「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:・スコミーゴ村の四季 Scomigo( 42 )


2017年 01月 30日

   ・・・ 冬枯れの丘、色  オリアーノ村散歩 ・・・ (旅行 お出かけ)

d0097427_19445566.jpg
       先週の日曜の朝お天気が良いので、隣のオリアーノ村へ散歩に

       いつもプールへの行き帰りに眺める冬枯れの色が良いので、
       日曜だと車の通りも少なく、歩くのにも良いかと寒いのを我慢し、
       車は元旦の朝置いた村の家並みの外れに置き、
       コネリアーノ・Coneglianoに向かって歩きました。

       ちょうど朝の9時過ぎで、この時間だとちょうどコネリアーノに向かう
       南から東は逆光になるのは分かっているのですが、
       道の西側は綺麗に見えるからと折り合いをつけ・・。

       上の写真は、村の家並みの外れにある農家、廃屋なのですが、
       お隣の犬に吠えられつつ、やかましい、お前はぁ! ははは、
       丘に少し登り、北の雲一つない青空と一緒に。 
       
       オリアーノからコネリアーノへの秋の道

       「スコミーゴ村の四季」のカテゴリからどうぞ




       南東に向かって。 
       逆光の葡萄畑のはるか向こう、地平線が広がります。
d0097427_19450659.jpg
       



       コネリアーノへの蛇行する坂道を行きながらの西側。
       葡萄畑の向こう、点在する農家と雑木林
d0097427_19451456.jpg
       



       年明け頃より少しは寒気が緩んだようですが、それでも毎朝殆ど零下で、
       道脇の地道には薄く氷が張っていて
d0097427_19452360.jpg



       道路脇の標識 「鹿に注意」
       そう、こんなのも有るんですよ、と皆さんにお見せしたくて撮ったのですがぁ、
       この後、本当に・・!!
       
d0097427_19453119.jpg



       緑の季節には見えない、気がつかない家並も見えます!
d0097427_19453950.jpg
       真ん中に一列に続く家並みの前を、プールの近くから入り込んで
       オリアーノ・Oglianoの裏側に出てくる道が通っていて、
       昨年の夏の暑い盛りに仲間と一緒によく歩きましたっけ。




       その少し北側。  丘が幾重にも重なリ、農家が点在
d0097427_19454845.jpg



       東に入り込む道。 奥にアグリトゥリズモがあるようなのですが、
       まだ行ったこと無し。
d0097427_19455719.jpg



       丘の稜線に並ぶ並木と、手前の葡萄畑
d0097427_19460628.jpg



       ここは2年ほど前まで草原だったのですね。 そして奥にあの小屋がぽつんと。
       いつか描きたいなぁ、という雰囲気だったのですが・・!
d0097427_19461384.jpg



       脇の段差の陰には、霜が降りて真っ白!
d0097427_19462320.jpg



       道は何度もゆるくカーヴしながら進み、この辺りで一旦平地になり、
       向こうに見える家並みを過ぎると、最後の上りでコネリアーノの町に。
d0097427_19463346.jpg



       日曜の朝とあって、恒例の自転車のグループ!
d0097427_19464181.jpg



       ゆるい坂道を行くと、突然斜め左後ろからダ、ダ、ダ、ダッと走る音がして、
       なんと目の前の幅広の溝を鹿達が飛び越え、葡萄畑の中に消えました!!
d0097427_19464990.jpg
       4頭!! で、続けざまに走ってきて溝を飛び越えたのを3枚撮っておりました。
       最初のは逃し、2,3頭目はすでに葡萄畑の中に頭を突っ込んでいて上手く撮れておらず、
       これは最後の一頭

       家の近くの道を夜仲間と車で通っていた時、パッと大きなものが横切り、
       あの大きさでは鹿だね、という経験が一度ありましたが、
       まぁさか、この日中、朝の10時頃に鹿達を見ようとは!!

       後ろから来た車が驚いて止まり、その後そろそろと徐行して通りましたが、
       やはり道路標識通り居るんですねぇ!

       まだ居住出来る自然が有る、と言えるのか、どんな所に居るんだろう、
       流れ者かな、とか、あれこれ考えた事でした。




       この辺りまで道を下ってきたのは、ここから見るオリアーノが山を背景に美しいからですが、
d0097427_19465881.jpg
d0097427_19470675.jpg
       う~ん、手前に広がる葡萄畑の雄大さと一緒に、と思うと、
       教会鐘楼が小さくなりすぎで、思うようには・・!




       フォルメニーガ・Formenigaの教会が正面からの姿で
d0097427_19471508.jpg
       我が家から斜め北に歩いて、カルページカ・Carpesicaの教会前から見る
       この教会は、長い丘の稜線の一番高い所に横からの姿で見えるのですが、
       この眺めもなかなかでしょう?!




       そろそろと戻り道にかかり、西に一面に広がる葡萄畑
d0097427_19472476.jpg



       小道に入り込み葡萄畑の中を覗くと、剪定された枝が間にまだ放置され、
       太短い幹と、枝を支える針金、支え棒のみの林!
       初夏になり葉っぱがしっかり茂ると、この針金はまるで見えなくなります。
d0097427_19473358.jpg



       道脇のお家の前には、季節に先がけ新芽が伸びており
d0097427_19474209.jpg



       北との境になる山の上には、2週間前の雪がまだほんの少し残り
d0097427_19475073.jpg



       こちらはすでに綺麗に剪定済みの葡萄畑と、奥の雑木林
d0097427_19475827.jpg



       上まで宿り木がまとい付いた太い木の幹と、
d0097427_19480877.jpg



       豆の鞘の残りがぶら下がる枝。
d0097427_19481616.jpg



       またもや自転車のグループ。 今度のは車の伴走付き!
d0097427_19482581.jpg



       後ろに付いて走る太めのシニョーレ達も一緒に、オリアーノへの最後の坂道
d0097427_19483338.jpg



       山の凹みの向こうに見えるフリウリ州の高山の嶺は、いつもは大概真っ白ですが・・!
d0097427_19484238.jpg



       フリウリの奥、スロヴェニアの遥かな山々は雪を被り、望遠でこんな感じ。
d0097427_19485099.jpg



       オリアーノの教会前まで戻り
d0097427_19485855.jpg



       東のコッレ・ウンベルト・Colle Umbertoの村
d0097427_19490655.jpg

       葡萄摘みが始まって

       春を探しに




       これは我がスコミーゴ村・Scomigoの教会と鐘楼
d0097427_19491454.jpg



       我が家のある階段式コンドミーニオが真ん中に見えますが、
       右から2段めの1階に我が家。
d0097427_19492385.jpg
       この写真は、今回珍しいものが写ったのでご覧に。
       一番奥の白い大きな建物はヴィットリオ・ヴェネトの病院で、9km程の距離、
       我が家との間に見える手前の大きな建物類は、工場地帯のもので、
       左に、あんな大きな煙突かな、があるのも始めてみました!

       多分この角度で300mmで撮ったのは初めてで、間の距離がぐんと縮まって見え、
       何処か別の風景を見ているような、物珍しさ・・!




       最後は、ヴェネツィアに向かう高速の流れを。
d0097427_19493176.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、アッシジの泉 描き始め と、 日の出の空の色 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       





第一回プラチナブロガーコンテスト

by italiashiho2 | 2017-01-30 21:35 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(0)
2016年 10月 21日

   ・・・ スコミーゴ村 秋の色 秋の空気 ・・・

d0097427_01065058.jpg
       この日曜の午後遅め隣村まで歩いて後、カメラを持ち
       再びいつもご覧頂いている葡萄畑のほうに。

       ちょうど午後の4時半頃で、翌日からずっと雨の予報でしたし、
       煌くような良いお天気の下での黄葉を撮って置きたかったのですね。

       上の写真は、我が家からだらだらと坂を下って行った所にある
       並木で、何の木かな、この向かい側には何度か見て頂いた
       シナノキの並木が続きます。

       既に陽が傾きかけていて、並木がくっきりはっきりの陰影をつくり・・。
       
       
       

       向かい側のシナノキの方は、黄葉のこの色!
       逆光に煌き、鮮やかな黄金色。
d0097427_01073602.jpg
d0097427_03290668.jpg



       と見ると、前の草原に2匹のワンちゃんを連れた散歩のシニョーラ
       こっちからカメラを見せると、OKと頷いてくれたのでこれを撮り、
d0097427_03293227.jpg



       傍に行って写真を見せ、ついでにちょっとお喋りを。
       黄葉を撮っているのか?と言うので、そうだと言うと、
       ・今どこが一番綺麗か知っている? 昨日の夜と今朝まで
        カンシーリオに行ったんだけど、今朝は凄い霧で・・、
       ・そう、この辺も霧だった、   
       ・その隙間から見えてきた黄葉、そして陽が当りだしての美しさは、
        本当に素晴らしかった! たくさんカメラを持った人が来ていた。
       ・私の友達のジョヴァンニも、しょっちゅうカンシーリオに行くので、
        あそこが素晴らしいのは良く聞いている。  

       話している傍で、2匹が行ったり来たり。
       その内にシニョーラが、こっちの彼女の目はとても素晴らしいのよ
       という事から、名前を呼び(エッラちゃん)撮った一枚。
       傍に寄りすぎて影に入り、自慢のお目めの輝きが良く見えないねぇ! ははは。
d0097427_17255993.jpg



       という事で、黄葉の道を去っていく一人と2匹
d0097427_04014437.jpg



       朝はこの秋一番の、かなり深い霧だったのですが、
       太陽が強くなると共に霧は収まったもののまだ遠くの方は靄がかかり、
       隣のオリアーノ村の教会もこんな感じ
d0097427_04021231.jpg



       葡萄の収穫は済んでいますが、剪定はまだの畑が多く、
       とはいえ、来る前に歩いた畑の半分は既に剪定が済んでいて驚きましたが、

       こうして家の近くの葡萄畑を見て、今年初めて
       葡萄の葉が違う事に気が付きました!
d0097427_04025813.jpg
       ほら、ここのは葉の葉脈もごつい感じがするでしょう?




