イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 25日

   ・・・ チステルニーノ ・ サン・クイリコのお祭り ・・・

     今日は、月一ゲスト、グロリオーザさんのご紹介で、
     南イタリアのプーリア州、バーリと、ブリンディシの中ほど、
     チステルニーノ・Cisternino という町にご案内です。 コメントも彼です。

      今回は南イタリア、チステルニーノという、小さな町で行われた祭りの紹介です。
     この町は、プーリア州イトリアの谷を見下ろす高台にあり、人口約1万人。
     イタリア半島の長靴の形で考えれば、殆ど、かかとのへんにあります。
     ローマからユーロスターで、5時間ほどかかってバーリという都市に行き、
     鈍行に乗り換えてファッサーノで降り、バスでさらに1時間ほどで到着です。
     バーリから、スッドエスト線という私鉄でも行けますが、
     私鉄の駅は谷底のあたりにあるため、町にたどり着くには、
     山登りに近い“苦行”をしいられますので、バスがお薦めです。
     町にはタクシーが一台しかなく、捕まえるのはほとんど不可能です

 

       イトリアの谷の全景です。 アドリア海まで15キロ
       海抜400mの場所にある町からは、
       アルベロベッロで有名になった、トゥルッリという
       とんがり屋根の家も見られます。
d0097427_0304542.jpg




       谷の向こうに見える町は、バロックの装飾があふれる
       マルティナ・フランカです。
d0097427_03169.jpg




       チステルニーノは、旧市街地区が
       白い家で埋め尽くされたラビリンスですが、
       ここは、旧市街のなかでは開けた広場になっています。
d0097427_0313918.jpg


      法政大学の陣内教授の本を読んでいて、この町の
     素朴で、素敵な祭りをぜひ見てみたいと思ったのが、
     この町に来るきっかけでした。
     そして思い通りの、素晴らしく温かい祭りに、
     出会うことが出来ました




       さあ、祭りの始まりです。
       この祭りは「サン・クイリコの祭り」と呼ばれ、
       町を襲ったペストの終焉を、守護聖人のサン・クイリコに
       祈願したのが始まりといわれます。
       起源は、ヴェネツィアでいえば、
       レデントーレや、サルーテの祭りに似ていますね。
d0097427_0321415.jpg

       ブラスバンドが、祭りの開始を告げて町を行進します。



       旧市街の入口にある、マトリーチェ教会では
       午後7時からミサが始まります。
d0097427_0324783.jpg

       この写真は、ミサの前の教会内部です。



       少女たちが主体の鼓笛隊が、
       教会前でスタンバイしています。
d0097427_0331067.jpg




       ミサが終わり、普段は主祭壇の右横に安置されている
       木製の聖母子像が、司祭たちによって
       教会から外に担ぎ出されます
d0097427_0333328.jpg

       これは、年に1度だけの事で、
       町民から、大きな拍手が沸きました。



       バンド、僧、町の有力者たちが列を作って
       行進が始まりました。
d0097427_0341478.jpg




       街路に設置されたイルミネーションに
       光が灯りました。
d0097427_0344245.jpg



       華やかなムードが、あふれます。
d0097427_035845.jpg




       広場の奥のイルミネーションは、塔の形をした、
       ちょっと変わったイルミネーションでした。
d0097427_0352964.jpg




       広場の地面には、地元のアーチストが
       マリアの絵を描いています。
d0097427_036481.jpg




       広場と通りには露店が並び
       日本の夏祭りの雰囲気もありました。
d0097427_0362989.jpg




       旧市街の中にある広場には、舞台ができ、
       音楽の演奏もありました。
d0097427_0365441.jpg




       通りのイルミネーション
d0097427_0372511.jpg

       こんな形は、東京の人なら見た事があると思います。
       そう、丸の内仲通りで、2000年頃に行われた
       ミレナリオのイルミネーションと、そっくりの形です。
       あれもイタリア人がデザインしましたが、
       その原点はこちらだと思います。



       行進では、サンクイリコを讃える言葉を
       みんなで歌うように繰り返しながら、
       旧市街を取り囲む周回道路を、一周します。
d0097427_0375448.jpg

       最初は、せいぜい20mほどの長さでしたが、
       次々に町民が列に加わり、教会前に戻ったころには
       100m近くの長い列になっていました。
       みんな、町最大の祭りに参加することに、
       誇りを持っているようでした。



