イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:・スコミーゴ村の四季( 42 )


2011年 03月 04日

   ・・・ まだまだ、小さな小さな春 ・ スコミーゴ村便り ・・・

d0097427_23583958.jpg
     
       一昨日の午後、窓の外に見える陽射しが煌めいているのに釣られ、
       カメラを持ってスコミーゴ村は春の偵察に

       ですが外に出た途端、マフラーもせずに出たのを後悔する程の
       冷たい強風で、手をポケットに突っ込み、時にさすりながら
       いつもの葡萄畑の奥の雑木林に。

       野の小さな花は、日当りの良い、風をさえぎる場所にはたくさん、
d0097427_001072.jpg
d0097427_23591312.jpg

d0097427_01186.jpg

d0097427_014263.jpg

       
       これは野生のサクラソウ
d0097427_021034.jpg



       葡萄畑の畝の脇を下りながら、
       芽が出ているかどうか、目を凝らしますが・・、
d0097427_023279.jpg


       道に近い、丘の高い方はまだまだで、
       漸くに奥の日当りの良い低地の方で、
       こんなに小さな芽を!
d0097427_025749.jpg

d0097427_033584.jpg

d0097427_035535.jpg

       ね、やっと芽吹いたばかり。



       もひとつのお目当ては、野生のクリスマス・ローズ
       銅色葉の新しい誕生、
d0097427_041759.jpg


       点々と咲くのを見つけたクリスマス・ローズ。
       今年の天候不順で、なかなか花が順調に咲かない様子。
       先に咲き始めたのは既に種を抱え
d0097427_043912.jpg


       まだまだ花が小さく、たくさんは咲いていないのです
       でもなんとか、見栄えの良いのをご覧頂きますね。
d0097427_05386.jpg

d0097427_052778.jpg

d0097427_054931.jpg

       寒い上に強風で、背丈の低いクリスマス・ローズを写そうと屈み込み、
       風の鎮まるのを待ちつつ、立ち上がる時には、あ、い、痛てて・・。
d0097427_071717.jpg

d0097427_074999.jpg

d0097427_081234.jpg




       やっと2つほど見つけた、小さな野生のスミレ
d0097427_085662.jpg



       そして鳩君の落とし物
       この辺りだとキジバトかも。
d0097427_093399.jpg



       何か春らしい色が不足だなぁ、と思いつつ気が付きました。
       タンポポの黄色を見なかったのと、
       いつもは如何にも春らしい趣を添えるミモザの黄色
       これが切られて無くなっていました。

       ミモザの木のある家は、住んでいたお婆さんが何年も前に亡くなった後、
       漸くに家の増改築工事が始まっているのですが、
       覆いをかけるのに邪魔だったのか、柿の木とイチジクだけが残り。

       雑木林は減り、葡萄畑はどんどん増え、
       家も少しづつ増え加減。
       こうしてスコミーゴ村も少しづつ変わって行きます


       そうそう、カルネヴァーレが始まっています。
       ヴェネツィアのカルネヴァーレの様子はこちらに。
       http://italiashio.exblog.jp/7139012
       http://italiashio.exblog.jp/7317403

      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨夕漸く2週間後にして、血液検査の結果を
       ホーム・ドクターに報告に行きました。
       診療所は月、火、木、金曜日は午前中に、
       水曜日だけ午後開いていて、
       それ以外は、先生は往診にお出かけという訳。
       
       先回2時早々に行った所、既に15.6人待ちで
       結果2時間以上待ったもので、昨日は4時15分位に。
       ですがぁ、まだ8人だったか待機中で、
       結局やはり2時間待ちました。

       6時前になり、ドットーレが少し怒り顔で待合室に現れ、
       まだ6人も待っているの?!
       信じられないね! これ以上は受け付けられんよ!!
       付き添いで来ていた若者が、僕は関係ないですと言い、
       たまたま入って来たばかりの女性は当惑顔。

       とはいえ、勿論帰る訳はなく、
       ドットーレが診療室に戻った後も、新たに女性2人到着、
       処方箋だけ取りに来た人も、間に挟まります!

       ですが、我がホーム・ドクターであるカルレット先生は、
       大変親切で診立ても良く人柄高潔、という評判を
       あちこちで耳にしますし、あんたは運が良いとも。

       血液検査の結果は、病院から先生の方にも届いており、
       なんとまぁ、いっぱいのアレルギー持ちだね、あんたは!
       ・・男にもアレルギーがあるのかい?
       あ、ドットーレ、そうかもしれません!
       ははは、そうだろうって。

       と、これを読む友人達からは即反撃が来る事でしょうって!
       大嘘つきめ!! って。
       ・・まぁ、男性の方にshinkaiアレルギーが大いにある、と
       いうのだってあるじゃぁないですかぁ!

       てな様子で無事放免となり、戻りに薬局でサロンパスを購入。
       なぜなら先日の腰痛で、抜群の効き目を発揮したサロンパス!
       備えあれば憂いなし、です。

       それが最初に薬局で出してくれた時、ピンと来なかったのですよ。
       アルファベットには未だに拒絶反応があり、
       SALONPAS がサロンパスだと気が付いたのは家に戻ってから!

       薬局のドットレッサが、次はどこに行くの?
       来週月曜からナポリ、カプリ、アマルフィ方面に。
       ああ、ちょうどその頃あっちに大嵐が来るんよ!
       ♪聞こえな~いよ♪

       でも、いっぱいのクリームやら何やらのサンプルを頂きましたよ。

       いつもお世話様です。
       ではまた、
       励まし、応援クリックを、よろしくお願いいたしま~す!
       
          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

                     

by italiashiho2 | 2011-03-04 00:10 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(18)
2011年 01月 25日

   ・・・ スコミーゴ村だより ・ お天気に誘われて ・・・

d0097427_0191632.jpg

       この日曜のお昼前、前日からの良いお天気に誘われて、
       村の、葡萄畑の奥の雑木林の視察に!

       というのも、ここに野生のクリスマス・ローズが咲くのですが、
       もうそろそろかな、と覗きに行ったという訳です。

       お天気が良く早春の雰囲気も漂う
       北イタリアはヴェネト州、我がスコミーゴ村の様子をどうぞ!

       家を出てすぐの、シナノキの並木に
       ほらね、まだまだ小さいけど、芽が!



       葡萄畑の横の道から奥に。
d0097427_0194017.jpg
       
       この畑は既に剪定をすませ、待春
       そう、こんな風に昨年の枝を全て下ろし、
       下向きに結わえるのですね。
       気をつけて見ましたが、まだ芽吹いてはおらず。

       奥に見えるのは、いつもの隣村オリアーノの鐘楼で~す。



       奥の葡萄畑の脇には、剪定され運び出された枝
d0097427_020543.jpg



       ふと気が付くと、枝の小山の陰には霜がまだ白く!
d0097427_0202381.jpg



       はい、モグラちゃん達の活躍も始まり・・。
d0097427_0204457.jpg



       道から葡萄畑の脇を入って来ると、なだらかな下りとなり、
       雑木林がこんな風に。
d0097427_021643.jpg

       右に見える葡萄畑は新しく、この畑が作られる時に
       奥の雑木林がかなり伐採されたのですね。



       真ん中の影に見える部分、ここを小川が流れ、
       あの奥にも雑木林があります。
d0097427_0213733.jpg



       まだまだ落ち葉が敷き詰められていますが、
       そろそろと小さな緑が覗き始め、
d0097427_0215768.jpg



       こんな風に小さな雑木の芽も。
d0097427_0221797.jpg

       今はスケスケに見えるこの辺りも、初夏にはあれこれおい茂り、
       内側には入り込めない程になるのです。



       スコミーゴとオリアーノの村境の、一番の低所を流れる小川。
d0097427_0224528.jpg

       透き通っているでしょう?!
       どこか知らないのですが、近くに湧く水なのですね。
d0097427_0231397.jpg

       向こう側に渡れる場所には、以前ちゃんと都合よく
       石があったのですが、
       この場所以外はちょっと流れが深く、飛び越すのも無理な幅なので、
       その石が、トラクターが渡れるようにか除けられていて、
       石の位置を確かめつつ、上手く渡れるかと躊躇した程。

