「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 29日

   ・・・ スペイン ・ マドリッド空港は、 ・・・

d0097427_23475438.jpg

       今回のポルトガル旅行は、往復ともスペインの
       マドリッド空港でトランジットがありました。
       初日は、サンチャーゴ・デ・コンポステーラ往きに、
       そして最終日リスボンから来て、ヴェネツィアに戻るのに。

       で、このマドリッド空港が大変色鮮やかで面白いデザインでしたので、
       ちょっとご覧下さいね。

       トップは、今回利用しましたイベリア航空
       水も何もな~んにもサーヴィスの無い、
       欲しかったら買えという、
       怖い顔のお姉さまホステスの多い、       
       機関銃を撃ちまくるみたいなスペイン語アナウンスの、
       イベリア航空でございます、はい。


       到着して空港ロビーに出て来ましたら、
       迎えてくれたこの色鮮やかなパイプと、波打つ天井
d0097427_23481537.jpg

       最初に出会ったのがオレンジから黄色部分で、
       皆がホォ~!っと見上げて感嘆。
       で、暫くして漸くに、
       色が虹色に変化している事に気が付いた次第。
       一番奥が、濃い赤になっているのが見えますか?



       こちらは逆向きで、奥に緑色、そしてブルー
d0097427_23483813.jpg



       で、天井部分がこんな風に波打っていて、
       鳥の翼のよう
d0097427_2349623.jpg



       即、簾の子を連想する日本人ですが、
       昆虫の目玉みたいな照明も続き・・、
d0097427_23492912.jpg



       緑から水色、そして濃いブルーに変わっていく様子。
d0097427_23494716.jpg



       若い緑色
d0097427_2350791.jpg



       鮮やかな水色から黄色を振り返り
d0097427_23502777.jpg



       簾の子の色味も、パイプの色により変わって見え、
d0097427_23504786.jpg


       新しい、グレイのパイプのみで構成された空港に比べると、
       確かに目に楽しく
       色分けも、どうやらゲートに因って分けてある様で、
       それが飲み込めると、楽に辿り着けそう。

       というのも、この空港ロビーは長~~く真っ直ぐに1本で、
       通路には電動歩道(ぴったりの言葉が出てこない!)
       が続いているものの、
       自分のゲートを探すのに、黒板半分程の掲示板をまず探し
       掲示板が大きいと、あそこにある、とすぐ見つかるのに・・、
       そこで目的のゲートを見つけないとなりません。
       最初は切符に書いてある番号かと思い、
       皆でウロウロしたのでしたぁ。

       ロビー真ん中部分に売店、バール、トイレ等が続いていますが、
       その店の種類の変化の無さ、これには少々驚き!
       バール兼単純な売店、食べる物はパニーノ式かハム類、
       パックしたサラダ、お菓子、飲み物のみ。
       探検した訳ではないのですが、レストランを見かけなかったと。

       韓国のソウル・インチョン国際空港みたいに
       うどんもある、お菓子もある、洋食(古いなぁ!)もある
       軽いも重いも何でもおます式は、ここマドリッドでは見つからず!
       あのフランクフルト空港でも、お寿司やうどんがあったのにね、
       ・・うん、美味しくはなくとも、気持ちが和らぐのになぁ、
       スペインはまだまだ強面で、国際化していないなぁ、
       少なくとも、首都国際空港の食べ物類が単純すぎるよぉ!
       いや、これはリスボン空港でも、
       なんとなしに口寂しくて、ウロウロした挙句の私の感想。

       韓国 インチョン国際空港の様子は、
       http://italiashio.exblog.jp/13446888




       これよりの3枚は、少しばかり空腹を抱えて乗った
       サンチャーゴ・デ・コンポステーラ行きの空から
       殆ど到着間際の緑の多い景色。
d0097427_23513086.jpg

d0097427_23515011.jpg

d0097427_23521029.jpg



       で、ポルトガル各所を南下しながら見物し、
       1週間後にリスボンから再びマドリッド空港に戻りました。
       都合2時間遅れとなった出発を待つ、夕暮れの空港風景

       何が反射しているのか、面白い光が窓に映り
d0097427_23523515.jpg



       遠くに見える滑走路を、離陸に向け走っていく飛行機。
d0097427_2353039.jpg
       
       Air Europa って、国籍はどこ?!



       いよいよヴェネツィア行きに乗り込み、
       滑走路をゴトゴトと揺れながら・・、
d0097427_23531937.jpg

d0097427_2353404.jpg

       夕暮れのマドリッドの空。 



       うわ~ぃ、離陸したぞぉ。
d0097427_23535846.jpg

       
       ん?・・・うんにゃ、
       スペイン・ポルトガル紀行を始めたばかりよね、
       まだヴェネツィアに帰ったらいけんのじゃった! 


       ははは、ならば再び・・、
       おいでませぇ、こちらマドリッド国際空港で~す!
d0097427_23543615.jpg

       ・・なんとまぁ、自由自在のいい加減さよ、ははは。 


       てな様子ですが、どうぞ呆れずに、
       応援励まし、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-29 00:01 | ・スペイン・ポルトガルSpain Po | Comments(0)
2011年 06月 27日

   ・・・ セピア色の絵葉書で ・ ポルトガル ・・・

d0097427_001811.jpg

       旅の途中、白黒写真の絵葉書を見つけると、
       絵柄にもよる、と思いつつ結局買ってしまうのですが、
       戻ったホテルでゆっくり見ると、今回はかなりの数が
       1990年代から2000年以降の分でして・・。

       何だぁ、これは?!と思いつつ眺めると、
       素材の雰囲気はいかにも白黒写真にふさわしくも見え、
       そうか、ポルトガルは今もモノクロが似合う国なのかも
       と思った事でした。

       という訳で、自分の写真整理の時間稼ぎの為にも、はは、
       今日はその絵葉書をご覧下さいね。
       今回は80年代後半までの分に絞り、
       それ以降の分はまたのチャンスに。

       トップは、ポルトガルの地名の絵葉書に、
       今回の行程に印をつけたもの。

       絵葉書のご紹介は、
       地名と年のみ記し、撮影者名は省きますね。
       では、どうぞ!
  
       Praia de Mira  1930-40
d0097427_004324.jpg

       どこにある土地なのか知りませんが、
       ナザレで見た、如何にも大西洋の雰囲気



       Nazare`・ナザレ 1958
d0097427_01444.jpg


       Nazare` 1958
d0097427_012496.jpg


       ナザレの青い青い海の浜で、裸足で波と遊びましたが、
       波も冷たくなく、浜の砂は暖かく・・。

       黒い服、黒いスカーフの女性で有名な漁村ですが、
       今は既にすっかり観光地化し、家々も新しく、
       見かけた黒服の年配女性も、写真はNoと言いました。
       ですが、ここで食べた鰯の塩焼きは旨かったぁ!



       Lisboa・リスボン 1987
d0097427_015089.jpg

       タイル装飾で埋め尽くされた散髪屋の店内、
       80年代後半というより、もっと以前の雰囲気ですよね。



       Lisboa・リスボン 1956
d0097427_021032.jpg

       車が少ないのは今と違いますが、
       道の敷石は今もピカピカと光って滑りやすく・・



       Lisboa・リスボン 1973
d0097427_023143.jpg

       子供達が前の子供の服に繋がって行くのが、
       なぜかとてもユーモラス。



       Lisboa・リスボン 1956
d0097427_031955.jpg

       これは坂上の道に接続するエレベータで、
       傍に行きましたが今は止まっていて、偶々かも、残念。
       女性の服装と、頭での運搬方法がやはり年代を。



       Lisboa・リスボン 1987
d0097427_034130.jpg

       出前の、というか、流しの靴磨き?