       そしてこちらがいつも良く撮っている方の葡萄畑の葉で
       柔らかい感じでしょう?
d0097427_04034378.jpg
       
       勿論、葡萄の種が違えば葉の様子も違うのは当然なのかもですが、
       それにしても、かなり大きな差があるのに気づき、驚き!




       柿の実もかなり色付いて来てい、
d0097427_04042725.jpg



       こちらは葡萄畑の間の道を入り込んだ所にある、野生のリンゴの実

       こうして撮ると大きな実に見えますが、小ぶりの実で、
       下のは何かにやられ、しぼんでいて、
d0097427_04051452.jpg



       こちらはすっかり葉が落ち・・
d0097427_04061715.jpg



       並んでいた細い木の赤い葉。 
       近寄ってみると、ほらね、凄い虫食い葉!
d0097427_04082475.jpg



       草原にほんの少し、まだ咲き残っている花々
d0097427_04101441.jpg
d0097427_04104154.jpg



       逆光に輝く、猫じゃらし!
d0097427_04112848.jpg



       タンポポの落下傘部隊もかなりの数撮ったのですが、

       離れるには未練を残しているようで、ははは。
d0097427_04135930.jpg



       そして、タンポポの茎ほどの体の太さのバッタ君と
       上にも何か小さな虫君。
d0097427_04141930.jpg



       傾斜地から見る、オリアーノ村の丘、葡萄畑と木々と
       如何にも、秋の光線でしょう?!
d0097427_04144328.jpg
d0097427_04151343.jpg



       隣の葡萄畑の、傾斜にそっての畝の曲がり
d0097427_04160462.jpg
d0097427_04365959.jpg



       今年一年頑張ってたくさんの実を付け
       収穫が済み、なにやらホッとしているかに見える太い葡萄の幹!
d0097427_04425495.jpg
d0097427_12240610.jpg
       赤く見える枝が、この春延びて葉を付け、実をつけた枝。
       ご苦労さん!! 有難う!!と感謝とねぎらいの気持ち。



       葡萄畑の間の道を入ってじきに、遠くから子供の声が聞こえるのです。
       何でこんな所で?とは思ったものの、近くの農家の子だろうと。
       逆光が強く、奥のほうは陰に入って見えないままで、
       あれこれ撮りつつ、行きつ戻りつ傾斜地を下っていき、

       漸くに近づき、自分も陰の中に入って分かったのは、
       畑の奥の部分、林の木立の陰に入りやすい部分の
       葡萄の収穫をしているのでした。
       子供たちは親の近くで遊んでいる、その声だったのですね。
              
       スコミーゴ村の葡萄摘みが始まった、と知ったのは9月22日で、
       その後の1週間ほどがピークでしたから、約1ヶ月後です。

       やはり畑の日当たりの条件によって随分違うもの、
       しかも同じ畑でも、こんなに違うのだと、改めて納得でした。



       取り残された、小さな房!
       そう、収穫するには如何にも小さな房ですものね。
d0097427_12243603.jpg
d0097427_12244842.jpg



       葡萄畑の緩やかな坂を上り道に出て、家に戻ります。

       戻り道から見るオリアーノの丘
       一段と秋の色が深まったかのように感じる、シンプルshinkai!ははは。
d0097427_12251038.jpg



       シナノキ並木の落ち葉
d0097427_12252930.jpg
d0097427_12254600.jpg


     *****

       この水曜19日早朝からグループのバス日帰り旅行で、
       トレントの古城2つ、アーヴィオ・Avioと、べゼーナ・Besena
       見学してきました。

       終日雨との予報に関わらず、靄がかかる薄曇ではありましたが、
       それでも時に太陽が覗く、ありがたいお天気となり、
       しっかり、予想通りの素晴らしいお城を見て参りました。

       頑張って写真整理をし見て頂くつもりですので、
       どうぞお楽しみに!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、詰めの2枚と、 古い小さな村の猫たち を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


       


by italiashiho2 | 2016-10-21 00:02 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(10)
2016年 09月 26日

   ・・・ 葡萄摘みが始まったスコミーゴ村 ・・・

d0097427_00144965.jpg
       この木曜22日の朝、隣のカルページカ村まで歩いて戻る途中、
       葡萄摘みが始まっているのを見かけ、
       一旦家に戻って朝ご飯を食べ、カメラを持って出かけました。

       葡萄畑に取り囲まれた田舎に住んでいても、
       いざ葡萄摘みとなると、毎日出かけるわけでも無いので、
       なかなかその日のその畑に出会うことは難しく、
       チャンス!と思って出かけたのですね。


       上の写真はこの春のものですが、何度か見て頂いているこの丘の、
       葡萄摘み・ヴェンデンミア・vendemmiaを見かけたのは
       これに続いて広がる畑で、




       奥に建物が見える手前の、傾斜地のこの広い畑
d0097427_00150783.jpg



       ここは緩やかな坂道の東側にず~っと続いて広がる畑。
       坂道の写真は7月に、カルページカ村の教会まで歩いての
       戻り道に撮ったものですが、
             
       最初のカーヴを過ぎ、ちょうどこの右奥の庭に、
       いつも吠えて尻尾を振ってくれるワンがいて、
d0097427_00152847.jpg
       


       上のカーヴを過ぎると、これがまた長~~い坂道!
d0097427_00161097.jpg

       で、この長い坂道の最初辺りから、最後位まで続く、
       これまた長~~い広い葡萄畑でして
       ほら、同じ柵がずっと続いているでしょう?




       その一廓の半分から北側、右に見える道の角下で、
       朝7時半頃に葡萄摘みが始まっているのを見かけたという訳。
d0097427_00162864.jpg



       曇り空の日で、一寸残念と思いつつ朝ご飯を食べ、
       9時になって家をでました。

       所が坂道にかかる頃から有難いことに太陽が顔を出し
       良かった!と思いつつ道を行きますが、
       朝見かけた皆さんの赤いジャンパーが見えません!

       こちら側の傾斜の葡萄摘みが済んで、向こうに下ったりすると
       見えなくなる・・、と心配しつつ歩いていくと、
       畑の手前と向こうにちょこっと頭が見え
d0097427_00164503.jpg
d0097427_00165957.jpg



       小さな車のウンウン唸る音と、人の姿は見えるのですが
       肝心の皆さんの姿は見えず・・!!
d0097427_00171429.jpg
d0097427_00172832.jpg



       その内に遠くから音楽が聞こえてきたので、ああ、いるいる!!

       ほらね!!
       葡萄の畝の陰に隠れて、皆さんの姿が見えなかったのでした。
d0097427_00174371.jpg
d0097427_00180177.jpg
d0097427_00185446.jpg
       こちらの道から手前の畑を越えての、向こうの畑で、
       おまけにここの畑には普通は無い柵があり、私有地の標識もあって
       傍に寄れず、近くからの様子は撮れないのですが、

       でも考えてみると、平地の畑は傍では見れるものの
       一列の畝の間しか見えませんから、逆に良かったのかも!




       若者、中年のシニョーレも混じり
       赤い籠の中には満杯の葡萄も!!
d0097427_00194776.jpg



       今年は雨が多かったので、ほんのちょっぴり色が付き始めたかな、
       という程度で、未だに葡萄の葉が緑なのですね。
       
       この小さい車と2人のシニョーリが何をしているのか
       何度か写真を見返していて分かりました。
       まだ摘果の済んでいない列に、収穫用の赤い籠、プラスティックの籠を
       適当に置いているのですね。
d0097427_00200287.jpg
d0097427_00205213.jpg
d0097427_00210872.jpg

       そうそう、まだまだ摘むべき畝は長いぞ~!!
       
