イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 12日

・・・ 葡萄摘みが始まって ・ スコミーゴ村、コッレウンベルト村 ・・・

     この10日の日曜日、すっきりと快晴になったので、
     葡萄摘みが近くの畑でも始まったかと、自転車で出かけました。  
     先日、隣村コッレウンベルトまで、マウスを買いに行った時、
     石榴が真っ赤に熟れているのやら、刈り取った
     草の巻かれたのが並んでいるのも見たので、
     この日は坂を下ってこちらの方へ。

     葡萄摘み・ヴェンデーミア も確かに始まっているようですが、
     この近くは最後の仕上げ、という様子で、
     畑で、強い秋の陽をいっぱいに浴びていました。

d0097427_18482381.jpg

      ◆スコミーゴ村の葡萄畑

       8月の最初に、写真をご覧いただいた時は、
       まだ葡萄の粒が小さく、硬かったですが、
       今はご覧の通り。  
       どっしりと重たげに垂れ下がり、
       陽を浴びて光っています。




d0097427_18485377.jpg

      ◆ススキ

       イタリアのススキは、ご覧の通り!  
       しっかりと太く頑丈そうで、風情に欠けます。  
       箒にでもなりそうではありませんか?!

       イタリアの空の蒼さと共に!




d0097427_18492894.jpg

      ◆ベッルーノに向かって

       コネリアーノからの支線で、坂の下の
       国道の手前を通っています。 
       ベッルーノ、そしてコルティナ・ダンペッツォ
       に行くバスが出る、最後の駅 カラルツォまで続きます。  

       手前に見える低い山の手前に、ヴィットリオ・ヴェネトの町があり、
       高い山との間の谷を抜けて、ベッルーノに向かいます。 
       ここは古くからの、山岳民族の通り道なのです。

       手前の山の中腹に、草原になって、
       高い所に建物があるのが分りますか?
       あそこは、牧場ですね。 
       牛達が放し飼いになっていて、自家製のバターや
       チーズも作っている事でしょう。 
       見る度に、一度行って見たいと思います。




d0097427_1850267.jpg
  
      ◆コッレウンベルトのトウモロコシ畑

       大変な快晴で、逆光になり、向こうの農家が
       良く見えませんが、
       この広いトウモロコシ畑をご覧下さい! 
 
       冬には、霜の降りたこの畑の上に、靄が広がり、
       春には、芽の出たトウモロコシの畝が
       はっきり見えた畑です。




d0097427_18503477.jpg

      ◆逆光に光る

       名前が思い出せませんが、
       道脇に、並木道を作っている樹です。
       幹が、プラタナスのようにところどころ白くはげ、
       秋にはこの様に、とげとげの丸い実がつきます。 
       葉の色がすでに秋の色。




d0097427_1851463.jpg

      ◆コッレウンベルトの丘

       名前の通り小高い丘があり、
       教会とお城と(伯爵家が今もあるそう)
       市役所と図書館と。   
       完全な逆光です、ご勘弁を!
       
       ハァハァと、自転車を降りて登りますが、
       下り坂は爽快この上ありません!



d0097427_18522064.jpg

      ◆クサギ

       葡萄畑の間を、くねくねと続く細い道を行きます。  
       広い庭を持つ、幾軒かの農家があり、
       用水路が通り、犬がいて果樹がたわわです。

       クサギの花も、そろそろ終わりかけですが、
       まだ良い香りを放っています。




d0097427_185309.jpg

      ◆農家の庭先

       ものすごい石榴でしょ?!  
       写真はもっとすごいのもあるのですが、
       バイト数の関係で、これで最高です。  
       この赤さ! 大きさ!

