2006年 03月 07日

   ・・・ 春を探しに ・ コッレウンベルト村 ・・・

     東隣のコッレウンベルトの村へ、春を探しに!     
     我がスコミーゴ村の坂を下り、そしてまた、
     長い真っ直ぐの坂を登ると、コッレ・ウンベルトです。
     でも今回は、少し曲がりくねった地道の坂を行きました。  
     写真は季節がほんの少し先、3月末です。

d0097427_22481291.jpg

      ◆葡萄畑の農家

       冬、この坂に広がる葡萄畑は、
       本当に冷え冷えと見えました。
       今季節がめぐり、やっと心広々と、
       先を楽しみに、見ることが出来ます。




d0097427_22483574.jpg

      ◆白木蓮

       坂の途中のお家の庭に、白木蓮が開いていました。  
       この辺り、紫の木蓮が多いのですが、
       やはり白の木蓮は、清々しく清楚です。




d0097427_2249435.jpg

      ◆鐘楼

       裸木の向こうに、コッレ・ウンベルトの
       鐘楼が浮かび上がりました。
       もう一月もすれば、すっかり隠れて見えなくなる事でしょう。




d0097427_22494584.jpg

      ◆芽吹き

       いつ見ても、木々の芽吹きは、喜びを与え、
       いつの年も、大きな希望と励ましを、
       運んでくれる気がします。




d0097427_22501784.jpg

      ◆葡萄畑

       コッレ・ウンベルトから、丘の上の道を辿ると、
       左右に広々と葡萄畑が広がります。
       手前と向こう側は、去年から続いて栽培されている畑で、
       真ん中は、どうやら新しい杭が打たれた様です。
       緩やかな丘の流れに従い、放射線状に列を描きます。




d0097427_22504316.jpg

      ◆株の列

       この木の枝は、葡萄の枝を冬の間に剪定し、
       杭の線に結わえるのに使われます。
       この様に畑の端に植えられ、
       こぶこぶに見えるのは、枝を次々と刈られるため。
       この列は特に、利用度が大きい様で・・・。




d0097427_22511411.jpg

      ◆サン・マルティーノの丘から

       コッレ・ウンベルトの北隣、サン・マルティーノ村の、
       そのまた坂を上がった所に、村の教会があります。  
       スコミーゴからは、東の対面の丘となります。
       何度かご覧頂いた北の国境の山が、
       やはりここからも見え、畑も既に耕されています。
       手前に見えるワン君は、すぐに仲良くなったハスキー犬。




d0097427_22515249.jpg

      ◆農家の並び

       丘を下った所の農家の並びです。 
       手前に整然と並ぶ細い木々は、植林されたもので、
       何の木か知りませんが、ほったらかしの植林です!
       そして畑、家畜小屋などがあります。  
       こういった農家に寄り、卵を分けて貰ったりもします。




d0097427_22522798.jpg

      ◆芽吹き  2

       柳です。 この辺り、あちこちに流れがあるので、
       柳も多く見かけます。
       そうそう、しだれ柳の事を「サーリチェ・ピアンジェンテ」、
       泣いている、と表現します。
       ええ、泣きはしても、夏の夜には何も出ないようです。




d0097427_22525690.jpg

      ◆土筆

       はい、こちらにも土筆があります。 
       日本と同じ様な大きさで、可愛い姿です。
       でももう一種、写真がなくて大変残念ですが、
       大きな、30センチ位の丈のジャンボ土筆もあるのです!
       最初見たときは、まさに絶句!  
       まったく可愛くありませんでしたよぉ。




d0097427_22535046.jpg

      ◆草原

       犬ふぐリ、マルゲリータ、ナズナ、・・ 
       春の野原は何処も同じ、
       そして毎年、嬉しさを貰えます。




d0097427_22543433.jpg

      ◆水仙

       水辺のお家の庭に、たくさんの種類の
       水仙が咲き誇っていました。
       でも、水仙はやはり、シンプルなのが良いですね。




d0097427_2255337.jpg

      ◆ザッフェラーノ

       サフランです。   少しピンアマで失礼。
       雌しべを摘んで、念入りに炙り、
       リゾットの色付けに、魚のスープに。
       「畑の金」と言われるほどの値打ちだったそうです。
       自然からの色には、何時の時代も、
       人の心を奪うだけの力があるのですね。


    ***

by italiashiho2 | 2006-03-07 22:43 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(0)


<<    ・・・ ボッティチェッリ...         ・・・ ヴェネツィア ・... >>