       そしていっぱいになった籠は、この2人が運び上げているのでしょう。


       摘んだ籠から、大小のトラックの荷台にシートを敷き広げて移され、
       それから各地の農業組合の醸造所に運ばれるのが普通ですが、

       ここの畑はビゾール・Bisolの土地なので、
       自分ちの醸造所に運ぶわけですね。

       ビゾールの醸造所訪問

       一度私が撮った写真を使いたい、というので本社まで持参しましたら、
       お昼ご飯前でしたの、はい。
       すると折角なので1杯どうぞ!と大き目のシャンパングラスに
       プロセッコをたっぷりね。ははは。
       嫌いではないので、写真代と思って勿論頂きましたがぁぁぁ、
       帰りのカーヴ続きの坂道は、ほろ酔い加減にはきつかったぁ!!
       



       すぐお隣の畑の葡萄の熟れ具合!
d0097427_00212140.jpg


       少しでも近くが良いかと思って移動したのですが、
       畑に近づくと畝の中に皆さんが隠れて見えずで、

       再び畝と真っ直ぐの位置に戻り
d0097427_00220900.jpg
d0097427_00222181.jpg
d0097427_00232131.jpg



       どんどん摘み取りながら、皆さん移動して行きます
d0097427_00233866.jpg
       
       中腰での作業が多く大変な仕事!!
       一度フリウリの農業学校で機械摘みの畑の葡萄の木を見た時、
       働く側の作業としては楽になったのでしょうが、
       一列にスパッと刈り取られた枝を見るのは無残でした。
       
       土地と日光の恵みを含んだ、芳醇なワインの味わいの中には、
       元の葡萄を手塩をかけて育て、手で摘み取った人々の愛情もあるんだよね、
       と、改めて思ったことでした。




       道沿いに植えられているオリーヴの木々の実も
       かなり大きく育って来ています。
d0097427_00235610.jpg



       そろそろと道を戻りかけると
       皆さんが畝の下まで下りてきて、次の畝に移動する所。
d0097427_00241033.jpg



       坂道の下の畑は、この春、前の葡萄が引っこ抜かれ、
       整地されて新しく植えられた苗木がひょろっと
       確か葡萄摘みができるまで3年かかる、と聞いたような・・。
d0097427_00242621.jpg



       家に戻る道の角の奥地には、お馬の親子も健在で
       どちらが親か、姿だけではもう分からないほど!
d0097427_00244251.jpg



       家の近くまで戻っての畑の葡萄
       もうそろそろね、と思ったのでしたが、まさにその翌朝
       買い物に出かけるのに通ったら、葡萄摘みの最中でしたぁ!
d0097427_00245783.jpg



       最後はお隣のオリアーノ村の様子を
       色づき始めた木々の色と、村の教会。
d0097427_00253599.jpg
d0097427_00255089.jpg
    

       こちらは昨年の、家の近くの葡萄摘み
       http://italiashio.exblog.jp/22238958/   
       
       トスカーナはピティリアーノの葡萄摘み、運ぶ様子



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ジョットの鐘楼 途中経過と、 ローマへの巡礼 仮想旅 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       





by italiashiho2 | 2016-09-26 00:35 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(9)
2016年 09月 06日

   ・・・ 新しい散歩道 ・ スコミーゴ村ちょっぴり秋の気配 ・・・

d0097427_01293553.jpg
       8月の末、前日の朝歩いて発見した新しい散歩道に、
       再びカメラを手に出かけました。

       道がある事は知っていましたし、地図でも確かめていたのですが、
       いつもの道から知らない道に入り込むというのは、
       ちょっときっかけが要りますよね。
       凄い坂道だ!というのが見えていましたしね、ははは。

       それで日曜の朝歩いた帰りに入り込んでみたのです。
       するとやはり凄い下り坂で、逆行きはとんでもない! ははは、
       ワン君が1匹、鼻息を荒くしているのが聞こえ、
       もう1匹の大きいのは庭から吠え、

       でもオリーブ畑が広がる斜面の道で、そこを突っ切ると
       想像していた通り、ベッルーノ・ヴェネツィア間の高速道路を
       見下ろしながら、丘の中腹を辿る道で、
       葡萄畑の広がりも見え、ヴィットーリオ・ヴェネトの町も見える
       そして牛舎のある道だったのです!

       カメラを持って出かけたのは午後遅めで、
       その方が光線の具合が良かろうかと思ったからでしたが、
       残念、薄靄がかかった日だったのと、
       丘の中腹を辿るので、道の半分ほどは金網が張ってあった事!

       ですが、まぁ、ご覧下さい。

       上の写真は、この道に入り込む手前角にあるスコミーゴ村の慰霊廟で、



       内部の上に書いてあったのは、
       1945年4月29日の朝8時に爆撃があり
       14名が亡くなり、その慰霊の為の建立だった様子。
d0097427_01295298.jpg
       それにしても何を考えて、こんな何も無い村を爆撃したのですかね?!




       さて、目指す道に入り込むと、この高さ!
d0097427_01301017.jpg



       すぐ目の下を高速が走り、ヴィットリオ・ヴェネト南へ続くカーヴ
       出かけていく時、いつもshinkaiが通るカーヴの1つで~す。
d0097427_01303371.jpg



       あれこれ金網の隙間から撮ったのですが、結局ボツにし、
       これは金網手前のガードレールによじ登り、ははは、撮ったもので、

       向こうに見えるのは、高速のサーヴィス・ステーション
       こちらには葡萄畑、そして右端に少し色づいたトウモロコシ畑。
 
d0097427_01305332.jpg



       上のカーヴもこの位置から見ると緩やかでしょう?
       右奥に見えるのがヴィットリオ・ヴェネトの町
d0097427_01311396.jpg



       靄がかかっていて残念ですが、こんな様子で、
       山の手前に広がるのがチェーネダ・Cenedaの部分。
       ドゥオーモの正面ちょっぴりと、鐘楼が見えます。
       このチェーネダで、モーツァルトのオペラ台本を書いた
       ロレンツォ・ダ・ポンテ・Lorenzo Da Ponte(1749-1838)が生誕。
d0097427_01313559.jpg
       山の上に見えるのは、司教館と古い城の名残で、
       ヴィットリオ・ヴェーネトのもう1つの町セッラヴァッレ・Serravalleは、
       間に延びている山の向こう側に。

       ヴィットリオ・ヴェネトのご案内




       こんな感じで道を辿っていくと、あっ、いた、いたぁ!!
       ママに子供2人
d0097427_01315630.jpg



       子狸、もとえ子猫
d0097427_01321313.jpg



       最初に見たママは、さっと横の塀の上に逃げましたが、
       この美人ちゃんはそのままで、こちらを見つめ、
d0097427_01323084.jpg



       黒ちゃんもゆっくり
d0097427_01324688.jpg



       そして刈った草の陰から、もう一人!
       都合ママと4匹の色違いの子猫たち。
d0097427_01330119.jpg



       後ろに牛舎があり、一頭がこんな風に顔を出し
d0097427_01331437.jpg



       前日の朝通った時、ちょうど表にご主人が出ていて挨拶をして
       通ったのですが、牛がいるのは匂いとモゥ~で分かりますから、
       ひょっとして中におられるかと覗き込み、

       ちょうど乳絞りの時間でおられたので、写真とっても良いですかと
       許可を貰いまして。
d0097427_01332808.jpg
d0097427_01334683.jpg
       奥に4頭、手前右に最初の1頭、左奥に1頭、手前に子牛が2頭の
       全部で8頭。




       前日の朝会ったのを覚えていて下さって、あれこれ話してくださり、
       この白と茶の牛は、白黒のホルスタイン種よりはお乳の出は少ないそうですが、
       ずっと濃厚なお乳が出るのだそうで、
       実際お乳のバケツを覗くと、上にこってりのクリームが
       3cmほども浮いておりました!
d0097427_01340730.jpg
       今、脚の間に挟んでいるバケツのちょうど上5cm位の所まで、
       1頭の牛のお乳が出るのです!

       スコミーゴ村で今も乳牛を飼っているのは、こことあともう一軒のみだそうで、
       坂の下の方とか聞きましたが、どこか見当が付きません。
       shinkaiが住み始めた時には、我が家の近くにも1軒あったのですが、
       今はもう、モゥ~が聞こえません。

       乳牛を飼うのは大変きつい仕事で、朝早くの乳絞り、
       そして夕方と欠かせませんし、
       エミーリア・ロマーニャの方の大農家では、その為にインド人が
       たくさん働いていると聞きました。




       入り口脇にいた子牛、手前が3週間ほどで、奥のが2週間位。
       あのゆったりの子猫ちゃんが入って来て座り込み、
d0097427_01342738.jpg
       入り口脇にいた牛、あれが一番若いのだそうですが、
       長~いピンクの舌で、ペロッと何度も舐めようとし、
       ちょうど届かない位の位置に座っている子猫ちゃん。




       ほらね、こんな風に、遊んであげようかと誘ってもくれる
       良い子で、なでなでも勿論OK!
d0097427_01345159.jpg




       それに引き換え、ママの方は塀の上に上がりっぱなしで、
       こんな目でね、ははは。
d0097427_01350613.jpg



       ご主人に礼をいい、先に進み、

       斜面の葡萄畑
d0097427_01352058.jpg
d0097427_01353950.jpg




       ほんの少し色が付いて、熟しかけた感じ
d0097427_01355232.jpg
d0097427_01360640.jpg
       今年の作柄は、6月は雨が多すぎたものの、その後持ち直し、
       質、量共に満足の行く出来具合だそう。




