イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 21日

   ・・・ スコミーゴ村 秋の色 秋の空気 ・・・

d0097427_01065058.jpg
       この日曜の午後遅め隣村まで歩いて後、カメラを持ち
       再びいつもご覧頂いている葡萄畑のほうに。

       ちょうど午後の4時半頃で、翌日からずっと雨の予報でしたし、
       煌くような良いお天気の下での黄葉を撮って置きたかったのですね。

       上の写真は、我が家からだらだらと坂を下って行った所にある
       並木で、何の木かな、この向かい側には何度か見て頂いた
       シナノキの並木が続きます。

       既に陽が傾きかけていて、並木がくっきりはっきりの陰影をつくり・・。
       
       
       

       向かい側のシナノキの方は、黄葉のこの色!
       逆光に煌き、鮮やかな黄金色。
d0097427_01073602.jpg
d0097427_03290668.jpg



       と見ると、前の草原に2匹のワンちゃんを連れた散歩のシニョーラ
       こっちからカメラを見せると、OKと頷いてくれたのでこれを撮り、
d0097427_03293227.jpg



       傍に行って写真を見せ、ついでにちょっとお喋りを。
       黄葉を撮っているのか?と言うので、そうだと言うと、
       ・今どこが一番綺麗か知っている? 昨日の夜と今朝まで
        カンシーリオに行ったんだけど、今朝は凄い霧で・・、
       ・そう、この辺も霧だった、   
       ・その隙間から見えてきた黄葉、そして陽が当りだしての美しさは、
        本当に素晴らしかった! たくさんカメラを持った人が来ていた。
       ・私の友達のジョヴァンニも、しょっちゅうカンシーリオに行くので、
        あそこが素晴らしいのは良く聞いている。  

       話している傍で、2匹が行ったり来たり。
       その内にシニョーラが、こっちの彼女の目はとても素晴らしいのよ
       という事から、名前を呼び(エッラちゃん)撮った一枚。
       傍に寄りすぎて影に入り、自慢のお目めの輝きが良く見えないねぇ! ははは。
d0097427_17255993.jpg



       という事で、黄葉の道を去っていく一人と2匹
d0097427_04014437.jpg



       朝はこの秋一番の、かなり深い霧だったのですが、
       太陽が強くなると共に霧は収まったもののまだ遠くの方は靄がかかり、
       隣のオリアーノ村の教会もこんな感じ
d0097427_04021231.jpg



       葡萄の収穫は済んでいますが、剪定はまだの畑が多く、
       とはいえ、来る前に歩いた畑の半分は既に剪定が済んでいて驚きましたが、

       こうして家の近くの葡萄畑を見て、今年初めて
       葡萄の葉が違う事に気が付きました!
d0097427_04025813.jpg
       ほら、ここのは葉の葉脈もごつい感じがするでしょう?




       そしてこちらがいつも良く撮っている方の葡萄畑の葉で
       柔らかい感じでしょう?
d0097427_04034378.jpg
       
       勿論、葡萄の種が違えば葉の様子も違うのは当然なのかもですが、
       それにしても、かなり大きな差があるのに気づき、驚き!




       柿の実もかなり色付いて来てい、
d0097427_04042725.jpg



       こちらは葡萄畑の間の道を入り込んだ所にある、野生のリンゴの実

       こうして撮ると大きな実に見えますが、小ぶりの実で、
       下のは何かにやられ、しぼんでいて、
d0097427_04051452.jpg



       こちらはすっかり葉が落ち・・
d0097427_04061715.jpg



       並んでいた細い木の赤い葉。 
       近寄ってみると、ほらね、凄い虫食い葉!
d0097427_04082475.jpg



       草原にほんの少し、まだ咲き残っている花々
d0097427_04101441.jpg
d0097427_04104154.jpg



       逆光に輝く、猫じゃらし!
d0097427_04112848.jpg



       タンポポの落下傘部隊もかなりの数撮ったのですが、

       離れるには未練を残しているようで、ははは。
d0097427_04135930.jpg



       そして、タンポポの茎ほどの体の太さのバッタ君と
       上にも何か小さな虫君。
d0097427_04141930.jpg



       傾斜地から見る、オリアーノ村の丘、葡萄畑と木々と
       如何にも、秋の光線でしょう?!
d0097427_04144328.jpg
d0097427_04151343.jpg



       隣の葡萄畑の、傾斜にそっての畝の曲がり
d0097427_04160462.jpg
d0097427_04365959.jpg



       今年一年頑張ってたくさんの実を付け
       収穫が済み、なにやらホッとしているかに見える太い葡萄の幹!
d0097427_04425495.jpg
d0097427_12240610.jpg
       赤く見える枝が、この春延びて葉を付け、実をつけた枝。
       ご苦労さん!! 有難う!!と感謝とねぎらいの気持ち。