       聖母子像が、教会前に戻ってきました。
d0097427_0382257.jpg




       町中の人が、像と行列を取り囲んでいます。
d0097427_0385330.jpg




       広場で市長が、町の安全と町民の健康、
       幸せを祈る言葉を、語りかけています。
d0097427_0391324.jpg




       すべての行事が無事終わり、
       聖母子像が教会に戻ります

       この時、上空では、小さな花火が夜空を彩っていました。
d0097427_0393779.jpg
   
       聖母子像は、マリアが慈しみの目で、
       幼いイエスを見つめています。
       とても優しく、それでいて強い意志を
       心に秘めた表情です。
       その愛に包まれて、絶対の信頼とともに
       聖母を見上げる、イエスのあどけなさも愛らしく、
       理想的な母子の姿を、象徴しているようでした。

       この祭りは、8月の第一日曜日に行われます
       私にとっては、忘れえぬ祭りの一つになりました。
       また、それ以上に、この町の人たちの優しさ
       数々の親切などに、本当に感謝の気持ちで一杯です。
       日本では、あまり知られていない場所ですが、
       一押しの町でした。




by italiashiho2 | 2008-01-25 00:27 | ・南イタリア Italia sud | Comments(2)
2008年 01月 18日

  ・・・ 憎い あんちくしょう達! ・ ワンちゃん編 ・・・

d0097427_083369.jpg

      ◆ハワイ、 サーフィンするワン君

      この絵葉書は、ハワイのスポーツ用品店で。
      古い写真と思うのですが、なかなか素敵なので
      まずは、ご紹介です。

     以前にご紹介いたしました、GATTI BASTARDI・
     ガッティ・バスタルディ という写真集の
     今日は、ワンちゃん編 CANI BASTARDI から
     ご紹介いたします。
     小振りの写真集は、MONDADORI出版社です。

     

d0097427_091372.jpg

      ◆写真集の裏表紙

     CANI BASTARDI は直訳ですと、雑種犬 ともなりますが、
     登場のワンちゃん達の様子が余りに可笑しく、可愛らしく、
     その抵抗できない、憎めなさから、敢えて
     憎い、あんちくしょう達! と致しました。
     名前と、年齢と、そして家主たちの短いコメント付です。
     どうぞ、お楽しみ下さい!!

     猫ちゃんの写真集よりも、変装させての
     面白さを狙ったのが多いのですが、
     あえて、そうでないのを選びました。
       
      このタイトルは、
      大きくなったら、ハンサムになるよ!
      
     

d0097427_094326.jpg

      ◆リロイ  4歳

       これらは、単に、私の妻の幾人かです
       ホンマかいな?!

       妻の名は、左から、
       フりータ、ブリータ、ジャダ、ゴーディ。



d0097427_0101837.jpg

      ◆アルフレード  5歳

       ロッコ、別れの盃を交わそうかね

       別れの盃の交わしすぎ、かな?



d0097427_0114100.jpg

      ◆ダラス  2歳

       このポーズは、「頭を下げた馬鹿」 と言います



d0097427_0114447.jpg

      ◆トラヴィス 4歳 と テックス  

       ボクの弟は、麻薬患者療養所から、出てきたばかりです

       どちらが元患者か、目つきから、ご判断下さい!



d0097427_0122386.jpg

      ◆エルニー  8ヶ月

       カワイコちゃん、きつく抱いてくれ!



d0097427_012584.jpg

      ◆スコッティン  2歳

       インゲン豆を食べた時は、お腹を上にして寝るように
       と、妻が言います



d0097427_0133392.jpg

      ◆ボディ  7歳

       ボクの毛布の上で寝たことを、謝りなさい



d0097427_0141685.jpg

      ◆シンバ  6ヶ月

       この隠れ場所では、好きなだけオナラができるよ



d0097427_015062.jpg

      ◆ターシャ  7歳

       君みたいな綺麗な鶏ちゃんが、こんな場所で何してるの



d0097427_0153734.jpg

      ◆ヴァン  1歳

       ワァオ!  なんというボディーだ



d0097427_016874.jpg

      ◆サムソン  2歳

       クラッシュ・テストの、犬係をするのはイヤだけど
       生きて行くためには、稼がないとね



d0097427_016545.jpg

      ◆アル  1歳

       お前の匂いは、本当に素敵だ

       いいなぁ、この台詞、このトロンとした顔!



d0097427_0173217.jpg

      ◆パディン  1歳

       音なし、でも、致命的

       イタリア語で、スコレッジャ・scoreggia と言います。



d0097427_0181040.jpg

      ◆ジョニー  4歳

       ボクは、君の悪夢だぞぉ

       あはは、最後は、迫力の顔 で決めました!