       振り返っての南の様子
       あの丘の向こうにヴェネト平野が広がります。
d0097427_01362164.jpg



       上に迫って白く見えるのは、ヴィットリオ・ヴェネトとの境にある
       工場地帯の建物なのですが、
       その手前にこんなに広い林があるのに驚きました!
       そしてその中に埋もれるようにして、家が1軒。
d0097427_01364026.jpg



       上りの坂道にかかる手前で引き返します。
       
       杉の木にたくさん実がついていて
d0097427_01365756.jpg



       オリーヴも大分大きく実って来ています
d0097427_01371012.jpg



       秋を感じさせる赤い実
d0097427_01372604.jpg



       道の片側は丘の斜面で、何軒か家が点在しているのですが、
       そこにあった竹林。 竹の子出るんだろうか?!
d0097427_01374151.jpg



       筍? 出ません! とばかりに吠えるワン君、ははは。
       一枚撮ってあげるけん、じっとして!! 
d0097427_01380057.jpg

       というような、新しく見つけた散歩道でした
       日曜の朝の歩きの戻りに通るとちょうど良い感じで、
       写真を印刷して、牛舎のあのお家の前に届けておきましょう。




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ジョットの鐘楼描き初めと、 レガータ・ストーリカ2016 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


    


by italiashiho2 | 2016-09-06 01:44 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(6)
2016年 04月 20日

   ・・・ スコミーゴ村 春の色たけなわ ・・・

       九州の地震は大きな被害が出ている様子ですが、
       皆様には大事無くお過ごしでしょうか?
       心よりお見舞い申し上げます!!

       亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
       一日も早い収束を願うばかりです。
       皆様、どうぞお大事に!


     *****

       いよいよ春たけなわの、新緑の色溢れるスコミーゴ村
       前夜の小雨の上がった先週金曜の朝、
       薬屋行きを兼ね、カメラを持ってスコミーゴ村のパトロールに!
       それほど爽やかな、陽射しの煌く朝でしたが、
       
       毎日色が変わるほどの植物の成長振りですので、
       季節の色をとブログ・アップです。
       おなじみの我がスコミーゴ村ですが、見てやって下さいね!


       新緑の色違いが美しい木立が目を引き
d0097427_23380969.jpg



       奥の葡萄畑も、明るい新緑の細い畝
d0097427_23382439.jpg



       道脇の、まだ年数が4年ほどの葡萄の木、かなり葉が茂り・・
d0097427_23383777.jpg



       草原に咲く、小さな野草の花々
d0097427_23385017.jpg
d0097427_23390406.jpg



       野草のムスカリ、花の丈がせいぜい2cmほどの小ささ!
d0097427_23391912.jpg



       クローバーも咲きだし、 
d0097427_23393222.jpg



       犬ふぐりは終わりかけで、背が伸びて
d0097427_23394683.jpg



       ここは谷の向こう、オリアーノ村の丘の稜線とこちらとを入れる
       縦構図で撮る事が多い場所ですが、
       余りのお天気の良さに、この広さを見て頂きたく・・!
d0097427_23395887.jpg



       ここの雑木林は、秋も葉の色違いが面白い所なのですが、
d0097427_23401288.jpg



       こんな広さがある、大好きな場所!
d0097427_23402669.jpg



       奥にある雑木林には、手前の葡萄畑の脇を抜けて行きますが、

       ここは新しく植え替えられて2年目の葡萄畑
       多分、プロセッコの苗。
d0097427_23404030.jpg
       



       ひょろっと新芽の芽吹き。  
d0097427_23405335.jpg



       こちらは隣畑の、長い年月を経た葡萄からの芽吹き
       どちらも健気でしょう?! 
d0097427_23410679.jpg



       畑と畑の間には、まだ広い草原の部分があり、
       今は丈の伸びたスカンポの独壇場
d0097427_23412004.jpg



       所々にある、野生のリンゴの木が花を咲かせていて、
d0097427_23413452.jpg



       奥は見事なほどの、落下傘部隊の集合地、ははは。
d0097427_23414732.jpg
d0097427_23420019.jpg



       葡萄畑の脇に咲く、白い花の木
d0097427_23421370.jpg



       雑木林の奥、向こうの草原が明るく広がり
       手前と奥の間には湧き水が流れます。
d0097427_23422791.jpg



       もうそろそろの筈、と見に行きましたら、やはり
       野生のクリスマス・ローズの種がこんなに膨らんで!!
d0097427_23424287.jpg

       遠くから盛んに聞こえる、カッコウの声!
       長野の子供時代には、高原で聞いて好きになった鳴き声ですが、
       カッコウの子育ての詳細を知って後は・・・!!

       スコミーゴ村の四季のご案内



       1ヶ月前、北に帰る羊達の群れが休んでいた草原
       今はこんなに緑が美しくなり・・。  
d0097427_23425647.jpg



       この草原の隣にある住宅地。家の造りにどっしり感があり
       好きなのですが、こんなのが何軒か並びます。
d0097427_23431193.jpg



       道の反対側の草原だった場所にも、つい先日から
       こんな風に葡萄畑の杭が打ち込まれ、準備が整い、
       ええ、きっとここもプロセッコの畑になるのでしょうね。
d0097427_23432444.jpg



       道を東に辿り、好きな葡萄畑の畝を見ようとやって来ましたら
       な、なんと、ここも古い木が引っこ抜かれ、整備され、
       う~ん、ここも葡萄の木の植え替えなんですね。
d0097427_23433805.jpg
d0097427_23435246.jpg

       我が家からこちらとは反対の方角に向っての、
       広い畑の葡萄の木も冬に引き抜かれ、今、杭打ちの準備中ですし、
       コネリアーノのプールに通う道の、大きな丘の広い広い場所も、
       昨日通ったら、葡萄畑の杭打ちが進んでいました。

       なんとまぁ、どこもかしこも、この辺り一帯が
       プロセッコの葡萄畑に変わりつつあります!!

       プロセッコというのは、白辛口発泡性ワインでして、
       数年前にフランスのシャンパンを抜き、プロセッコの売り上げは
       毎年伸びて不景気知らずと言う、イタリアに取っては良い話なのでしょうが、
      
       こうして古い葡萄の木が引っこ抜かれるのを目の当たりにすると、
       正直な所どこか寂しい気もします。
       25年前にここに住み着いて以来、ここ近年の移り変わりは速く、
       草原もあんなに広くあちこちにあった向日葵畑も豆畑も
       トウモロコシ畑も姿を消して行ってます。

       コネリアーノから北西に向けてのここ一帯が、
       プロセッコの畑の認定地(正式な言葉を知らず)に含まれるので、
       とりわけ目に付く変化なのかもしれませんが、
       う~ん、老兵は消え行くのみ、なのかなぁ・・。
      
       葡萄畑の美しい畝の姿が大好きなのも、否定しませんが・・!!
    



       北のカラルツォとヴェネツィアを繋ぐ高速27号線の高架上から
       こちらは北のヴィットリオ・ヴェネトに向い、
d0097427_23440652.jpg



       こちらは大きくカーヴを切って、南にコネリアーノ、ヴェネツィアに
       コネリアーノから北への路線は片側2車線で、
       コネリアーノ以南は片側3車線。
d0097427_23441903.jpg

       トリエステとを繋ぐ、コネリアーノから東への10キロ程の
       区間工事が10数年掛かったのですが、
       数年前、遂に接続したと言うテープ切りのTVニュースを、
       ヴァカンス先のクロアツィアで見たルイーザとレナート夫妻。

       ではコネリアーノで降りれると思い、東のサチーレで降りずに来たら、
       開通式後の工事がまだ続いていて降りれず、ははは、
       仕方なくトゥレヴィーゾ北まで走り、降りて向きを変え、
       コネリアーノの反対側は開いているのだろうと思ったら、ここもまだ!!
       仕方なく45k程を往復し、サチーレまで戻って降りたと言う・・、
       走りながら時々思い出しては一人笑いをするshinkai、ははは。
       
       トリエステ方面とが繋がって、確かに交通量が増えました。
       それ以前は、走っていて前後にまるで車が見えない事が、ははは
       良くありましたもの!
       お陰で、これで儲かるんかいな、と心配する事も無くなりましたぁ。




       高速脇から見下ろす、葡萄畑
       ここの葉の茂りは遅いでしょう? 春先の剪定の時期の早い遅い、
       土地の温度などで、皆育つ様子が違います。
d0097427_23443342.jpg



       脇の丘の、新緑の色違いも美しく
d0097427_23445260.jpg



       戻る道脇の葡萄畑では、早くも消毒が始まっていて
d0097427_23450624.jpg



       今回のトップに見て頂いた同じ畑ですが、
       一瞬の雲のかげりで新緑が浮き上がって見えた
       春の朝のひと時の、スコミーゴ村便りでした。
d0097427_23454536.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、糸杉の道 途中経過と、スコミーゴ村の花々 を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    







by italiashiho2 | 2016-04-20 00:05 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(8)
2016年 03月 21日

   ・・・ スコミーゴ村に羊の群れ 到着! ・・・

d0097427_02491176.jpg
       土曜の朝、我がパソコンが突然インターネットに接続出来ず、
       色々やって見ても所詮我が腕では手に負えるものではなく、はぁ、
       いつも頼む店は週末休みだし、日曜夕のブログ更新もダメかも・・。

       と思いつつ10時頃、何気なしにスマート・フォンで
       店のサイトを見ると、今日開いていると! きゃ!
       試しに電話してみると、開いてますよとの事で、
       パソコン本体を持って駆けつける事に!

