2017年 02月 09日

   ・・・ テッラチーナ ・ ローマ期の遺跡と香りが色濃く残る街 ・・・

d0097427_00163817.jpg
       今回のご案内はローマから南に110kmほど、車で1時間半程の
       距離にあるテッラチーナ・Terracinaのご案内を。

       昨年春の南ラツィオの旅行では、ここの浜辺沿いのリゾート・ホテルを
       基地にして、あちこちに出かけたのでしたが、
       テッラチーナの旧市街の見学は最終日になっていたのですね。

       で5月の煌めくような朝早く、浜辺のホテルを後にし、
       一路こんなアッピア街道を模したような道を行きます。

       今回は写真が多くなりましたので、ごゆっくりどうぞ!



       これは通りすがりに見えた町のローマ門。 ご丁寧にS.P.Q.Tと!
       S.P.Q.Rだと「元老院とローマの人民」となるので、
       どうやら「テッラチーナの人民」の意味を込めている様で、
       シャレというか、どこか親父ギャグみたいで、ははは。
d0097427_00164828.jpg



       ですが我々は一旦町を通り過ぎ、町外れの山上にある
       アンクスールのジュピター寺院の遺跡見学に先に行きます。

       これが港から見上げたアンクスールのジュピター寺院・Tempio di Giove Anxur
       そうです、この高さに大きな寺院があったのですね。
d0097427_00165781.jpg
       ですが寺院遺跡のご案内は苦手の上長くなりすぎますので、
       写真で様子を見て頂けるよう、水彩ブログの方に載せましたので見てやって下さい。




       街の様子の地図をどうぞ
       街全体としては海辺沿いにずっと細長く西に続きますが、
       ジュピター寺院と、色がほんの少し濃い囲った旧市街の位置を。 
d0097427_00170584.jpg
       テッラチーナと近くの街の関係地図は




       現在のテッラチーナの人口は4万6千人程。
       これは小高い位置にある旧市街部分以外の、
       下の街と呼ばれる部分の方が大きいと思うのですが、

       バスで山の上のジュピター寺院を見るのに道を上っていく時に、
       かっての町の城壁が良く見え。
d0097427_00171498.jpg

       テッラチーナは紀元前6世紀の末には既にローマの勢力圏にあったようで、
       その後古代イタリア民族のウォルスキ族の下にもあったのが、再度ローマ人にと、
       繰り返された後、紀元前312年にアッピア街道が通り、ローマ期が続きます。

       ビザンティンの時代を経て8世紀から9世紀は教皇領になり、
       中世にも、このローマに近いこの町は様々な変遷を経ることになり、

       町の繁栄も衰退も何度もあった様子で、16世紀にはマラリアの蔓延で、
       町の人口はわずか150名にもなった事もあった様ですが、

       近代となり干拓事業も進み、新道路もつき、観光地として栄えている様子。



       さてジュピター寺院の見学から町に戻り、城壁の外でバスを降り、
       ガイドさんに連れられて細い道を下りながら、ローマ遺跡の中を通りますが、
d0097427_00172350.jpg
       位置としては、今見える鐘楼が現在の中心広場にある聖堂サン・チェザレーオ・
       San Cesareoで、正面の建物類は18世紀に増改築された聖堂部分。
       
       現在カピトリウム・Capitolium(ジュピター神殿のある聖地の意)と呼ばれる
       ローマ遺跡群は、後にご覧頂く中心広場の北東、という事になります。
       
      



       まず驚いたのがこの美しい壁!! 斜め格子状に石を組むのはポンペイ遺跡でも、
       スペルロンガのティベリオの遺跡でも見ていますが、  
       ここのは凝灰岩の茶と石灰岩でまさに格子柄になっているのですね。
d0097427_00173218.jpg
d0097427_00174491.jpg



