2007年 02月 13日

   ・・・ 野生の クリスマス・ローズ は、お好き? ・・・

      先日「霧のスコミーゴ村」をうろついた時、林の湧き水の傍で
      野生のクリスマス・ローズを見つけ、ご覧頂きました。
      こちらでは、結構あちこちで見かけるので、
      春を告げる緑、としてご紹介しました。 が、

      その後の情報で、この花が今、日本では大変な人気で、
      緑色は大変珍しいらしい、と知りました。
      ならば、先日のピンボケ写真では申し訳なく、
      今朝、改めてカメラを持って行ってきました。


d0097427_210358.jpg

      ◆あちこちに、このように

       葡萄畑の奥、林の近く、湧き水の流れの傍らに、
       たくさん、このように生えています。



d0097427_213724.jpg

      ◆花の終りかけ

       花が少し盛りを過ぎ、種の袋が膨らみかけています。
       雄蕊が落ち、葉のあちこちも、誰かがかじって・・



d0097427_216289.jpg

      ◆枯葉の下から

       手前の、首を曲げているのは、枯葉の下にいたのです。
       葉の重なりを持ち上げ、もう少しで外に出る所でした。
       少し、手伝ってあげて



d0097427_2192163.jpg

      ◆花  1 

       雄蕊の根元に、蟻が見えます。
       香りがあるのでしょうか?  
       どなたかご存知の方、教えてください。



d0097427_2221424.jpg

      ◆花  2

       こうしてみて見ると、同じ野生でも花びらの形が
       違う事に気が付きました。
       これは、花びらの先が、少しとがリ気味です。



d0097427_225647.jpg

      ◆花  3

       これも、花びらが少し尖り加減。
       そして花びらが、普通の花の花びらよりも、
       少し厚い感じもします。
       雄蕊の付き方も少し違うようですが、
       これは成長過程の違いでしょうか?



d0097427_2281863.jpg

      ◆花  4

       この花は、花びらが丸めで、
       柔らかな、優しい感じがしますね。
       雄蕊の頭も、少し大きめの様です。



d0097427_2361833.jpg

      ◆花  5

       美しく咲いていた、一株。
       ほころびかけで、大変素敵でした。



d0097427_237563.jpg

      ◆花  6 

       花の緑色にも、かなりの違いが見られますが、
       どうやら太陽光線も、影響している様子です。
       これは大変濃い緑色ですが、かなり奥の
       日影の位置にありました。
       花が開いても、少し小さいような・・



d0097427_2393834.jpg

      ◆花  7

       これも、美しく写せて満足です。
       バカチョンカメラ(今でもこの言葉があるのかな?)の
       使い方を、少し覚えた感じの今朝、です。



d0097427_241346.jpg

      ◆野生のプリムラ

       もうじき、野生のプリムラも咲き出しますが、
       今朝、蕾を一つつけているのを見つけました。
       肝心の蕾がピンボケ、薄い黄色の蕾の色も飛んでいますが!

       子供の頃、かなり夢中に読んだ 「紅はこべ」。
       フランス革命時の、貴族の命を救う冒険小説ですが、
       こちらでは 「プリムラ・ローザ」というタイトルです。
       日本語に飢えて再読してみたら、なんとまぁ、
       呆れるくらいの、2流小説でありました!



d0097427_2432990.jpg

      ◆本日の、お持ち帰り

       野生のクリスマス・ローズの写真をアップしましたら、
       熱狂的なこの花のファンの方から、
       「種取をして」との、リクエスト。

       この方、大変研究熱心な wedgblue さんです。
       http://www.fururu.net/user/wedg/

       ならば、と、今朝スコップを持って行きましたが、
       厚く積もった枯葉の下、モグラの穴だらけにも拘らず、
       根が絡みつき、大変固く、スコップが曲がり、
       やっとこの小さいのを、一株お持ち帰りできました。