       Lisboa・リスボン 1985
d0097427_04199.jpg


       Lisboa・リスボン 1964
d0097427_042265.jpg

       こちらは、アマーリア・ロドリゲス

       ファド はご存知ですよね?
       ポルトガルの切ない郷愁に満ち満ちたあの音楽、
       昔からあれが大好きで、使われるギター、
       12弦の高い音の響きも大好きで、
       今回は何枚かCDを買って戻りました。

       ファドの酒場というよりも、
       観光客向けのディナーショウにも出かける事ができ、
       出演していたギター奏者(教授なのだそう)のCDも1枚。

       現代風の洒落た、軽いファドのCDも混ざりましたが、
       私には正統派ファドの歌い手、
       マリーザ・Mariza の重い切なさが、良いなぁ~!

       Amália Rodrigues- Lisboa Antiga
       http://www.youtube.com/watch?v=v6P68KXeBy4&feature=related

       Mariza - Barco Negro
       http://www.youtube.com/watch?v=5ElLSBx9Jo8&feature=related

       Sandro Costa&Luis Guimarães (Variações em re)
       http://www.youtube.com/watch?v=RSWPROcRn1c&playnext=1&list=PLFEC2670975030D98



       Po'voa de Varzim 1956
d0097427_044780.jpg

       どこの町か、何とも懐かしい顔のポスターがあり、
       さっそうと歩く若い女性は、素足!



       Algave 1957
d0097427_05816.jpg

       窓辺の若い女性は涼やかな頬笑みで、
       年配の方はお二人とも、濃い口髭を蓄え・・!

       Algarveは、ポルトガルの一番南の町の様ですが、
       やはり海辺の村の雰囲気が伝わってきますね。


       という事で、
       写真整理を頑張りますので、・・あわわ、
 
       引き続き応援励まし、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-27 00:05 | ・スペイン・ポルトガルSpain Po | Comments(6)
2011年 06月 24日

   ・・・ ポルトガル紀行 予告編 ・・・

d0097427_23302142.jpg

       お久し振りです! 
       真っ黒に日焼けして、昨夜無事ポルトガルより戻りました
       予定よりも2時間遅れの飛行で、ヴェネツィア到着が午前0時、
       我が家に着いたのが1時40分位だったでしょうか、
       
       今朝は洗濯機を回しつつ、買って戻ったファドのCDをかけながら、
       撮った写真をフォルダに分け、その中からざっと選び整理し、
       予告編をご覧頂こうと、漸くにここにアップです。

       今回はグループでポルトガルをざっと回ったのですが、
       最初にスペインの北西にある巡礼の地、
       サンチャーゴ・デ・コンポステーラ・Santiago de Compostelaに寄り、
       有名な、香炉を振るボータフメイロを見る事が出来たのが、
       最初の写真。

       その地のご説明はまた順次に、という事で、
       今日は土地の名前だけを記しますね。
       2日目のみ小雨でしたが、あとは快晴に恵まれ、
       風が気持ちの良い、素晴らしい旅が出来ました。
       では、ごゆっくりどうぞ!       

       ギマライシュ・Guimares
d0097427_23304264.jpg

d0097427_2331373.jpg

d0097427_23312461.jpg



       ポルト・Porto
d0097427_23315664.jpg

d0097427_23321714.jpg

d0097427_23323659.jpg



       コインブラ・Coimbra
d0097427_23325712.jpg

d0097427_2333183.jpg

d0097427_23333918.jpg

d0097427_2334090.jpg

d0097427_23342177.jpg

d0097427_23344230.jpg



       カーポ・ダ・ロッカ・Cabo da Roca
d0097427_2335012.jpg

d0097427_23352021.jpg



       エストリル・Estoril
d0097427_23354231.jpg

d0097427_2336362.jpg

d0097427_23362336.jpg



       リスボン・Lisboa
d0097427_23364352.jpg

d0097427_2337223.jpg


       リスボンの写真もいっぱいいっぱいあるのですが、まずはこれだけ。
       それに勿論他にも有名な観光地のシントラ・Sintra ナザレ・Nazare`
       オビドス・Obidos トマール・Tomar 等などにも寄りましたが、
       私にはポルト、コインブラ、リスボンなどが大変興味深く、
       トマールのテンプル騎士団の要塞、修道院跡にも驚きました。

       まるで新しい土地の、面白い色柄にも大いに興味を魅かれ、
       今朝ざっと数えましたら4000枚ほど写しており、
       これからの整理が我ながら恐ろしいのですが・・、
       牛さんの様に、何度も反芻して愉しみつつ、ぼちぼち整理、
       順次見て頂こうと思いますので、お楽しみに!

       そしてこちらも、どうぞよろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-24 23:39 | ・スペイン・ポルトガルSpain Po | Comments(8)
2011年 06月 15日

   ・・・ 旅するワンちゃん達、 にお留守番をお願いし ・・・

d0097427_23533744.jpg

       という訳で、今日ご覧頂きますのは、先日のガルダ湖畔の町で
       出会った旅するワンちゃん達」です。

       ガルダ湖を取り巻く各町、まさにドイツ人天国というのか、
       アメリカ人の団体、イギリス人グループなども見かけるのですが、
       圧倒的にドイツ語圏なのですね。
       ガルダのホテルでTVをつけましたら、なんとドイツ語放送ばかりで、
       一瞬、我らはヴェネト州ヴェローナ県にいるのよね、
       と自己確認をする有様でしたが・・、

       彼らはワンちゃんを連れてヴァカンスに来ているので、
       たくさんの、様々な種のワンちゃん達に出会えました。
       我が友人mkちゃんは犬キチで、自宅で留守番のココちゃんを
       思い出しつつ、ワンちゃんに出会うごとに写真を撮り、
       正確にその種類を教えてくれたのですが、・・はは、覚えられず、
       ・・犬好きな方も、それほどでもない方もどうぞご覧になって、
       毛並みの手触りをご想像下さいね!

       トップは、マルチェジーネ・Malcesine のお城の傍で、
       ひねもすのったり、目だけ動かす彼
       写真は、頭から5枚がmkちゃんのものです。

       と、本日の最後に取って置きが1枚ありますので、お楽しみに!


       毛深い、・・いやそうでもないか、の脚元から
       我が友を見つめる毛むくじゃらのシロちゃん
d0097427_2354161.jpg


       ここは、マルチェジーネのお城のテラス
       自分達だけで楽しまないで、
       シロちゃんにも素晴らしい眺めを見せてあげてやぁ!
d0097427_2355382.jpg



       こちらもマルチェジーネ。
       いやぁ、これは写真ではそう凄くも見えませんが、
       人間もワン君も、大きかった、ごつかった!!
d0097427_23553160.jpg


       道の敷石は丸石舗装で、年代を経てつるつるですが、
       その中央部分が濃い色の滑り難い石で再舗装され、
       カーヴに沿い、また道案内も兼ねており、
       視覚効果も大変面白く。



       余りにも観光客が多いためか、余り猫ちゃんを見かけず
       私はこの子を見ませんでしたが、綺麗な猫ちゃん。
d0097427_23555964.jpg



       ここからはshinkaiの写真で。
       こちらは、トッリ・デル・ベーナコ・Torri del Benaco
       湖の傍らに、ヴェローナはスカリージェリ家の要塞が残ります。

       で、彼が道脇にいるのを見かけ写しましたら
d0097427_23562890.jpg


       もそっと起き上り
d0097427_23564827.jpg


       そそくさとご主人たちのベンチの下に!
d0097427_23571625.jpg

       ははは、犬さらいが来た、と思ったかな?