       脇はこんな形で、高台になっていて、角に
d0097427_00175574.jpg



       角にこの円柱が1本残ります。
d0097427_00180758.jpg



       狭い場所で、すぐ脇にはこんな風に家が立て込んでいて・・
d0097427_00181648.jpg



       上の写真の壁は正面に回ってくると、こんな感じに2重になっており、
       かっての仕切壁だったのが分かるのですが、
d0097427_00182663.jpg
       ここには、現在の聖堂に含まれた形になった大寺院とは別の
       小寺院があったのだそうで、これらはその遺跡で、
       
       つまりこの小寺院の中は3つに別れ、それぞれにジュピター、ジュノー、ミネルヴァ
       3神が祀られていたと。

       


       上の写真にも見える、奥の家の壁に残る色付きの部分にご注目を
d0097427_00183502.jpg
       
       屋根の形が分かる事から、かってあった建物の壁を利用して、
       後に建て増しをされていた事も分かり、これが神殿を隠していたのだそう。

       実はこの一帯、第2次大戦の時の爆撃で上にあった家々が被害を受け、
       それでこれらのかってのローマ遺跡が明らかになったのだそうで・・!


       右手に見えるアーチの上にも、かっての壁跡が見えますし、

       我らは今回見なかったのですが、中央奥に見える小アーチの上に小路が見えますね、
      
       あれを左奥に行くと・・・、




       こんなテアトロ・劇場跡が4分の一程も見え、これも爆撃で明らかになったのだそう!
       他の部分は上に家々が立て込んでいるのだそうですが、
       近年の研究では、劇場の直径が約72m、4000人ほどの観客収納数の大きさと。
d0097427_00184390.jpg



       脇道の角の上階の柱、これも明らかに神殿の柱をリサイクル利用していて、
       ここはどうやら現在の聖堂の一部の様子!
d0097427_00185259.jpg



       これは何だろ? 浴槽?
d0097427_00190240.jpg



       遺跡につきものの猫ちゃん。 少し痩せぎすね。
d0097427_00191483.jpg



       こうして旧市街の中心広場かってのローマ期のフォーロ・エミリアーノ・Foro Emilianoに
       塔は聖堂の鐘楼と同じ時代12,3世紀、同じ高さ、とあっても探しても高さは見つからず、
       塔はフルメンターリア・frumentariaというので、穀物倉だったと。
d0097427_00192288.jpg
       塔の右手のモダンな建物と奥側とともに市役所だそうですが、




       ついでに塔の横の階段の様子も見て頂き、
d0097427_00194056.jpg
       古い側の市役所の壁もご覧下さいね。 
       そうなんです、かってのこの建物の壁も2色の格子壁、
       つまりローマ期の何か古い建物があったのでしょうね!
d0097427_00194835.jpg



       そして広場の西を占める聖堂サン・チェザレーオ・San Cesareo.
       元々あったローマ期の大寺院を含む形で大きく建設されたもので、高台に
d0097427_00195718.jpg
       聖堂の右に見える建物は、13世紀のパラッツォ・ヴェンディッティ・Vendittiで、
       元々は市の建物だったそうで、下に見えるアーチをくぐると、上で見て頂いたローマ遺跡で、
       
       このアーチの下をかってのアッピア街道が通っていたのですね。
       



       鐘楼、12~3世紀。 こちらも2色使いの素晴らしいもので、上階に行くごとに
       窓の幅が広くなりますが、これは重量を減らす工夫だったそう。
d0097427_00200440.jpg
       そして装飾にはめ込まれた色付きの丸い鉢のようなもの、お分かりでしょうか?
       彩りを添えますが、修復の際に取り替えられたものだそう。

       同じ彩色陶器を使う工夫がポンポーザの修道院にも




       元々の教会はローマ期の寺院があった上に建てられた9世紀のものだそうですが、
       聖別されたのは11世紀、鐘楼とともに内部の修復も12~3世紀と。

       教会前のロッジャ部分の、モザイクによる装飾は現在右側にしか残っておらず、
       何のモチーフかまだ明らかではないそうですが、最初の十字軍遠征であろうかと・・。
d0097427_00201365.jpg



