<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

   ・・・ 隣のオリアーノ村から、秋の色を ・ 追記です ・・・

d0097427_1333681.jpg

       住んでいます北イタリアのヴェネト州コネリアーノは、
       北隣のヴィットリオ・ヴェネトの町と共にヴェネト平野の北の端
       すぐ奥に山が東西から迫り、狭い山間の道を抜けて行くと
       峠を越し、山の向こうのべッルーノに出ますが、
       ちょうど写真に見えるこの北の山が屏風替わりで、
       我が町はべッルーノとの温度差がかなりあると言います。
       先日の雨続きで山が白くなりましたが、漸くに今朝何枚か写しました。

       本当はイタ猫イタ犬を用意していたのですが、急遽予定を変更し、
       いつもの隣村オリアーノからの眺め
       秋の色を少しばかりご覧下さいね



d0097427_134152.jpg

d0097427_1342464.jpg

       我がスコミーゴ村からコネリアーノに出る時、プールに通う時、
       いつもオリアーノを通る道を行きます。
       ぐるっと丘の高台を通りながらヴェネト平野の地平線が見え
       四季折々の色の変化を見せてくれるこの道が大好きなので、
       今朝カメラを持っていつもの高台に。       
      
       見える蛇行する線はヴェネツィア~べッルーノ間の高速で、
       いつも旅行に出かけて行く時、家に戻る時に通る線。
       ええとつまり、
         行ってきま~す、お願いいたしま~す!
         有難うございましたぁ、無事戻りましたぁ!
       と車の中で叫ぶ辺りなのです。 ははは。



d0097427_134442.jpg

d0097427_135573.jpg

d0097427_1352378.jpg

       オリアーノ村の高台から下に広がる葡萄畑と
       東のコッレウンベルト村。
       見える山の向こうには、フリウリの平野が広がります。



d0097427_1354285.jpg

d0097427_1355921.jpg

d0097427_136181.jpg

       最初にご覧頂いた山の重なり部分で、
       この手前にヴィットリオ・ヴェネトの町があります。

       西側、そして東側の山頂。
       こうして見ると、昨日のお天気で少し解け加減ですねぇ!



d0097427_1363924.jpg

d0097427_1365740.jpg

       オリアーノから東正面に見えるコッレウンベルト村。
       左側に縦に続く並木が見えますが、
       冬の雪景色などで何度かご覧頂いている一直線の並木道です。



d0097427_1373138.jpg

       オリアーノ村の教会。
       何の変哲もない写真なのですが、右の標識の青地
       SCOMIGO 2 →  を見て頂こうと。
       ここからがかなりのカーヴと下り坂が続き、
       雪降りの時はタクシーも嫌がるという・・。



d0097427_1374998.jpg

d0097427_138724.jpg

d0097427_1382594.jpg

       最後もう一度、スコミーゴ村への傾斜地に広がる
       葡萄畑の秋の色をどうぞ!




      ◆ 写真、追加します 

       昨夜上の写真ををアップしながら、空が青空でないのが不満でした。
       が、今日は快晴のお天気となり、青空の下に黄葉が煌めくのを
       午後遅めに家に戻りつつ眺め、再度撮り直して来ました。
       追加分としてアップいたしますので、ご覧下さい!
       そうなのです、
       自分の子供を良く写った写真で見てほしい、そんな気持ち、ははは。

d0097427_2347859.jpg

d0097427_23472962.jpg

d0097427_23474842.jpg

d0097427_2348876.jpg

d0097427_23482334.jpg


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       なかなか写真整理が終わりになりませんが、
       そのくせ既にあれこれ来年の旅行計画が始まったり・・、!!
       漸くに今朝、車が綺麗になって戻って来まして、・・何かバタバタ。

       明日からは成人学校のコースも始まり、
       久し振り、夏休み以前の友人との再会、お昼の招待など
       それなりに社交生活もありましてぇ・・、こちらもあれこれ、はい。

       うう~ん、まずはも少し写真整理の時間を頂きながら、
       6年目に入る我がブログの新しい方向なども考慮中で、
       はい、しぶとく続けさせていただく為にも、何かね、
       という事で、・・よろしくお願いいたしま~す。

       ではまた次回に!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-29 01:30 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(4)
2010年 10月 26日

   ・・・ ヴェネツィアにようこそ! ・ 空からのヴェネツィア ・・・

d0097427_027543.jpg

       アドリア海の真珠、海の都、と称されるヴェネツィア
       正面玄関はサン・マルコ広場、ゆえに海からの訪問が一番!
       と巷間広く伝わり、勿論異存はありませぬ。 
       ですがぁ、空から見るヴェネツィアだって
       あぁたぁ、美しいのですよぉ!!
      
       何年か前、ウィーンからの飛行機で眼下にヴェネツィアを見て以来、
       肝心の時にカメラを荷物に入れ撮れなかった時以来、
       時に思い出しては悔しさを反復しておりましたが、
       今回旅を共にした友人のmkちゃんがウィーンからの飛来
       しっかり撮ってくれていましたので、
       今日は全て彼女の写真でご覧頂きます!

      
d0097427_0272612.jpg

       ウィーン・ヴェネツィア間を飛ぶオーストリア航空はプロペラ機で、
       1時間15分でフリウリ・アルプスの上を越え、
       グラード辺りでアドリア海に出て西に向かいます。

       で、ヴェネツィア・りド島の南側を進んだ後ぐるっと迂回、
       今度はヴェネツィアを右手に見ながら、
       マルコ・ポーロ空港に西から進入着陸します。

       オーストリア航空のみならず、ヴェネツィア着陸は
       全ての便が西から進入なので、ずっと以前ローマからの飛行機でも
       ヴェネツィアを空から眺めた事がありました。

       ただこのウィーンからの便がプロペラ機で、
       ゆっくりぐるぅっとヴェネツィアの街を眼下にしながら       
       舐めるよう旋回するのが何とも素晴らしく、
       mkちゃんがウィーンからの便と知った時に、
       是非進行方向右側の窓の席を取るように、と勧めたのでした。

       という訳で、快晴の秋の夕方、
       どうぞ皆さんも機上の人となり、窓に張り付き
       黄昏近いヴェネツィアの空からの眺めをお楽しみください!
      

       手前に縦に長く続くのはリド島で、
       上の一番右には本島から続くカヴァッリーノの先っぽ。
       ヴェネツィアの街は、ちょうど翼の向こうになりますね。


d0097427_0275149.jpg

       既に迂回を始めていますね。
       りド島が右に、翼のすぐ下にジュウデッカ島が見え、
       りド島との間に散在する島々が見えます。


d0097427_0282220.jpg

       見えましたぁ!

       サン・マルコの鐘楼がやはりすぐ分かりますから、
       サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会
       手前に伸びるジュウデッカ島、レデントーレ教会
       サン・マルコの対岸に位置するサン・ジョルジョ・マッジョーレ島
     
       そしてヴェネツィア本島の向こうに、墓地のサン・ミケーレ島
       その奥にムラーノ島が見えます。  


d0097427_0284779.jpg

d0097427_029617.jpg

       も少しズームを使って。 


d0097427_0292796.jpg

       これは街のかなり西の部分から。
       ぎっしりと建物が詰まっていますが、
       大運河が蛇行している様子がつかめますか?