       こちらはトップで見て頂いたマルチェジーネの彼
       丸石舗装の狭い道の真ん中で、
       迷彩色みたいな顔をして、ゴロンと横たわり
       こんなにたくさんの人が通るのに、動きもせず!
d0097427_23573970.jpg


       ね、真正面に回っても、目の玉だけ動かすのですよ
d0097427_23575878.jpg



       マルチェジーネの細い細い小路を入って行きましたら、
       いました、この黒ちゃん。
       このお家の玄関前でご飯を頂き、
       おう、喰ったぞぅ!と口を拭きつつ立ち去る所。
d0097427_23582920.jpg



       トッリ・デル・ベーナコの要塞の上から
d0097427_23591199.jpg

       この素敵な茶色のワンちゃんとは駐車場で会い、
       mkちゃんが写真を撮ったのですが、
       彼らが戻っていく所を塔の上から見かけ・・。



       こちらも、トッリ・デル・ベーナコで、以下の5枚も。
       このワン君もかなり大きな、立派な姿。       
d0097427_2359367.jpg


       それにしても、どのワンちゃんのご主人も
       犬の写真を撮らせてくれというと、もう大満足。
       如何に良く撮って貰おうかと
       座らせよう、カメラに顔を、と大苦労され、
       ・・その割に、ワンちゃん達は親に協力不足なのですが、
       写したのをディスプレイで見て貰うと、
       もう皆デレデレに、ははは。

       この町は、ガルダ湖に面して細長く続きますが、
       入り込む形に丸い港というか、船溜まりがあり、
       その周囲にオリーヴの木が植わり、とても良い雰囲気。

       その港の周辺で見かけたたくさんのワンちゃん達。
       こちらは、2人揃ってなにやらカメラ目線ですねぇ!
d0097427_00576.jpg



       一見ゆったり座っている様ですけど、
       耳の緊張具わいをご覧下さい。
       しっかりこちらを意識していますね。
d0097427_002486.jpg

       ふふ、そうだよ、この辺りでは珍しい日本種だよぉ!


       立ち姿の美しいワンちゃんで目立ちましたが、
       目の化粧が濃いですねぇ。
       なんという種?
d0097427_014621.jpg
       


       ご主人2人+ワンちゃん3頭
       力が強そうで、脚も早そう。
d0097427_02597.jpg



       ラツィーゼ・Lazise の船溜まり脇で。
       ハスキーの彼にとっては、余り暑くない日で良かった!
d0097427_0258100.jpg

       それにしても、何、このブーツ?!



       数少ない猫ちゃんの写真をマルチェジーネで、
       朝まだ早い時間、家の前の階段に揃っているのを
d0097427_032210.jpg


       これは上にいた2人のうちの若い方で、
d0097427_034051.jpg

       なかなかの美猫。       

       こちらはなんとまぁ、鼻の頭に2本もやられた傷跡!
       笑いを堪えるこちらを、うっすらの薄眼で・・、ははは。
d0097427_043142.jpg



       マルチェジーネの夜、船着き場で
       同じ家族でもね、それぞれの関心は違いまして、
       大きな彼が見ているのは・・、
d0097427_052958.jpg



       皆の食事が済むのをテーブルの下で待つ、この方。       
       それにしても躾が良く、せがんだり、騒いだりしません。
d0097427_054918.jpg



       最後は、ガルダ・Garda の湖畔のテラス席で出会った、
       この人懐こいワンちゃん。
       ははは、と笑っているようでしょ?!
d0097427_061023.jpg

       やはりドイツからでしたが、
       イタリアが気に入ってくれたかな?



       で、一番最後に、取って置きのおまけを

       リンクして頂いてる利根さんの「かくや・日々の写真の貼り混ぜ帖」から、
       上野動物園のカバ君の「春眠」を、どうぞ!
       なんとも可愛い、ぽっこり覗く歯がご愛敬。
d0097427_064671.jpg
       
       利根さんは現在、革命後のエジプトに行かれている様子で、
       最近の現地の様子もブログでご覧になれますので、
       こちらにご訪問を。
       http://tonikakuya.blog54.fc2.com/blog-entry-387.html


       私はこれをアップして後、
       16日早朝4時半から23日深夜まで、
       ポルトガルにグループ旅行で出かけて来ますので、
       ブログはお休みを頂きます。

       ヴェネツィアから飛行機でマドリッドに、そして乗り換え、
       まず、サンチャーゴ・デ・コンポステーラに。
       それからポルトガルに入り、毎日かなりの距離を走り宿が変わり、
       最後の2泊のみリスボン連泊、というかなりな強行軍。

       ですが、サンチャーゴ・デ・コンポステーラは見たかった場所で、
       ポルトガルも行きたかったので、頑張って見て、撮って、
       またご報告いたしますね。

       では、行って参りま~す!

      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!   

       ニュースでご存知かと思いますが、
       この日曜、月曜に行われた国民投票で、
       原子力発電問題に、イタリア国民はハッキリと
       NO と表明しました。

       他にも水道の民営化などの項目もあったのですが、
       いずれも結果的に95%を優に超える高い率で、
       NO と答えました。

       日曜日の投票率が大変低かったので、
       ひょっとして投票成立に届かないのでは、と
       ひそかに気にかかっておりましたが、
       結果としては、イタリアに住む外人の一人にも
       内心とても嬉しい結果が出ました。

       最近の様々な無様な内政状態に対し、
       国民がどう考えているかを、遂にハッキリ示した形、
       のらくら国民と評されながらも、
       譲れない事に関しては はっきりNO と言った、
       やったぜ!と嬉しい私です。

       で、さて、これから政府はどのように出て来ますか、
       楽しみに見つめて参りましょう。

       
       いつも応援有難うございます!
       これからも、どうぞよろしくお願いいたします

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-15 00:10 | ・イタ猫イタ犬動物 gatti -   | Comments(8)
2011年 06月 13日

   ・・・ ブログ 総目次  その 6 ・・・

     月毎に、まとめて見ました。
     この方が、辿りやすいかと思います。
    
     どうぞ、古い記事でも、宜しかったらコメントを
     お願い致します!