by italiashiho2 | 2008-01-18 00:06 | ・イタ猫イタ犬動物 gatti -   | Comments(6)
2008年 01月 12日

   ・・・ハワイの休日 ・ 海、浜、サンセット、そして・・・

     遅まきながら、  新年おめでとうございます!
     本年も、どうぞよろしくお願いいたします

     昨年のクリスマス前から2週間ちょっと、
     ハワイの友人を訪ね、初めての土地を楽しんで来ました。
     ビキニで日焼け という事は、ありませんでしたが、
     久し振りにおせち料理も食べ、日本食も、ハワイ式も、
     初めてのタイ料理も、色々食べましたし、
     友人の車であちこち、つれて回って貰いました。
     今日は、そんな、ごちゃ混ぜハワイ をご覧頂きますね。

d0097427_10102079.jpg

      ◆ハワイ行き

       イタリアからハワイに行くには、大変です。
       なにせ地球の裏側になりますので、ヴェネツィア
       アムステルダムサン・フランシスコホノルル と
       待ち時間を入れると、25.6時間かかります
       
       これは、アムステルダムからの飛行機で見た
       夜明けの月です。



d0097427_10104577.jpg

      ◆ワイキキの浜

       そして、なにわともあれ、ワイキキの浜。
       まぶしい!!



d0097427_10111411.jpg

      ◆静かな浜  1

       賑やかなワイキキの浜から、東に、
       ダイアモンド・ヘッドの東の浜です。
       ご覧のように、人気もなく、本当に静か!
       浜の砂の、小粒で綺麗なのに、驚きました。



d0097427_10114566.jpg

      ◆静かな浜  2

       実はここに、友人のワンちゃんを
       泳がせに来たのです!
       まうい は、かなりのお年ですが、泳ぎが大好き。
       ビーチと聞くと、車の中でも待ちきれないほどで、
       浜辺用の布の円盤(なんて言ったっけ?)を投げてもらい、
       勇んで取りに、ザッブーン。
       私めも、ン十年ぶりかに、浜を裸足で歩きました!



d0097427_10121772.jpg

      ◆ハナウマの海  1

       ワイキキの浜から、ずっと東に行くと、
       ハナウマ という湾があり、
       熱帯魚の保護地区があるそうですが、
       見物はパスして、湾の風景のみを。
       ブーゲンビリアの花。

       ハナウマ というと、花馬と書けそうな気がしません?!



d0097427_10124613.jpg

      ◆ハナウマの海  2

       上の展望台からの眺め。
       明るい色に見える環礁部分では、
       ダイビングの練習をしているのが見えます。
       
       向こうの岬の突堤には、ドッドーンと
       大きな大洋の波が砕けるのが見え、
       何回かに一回の、大きな波の砕けるのを撮ろうと
       待つのですが、なかなか上手く行かず。
       「今の、なんで撮らんのん?!」
       ええ、ワッシの人生と同じで、
       肝心な時には、逃すのでおますよぅ!



d0097427_10132173.jpg

      ◆ブギ・ボードの浜  1

       ワイマナロ という所で引き返しましたが、
       途中、波の荒い浜に寄りました。
       ここは、サーフィンというよりも、
       ブギ・ボードという、サーフィンの板よりも短い板の
       波乗りが、盛んな所だそう。

       夕方近く、浜には赤旗が立っているにもかかわらず、
       たくさんの若者が、遊んでいます。
       見ていると、やはり映画のようには
       上手く行かないようで・・。



d0097427_10135182.jpg

      ◆ブギ・ボードの浜  2

       海を見つめる、4人組。



d0097427_15551317.jpg

      ◆車のナンバー

       ハワイの車のナンバー・プレート。
       可愛いでしょう?
       虹がついて、アロハ・ステート と。
       おまけに、ハイビスカスの花まで。
       
       ハワイは、虹が多いので有名だそうで、
       冬のこの時期、雨季で、確かにいくつも!

       **
       友人よりメールを頂き、ナンバーの数字から、
       個人が特定できるから、と助言を頂きました。
       申し訳ないです。
       真ん中の部分だけ、消させて頂きました。



d0097427_101598.jpg

      ◆アリゾナ記念館  1

       今回ハワイに行く前に、ひとつも下調べをせずに
       出かけ、友人宅でガイドブックを見ました。
       で、見たいものは? と聞かれ、「真珠湾
       運転手、車、通訳つきの贅沢な旅なのです!

