イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 14日 ( 1 )


2017年 05月 14日

   ・・・ ヴェネツィアの新名所 ・ コンタリーニ・デル・ボーヴォロ の階段 ・・・

d0097427_22130216.jpg
       先週水曜午後にヴェネツィア・メストレに出かける用があり、
       天気予報を見ると朝は曇り、午後から晴れると。
       用が済んだら即家に戻りたい、朝8時前だとまだ駅裏の駐車場が空いている、
       などなど条件をあれこれ考えつつ、
       なにかヴェネツィアで展覧会の良いのがあったら出かけよう!

       と考え見たサイトはこちらで、  http://www.veneziatoday.it/eventi/
       されているというのです!!

       ならば少し曇り空でも朝一番に出かけ、10時からの開館で上って見て、
       ついでにサン・マルコ広場の様子も見て、とたちまち計画完了。

       翌朝は7時半の電車に乗り、8時半にはすでにヴェネツィア歩き開始で、
       ちょうど9時55分にコンタリーニ・デル・ボーヴォロの前に。


       そうです、コンタリーニ邸の名前はご存じなくとも、上の写真をご覧になると
       ああ、あれ、とご存知の方はたくさんおられると思いますが、はい、あれ。





       コンタリーニ・デル・ボーヴォロ邸はどこにあるか、地図をどうぞ
       リアルト橋から西に、運河で切れる手前の小路を南に入っていくと、
       カンポ・マニン・Campo Maninの広場に出ますから、
       広場の南側真ん中あたりの小路を入っていき、突き当りを左に、
       そして案内が見える小路を右に。 分かりやすいと思います。
d0097427_22131396.jpg
       
       地図には、リアルト橋南、元のドイツ商館の上階のテラスから見晴らしも出来る場所と、
       今回のコンタリーニ・デル・ボーヴォロの場所、
       そしてサン・マルコ聖堂の位置と、サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂にも印を。

       コンタリーニ・デル・ボーヴォロからサン・マルコ聖堂の位置は、
       正面側を北西から見る、というのにご留意を。





       こちらがカンポ・マニンで、私の居る位置の左に、南に入る小路があり、
d0097427_22132153.jpg




       もう一つの小路を入り込んできた所が、ここ。
       右側に邸宅があり、左に建物の各階を連絡するエレガントならせん階段があり、
       コンタリーニ・デル・ボーヴォロのボーヴォロ・bovoloはカタツムリ、らせんの意。
d0097427_22133229.jpg
       




       以前来た時は無かった看板が出ており、
         ヴェネツィアの隠れた宝石 コンタリーニ・デル・ボーヴォロの階段
         開館は、毎日10時から13時30分  14時から18時
         入場料は私めシニアで、確か6エウロだったと。
d0097427_22134149.jpg
       暫く前に修復が済んでいたのが、漸くに今年の1月末から公開されているそうで、
       現在サイトには、今年2017年12月31日まで公開、との事。





       柵が開かれ、入り口に。 切符売り場は右に入った所の事務所に。
       この日はshinkaiがトップで、ははは。 
       同じ時間帯には10名足らずで、写真には珍しく!誰も写っていませんです。
d0097427_22135013.jpg




       さて、勇んで階段を上り始め!
d0097427_22140023.jpg




       くるくると回りながら上ります
d0097427_22141008.jpg
d0097427_22141995.jpg




       天井部は、上の階段の裏側という訳で、こんな様子。
d0097427_22142838.jpg




       3階辺りで見えた、サン・マルコの鐘楼!  おお、見えたぁ!!
d0097427_22143981.jpg




       階は5階までで、4階から見上げる天井部は丸く木組みが見え、
       真ん中に1874.REST. この年に修復された、という意味かな?
d0097427_22144859.jpg
       はい、この木組は1874年のものだそうなので、その前は無かったのかも・・。
       