    2011年

      7月

  30日 ガルダ湖畔で食べた、美味しいもの! 
      http://italiashio.exblog.jp/14229685

  27日 コインブラ、夜の探訪をご一緒に ・ ポルトガル 
      http://italiashio.exblog.jp/14211463

  26日 黄金の世紀 ・ パドヴァ その3 
      http://italiashio.exblog.jp/14191422

  25日 黄金の世紀 ・ パドヴァ その2 
      http://italiashio.exblog.jp/14182400

  23日 パードヴァ、でございます!  その1 
      http://italiashio.exblog.jp/14164346

  21日 トリエステの海に臨み ・ ドゥイーノの城 2 
      http://italiashio.exblog.jp/14146309

  20日 ドゥイーノのお城 ・ トリエステの海に臨み 
      http://italiashio.exblog.jp/14137372

  18日 夏の夜、広場でオペラを ・ オデルツォ
      http://italiashio.exblog.jp/14120300

  16日 青い蒼い大西洋、ナザレの浜 ・ ポルトガル
      http://italiashio.exblog.jp/14106114

  14日 王家の愛の物語 アルコバッサ修道院 ・ ポルトガル
      http://italiashio.exblog.jp/14088586

  13日 アルコバッサ修道院 ・ ポルトガル
      http://italiashio.exblog.jp/14080402

  11日 モノクロの絵葉書で ・ ポルトガル
      http://italiashio.exblog.jp/14061698

   8日 色いろいろ、そして洗濯物 ・ ブラーノ島
      http://italiashio.exblog.jp/14021235

   6日 美味しい物を食べに! ・ ヴェネツィア・マッゾルボ
      http://italiashio.exblog.jp/13993239

   4日 シエナのパリオ 2011.7.2 ・その1
      http://italiashio.exblog.jp/13965679

   4日 シエナのパリオ 2011.7.2 ・ その2
      http://italiashio.exblog.jp/13965474

   1日 ロカ岬 ・ ここに地が果て、海が始まる
      http://italiashio.exblog.jp/13939361


      6月

  29日 スペイン ・ マドリッド空港は、
      http://italiashio.exblog.jp/13919966

  27日 セピア色の絵葉書で ・ ポルトガル
      http://italiashio.exblog.jp/13899887

  25日 ポルトガル紀行 予告編
      http://italiashio.exblog.jp/13879589

  15日 旅するワンちゃん達、 にお留守番をお願いし 
      http://italiashio.exblog.jp/13787817

  13日 そして船が行く ・ ヴェネツィア
      http://italiashio.exblog.jp/13764751

  11日 男性ソプラノ歌手による、・ ピエタ教会のコンサート
      http://italiashio.exblog.jp/13753313

   9日 ブラーノ島 ・ 昼下がりの散歩を
      http://italiashio.exblog.jp/13741014

   7日 ヴェネツィア ・ センサのお祭りの日
      http://italiashio.exblog.jp/13728551

   4日 マルチェジーネ その2 ・ ガルダ湖
      http://italiashio.exblog.jp/13709926

   2日 ガルダ湖畔 ・ マルチェジーネ 
      http://italiashio.exblog.jp/13697797


      5月

  31日 ヴェネツィアの館 ・ カ ・ ドーロ その2 
      http://italiashio.exblog.jp/13683956

  29日 カ ・ ドーロ  その1 ・ ヴェネツィアの館
      http://italiashio.exblog.jp/13670932

  27日 イタリアで一番素晴らしい 植木の迷路・ラビリントを
      http://italiashio.exblog.jp/13657736

  25日 美味しく食べる・・より良く生きるために 
      http://italiashio.exblog.jp/13644764

  23日 ブレンタ川沿いに ・ お休みのご報告と予告を 
      http://italiashio.exblog.jp/13632110

  20日 ちょっと一息、そして見直し。 写真についてのあれこれ 
      http://italiashio.exblog.jp/13616563

  19日 サン・ジョヴァンニ洗礼堂 ・ フィレンツェ
      http://italiashio.exblog.jp/13606980

  17日 花のサンタ・マリーア大聖堂 ・ フィレンツェ 
      http://italiashio.exblog.jp/13594104

  15日 海からの眺めを ・ ジェノヴァ観光 その2 
      http://italiashio.exblog.jp/13580891

  14日 ジェノヴァ観光 その1 ・ 山の上から、そして駆け足で
      http://italiashio.exblog.jp/13574621

  12日 これでお終い、エウロフローラ2011 その3
      http://italiashio.exblog.jp/13561220

  11日 エウロフローラ その2 ・ ロベルタの撮った花を
      http://italiashio.exblog.jp/13554373

   9日 海沿いの散歩道と、リスの走り回る公園 ・ ネルヴィ
      http://italiashio.exblog.jp/13540311

   6日 ジェノヴァの街角 ・ 見下ろす守護神
      http://italiashio.exblog.jp/13520374

   4日 コッペデ塔 ・ ジェノヴァ への旅の途中に
      http://italiashio.exblog.jp/13507967

   2日 エウロフローラ 2011・ ジェノヴァ 花の祭典 1 
      http://italiashio.exblog.jp/13495441


      4月

  30日 ニューヨーク到着前、早春の上空からの眺めは 
      http://italiashio.exblog.jp/13483386

  26日 スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ ・ アサリのスパゲッティ
      http://italiashio.exblog.jp/13457026