       軒下の装飾部分。 人物像が見えるのは、玉座に座る人物と。
       その右にいるのは猿のようで・・!
d0097427_00202127.jpg



       入口前の円柱の下の飾り部分。 背を向けて座っている人物や
       ライオンというのですが、残念ながら破損部分が大きくて。
d0097427_00203033.jpg



       こちらは良く分かるライオン像
d0097427_00203987.jpg

       こちらのサイトに、聖堂の装飾の詳細写真が。       




       さて、聖堂内部。左の説教壇にご注目を。 と祭壇部分
d0097427_00204882.jpg
d0097427_00205736.jpg



       ここの説教壇のコズマ式装飾が素晴らしいもので!!
       と言いつつ、暗くてshinkaiの写真はピンぼけが多く・・、とほほ。
d0097427_00210515.jpg
d0097427_00211514.jpg
d0097427_00212382.jpg



       説教壇を支える者たち! 素敵ぃ!
d0097427_00213183.jpg



       古い起源の町に残っていた遺跡群の中から、リサイクル出来るものは
       ちゃんと皆再利用した様子でして、はい、
       これらライオン像もそうなのではないかと・・。
d0097427_00213963.jpg
d0097427_00214759.jpg



       床のコズマ式装飾がまた素晴らしく!!
d0097427_00215648.jpg
d0097427_00220457.jpg
d0097427_00221308.jpg
d0097427_00222208.jpg



       これは柱に残っていたもので、全盛期には柱にもこれらの装飾が、多分!
d0097427_00223034.jpg

       コズマ式装飾の素晴らしいのには、サレルノの聖堂でも出会い、

       アマルフィの聖堂でも
       http://italiashio.exblog.jp/15410032      
       



       さて聖堂から出まして、
       かってのローマ期のフォーロ広場の敷石
d0097427_00224092.jpg



       広場の東南側の端、3段の高台にも円柱が並ぶ部分が有り、
       ここも爆撃の跡から日の目を見たローマ期の遺跡部分で、
       その右奥に見えるのは、中世の塔の跡と。
d0097427_00224970.jpg

       何度か爆撃の跡から見つかった、明らかになった遺跡、と出てきますが、
       爆撃がなければ未だに立て込む家々に埋まり、、多分このあたりにある筈、
       というだけで見れなかった訳で、 ・・へへ、こういうのは、喜んでも良いですよね?!




       そしてその前に見えているこれが、元のアッピア街道の敷石
d0097427_00225819.jpg
       ローマからこのテッラチーナまで約一直線に繋がるアッピア街道が建設されたのが
       紀元前1世紀の末から紀元後1世紀のはじめだそう。

       このテッラチーナからは斜めにイタリア半島を横切り、アドリア海沿岸南の
       ブリンディシまで連絡していた、いわばローマ帝国の大幹線道路だったわけですね。

       この古いアッピア街道は中世には廃れたのだそうですが、
       後に干拓事業がされ、16世紀頃から徐々に旧アッピア街道に沿っての
       拡張工事が進み、今回南ラツィオで見た美しいアッピア街道の姿
       


       いやぁそれにしても、ここでこんなにしっかりした形で残るアッピア街道を見れるとは!
       フォーロ、かってのローマ期の市民広場、集会場であったフォーロの中を通り、
       大神殿横のアーチを潜り抜け、町を走り、通り抜けていったローマ期の軍勢、人々。
       そんな姿が彷彿とするアッピア街道の一大拠点が思い浮かびましたし、

       かなりの遺跡跡、美しい壁も見れ、テッラチーナの町を新しく知り、見直した事でした!!




