2 at 2016-10-18 04:02
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

あ、いいえ、お忙しいのだろうと思っておりました。ご心配なく!

そうなんですね、こういう選び方はやはり一般観光向けという感じで、見るべき美術博物館とか、素晴らしい教会があるとかではないですね。
「イタリアで一番美しい村々」で選ばれているのもたくさんありますが、実際行ってみると、何だこれだけ?!というのがかなりあります。
クリスさんなども目的をはっきりお持ちですから、この程度では満足できない事でしょう。

サルデーニャはまだ全然知らないのですが、カステルサルドにしろ、他の町にしろ、かなり面白いのだろうと思っています。 チャンスがあると良いのですね。


<<    ・・・ スコミーゴ村 秋...         ・・・ エトルスク博物館... >>