       真珠湾、アリゾナ記念館 に、行って来ました。



d0097427_10154753.jpg

      ◆アリゾナ記念館  2

       記念館の庭からの眺め。
       真ん中奥に見える船が、ミズリー号
       その右、細長く白く見えるのが、アリゾナ記念館

       アリゾナ記念館には、入場無料ながら
       毎朝配布される切符が必要で、
       朝6時半頃から並び、7時半から配布、
       10時ごろには、無くなると言うのです。
       これは無理かと思いましたら、親切な案内係で、
       戻されたらしい切符2枚を分けてくれ、
       無事、最後から2番目のグループに、加われました。



d0097427_10162738.jpg

      ◆アリゾナ記念館  3

       最初に、20分ほどの記録映画があり、  
       それを見て後、船で記念館に渡ります。
       
       最初に見た博物館では、写真や、日本海軍の旗艦
       赤城の模型もあり、日本語のパンフレットもありました。       
       そのパンフレットに、不名誉の日 と
       大きく書かれていて、正直、少し違和感を感じました。
       真珠湾攻撃の日 を、そのように捉えているのかと、
       改めて、振り返りました。



d0097427_1017469.jpg

      ◆アリゾナ記念館  4

       記念館は、日本軍の攻撃を受け沈没した
       アリゾナ艦を跨ぐ形で、あります。
       水上に出ている艦の遺物と、まだ滲み出ている油。



d0097427_10173478.jpg

      ◆アリゾナ記念館  5

       細長い、奥の部分の壁に、戦没者の名が
       刻まれているのが見えます。

       あんなに、ハワイ中にあふれている
       アジア系の顔が、ここではほんの少し、
       圧倒的に、アメリカ人です。
       みな静かで、少し気圧される気もするのは、
       こちらの思い過ごし?



d0097427_101858.jpg

      ◆アリゾナ記念館  6

       そして向こうに、ミズリー号が見えます。
       そう、あの甲板上で、
       日本は、無条件降伏に調印したのでした。
       舞台装置が、調っていると言うか。



d0097427_10183715.jpg

      ◆2007年12月31日の夕陽  1

       ハワイの冬は雨季 と聞いていましたが、
       実はこんなに、雨が降るとは思いも寄りませんでした。
       前半の1週間は、殆ど雨!!
       時に、ものすごいスコールも来、風も強く、
       夜中じゅう、雨音がひどい時もありました。
       マノア地区は、ホノルルでも、雨量が多く、
       ワイキキに行くと、お天気という事はしばしば。

       が、この2007年の最後の日
       なんと夕方は、大変なお天気になり、
       まうい の散歩のお伴をしながら、
       一年最後の、夕暮れを楽しみました。



d0097427_1019827.jpg

      ◆2007年12月31日の夕陽  2

       友人の家は、ホノルルの街の北、
       山間の谷に当たる、マノア という地区にあり、
       街の中心から、約6キロほどとの事。
       家の窓からも、ワイキキのビルが一部見えますが、
       家の周囲の、マウイの散歩に付き合うと、
       大変見晴らしがよく、夜も街の明かりが綺麗でした。

       最初、このマノアが覚えられず、何度か聞き返し、
       「まうい は、3度で学習するよ
       「私が、まうい よりマシと思っているの?!」



d0097427_10195987.jpg

      ◆2007年12月31日の夕陽  3

       この大晦日の夜は、海の上に雲があり、
       海に沈む夕陽ではありませんでしたが、
       やはり、大変荘厳でした。



d0097427_10203087.jpg

      ◆2007年12月31日の夕陽  4

       照り返しが、一瞬輝き、
       2007年が、終ります



d0097427_1021047.jpg

      ◆2007年12月31日の夕陽  5

       マウイの散歩に連れ、場所があちこちと。
       いま、街の灯が輝き始め、
       いよいよ、爆竹や花火の、
       賑やかな夜が、始まります!
       いやぁ、本当に、爆竹の音が凄かった!!



d0097427_1022163.jpg

      ◆昼間の眺め  

       お天気の良い日、昼のお散歩に付き合うと、
       こんな風に、街が見えます。

       それにしても、緑が濃い
       まさに、夏の緑で、これでいくら
       クリスマス、お正月と言われても、
       やはり今回は、ピンと来ませんでしたね。



d0097427_10225194.jpg

      ◆大きな樹  

       車で通りながら、樹の大きさ、高さに
       感心ばかりしていました。
       この雨量、そしてこの高温で、
       樹木の生長が、著しいのでしょう。