  24日 韓国 インチョン国際空港にて
      http://italiashio.exblog.jp/13446888

  19日 カプリ島 一周にご招待! その1
      http://italiashio.exblog.jp/13410653

  19日 カプリ島 一周にご招待! その2
      http://italiashio.exblog.jp/13410488

  17日 アッシジの春 ・ 想い出の中でいつも静謐、端正な
      http://italiashio.exblog.jp/13397172

  15日 コルマール ・ フランスはアルザス地方の
      http://italiashio.exblog.jp/13384109

  13日 モナコ公国  ほんのちょっぴり、駆けめぐり その1
      http://italiashio.exblog.jp/13370083

  13日 モナコ公国  ほんのちょっぴり、駆けめぐり その2
      http://italiashio.exblog.jp/13369955

  11日 セナンク修道院 ・ 南フランス、プロヴァンス その1
      http://italiashio.exblog.jp/13355855

  11日 セナンク修道院 ・ 南フランス、プロヴァンス その2
      http://italiashio.exblog.jp/13355634

   8日 自家製の美味しい リモンチェッロはいかが?! 
      http://italiashio.exblog.jp/13336218

   6日 カプリ島の海と空と ・ 朝と夕暮れ
      http://italiashio.exblog.jp/13320602

   4日 ラヴェッロには、ワーグナーの旋律がよく似合う その1
      http://italiashio.exblog.jp/13306796

   4日 ラヴェッロには、ワーグナーの旋律がよく似合う その2
      http://italiashio.exblog.jp/13306742

   1日 皆で一緒の、美味しくて安いお昼の様子を
      http://italiashio.exblog.jp/13285822


      3月

  30日 ヴェネト平野の春、煌めく陽光をどうぞ!
      http://italiashio.exblog.jp/13273028

  28日 ナポリ、 夕暮れが迫る頃
      http://italiashio.exblog.jp/13256716

  26日 カステル・ヌオーヴォ ・ ナポリ
      http://italiashio.exblog.jp/13242667

  24日 美しきナポリ、周遊バスの上から その2
      http://italiashio.exblog.jp/13225751

  22日 ナポリ街歩き、そして周遊バスの上から その1
      http://italiashio.exblog.jp/13202943

  20日 ヴェネツィア空港からナポリの街へ
      http://italiashio.exblog.jp/13178678

  18日 無事に戻りました。 ・・が
      http://italiashio.exblog.jp/13161441

   7日 自然の中の素朴な愛、 にお留守番をお任せ
      http://italiashio.exblog.jp/13076651

   5日 美味しく簡単、楽に作れる ピッツァをどうぞ!
      http://italiashio.exblog.jp/13055778

   4日 まだまだ、小さな小さな春 ・ スコミーゴ村便り
      http://italiashio.exblog.jp/13042102

   2日 アンコール・ワット遺跡群に! その2
      http://italiashio.exblog.jp/13026931


      2月

  28日 アンコール・ワット遺跡群に! その1
      http://italiashio.exblog.jp/13011339

  26日 パンダちゃん達に、会いに行こう!
      http://italiashio.exblog.jp/12993710

  24日 フィレンツェの歴史的カフェのご案内 ・ その2
      http://italiashio.exblog.jp/12976261

  22日 フィレンツェの歴史的カフェのご案内 ・ その1 
      http://italiashio.exblog.jp/12954028

  20日 活字印刷博物館 訪問 その1
      http://italiashio.exblog.jp/12937462

  20日 活字印刷博物館 訪問 その2 
      http://italiashio.exblog.jp/12937234

  18日 アルノ河の、ミズスマシたち 
      http://italiashio.exblog.jp/12913480

  16日 ランス ・ フランス国王、シャンパン、藤田嗣治の街 
      http://italiashio.exblog.jp/12883273

  14日 2月14日 ・ チョコレート・ケーキはいかが 
      http://italiashio.exblog.jp/12870660

  12日 安くて旨い食堂と、塩のお話 
      http://italiashio.exblog.jp/12858630

  10日 我が町コネリアーノ ・ 美しき夕暮れ 
      http://italiashio.exblog.jp/12847183

   8日 A.ヴィヴァルディが洗礼を受けた教会と、その周辺を 
      http://italiashio.exblog.jp/12835324

   6日 時代衣装の彩りを、 
      http://italiashio.exblog.jp/12824107

   4日 夏の思い出 ・ ピランの海 
      http://italiashio.exblog.jp/12812535

   2日 サン・ボルド峠 ・ 難所の峠越えは、
      http://italiashio.exblog.jp/12800329

  1月

  31日 世に評判の、ノルチャの旨いもの店は
      http://italiashio.exblog.jp/12788350

  29日 イタ猫・イタ犬 ・ グラダーラの町で 
      http://italiashio.exblog.jp/12777322

  27日 ヴェネツィアのゲットー ・ 追悼の日に寄せ
      http://italiashio.exblog.jp/12765671

  25日 スコミーゴ村だより ・ お天気に誘われて 
      http://italiashio.exblog.jp/12754036

  23日 A.カノーヴァ塑像博物館 ・ ポッサーニョの夕暮れ
      http://italiashio.exblog.jp/12754036

  21日 パリ!・ 巴里! ・ ルイーザのクリスマス休暇
      http://italiashio.exblog.jp/12731641

  19日 ウンブリアの寒村 ・ ロッカノルフィ 
      http://italiashio.exblog.jp/12720020

  17日 夕暮れのヴェネツィア ・ サン・マルコ広場 
      http://italiashio.exblog.jp/12708154

  15日 ラヴェンナの街 ・ 日曜日の広場では、
      http://italiashio.exblog.jp/12695888

  13日 旨いもの ・ グラダーラ、チェートナ、チヴィタ 
      http://italiashio.exblog.jp/12684386

  11日 夏のヴェネツィア ・ ヴェネツィアの館、そしてあれこれ 
      http://italiashio.exblog.jp/12672369

   9日 チヴィタ・ディ・バーニョレージョ ・ 天空の町 1
      http://italiashio.exblog.jp/12660510

   9日 チヴィタ・ディ・バーニョレージョ ・ 天空の町 2
      http://italiashio.exblog.jp/12660357

   7日 どのように赤ちゃんを抱っこするか、その喜ばしい方法 
      http://italiashio.exblog.jp/12648443

   5日 カフェ博物館 の見学 
      http://italiashio.exblog.jp/12635768

   3日 初春散歩 ・ 新しい散歩道の探訪を 
      http://italiashio.exblog.jp/12623660

   1日 新年、明けましておめでとうございます! 
      http://italiashio.exblog.jp/12612715

by italiashiho2 | 2011-06-13 00:42 | ・ブログ総目次Contents10-1
2011年 06月 13日

   ・・・ そして船が行く ・ ヴェネツィア ・・・

d0097427_1272268.jpg

       皆さん、今日のタイトル、素敵でしょう?
       フェデリコ・フェリーニ監督の映画「そして船が行く」の
       あのタイトルを頂いたのですが、

       この映画は自分が見た数少ないフェリーニの作品の一つ、
       と思い込んでいました。
       が先ほどYou Tubeを覗き、見ていない映画である事が分かり・・、
       ・・見たのは一体どの映画だった?!
       フェリーニ映画のファンの方、済みませんです、
       ヴィスコンティの映画は、どれもしっかり覚えているのですが・・。
       
       という事で、今日は、かの映画の状況とは違いますが、
       ヴェネツィアから出帆してゆく、大型クルーズ船の様子をどうぞ!

       上の写真は、ヴェネツィアの車乗り入れ口であるローマ広場から
       西外回りでサン・マルコ広場に行くヴァポレットから見る大型クルーズ船。
       大きいでしょう?!

       ローマ広場から西外側を回るヴァポレットの航路沿いには、
       こんなのが幾つも並んでいるのです。
       写真だけ見たら、どこの港かと思いますよね?!

       すぐ横を通るので、一枚に入りきらない大きさ
d0097427_1274447.jpg



       こちらはお尻だけ見えたのですが、
       VOYAGER OF THE SEAS とあるのが分かりますか?
d0097427_128072.jpg

       ・・と名前に念を押すのも、魂胆があっての事で~す、ははは。



       さて、こちらはヴェネツィアの正面玄関
       サン・マルコ小広場の眺め
d0097427_1281297.jpg



       ヴァポレットで前を通りすぎながら、アップで広場の様子を。
d0097427_1282663.jpg



       鐘楼があり、2本の円柱、その上の聖人たち
       奥に時計塔が見え、サン・マルコ大聖堂、そして右にドゥカーレ宮
       広場はいつも、満員御礼!
d0097427_1284888.jpg


       という前提がありまして、はは、
       ここからが本題。

       夕方の7時前、サン・マルコ広場に出かける途中、
       スキアヴォーニ河岸のかの高級ホテル・ダニエリ・Danieli 前辺りで
       この光景に。
d0097427_1291053.jpg

       しずしずと出ていくので、ふっと気がついた時は既にこの位置、
       というのも、ご覧の通り、
       既に大運河の向かいにあるサン・ジョルジョ島の教会は隠れ、
       鐘楼だけが半分見える状態


       で、こうなりまして、
       つまり、鐘楼の先っちょだけがかろうじて・・、
d0097427_1292971.jpg
   
    

       船が通りすぎ、再び現れましたサン・ジョルジョ
d0097427_1295276.jpg


       で、クルーズ船の甲板に並ぶ、蟻んこの様な人々ですが・・、ははは、       
       船のお尻をアップで撮りましたら、この様子! 
d0097427_1301124.jpg

       上の写真も見て頂くとお分かりのように、
       そう、大勢の人々がこんな風にずらっと並んで、
       サン・マルコ広場の眺めを、上から楽しんでいるのですね
       
       エーゲ海クルーズか、はたまたカリブ海の方に出かけるのか、
       それはともかく、サン・マルコ広場をかなりの高所から見れる
       というのが、少々羨ましいですねぇ! 

       この日は土曜の夕方でしたが、
       以前にも2度程クルーズ船の出帆時に出会わせた事があります。
       ちょうどの時間にサン・マルコ小広場に居合わせて、
       まん前、視界いっぱいに広がり、塞ぎながら通って行く
       というのが、やはり独特の眺めと

       ブラーノやムラーノ島行きのように干潟を行く航路は、
       杭を打ち込み示し、それでもそう深くはない様ですが、
       ジューデッカ島サン・ジョルジョ島と、本島の間のこの運河
       大変深く、こうした大型船も通れるのだそう。

       毎年7月の末に行われるレデントーレ・Redentore のお祭りには、
       ジューデッカ島に向けデッラ・サルーテ教会の西側から
       長い平の浮橋がかけられますが、
       その時はこの運河の大型船が通行不能となりますので、
       夕方近く、急いで出帆して行く様子も見られます。


       クルーズ船を見送り、広場に到着。
       ドゥカーレ宮の回廊に射し込む陽も、少し夕方の色。
d0097427_130403.jpg



       見上げるサン・マルコ聖堂、丸屋根の上の珠飾りが光ります
d0097427_1305589.jpg

d0097427_131871.jpg



       正面側から。
       煌めく天使の羽根、そして有翼のライオン君
d0097427_1312093.jpg



       何度も見た、撮った姿ながら、その美しさに見惚れつつ・・、
       ・・ふと眼の隅に、人々の隙間を見え隠れしつつ通って行く
       タグボートの姿に気が付き、
       あ、また来たよ!! 
d0097427_1314594.jpg

       ね、今度はサン・ジョルジョが隠れる前でしょ?!


       ゆっくりと広場の視界を埋めて行き・・
       圧倒的な大きさが素敵!
d0097427_132281.jpg

d0097427_1322181.jpg

       船名VOYAGER OF THE SEAS、
       そう、外港に停泊していたクルーズ船。


       見て! この甲板の人々!
d0097427_1323799.jpg

d0097427_1325074.jpg

d0097427_133685.jpg


       長~い大きな大きなクルーズ船がゆるゆると、
       前後をタグボートに曳かれ、
       大運河を通りぬけ、
       りド島の先からアドリア海に出て行くのですね。

       最後の2枚は無意識のうち、
       広場を埋めるいっぱいの人々が写らぬよう、
       カメラを上げたようです、・・まだまだ素人!

       でも、戻って来るクルーズ船の姿を見た事が無いなぁ、
       と気が付きました。
       朝早くなのかも。


       最後は、夕日を浴びるサン・ジョルジョの姿をどうぞ
d0097427_133296.jpg



      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       お天気がなかなか一定せず、雨や曇り空、少し肌寒い程ですが、
       今日の午後半ばから、またカッと強い陽が戻って来ました。

       文明がどんなに進んでも、そして天気予報が昔より随分と
       良く当たるようになっても、・・そう思われません?!
       お天気に左右される我々人間の生活、心は変わりませんね。

       ほんの少しのお陽さまの恵みで、
       どんなに日常の様子が変わる事でしょう。
       またすぐ暑さに閉口するのかもしれませんが、
       久し振りの煌めく光と青空に心が弾みます。

       はい、家の、机の上の片づけをしなければ!