       でスコミーゴ村の端まで来ると、
       何と羊の大群が到着しているではないですか!!

       残念! まぁ、帰りにもまだいる筈よね、と出かけ、
       パソコン本体の事故ではなく、テレコムの問題であろうという事で、
       5分もかからずに、また代金もとらずにすらすらと解決。

       はい、家に戻ってカメラを持ち、再度出かけました!



       が残念な事に、羊の大群はいましたが、朝出かけに見た時は
       皆もりもりと食べている最中だったのが、
       今は殆どが食後の休憩に入っておりまして・・!
d0097427_02492769.jpg



       それでも少数が移動しながら食べており
       カラカラと鈴の音があちこちから聞こえ、
       その合間に結構、あちらからこちらから、めぇぇ~、めぇぇ~の声。

       お母さんのお腹の下から顔が見えたり
d0097427_02494133.jpg
d0097427_02495462.jpg



       しっかりお母さんに引っ付いていたり
d0097427_02500706.jpg



       チビちゃんも食後の休憩を
d0097427_02502173.jpg



       固まって休みつつ、shinkaiのほうを見たり
d0097427_02503480.jpg



       チビちゃんも安心して寝ていて
d0097427_02504757.jpg



       大変良いお天気で、暑い位だったせいか、
       奥の木立の方にかなりの数がもぐりこみ
d0097427_02505961.jpg



       横を流れる小川に挟まれた半日陰で皆休憩中
d0097427_02511231.jpg
d0097427_02512682.jpg



       この草地の東側はちょっとした住宅地になっていて、
       そこに車を止めて羊飼いが見張っており
d0097427_02513830.jpg



       こちら側には、黒いワン君3匹が油断なく!
d0097427_02515149.jpg

       彼らは秋に北の故郷から南に下って来て冬を越し、
       今春になって北の国に戻って行くのですね。



       お母さんの横で、気持ち良さそうでしょう?!
d0097427_02520386.jpg
d0097427_02521513.jpg



       一人で、3人で、日向ぼっこ
d0097427_02522756.jpg
d0097427_02524053.jpg



       この子が一番後に生まれた子の様で、歩くのもまだひょろひょろ。
       毎日の歩いての移動で大丈夫なのかと心配ですが・・。
d0097427_02525350.jpg



       これで全部の羊! いつもコネリアーノに出て行く時に
       通る谷の道で、向こうの丘の上がオリアーノの村。
d0097427_02530636.jpg
 
       この畑にいる羊は初めて見たのですが、
       この道を挟んで右側、




       ですが、この春先から奥の雑木を切り倒し整理している最中で、
       何の畑になるのか・・。
d0097427_02531922.jpg
       もっと我が家に近い別の畑に来ていた事も。 




       畑の手前のお家に咲きだしている花
d0097427_02533227.jpg



       そして、退屈しているワン君! 
       でもね、羊のお守りは大変なんよ、体力勝負でね。
d0097427_02534632.jpg



       道の手前角にある、サン・ピエリンの礼拝堂
       はは、サン・ピエリンというのは土地の訛りで、
       サン・ピエトロの事で~す。
d0097427_02540015.jpg



       と言うような様子で土曜のお昼前に撮ったのですが、
       これを書いている今朝日曜、まだあの草地にいるんだろうな、
       朝の草を食べているのを、仲間との歩き会に出かける前に
       見に行って来ようか、とちょっと気になり、8時前に出かけました。

       我が家から真っ直ぐ出て、突き当たりがT字で、左に行くと
       草地に行くのですが、
       ぶらぶら歩いていくと、Tの字の所で車がきゅっと止まり、
       ちょっと下がってこちらに曲がって来るのを見かけ、
       ははは、行き過ぎたんだ・・。

       所がなんと、曲がり角を曲がった途端見えたこの光景!
       道いっぱいどころか、広がれるだけ広がって、ははは、
       羊達がやって来るではないですか!!
d0097427_02541249.jpg
d0097427_02542650.jpg

       昨日見かけなかったロバも2頭、羊達に挟まれて歩いており、
       わぁお~、幸運だったぁ!!
       5分でも遅れていたら、この光景は見れませんでしたものね。




       私がいる草地の所まで来ると、先頭の羊飼いが横に向き
d0097427_02543901.jpg



       草地に上がって来るのに、羊達が続きます!
d0097427_02545388.jpg
d0097427_02550607.jpg
d0097427_02552088.jpg

       この時ボンジョルノ!と挨拶でき、
       全部で何頭いるのかと聞きましたら、450頭ですって!!



       ここも結構広い草地で、それにいっぱいに広がり
       朝露のついた草を歩きながら、食べながら・・
d0097427_02553298.jpg
d0097427_02554663.jpg



       一頭だけいる茶色の羊も傍で見れ
d0097427_02555912.jpg



       ロバたちも食べつつ、常に皆が一斉に移動して行きます
d0097427_02561294.jpg



       ガードマンのワン君は、大活躍!!
       羊飼いの号令も勿論ですが、ちゃんと自分で判断して、      
       縦横無尽に走り回り、羊達を纏めます!
d0097427_02562578.jpg
d0097427_02563886.jpg



       その内にオリーブの葉っぱまで食べ始め、ははは。
d0097427_02565186.jpg



       少しはここでゆっくりするのかと思うまもなく、
       さっと引き上げて行きます
d0097427_02570495.jpg
d0097427_02572147.jpg



       T字の角で少し詰まったら、皆が一斉にshinkaiの方を見て
       ははは、挨拶されたみたいな気持ちがしましたっけ!
d0097427_02573573.jpg



       角の墓地の横を曲がり、少し上り坂の道を行く450頭!
d0097427_02574964.jpg
       先頭を少しお年の羊飼いが行き、しんがりを若い羊飼いが。
       今日はどこまで行くのか、と訊ねましたら、さぁ~、と。




       チビちゃんたちが最後から付いて行くのに
       こちらを振り返り止っているのを、
       若い羊飼いが、ほらほらと押しやり・・。
d0097427_02580448.jpg



       坂道を上り左に折れ
d0097427_02581743.jpg



       左右に広がる葡萄畑に即入り込むのを、ワン君が走り回って
       団体行動をとるようにと、ははは。
d0097427_02583074.jpg



       犬の鳴き声も聞き、奥から何事?!
       と駆け寄ってくるお馬ちゃんの親子、ははは。
d0097427_02584376.jpg
       このお馬ちゃんの続きは、水彩ブログの方に。



       こんな感じで、スコミーゴ村を去っていった羊の大群でした。
d0097427_02585651.jpg
       
       見ていると、奥の曲がり道を左に上って行きましたが、
       あの奥にまた草原があり、それからヴィットリオ・ヴェネトへの道、
       北に向かう道に出ます。

       そして峠を越え、北の故郷に戻っていくのですが、
       彼らが北の自分の家に戻るのは、さていつ?!
       大変な仕事ですねぇ!!



     *****

     ◆ 展覧会のお知らせ 二つ ◆

       我が絵の師、友人の二木一郎さんの絵画教室のメンバーである
       洲羽の会5人展が、諏訪のギャラリー橋田にて
       3月21日より29日まで開催されます。
d0097427_05153288.jpg
d0097427_05154785.jpg



       ブログリンクをさせて頂いてますフレスコさん、永見隆義さん
       陶芸の内山正義さんの2人展が
       3月31日から4月5日まで、大阪心斎橋ギャラリー永井にて開催されます。
d0097427_05150464.jpg
d0097427_05151975.jpg
       どうぞご高覧下さいますよう、ご案内申し上げます。

 

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 黒猫ちゃんの途中経過と、 馬と猫  を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    






by italiashiho2 | 2016-03-21 03:07 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(6)
2016年 02月 15日

   ・・・ スコミーゴ村 春近し ・ 馬 葡萄畑 野草の花 犬 ・・・

d0097427_23580941.jpg
       これを書いている今日2月14日は、ヴァレンタイン・デイ!
       で、まずはいつもブログご訪問くださる皆様に、
       ささやかな、でも美味しそうなチョコレートを!! ははは。

       こちらイタリアでは愛の日、愛する2人の日で、
       決して女性から男性へのチョコレートの日ではないのですが、はい、
      
       ちょうどこの日に、生憎とブログ更新がぶつかりましたので、ははは、
       いつもご訪問いただいている皆様に、大和撫子の端くれとして、
       心をこめての義理チョコを贈りま~す!!
       