       ええ、往きは大丈夫でしたが、はい、戻りには
       石の苔でつるっと滑り、ぽしゃっと!
       でもまぁ、尻もちはつかずに済みました。



       はい、流れを渡り、漸くに見つけた今年のクリスマス・ローズ
d0097427_0234137.jpg

       いつもは流れの手前にも咲くクリスマス・ローズが、
       今回見つからず、まだ少し早かったのか、
       何か良くないのか、と気になったのですが、
d0097427_0241962.jpg

d0097427_0245114.jpg

       奥の林にはまだまだ小さいながら、
       蕾がかなり出かけていました。

       やはり緑の色が素晴らしい!
       早春の緑

       咲きかけていたのは、この場所ではこの2つだけ。
       そしてまだまだ花が小さかった。



       奥の雑木林
d0097427_0251744.jpg

d0097427_0254363.jpg

d0097427_026793.jpg

       なだらかに傾斜した空き地が広がります。
d0097427_0264127.jpg

d0097427_0273100.jpg



       空き地の角を巡る流れには、こんなツララ!
       長さが10cmほどもありましたよ。
d0097427_0272727.jpg



       あっという間に正午となり、
       オリアーノ村、スコミーゴ村の鐘楼の鐘がどちらも鳴り始め、
       ぼちぼちと前の林の方に引き返しましたら、
       葡萄畑の剪定をしていた人が、何か探しているのか?と。

       やはり多少は不審に思っていたのでしょうね。
       身元申請の為にもと、ディスプレイで花を見せ少しお喋りを。
       やはりまだ少し早い、もう1か月ほどしたらね、
       という事で、彼は納得してお昼に立ち去り、
       こちらはもひとつ心当たりの場所、日当りの良い場所に。

       あった! 見つかりました!!
d0097427_0275164.jpg

d0097427_0281444.jpg

d0097427_0283373.jpg

       やはり花がまだ小さく、咲いている数も少ないのですが、
       見つかると、春を見つけたようでとても嬉しい!
       も少ししたら、今度はマクロ・レンズをつけて行ってみましょう。



       枯れて残る可愛い種子と、
d0097427_0285679.jpg



       漸くに見つけた、イヌフグリ
       これもまだまだ数が少なく、見つけても殆どが蕾。
d0097427_0291614.jpg



       ブーツに泥をたくさんつけ、
       ポケットに手を入れて温めながら、家に。

       でも、漸くに早春の先駆けを見つけましたよ!

      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       冷蔵庫の野菜が空っぽになり、
       プールの戻りに大急ぎでスーパーに。
       戻って急いでお昼を食べ、これを書き・・、
       
       しっかり遊んでいるので、ネタには困らないのですが、
       ああ、・・まとめるのに追われます!
      
       既にアップすべき時間。
        ちょうど時間となりましたぁ。
        それでは皆様、また来週。
       なんぞという、昔々のラジオの浪曲番組の
       締めくくりの文句が頭をかすめます!

       ああ、何を書いてるんだろ、この馬鹿は?!
       今日の最後は(も、かな?)支離滅裂で~す。

       てな事で、やはり皆さま、愛の手を!
       励まし、応援クリック、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
       人気ブログランキングへ
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

  

by italiashiho2 | 2011-01-25 00:29 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(10)
2010年 12月 15日

   ・・・ スコミーゴ村 ・ 冬の夕暮れ ・・・

d0097427_013759.jpg

       夕暮れ時、ふと気がつくと素晴らしい空の色になっていて、
       大急ぎでカメラを持ち出す事が時々あります。

       ほんの何枚かなので、ついそのままになっていますが、
       そのうちの何枚かをご覧下さいね。

       こんな色が見れるのはいつも冬の間で、
       雲があると、時に素晴らしいドラマにも。
       写真は全て、隣のオリアーノ村の丘の稜線が舞台です。

       ごゆっくりどうぞ!

d0097427_024822.jpg

d0097427_032010.jpg

d0097427_034353.jpg

d0097427_041280.jpg


       リンクさせて頂いてます「イタリア・とりわけヴェネツィア」の
       ペーシェクルードさんが、何年か前の夕陽特集の時に教えて下さった
       とても素敵な詩を、次に再掲載させて頂きます。

       夕ぐれの時はよい時。
       かぎりなくやさしいひと時。

       それは季節にかかはらぬ、
       冬なれば暖炉のかたはら、
       夏なれば大樹の木かげ、
       それはいつも神秘に満ち、
       それはいつも人の心を誘ふ、
       それは人の心が、
       ときに、しばしば、
       静寂を愛することを、
       知っているもののやうに、
       小声にささやき、
       小声にかたる……

       夕ぐれの時はよい時。
       かぎりなくやさしいひと時。

       若さににほう人々の為めには、
       それは愛撫に満ちたひと時、
       それはやさしさに溢れたひと時、
       それは希望でいっぱいなひと時、
       また青春の夢とほく
       失ひはてた人々の為めには、
       それはやさしい思ひ出のひと時、
       それは過ぎ去った夢の酩酊、
       それは今日の心には痛いけれど
       しかも全く忘れかねた
       その上(かみ)の日のなつかしい移り香。

       夕ぐれの時はよい時。
       かぎりなくやさしいひと時。

       夕ぐれのこの憂鬱は何所から来るのだらうか?
       だれもそれを知らぬ!
       (おお! だれが何を知っているものか?)
       それは夜とともに密度を増し、
       人をより強き夢幻へみちびく……

       夕ぐれの時はよい時。
       かぎりなくやさしいひと時。

       夕くれ時、
       自然は人に安息をすすめるやうだ。
       風は落ち、
       ものの響きは絶え、
       人は花の呼吸をきき得るやうな気がする、
       今まで風にゆられていた草の葉も
       たちまち静まりかへり、
       小鳥は翼の間に頭をうづめる……

       夕ぐれの時はよい時。
       かぎりなくやさしいひと時。
      
           ・・・ 堀口大学

d0097427_045683.jpg

d0097427_052450.jpg

d0097427_054628.jpg

d0097427_06117.jpg

d0097427_063579.jpg
d0097427_065328.jpg



       イタリアの夕陽 ・ あちこち 
       http://italiashio.exblog.jp/5383507


     ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!
 
       明日は朝8時過ぎの列車でヴェネツィアにグループで出かけ、
       サンタ・マリーア・デル・オルト教会とカ・ドーロが
       見物予定ですが、カ・ドーロは残念ながら写真禁止なのです。

       でもせっかくなので、出来たら少し居残り
       夕暮れのヴェネツィアを写したいと思っていますが、
       さてお天気がどうなりますか・・。


       先回最後に、誕生日なのでしっかり応援クリック願います、と
       書きましたら、凄い! いつもの何倍も押して頂きました!
       有難うございました!!
  
       ですが、・・という事は、まだ余力があるという事かしらん?!
       う~む、毎週誕生日があると良いのになぁ!  はは。


       ではでは、今日も励まし応援クリック、よろしくお願いいたします!

          人気ブログランキングへ

          人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
       

by italiashiho2 | 2010-12-15 00:07 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(12)
2010年 12月 07日

   ・・・ スコミーゴ村周辺 ・ 冬だより 第1弾 ・・・

d0097427_041329.jpg

       毎月第一日曜には、いつもヴェネツィア・メストレまで
       お墓参りに出かけますので、この5日も例の如くに。
       有難い事に前日の天気予報通りに、午前中は晴れ間が覗くお天気で、
       ひょっとしてとカメラを持って出かけました。



d0097427_043798.jpg

d0097427_052089.jpg
       
       家を出るとすぐ葡萄畑の間の道になるのですが、 
       連日の雨と冷え込みで、
       やはり北に見える山々はかなり下まで白くなっており、
       寒そうな色。

d0097427_05372.jpg

d0097427_0555100.jpg

d0097427_061358.jpg

       朝の冷え込みに、葡萄畑にも霜と薄氷!