       家のが根付けば良いですし、そうでなくても、
       時々覗きに行き、種取を心がける事に致しましょう。
       大願成就の暁には、お知らせいたしますです!!

by italiashiho2 | 2007-02-13 02:48 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(15)
Commented by wedgblue at 2007-02-13 22:22 x
スコップ片手に出かけていただいたのですねー。
ステキな所にお住いで羨ましく町並みの画像なども見せていただきました。
そしてこのクリスマスローズ! どの子も上品な顔立ちで・・イタリアの美人さんですねー
雄蕊の違いは開花からの時間の経過によるものです。
どの子も野生種の中で、自然交配による違いだと思います。
育苗家の方々は、その特性の強いものばかりを交配させて、種として確立させていくそうです。
このことがきっかけで、このステキな地が荒らされる事の無いように願うばかりです。
エッコミさんのお庭で一杯咲きますように!
Commented by shinkai at 2007-02-14 02:06 x
★ Wedgblue さん、 こんにちは!  コメント有難うございます。

好きな花ではありましたが、今回のこのチャンスで、ぐっと親しく、近くなれました。  チャンスをいただけて、有難うございます!

家にもって帰ったのは、午前中は他の植え込みの影になる部分で、地面もそんなに乾かない所に植えました。  上手くついてくれるといいですが。  
皆さんの所で拝見する株は大きいですが、こちらのはすっと1本の茎です。  やはりかなり、栽培種と違うと思います。
また、様子をお知らせしますね。

Commented by たっちゃん at 2007-02-15 09:31 x
クリスマスローズのことは、植物園の特設コーナーで見るまで知りませんでした。ネットで調べると
「 本来クリスマスローズとは、クリスマスの頃に咲く原種の‘ノイガー’を指します。2~3月に咲くオリエンタリスは、キリスト教の四旬節(レント)の頃に咲くので‘レンテンローズ’と呼ばれます。日本では一般的に、まとめてクリスマスローズと呼ばれています」

ということで、 ピンク系・緑系・赤系・紫系・黄色系・白などがありビックリしているところです。1500円~5000円の鉢植えが売られていましたよ。
エッコミさんちの庭に根付くといいですね。
Commented by lan at 2007-02-15 15:43 x
我が家のは薄いピンクです。
大好きな花なんで野性!であるなんて羨ましいです。
夫実家では裏庭で紫と白のがこぼれ種で増えてますよ。
半日陰くらいが良いようです。
プリムラの葉っぱは白菜みたいで美味しそうだといつも思います。
春を探すお散歩、楽しそうですね~。
Commented by イタフリ at 2007-02-15 20:51 x
自然の中のクリスマスローズすがすがしく綺麗ですね。原生種は緑色なんですね。春先にボローニャの野原で小さいデージーが草の中に咲いていたのを思い出しています。もうすぐにアーモンドの花が咲きますか?
Commented by shinkai at 2007-02-15 21:11 x
★ たっちゃん、こんにちは!  コメント有難うございます。

いやぁ、いつもたっちゃんは、物知りというか、調べてくださいますねぇ~。
有難うございます。 お値段が高いのにも、驚きです。 
我が家のは、スコップを買い換えなければならなくなりましたが、タダでお出でいただいて・・。  
しっかり増えていただかないと・・!!
Commented by shinkai at 2007-02-15 21:17 x
★ lan さん、 こんにちは!  コメント有難うございます。