       下に隠れている部分に、
       沿岸就航の大型クルーズ船が停泊します。


d0097427_0294867.jpg

       この辺りは既に機体は迂回を終え、
       着陸に向かい真っ直ぐ東に、どんどん高度を落としています。
       見えるのは、ローマ広場の北側にある駐車場。


d0097427_0302227.jpg

       ヴェネツィア本土メストレからのリベルタ橋
      
       汽車でヴェネツィアに入る時、数え切れぬほど何度も行っていても、
       遠くにムラーノ島、トルチェッロ島と眺めながら、
       時に上を飛行機が横切って行くのも見えたりして、
       映画「旅情」の彼女にも劣らぬほど、
       心浮き立つヴェネツィアへのかけ橋


d0097427_0304244.jpg

d0097427_031182.jpg

       ヴェネツィアのラグーナ・干潟が見え、
       杭で航路を示しているのが良く分かります。

       ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港への着陸は
       西から東へと言いましたが、
       ですから離陸は東に抜け、ラグーナの上を飛びます。
       ジェットの便ならば、グィ~ンと飛び上がり
       あっという間に見えなくなりますが、
       ウィーンへのプロペラ機は、延々とラグーナの上!
       おまけに一度経験したウィーンへの席からは、
       すぐ隣でプロペラが回っているのが見え、
       余り良い気持ちはしませんでした、はい。

       ですが、この眺めは格別でしょう?!       
       日本からヴェネツィアへの直行便はなかったと思うのですが、
       もしヨーロッパの各地を経由してイタリアにお出でなら、
       ヴェネツィアへ、進行方向右窓の席の予約をどうぞ!       
       ウィーンにお出での時も、一足延ばしてヴェネツィアへ!!


d0097427_0353865.jpg

       という様子で、ヴェネツィア国際空港マルコ・ポーロ到着


d0097427_0355521.jpg

       このプロペラ、でございます。


d0097427_0362350.jpg

       空港本館に向かっている様子。
       それにしても、仕切りのアクリル板が汚れていますねぇ!


d0097427_0364910.jpg

d0097427_0371051.jpg

d0097427_0372920.jpg

d0097427_0374717.jpg

       という事でshinkai がお出迎え、一路我が家に。

       ちょうど日没が始まり、おお、おお!
       まだこの辺りは、空港からの接続線で、
       西のミラノへ、東のトリエステに向かい分岐します。


d0097427_038641.jpg

d0097427_0382665.jpg

       北のべッルーノに向かう線に入ると、
       東の空に月が出て、mkちゃんは両方見れた、と大喜び!


d0097427_0385311.jpg

       という事で、隣村オリアーノの高台より、
       少しブレましたが、友人は無事に
       イタリアはヴェネトのスコミーゴ村に到着!でした。


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨夜からの雨が今朝は大降りになっており、
       お昼のTVニュースでは北の方、標高1000mにも       
       かなりの雪が来たとの事ですが、
       まだすっぽりの雲で、一番近い北の山も見えません。

       今朝は早起きをして、大降りのまだ暗い中を7時に出発
       メストレの息子の家まで行って来ました。
       かねてから気になっていた車の凸凹修理に
       最初の半年間にアチコチね、はは
       安く見積もりを取ってくれたので持って行ったのですが、
       で、今日から3日間車なしの生活です。

       家まで送って貰う道筋で見る景色は、すっかり晩秋の色
       雨にぬれ、なお色濃く見え少し寒々と。
       ですが有難い事に、まだ気温はそう下がっておらず助かります。
       先週の半ばに、息子も山の家を閉めに行ったと言い、
       そうよね、来週最後には冬時間に戻り、
       11月になるのだものね、と改めて季節を実感した事でした。

       寒さに向け、体調にご留意くださいね
       ではまた次回に!
                  


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*                

by italiashiho2 | 2010-10-26 00:23 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(14)
2010年 10月 23日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その10 ・・・

d0097427_2274943.jpg

       イタリア中部紀行 2010年秋 と名付けて見て頂きました
       旅の中継編も、今回のその10でいよいよお終いです。
       長いお付き合い有難うございました!
       とはいえ、いよいよこれから本番が始まるので・・、と書くと
       えっえ~、もういいよぉ! と言われそうな気が無きにしも・・、はい。
       書く方も少し旅日記ばかりで飽きているのかも、ですね。
       という訳で、次回からは何回か気分を変えるようにしますので、
       まぁ、今日は最後という事で、お付き合い願いま~す!

       まずは先回の最後、カステルッチョから大平原を通り
       山越えをしてマルケ州のアスコリ・ピチェーノ・Ascoli Piceno
       でる行程 100K 2時間10分の地図をどうぞ。
       


d0097427_2281137.jpg

d0097427_228295.jpg

d0097427_2284880.jpg

d0097427_229646.jpg

d0097427_2293047.jpg

d0097427_2294946.jpg

      ◆アスコリ・ピチェーノ

       朝プレーチを発つ時から小雨だったのですが、
       アスコリ・ピチェーノも暗い空の小雨で少しがっかり。
       それでも宿に荷を置き、中心広場に向かいますが、
       近い場所に宿を決めていましたから大丈夫、 
       懐かしい2つの広場にすぐ再会です。

       細長いアッリンゴ広場・Arringo の右側には市の絵画館
       奥正面にはドゥオーモがあり、このどちらにも
       お目当てのカルロ・クリヴェッリ・Carlo Crivelli の作品が
       あるのですが、ドゥオーモの方は今回初めての対面。
       素晴らしかった!

       市の絵画館には、昔2日通いましたら
       2日目を無料にして貰った楽しい思い出があるのですが、
       今回の受付は若い女性達のみで、
       写真もダメ、見て歩く後をついて回る、
       そのくせちゃんとした収蔵品のカタログもないという・・。
       それでも絵画館の建物自体が素晴らしく天井の高い見事な物で、
       名も知らぬ画家のテンペラ画の素晴らしいのが何点もあり、
       暫しの間を行ったり来たり、彼女達も歩かせてさしあげました。

d0097427_2301192.jpg

d0097427_2303498.jpg

d0097427_2305585.jpg

d0097427_2311517.jpg

d0097427_2313610.jpg

       大変美しく洗練されたポポロ広場・Popolo の北側には、
       フランチェスコ教会があり、広場の周囲を店やバール、
       レストランが囲み、西側にはカピターニ・デル・ポポロ宮
       Palazzo dei Capitani del Popolo が(今回写真略です)あり、
       そこの窓から、広場で若い女性がぐるっと回りながら自分を写すのを
       楽しんで眺めました。 覗き魔的要素十分!
       
       昔この広場で素晴らしい旗振り競技を楽しみ、
       翌日は時代行列も写した懐かしい思い出がありますが、
       今回はこの憂鬱な寒い雨で、少し町外れの橋を見に行くのも略、
       早い夕暮れの迫る中を宿に。

       アスコリ・ピチェーノのお祭りの様子は、
       http://italiashio.exblog.jp/4289534         
       http://italiashio.exblog.jp/4335307


d0097427_2315965.jpg

      ◆ぺスカーラ

       翌日まだ曇り空のアスコリ・ピチェーノを出発、
       一路リミニに向かう心算で走りだしましたが、
       少し空模様が明るくなるのを見て、急遽予定を変更、
       道脇に車を止めtomtomを打ち直し、ぺスカーラ・Pescara に。
       リミニとは逆方向、南に向かい95K 1時間10分の行程で、
       今回初めて、アブルッツォ州・Abruzzo に!

d0097427_2323036.jpg

d0097427_2325041.jpg

d0097427_233932.jpg

d0097427_2332886.jpg

       ぺスカーラに何をしに?       
       はい、ガブリエレ・ダヌンツィオの生家を見に行ったのです!