       ここの所こちら北イタリアは雨続き、または曇天と
       お天気がパッとしませんが、
       先日木曜は雨続きの間の一日、大快晴に!
       
       ずっと天気予報を睨みつつ狙っていた木曜の朝、
       郵便局への用を済ますなり、カメラを持って村内パトロールに!

       この平地では雨だったのが、高地では雪。
       この冬3度目ほどの、しかもこれほど白くなったのは初めてで、
       煌く陽射しの下の、春近いスコミーゴ村の様子をどうぞ!
d0097427_23583547.jpg



       この紐のような房の花が、へーゼルナッツ・ハシバミの花
       イタリア語でノッチョーラと知ったのは、つい最近の事!
d0097427_23584942.jpg



       タンポポも、咲いているのを見つけたのは、まだ2つだけ!
d0097427_23590299.jpg



       トウダイ草も、まだ小さいのだけ。
d0097427_23591568.jpg



       シロツメ草もまだ余り目立たず・・。
d0097427_23592873.jpg



       という調子で、あっちこっちと覗き込みながら歩き、
       お馬ちゃん、いるかな?と覗くと、奥にこの子
d0097427_23594287.jpg



       手前の金網のすぐ近くにお母さんがいて、水を飲む姿を写したく
       胸ほどの高さの金網越しに腕を伸ばして、漸く1枚。
d0097427_23595534.jpg
       彼女は水を飲み終えると、さっさと立ち去り、




       すると奥から、あの元子馬君がこちらにやってくるのが見え
d0097427_00000983.jpg



       待っていると、なんとパッと水の流れを飛び越し、
       ドン!!と金網にぶつかりながら、こちら側に!
       なにせ彼らは体が大きいですものね、金網にぶつかった音も大きく、
       一瞬ぎょっとしたのですが、いたって大人しく!
d0097427_00002330.jpg
       向こうもこちらを何者かと偵察中の感じで、う~ん、
       こうして改めて眺めると、まだ大人になり切っていない感じかな。

       お母さんと同じに鼻の上が茶色で、はは、
       でもなかなか良い目に写ったでしょう?!




       金網の隙間から草をちぎって差し出すと、ハムハムと食べてくれ、

       顔も差し出してくれたので、鼻面もちょっとさすらせて貰い、
       猫や犬と違って、どうやって一緒に遊んで貰うのか勝手知らずで、
       ははは、それに近くからだと、どちらの目を見たら良いのか分らず!
d0097427_00003847.jpg
       たてがみに付いていた枯れ枝の尖ったのを、幾つか取ってやり、
       鼻面を撫でて、チャオ、チャオ、またね!

       それにしてもアンナリーザの実家で見る、手入れの行き届いた
       体もたてがみも艶々の洗いたてと違って、かなりの泥まみれ!
       う~ん、ご飯は貰っているんだろうけど、外猫、外馬の感じだなぁ・・。




       道脇の小川脇の土手には、犬ふぐりが咲き誇り
d0097427_00005122.jpg
d0097427_00011050.jpg




       葡萄畑の間を、奥に行く道
d0097427_00012424.jpg



       そして既に剪定の済んだ葡萄畑が広がり
d0097427_00013721.jpg
d0097427_00015193.jpg
d0097427_00020574.jpg



       丘の上の木、ベンチも2つあるのが見えるのですけど、
       あそこは私有地で入れず、眺めも良さそうなのですが・・。
d0097427_00021901.jpg



       後ろから盛んに吠える犬がいて、カメラを向けると逃げたり、ははは。
       そりゃぁ、それだけ汚れていたら、カメラ映りも良くないよね。
d0097427_00023234.jpg



       オリーヴの枝も陽に煌き
d0097427_00024786.jpg



       隣のお家の奥で別のが吠え出し、見ると3匹が尻尾を振りつつ吠え、
       まぁ、彼らは退屈しているもんね、ははは、良く撮れたのを2枚。
d0097427_00032012.jpg
d0097427_00033651.jpg



       こちらは北西に広がる山で、まさに北との境の屏風の山で、
       あの北側にはベッルーノの町からの流れがあり、
       温度もぐっと低く、雪も多いと聞きます。
d0097427_00034994.jpg



       前から目をつけている、ははは、お家の納屋
       ちょうど良い具合に壁の色が剥げて来ているのですが、
       正面には入り込めない位置でして・・。
d0097427_00040428.jpg



       適当な所で道を引き返し、
       
       白樺の太い幹
d0097427_00042374.jpg



       庭先のボケの花
d0097427_00043744.jpg
d0097427_00045302.jpg



       野生のクリスマス・ローズを探しに林のほうに。
       
       林に射し込む光
d0097427_00050732.jpg



       やはり! 野生のクリスマス・ローズが咲き出していて・・
d0097427_00052033.jpg
d0097427_00053319.jpg
d0097427_00054767.jpg



       こちらは、野生のプリムラ。 色はこの薄黄色のみ。
d0097427_00060160.jpg



       家への道を辿ると、聞こえてきたハサミの音
       お、剪定している!と近寄っていくと、ちょうどこのシニョーレが
       こちらを見たので、撮っても良いかとOKを貰い、
d0097427_00061470.jpg

       撮っていると、ほら、足元に小犬が見えるでしょう?


       この子が吠えもせず、ひょこひょこと近寄るので、
       あんたも撮って欲しいかい?と聞くと、
       尻尾を振りふり前に進み出て、ちょこっと座り、ははは。
d0097427_00062856.jpg
       なんとなし、いつも主人がお世話になっております、と言う感じで、
       ははは、おお、賢いねぇ!と笑いましたら、
       シニョーレが、そいつは悪いんだよ、と。
       そうか、猫かぶりして見せたか、ははは。




       と言う感じの、雨の間のお天気の一日でしたぁ!
d0097427_00064245.jpg

       翌日からまた曇り、雨と続いていて、
       長い間降りませんでしたので、この雨は必要とは分っていても、
       はぁい、本格的な春が待ち遠しいですねぇ!!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 仕上げにしたい2枚と、野生のクリスマス・ローズ を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    

       
       



by italiashiho2 | 2016-02-15 00:12 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(8)
2015年 11月 13日

   ・・・ イタリアの晩秋 ・ 黄葉煌く快晴の朝 ・・・

d0097427_00093099.jpg
       イタリアの黄葉の秋も、そろそろ終盤です。
       日本の紅葉、黄葉の煌びやかさをあちこちで拝見しているので、
       ちょっぴり負けん気を起こしまして、ははは、
       静かなイタリアの黄葉も、なかなかの物ですぞ!
       と、先週日曜の朝、快晴の元で撮ったのをご覧下さいね。

       日曜の午前中は仲間と歩き会をしておりまして、
       暑かった夏も過ぎ、脚を痛めていた友人もそろそろと復帰、
       雨でない限りは大体2時間半程は歩きます。
       で、この日曜日は、私が日本にいた間に亡くなった友人の
       お墓参りを兼ね、オリアーノ村まで行こう、という事に。

       上は元気付けのカフェの後、北に向って歩き出し、
       モンティカーノ・Monticanoの川沿いに出てきた所。
       この川にはたくさんのイタ鴨たちがいるのですが、
       それはまた最後に。

       スコミーゴ村の四季さまざま、
       http://italiashio.exblog.jp/i12

       我が町コネリアーノ



       真っ赤に色付いた小さな実が鈴生り!
       何かと思いましたら、野生のリンゴだそうで、
       キンカンほどの大きさ。 やはりリンゴの味がするそう。
d0097427_00094523.jpg



       大快晴の朝の強い光線の元、少し影が濃く写りましたが、
       肉眼では本当に煌びやか。
       日本のように紅葉は殆ど無いのですが、黄色からベージュ
       オレンジから茶色と静かなトーンのハーモニーで、
       爽やかな空気の元なんとも美しく、
       なんといい日なんだ!と何度も仲間と言い合った事でした。     

       少し上り坂の左手にあるのは馬場で、
       今一頭歩いて出てきたのが、下の写真にみえるかな?
d0097427_00095893.jpg
d0097427_00101246.jpg



       この辺りまでカーヴしながら上ってきて、スコミーゴ村の家には
       真っ直ぐこの景色を見ながら下って行きますが
       歩きの時は車の多いこの道を避け、左手に曲がりまして、
d0097427_00102536.jpg



       こんな道に入ります。 道はも少し広くなったりしながら、
       カーヴを切りながら、坂道を上ったり下ったり。
d0097427_00103926.jpg



       道の脇は、大概どちらか側が谷か平野に下り
d0097427_00105762.jpg



       奥に見える鐘楼がオリアーノ村の教会
d0097427_00111198.jpg



       葡萄畑の葉がすっかり色づき、落ちかけ始めた所で
d0097427_00112496.jpg



       振り返っての西の方面
d0097427_00113702.jpg



       葡萄畑が、本当に良い色でしょう?!
d0097427_00115235.jpg
d0097427_00120590.jpg
d0097427_00121883.jpg
d0097427_00123186.jpg



       お家の生垣に咲いていた薔薇
d0097427_00124584.jpg



       オリアーノ村への曲がり角に近づき、東南に広がる畑の色
d0097427_00125714.jpg
d0097427_00131022.jpg



       正面に見えてきたオリアーノの教会と鐘楼
       その手前下に見えるのはオリーヴ畑。 南向けの日当たりの良い畑で、
       良いオリーヴが取れると聞きました。
d0097427_00132258.jpg



       この辺りの畑の畝の美しさに惹かれ、若葉の頃に撮りたいと
       思っていたのに今年は逃しました。来年は!
d0097427_00133570.jpg
d0097427_00134841.jpg
       ですがね、ここからオリアーノに向っては、
       下り坂と上り坂のキツイのが2度連続するのです!!