       ヴィットリオ・ヴェネト南から高速に入り45分程で到着ですが、
       ヴェネト平野の北の端からヴェネツィアに行くまでの道程
       50k程度でしょうか、
       お天気が随分違うのをいつも実感します。

       トゥレヴィーゾ辺りで雨の帯に出会う事がよくあり
       豪雨になったり、霧も深くなったり・・。
       そしてメストレは、冬はいつも大変な冷え込み


       
d0097427_07210.jpg

       お供えの花を取り替え、大体はすぐに戻って来ますが、
       高速を降りると、我がスコミーゴ村の東のコッレウンベルト村に

       何度かご覧頂いたこの長~い一直線の坂道の並木も、殆ど裸木に。
       奥に見えるオリアーノの丘の高さをご覧下さい!
       間にスコミーゴ村がありますが、少し北に位置し、
       これには見えません。

d0097427_072434.jpg

       2.3年前初めて気がついた葡萄畑の奥の牛舎
       ここのは小さいですが、村の中にもっと大きな牛舎が2軒ほど。
       目いっぱいの望遠で写しましたが、
       ウシ君もこちらを見てますねぇ。

d0097427_074296.jpg

       落ち葉も雨に打たれ、つぶれて敷き詰めていますが、
       まだ落ちたばかりの色のある葉も。



d0097427_08032.jpg

       今度はスコミーゴ村の端をつっ切り、西のオリアーノ村に
   
       教会の奥から見える、丘の重なる素敵な場所をどうぞ!

d0097427_081840.jpg

d0097427_083676.jpg

d0097427_09250.jpg

       コネリアーノの町との間に広がる眺め、
       殆どいつも逆光になり、色が出にくくとても残念。

d0097427_092373.jpg

d0097427_094125.jpg

       オリアーノとスコミーゴの間に広がる葡萄畑、
       起伏する畝
       
       お天気が回復すると始まるであろう、
       年末から年明けにかけての剪定作業を待ちます。
     
d0097427_0103226.jpg

       フォルメニーガ・Formeniga の村の教会。
       クリスマスも近づき、素敵な雰囲気の場所でしょう?!
       見る度に一度行こうと思いつつ。


     ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       今日の分に実は別のを用意していたのですが、
       この雪山と霜を見て予定を変更、
       ヴェネトの村の冬だより第1弾をという次第。

       今日もまた雨ですが、午前中冬タイヤに替えて貰いに。
       ええ、この冬はかなり厳しくなる気がしていますが、
       まぁ元気を出して参りましょう!


       デジタルTVへの移行、デコーダー接続のご報告を
       このアナログ人間が、地上デジタル放送に対応OKや否や?

       あのですね、・・この3日間試しつつ上手く行かず、はは、
       遂に今日のお昼ご飯の後、政府の無料案内に電話しました。
       というのも、画面に、何の情報もありません、
       ヴィデオのサポートがされていません、と出るので、
       3日間まだアナログ放送を見ていたのですが、
       今日のお昼にはそれもプチっと切れて見れなくなり、
       遂に電話したという訳です。

       この手の人間がわんさか文句を言って来るのに
       我慢しながら一つ一つ対応しているであろう、
       お気の毒な優しい係の女性が言うには、
     
       接続は上手く行っている様ですが、
       放送局の切り替え自体が段階的であり、
       もう一度チューナー調整をして24時間待って、
       それでもダメならテクニコを派遣しますから、
       とにかくもう24時間待ってみて下さい、との事。

       ふうむ、そういう事かと電話の後、試しにもう一度
       チューナー調整をして見ると、またも番組数が増えているし、
       所々映ってちゃんと見れる番組もあるではないですかぁ!
       おお、おお!!
       イタリア国営放送RAIの幾つかも映るし、
       映らなくとも声は聞こえるのですよ。
       ニュースも他の局のはちゃんと見れると分かったし、
       とにかく待てばなんとかなりそう! 
       と分かって、安堵した事をここにご報告致しますです。

       火事と人の災難は大きい方が楽しい、
       とお待ち下さった皆さま、残念でございましたぁ!
       なんとか移行できたようでございま~す。

       今時は絶対に機械類の方が賢い! 
       と言う事をも再確認した、アナログ人間shinkaiでした。

       今夜はずっと新番組発見に浸りそうな予感。
       xxxGAY とか言うのも見つけたものね! ひひ。


       いつも応援クリック、有難うございます!
       今日もまた、
       励ましの一押しをよろしくお願いいたしま~~す!!

          人気ブログランキングへ

          人気ブログランキングへ

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
          
          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

       

   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*      
              

by italiashiho2 | 2010-12-07 00:02 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(10)
2010年 10月 29日

   ・・・ 隣のオリアーノ村から、秋の色を ・ 追記です ・・・

d0097427_1333681.jpg

       住んでいます北イタリアのヴェネト州コネリアーノは、
       北隣のヴィットリオ・ヴェネトの町と共にヴェネト平野の北の端
       すぐ奥に山が東西から迫り、狭い山間の道を抜けて行くと
       峠を越し、山の向こうのべッルーノに出ますが、
       ちょうど写真に見えるこの北の山が屏風替わりで、
       我が町はべッルーノとの温度差がかなりあると言います。
       先日の雨続きで山が白くなりましたが、漸くに今朝何枚か写しました。

       本当はイタ猫イタ犬を用意していたのですが、急遽予定を変更し、
       いつもの隣村オリアーノからの眺め
       秋の色を少しばかりご覧下さいね



d0097427_134152.jpg

d0097427_1342464.jpg

       我がスコミーゴ村からコネリアーノに出る時、プールに通う時、
       いつもオリアーノを通る道を行きます。
       ぐるっと丘の高台を通りながらヴェネト平野の地平線が見え
       四季折々の色の変化を見せてくれるこの道が大好きなので、
       今朝カメラを持っていつもの高台に。       
      
       見える蛇行する線はヴェネツィア~べッルーノ間の高速で、
       いつも旅行に出かけて行く時、家に戻る時に通る線。
       ええとつまり、
         行ってきま~す、お願いいたしま~す!
         有難うございましたぁ、無事戻りましたぁ!
       と車の中で叫ぶ辺りなのです。 ははは。



d0097427_134442.jpg

d0097427_135573.jpg

d0097427_1352378.jpg

       オリアーノ村の高台から下に広がる葡萄畑と
       東のコッレウンベルト村。
       見える山の向こうには、フリウリの平野が広がります。



d0097427_1354285.jpg

d0097427_1355921.jpg

d0097427_136181.jpg

       最初にご覧頂いた山の重なり部分で、
       この手前にヴィットリオ・ヴェネトの町があります。

       西側、そして東側の山頂。
       こうして見ると、昨日のお天気で少し解け加減ですねぇ!



d0097427_1363924.jpg

d0097427_1365740.jpg

       オリアーノから東正面に見えるコッレウンベルト村。
       左側に縦に続く並木が見えますが、
       冬の雪景色などで何度かご覧頂いている一直線の並木道です。



d0097427_1373138.jpg

       オリアーノ村の教会。
       何の変哲もない写真なのですが、右の標識の青地
       SCOMIGO 2 →  を見て頂こうと。
       ここからがかなりのカーヴと下り坂が続き、
       雪降りの時はタクシーも嫌がるという・・。



d0097427_1374998.jpg

d0097427_138724.jpg

d0097427_1382594.jpg

       最後もう一度、スコミーゴ村への傾斜地に広がる
       葡萄畑の秋の色をどうぞ!




      ◆ 写真、追加します 

       昨夜上の写真ををアップしながら、空が青空でないのが不満でした。
       が、今日は快晴のお天気となり、青空の下に黄葉が煌めくのを
       午後遅めに家に戻りつつ眺め、再度撮り直して来ました。
       追加分としてアップいたしますので、ご覧下さい!
       そうなのです、
       自分の子供を良く写った写真で見てほしい、そんな気持ち、ははは。

d0097427_2347859.jpg

d0097427_23472962.jpg

d0097427_23474842.jpg

d0097427_2348876.jpg

d0097427_23482334.jpg


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       なかなか写真整理が終わりになりませんが、
       そのくせ既にあれこれ来年の旅行計画が始まったり・・、!!
       漸くに今朝、車が綺麗になって戻って来まして、・・何かバタバタ。

       明日からは成人学校のコースも始まり、
       久し振り、夏休み以前の友人との再会、お昼の招待など
       それなりに社交生活もありましてぇ・・、こちらもあれこれ、はい。

       うう~ん、まずはも少し写真整理の時間を頂きながら、
       6年目に入る我がブログの新しい方向なども考慮中で、
       はい、しぶとく続けさせていただく為にも、何かね、
       という事で、・・よろしくお願いいたしま~す。

       ではまた次回に!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-29 01:30 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(4)
2010年 04月 14日

   ・・・ ほら、春だよ! ・ スコミーゴ村も、春だよ! ・・・

d0097427_0462887.jpg

      柔らかい春の陽射しが続く毎日、暖かい春の陽気に誘われ
      この日曜日の午後、我がスコミーゴ村・Scomigo を一回り
      エジプト旅行記が続いていますが、ほんのちょっぴり脱出を敢行!
      柔らかい緑の草原、咲き始めた小さな花々、萌えだす新芽
      のんびりとした、イタリアはヴェネトの春 をお届けしますね。

      上は、家からすぐの所で見つけた春の花、春の色


d0097427_0465184.jpg

      ◆スコミーゴ  1

       萌えだす新芽



d0097427_0471540.jpg

d0097427_047346.jpg

      ◆スコミーゴ  2・3

       ムスカリの花、草地に咲いているのですが、野生かな?