       このアーチは、かって4つあったそうですが、実はどの部分で見たのか記憶に残っておらず・・!
       市のサイトにはArco Onorario Via Appia・アッピア街道の名誉門とあり、
       他に読んだサイトの説明では、アッピア街道はこのアーチの下を通って、ここから坂道を上る、とあり、
d0097427_00230600.jpg
       写真番号からしても、ひょっとして中心広場から出ての下り道にあったのかも・・。




       上のアーチの脇に咲き誇るブーゲンビリアの赤い花。 やはりここは南国!
d0097427_00231950.jpg



       さて、聖堂の眺めにも別れを告げ
d0097427_00232816.jpg



       我らは坂道を下り、バスとの集合場所に向いますが
       旧市街のある高さがお分かりでしょうか? 海がこんな風に見えるのです!
d0097427_00233618.jpg



       かなりの道のりの坂道をせっせと歩きながら、こんな街頭も眺め
d0097427_00234433.jpg



       車の陰で涼む猫ちゃんも撮り。 この隣に顔がクチャクチャのライオン像もあり・・。
d0097427_00235204.jpg



       こちらはトドみたいな、ははは、ライオン像を見かけ、
       サイトで同じライオン君の写真を見つけましたが、アルビーノ門の葬式のライオンと!
       ははぁ、どこかの墓所から持ってきたのでしょうね、きっと。
d0097427_00240141.jpg



       遂に坂道を下り、やはりまっすぐな松並木の道を見ながら、
       我らは右に曲がり、
d0097427_00241003.jpg



       暫く下の街の、こんなオレンジの並木道を歩き、バスとの待ち合わせ場所に。
d0097427_00241927.jpg
       
       そしてテッラチーナと、南ラツィオの街々と別れを告げ、
       一路ヴェネトの家に戻ったのでした。

       テッラチーナのご案内、お楽しみいただけましたように!
       長いご案内にお付き合い頂き、有難うございました


       この時の旅行で訪れたガエータの街のご案内もまだでして・・、
       は~い、頑張って写真整理もすることに。




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、カステルッチョ 途中経過と、 ジュピター神殿 ・ テッラチーナ を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-02-09 01:07 | ・ローマ・ラツィオ Roma Lazio | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2017-02-09 02:59
5年も干ばつが続いた後、今は雨ばかり降ってるサンフランシスコに居て、太陽に輝くこのイタリアの写真には、目がくらみそうでした。
これは昨年の春なんですね。
地理に疎いのですが、ローマの空港とは反対の方?

イタリアは(特にローマは)、遺跡の上に幾重にも建物が建っているようで、実に面白いですね。
街に居ながら遺跡発掘ができる。
アンソロポロジストには堪らないところでしょうね。

ところで、ちょっと思ったのですが、イタリアの猫ちゃんたちは肉球が丈夫にできているでしょうね。
うちの馬鹿でかい犬は、ちょっと日照りの日には、熱いアスファルトが歩けません。
イタ猫は、毎日あの石畳の上で生活しているんですものね。
Commented by italiashiho2 at 2017-02-09 15:14
★BBpinevalleyさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ああ、大雨の記事も拝見しています! はい、本当に、イタリアの風景には青空が入るだけで、素敵なごちそうになるなぁ、といつも思います。

そうです、昨年の5月です。 ローマからほぼまっすぐ南に下った方です。 で、海沿いに斜めに南に行くとナポリ方面、という感じでしょうか。

そうなんですよね、考古学者にはやはり宝の山なんでしょうが、地下鉄工事で遺跡にぶつかる、ビルの基礎工事で遺跡にぶつかる、で工事関係者にはたまらないでしょうね、ははは。 何年もそのままになっているのを、こちらでもよく見かけます。
それに一般道路でもよく陥没するみたいで、バイクで走る人がちょいちょい怪我をする、というのをTVニュースで見たことがありますね。

さぁ、肉球の事どうでしょうか?! 余り暑いとやはり猫でも日陰で涼んでいますよ、ははは。
そうですか、お家のシンバちゃんだけではないと思いますよ。 ヴェネツィアに夏の暑い日にワンちゃんと一緒の旅行者を見かけると、やはりワンちゃんも暑そうで、気の毒になりますもの。
それか、今思ったのですが、ひょっとして石畳のほうが暑さがマシなのでしょうかね、アスファルトよりも?!


<<    ・・・ ガエータ ・ 要...      ・・・ 15世紀 ミラノの貴族... >>