       今回の旅程を組む最初から、行きたいけど外れているし、
       少し遠いなぁ、と省いていたのですが、
       曇り空のアスコリ・ピチェーノに少々鬱屈していたのかもですね、
       思い切って行って、気が晴れました。

       写真禁止でしたので、ここでは中庭の井戸位しかご覧頂けませんが、
       19世紀の上流家庭の部屋の様子、ダヌンツィオの衣類展示
       これが軍服に至るまでミラノの洋服店仕立てであるのを知り、
       ガルダ湖畔の彼の最後の住まい、あのなんとも豪奢な凄い
       ヴィットリアーレ・Il Vittoriale が楽に繋がりました。
       写真のあれこれを見るにつけ、
       詩人・作家という言葉のみでは到底括りきれない人、
       政治家というか、オピニオン・リーダーである事を
       意識して生きた人なのだ、と強く感じました。

       彼の作品を読んだ事もないのですが、
       なんとなしに興味を持って見つめ続けているミーハーです。
       と、こういう言葉も我が祖国では既に死語なのでしょうねぇ。

       ヴィットリアーレについては、こちらに。
       http://italiashio.exblog.jp/5946852


d0097427_234917.jpg

      ◆リミニ

       という事で、再度リミニ・Rimini に、
       今回の最後の宿泊地リミニに向かい、一路251K 2時間半。

       宿を予約するのに、リミニ市街の少し外れ、
       なんとか歩いて旧市街を見に行ける場所を選んだつもりが、
       なんとなんとサン・マリーノ共和国に近い場所で、
       何でこうなるのん?!
       しかも道路の車線が中央のガードレールで区切られている為に
       一旦国境を越えてから戻って来なければならず・・!
       はぁ、まぁ、お陰さまで国境の位置と、
       脇にそれてトンネルをくぐって戻る位置をしっかり覚えました。
       忘れなければ、また役に立つ事もあろうかというもの、ははは。

d0097427_2344548.jpg

d0097427_235313.jpg

d0097427_2352217.jpg

       駐車場探しに苦労し、せっせと歩いて中心部に。
       城の大きさが上手く写せていませんが、
       しっかり残るマラテスタ家の紋に、ああ、やって来たなぁ!

d0097427_2355792.jpg

d0097427_2361643.jpg

d0097427_2363410.jpg

d0097427_2365760.jpg

d0097427_2372311.jpg

d0097427_2374585.jpg

       今迄リミニの観光ガイドを見ても余りそそられず、
       大都市の常で敬遠していたのですが、
       今回はリミニに開眼、いや正しくは
       リミニの博物館の収蔵品の凄さと量に圧倒されました。
       しかもフラッシュなしの写真OK、係の女性達も管理でそこに
       いるものの邪魔せず、質問には親切に教えてくれるという、
       ここは必ず改めてご覧頂きますね。

d0097427_2381240.jpg

d0097427_2383245.jpg

       単純に絵画館(同じ建物内に)のベッリーニ・Giovanni Bellini
       ギルランダイオ・D.Ghirlandaio を見に行ったつもりが、
       そこに至るまでにローマ期のモザイクを見疲れるほどに!
       ですが、この2枚も素晴らしかった!

d0097427_2385657.jpg

d0097427_2392021.jpg

       で、閉まるまでに大急ぎでと後を省略、
       マラテスタの廟(テンピオ・マラテスティアーノ)に行き、
       ピエロ・デッラ・フランチェスカ描く所
       リミニの狼・シジスモンド・P・マラテスタに初めて対面。
       画集で何度も何度も見ている絵にこうして実際に会うのは
       やはり感慨深いものがあります。
       まして見たくて憧れていた絵なれば尚の事、
       いつか、ルーヴルのシジスモンドにも逢いたいものです。

d0097427_239447.jpg

       ローマ期1世紀建設の橋というティベリオ橋・Tiberio
       見に行きましたが、なんと現役活躍で、
       車がびゅんびゅん走って渡るのに、いささか呆れました!
       ヴェローナにあるローマの橋は歩行者のみOKですから、
       なんとまぁ、ローマ人は凄いなぁ、の想いを改めて。



d0097427_240442.jpg

      ◆帰宅

       リミニから地図上Aの印テッラ・デル・ソーレ・Terra del Sole
       ここは、コジモ1世トスカーナ大公が16世紀に
       自領の北東の要塞地として造った町で、
       要塞を見に寄ったのですが、小雨で一気に帰心に駆られ、
       きゃいん、一路高速を走って家に戻りました。
       写真はまたのチャンスに、ご覧頂きますね。

       旅行初日に寄ったイーモラ・Imola で閉っていた要塞を見たかったのですが、
       夕方の5時からしか開かないので再び断念、
       リミニから、378kの行程を戻りました。

       今回の23日間の走行距離は、車の距離計を確かめなかったので
       グーグルの地図上での計算になりますが、1950k、
       実際はもっとの距離になると思いますが、大体これ位。

       宿は一泊50エウロ前後で探し、
       食事も友人と一緒の時は2度に一度は買い出しをしたりで、
       経費は安く付いたと思いますし、何よりも楽しかった!
       良い旅が出来たと思っています。
       たくさん見過ぎて、まだ消化できておりませんが、ぼちぼちと。
       
       という事で、長いお付き合いお疲れ様でしたぁ!       
       有難うございました


       次回は、旅先で出会った犬猫ちゃんとか、
       またまた買い込んできた本の中に面白いのがありますので、
       そこに書かれた料理とか、少し景色と外れた物を、
       と考えています。
       ははは、自分でも写真整理に少し疲れました。
     
       上手く行きますかどうか、
       ではまた次回に!       

       
   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*       
       

by italiashiho2 | 2010-10-23 02:23 | ・エミーリア・R州 Emilia | Comments(8)
2010年 10月 20日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その9 ・・・

      旅の中継編その9 の今日は、ウンブリアの奥プレーチ・Preci     
      周辺と、ノルチャ・Norcia に出かけた際の寄り道の村、
      そして山越えをしてマルケ州に向かう折に通った
      小雨と霧のカステルッチョ・Castelluccio そして
      大平原・ピアーノ・グランデの様子をご覧下さい。

d0097427_0485283.jpg

d0097427_0491092.jpg

d0097427_0492792.jpg

d0097427_0494582.jpg

      ◆サンテウティーツィオ修道院

       先回のプレーチのご案内の際に、中世に外科学校があったと
       書きましたが、その元になったと言われるのが
       このサンテウティーツィオ修道院・Sant'Eutizio なのです。

       この修道院は2007年に最初に訪れ翌年に再訪、
       その時にここの外科学校博物館を見る事が出来ましたが、
       3度目の今回は博物館は開いておらず、ひっそりとした佇まいでした。
       少し特殊な話題なのと、2度目の博物館の写真の出来が余り良くなく
       お蔵入りになったままですが、
       最初の修道院訪問の様子と、この後再度ご紹介するロッカノルフィ
       村の様子は、こちらでどうぞ。
       http://italiashio.exblog.jp/5661411


       独り身の自由さと車の免許を取っての楽さで旅を始めて以来、
       そうなのですね、ウンブリアには4年の内3度も出かけているのです。
       最初はウンブリアの美しさと、知らない歴史を知る事に魅かれ、
       そして訪れる事によって得る更なる興味と疑問とに惹かれ、
       はたまた再訪問による心ゆったりの愉しみも知り、
       遥かなヴェネトに住みながら、大好きなウンブリアなのです。

       というと、少し語弊がありますね、
       大好きなのはウンブリアだけではなく、トスカーナも
       勿論住んでいるヴェネトも、お隣のフリウリもアルトアディジェも
       そして今回少しばかりより良く知ったマルケ州も、
       ・・ええと、つまりはイタリアの町村が好きなのです!       
       だから多分、いまだ知らないシチーリアやサルデーニャも
       チャンスがあって訪問出来たらきっと好きになると。 ははは。
       
       

d0097427_050628.jpg

      ◆地図をどうぞ

       プレーチ周辺です。

       上でご覧頂いたサンテウティーツィオ修道院は、
       ピエディヴァッレ・Piedivalle にあり、
       ノルチャに向かう道筋に山腹の村 カンピ・Campi
       ここは村の中も訪ねた写真がありますので、また改めて。

       ネーラ川・Nera 沿いのヴァルネリーア渓谷・Valneria を通る
       州道209号線上に印をつけたサン・ラッザーロ・San Lazzaro には、
       アッシジの聖人サン・フランチェスコが訪れて
       ライ病患者用の施療院を作った記録と教会の建物が残っており、
       かって訪れて写真を撮りました。
       現在は個人の家なのですが、シニョーラが案内してくれて
       古い建物内部、そして穴倉を修復したら人骨が出たという部分など、
       何世紀もの年月がすぐそこに、という想いを持ったものでした。
       地味な話なのですが、ここもまた改めて。



d0097427_0503978.jpg

d0097427_0505886.jpg

d0097427_0511774.jpg

      ◆カンピ

       蛇行する緩やかな坂道を行くと、
       突然こんな風に山腹の村カンピ・Campi が見えます。
       ウンブリアの道を走っているとよく見る光景なのですが、
       ここは車が殆ど通らない事を幸いに、道脇に止め写真を。