       この樹は、近所でも一際大きな、
       太い幹をしていたのですが、
       こうして写真に撮ると、イマイチ、
       その大きさが伝わりませんね。
       残念! 



d0097427_10232493.jpg

      ◆島内一周  1

       車で、オアフ島内一周に出かけました。
       最初に距離計を0に設置、
       まずは、ドールのプランテーションまで。
       ドールというと、即、バナナと出そうですが、
       ここは、パイナップルだそうで、
       こんな、パイナップルの赤ちゃんを見ました。



d0097427_10235795.jpg

      ◆島内一周  2

       オアフ島一周といっても、島の西側は
       道が途切れているので、
       真ん中を北に真っ直ぐ、そして東の海側を
       通って、ワイキキまで戻ります。

       島の北、ノース・ショアが近づいた頃。
       この辺りは、大変な赤土で、
       かっては、一面パイナップル畑だったそう。
       今は、一部にコーヒー園が見えますが、
       ほとんどが見晴るかすような平地で、
       なんとなく、古い土地のイメージが湧きます。



d0097427_10243027.jpg

      ◆島内一周  3
       
       西部の開拓地のイメージのある
       ノース・ショアの町のはずれで、
       海老を食べました。

       車の屋台が、何台かあり、
       それを取り囲んで、椅子とテーブルが。
       こんな場所を、何箇所か見かけました。
       プラスチックのお皿に、ご飯と海老炒めで
       幾らだったっけ?
       周りじゅう、日本の観光客ばかりなりけり!
       かく言う私も、そうですが。

      


d0097427_1025530.jpg

      ◆島内一周  4

       も少し先の集落で、コーヒーを。
       マッキアート と言うと、
       イタリアでは、エスプレッソにミルクを
       たらしてくれますが、
       ハワイでは、ミルクを泡立てた物を
       コーヒーの上にのせてくれます。
       余り、カップチーノと変わらんではないの?!
 
       店の前に、クラシックカーが。
       ナンバー・プレートに年代が書いてあり、
       私よりも若かった、あれま!



d0097427_10253862.jpg

      ◆島内一周  5

       サンセット・ビーチ
       サーフィンと、
       その名の通り、サンセットで、
       有名なのだそう。



d0097427_10261146.jpg

      ◆島内一周  6

       やはり、かなり波の大きさが違います。
       赤旗が立っていますが、何のその。



d0097427_10264548.jpg

      ◆島内一周  7

       ここでも、大樹を見かけました。
       凄い!!

       こうして、家に戻ってみた距離計は
       110マイルの踏破
       ええと、約180キロ!
       やりましたぁ!!



d0097427_10272156.jpg

      ◆マノアの高地より  1

       友人宅のあるマノア地区の、谷の向かい側、
       ホノルルの街が一望できる場所に。
       少し、霞がかかっていましたが
       ダイヤモンド・ヘッドの形も、
       街も、見渡せました。
       夜景も美しい事で有名だそうで、
       大晦日の爆竹のカスが、たくさん。



d0097427_1027575.jpg

      ◆マノアの高地より  2

       こちらは、街の西に向かって。
       奥にずっと見える西が、真珠湾。

       それにしても、太平洋の真ん中に、
       何百キロも、他から離れてある街
       考えてみれば、不思議な街ですね。



d0097427_10284074.jpg

      ◆ワイキキの中心街  1

       最後にまた、ワイキキの中心に、
       日本料理を食べに行きました。
       この通りは、皆さんよく御存じですよね。



d0097427_10291559.jpg

      ◆ワイキキの中心街  2

       この辺りは、新装されたそうです。
       大変美しく、明るく、お店もお洒落、
       そして、日本人がうようよ!



d0097427_102950100.jpg

      ◆ワイキキノ中心街  3

       新装成った、アーケードの下。
       



d0097427_10302072.jpg

      ◆ワイキキの浜

       大賑わいの、ワイキキの浜。

       こうして、ホノルル~ポートランド、 ポートランド~ミネアポリス
       ミネアポリス~アムステルダム、 アムステルダム~ヴェネツィア
       と、視界100m以下の、霧のヴェネツィアに戻りました。
       寒い!!   でも、この馬鹿は、この日常が嬉しい!!
       
       ようし、今年は、プールに通うぞ!!

       

by italiashiho2 | 2008-01-12 10:14 | ・ハワイ・アメリカ Hawaii USA | Comments(14)