       坂の途中から見上げる、中間点の農家!
d0097427_00140233.jpg



       道脇の赤い実。 夏にはプルーンをもぎ取って食べましたっけ。
d0097427_00141359.jpg



       坂道にある桑の木。 昔はイタリアも養蚕が盛んだった残りです。
d0097427_00142739.jpg
d0097427_00144187.jpg



       途中で振り返っての丘の眺め
       う~ん、こうして見ると坂道のキツイのは見えませんねぇ!
d0097427_00145490.jpg



       白く木の幹が見えるのが、なかなかでしょう?
       イタリアにも結構白樺の木があるのですが、これはどうかな。
       遠くに見えるのは、フォルメニーガの村の教会。
d0097427_00150830.jpg



       さて、オリアーノ村に到着
       お墓に寄った後、バールで一休み。

       すぐ前のサッカー場では、少年達の試合が行われており
d0097427_00152122.jpg



       ここから見る我がスコミーゴ村
       左に見える無粋な四角い鐘楼がスコミーゴので、ははは、
       我が家は右寄り奥に見える階段状のコンドミーニオに。
d0097427_00153367.jpg



       こちらも何度も見て頂いている、右がヴェネツィア方面への高速で
       私は左に3Kほどのヴィットリオ・ヴェネト南から出入りしています。
       そうなんです、オリアーノからは地平線が見えるのです!
d0097427_00154644.jpg



       バールで一休み、冷たいオレンジの生ジュースを。
       隣に座っていた、黒い大きなワンちゃん
       肝心の顔が写らなかったよぉ。
d0097427_00155663.jpg



       行き掛けに茸取りのシニョーラと出会ったり、別の友人との
       お喋りで少し時間をとったので、
       帰り道は少し急ぎ足で、せっせと戻ります。

       今、最初に見ていただいた道の分岐点、馬場の上辺りまで戻り、
       コネリアーノの町が見えてきた所
       戻りには少し靄がかかり、逆光で色がよく出ていませんが、
       丘の繋がりの上に見える塔がコネリアーノの城の塔で、
       手前の林の向こうに、週2回通うプールがあります。
d0097427_00160901.jpg



       さてモンティカーノ川沿いに来ると、岸辺でイタ鴨たちが
       のんびり寛いでおりまして、
d0097427_00162391.jpg
d0097427_00163880.jpg
d0097427_00165139.jpg

       餌を持ってくる方もおられるので、既に朝ごはんが済んだ時間帯。
       泳いでいるのは少なかったですが、かなりの数なんですよ。
       

       という8日の日曜日、歩いたのは2時間半、9,25K(休憩を除く)
       歩数は14920歩。

       私のスマート・フォンにも歩行距離計、GPSのソフトを入れましたので、
       ヘッヘッヘッ、次の日曜日が待ち遠しい!
       
       ところでこの快晴の日曜の翌々日、火曜にはどうなりましたか
       分家の水彩ブログにパート2を載せましたので、ご覧下さいね。
       あ、飛ぶ前に、励ましクリックをお忘れなく、お願いいたしま~す!
       

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 冬の運河 途中経過と、描き始め1枚、 スコミーゴ村霧の朝 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
       
       

       




by italiashiho2 | 2015-11-13 00:24 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(17)
2015年 09月 29日

   ・・・ スコミーゴ村 秋の日 ・ 秋の色ちょっぴり ・・・

d0097427_00491307.jpg
       3日前の朝8時半過ぎ、郵便局に出かける時、
       靄が薄くかかり、陽が斜めに射しかかるのに草原が光り輝き
       隣のオリアーノ村との境を靄が流れるのを見ました。

       わっわっ、これはすぐ帰って撮りに出かけないと、と
       焦りながら、窓から外の様子を覗きつつ順番が来るのを。
       だって光りや靄の状態なんて、刻々変わっていきますものね。

       我がスコミーゴ村の小さな郵便局は、先々どうやら
       閉鎖になる様子で、現在は週に3日間午前中だけ開き、
       いつも一人の局員で対応なので、
       この朝はドカッと持ち込まれていた小包の整理に時間がかかり、
       結局30分近くかかりましたが、
       何とか間に合い、村の巡察に出かけました。

       という事で、秋の朝の柔らかい薄日、薄靄の風景をご覧下さい


       トップは、我がコンドミーニオを出てすぐのイチイの並木道
       少し葉が落ち始めています。



       これです、これを最初に眺め、
       この黄金色を撮りたかったのでした!
d0097427_00493048.jpg
d0097427_00494617.jpg



       遠くに靄るオリアーノ村の教会と鐘楼。 
d0097427_00500103.jpg



       家の生垣から覗く、はぜた実。 名前忘れましたぁ。
d0097427_00501659.jpg



       薔薇もまだ蕾をつけ
d0097427_00503202.jpg



       オリーヴの実も大きくなりましたが、収穫はまだまだ先。
d0097427_00504696.jpg



       庭先を闊歩する雄鶏君も元気!
d0097427_00510125.jpg



       土曜の朝とあって、走りすぎる自転車のグループ
       カメラを向けると、皆にっこり挨拶してくれるんですね、ははは。
d0097427_00511564.jpg



       先週辺りはちょいちょい収穫の葡萄を積んだトラクターや
       トラックに出会ったのですが、
       ちょうどこの朝、葡萄摘みをしているプロセッコの葡萄畑!
d0097427_00513000.jpg
d0097427_00514454.jpg
       この畑は以前ご紹介した、ヴィットリオ・ヴェネトの司教区の
       持ち物で、働いているのはボランティアの人々。
       通常葡萄摘みの時はたくさんの人が働きに出ているのですが、
       ここは小人数、家族が手伝っている様子でした。

       ここの葡萄畑については、こちらに



       まだ摘み終わっていない畝の葡萄
       どっしりと垂れているでしょう?! 
d0097427_00515933.jpg
d0097427_00521443.jpg



       この草原も、いずれ葡萄畑になるのだろうと思いますが、
       今はまだゆったりの草原、野草の花が咲く空間
d0097427_00522956.jpg
d0097427_00524342.jpg



       新しく植え替えられた1年生の葡萄畑
       きっとここもプロセッコの苗でしょう。
       ひょろっと延びていますが、暮には剪定されます。 
d0097427_00525734.jpg



       傍らの草原にも、光る猫じゃらしとタンポポの落下傘
d0097427_00531290.jpg



       草原にはまだこんなに花が咲いているので、
d0097427_00532785.jpg



       小さい蝶ちょが活躍中。 これはダブルで撮れましたが、
d0097427_00534136.jpg



       上の写真の下側にいた蝶と。 羽がこんなに痛んでいて、
       こういうのを見ると、ご苦労さんだなぁと何かしんみりしたりも・・。
d0097427_00535531.jpg



       白い、こちらは綺麗な蝶。 
d0097427_00541099.jpg



       ふと草むらを見ると、低く低く、地面に付く位の位置にクモの巣
       朝露がいっぱいの叢だったのですが、
       アップしてみると、こんな小さな巣にも小さな露がいっぱい!  
d0097427_00542670.jpg



       家に戻る途中の柿の木。 まだもうちょっと早いかな。
d0097427_00544132.jpg



       新しい松ぼっくり。  
d0097427_00545620.jpg



       我が家近くのイチイの木の実。 葉の中途から小枝が出ていて、
       春には素晴らしい香りの花が咲き、今こんな実に。
d0097427_00551054.jpg

       という、スコミーゴ村は秋の朝のひと時でした



     *****

     ◆ 個展のご案内 ◆

       2年ぶりの長野県諏訪市、ギャラリー橋田さんでの個展が迫りました
       漸くにDMが出来ましたので、ご案内させて頂きます。
d0097427_00552949.jpg
d0097427_00554774.jpg

       10月10日(土)から18日(日)まで
       ギャラリー橋田様方 諏訪市城南1丁目2550 
       TEL 0266-52-3420 にて。

       会期中は私めもずっと会場に居りますので、
       信州の、諏訪の観光も兼ね、是非お出かけご高覧下さいます様
       皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。
       どうぞよろしくお願い申し上げま~す!!