       手前下に見える教会が、これまた不思議な形をしていて、
       多分最初は向かって左側半分だったのに、右側を拡張したもの
       と推測するのですが、まだ調べておりません。
       細部の写真は、また村の写真と共にご覧頂きましょう。

       で行きかけると、何と羊の群れが道を横切っています!
       わっ、わっ、と大急ぎで車を止め、カメラを持って走りましたが、
       殆どが渡りきって最後部のお尻写真だけに!
       なにせ彼らは脚が4本ですからね、意外に速いのですよ。
       前に止まっていた車のシニョーラ達も携帯のカメラを向けており、
       こういうのを撮るには、あのシニョーラ位のカメラでないと、
       というのが聞こえましたが、お尻だけではねぇ。
       以前もこの教会の前で羊の群れに出会った事を思い出しました。



d0097427_051409.jpg

d0097427_0515949.jpg

      ◆ノルチャ

       カンピを過ぎ暫く行くと、九十九折りの山越え道が始まります。
       フォルカ・ダンカラーノ・Forca d'Ancarano 1008mの
       峠を越え、盆地にあるノルチャが下に見えて来ます。

       ピアーノ・グランデの大平原やカステルッチョに行くのには、
       北のヴィッソか、このノルチャから峠を越え南から入るかで、
       最初の写真の左端の山に見える道が、ノルチャからの道。

d0097427_0524198.jpg

d0097427_053324.jpg

d0097427_053231.jpg

d0097427_0534320.jpg

d0097427_05443.jpg

       ノルチャも以前に http://italiashio.exblog.jp/5405447       
       書いた事がありますのでここでは少しだけ、
       町を取り囲む城壁と広場のドゥオーモ等を。

       ヨーロッパの守護聖人でもある、このノルチャ出身の
       サン・べネデット・San Benedetto の広場の像、そして
       ドゥオーモのクリプタには、この聖人と双子の妹である
       聖女スコラスティカ・Santa Scholastica の生家跡がありました。

d0097427_054346.jpg

       豚肉製品で有名な町で、店がひしめいていますが、
       表にまでむせるほどの匂いが漂い、ひ弱な日本人は萎えて、
       特産品を買おうと思う気もはかなく消え失せました!

       面白い名の店も見つけましたので、豚肉製品店特集でも、ね。



d0097427_055615.jpg

d0097427_0552485.jpg

d0097427_0554446.jpg

d0097427_05659.jpg

d0097427_0562594.jpg

d0097427_0564259.jpg

      ◆ロッカノルフィ

       ノルチャから一旦プレーチに戻り、山道を少し行くと
       ロッカノルフィ・Roccanorfi の村に。

       ここも小さな山腹の村で、3年前に訪れた時は、
       1997年のウンブリアの地震被害が残って悲惨でした。
       今回もまだクレーンが稼働中でしたが、
       かなり修復されており、人々の住んでいる気配がありました。
       とはいえ、まだまだで、
       人の姿を見たのは、修復工事人2人のみ。

       早速にワン君が気配を嗅ぎつけやって来ました。
       この白ちゃんの他にも、大きなのがのっそりと現れ、
       吠えるかと思いましたが、写真に収まった後ゆっくり退散。

       黄葉がかなり進んでいて、
       美しいものの、冬の厳しさも思いました。

       村の一番上に塔が見えますが、
       村の様子に少し逃げ腰で、今回も行きませんでした。
       最初にご紹介した http://italiashio.exblog.jp/5661411 の最後に、
       この辺りの古い詩をご紹介していますが、
       また何年か経ってこの村を訪問出来たなら・・・。



d0097427_057455.jpg

d0097427_0572477.jpg

d0097427_0574615.jpg

d0097427_058847.jpg

d0097427_0582940.jpg

      ◆カステルッチョ・大平原

       という様子で、2泊したプレーチから
       ヴァルネリーア渓谷沿いにヴィッソに向かい、
       そこから峠を越えカステルッチョに

       残念ながら小雨と霧の日で、ゆっくりと景色も楽しめず、
       写真を撮るのも少なめになりました。
       カステルッチョの村も、何軒もあるバールも土産物店も
       全て閉めており、開いている一軒のバール兼食料品店で休憩しつつ
       お土産の豚肉製品類を買い込みました。

       霧と小雨に霞む大平原の様子は、また改めて。
       花の咲き乱れる緑の大平原、そしてカステルッチョの様子は
       http://italiashio.exblog.jp/8554377 でどうぞ。

       そして大平原の中程から東に折れる道を取り、再び山越えをし、
       アスコリ・ピチェーノ・Ascoli Piceno に。


       という所で、この旅行編も後1回でお終いです
       最後の日々のお天気が余り良くありませんでしたが、
       21年ぶりのアスコリ・ピチェーノのカルロ・クリヴェッリ
       そして最後のリミニ・Rimini が良かったです!
       リミニは今迄なぜか敬遠していたのですが、
       博物館の収蔵品の凄さに圧倒され、リミニ・リミニ! です。
       どうぞ、次回もお付き合いよろしくお願いいたします。


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       家に戻りプール体操に早速通い始め、
       溜まった洗濯物もかたずけながら、
       お土産の豚肉製品類を息子達の家に届け、
       頼んでいたオットマン(足置き椅子)を引き取りに行き、
       車の凸凹修理の見積もりも頼み・・、と
       あれこれ走りまわっておりますが、
       徐々に日常生活に戻りつつあります。

       少しピッチを上げ写真整理に励んで
       見て頂けるよう頑張りますが、
       ブログの続け方も少しあれこれ考えています。

       日曜日の雨で、北の山々は山頂からかなり下まで
       白くなり、フリウリの奥の山々は真っ白に。
       確実に冬が近づいています。

       皆さんもお風邪など召さぬよう、お元気で!       
       ではまた次回に!!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*


      

by italiashiho2 | 2010-10-20 00:42 | ・ウンブリア Umbria | Comments(6)
2010年 10月 17日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その8 ・・・

d0097427_0162852.jpg

       ブログご訪問、有難うございます!

       今日16日午後、無事我が家に戻って参りました。
       今朝リミニを発ち、途中ファエンツァから南の山の中の小さな
       テッラ・デル・ソーレ・Terra del sole という村、
       残念な事に「太陽の地」という名前にそぐわず粉ぬか雨で、
       家でご飯とお味噌汁を食べたい一心となり、
       高速のサーヴィス・エリアで一ヶ所休憩したのみで、
       戻って来ました!

       初めて見る土地も、行きたかった場所もたくさん見て満足して
       戻りましたが、今夜はこれをアップした後ゆっくりと休み、
       ボチボチ頭の中、写真も整理してご覧頂こうと思っています。
       よろしくお願いいたします。

       で、今日はスポレート・Spoleto でございます!       
       美味しい白と、さて何を食べましたかは、
       またのご報告に、と見せびらかして・・、ご覧頂きますね。
    
d0097427_0164959.jpg

d0097427_0171041.jpg

d0097427_0173168.jpg

d0097427_0175222.jpg

d0097427_0181460.jpg

d0097427_01838100.jpg

d0097427_0185927.jpg

      ◆スポレート

       オルテの国鉄駅で友人と別れ、一人旅の始まり。
       ウンブリアに向かい一路63K 1時間の行程でスポレート着。

       スポレートは2度目ですが、宿に荷を置くや否やかねてよりの
       念願であるアルボルノスの要塞に即向かいました。
       殆どの博物美術館、教会はお昼休みがあり、翌日は月曜で
       閉りますから、何はともあれ坂道を上ります。

       要塞内部の大きさにも驚きましたが、
       博物館と、塔の中の部屋のフレスコ画が素晴らしかった!
       写真OKなのも嬉しくてしっかり写しましたから
       またご覧頂きますね。

d0097427_0192331.jpg

d0097427_0194276.jpg

d0097427_020126.jpg

d0097427_0203253.jpg

d0097427_0205272.jpg

d0097427_0211443.jpg

d0097427_0213418.jpg

       要塞の前で、結婚記念の写真を写すカップルに。
       今夏のスポレート・フェスティヴァルの大きな写真が
       まだ残されていましたが、さてこれは何の出し物?!