       石榴の甘さに驚きます。 
       日本の石榴の酸っぱさ、とはまるで違います!!




d0097427_18533284.jpg

      ◆刈り取られた草は

       こうして巻かれて畑にしばらく置かれ、
       そして牛達が食べるのでしょう。
       あちこちで、この様に置いてあるのを見るのですが、
       こうして、一列に並んでいると少し面白く、
       広い畑の感じと共に、ご覧頂きたくて・・。

       そう、牛達はまだこのあたりに結構います。 
       乳牛です。
       夕方など、乳絞りを要求しての鳴き声が、
       よく聞こえてきます。




d0097427_1854434.jpg

      ◆トウモロコシ

       ここにも、トウモロコシ畑がありました。  
       もう取り入れ寸前。
       この一帯は、トウモロコシ畑と、葡萄畑と。
       豆も少しありますが、この頃はどんどん葡萄畑に。
       多分、安い安いとは聞くものの、
       それでも葡萄の方が、実入りが良いのでしょう。




d0097427_18545092.jpg

      ◆葡萄畑

       こちらの葡萄畑も、もうしっかりと熟れて。  
       我がコネリアーノから、北西にかけて、
       白ワインの道 で有名ですが、
       葡萄畑を見ると、やはり白葡萄が主流のよう。




d0097427_18552567.jpg

      ◆遠くの村

       東です。  カンシーリオの山が張り出して、
       この張り出した山の向こう側に、フリウリの平野が。

       この様に、小さな集落があちらこちらに見え、
       そこには必ず、教会の鐘楼が。  
       これは、カペッラ・マッジョーレの村。




d0097427_18555828.jpg

      ◆国道51号線

       コネリアーノから、コルティナ・ダンペッツォ
       に続く国道51号線。

       我が家からだと、坂下のこの道まで出て、
       バスでコネリアーノに、そしてトゥレヴィーゾ
       にも行けますし(この写真は南向き、コネリアーノ方面)
       北に行くと、ヴィットリオ・ヴェネトからベッルーノに。

       日曜日なので車が少ないですが、平日はもうちょっと交通量が・・
       本当です!  
       この頃は、ものすごく車が増えたのです、はい!!
       MENARE`・メナレ と見えるのが、この道筋の通り名です。




d0097427_18563832.jpg

      ◆メナレの葡萄畑  1

       国道からスコミーゴ村に向かう道筋の、葡萄畑。 
       ここは珍しく、黒葡萄でした。
  
       この葡萄畑は今で10年位ですが、
       すっかり葡萄の幹が太くなりました。 
       そして、このたわわな事!
       奥に続く畑の様子も、ご想像下さい。  
       ここはかなり広い畑なのです。




d0097427_18571098.jpg

      ◆メナレの葡萄畑  2

       見事に実っています! 
       やはり葡萄摘みは始まっていて、
       今年の葡萄は、大変出来が良いのだそう。 

       葡萄の出来も、ワインの出来予想も良い!
       草取りをしていたご主人は上機嫌。  
       私もまた、楽しみに待つ事に!! 


    ***

by italiashiho2 | 2006-09-12 18:38 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(2)
Commented by BB at 2012-05-20 20:22 x
綺麗な写真ですね。
ザクロ、日本の味しか 舌の上によみがえらないのですが
甘いのかしら?
そして、ワイン。このブドウ、たわわに実って、美味しいワインになったのだろうな〜(生唾、ゴクン!)
Commented by italiashiho2 at 2012-05-21 05:43
★BBさん、はい、こちらのザクロは物凄く美味しいですよ。甘くてね。 昨年11月、イスタンブルに行きましたが、ちょうど季節の物としてザクロのジュースの屋台があちこちにあって、何度も飲みました。
ちょっとピリッとして甘くて美味しく、オレンジと半々のもあるのですが、ザクロだけで充分に甘くて美味しいですよ。

そう、この辺りは白のプロセッコですものね。 ちょうど今頃が白ワインのお祭り、いやもうちょっとすぎたかな、という時期ですよ。


<<    ・・・ アッシジ ・ ウ...         ・・・ サチーレ ・ S... >>