       葡萄畑の間の道を入ってじきに、遠くから子供の声が聞こえるのです。
       何でこんな所で?とは思ったものの、近くの農家の子だろうと。
       逆光が強く、奥のほうは陰に入って見えないままで、
       あれこれ撮りつつ、行きつ戻りつ傾斜地を下っていき、

       漸くに近づき、自分も陰の中に入って分かったのは、
       畑の奥の部分、林の木立の陰に入りやすい部分の
       葡萄の収穫をしているのでした。
       子供たちは親の近くで遊んでいる、その声だったのですね。
              
       スコミーゴ村の葡萄摘みが始まった、と知ったのは9月22日で、
       その後の1週間ほどがピークでしたから、約1ヶ月後です。

       やはり畑の日当たりの条件によって随分違うもの、
       しかも同じ畑でも、こんなに違うのだと、改めて納得でした。



       取り残された、小さな房!
       そう、収穫するには如何にも小さな房ですものね。
d0097427_12243603.jpg
d0097427_12244842.jpg



       葡萄畑の緩やかな坂を上り道に出て、家に戻ります。

       戻り道から見るオリアーノの丘
       一段と秋の色が深まったかのように感じる、シンプルshinkai!ははは。
d0097427_12251038.jpg



       シナノキ並木の落ち葉
d0097427_12252930.jpg
d0097427_12254600.jpg


     *****

       この水曜19日早朝からグループのバス日帰り旅行で、
       トレントの古城2つ、アーヴィオ・Avioと、べゼーナ・Besena
       見学してきました。

       終日雨との予報に関わらず、靄がかかる薄曇ではありましたが、
       それでも時に太陽が覗く、ありがたいお天気となり、
       しっかり、予想通りの素晴らしいお城を見て参りました。

       頑張って写真整理をし見て頂くつもりですので、
       どうぞお楽しみに!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、詰めの2枚と、 古い小さな村の猫たち を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


       


by italiashiho2 | 2016-10-21 00:02 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(10)
Commented by ミ~タ at 2016-10-21 08:16 x
ご無沙汰しています。

気付けばもう秋ですね。
日本の黄葉(紅葉)はこれからが本番です。
しかし、日々の生活に追われていると、そういう季節の変化に疎くなります。

広島での個展まであと1か月ほどですね。
昨年購入した「メッザーノの山の家」は、クリニックの診察室に飾ってあります。
スタッフからの評判も良く、今年も何か購入できたらと思います。
仕事のために、23日の祝日に日帰りするしかないので、
今年はご一緒においしいものを食べられないのが残念です。


Commented by シニョレッリ at 2016-10-21 10:25 x
shinkaiさん、こんにちわ!

お馬の親子、近くのワンちゃんたちはお元気でしょうか?

今年の葡萄の出来は良かった(ピエモンテの方ですが)と聞いてますが、ヴェネトも多分同様と思います。

私が住んでいる所では、秋深しどころか未だに残暑が続いてます。植物もすっかり調子が狂ったようで、庭のイチジクがすっかり葉を落として変だと思っていたら、新芽が吹いてきて実がなりはじめてます。
Commented by italiashiho2 at 2016-10-21 13:39
★ミ~タさん、こんにちは! コメント有難うございます。
こちらこそ、ご無沙汰してます!

そうなんです、私は信州の生まれで自然の中で育っているので、こちらに来て馴染む内に、どんどん好きになり、かっての感覚が戻って来たというのか、蘇ってきたのか、
四季の移り変わりを見れる、感じる今の生活がとてもありがたいです。

個展の事、有難うございます! はい、22日からですが、月初めにはDMを送らせて頂きますので、宜しくお願いいたします。
日帰り、というのは残念です!! 昨秋ご一緒したも一人は週末に来てくれる予定なんです。
でも広島は美味しいお魚、食べ物がたくさんある街なので、しっかりリサーチをして来て下さいね。
お会いできるのが楽しみです!
Commented by italiashiho2 at 2016-10-21 13:47
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、先日歩いた時は久し振りに林の奥に、お馬の親子がいるのを見ました。
秋はこちらは雨、霧が多くなるので、先週の半ばは歩けませんでしたが、
先日はワン君も奥から駆けつけて来て、尻尾を振ってくれました。

はい、葡萄は収穫量も質も良かったようですね。農家の方は、この夏が少し変調だったのでやれやれと思われている事でしょう。

日本は花が再度咲いたりの、そんなニュースがあちこちにある様子ですね。 やはり地球の異常気象が起こりかけているのでしょうね。少し怖い話です。

Commented by Viola at 2016-10-21 16:20 x
スコミーゴ村の秋色、満喫いたしました。
スコミーゴ村がヴェネト州にあることは、重々承知しているものの、
トスカーナのフォトに舞い上がり、誤認しているような仕儀になりました失礼、どうぞお許しくださいませ。