       という様子ですが、どうぞ
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-13 00:02 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(8)
2011年 06月 11日

   ・・・ 男性ソプラノ歌手による、・ ピエタ教会のコンサート ・・・

d0097427_1392150.jpg

       今日のご紹介は、ヴェネツィアはピエタ教会で聴くチャンスを得た、
       男性ソプラノ歌手によるコンサートの様子を。

       そう、男性のソプラノ歌手・ソプラニスタ・Sopranista
       アンジェロ・マンゾッティ・Angelo Manzotti
       6人編成の弦楽団と共にのコンサートを、
       ピエタ教会、かってアントニオ・ヴィヴァルディが奉職した教会で、
       偶然のチャンスに聴く事が出来ましたので、
       ちょっと珍しいかと思い、ご覧頂きますね。

       トップの写真は、大運河から見るピエタ教会

       このピエタ教会、またヴィヴァルディが洗礼を受けた教会については、
       こちらにご紹介を。
       http://italiashio.exblog.jp/12835324


       コンサートのパンフレットですが、
d0097427_139468.jpg
       
       
       写真の下の部分をアップしますと、
d0097427_140064.jpg

       サン・マルコ聖堂・ドゥカーレ宮からのピエタ教会の位置が
       良く分かりますね。

       今回のヴェネツィアでの宿は、このピエタ教会の奥の建物にある
       休暇の家とでもいうお安く清潔な宿でしたが、またご案内を。

       この日、ガルダ湖からヴェネツィアに到着、宿に荷を置き
       横の小路を通ってスキアヴォーニ河岸に出て来て、
       ピエタ教会を覗きましたら、折しもリハーサルの最中。

       柵ごしに少し聴き惚れ、友の mkちゃんが「あれ、男性でしょう?!」と。
       受付に訊ねに行きましたら、今夜のコンサートで
       席は自由席で8時半から1時間、一人25エウロ。
       即決めましたが、この切符代は mkちゃんの奢りとなり、
       有難うございましたぁ!



       8時頃に教会に戻り入場、席を取ります。
       聴衆は全部で50人程でしたか、
       ゆったりと場所を取り、明るく照明された教会内部をじっくりと
d0097427_1404634.jpg
 
      

       天井画はティエポロ・Giambattista Tiepolo
d0097427_141658.jpg

       写真が実物に比して小さく、描かれた物が良く見えないのが残念。
       フレスコ画ではなく、キャンヴァス地に油彩で、
       大変ダイナミックな、彼が活躍したスペインを感じさせる濃い趣も。



       かってこの鉄格子の後で、ピエタ教会に併設の孤児院で育てられ、
       音楽才能を認められて教育された女性孤児達による、
       合奏合唱が奏でられました。
d0097427_1412197.jpg

d0097427_1421358.jpg

       現在はこうして照明され、明るく透けて見えますが、
       当時は顔が見えないように、こうした細かい鉄柵だったのですね。

       ピエタ教会に併設のヴィヴァルディ博物館も今回見学し、
       孤児たちの生活などについても知る事が出来ましたので、
       またご案内致します。     



       当夜のプログラムを
d0097427_142299.jpg

       1曲目と4曲目のヴィヴァルディの曲は、
       6人の弦楽団・内一人がチェンバロ、の
       イ・ヴィルトゥオージ・イタリアーニ・I Virtuosi Italiani の演奏で、
       他はソプラニスタ、アンジェロ・マンゾッティの歌唱。

       ソプラニスタ という言葉も今回知りましたが、
       ソプラノと呼ぶ女性歌手と区別して、男性ソプラノ歌手を指します。

       こちらがそれぞれのサイト。
       http://www.ivirtuosiitaliani.it/?page_id=202
       http://www.angelomanzotti.it/home

       イ・ヴィルトゥオージ・イタリアーニの方は、
       実際はもっと大勢のグループのうちの6人のようですが、
       どちらも何枚ものCD発売も持ち、キャリアを積んだプロの音楽家達
       
       当夜の模様をどうぞ!
d0097427_143345.jpg
 
d0097427_1444244.jpg

d0097427_1445997.jpg

d0097427_1452884.jpg


       最初の1曲が済み、歌手が左奥に見える扉からゆっくりと歩いて
       舞台に登場した時は、その衣装と姿とに
       聴衆は私も含めちょっと戸惑いを、という様子でしたが、
       歌い始めると素晴らしく、
       2曲目3曲目になると、その登場を拍手で迎えるように。

       2曲目の Ombra fedele anch'io  と
       最後の Son quel nave  は
       映画「カストラート」の中でも使われた曲で、
       彼はこれを自分のレパートリーとしている様子。
       というのも、これは譜面無しで歌っていましたので。

       写真だけでは様子が分からないしと、You Tube を探し、
       Son quel nave は音が悪いですがこちらに。
       http://www.youtube.com/watch?v=r9OjfEPHrUQ

       こちらは今年4月のヴィデオで、
       ヘンデルを歌っていますが、現在の彼に近いかと。
       http://www.youtube.com/watch?v=cgq-1tXfR_A


       カストラート という言葉はご存知ですね?
       去勢された男性歌手の事で、16~18世紀にヨーロッパ中で
       オペラの舞台、また教会内で歌うのに大変持て囃されたそう。
       元々は舞台への登場や教会内で女性が歌うのが禁止されていたので
       始まったと言いますが、
       ボーイ・ソプラノを男性の体力、肺活量で保ち、
       映画「カストラート」に描かれた通称ファリネッリ・Farinelli
       3オクターヴ半の声域を持っていたと言われます。

       映画の中では、女性ソプラノの声と男性テノールの声を
       技術的に合成して使ったといいますが、
       こちらで場面が見れます。
       http://www.youtube.com/watch?v=Ndke7ZOwFY4&NR=1
       http://www.youtube.com/watch?v=ZRY9nrIsAf8&feature=related

       あれこれとYou Tube を探していて、Cecilia Bartoliという
       こんな女性歌手にも出会いました。
       http://www.youtube.com/watch?v=4yLsGL3J1VQ&feature=related
       この方は女性ソプラノの立場から、逆にカストラートを意識
       しているように見えますが、
       下手に傍によると、ぶっ飛ばされそうな凄さですねぇ!

       勿論、現在の男性ソプラノ歌手は去勢されている訳ではなく、
       その声域を認められて後の大変な努力により
       ソプラノのパートを男性にして歌える訳で、
       力強いソプラノ、という趣でしょうか。


       衣装の素晴らしさにも見惚れ、次第に盛りあがったコンサート
       最後にアンコールが1曲あり、お終いに。
d0097427_1454449.jpg



       済んでから夕御飯を、という事でお腹をすかせ
       食べれる場所を探し、
       裏道を東に辿って出た、広場の角で見つけたバーカロ
d0097427_1471216.jpg


       始めて実際に聴いた男性ソプラノ歌手の歌声
       ヴィヴァルディの曲、ヘンデルの歌曲にも気持ちよく酔い
       これは2杯目の白ワイン。
       mkちゃんの杯が、口からお迎えする程の大盛りで大喜び!
d0097427_1472967.jpg

       見えるお皿は蛸とぺぺローニのマリネ風ですが、
       この前に各種魚のフライ類の盛り合わせと、この蛸を一皿
       既に平らげております。


       で、ふと背中の広場を振り返って驚きました。
       なんと、ヴィヴァルディが洗礼を受けたというブラーゴラ教会!  
d0097427_1475156.jpg
       
       暗い裏道を辿り、食べる場所を探すだけに気が急いていて・・、
       なんとまぁ、偶然とはいえ!