       考古学博物館内部に含まれるローマ期の劇場
       (上の行程地図の次の写真は、野外劇場から見上げた
        アルボルノス要塞ですが、これとは別の小さい物)
       そして、町外れのサン・ピエトロ教会の浮彫も見に。
       細部はまたのご報告で。

d0097427_021543.jpg

d0097427_0221452.jpg

d0097427_0223588.jpg

       スポレートの最後は、美しいドゥオーモで。
       寒くなり始めた夕方少し粘りました。
       夕方のミサの最中に偶然入りましたら、
       内陣のフレスコ画が灯りに照らされて本当に美しく、
       でもシャッター音を響かすわけにいかず、
       翌朝出かけましたが、暗い中にひっそりでした。

       暗い夜道を宿に戻る途中、工事で道が閉じられたりで
       分からなくなり、遂に「すみません、ここは何処でしょう?」



d0097427_0225625.jpg

d0097427_0231429.jpg

d0097427_0233274.jpg

d0097427_023518.jpg

d0097427_024949.jpg

d0097427_0242971.jpg

d0097427_0245453.jpg

d0097427_0251446.jpg

      ◆プレーチ

       スポレートからプレーチ・Preci までは、40K 1時間。
       この道は少なくとも3度は通っているので、
       見覚えのある村々を次々と抜け、プレーチの宿も2度目。
       向こうも覚えてくれていましたね。

       小さな町ですが、村といった方が良い様な大きさ。
       この宿のレストランとバール以外には、
       坂の下に行かないと何もない町なのですが、
       品格があると言うのか、普通の村のイメージではないのです。

       中世に外科医の学校があった町で、
       この学校出身の外科医は、ヨーロッパの宮廷の侍医として
       名をはせ、今は宿になっているスカッキ家・Scacchi
       メディチ家とも縁繋がりとかで、プレーチの名門だったようです。

       昨年新しくその中世外科学校の博物館が出来たといい、
       当時の外科手術の器具などを再製した、というので
       それを見たくて行ったのですが、
       規模が小さすぎ資料も揃っておらず、いささかがっかり。

       でもまぁ、色づき始めた風景を見ながら
       のんびりと村の散策が出来たり、
       山に雲が湧き、うごめく様子なども見れたので満足。

       翌日は大変良いお天気となったので、ノルチャ・Norcia や、
       3年前に訪れた時には地震災害の爪痕のひどさに心が残った
       ロッカノルフィ・Roccanolfi の村も再訪、
       まだまだ再建中ではあるものの、道もついていた事に少し安堵、
       翌日、霧と小雨の中をカステルッチョに向かいました。

      
       という様子で、家には戻りましたが、
       もう1~2度、この旅の様子を続けさせて頂きますね。
       プレーチの宿では、夕方から暖房が入ってとても嬉しかったのですが、
       家に戻りましたら、やはり暖房が要る温度になっていて、
       早速に点けた所です。

       旅に出るのも、旅程を無事すませて
       再び家に戻るのも嬉しい!       
       今夜は温かいお風呂の湯ぶねに、どっぷりと。

       という事で、ではまた次回に!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
       

by italiashiho2 | 2010-10-17 00:14 | ・ウンブリア Umbria | Comments(6)
2010年 10月 14日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その7 ・・・

      ブログご訪問、有難うございます!
      これを書いています13日夜現在、マルケ州はアスコリピチェーノ・
      Ascoli Piceno の15世紀の古い建物の宿にいます。
d0097427_218557.jpg

      ウンブリアの奥のプレーチに2泊して、中世の外科学校博物館を見たり、
      聖ベネデットと豚肉製品で(この2つを並べるのはいささか抵抗が、はは)
      有名なノルチャに出かけたりしました。
      で、今朝小雨と霧にかすむプレーチを出発、ヴィッソから山越えをし、
      秋色と靄、小雨のカステルッチョ、そして大平原をそろそろと通り、
      2年前の花の咲き乱れる大平原、賑やかなカステルッチョとは
      まるで違う姿でしたが、それはまた見て頂きますね、
      再びマルケ州に出てアスコリピチェーノに、という行程です。

      が、まずは友人と一緒した最後の2日間
      ラツィオ州のヴィテルボ・Viterbo
      そしてオルテ・Orte、宿泊したオルティーコリ・Orticoli
      の様子をご覧下さい。

d0097427_2182586.jpg

d0097427_2184418.jpg

d0097427_219338.jpg

d0097427_2192335.jpg

d0097427_2194350.jpg

d0097427_22048.jpg

d0097427_2202628.jpg

d0097427_2204838.jpg

      ◆ヴィテルボ

       ピティリアーノからヴィテルボまでは56K 1時間5分の
       行程なのですが、近ずくにつれ、そしていよいよ到着すると
       街の大きさに驚きました!

       これは田舎に住み、訪問するにも小さい町が多い私が驚いた
       という事でして・・、人口7万人程の街です。
       街中にあるホテルを探し当てるのに、2度程もぐるぐると近所を
       回り漸くに、はい。
       ですが城壁に囲まれた旧市街はそう大きくなく、
       地図を片手にせっせと歩いて回りました。

       13世紀の教皇選出が長引き、コンクラーヴェという言葉が
       生まれた町、中世がまだ残っていると言われる街、
       ちょっとした広場には必ず泉があり、
       木陰のある広場のバールの席は居心地が良さそうで・・、
       シャンソンが聞こえた時には、ああ、パリってこういう感じかも!と。

       ですが、なんとまぁ、狭い石畳の通りを行く車の多い事!!
       そのうるささ、危険度、観光だけではない生きた町の猥雑さ等など、
       その印象が多く残りました。

       夜ホテルのお勧めの近くのレストランに。
       ナポリ出身の家族経営の店で大変美味しく、今迄名前だけ聞いていた
       有名な「キリストの涙」という白ワインも初めて賞味。
       北の白とは違い、まろやかで軽い味わいで大変美味しかった!
       それにしてもナポリ人一家の人なつこい事!!
       聞いたり読んだりしてはいましたが、まぁこれも初体験。



d0097427_221988.jpg

d0097427_2212942.jpg

d0097427_2215011.jpg

d0097427_2221383.jpg

d0097427_2224359.jpg

d0097427_223541.jpg

d0097427_2233948.jpg

d0097427_224796.jpg

d0097427_2242861.jpg

      ◆オルテ

       最後の日は、ヴィテルボからオルテ・Orte に。
       オルテについては、小さな丘の上の町、駐車場探しに苦労しそう、
       という思いがあり、ホテルがサイトで予約出来なかったので、
       近くのオルティーコリに宿泊という事情だったのが、
       これが思いがけずの掘り出し物、という有様でした。

       ヴィテルボからオルテを経由し、オルティーコリまでが
       この地図では47K 45分という行程。
       実際はオルテから東に行き、山の中を通って宿に行きましたので、
       30分程かかったと思いますし、宿から翌朝の国鉄駅のある
       オルテ・スカーロ・Orte Scalo 行きもやはり30分程。

       オルテの町に着き、町入り口の駐車場から既に見上げる形で、
       でも、この町もやはり素晴らしかった!
       絵になる形が、あちらにもこちらにも。

       ガイドブックで紹介される町というのは、
       歴史があり博物館や美術館がある事が、一種の条件の様ですが、
       でもそれ以外に、絵になる、写真のモチーフに最適、という
       町や村がたくさんありますね。
       その辺りを探って巡り合えると、満足してにこにこ。

       小さな丘の上から見下ろす川の名は、テーヴェレ・Tevere
       そう、ローマにもう近いのです。



d0097427_2244783.jpg

d0097427_225716.jpg

d0097427_2252854.jpg

d0097427_2254991.jpg

d0097427_2261247.jpg

d0097427_2263574.jpg

d0097427_2265673.jpg

      ◆オルティーコリ

       ホテルは、町の古い中心の一番外れにある一般近代的な物で、
       坂を上がって古い町の門をくぐると、
       寂れてはいるものの、面白い形がいっぱい残っていました。
       
       まだ調べていませんが、かっては栄えた町の証拠ですね。
       古い小さな教会の中には、フレスコ画がかなり鮮明に残り、
       面白い家の形、豪奢な家の扉の名残・・。
       ほんの2.3軒の店の前では大声で話す人々の姿。
       こういう町では噂話も筒抜けの事でしょう。


       という様子で、今回の旅も今夜を入れ後3泊。
       明日は最後の宿リミニに向かい、2泊して家に戻ります。

       旅の様子を、こういう形でざっとご覧頂くのも
       一興だと気が付きました。
       そうでないと、訪問した町の全部をなかなかご紹介できませんし、
       家に戻った後も、一応全部の行程をまずご覧頂こうと考えています。
       
       ええ、まぁ、そうしながら時間稼ぎをして、
       写真を整理して行こうという・・! ははは。
       ボチボチ参りますので、よろしくお願いいたしま~す!