       コンタリーニ家・Contarini家というのは、ヴェネツィア貴族の中でも古く著名な家柄で、
       最初の記録に残る家系の最初は853年と言い、
       千年を超す歴史の中、全部で120代のヴェネツィアのドージェに8名が選出されており、

       様々な分枝がある中で、ここのコンタリーニ家は少なくとも13世紀に名の出てくる
       サン・パテルニアン・San Paternianの家系だそうで、
       
       15世紀の末、ピエトロ・コンタリーニがこの14~15世紀からあった住居に、
       この特徴的な外階段とロッジャを付けたことにより、

       コンタリーニ・デル・ボーヴォロ・カタツムリのコンタリーニ、という呼び名が付いたのだそう!





       4階から5階には、この狭い直線階段を上り、
d0097427_22145868.jpg
       現在のこの階段は19世紀に、という事は4階の、展望台の下の木組みと
       同時の改装だったのかも。





       表側の細い開けた通路を通り
d0097427_22150792.jpg




       先っちょの開けた展望台部分に!
d0097427_22151748.jpg




       サン・マルコの鐘楼も、このように!
d0097427_22152755.jpg




       展望台の真ん中に展示のもの、パッと見に、ドージェ・ヴェネツィア総督 の帽子?
       と思って近寄りましたら、
d0097427_22153761.jpg




       なんと、絵付けされた便器でありましたぁ! ははは。
       ちょうど今、3階の本館の方で、何とか言う方の、ははは、コラージュと絵の展示会があり、
       どうやらその人の作品らしいと見当をつけましたが、・・こういうのもアート?!
d0097427_22154526.jpg




       さて、展望台からの眺めを!
d0097427_22155428.jpg




       と言いつつ、これは通路からですが、下の広場と内庭、入り口辺り
d0097427_22160377.jpg




       近くの古い家並、屋根の色も壁も趣あるのが見え
d0097427_22161333.jpg




       手前の屋根上に3つの明り取りのある教会は、サン・サルヴァトール・San Salvator.
       その右奥にちょっと正面と丸いドゥオモが見えるのが、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ
       一番右端、中華鍋で少し隠れているのが、サンタ・マリーア・フォルモーザの鐘楼。
d0097427_22162258.jpg
       お天気が良いと、こちらからは奥にヴェネト平野の奥から
       フリウリに広がる高山の山並みも見えると。




       今改めて比べてみると、サン・マルコの鐘楼、聖堂なども建物の屋根越しに見える高さは
       ほぼ同じ様子ですが、
       こちらは大運河の眺めが見えない代わりに、サン・マルコにぐんと近くなり、

       聖堂、鐘楼の眺めがこんな様子
d0097427_22163355.jpg
       




       鐘楼を、グングングンとアップしますと
d0097427_22164297.jpg




       ほらね、展望台に上っている人々も
d0097427_22165136.jpg




       塔の頂上、百合の花を持つ大天使ガブリエレも
       この像は風見になっていて、クルクルと回ります。       
d0097427_22170107.jpg
       





       漸くに、少し薄日が射してきて、

       聖堂の正面、入口の一番上のサン・マルコ像、その下のライオンも見え、
       左には、時計塔の上のムーア人2人も!
d0097427_22171588.jpg





       そして、鐘楼の右横には(左横にも)、ドゥカーレ宮の壁まで見え! 
       南側の壁真ん中の、裁きの女神像も!! 
d0097427_22172510.jpg
       パラッツォ・ドゥカーレ宮のご案内 1~4
       http://italiashio.exblog.jp/14795419/  





       少し離れて、写真の中では右に、
       サン・マルコの運河越しの、サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂の鐘楼の上も!
d0097427_22173617.jpg




       展望台にも陽が射し、お日様に当たると本当に暖かく!
       でも雲が多く、またすぐ隠れたりで・・。
d0097427_22174642.jpg




       南には、サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂の大クーポラ!
d0097427_22175575.jpg
d0097427_22180544.jpg