       こんばんは、ヴィヴァルディ様
       あなたの音楽を、あなたに所縁の教会で、たった今聴いて参りました
       あなたの音楽も、ソプラニスタも素晴らしく
       気持ちよく酔っておりまする


       教会前広場の南側に立ち並ぶ家々ですが、
       ヴィヴァルディが生まれたのは、確証はないものの、
       どうやら、左から3軒目のうす緑の建物、と博物館で聞きました。 
d0097427_148576.jpg



       スキアヴォーニ河岸に出て、宿への道を戻ります。
       すでに11時半頃、ピエタ教会が白く浮かび上がり
d0097427_1482220.jpg
    

       ヴェネツィアにお出での時は、時代衣装をつけて街かどで
       コンサートの切符を売っている人にも出会うでしょうが、
       週末には、飛び込みで聴ける音楽会が必ずありますので
       ヴェネツィアの一夜を楽しむためにも、是非どうぞ!


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       旅を共にする友の当りが良いと、旅の愉しさが一際ですが、
       今回のガルダ湖からヴェネツィアの旅の友 mkちゃんとは、
       彼女が広島に住んでいるにも拘らず・・、
       今年会うのは既に3回目! 
       昨年秋のマルケ・トスカーナ旅行、この春のナポリ・アマルフィ沿岸、
       私の広島行きの時は宿をして頂き、そして今回と続き、
       なぜかいつも大笑いしながら、旅をしている気がします。ははは。

       現在の予定では、これで今年の彼女との予定は終了ですが、
       また次のチャンスがありますように!

       元気で、愉しい旅をし、たくさん見て、新しい事もたくさん知り、
       美味しい物も頂き、・・ゆっくりと整理して消化して・・。
       その様に願っています。

       という事で、これからもどうぞよろしく!
       そして、
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-11 00:09 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(6)
2011年 06月 09日

   ・・・ ブラーノ島 ・ 昼下がりの散歩を ・・・

d0097427_1534584.jpg

       今日のご案内は、ヴェネツィア・ラグーナに散らばる
       たくさんの島の一つ、ブラーノ島・Buranoの散歩を。

       この島はレースの島としても名高いのですが、
       各家がそれぞれ鮮やかな色に塗り分けられている事でも有名。
       まずは暑い暑い午後の、ゆっくりゆっくりの散歩をどうぞ!

       上の写真は、杭の打ちこまれたラグーナ・干潟の航路を行き交う
       ちょっとしたラッシュのモーターボート群。
       奥はガラスの島として有名なムラーノ島・Murano

       
       既にもう皆さん良くご存知と思うのですが、
       一応場所のおさらいに地図をどうぞ
d0097427_1541076.jpg

       ヴェネツィア本島に印をつけましたフォンダメンテ・ヌオーヴェ
       からヴァポレット・水上バスで、ムラーノ島経由約45分で到着。
       古い素晴らしい教会のあるトルチェッロ島・Torcello には、
       ブラーノ島で乗り変えます。



       フォンダメンテ・ヌオーヴェからの船内もほぼ満員でしたが、
       ラグーナの航路内には、こんなボートもぷかぷか浮かび・・
d0097427_1542633.jpg

       となりに乗り合わせた男性が、途中で日焼け止めかな、
       ブロンズ色に綺麗に焼けるためのオイルかな、
       何やらスプレー式をシュッシュッと顔や腕に吹きかけ、
       ラグーナの風に吹き飛びながら、我らの方にも。
       まぁ、香りは悪くなかったですがねぇ・・。



       ブラーノの港脇から
       若者たちはモーターボートでぶっ飛ばし、
       負けない高年者たちはボート漕ぎの訓練を。
d0097427_1544529.jpg

       後ろに見えるのは、トルチェッロ島の教会と聖堂と鐘楼。



       既にお昼でしたので、どこが良かろうかと少し検分しつつ・・、
       中心部のレストランの2階にはためくヴェネツィア共和国の旗
       イタリア国旗よりもEUの旗よりも、目立つでしょう? ははは。
d0097427_1551041.jpg



       中央部を流れる運河の両脇には土産物店が立ち並び、
       ハワイみたいだね、と言いつつ、結局
       陰と風が欲しくて、右に見えるレストランの席に。
d0097427_1552716.jpg



       私が食べましたイカスミのパスタ
       美味しかったのですが、気をつけたにもかかわらず、
       ピッと小さい跳ねが3つブラウスに!
       皆さんもご注意をね!
d0097427_1554552.jpg

       上に見えるオレンジの飲み物は、
       アぺリティーヴォのスプリッツ



       お腹が治まった所で、さてゆっくりとブラーノ島巡りを。

       少し年配のシニョーレが、涼みながら雑誌を
d0097427_156737.jpg



       広場の水飲み場には、鳩君たちも来て・・、
d0097427_156217.jpg

d0097427_1563531.jpg

       余りの暑さに、頭に水を受ける鳩君
       目をつむっているのが見えますか?



       客待ちのゴンドリエーレ
d0097427_1564945.jpg



       ブラーノ島の聖堂の鐘楼は、こんなに傾いていて・・
       あと何年かしたらやはり修復に取り掛かるでしょうねぇ。
d0097427_157486.jpg



       傑作を狙う女性ですが、何を狙っているのか見当がつかず・・。
d0097427_1571878.jpg



       鮮やかな水色バケツ
d0097427_1572914.jpg



       素敵な屋外灯
d0097427_1574068.jpg



       小さめのスクリュー
d0097427_1575562.jpg



       軒先の涼しげな花鉢
d0097427_1581194.jpg



       家の前に置かれた椅子、揺れるカーテン
d0097427_1582344.jpg


       戸口の前には必ずという程にこんなカーテンがあり、
       各家の鮮やかな色と合わせた揺れるカーテンが面白く、
       撮りだしたら切がない程にたくさん!
       また、見て頂きますね。


       こちらは藤色の壁と、少し色あせた椅子
d0097427_1584039.jpg



       最後はこの色鮮やかな塗り分けを!
d0097427_1585593.jpg

       まぁ、これほどはっきり色が違うと、
       自分の家を間違える事はないでしょうねぇ!


      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨夜ヴェネツィアから戻るつもりが、大雨で、
       夕ご飯を食べている間に遅くもなり、
       旅行鞄とPCの重いのを持ってヴァポレットに乗り、
       それから・・、というのが面倒となり、
       宿の部屋がOKなのを幸いにもう一夜泊まり、
       今日お昼に戻って来ました。

       例に寄り、写真の整理に追われそうですが、
       まずはブラーノ島の色鮮やかなものから見て頂き、
       ぼちぼち整理して参ります。

       という所で、ではまた、
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-09 00:57 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(10)
2011年 06月 07日

   ・・・ ヴェネツィア ・ センサのお祭りの日 ・・・

d0097427_622860.jpg

       ガルダ湖東岸から4日の午後にヴェネツィアに戻り
       他の友人たちとも合流し、
       ブラーノ島、トルチェッロ島にも出かけましたが、
       今日は先日5日日曜日に遠見しました
       センサのお祭り・Festa della Sensa の様子をご覧下さいね。

       上の写真が街で見かけたお祭りのポスターですが、
       センサのお祭り 1000年の時代より と見え、
       そうです、ヴェネツィアのドージェが海に金の指輪を投げ、
       海よ、ヴェネツィアはお前と結婚する、という
       あのお祭りです。

       始まる時間も分からずにいましたが、
       幸いな事にちょうどドージェの御座船ブチントーロ
       出かける時間に、溜息橋の南の
       大運河沿いの橋の上から居合わせ、写真が撮れました。

       が、まず今回の宿の、屋上テラスからの眺めをどうぞ
d0097427_624935.jpg
       
       素晴らしいでしょう?!
       手前左に見えるのは、スキアヴォーニ河岸にある
       サンタ・マリーア・デッラ・ピエタ教会の身廊部分。

       というのも、今回の宿はこのピエタ教会の奥の建物にある
       カーザ・ペル・フェーリエ・Casa per Ferie・休暇の家
       とでも呼ぶ、お安くて清潔な宿なのですね。
       建物の2階部分には博物館、アントニオ・ヴィヴァルディ
       教えていた事で有名なピエタ音楽院に関する博物館があり、
       今回はそこも見学。

