2017年 03月 21日 ( 1 )


2017年 03月 21日

   ・・・ エンリコ・トーティ ・ イタリアの英雄、潜水艦と、その運搬 ・・・

d0097427_01364210.jpg
       さて今回はちょっと変わったお話しを
       というのも、先日来ご案内してきたクレモーナ・Cremonaに関係し、
       かってポー河を使っての商交易の河の港で大変栄えた、と知った時、
       あ、あれ、と思いだしたもので、
       写真やYoutubeがあれこれ見つかりましたので、皆さんにも!

       タイトルのエンリコ・トーティ・Enrico Totiというのは、
       イタリアの第一次大戦時の英雄の名であり、上の写真の方ですが、

       彼の名を冠した潜水艦があり、
       その艦が退役した後ミラノの博物館に贈られ、現在はそこで余生を過しているのですが、
       
       なにせ大きな潜水艦ですので、運搬が一大事業だったのですね。

       昔12年前、ははは、TVニュースで、ミラノ市中を運ばれた、というのを
       思い出し、それでYoutubeを探しましたら、あれこれ見つかり、
       どの様に運搬されたのかを、シツコクしつこく、ははは、
       子供みたいに、なんで?どうやって?と読んだという・・。

       ご本人のエンリコ・トーティについても、戦時の英雄という以外にも
       へぇ~!というような事を知りましたので、それも一緒に。




       エンリコ・トーティという方、上の写真をご覧になって、
       彼の左脚が付け根から無い事に気が付かれましたか?
       そうなんです、仕事中の事故で左脚を失っている方なのでした。

       こちらの絵葉書をどうぞ。
       エンリコ・トーティ - Ciclista・自転車乗り
       Futuro Bersagliere・後のベルサリエーレ  とあり、
       下に
       1882年8月20日生まれ、 両親の名と出身地があり、
       父親は鉄道員だった様子。
d0097427_01365027.jpg
       ローマ下町の生まれで、15歳の時に見習い水夫として実習船に乗り込み、
       その後戦艦、巡洋艦と乗り継ぎますが、22歳の時紅海で海賊船との戦いに遭遇。
       後除隊し、国鉄に火夫として採用されますが、
       26歳の時に連結作業中の機関車に注油をしていた際、足を滑らせ左脚を挟まれ、
       病院で骨盤の下から切断という事に。

       仕事を失った後、トーティは幾つかの小さな発明品を作ったりしますが、

       ここで絵葉書の右にある地図をご覧ください。
       29歳の時、片脚で自転車を漕ぎながら、イタリアからパリに行き、その後
       ベルギー、オランダ、デンマーク、そしてフィンランディア、遂にはラップランド迄!
       戻りには、モスクワ、ポーランドと回り、1912年の6月にイタリアに戻ります。

       どうやってアルプスを越えたのかと、それだけでも大変な冒険談英雄並と思うのですが、
       翌年1913年1月には、今度は南に向かって出発。
       エジプトのアレッサンドリアからスーダンとの国境まで!
       ここで当時駐在のイギリス行政からあまりにも危険であると止められ、
       カイロまで送り返され、イタリアに戻ることに。





       1914年の夏、第一次大戦が始まると、勿論徴兵から外されますが、
       トーティは片脚で自転車にまたがり、直接に最前線のフリウリのチェルヴィニャーノに向い、
       民間志願兵にはなるのですが軍の星章なしで、警察のパトロールに止められ、
       市民生活に戻されます。

       が、2年後1916年1月に念願叶い、やはりフリウリはチェルヴィニャーノ・Cervignanoの
       民間志願兵ながら、ベルサリエーレ・bersaglieri・歩兵狙撃兵の自転車部隊連隊に
       そして4月に戦闘が始まると、部隊の少佐からベルサリエーレの羽飾りの付いたヘルメットと
       星章を授かります。 
       トーティにとっては、心から待ち望んだ物だったことでしょう!