       イヌフグリと、同じ位の大きさのピンクの小さな花。



d0097427_0475563.jpg

d0097427_0482154.jpg

      ◆スコミーゴ  4・5

       タンポポの黄色、満開!

       良く見ると、小さな他の花も咲いているのですが、
       黄色に埋まっていますね。



d0097427_0484192.jpg

      ◆スコミーゴ  6

       イタリアの春は、カリカントス・蝋梅の薄黄色で始まり
       レンギョウの黄色が続きますが、今は既に盛りを過ぎ、
       これは、山吹

       日本のように花の咲く順番がなく、
       咲きだすと一斉に、その土地の陽当たり条件により
       いっせいに咲きだします。
       山吹など、日本では梅雨時に咲くものと思っていましたが・・。



d0097427_0485924.jpg

      ◆スコミーゴ  7

       いつもの風景、隣のオリアーノ村の教会と鐘楼。

       村の境の谷を埋める木々が芽吹きだし、
       今様々な色で埋まりはじめ。



d0097427_0492079.jpg

d0097427_0494023.jpg

      ◆スコミーゴ  8・9

       草原で、シニョーラが草を探して摘んでいますが、
       向こうから声をかけてくれました。

       ほら、この草の先を摘んでいるのですね。
       sciopetin・ショペティンとこの辺りでは呼ぶそうで、
       イタリア語の先生に写真を送り訊ねましたが、やはりこの言葉。
       が、ヴェネツィア・メストゥレに住む息子セルジョの奥方
       ドナテッラは別の言葉で教えてくれたのですが、思い出せず・・。

       リゾットにすると大変美味しいとの事(まだ食べた事なし)
       スーパーでもこの季節、ほんの少し売っているのを見かけます。
       日本でも蕗の薹やらタラの芽とか土筆とか、春の野の味を賞味しますね、
       所違えど、やはり人間の感覚というのは同じですね。   

       スコミーゴで生まれ育ち、ずっと住んでいるという
       このシニョーラとは初めての出会いでしたので、
       どこに住んでいて、誰と結婚したのか、
       いつからこの村にと、ちょっとした身元確認の会話があり、
       にっこりと、また会おうねとめでたく無罪放免。
       ええ、田舎ではこれが大事なのです。



d0097427_050353.jpg

d0097427_0502599.jpg

d0097427_0504598.jpg

      ◆スコミーゴ  10・11・12

       葡萄畑の脇を通りかかり、
       新芽が出ているのを確認。

       葡萄のこの一見枯れた様な肌の枝から
       こんな可愛い、みずみずしい新芽!



d0097427_051733.jpg

d0097427_05129100.jpg

      ◆スコミーゴ  13・14

       ほらね、逆光に新芽が煌めいています。

       少し奥に入り込むと、
       土地の傾斜に連れて列が伸びるのが、良く分かります。



d0097427_0515057.jpg

d0097427_0521370.jpg

      ◆スコミーゴ  15・16

       だらだらと傾斜を下り入り込むと、雑木林。

       向こう側に湧き水の細い流れがあり、渡った場所にも
       雑木林があるのですが、最近どんどん刈られて行きます。

       草地の奥で、ひっそりと野生のクリスマス・ローズが咲き、
       今、種袋が膨らみつつあります。

       3年前に種取りをして、日本の各地にお嫁入りした、この村の
       野生のクリスマス・ローズが、皆さんの丹精のおかげで
       この春咲き始めたとの嬉しいニュース!
       しかもなんと、爽やかな香りを持っているのですって!!



d0097427_0552283.jpg

d0097427_05666.jpg

      ◆スコミーゴ  17・18

       葡萄畑と道との境にある、小さな果樹の花が開き始め、
       蜂君が寄って来ていますが、
       花に潜り込むと写せず、飛ぶとピンボケで・・。

       ここの果樹はなんだったっけ?
       リンゴだったっけ?



d0097427_0563189.jpg

      ◆スコミーゴ  19

       向かい側の畑の脇の木。
       ここも様々な色の新芽、そして白い花。



d0097427_0565349.jpg

      ◆スコミーゴ  20

       お家の庭のこれを写していましたら、
       ガードマン君が吠えながら走り寄って来て、
       声をかけつつ、カメラを向け一枚撮りましたら、
       途端に何やらモゴモゴいいながら母屋の方に、ははは。



d0097427_0572314.jpg

d0097427_0574267.jpg

      ◆スコミーゴ  21・22

       藤の蕾も、ほら、膨らんで来ています。
       
       最初のは、スコミーゴ村の郵便局のお隣で、
       次のは、もすこし先のお家の垣根に。



d0097427_0582352.jpg

      ◆スコミーゴ  22

       隣のオリアーノ村への谷の道を下らず、
       東に延びる道をだらだらと。

       住んでいる人位しか通らない道なので、
       早速にワン君たちが騒ぎます。

       細いスカンポに、もっと細い蜘蛛の巣が。
       見えますか?



d0097427_0584373.jpg

d0097427_059313.jpg

d0097427_059235.jpg

d0097427_0594282.jpg

      ◆スコミーゴ  23・24・25・26

       イタリアの白い桜と果樹の白い花。

       いずれも少し盛りを過ぎて。



d0097427_101265.jpg

d0097427_10385.jpg

      ◆スコミーゴ  27・28

       この花はなんでしょうか?
       辺り一面に、馥郁たる香りが漂い、
       蜂君たちもたくさん集まっていましたが・・、
       なかなか、こちらの思う花には立ち止まってくれず。



d0097427_11054.jpg

d0097427_112556.jpg

      ◆スコミーゴ  29・30

       オリアーノ村との傾斜に広がる葡萄畑。

       逆光の位置ですが、大好きな眺めなのでご覧頂きますね。



d0097427_12348.jpg

      ◆スコミーゴ  31

       この大きな農家の左下を高速が通り、村道の高架が架かります。
       車で旅行に出かけて戻って来た時、
       手前で大きくカーヴする高速を走りながら、見上げるこの家。
       いつも、ああ無事に戻って来た、と安堵する場所なのです。

       写真は、も一つ南の高速にかかる橋上からなので、
       下から見上げるイメージはありませんが、
       スコミーゴ村のとっかかりです。



d0097427_122814.jpg

      ◆スコミーゴ  32

       やはり高架の上から。

       面白い畝の形の畑を見つけましたが、
       どうしても橋の上からしか、この位置は写せず・・、
       左に白い線が写り込んでいるのは、高架の金網の線。



d0097427_125180.jpg

      ◆スコミーゴ  33

       葡萄畑も今のこの時期、まだこんな風に骨格のみ。



d0097427_131429.jpg

d0097427_14027.jpg

      ◆スコミーゴ  34・35

       空き家になった大きな農家、
       それでも、庭木に春が。



d0097427_142344.jpg

      ◆スコミーゴ  36

       この写真の前日の土曜の夜、
       ざぁっとかなりの雨が降り、雷も鳴り響きました。
       
       日曜は、ずっと北の山には雲がかかっていたのですが、
       家に戻りかけの時少し薄れて、
       なんとまぁ、また山の上が白くなっているのが見えました。



d0097427_145594.jpg

      ◆スコミーゴ  37

       葡萄畑の間に広がる草原に、猫ちゃん。
       遠くから望遠で狙いましたが、
       パシャっというシャッターの音で、一目散!