     *****

       水彩ブログには、 長野県諏訪での 個展のご案内 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    


       こちらのページからnew!と書かれた項目にリンクし、
       個展の新しい作品も見ていただけます。
       既に額に入った小品の写真も加えましたので、
       どうぞ見てやって下さいませ。
       

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
       
       






by italiashiho2 | 2015-09-29 00:59 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(25)
2015年 04月 01日

   ・・・ スコミーゴ村の春 ・ 新しいレンズの試し撮りを兼ね ・・・

d0097427_23531455.jpg
       日本は桜も咲き始め、いよいよ春爛漫の便りが近い様子!
       う~む、桜相手では到底勝てませんが・・、
       でもね、こちらもいよいよ春、春が見えて来ています!
       という事で我がスコミーゴ村を一回り

       いつもの風景ながら、長閑な春模様を楽しんで頂こうと、
       と共に新しい望遠ズームレンズを買いましたので、
       その試し撮りを兼ねてあれこれと、
       今回はめちゃに写真が増えましたが、はは、お許しを、
       ご一緒に田舎道の散歩をお楽しみ下さい


       トップは、ヴェネト平野の北の屏風とも言うべく、
       立ちはだかるヴィザンティンの山並み
       
       写真は土曜の朝7時半頃、余りの晴天に思いたまらず、ははは、
       試し撮りしなくちゃ、と出かけての最初の一枚目。

       この前々日、この辺りは雨でしたが山は雪だったのでしょう、
       前日に見た時は上が半ば近くまで真っ白になっていたのですが、
       既に殆ど消えてしまい・・。

       我がスコミーゴ村のご案内はこちらから。



       実は今回買ったズーム・レンズは70~300mmで、
       風景を撮るには以前から欲しかった物なのですが、

       この位までアップ出来るのに、きゃ、きゃは!
       おまけに手持ちでこの写りですから、ヤンヤンヤン!
d0097427_23532905.jpg



       何をそんなに嬉しそうな顔してる?
       とばかりにキジバトが見下ろし・・
d0097427_23534292.jpg



       坂道をちょっと下って、お馬ちゃんのいる方に
       ちょうど顔をプルプルと振ったところで・・、
d0097427_23535584.jpg



       こちらが秋に見た時は、まだ子馬ちゃんだったほうと。
d0097427_23540823.jpg
       



       ここの葡萄畑はまだ確か2年目だったと
       ワイン業界の不景気知らずで、どんどん葡萄畑が増えているのですね。
       奥のオリアーノ村の教会は、今修復中で覆いが架かり。
d0097427_23542009.jpg



       村の道を行くと、朝ご飯の催促なのか、
       あちこちから盛んにコケコッコーの声。

       小屋の中のはお母さんなのかどうか、素晴らしい茶と黒の柄!
       そして周囲を小さいのが幾つもうろついていて。
d0097427_23543366.jpg
       



       手前の葡萄畑の丘を下り、また向こうの丘の葡萄畑に
       本当に大好きな村の眺め。
d0097427_23544582.jpg



       まだ木の葉がないので丸見えの巣。
       これは白と黒のカッコいい柄を持つ、カササギの巣と。
d0097427_23545756.jpg
       泥棒カササギと言いますが、カササギはきらきら光るものが大好きで、
       巣の中には金色の紙とか、盗んできた金製品などがあるからなのだそうで・・。



       葡萄畑の間の道を入って行くと、愛するこの眺め
       年々葡萄畑が広がり、林は小さくなっていくのですけど・・。
d0097427_23550896.jpg



       右手手前の葡萄畑が昨年秋、ばっさり刈り落とされ、
       わっ!と思っているうちに、根も掘り起こしているのが見られ、
       ではきっと新しい葡萄に植え替えられるのだ、と思っていましたら、
       案の定、新しい支えに替えられ、

       今、こんな新しい葡萄の木、30cmほどの高さ
       でも、ほんとに小さな芽が芽吹いているのが見えますか?
       きっとプロセッコなんですよ、この葡萄!
d0097427_23552151.jpg



       下の古いほうの葡萄畑は変わらずに・・
d0097427_23553346.jpg



       葡萄の木の、がさがさした肌にはいつも驚きますが
d0097427_23554626.jpg



       また今年も芽吹き始め
       余りにも産毛が濃くて、ピントが合いにくい・・。
d0097427_23555825.jpg



       隣の葡萄畑との間にある、野生のリンゴの木の蕾
d0097427_23561002.jpg



       間の草地はちょっとした花畑になっていて
       春を告げる小さな花があちこちに。 
d0097427_23562260.jpg
d0097427_23563453.jpg
d0097427_23564710.jpg
d0097427_23565944.jpg
d0097427_23571119.jpg



       ブルブルガタガタと大きな音をさせながら近づいて来て
       シニョーレが私を見て首を振って挨拶し、
       葡萄畑の間の坂道を上って行きました。
d0097427_23572458.jpg
d0097427_23573704.jpg



       林のすぐ傍まで行き、やっと見つけた野性のクリスマス・ローズ
       この冬は余り寒くならないままに済んでしまい、
       もう花は一つも残っておらず、唯一この種を持ったのだけ!
d0097427_23575093.jpg



       林の奥に咲く、小さな白い花
d0097427_23580201.jpg



       隅に積み上げられた、伐採の切り枝。 
d0097427_23581593.jpg



       林の奥に湧き水が通っていて、かなりの水量ですが、
       本当に透明な水。
d0097427_23582892.jpg



       再び道に出て来て、ビザンティン山の良く見える場所から
       新しいレンズを通し、初めてこの山襞に目が行った感じ!!
d0097427_23584131.jpg
       



       今年初めてお目にかかった、てんとう虫!
       イタリア語ではコッチネッラ・coccinellaと言います。
d0097427_23585259.jpg



       郵便局近くの、お家の奥から出てきた白ちゃん
       道のこっちから撮っているので、ためらいつつ歩き、立ち止まり、
       んもう、まったくぅ、フォーカスなんかしちゃってぇ、
       という、目を細めた迷惑顔で消えて行きましたぁ。
d0097427_23590559.jpg



       隣のオリアーノ村に続く谷の道
d0097427_23591872.jpg



       オリアーノ村、村外れの家。 300mmの威力、うふ。
d0097427_23593245.jpg



       そして出会う猫ちゃん、あんた誰?という顔で
d0097427_23594582.jpg



       お向かいの家に行き、 XXちゃん、いるぅ?
d0097427_23595952.jpg



       お家の窓辺の花も賑やかになり
d0097427_00075064.jpg



       連翹も今満開
d0097427_00084651.jpg



       杏かな? なんだろ?
d0097427_00085784.jpg
d0097427_00091164.jpg



       ボケの花ももうお終い近く
d0097427_00092126.jpg



       藤の花の蕾も大分大きくなってます。
d0097427_00093384.jpg



       スコミーゴ村の東端近くの、ここも好きな葡萄畑
d0097427_00094427.jpg



       高速を渡る陸橋の上から、北の山並み
       あの見える陸橋をくぐって暫く行くと、shinkaiがいつも使う
       ヴォットリオ・ヴェネト南の高速インターチェンジ。
d0097427_00095613.jpg



       こちらは南、ヴェネツィアに向っての大きなカーヴ
       旅行に出かける時帰った時の、嬉しいカーヴなので~す。
d0097427_00100945.jpg



       日本ではもう見かけないでしょう?!
       綺麗な緑青のガラス製の碍子。 すぐ近くのは空色でした。
d0097427_00102190.jpg



       戻ってくると、あの猫ちゃんがお友達のお家にいて
       私を認めて、柵に顔をこすり付けるのですが、鼻の頭とか
       ヒゲだけが陽に光って煌くので、それを狙って何枚も! ははは。
d0097427_00103320.jpg
d0097427_00104651.jpg
d0097427_00105815.jpg



       上の黒茶は指を舐めてくれましたが、
       こちらは、よその女と遊んでからにぃ、と不満顔、ひひひ。 
d0097427_00111156.jpg



       さてこちらは5日の日曜がパスクワ・復活祭ですので、
       シンボルの、オリーヴの枝を皆様にも!
d0097427_00112313.jpg

       皆様、良い春をお過ごしくださ~い!!


     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます! 
 
       先日友人の誕生日が続き、お花やカードの写真を送るのに
       探していて、見つけた面白いのをご紹介しますね。

       ボクは年寄りではない!
       起きて
       腕を持ち上げ
       肩を動かし
       首を回す・・
       と、どこもかしこも同じ音を発する
       クラ~~~~~~ック!
d0097427_00113318.jpg
       ・・結論に達した。
       ボクは年寄りではない、
       クロッカンテ(ぱりぱりと活きがよい)なんだ!!  


       もう一つ、体操するワンちゃん。   



     *****

       水彩ブログは、あれこれ手を入れたものの余り進みませんで、
       いぇ、新しいレンズにうつつを抜かしている訳ではなく、はい、
       一回パスさせて下さいませぇ~
       次回までに、また頑張りますぅ!
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  

              





by italiashiho2 | 2015-04-01 00:13 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(11)