       ではまた次回に!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-14 02:14 | ・ローマ・ラツィオ Roma Lazio | Comments(6)
2010年 10月 11日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その6 ・・・

       ブログご訪問、有難うございます!
       今朝10日、オルテの国鉄駅で19日間ご一緒した
       友人のmkちゃんと大泣きでお別れし、嘘だよ、
       彼女は一路南のプーリア方面10日間の一人旅に、
       私はウンブリア一人旅にという訳で、今夜はスポレート泊です。
       
       mkちゃんは何とも得がたい旅の友で、
       長い間本当に楽しく愉快に過ごす事ができ感謝です!
       どうぞ、またのチャンスがありますよう、願っています。

d0097427_4235966.jpg

       今日のご案内は、ピティリアーノから出かけました
       チヴィタ・ディ・バーニョレージョ・Civita di Bagnoregio
       そして、ソラーノ・Sorano ソヴァーナ・Sovana です。

       上の写真は、チヴィタに行く途中通ったボルセーナ湖・Bolsena
       の眺めで、見える塔はボルセーナの町のお城の塔。
       このお城で、確かトム・クルーズが結婚したのだったと。
       (いや、考えているうちにブラッチャーノ湖だった気がして来ましたぁ、あれま)
       翌日ヴィテルボに行く途中しっかり寄るつもりが、
       tomtomの指示で別の道を通り、そのままになりました。



d0097427_4244262.jpg

d0097427_425246.jpg

d0097427_4251993.jpg

d0097427_4253975.jpg

d0097427_4255717.jpg

d0097427_426141.jpg

d0097427_4263218.jpg

      ◆チヴィタ

       この村は、バーニョレージョ・Bagnoregio の町から
       接続している橋を歩いて辿り着くかたちです。

       ピティリアーノからは43K の行程で1時間弱で到着ですが、
       詳しく調べもせずに出かけたので、バーニョレージョの
       町の入り口の駐車場に車を止め、せっせと町を縦断、
       そして展望台に辿り着くや、わぁぉ!!
       友人の話では、天空の町ラピュタ のモデルになったのだとか。

       橋の狭さ、村に至る傾斜の様子はご覧の通りで、
       村に住む人々のみがバイクや、日常雑貨を運ぶ為に小さな車を
       使っていますが、通るとゆらゆらと揺れるのです。

       村の中は観光で潤い始めた様子が目に取れ、
       あちこちの家、教会も修復中なのが目立ち、
       逆に考えると、それまでの村の生活の厳しさが偲ばれます。

       村の一番外れに、かっての洞窟の様な家の跡に
       生活道具が展示された場所があり、
       少し切なかった。

       村の背後には、かって海の底だった事を示す
       物凄い断層が見てとれ、素晴らしい背景を添えます。



d0097427_4265124.jpg

d0097427_427897.jpg

d0097427_4272689.jpg

d0097427_4274511.jpg

d0097427_428224.jpg

d0097427_4282395.jpg

d0097427_4284350.jpg

d0097427_429973.jpg

d0097427_4292752.jpg

      ◆ソラーノ

       ピティリアーノから一日、ソラーノとソヴァーナを巡りました。
       
       ピティリアーノからソラーノまでは10K 15分程の行程ですから、
       ソラーノ~ソヴァーナもそれ位でしょうか。

       どちらの町もエトルスク起源の町なのですが、
       今回は有名な岩をくり抜いての道とかお墓は見ませんでした。
       道を聞いて通ったのですが、標識が見分けられず通り過ぎ、
       狭いカーヴの多い道で、そのままになりました。

       が、まずは家並の美しいソラーノをどうぞ。

       最初に町の上の道から眺めて、駐車場を探しつつ町に。
       有難い事にちょうど出る車があり滑り込みましたが、
       小さな丘の上の町の訪問では、いつもこれが問題!

       町の高所にオルシーニ家の城があり、中世ルネッサンス博物館に
       なっていると知り坂を上って訪ねましたが、
       城の地下道を巡るコースとパックになっていて要予約との事。
      
       町側にある奥の時計塔の付いたテラスには上れ、
       そこからの素晴らしい家並のスケッチに友人が挑戦、
       描けない、疲れた、と言いつつも満足した顔で現れました。
       テラスの上にぽつんと点のように見えるのが、我が友人。



d0097427_429502.jpg

d0097427_4301413.jpg

d0097427_430322.jpg

d0097427_4305483.jpg

d0097427_4311781.jpg

d0097427_4313359.jpg

      ◆ソヴァーナ

       ソヴァーナはソラーノよりもぐっと小さく、
       がらんと広い中心広場の周囲を家が取り囲み、
       そこから道が2本奥に延びますが、1本は畑の脇道。

       ですが、一番奥にロマネスク様式の素晴らしい教会がありました。

       本当に暗い聖堂内部に(明るく見えるのはカメラの魔術)
       中世の柱頭の彫りが沈みこみ、静かに聞こえるグレゴリオ聖歌に
       来て良かった、見れて幸せ、の想いがありました。



       という事で、8日にヴィテルボ・Viterbo 泊
       9日にオルテ・Orte を見て、近郷のオルティーコリ・Orticoliに宿泊、
       今日10日は別行動の初日スポレート・Spoleto泊。
       念願だったアルボルノスの要塞を見物、
       素晴らしいフレスコ画も写真OKでしたので、またご覧に。

       明日は午前中にもう一度ドゥオーモを見て、
       ウンブリアの奥プレーチ・Preci に向かう予定です。

       という事で、ではまた次回に!

       

   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-11 04:18 | ・トスカーナ Toscana | Comments(8)
2010年 10月 08日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その5 ・・・

       ブログご訪問、有難うございます!
       今8日未明現在ピティリアーノ4泊の最後の夜、
       明日はヴィテルボ・Viterbo に向かいますが、
       お陰様で友人ともども元気で、旅を続けています!

d0097427_915133.jpg

d0097427_9153080.jpg

d0097427_9155629.jpg

d0097427_9161690.jpg

d0097427_9163310.jpg

      ◆カスティリオン・フィオレンティーノ

       まずは、アンギアーリ・Anghiari からの移動日に寄りました
       カスティリオン・フィオレンティーノ・Castiglion Fiorentino
       の様子をご覧下さい。

       山越えの九十九折りの最中に町が見えてくると、
       その美しい姿に車の中で2人が一斉に声を上げ、
       これは寄ってみようと言う事になったのです。
       最初の写真は車中からの撮影係、友人mkちゃんのもの。

       町の名も知らずに車を止め、大概すぐ見つかる筈の町名もなく、
       通りすがりのシニョーラに訊ね分かりました。
       カスティリオン・フィオレンティーノ

       平野の中に広がる小高い丘の傾斜地に広がり、
       その中でも一番の高所に古い塔がありました。
       塔には上がれるようですが、たまたま月曜休館で
       高上がり大好き人間には残念な事。
       またのチャンスにゆっくりと寄っても面白そうな町でした。



d0097427_9181911.jpg

      ◆<b>地図をどうぞ

       地図で移動の様子と、町の位置をどうぞ。
       アンギアーリからピティリアーノには、175K 3時間10分の
       予定でしたが、午後の山道がかなりの雨でゆっくり走りましたから
       実際はもっとかかっていると思います。