       それがなんと、まさに馬が疾走するみたいに
       後ろに長い尻尾を一直線に閃かしながら、
       素晴らしい走りっぷりで逃げて行ったのですよ、あはは。

      ◆*◆

       と、少しばかり脱獄気分を味わいまして、
       次回から、また頑張ってエジプトに戻ります。
       とはいえ、後ほんの少々で済まそうと思いますので、
       呆れずに、おつき合いお願いいたしま~す!
       その後はもう、えっ、エジプトって何処にあるの? 
       という様子で参ります、はい。

       今日のブログ・タイトルに致しました
       ほら、春だよ  は、
       2年前に見に行った、アッシジのカレンディ・マッジョのお祭り
       タイトル・ソングのように何度も聞き、CDも買って戻った
       Echo la primavera・エコ・ラ・プリマヴェーラ から。

       ほら、春だよ
       心を浮き浮きさせ、恋をする時
       幸せな気分を味わう春だよ

       空気も季節も、浮き浮きさせる

       この軽やかな季節
       憂いもなく、すべて優美で楽しくて

       草はみずみずしく、花は野原を覆い
       飾りつけられた木々も、そんな様子だよ

       あのお祭りは、まさに訪れる春を寿ぎ、喜びを歌いあげる
       素晴らしいお祭りで、繰り返し想い出しては楽しんでいます。
       どうぞご覧下さい!
       その前夜 http://italiashio.exblog.jp/7910201/
       その1.http://italiashio.exblog.jp/8000377/
       その2.http://italiashio.exblog.jp/8033222/
       その3.http://italiashio.exblog.jp/8063650/
       その4.http://italiashio.exblog.jp/8093974/

      ◆* お知らせ *◆

       リンクして頂いてるお友達のブログでも、春の様子があれこれ。

       Ayumiさんのイタリア黒猫日記・イタリア美術とジュエリー
       では、メジロが桜の花にうずまって、楽しんでいる様子が。
       http://blog.belladonna-it.com/?eid=471573

       たっちゃんの石内の四季では、広島は宮島の桜
       http://blog.livedoor.jp/qnxjq020/archives/51514020.html

       ナオちゃんのお気楽生活では、7年に一度行われる
       長野は諏訪大社の御柱祭り、勇壮な木落としと川渡しの様子。         
http://blog.goo.ne.jp/wild_carp2005/e/a0d5cdf93c4568505485b7e214924481

       hanaさんの dejavu では、たおやかな桜の花びら
       写真がアップされています。
       http://papermoon2.exblog.jp/14153365/

       どうぞご訪問され、
       過ぎゆく桜の春をもう一度、お楽しみくださいね!

       
      ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       今日は文字数が少ないので、ちょっとお喋りを。
       ご自分がブログをされている皆さんはご存知でしょうが、

       お気に入りに入れて訪問して下さる方の身元は分からないものの、
       どのリンクから訪ねて下さったか、
       どんな検索言葉で訊ねあてて下さったか、
       一日に何人ご訪問くださったかは、
       分かるようになっているのですね。

       所で、このブログは有難い事に、
       今年になり、ぐっと訪問して下さる方が増えました
       本当に有難うございます!!
       好きな事を好きな様に綴っておりますが、
       訪問して下さる方が多いと、尚の事励まされます。
       今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!

       と、しおらしくご挨拶をすませまして、・・ははは、
       検索をかけて、このブログを訊ねあてて下さるのに、
       時にとんでもない言葉で、来られる方がおられるのですね。

       以前、砂地・ニンジン というので、数人の方が!
       でもこの、砂地・ニンジンには心当たりがありました。
       ポー河のデルタの干拓地で、砂地の人参畑を見たのを
       一行書いた事があります、はい。

       で、逆にこの言葉で検索をかけましたら(好奇の虫が)
       砂地・ニンジン でかかるサイトの多い事!!
       20ページまで行きましたが、当ブログには行きあたらず断念。
       一体何ページ位で探し当てて、訪問して下さったものでしょうか!
       そしてまさかに、イタリアの田舎くんだりに辿り着くとは、
       予想外だったでしょうねぇ、ははは。

       で、つい4月1日の事、
       なんと、お前の血が欲しい という言葉で、お一人様ご訪問!
       な、なに?! 覚えがないです! 無実です! どう考えても!
       で、逆検索を。  
       物凄いページ数、ホラー・ページ検索かと思う程、血まみれ!!
       これも20ページまで行きましたが辿り着かず断念。
       お前の血がほしい、だと?!
       いらん、いらん!! やらん、やらん!!

       日頃、世間常識とは離れて暮らしておりますが(認めます!)
       思いがけずにお付き合い頂けるようになった方々との繋がりが
       どんどん広がり、これは大変に嬉しく有難く
       そして時にこの様に、
       大いに世間に引きずり込んで、笑わせて貰える
       ブログの功名にも大感謝です!!

       どうぞ今後とも、よろしくお願いいたしま~す!
       

by italiashiho2 | 2010-04-14 00:35 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(24)
2010年 03月 10日

   ・・・ スコミーゴ村、春を告げる野生のクリスマス・ローズ ・・・

      ここヴェネトは、先週は2日程春らしい穏やかで暖かい日がありましたが、
      週末から一転して冷え込みがひどく、北の奥やトリノ辺りでは雪のニュース
      日曜日にヴェネツィア・メストゥレまでお墓参りに行きましたが、
      陽射しは明るいものの冷たい風が強く、凍える程でした。
      フェッラーラのご案内が続きましたので、今日は一服、
      2月の末、春の陽射しいっぱいの我がスコミーゴ村の様子
      そして春の訪れを告げる野生のクリスマス・ローズの緑色をどうぞ!

d0097427_341849.jpg

      ◆スコミーゴ  1

       地元の人だけが通る小道が、隣のオリアーノ村に。
       中程に見えるカーヴの左に続く木々はアカシアで、
       5月初旬には白い花がいっぱい。
       昨春lanさんが来られた時、オリアーノの友人ヴィッティと取りに行き、
       (車が殆ど通らないので、埃がかからないと)
       テンプラにして食べましたっけ
       (もちろん lanさんがお料理! 彼女、とても上手なのですよ)
       ええ、花そのものよりもテンプラが美味しかった!!
       
       今はこうしてスケスケに見えますが、
       夏はうっそうとした陰の、薄暗い道です。



d0097427_343745.jpg

      ◆スコミーゴ  2

       今迄とは違う場所、道に見つけた野生のクリスマスローズ

       春到着のお知らせ!
       この冬が厳しかったので、やはり少し遅めでしょうか?



d0097427_345514.jpg

      ◆スコミーゴ  3

       素晴らしい緑色



d0097427_351135.jpg

      ◆スコミーゴ  4

       ういういしく、清楚に!



d0097427_352820.jpg

      ◆スコミーゴ  5

       上の部分、花弁にギザギザがある細身の蕾が見えますか?
       この種は初めて見たような。



d0097427_354832.jpg

      ◆スコミーゴ  6

       1の写真の道を上ると、こうして開けた場所に。
       左奥の農家に続く道、そして隣村に続く道が分かれます。



d0097427_36587.jpg

      ◆スコミーゴ  7

       今、奥の農家からボクとママがやって来ますが、
       サングラスをかけたボクが何か駄々をこねて。
   


d0097427_362887.jpg

      ◆スコミーゴ  8

       2人の姿を撮りたかったので、待つ間を稼ぐべく、
       こんな宿り木も撮ったりして・・、はは



d0097427_364631.jpg

      ◆スコミーゴ  9

       はい、やっと!

       ボクはサングラスを取り、着ていたコートも脱いで足取り軽く。
       うん、暑いからコートが要らない、と言っていたんだね。



d0097427_37527.jpg

      ◆スコミーゴ  10

       いつもは茂った木で見えないスコミーゴ村の教会が、正面に。

       小さな丘の起伏がいくつも重なるこの辺りです。



d0097427_372128.jpg

      ◆スコミーゴ  11

       目にとまったタンポポ
       という事は、やはり春の訪れが遅いのですね。



d0097427_373839.jpg

      ◆スコミーゴ  12

       オオイヌフグリ
       色が少し薄めのブルーでした。



d0097427_375752.jpg

      ◆スコミーゴ  13

       野生のプリムラ
       枯れ葉の間から、むっくりと。



d0097427_381785.jpg

      ◆スコミーゴ  14

       この日は本当に暖かく、逆光に丘が霞んで。

       列を作るコブコブの木の細い枝は、
       葡萄の木の剪定後、支柱に結び付けるのに使われます。



d0097427_383826.jpg

      ◆スコミーゴ  15

       雲の間から射す陽に照らし出される、
       カルページカ村の教会と鐘楼。



d0097427_39070.jpg

      ◆スコミーゴ  16

       スコミーゴ村の北部分。

       奥に見える山はヴィットリオ・ヴェネトの山々。



d0097427_392154.jpg

      ◆スコミーゴ  17

       日向ぼっこを楽しむワン君。

       家の横から撮った時には、まるで無防備に寝ていましたが、
       家の玄関側に回ったら、流石、むくっと目覚めて。
       なかなかハンサムでしたので、またイタ犬でご覧頂きますね。