ご紹介下さるスコミーゴ村の四季、それぞれに素晴らしく、魅入っているのですが、秋はとりわけ好きなんです。
それは日本の四季を主に基準にしてのことですが、昔は芽吹きから始まる春が好きでした。
ところが近年、春は花粉や黄塵で空気が汚れ、外出も気が重い状態になってからは、
清澄の気と黄葉や赤い実の楽しめる秋が、すっかり気に入るようになりました。
凋落の秋とは言え、自らも人生の秋、むしろ晩秋にあるものの、
「もののあはれは秋こそまされ」への共感があるのです。
このブログのフォトの数々を拝見しながら、その世界に共感し切っている自分が居るのです。
葡萄ももうすっかり枯れ色になり、猫じゃらしは黄金色になって風に吹かれ、
落葉は晩秋が近いことを告げていて、不思議に秋の美しい華やぎを思い知らされます。
霧も秋のものですよね。因みに霧は秋の季語で、夏霧、冬霧、春は霞と、日本語はその美の違いを微妙に捉えていますね。
お写真を拝見していますと、切り口にやはり日本人の美意識の働きを感じてしまいます。
優雅でしっとりとした情感が素晴らしいと思うのです。
更に充実のよき日々をお祈りいたしております。
Commented by italiashiho2 at 2016-10-22 03:52
★Violaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

トスカーナの事は、ご心配なく! 誰でもこの程度はたくさんありますものね。

今年の夏は雨が多く、いつもだったら既にもっと深まった秋色がある頃ですが、未だに緑色が多いこの秋です。
そして本当はも少し経って、11月になってからの方が秋らしい色が増え、木の葉などは勿論落ちるのですが、その頃の方が趣がある気がします。

近年秋がお好きになったとの事ですが、私は逆に暫く前から昔は嫌いだった春が好きになりました。
日本と違って一斉に花が咲き始める季節が、あと何年楽しめるかなぁ、という気もしますし、はは、
やはり日本と違って、空気が乾いているからかもしれませんね。

そうですね、やはり根っからの日本人ですから、その目で見ているのでしょう。

有難うございます。 Violaさんも良い秋をお過ごし下さいね。
Commented by allegria1i at 2016-10-22 09:43
こんにちは! スミーゴ村はすっかり秋ですね。
こちらは、10月中旬というのに、27℃まで気温が上がったり、蚊と思うと最高気温が20℃を切ったり・・・で植物たちはびっくりしている様子です。
来週あたりから、平年並みの気温に落ち着く模様。。。
何だか、ホッとしてます。
11月19日からアブルッツォ州に出掛けます。
やっとイタリアに・・・・で、仕事とはいえ今からウキウキしています。
Commented by italiashiho2 at 2016-10-22 14:05
★パンダさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そちらはまだまだ暑いほどの日が続いている様子ですが、こっちは最高気温が15~18度位で、朝夕は小さなストーブを足元でつけていますよ。
暖房を入れようかどうしようか、という所です。
ですが、今年は雨が多かったので、まだ黄葉は中途半端ですね。

アブルッツォにお出かけですか?! 良いですねぇ! 私はまだあの一帯は知らないのですが、狙っている所はあります。
お元気でお出かけくださいね。 あの一帯は冷え込みもきつい様ですから、服装にもお気をつけて、しっかりイタリアの田舎の美食を楽しんでくださいね!!
Commented by Granpa di Itosugi at 2016-10-23 23:07 x
Shinkaiさん こんにちは。秋めいて来たヴェネト州・・・いい感じですね。家を出て「徒歩」で「カメラを持って」行ける場所・・・・本当にいい所にお住まいですね。当家の裏山が色づくのは1ヶ月後、決して徒歩では・・・・ヴェネトの秋お楽しみください。広島の紅葉は11月25日近辺です。日本の晩秋もお楽しみくださいね。
Commented by italiashiho2 at 2016-10-24 04:56
★Itosugiさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、ここに最初に来た当初は、日本とイタリアとの生活感覚の格差がひどく、あまり好きではなかったのですが、徐々に慣れ、そうするととても気に入り、今ではここに住めることが本当にありがたいと思っています。

そうですね、日本はこれから紅葉ですね。 広島が11月25日頃ですか?! それは素晴らしいです、宮島が楽しめますね。有難うございます!

昨夜、香港マカオの豪華旅を拝見した所です。 目と舌、そしてセレヴな宿と、海鮮の美味しいのは一度味わってみたい物です!! 羨ましいぃぃ!!!



<< ・・・ トレントの古城2つ 前...         ・・・ イタリアで一番美... >>