       当時ヴェネツィアの大変優秀な演奏集団として評判を取っていた
       収容孤児達の音楽教育やらその身の上についても
       説明を聞くチャンスを得ましたので、
       また改めてご案内したいと思っています。
       が、今日はテラスからの眺めをご覧下さいませませ。


       北側に見えるのは、ギリシャ正教会の鐘楼とドゥオーモで、
       奥に見えるのが、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会。
d0097427_631078.jpg



       サンタ・マリーア・フォルモーサ教会の鐘楼と、奥はどこかな?
       既にヴェネツィア・マルコ・ポーロ国際空港への
       着陸態勢に入った飛行機と、ツバメが飛ぶのが見えますか?
d0097427_633466.jpg



       西にはこんな風に、サン・マルコ聖堂の鐘楼と、ドゥオーモの丸屋根
       手前右に見えるのは、サン・ザッカリーアの丸屋根
d0097427_635057.jpg



       もう一度、宿のテラスからの
       大運河の素晴らしい眺め、左端のサン・ジョルジョ教会から、
       右端のサンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会までをどうぞ!
       既に朝からじりじりと暑い
       2011年6月5日 センサのお祭りの日
d0097427_64102.jpg



       で、サン・マルコ広場に向かい出かけました。

       ピエタ教会は、サン・マルコ小広場から東に
       スキアヴォーニ河岸を行き、橋を3つ渡った所にありますが、
       2つ目の橋の上から眺めると、船が集まって来ているのが見え・・、
d0097427_643753.jpg



       そのうちに、ザッテレ河岸の辺りに停泊中の大型クルーズ船の前に
       ドージェの御座船ブチントーロ・Bucintoro が見え、
       おおお、と小走り気味に、サン・マルコ広場への最後の橋の上に。
d0097427_651724.jpg



       サン・マルコ広場への最後の橋というのは、
       奥に溜息橋が見える橋。
       あそこは今や広告写真で埋め尽くされて嘆かわしい限りですが、
       これを書く前に調べ、藁の橋・Ponte della Paglia と。

       ブチントーロが見えない角度になっていたので、
       サン・マルコ広場で市長などお偉方を乗せ、再度見える筈、
       と待っているうちに、ほらご覧の通り!
d0097427_654045.jpg

       舳先でラッパを吹きならし、太鼓を叩く音も遠くから
 


       暫く進んで隊列を整える位置になったのか、
       周囲で迎える舟々の櫂が一斉に上がり
       オ~ゥ!と叫ぶ声が聞こえ、橋の上から我々も一緒に、ははは。
d0097427_66816.jpg



       こうして、御座船を他の舟々が取り囲む形となり
       一斉に進み始め、
d0097427_66232.jpg



       ゆるゆるとこちらに向かって進んで来ます
d0097427_664556.jpg
    
       ラッパ手の吹き鳴らすファンファーレが、
       シエナのパリオのラッパのファンファーレに良く似ていて、
       当時のは似ていたのかなぁ?

       実際のヴェネツィア共和国ドージェのお召し船ブチントーロは
       絵画の中で見ると大変大きな船で、
       今のブチントーロと呼ばれる物など、それに比べると
       まるで子供だまし程の大きさですが、
       それでも、時代衣装のラッパ手が舳先に乗り込み
       有翼のライオンの赤と黄の大きな旗が閃くのは、素敵な眺め!



       我々のいる橋の前をゆるゆると通りすぎ、
       サン・ジョルジョ島の前を進む一団
       まさに一幅の絵ですねぇ!
d0097427_671328.jpg



       こうしてサン・ジョルジョの灯台前を回り込み、
       ゆるゆるとりド島の方に向かって進むのが、
       逆光の中の小さな点々となって遠ざかり・・
d0097427_673341.jpg

       どうやら、金の指輪を投げ込む儀式はリド島との真ん中あたりで
       行われるようで、小舟に乗って従い傍で見れるかも、
       とあれこれ探しましたが、見つからず残念でしたが・・。
       
       こうして見送って後、我らはサン・マルコ広場に。



       小広場に立ち並ぶ2本の円柱の内の東側、
       有翼のライオン君・サン・マルコの、そして
       ヴェネツィア共和国のシンボルがいるのですが、
d0097427_67549.jpg

       彼がギョロ目であるのは知っていましたが、
       鼻もかなり団子である事を今回確認!



       お天気が良く、鐘楼の天辺の黄金の天使像が光り輝き、
d0097427_68752.jpg



       下からアップにしましたら、こんな感じで、
       下の2頭のライオン君も、可愛いですねぇ。
d0097427_68264.jpg


       
       で、我々はブラーノ・トルチェッロ島に向かい出発を。

       ガルダ湖も大変素晴らしかったのですが、
       今回はヴェネツィアで、あれこれと初体験が重なり、
       僅か1週間の旅行なのに、かなり長く感じています。

       が、いよいよ明日は今回の最後の予定、
       ブルキエッロのブレンタ川周遊を済ませ、家に戻ります。
       ぼちぼちご案内をしていきますので、
    
       どうぞ!励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
          

by italiashiho2 | 2011-06-07 02:03 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(10)
2011年 06月 04日

   ・・・ マルチェジーネ その2 ・ ガルダ湖 ・・・

d0097427_241290.jpg

       今日もまた、ガルダ湖の旅の中継編を続けますが、
       まず地図をご覧下さいね。

       今朝3日、マルチェジーネ・Malcesine を出発して南下、
       ガルダ・Garda のホテルでこれを書いております。

       マルチェジーネ~ガルダ間は28K 33分の距離なのですが、
       ゆるゆると、
       まずアッセンツァ・Assenza で古い壁画のある教会を訪問、
       そこから暫く再度南へ、
       トッレ・デル・ベーナコ・Torre del Benaco
       スカリージェリ家の要塞を見て、古い町並みも楽しみました。

       さてここからが大変な停滞となり、じわじわと進む道のり、
       ですがまぁ、行程も短くガルダに到着したという様子です。

       という事で今日はもう一度、
       2泊しましたマルチェジーネの写真をどうぞ!

       到着の日の夜から大変風が強くなり、翌日は曇り空になったり、
       晴れて暑くなったりのマルチェジーナ2日目でしたが、
       
       まずは朝の港の光景を
d0097427_2483575.jpg

d0097427_242588.jpg



       スカリージェリ家の、ガルダ湖に張り出す大きな城があり、
d0097427_2422449.jpg
    
  
       城の中庭、塔の上からは素晴らしい眺め
d0097427_2423887.jpg

d0097427_2425890.jpg


 
       古い家並の続く一郭もあり、観光客も大変多く・・、
d0097427_2431612.jpg



       お昼に食べた、海老とズッキーニの美味しい美味しいパスタ!
d0097427_2433318.jpg



       古い行政庁の屋敷かな、大きなロッジャが湖に望み
d0097427_243555.jpg



       この広場の手前先にも湖に開けた港があり、
       右手の黄色い建物が、我々が泊まったホテルです。
d0097427_2441189.jpg



       2日目の午後遅く、ロープウェイに乗りに行きましたが、
       乗り物のガラスが汚れぼんやりとしか風景が見えず、
       降りた場所の周囲は木々が茂り見えず・・!
d0097427_2443996.jpg



       夜、食事に出た後の散歩で。
       ガルダ湖の北奥、リーヴァ・デル・ガルダの灯が少し見え
d0097427_2445639.jpg


       こちらはマルチェジーネのお向かい、リモーネ・スル・ガルダ
       Limone sul Garda の灯
d0097427_2452396.jpg


       今日午後はガルダ湖畔の風景を楽しみましたが、
       明日はも少し南のラツィーゼ・Lazise により、
       午後ヴェネツィアに向かう予定です。

       という事で、またの中継編をお楽しみに願います。
       そして、
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
   

by italiashiho2 | 2011-06-04 02:45 | ・ヴェローナ・ガルダ湖 Verona- | Comments(0)