d0097427_394221.jpg

      ◆スコミーゴ  18

       我がスコミーゴ村とオリアーノ村の境には、
       丘の重なりの間のちょっとした谷部分があり、
       あちこちに湧き水がある様子。

       細い流れですが、煌めきながら。



d0097427_310236.jpg

      ◆スコミーゴ  19

       雑木林が刈り取られる風景。
       
       農家が畑を広げるのでしょうが、
       こういう風景を見ると少し残念な気が。



d0097427_311250.jpg

      ◆スコミーゴ  20

       最初の写真のカーヴする道の向こうに、細い流れの切れ目があり、
       もう一度雑木の列、そして広がる傾斜地。
       なんの木か可愛い落ち葉が敷き重なり、そのはずれに・・



d0097427_3112767.jpg

      ◆スコミーゴ  21

       またまた野生のクリスマス・ローズがあちこちに



d0097427_3114991.jpg

      ◆スコミーゴ  22

       花の丈が低く、おまけに下向きに咲くので、
       花芯の見える花を写すのが、なかなか。



d0097427_3121098.jpg

      ◆スコミーゴ  23

       流れの岸はかなりの傾斜。
       南向きの岸は日当たりが良く、風も避けるのか
       大きく咲いているのも見えるのですがぁ・・、

       もし足を滑らしたら、お尻も濡れるしなぁ・・。



d0097427_3122947.jpg

      ◆スコミーゴ  24

       散り残る葉が、逆光に光ります。



d0097427_3125039.jpg

      ◆スコミーゴ  25

       坂道を下りおり、村の平地に。

       道の角に、古い大きなコブコブの木。



d0097427_3131022.jpg

      ◆スコミーゴ  26

       いつもの、オリアーノ村の教会、鐘楼。



d0097427_3133071.jpg

      ◆スコミーゴ  27

       次の選挙はいつだっけ?
       ヴェネト州の州知事と、ヴェネツィアの市長が変わります。

       州知事候補、現農業大臣のルーカ・ザイア・Luca Zaia       
       彼が次期のヴェネト州知事でしょう。

       ヴェネツィアの現市長カッチャーリ氏は、
       政治に疲れたと引退を表明。
       元哲学教授には、やはり生臭さすぎるのかも!



d0097427_3135293.jpg

      ◆スコミーゴ  28

       ヴェネト訛りで書いてあるポスターをどうぞ。
       Stemo tenti de no farse ridar drio.

       標準語のイタリア語では、
       Stiamo attenti a non farci ridere dietro.
       後ろで笑われる事の無いよう、気をつけています。

       大体感じは分かったものの、
       間違いのないよう、先生に質問した正しいイタリア語で~す。
       ああ、語学の壁は高く厚く、立ちふさがりますねぇ!  


     ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       日本語版PCがインターネットに接続できず、1週間後の今も、
       未だに日本語を片方で打っては、キーに、そしてイタリア語版のPCに移し、
       貼り付けのメール、コメントでしのいでいます、う、う、う。

       今日火曜の午後テクニコが来てくれる予定が、たった今、別の客の所で
       ブロックされ来れない、というTELがあり・・・、う、う、う、
  
       このブログも、上の手順でアップする羽目に! きゃいん。

       まぁ、片方だけでも動いてくれて良かった、と思う事に。
       明日の午後来てくれるそうですが・・、さて。

       イタリアの生活はなかなか厳しいのでっせ、皆さん
       最新モードの国、とのみ甘く考えたらいけまへんえ。
       
       冬の寒さがドカッと戻った北国イタリアから
       では、また次回に!
       

by italiashiho2 | 2010-03-10 03:00 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(10)
2010年 02月 23日

   ・・・ スコミーゴ村 ・春の気配 ・・・

      先週、雨続きの間に太陽が顔を出した我がスコミーゴ村の午後
      新しいカメラで試し撮りに出かけた様子を、ご覧頂きますね。 ごゆっくり!
d0097427_1143673.jpg


      ◆スコミーゴ村  1

       久々の太陽の陽射しに、日向ぼっこの猫ちゃん、
       もう2人いたのに、カメラを向けるとさっと逃げ、
       うむ、スキャンダル発覚を恐れている奴らだな?!



d0097427_115080.jpg

      ◆スコミーゴ村  2

       いつもとは逆の方向、北に向かい。
 
       緩やかな坂道が続き、脇に葡萄畑が広がります。



d0097427_1152067.jpg

      ◆スコミーゴ村  3

       葡萄畑の丘の上、一本の大樹。

       散歩のワン君と男性の姿、見えるかな?



d0097427_1154173.jpg

      ◆スコミーゴ村  4

       丘に続く道に並木があり、この白い小屋が二つあり、
       この風景に、未だ見た事のないフランスを想像します・・。



d0097427_116499.jpg

      ◆スコミーゴ村  5

       スコミーゴ村の教会。
       
       こうして眺める通り、スコミーゴ村も結構広いのですよ。
       住人は850人ほどとか。



d0097427_1164519.jpg

      ◆スコミーゴ村  6

       丘の傾斜に広がる葡萄畑で、剪定作業が進んでいますが、
       どうやらこの一帯は、昨年春にカンティーナを見学した
       ビゾール・Bisol の畑だと気がつきました。
       本社は西のヴァルドッビアーデネですが、
       スコミーゴにも葡萄畑があると聞いたのを思い出しました。
       
       今辿るこの坂道を上りつめ、少し先に進むと
       べッレンダ・Bellenda のワイナリーもあり、
       有名なコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネの
       プロセッコの葡萄畑が広がり、あちこちにワイナリーが点在。

       いやぁ、本当にプロセッコは美味しいのですよぉ!!
       日本に入るとかなりお高いようですが、是非一度お試しを!
       
       ビゾールのワイナリー訪問はこちらに。
       http://italiashio.exblog.jp/9780374



d0097427_117929.jpg

      ◆スコミーゴ村  7

       こちらは道脇に見えた剪定済みの葡萄の木。
       この木肌、太さから見るとかなり古く、
       既に4,50年は経っていると思いますね。

       余分な枝はすべて取り払い、枝を下向きに結わえます。



d0097427_1174742.jpg

      ◆スコミーゴ村  8

       農家の納屋部分がこうして残されたままで、
       手前側の住居2棟は、綺麗に修復。

       金網が邪魔で、かといって内庭には入れず・・。



d0097427_118761.jpg

      ◆スコミーゴ村  9

       手前がスコミーゴ村で、
       木の向こう、真ん中部分が西隣のオリアーノ村、
       も一つ西の小高い丘がフォルメニーガ・Formeniga の丘。
       そしてその奥にも見えますね。

       ええ、こんな風に幾筋も、丘の流れが波打ちます。



d0097427_118298.jpg

      ◆スコミーゴ村  10

       北に見える境の山。
       この冬、山の雪は増えたり減ったりが何度も。
       


d0097427_1185423.jpg

      ◆スコミーゴ村  11

       坂道を折り返し、家に戻ります。

       雨続きで、畑の脇の水溜りに映る青空。



d0097427_1191734.jpg

      ◆スコミーゴ村  12

       村はずれの、子供用サッカー場で活躍するモグラ君。



d0097427_1194163.jpg

      ◆スコミーゴ村  13

       この畑でも剪定作業中で、
       お供しているワン君が吠えながら走り寄ります。

       逆光に毛が光り輝き・・。

       立ち止まり、声をかけつつカメラを向けると、
       ご主人の方をチラチラと見ながら
       そろっと尻尾を振り始め、ははは、もう吠えません。



d0097427_120419.jpg

      ◆スコミーゴ村  14

       枯れ葉も色あせ、白くなり。



d0097427_1202658.jpg

      ◆スコミーゴ村  15

       山の雪は多くても、確実に春がやって来ています。
       トウダイ草でしたっけ?



d0097427_1204762.jpg

      ◆おまけ

       お天気を幸いに、孫の散歩に出かけるシニョーラと家の近くで。
       シニョーラとは知り合いですが、彼とは初顔合わせ。
       で、この疑いのまなざし!
       チャオチャオ、と一応手を振ってはくれるのですがぁ。

       ああ、ワンちゃんなら初見で落とせるのになぁ!


     ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!       
     