       そして8月イゾンツォ河の6回目の戦闘で、トーティはモンファルコーネ東での
       戦闘で戦い、なんども負傷しながらも、
       最後は「俺は死なないぞ!」と叫びながら松葉杖を敵に投げつけ
       その後に撃たれ戦死。 34歳。
d0097427_01371085.jpg
       この英雄的行為が、オーストリアからの独立を掛けた国民を奮い立たせたに違いなく、
       今もって彼の名は、知らぬ人なし、という感じなのですね。
       
       この一帯はまさに第一次大戦の一進一退を続けた激戦地で、
       今も無数の塹壕が残りますが、
       クオータ85・Quota85と名付けられたこの地点、林の中から海が望めるここには、
       彼の名誉を記した石碑があるそう。





       トーティが入りたかったベルサリエーレというのは、黒い鶏のつやつやの羽をヘルメットに付け、
       ・・一般兵士の羽の数は大体50本だそうですが、下士官、将官クラスは100本位と!!
       その軍楽隊は走りながらラッパを吹くというので有名、大人気な部隊ですが、
       元々は狙撃部隊というのは、知りませんでしたぁ。
d0097427_01371731.jpg
       それにしても、黒い尾羽根を持つ鶏君、丸裸にされても一人分のヘルメットに
       足りるだけの尾羽を持っているんでしょうかね?! ははは。




       という様に、彼はイタリアの英雄として有名でして、
       将軍などのえらい方ではなく、民間英雄としての意味が大きいと思うのですが、
       
       こんなふうな銅像とか、
       " NUN MORO IO " というのは、Io non muoio・俺は死なない、と叫んだ言葉。
d0097427_01372382.jpg
       大都市などには彼の名を関した道路がありますし、
       shinkaiめも、ずっと以前から彼の名は知っておりました。
       ただ第一次大戦時の、松葉杖を敵に投げつけて戦士した英雄と云うくらいの知識でしたが、
       今回はそれ以前の、片脚での自転車旅行などについても知ったという訳で、




       こちらはローマのベルサリエーレの博物館にある、
       彼の自転車と松葉杖。
d0097427_01373132.jpg




       という所で、潜水艦に話題を移しまして、

       こちらは最初に彼の名が冠された1928年進水の潜水艦
       実習船、運搬を兼ねていた様ですが、1940年にイギリスの潜水艦の攻撃を受け沈没!
       イタリアの潜水艦で唯一敵艦に攻撃されて沈没したものだそう。
d0097427_01373724.jpg
       
       それにしても、こういう艦にエンリコ・トーティという、戦時の英雄の名が冠されると
       いうのが、如何にトーティがイタリアで親しまれた英雄であったかがよく分かり、
       まして、2代目の戦後初の潜水艦の名に受け継がれるというのも、
       何となく微笑ましい感じを受けるのは、私だけでしょうか?





       そしてこちらが、今回の主人公である、エンリコ・トーティの2代目
       第2次大戦後の平和条約により、潜水艦造船を禁止されたイタリアが
       漸くに造船を許され、自国の持つテクニックを最大限に活かし
       1965年に造った最初の潜水艦、エンリコ・トーティ S506
d0097427_01374474.jpg
       長さ46m、幅4,75m、総重量536トン、潜水出来る深さ150m。 
       詳細については、日本語版ウィキペディアにありますので、どうぞ。 
       ただ名前が、エンリコ・トーチとなっていて、・・ちょっと切ない!
       

       所で、単純に「潜水艦」と書いておりますが、
       潜水能力によって2つに別れるのだそうで、
       このエンリコ・トーティは、Sommergibile・ソンメルジービレと呼ばれる型で、
       主に水上航海をし、潜水も出来る、というやつ。
       日本語ではどう呼ぶのでしょう?

       潜水艦・sottomarino・ソットマリーノ、英語で言うサブマリンは逆に、
       潜水航行が主で、水上航海も出来る、という違いがあります。

       イタリアが戦後造船を許されたのは、そのソンメルジービレだったという事で、
       潜水進行の静かさが売り物で、UATOの共同演習などで大活躍だったそうですが、
      
       約30年の現役サーヴィス、2万7千時間、137マイルの航海ののち
       トーティは1997年9月に退役となり、
       ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館に寄贈されることに。
     
  
       そしてここからの道のりが、長かったのです!!
       