そうですか、ランさんもこの花お好きですか。  緑色、という所も気に入っています。  いかにも、素朴で、爽やかで、ね。
こぼれ種で増えるというのは、これは嬉しいです。  やはり、かなり強い種なのですね。
昔は、春は余り好きでなかったのですが、この頃はとても愛おしく感じ、
嫌いだった八重桜 (こちらで時々見るのです)も、後何回見れる? と思う様になりました!!  
Commented by luna-e-sole at 2007-02-15 21:23
>Shinkaiさん、こんにちは!我が家の庭にも紫とシロがあって、白の方が先に咲き始めました。この原種、とっても素敵です。母もこういった鼻が大好きなので、話したらきっと興味を持つだろうと思います。緑の色がなんともいえませんよね。
森でこんな花に出合ったらなんだかワクワクしそうです。
Commented by luna-e-sole at 2007-02-15 21:24
Shinkaiさん、ごめんなさい、笑わないで下さい!鼻→花ですから。なんともお恥ずかしいです。
Commented by shinkai at 2007-02-15 21:24 x
★ イタフリさん、 こんにちは!   コメント有難うございます。

ええ、こんな特別な事の無い田舎の原ですが、まだ色々見つかりますね。  デージーは、もう小さいのがあちこち咲いています。  まだ、背が低いですが。  
アーモンドの花、は知りません。  どんな花でしょうか?  木も見たことがないような。  ハシバミの木 はたくさんあるのです、この辺り。  実もたくさん。  ノッチョリーナ と言って、ジェラートの種類にも、あります。  少し、ぼわぁっとした味ですが、皆さんお好きなようですよ。
Commented by shinkai at 2007-02-15 21:32 x
★ ルナさん、 こんにちは!  コメント有難うございます。

そうですね、お母さま、お好きかもですね。  栽培種の色は、たくさんあるようで、そばかす式のも見せていただきましたよ。
花は、大体白の色が弱い、と聞きますが、でも白い花は素敵ですよね。
紫の色はどのような紫ですか?  咲いたら、そちらにアップして見せてくださいね。

ルナさん、お気にされずに!!  私のも、そう出ます。  「マイクロソフトは、もっと勉強せい!」 と言いたいですよ、まったく。
Commented by lan at 2007-02-15 22:01 x
Shinkaiさんのかつては春嫌い、八重桜嫌い、ってわかる気がします。
私も八重桜や菊が嫌いでしたが、最近こだわらないようになってきました。
みんな可愛いです(笑)
ピンクのクリスマスローズもくすんだ色で半分くらいはグリーンなんですよ。
今年は世話が足り無すぎて咲かないかも知れません。
マンションのベランダ鉢植えではなく、地植えが向いてるんだと思います。
アーモンドの花は桜みたいだそうです。
この近くに東洋ナッツの工場があって、工場内の花の季節にアーモンド祭というイベントをやってます。
いよいよ春なんですね~。
Commented by Vi at 2007-02-15 23:14 x
綺麗ですね?初めてみました。こんな花が咲くとは今はかなり暖かいのでしょうね?此方は北極気候がまだまだ盛んで特に今年は異常のようです。
今日の最高気温がマイナス9度です。(泣)
Commented by shinkai at 2007-02-16 02:15 x
★ lan さん、再度おおきに!!
ネ、 春のもわぁ~、というのが、どうもイマイチでしたが、この頃は、ホント何でも 「良いよね」という感じですが、これは人間が丸くなったと考えてよいのか、鈍くなったと言うべきなのか・・?!

こちらは、サボテンでも露地植えにしているお家が結構あって、それがまた元気なのですよ!  強化合宿、みたいで可笑しいです。
アーモンドの花、では、知らないままに案外見ているのかもしれませんね。   はぁい、春が近いですね。

Commented by shinkai at 2007-02-16 02:22 x
★ Vi さん、 こんにちは!  お久し振りです、コメント有難うございます。
すみません、Viさんの書いてくださったのを読んで、思わず笑いました。
『今日の最高気温がマイナス9度です。(泣)』 !!! 

こちらは暖冬で、北に見えるドロミテ山系も、この冬雪が殆ど見えないのです。  昼間は、暖房を消している日が多いくらいなので、 マイナス9度には、驚くやら、可笑しいやら・・!!
お気の毒です、 春をお待ちくださいね。  


<<   ・・・ アルカ・ペトラルカ...         ・・・ ムッジャ ・ M... >>