       23日からフェッラーラ・Ferrara に3日間行く予定ですが、
       お天気で村一周をしましたのでアップを。


       新しいカメラの使い心地、確実に良いです!!
       ピントが自分の思う場所に移せる、これがまず何とも気持ちよく、
       ISOを上げても大変にキメが細かいので、従って、
       グレイのフィルター(昔買って持っているのも忘れていた)が使え、
       空の色などの発色が自然な鮮やかさに。

       撮影モードが、風景とか人物とかではなく、
       スタンダード、ニュートラル、ヴィヴィッド、モノクロという
       色の好みでのとらえ方で、これも良いです。
       今回の写真が以前に比べ、色が柔らかいとお感じでしょう?!

       現像スタンプ代無料のデジタル写真の利点を活用し、
       この3年間は大いに撮りまくりましたから、
       カメラについてもあれこれと自分なりに
       幾らか分かって来たのかも、と考えた事でした。
       
       芸術作品を狙う柄ではないので、旅先で思うように動いてくれ、
       おまけに期待以上の反応を示してくれるのが一番嬉しい訳ですね。 

       という事で明日より、エステ家のお膝元フェッラーラに行って来ま~す
       この街は久し振りなので大変楽しみでもあり、
       探訪しつつ多いに撮りまくり、使い方にも慣れて来ま~す。

       では、また。  お元気で!
       


      


by italiashiho2 | 2010-02-23 01:05 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(12)
2010年 02月 03日

   ・・・ またもや、雪景色! ・ コッレ・ウンベルト村 ・・・

d0097427_0533116.jpg

       先週土曜の朝、雨戸を開けましたら、なんと真っ白!
       わぉ! 天気予報では雪とは言ってなかったよ・・、が
       暮の雪ほど積ってはおらず、降ってもいないので、
       車にカメラを積み、郵便局、ワインの買い出し、文具店にと出かけ、
       ついでに隣の コッレ・ウンベルト・Colle Umberto の村を一回り

       上の写真は文具店の前からですが、この右手は・・、



d0097427_0534872.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  1

       文具店の前を通る道の向こう、この畑景色が広がります。

       手前はトウモロコシ畑、奥は葡萄畑が既に選定済み、
       大好きな風景ですが、この左手は・・、



d0097427_054622.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  2
  
       トウモロコシ畑が広がる奥、少し高台に大きな農家があり、
       2本の大きなポプラの樹の前には、廃屋も。

       手前の畑の上に、霧が帯になって流れるのを見た事があり、
       あの何とも言えない雰囲気、ちょっと凄かった。

       右端に人影が見えるのは、



d0097427_0543572.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  3

       親子と黒いワンちゃんの雪遊び。

       寒すぎて他に人影は見えず、
       遠くからのハシャギ声が聞こえます。
       それにしても、マンマの着込んだ丸い姿!



d0097427_055183.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  4

       積った雪の量はそう多くないのですが、
       とにかく冷え込みがきつく、
       隣の畑との境の木々の色、如何にも 冬 でしょう?
       はい、寒さお届け! です。 ははは。



d0097427_0552131.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  5

       文具店前からの写真の道は、平坦に見えましたよね?
       でも少し先から、この上り坂!
       長~~~い上り坂で、並木のトンネルで一番上が見えない程!

       車だと問題なしですが、
       かっての自転車時代、夏など途中で生き倒れになるかと・・!



d0097427_055537.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  6

       半分以上のぼった所、左手に葡萄畑が開け、
       北の晴れた山並が望めます。

       飛行機雲2本、いや、3本かな。



d0097427_0561775.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  7

       いつもご覧頂いている、山の重なり。

       あの山の間を、北国に向かう道が続きます。



d0097427_0563735.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  8

       上り坂の右手には、お城が見えます。
       かってに、コッレ・ウンベルト村と呼んでいますが、
       本当はコッレ・ウンベルト市なのですね。
       ですが中心に何軒か店があるだけで、他にはな~んにも!
       
       かっての伯爵家のお城で今もお住まい、というのは
       聞きもし書いたけど、調べた事がなかったなぁ、と
       19年めにしてウィキペディアを。ははは。
       ところがかなりの量があり驚き、おまけに日本語版も。
       ただし例によって、
       コッレ・ウンベルト(Colle Umberto)は、人口4,572人の
       イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ県のコムーネの一つである。 
       出身著名人   オッタビオ・ボテッキア(自転車ロードレース選手
       という3行のみ。 
       いやいや、項目があったぁ! と喜ぶべきなのかも・・。
       
       天候温暖のこの丘の上には、先史時代からの移住があり、
       考古学の発掘品も多いとか。
       ローマ期には、2つの大拠点地であった南のオデルツォ・Oderzo
       ヴィットリオ・ヴェネトのチェーネダ・Ceneda を結ぶ街道上に。

       この快適な丘の上に目をつけ11世紀に修道院を造ったのが、
       ベネデット派ポンポーザ・Pomposa の修道院の僧たちで、
       今見えるお城の前身にあたり、半分は教会が残ります。
       この当時、中世からこのコムーネは単にコッレ・Colle ・丘の意または
       その変化形で呼ばれ、後ろにウンベルトという名がついたのは、    
       19世紀に当時のイタリア国王ウンベルトが、この地を訪問された記念と。

       ヴェネトからエミーリア・ロマーニャ州に入ってすぐの
       ポンポーザの修道院は訪れた事があり、
       その素晴らしさに驚いた事を良く覚えていますが、
       お隣の村に関連して名前が出た事に、少しびっくり。

       肝心のこのお城の名前は、ルケスキ・Lucheschi 城(家)と言うそうで、
       ロンゴバルド系なのかもですね。
       コッレのコムーネは14世紀までは、ヴィットリオ・ヴェネトの 
       セッラヴァッレのカミネージ家の下に、後にヴェネツィア共和国に。

       ヴェネト一帯の歴史は大変シンプル
       どこもかしこも14、5世紀にヴェネツィア共和国の下に入り、
       18世紀末まで平和を享受、で済みますから!
       
       オデルツォのご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/6058338

       ヴィットリオ・ヴェネトのご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/10641657

       ポンポーザの修道院と、エステ家のお狩り場だったメーゾラの森は
       http://italiashio.exblog.jp/8922205

       ついでに、イタリア最長のポー河がアドリア海に注ぐ場所も
       エステ家のかっての城、干拓のための水門もご覧になれます。
       http://italiashio.exblog.jp/9008175



d0097427_0571190.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  9

       お城の下側は、
       やはりこんなトウモロコシ畑と農家。

       以前はもっとトウモロコシ畑が多く、ひまわり畑もあったのです
       が、どんどん葡萄畑に変わっています。
       世界の中でイタリア・ワインの評判が高まり、売れ行きも良く、
       今年はフランス・シャンパンの売り上げを、
       我らのプロセッコが抜いて、ついに1位になったとか! イェイ!

       と、喜ばしい話ですが、
       あの黄色い絨毯を広げたような広い畑の思い出
       スコミーゴ村近辺のみならず、コネリアーノの町のすぐ入り口にも
       あちこちにあったのです。
       葡萄畑になり、工場地、宅地になり、
       イタリアのこの田舎も、少しずつ変わって行きます。
       
       昨年春のプロセッコのワイナリー訪問をどうぞ
       http://italiashio.exblog.jp/9780579
       http://italiashio.exblog.jp/9780374



d0097427_0575136.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  10

       上って来た坂道を振り返り。
       ライトを点けこちらに向かう車、あの辺りが坂の中程、
       さて、2k位続く坂道でしょうか?