       2001年潜水艦トーティは基地にしていたシチーリアのアウグスタ・Augustaから
       曳航され4月5日に出発
d0097427_01375249.jpg
d0097427_01380313.jpg

       一旦ターラント・Taranto、ここには大きな軍港があり、そこに寄ってのち、
       85時間の航海後、ヴェネトのキオッジャ・Chioggiaに4月20日到着
    




       ここから5月4日、こんな風に水門を通ったりしながら、ポー河を遡り、 
d0097427_01380963.jpg



       クレモーナの河の港に到着、5月6日
d0097427_01381764.jpg




       こちらはクレモーナで水中から引き上げられたトーティの船体
       上の写真でも見られるように、かなりあちこち草臥れている様子で・・!  
d0097427_01382777.jpg



       ここでトーティはしっかりと整備され、余分なものは排除され身軽にもなり、
       第2の人生に向けてのお化粧直しもされますが、
d0097427_01383294.jpg
       
       ここでミラノへの、この超重量級運搬物の技術上の問題も含め、
       様々な問題解決が探られる間、トーティは4年間待ったのです!





       こうして遂に2005年8月8日、トーティは陸路の航海を始めます。
       
       この写真で、どういう状態で運ばれたかがよく分かると思うのですが、
       この為に造られた2台のトレーラーと言ったら良いのか、700馬力、240のタイヤ付き
       乗せられた458トンのトーティ。 高さは7m
       このトレーラーは別々に向きを変えることが出来、これで道の角を曲がるのですね。
d0097427_01384008.jpg
       艦橋というのか、上の部分は外され、後ろに別に積まれており、
       交通事情を考え、すべて夜の運搬でしたので、昼間はご覧の通り大勢の見物人!




     
       興味が湧いて、どの道を通ったのか、ははは、地図を調べてみました。
       クレモーナからミラノの博物館まで大体95kmだろうと思うのですが、
       車だと一般道路にしても2時間弱で走れる距離を、
       トーティは夜の道を4日間かかって博物館まで運搬されました。
d0097427_01384996.jpg
       ピッツィゲットーネ・Pizighettoneや、クレーマ・Cremaなどの地名が見え、
       懐かしかった。 この辺りも行き、写真も取っているのですが、そのままになっていまして・・!

       ミラノ郊外Via Rogoredo・ヴィア・ロゴレードでは、地下水の集合管が走っているので、
       重量を支えきれないだろうと、仮の移動橋を掛けた所、
       Via Toffetti・ヴィア・トッフェッティは、ミラノ市内通過前夜の宿泊場所で、
       見物人がわんさか集まった所なんだそう。
   
       最後の赤点を打ったカーブは、これはYoutubeでご覧いただけますが、
       ここも地下を運河が流れているので、仮橋を造り渡リ、そして左折した
       最大の難関地点。





       この仮の駐車場は、多分クレモーナから出発して最初のコルテ・マダーマ・Corte Madama
       という田舎と思うのですが、30キロの距離を6時間かかったそう。
d0097427_01385932.jpg
       ここで2日間を過したそうですから、日中は見物人が引きも切らず、押しかけた事でしょう!