       コルトーナ・Cortona も以前2回寄っているので
       町の姿を下から眺めつつ通過、
       トラジメーノ湖・Trasimeno の湖畔の町
       カスティリオーネ・デル・ラーゴ・Castiglione del Lago
       に寄りお昼の予定でしたが、町中に駐車できず、
       湖畔にはレストランも無しでそのまま南下。
       お腹が空き始めレストランの閉店間際時間になり
       遂に感じの良さそうな町を通り駐車、
       そこがチェートナでした。



d0097427_9184793.jpg

d0097427_919486.jpg

d0097427_9192087.jpg

d0097427_9194023.jpg

d0097427_9195647.jpg

      ◆チェートナ

       チェートナ・Cetona という名は裏覚えでしたが、
       町の入り口に「イタリアで一番美しい村々」の標識があり、
       ああ、そうだったっけ、と。

       詳しくはまだ読んでおりませんで、
       今回は雰囲気の良いのんびりの広場の様子、
       美味しいお昼を食べたレストランの入り口、
       そしてこの町の極めつきの写真、猫ちゃんのお家をどうぞ!



d0097427_9214767.jpg

d0097427_922241.jpg

d0097427_9221816.jpg

d0097427_9223554.jpg

d0097427_9225838.jpg

      ◆ピティリアーノ
       
       遂にピティリアーノ・Pitigliano です!       

       ピティリアーノに4泊と言うと長い様ですが、
       初日は移動と途中での寄り道で到着が午後遅くなり、
       2日めは街中を行ったり来たり。
       3日目にはチヴィタ・ディ・バーニョレージョ・Civita di Bagnoregio
       4日目今日は近くのソラーノ・Sorano ソヴァーナ・Sovanaへと
       出かけましたから、4泊とはいえそうゆっくりでもないのです。
       
       この街は景観からして凄いのですが、
       街中の歴史の古さを物語る佇まいに圧倒されました!
       ウンブリアの町でも重なりの凄い町、村をあれこれ見ましたが、
       ここはその重なり、古さ大きさで群を抜き、特殊な趣を示します。

       この街を短くご紹介するのには、
       選んだ写真が適当なのかどうかも自信がありませんが、
       まずは予告編という事でどうぞ。

       最初と最後の写真は、宿の部屋の窓からで、
       朝と夜の色の変化を堪能できました。
       また宿の名もご紹介致しましょう。

       この街には、ピッコラ・ジェルサレム・小さいイェルサレム 
       と呼ばれたほどのユダヤ人のゲットーの一郭があり、
       現在一部が博物館として保存され、シナゴーガや水浴場、
       ワイン蔵等など見学して来ましたが、これらもまたいずれ。

d0097427_9231774.jpg

d0097427_9233419.jpg

d0097427_9234930.jpg

d0097427_924512.jpg


       街の周囲は緑の谷に囲まれ、鳥達が鳴きながら飛び交い、
       坂の街では大いに小さな三輪がやかましい音を立てて走りまわります。
       丁度葡萄摘みの時期と重なり、街に入る九十九折りの坂道を、
       葡萄満載の荷車を引いたトラクターが、ぐぐぐぐと
       ゆっくりゆっくり後ろに続く車を従え上って来ます。 
       それを狭い坂道の上から身を乗り出し、写そうとする東洋の女2人!
       宿の窓からも何枚も写しましたものね、ははは。

       美味しいワインも、ピーチと呼ぶ太い麺のパスタも、
       今がとりわけ美味しいポルチーニ・茸も食べ、
       素晴らしい景観にも見惚れつつ、
       元気で旅を続けています。
       明朝ボルセーナ湖を見つつ、ヴィテルボに移動します。

       ではまた次回に!

       
       
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-08 09:13 | ・トスカーナ Toscana | Comments(8)
2010年 10月 05日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その4 ・・・

      ブログご訪問、有難うございます!      
      お陰様で、無事に元気に旅を続けております。
      今夜4日現在、トスカーナ州南のピティリアーノ・Pitigliano
      の宿に到着、素晴らしい景観の夜景を眺めつつこれを。
      
      ピティリアーノに来る事は、今回の旅行の中でも
      とりわけ大きな目的だったのですが、
      まさに絶景としか言いようがない景観で、来れた事に感謝!

      が、まずはウルビーノから一足延ばして出かけました
      ウルバーニア・Urbania の様子からどうぞ。

d0097427_8354149.jpg

d0097427_8355725.jpg

d0097427_8361529.jpg

      ◆ウルバーニア

       ウルビーノから20分程の距離にあるウルバーニア。
       Urbania と書きますが、実際にウルバーニアなのか、
       ウルバニーアなのかもまだ確かめておりませんので、
       ひとまずウルバーニアとご紹介しておきますね。

       昔バスでアレッツォからウルビーノに行く途中にちらっと眺め、
       何か良さそうな記憶が残っていただけでの訪問で、
       何も調べずに出かけた町なのです。
       
       町の入り口からは、川の蛇行する岸に沿いドゥカーレ宮が見え、
       少しワクワクしながら古い中心部に入って行きましたが、
       十字に交差する通りにはちょうどお昼時であったせいか
       まるで人影もなく寂れた様子。

       それでもお昼を食べつつ町のパンフレットを眺め、
       ドゥカーレ宮が午後3時より開く事を知り出かけました。
       内部はかっての領主デッラ・ローヴェレ家・Della Rovere
       収集した書物やスケッチ類の展示、(大コレクションの様子)
       現在は市の図書古文書館の展示で、興味深い版画もありましたが、
       突然にふらっと訪れた見学者には余り向いていない展示類ですが、
       内部の塔からの眺めは素晴らしかった。

       後に訪れたインフォメーションで町のガイドブック等を買いましたら、
       よほどに珍しいお客だったのか、あれこれ町紹介の記事の載った
       雑誌類をおまけにくれ、最後には大きなポスターも、というので
       いくら車とはいえご遠慮申し上げ・・。

       パンフレット等から知った事を一つ付け加えますと、
       この町の呼び物は、十何体かの自然乾燥のミイラなのです!
       中世からの物だそうで、特集なカビの作用でミイラが出来るとか。
       納められた教会があり2エウロかで見れるのですが
       勿論大怖れの人間は遠周りをして逃げ脚で・・!

       町の変遷などあれこれ謂れがありそうで、
       ガイドブックなどで分かりましたら、お知らせいたしますね。



d0097427_837026.jpg

      ◆アンギアーリに向かい

       ウルビーノから、アンギアーリ・Anghiari に向かいます。

       前日の午後足を伸ばしたウルバーニアでは、
       最後雨が来たのですが、この移動日は大快晴。
       ウルバーニアを過ぎ、
       サンタンジェロ・イン・ヴァード・Sant'Angelo in Vado
       差し掛かると、その町の佇まいに魅かれ急遽寄り道する事に。

       それがなんと大正解の寄り道だったのです!
       というのも、ここもなにも知らずに寄ったのですが、
       ローマ時代の大邸宅が発掘中で、
       素晴らしい多色床モザイクを見る事が出来ました。
       写真は禁止でしたが、下で町の様子をどうぞ。

       アペニン山脈越えは、対向車も少なく、
       ゆっくりと慎重に、途中の寄り道もあり、
       約80キロ 1時間半程の予定ですが、
       午後1時半過ぎにアンギアーリに到着しました。



d0097427_8375826.jpg

d0097427_8381527.jpg

d0097427_8383222.jpg

d0097427_8385225.jpg

      ◆サンタンジェロ・イン・ヴァード

       ここも平地にある小さな町で、川が町のすぐ傍を流れ、
       どうやらタルトゥーフォ・トリフ採取で有名らしく、
       それを謳ったレストランやポスターをたくさん見かけました。
       タルトゥーフォについては一つお話しがありますが、 
       ウルビーノ篇で改めて。

       大変に賑やかな活気のある町で、
       グループ観光客も訪れているのですね。
       偶然に話した若いお母さんが、ローマ期のモザイク発掘所が
       開かれている事やインフォメーションの場所も教えてくれ、
       パンフレットを貰おうと寄りました。
  
       寄り道しただけで午後はこの町に居ないと言うや否や、
       係の女性がではすぐご案内するので待って、
       と自転車で鍵を取りに走り、そういう心算はなかったのですが
       では、と3エウロ払って町外れの草原に。
       そこの仮の覆いの中に、なんと凄いモザイクがありました!