       下り坂の途中に、生意気にも、スピード表示の出る盤があり、
       50k制限で、それ以上は-5点とか出るのですが、
       最近、無意味な事が漸く分かったかして、表示が出なくなりました。
       ざまあみろ! 



d0097427_058139.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  11

       数える程の店が並ぶ中心街を過ぎ、ははは、
       またすぐに両脇に葡萄畑が続きます。

       雑木林がいい色!



d0097427_0583496.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  12

       この場所は以前もご覧頂いてますが、
       大好きな道で、好きな景色が広がります。



d0097427_059937.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  13

       葡萄畑の眺めが好きなのは、この杭の並び。
       きちんと測られ、等間隔に土地の起伏に沿って続きます。

       平地では放射線状にも見え、
       丘の土地では、列が向こうに消えて行きます。



d0097427_0593025.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  14

       この葡萄畑は、まだ剪定が済んでいませんね。
       早い畑では暮の内に、遅くとも2月までには。

       スコミーゴ村の坂下でも、
       この寒い日に剪定作業の姿が見えました。



d0097427_0595531.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  15

       市役所やお城のある丘を北に下った所から。

       いつも見ているヴィゼンティン・Visentin の山ですが、
       平野から見る標高1763mはやはり高い。

       我が家辺りは雨だった昨日、奥は雪だったようで、
       今朝見る山はもっと白く、夏の姿をご覧頂いた
       アルト・アディジェ州のシロール近くの山間で、零下47度を記録!
    


d0097427_10199.jpg
  
      ◆コッレ・ウンベルト  16

       畑の奥の家に続く小道との分岐点にあるベンチ、
       バスの待合にでも利用されるのかも。



d0097427_104053.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  17

       青空が少しでも覗くと、雪景色は一層美しく。



d0097427_105879.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  18

       小さな枯れた花の一つ一つにも、積った雪。



d0097427_112555.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  19 

       葡萄畑の脇の運搬用のタンクにも雪、
       消毒薬用かな?



d0097427_115075.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  20

       葡萄畑の遥か向こう、
       いつものオリアーノ村の鐘楼が見えます。



d0097427_121034.jpg

      ◆コッレ・ウンベルト  21

       少しずつ青空が広がり始め、
       北国との境の山に落ちる雲の影が
       ゆっくりと動いて行きます。

       さて、凍えぬうちにお家に帰ろ!

       ほぼ同じ場所でも、色のある景色はこちらに。
       http://italiashio.exblog.jp/9036585

       
     ◆*◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨年、給湯と暖房設備を重油ボイラーから都市ガスに切り替え、
       工事申請から実際の工事終了まで半年以上かかり、
       おまけに予想以上の出費となりましたが、大正解でした。
       ちょいちょい問題を起こしていた重油ボイラーに比べ、
       順調に働いてくれ、ガス代も安いです。
       
       とはいえ、
       スチーム暖房と言うやつは部屋が寒くない、という話で、
       暖炉やストーブやコタツの温かさとはまるで違いますから、
       この寒さでは時々スチームに貼りつきに!

       バッタ君が1匹窓の桟にしがみつき越冬中ですが、
       奥の奥に引っ込んでいたのが、春の陽射しに誘われ表の桟に。
       所がこの再びの雪で、また奥の桟に!
       ははは、彼らも気温をしっかり感じ取っていますね。
       が、飲まず食わずでよく何ヶ月も居れるもの!と感心します。
       春が待ち遠しいのは、みな同じですね

       皆さんも、お元気で!

      ◆*◆

       新しくリンクいたしましたブログのお知らせを。
       
       フランスはブルゴーニュにお住まいの Otiumさんの
       エスカルゴの国から
       http://otium.blog96.fc2.com/

       イタリアに住み、フランスのニュースを見たり映画を見ると、
       すぐお隣なのになんと違う事よ、と改めて感じます。
       そんなフランスの生活事情をどうぞ!
       

by italiashiho2 | 2010-02-03 00:49 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(6)
2009年 12月 30日

   ・・・ スコミーゴ村 雪景色 ・・・

d0097427_540068.jpg

      今月19日の土曜日、前日からの予報どおり
      朝起きたら、外は真っ白の雪景色!
      おまけに降り続いており、大変な冷え込みでした

      雪景色にはちょいちょいなるものの、
      隣のオリアーノ村はまるで見えない程の曇り空。
      なかなかこれ程の雪景色、冷え込みは珍しく
      早速に雪遊びをする子供達も、この親子のみでした。

d0097427_5404177.jpg

      ◆スコミーゴ村  1

       とにかく静か!
       
       これ程シーンとした雪景色は、
       長野の子供時代以来かも。



d0097427_5414719.jpg

      ◆スコミーゴ村  2

       テラスのテントを上げて。



d0097427_5424522.jpg

      ◆スコミーゴ村  3

       翌日曜日は快晴のお天気となり、
       雨樋を伝わり、屋根の雪が解ける水音が賑やか

       冷え込みは強いものの、
       午後堪らずに、村内巡りに出かけました。

       隣のオリアーノ村との境に広がる葡萄畑。
       昔はトウモロコシの畑だったのが、
       近頃はどんどん葡萄畑に変わって行きます。



d0097427_546019.jpg

      ◆スコミーゴ村  4

       小さい猫じゃらしの先に、ちょっと残った雪
       見えるかな?



d0097427_5464281.jpg

      ◆スコミーゴ村  5

       スズシロですっけ?
       野草が、皆同じ方向に首を垂れていましたが・・?!



d0097427_5473159.jpg

      ◆スコミーゴ村  6

       奥の民家に続く小道。



d0097427_5482686.jpg

      ◆スコミーゴ村  7

       トウモロコシ畑の残りと、
       雪の白で、良く分かる枝ぶり。



d0097427_5491799.jpg

      ◆スコミーゴ村  8
      
       丘の起伏に沿う、葡萄畑の畝



d0097427_5501340.jpg

      ◆スコミーゴ村  9

       ここの畑は既に剪定済み。

       短く切られ、枝を下向きに結わえられ
       春を待ちます



d0097427_550571.jpg

      ◆スコミーゴ村  10

       手前の畑の向こうに低い谷があり、
       コンドミニオが2棟並びますが、
       奥の階段状のに、我が家があります。

       奥に見える高い山の向こう側に、
       ベッルーノの町



d0097427_5513469.jpg

      ◆スコミーゴ村  11

       道脇の駐車場を囲う木の柵、
       解け落ちる水が、小さな氷柱を。



d0097427_5523037.jpg

      ◆スコミーゴ村  12

       西隣のオリアーノ村の眺め
       教会の、傾いだ鐘楼。



d0097427_5533815.jpg

      ◆スコミーゴ村  13   

       陽の光の明るさに騙され、帽子をせずに出かけましたが、
       家を出るなり、耳がジンジンとするほどの冷え込み

       車も殆ど通らぬ、雪の半解け道。
       家の陰などは、まるで凍っていますが、
       そろそろと谷の道を下りつつ、
       吹き付けたような雪の美しさに見とれました。



d0097427_5543494.jpg

      ◆スコミーゴ村  14

       谷の底に斜めに差し込む午後の光、
       枯れ草の細い筋が金色に



d0097427_5552622.jpg

      ◆スコミーゴ村  15

       残された柿の実に積もる雪。



d0097427_5562514.jpg

      ◆スコミーゴ村  16

       ドアの前で、重なっている猫ちゃん

       思わず吹き出しましたが、
       いやぁ、寒かった!
       分かる、分かる、あんた達の気持ち!



d0097427_557698.jpg

      ◆スコミーゴ村  17

       我がコンドミニオに近い、村外れから見える
       東のコッレ・ウンベルト村



d0097427_5575537.jpg

      ◆スコミーゴ村  18

       先にご覧頂いた、ヴェネト平野の北の端、
       ベッルーノとの間に屏風のように立つネヴェガルの山々

       あの山のお陰で、こちら側は雪も少なく、
       冷え込みもずいぶん違うとか。



d0097427_5584687.jpg

      ◆スコミーゴ村  19

       上の写真のネヴェガルの山の麓、
       ヴェネト平野の北の端の町、ヴィットリオ・ヴェネト

       この町は、第1次大戦の戦勝記念で
       ふたつの町が一つになりましたが、
       手前に広がるのがチェーネダ・Ceneda.
       山の上に古い城の塔が見えますが、
       その右手前は司教館。

       もう一つのセッラヴァッレ・Serravalle は、
       チェーネダの山裾を回り、
       奥に細長く続いて行きます。
       右山腹に見えるのが、サンタ・アウグスタの聖所。

       こうして次々と山裾を巡りながら峠を越し
       ベッルーノ、コルティナ・ダンペッツォ、そしてオーストリアに


      ◆*◆*◆ 

       ブログご訪問、有難うございます!

       クリスマス、お正月とあれこれレッスンのお休みが続き、
       学生やお勤めの人がお休みを喜ぶのと似た気分になり、
       折角の雪景色の写真もご覧いただきたく、急遽アップを。

       山の方はもう一度雪が来て真っ白になりましたが、
       その後は雨続きで、何と今は山も、まるで雪がありません!
       となると、やはり見ていただきませんと。

       年明けは、またお休みに相応しい話題をと考えていますが、
       さて、どうなりますか。

       お正月準備で忙しい女性の方々、ご苦労様です!
       皆様、お体にお気をつけて
       良いお年をお迎え下さ~い!!
             
     

by italiashiho2 | 2009-12-30 05:36 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(16)