       11日にはクレーマを通過する時ロータリーがあり、中央分離帯を飛び越すのに、
       用意していた木の棒を敷き、無事通過。
       
       翌12日はまさに出発時間の21時には本降りの大雨となったものの、
       見物人は傘をさし減ることなく、ずぶ濡れになりながらも満足して見物を。
       今や通り過ぎる潜水艦を見るというのが流行病になったかのごとく、と書いてありましたが、
       
       これはこのトレーラーを運転していたジャンニ・Gianniとフランコ・Francoの
       ベテランの運転手の長い経験においても、自分達の仕事ぶりをこんなにたくさんの
       人々の中で行い、見つめられるのは驚きであった様子で、

       警察、技師、博物館関係者、運転手、テクニコ、軍関係、そして見物人と、
       今や皆が一段の集団となり、お互いが顔見知りになった感も、とありました。

       そしてミラノの地下を1407kmに渡って流れる運河の集合管地点を、
       仮の橋を渡し無事に通過、9時間5分かかり、
       13日の朝6時10分、ヴィア・トッフェッティ、最後の宿泊地に到着




       14日、これがミラノ市中入りを前にしたトーティの晴れ姿と思うのですが、
       イタリア国旗の真ん中の白地に、かっての海軍都市ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、アマルフィの
       紋章が入ったイタリア海軍旗を付け、
       大勢の見物人に囲まれた、晴れやかな姿。
d0097427_01390561.jpg



       14日の夜から15日の朝にかけ、最後の行程、いよいよミラノ市中を、
       15万人のミラノ市民が迎える中を通り、トーティは無事、博物館に到着
d0097427_01391354.jpg
d0097427_01392312.jpg
       
       
       Youtubeはあれこれご用意いたしましたので、ははは、どうぞ!

       トーティ、ミラノに。 8月の夜の旅。   5分間

       潜水艦トーティがミラノに。 10分弱。 仮の橋造りの場面や、日中の通りの様子も。

       潜水艦がタイヤの上に。 迎えた博物館のヴィデオ。

       運搬を請け負ったファジョーリ・Fagioliという会社のヴィデオ。 総まとめ

       
       ヴィデオを見ていると、舳先が先になって進んだり、スクリューが先になったりで、
       最初見た時はなんで?!と意味がよく分かりませんでしたが、
       トレーラー2台が分離し、角を曲がる時は途中迄カーヴを切った所で
       今度は逆に後ろだったほうが頭になって進む、という事だと了解。

       それで昔TVニュースで見て記憶していた、街中の直角のカーヴを
       あの長い潜水艦が見事に曲がった時は、真夜中にも関わらず集まっていた
       大見物人から大きな拍手が起こった!というのも、納得した次第。・・今更ですが、ははは。
   
       トレーラーのタイヤがそれぞれに動き、潜水艦がかなりトレーラー本体から乗り出す、
       外れた感じに見える場面が幾つかあり、見ていてハラハラしたりで、はは、
       ・・shinkaiは、こんなの見るのが大好き!!





       という事で、現在はミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館に収蔵され、
       余生を送っている、イタリアの戦後初の造船、英雄名を冠されての
       エンリコ・トーティ潜水艦の姿
d0097427_01393284.jpg
d0097427_01394003.jpg
d0097427_01394503.jpg




       内部は大変狭いそうですが、上が内部、下が魚雷の制御器。
       内部見学も出来るそう
d0097427_01395395.jpg
d0097427_01400427.jpg

       喋りっぱなしのヴィデオですが、内部の様子もちょっぴり見れるので、
       お暇な方どうぞ。 はは。


       と云うような、英雄と潜水艦、そしてその運搬のお話しでしたぁ
d0097427_01401031.jpg

       いつかミラノで時間が取れる時は、博物館にトーティに会いに、
       まだ実際には見たことがない潜水艦内部も見たいもの!



       ◆ おまけ ◆
       トーティの運搬を請け負ったファジョーリという会社は、大物重量級運搬専門のようで、
       ヴェネツィアの大運河に掛かる第4の橋、ピアッツァ・ローマ前の橋の橋桁を運んだのも
       この会社のようで、ヴィデオが見つかりました。

       大運河の南、デッラ・サルーテ聖堂の前から入り、アッカデミア橋、リアルト橋、
       そして駅前のスカルツィ橋を潜り、現場に到着し、橋桁を繋いでいく様子が見れます。

    



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、カステルッチョ の描きはじめと、 林の中の春の訪れ を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-03-21 02:17 | ・ご挨拶・番外 Saluti Speci | Comments(4)