       かなりの広さの何室ものモザイクの部屋があり、
       入り口、寝室、食堂、サウナ室、男性用女性用の各部屋
       それらが全て白黒または多色使いのモザイクで埋められ
       中でも一番素晴らしい多色モザイクの食堂は、
       なんとこの夏に発掘整備されたばかりとかで、色も大変に鮮やか。

       ご一緒してくれた写真の女性が大変親切に
       ガイドではないので、と言いつつあれこれ説明してくれ、
       それを良い事に最後までお願いしました。
       でもこの説明があったからこそ良く分かったので嬉しく、
       最後にほんの少しのお礼を。

       かなりの広さの草原で、この真ん中の一部が漸くに
       2000年から発掘が始まったとかで、
       この大邸宅もまだまだ全部が発掘されていないのだとか。
       今までもあちこちでローマ期のモザイクを見ていますが、
       ここのは大変精巧な技術のモザイクで、しかも大規模。
       この辺りにお出かけの方、モザイクがお好きな方、
       是非お寄りになる事をお勧め致します!

       それにしても、ローマ人の遺した凄い物がまだまだ出てくる
       しかもほぼ完全な形で出てくると言うその凄さに
       改めて驚きました。
       知らずに偶然に寄った町でしたが、大きな贈り物でした。



d0097427_8402626.jpg

d0097427_8404371.jpg

d0097427_841032.jpg

d0097427_8411693.jpg

d0097427_841336.jpg

      ◆アンギアーリ

       アンギアーリ・Anghiari には昔スケッチをした思い出があり、
       いつかまた行きたいと言う願いもありましたが、
       今回絵の友人を伴い再訪でき、
       ウルビーノとは違った喜びを感じました。

       やはり観光客用に町が少し様変わり、
       大好きだった隅ずみがモノクロから彩色に、という様な
       変化がありましたが、この町はやはり好きな町。


d0097427_8424081.jpg

d0097427_843276.jpg

d0097427_8431839.jpg

d0097427_8433559.jpg


       町の様子を少しと、朝夕の色
       霧のかかった平野をどうぞ!
       真っ直ぐに続く道は、サンセポルクロ・Sansepolcro に続く道。

       地図に線を引きましたモンテルキ・Monterchi に、
       ピエロ・デッラ・フランチェスカの「出産の聖母」を見に。

       昔見た墓地の礼拝堂からそれ用の博物館に移動収蔵されていましたが、
       配慮の行き届いた展示で、素晴らしく美しい聖母でした。
       あの表情の柔らかさ、肌の美しさ!
       右の天使の頬の一部の修復が気になりましたが、
       これから先の保存も考えると、今の博物館が妥当なのかもです。

       と言う様子でアンギアーリに2泊し、ピティリアーノに。
       途中見えた塔と町の姿に魅かれカスティリオン・フィオレンティーノ・
       Castiglion Fiorentino、お昼を食べにチェートナ・Cetona に、
       山越えでかなりの雨に遭いましたが、
       無事雨上がりのピティリアーノに到着。
       ここは凄い!!
       と言いつついやらしく、次回のお楽しみに! と申し上げます。

       友人連中や、ご一緒している友人のご主人もこの旅行記を
       見て下さっている様なので、
       今の調子で更新したいと思っています。
       よろしくお願いいたしま~す!

       ではまた次回に!!



   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
       
       

by italiashiho2 | 2010-10-05 08:33 | ・トスカーナ Toscana | Comments(9)
2010年 10月 02日

   ・・・ イタリア中部紀行 2010年秋 その3 ・・・

      ブログご訪問、有難うございます!
      お陰さまで、元気で無事に旅を続けております。
      今夜10月1日現在マルケ州はウルビーノの宿に3泊めで、
      明日の朝アペニン山脈を越えトスカーナに入り、
      アンギアーリに向かいます。

      まずは先回の続き、グラダーラ・Gradara の要塞からどうぞ。

d0097427_791448.jpg

d0097427_795249.jpg

d0097427_7101560.jpg

d0097427_7103672.jpg

d0097427_7105884.jpg

      ◆グラダーラ

       グラダーラの宿が城壁に囲まれた町の外、歩いてすぐの所、
       広い庭先から海が見えました。
       手前がカットーリカ・Cattolica で、
       湾の向こうに朝日に輝くリッチョーネ・Riccione、 
       そしてその先にはリミニ・Rimini と続く
       アドリア海沿岸の大海水浴地帯

       要塞内部は修復されたものですが、
       中世の雰囲気を上手く伝える調度類が備えられ、
       写真禁止がとても残念でした。
       
       リミニの狼 と呼ばれたシジスモンド・P・マラテスタも
       3番目の奥方と短い期間ではあるものの住んだそうで、
       2人の名のつけられた部屋もあり、
       またルクレツィア・ボルジャの化粧部屋には
       上げ蓋式トイレが2つありました!
       彼女とこの城の関係が良く分からないので、
       戻って後また調べま~す。

       ガイドブックの写真でご案内致しますので、
       お楽しみに!



d0097427_7115581.jpg

d0097427_7121494.jpg

      ◆ウルビーノに

       ウルビーノに向かいます。
       グーグルの地図によると、行程は34K 50分。

       グラダーラからすぐ山道になり、
       遠くに海が見えるカーヴの多い道が暫く続き、
       その後は素晴らしい風景の、起伏の道の連続でした。



d0097427_713645.jpg

d0097427_7132698.jpg

d0097427_7134524.jpg

d0097427_714866.jpg

d0097427_7143324.jpg

d0097427_714563.jpg

d0097427_7151590.jpg

      ◆ウルビーノ

       街が見え、まず駐車場を探しつつ急な坂道をあちらこちら。
       ですがまぁなんと車の多い事!
       どこもかしこも道端は縦駐車で満杯、
       やっと見つけた場所に突っ込み、宿を見つけに中心広場に。
 
       溜息が出るほどの急坂を喘ぎながら上る途中、
       大学の学部の前を通りかかると、
       折しも新博士の誕生を祝い、わいわいという騒ぎ。
       髪の長いミニ・スカートの女性がその主役で、
       パンとシャンペンの栓を飛ばし、グイッと一口。
       アウグーリ、ドットレッサ!

       25年前訪問したウルビーノの記憶は遠く、
       坂道もこんなに殺人的だったとは覚えておらず、
       街自体も大変に賑やかに、大学生たちで埋まっています

       宿が街の中心広場近くにある事は大体分かっていましたが、
       なんとドゥオーモのまん前の古い建物内で大変便利。
       が、荷を置いた後に探し当てた無料駐車場は街の裏側で、
       3度殺人的坂道を上る羽目に!

       ですがですが、やはりやはり素晴らしいウルビーノ!!

       向こうの谷に朝は雲が湧き
       丘の上から見る城の威容、2つの塔の美しさ
       ラファエッロや、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品にも再会、
       美味しくて安いトラットリーアも見つけました。

       ウルビーノ3日目の午後、17kほど西に位置する
       ウルバニーア・Urbania という古い小さな町にも足をのばし、
       川辺に立つ素晴らしいドゥカーレ宮や、鄙びた町を見に。
       
       パラパラの小雨もウルビーノに戻ると止み、
       夜はまた美味しいトラットりーアで満腹。
       今こうして起き出してこれを!

       という事で、明日の朝は
       トスカーナはアンギアーリ・Anghiari を目ざします

       お天気には恵まれていますが、
       しっかり着込む肌寒さです。
       皆さんも、お元気でどうぞ!
      


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2010-10-02 07:17 | ・マルケ Marche | Comments(2)