       西には、サント・ステーファノ教会の傾いた鐘楼!
       う~ん、だいぶ傾いていますねぇ・・。
d0097427_22181720.jpg

       鐘楼が傾くのは何も「ピサの斜塔」のみではありませんで、
       この近くではブラーノ島の教会鐘楼もかなり傾いていますし、
       ・・我が隣村のオリアーノの鐘楼も少しね。

       こちらにサント・ステーファノ教会、鐘楼について
       




       ああ、もうちょっと早く陽が射してくれたら良かったのになぁ、と思いつつ下り、
d0097427_22182665.jpg




       ヴェネツィア共和国の旗を出しているお家の窓を眺め、
d0097427_22183558.jpg




       3階まで下ったところで、奥の本館側の扉が開いており、覗くと、
       展示会場になっていて、 展示は見たものの、はぁ、私のタイプではありませんで、ははは、

       これは壁にあった古いフレスコ画
d0097427_22184429.jpg




       細長い部屋の奥の壁、これはドゥカーレ宮のマッジョール・コンシーリオ大広間にある
       ティントレット作の大壁画「天国」 世界一大きな油彩壁画22mx7,5m 1558~1592年
       の、下絵なんだそう。
d0097427_22185510.jpg
d0097427_22190629.jpg

       下の写真は少し明るめにしましたが、とにかく彼の絵は余りにも暗くて、ゴテゴテで、
       いくら素晴らしい絵であると聞いても読んでも、注意して見た事がありませんで・・、失礼をば。





       ここで漸くに、階段の塔と、こちら本館とを繋ぐ構造にも目が行き、はは、
d0097427_22191532.jpg
       ちょうど説明文の掲示もあったのを写して置き、読みましたら、

       階段構造の真ん中を一直線に通る石は、イーストゥリア・Istria、スロヴェニアの石で、
       26mの1本の石なんだそうで、
       これに階段の踏み石というのか、階段がはめ込まれ、鉛で固定されているのだそう。
       へへ、周囲の景色にのみ気が取られ、所々で、うん、鋲で留めている、とは思ったのですが・・。

       4階部分で天井の木組みの写真の右側に見えるのが、円柱の一番上部で、
       ここでは飾りが施され、細くなっておりました。





       そしてここにのみ残っていたフレスコ画なのですが、
       どうやら最初は階段内部にも外側にも、全部フレスコ画の装飾があったと!
d0097427_22192604.jpg
       
       だとすると、それは大変に人目を惹いたでしょうし、評判をとり、
       庶民の話のタネにもなり、即、あのカタツムリ階段のコンタリーニ、となったのでしょう!





       という事で、前庭に置かれている井桁のコレクションと、
d0097427_22193733.jpg

       私の好きな細かい柄の井桁と、あの入り口の細い小路の女性を撮った写真を
       どこかに載せたはず、とあれこれ探し回り、ははは、やっと見つけました。
       お暇な方、どうぞ!





       こちらが階段部分の一番下、1階部分
       階段の中心の円柱は、下の白い石の上から始まっているのが見えます。
d0097427_22194603.jpg




       という事で、ヴェネツィアの新名所、
       コンタリーニ・デル・ボーヴォロのカタツムリ階段のご案内でした
d0097427_22195622.jpg
       開館は今年1年間という事ですので、
       今年ヴェネツィアにお出かけの方、高上りがお好きの方、はは、是非どうぞ!

       リアルト橋横の元ドイツ商館のテラスは無料ですが、
       こちらはも少し近くからサン・マルコ聖堂や、デッラ・サルーテが見えますで~す。

       



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログは、今回はパスさせてやって下さ~い。
          新しいのを描き出しているのですが、やっとペンでの下描きが済んだ所でして・・。
          次回には見て頂けるよう、頑張りま~~す!
          




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

        


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   





by italiashiho2 | 2017-05-14 22:51 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(4)