「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 26日

   ・・・ ヴェネツィアの、お安く清潔、そして一等地のお宿を ・・・

d0097427_1295923.jpg

       ヴェネツィアの話題が続きますが、
       今日はお高いヴェネツィアにあって、お安く清潔で、しかも
       スキアヴォーニ河岸という一等地にあるお宿のご紹介です。

       上の写真は、昨年6月に泊まった時の物で、
       食堂の隣のテラスからの眺め。
       そう、こんな風にサン・ジョルジョ島が見える位置にあるのです。


       宿の名前は、カーザ・ペル・フェーリエ・Casa per ferie・休暇の家
       といい、こちらにサイト。
       http://www.pietavenezia.org/it/istituto/casa_per_ferie/

       左に見えるカテゴリの
       Camere・部屋の様子
       Tariffe 2012・部屋の値段
       Prenotazioni・予約
d0097427_13127.jpg


      
       Prenotazioni・プレノタツィオーニ・予約のページにある
       電話番号とFax、そしてメール・アドレス。
d0097427_1311777.jpg

       こちらの事務所の方は、皆さん英語が大丈夫ですから、
       予約メールも英語でご心配なく!



       で、宿の位置はと言いますと、
       一番左に切れているのがパラッツォ・ドゥカーレで、
       スキアヴォーニ河岸を東に、橋を三つ渡った所にある、
       サンタ・マリーア・デッラ・ピエタ教会・S.M della Pietà
d0097427_1313842.jpg

       この教会のすぐ横、ホテル・メトロポールとの間の小路を奥に、
       緑の枠で囲った建物の3階(日本式では4階)にあり、
       緑の点を打った辺りに、入り口扉があります。



       これがアントニオ・ヴィヴァルディ所縁のピエタ教会で、
       ほら、教会右脇に小路が見えますね、あそこを入ります。
d0097427_1315410.jpg

       教会前はヴァポレットのサン・ザッカリーアの停留所で、
       サンタ・ルチーア駅からヴァポレットの2番、
       ジューデッカ島回りに乗ると、ここに到着です。



       教会横の小路をずっと奥に、突き当たりのホテルが見える辺りまで行くと、
       左手に扉があり、このイルカ君の居る扉が入り口
       右手にある「Casa per ferie」のボタンを押すと、
       がちゃんと音がしてこの入り口扉の錠が開きますから、
d0097427_132946.jpg



       こんな中庭を横に見て、矢印に従い廊下の奥に
       そしてエレベーターで3階に上がると事務所があります。
d0097427_1322596.jpg



       これも昨年泊まった折、部屋の窓から奥の中庭を見下ろしたもの。
d0097427_1324423.jpg



       中庭に面したロビー
d0097427_133077.jpg



       こちらは事務所の方からのロビー
d0097427_1331283.jpg

       そうなのです、ヴェネツィアはお高いホテルでも
       部屋もロビーも狭い所が多い様ですが、
       ここはなかなかゆったりなのです。



       こちらはダブルの部屋で、こんな感じの至ってシンプルな内装で、
       シングルの部屋も似た様なもの。
d0097427_1332929.jpg



       朝食が付いていて、2枚目のロビーの写真の右手の階段を
       上に上がった所に食堂があり、
       朝食も、こんな感じに至ってシンプルですが・・、
d0097427_1334448.jpg


       で、皆さん、これでシングルが55エウロ
       ダブルが100エウロのお宿です!

       廊下を通りすがりに既に空になった部屋を見たのですが、
       ベッドが5つ並んでいるのも見えましたから、
       ちょっとした小グループもOKかもですね。

       ロマンティックなヴェネツィアを、というカップルの方、
       はたまたお金持ちの方にはお勧めしませんが、
       宿は清潔であれば良い、という方にはOKでしょう?!
       一日歩きまわって、宿はスキアヴォーニ河岸、
       しかもサン・マルコからすぐ近くとなれば、
       この値段で、嬉しいではないですか?!

       ただし、お断りが一つ
       というのは、部屋にはトイレ・シャワーが付いておらず、
       2~3部屋用の共同なのです。

       が、私は昨年、今年と連泊しておりますが、
       他の部屋の人とかち合った事が無く、広く清潔です。


       宿自体が、サンタ・マリーア・デッラ・ピエタ教会の
       かっての女子孤児院の精神を受け継いだ県機関の運営で、
       営利目的ではないのですね。
       それは事務所におられる方をご覧になれば、納得頂ける筈。

       赤毛の司祭と呼ばれたアントニオ・ヴィヴァルディが
       この孤児院で才能を認められた孤児たちに教え、彼女達は
       サンタ・マリーア・デッラ・ピエタ教会の格子の奥で演奏。
       その素晴らしさはヨーロッパ各地から訪れた名士の語りに由り
       今も歴史に伝えられておりますが、

       その孤児院に関する博物館がこの宿の上にあり
       希望すると見学できます。
       昨年ガイドさんの説明も聞き、ガイドブックも買ってありますが、
       まだ読んでおらず・・。
       


       で、この食堂横のテラスからの眺めが絶景!
       昨年も今年も朝ごはんの後、ここのパノラマを楽しみました。
d0097427_1341831.jpg

       奥にリド島が横たわり、左手前はヴィエンナーレ会場になる
       植物園辺りで、

       今年はテラスで2度も、大型クルーズ船が戻って来るのを見物!
       植物園の角からぬっとあらわれ、しずしずと
       タグボートに曳かれてこちらに向かって来て、
       ちょうどピエタ教会前辺りで向きを変え、



       サン・ジョルジョ島の前を過ぎ、ジューデッカ島の前を・・
d0097427_1344012.jpg


       何度か・サン・マルコ小広場で出港していく大型クルーズ船を
       下から見上げた事がありますが、
       今回このテラスから見ていて発見した事。

       それは、リド島の方から入って来て、
       このサン・ジョルジョの前でほぼ直角に曲がって行くのですね。

       サン・マルコ前を通りすぎるのを見る時は、
       なんとなしに真っ直ぐにしずしずと、と見えたのですが、
       確かに地図で確かめると大変な角度があるのです。

       で、その角度に従って、後ろにいるタグボートは
       クルーズ船の大きなお尻を、こっち、こっちと引っ張っている、
       というのを、発見見物致しました、ははは、楽しかった!

       で、ジューデッカ運河に入るのにまた角度があり、
       やはりタグボートは必死にお尻を引っ張り、も、高みの見物。

       ヴェネツィアの街を見下ろして
       http://italiashio.exblog.jp/15575131



       このテラスは南北に長く見はらしが効き、
       サン・、マルコの鐘楼もクーポラも見え
       手前右に見えるのは、サン・ザッカリーアのクーポラと左に鐘楼。
d0097427_1353319.jpg



       5階の高さなので、周囲もこんな風に覗け、
d0097427_1365511.jpg



       こちらは東側、中程に見える丸い形の教会の正面壁は
       ヴィヴァルディが生まれた家のある広場にあり、
       洗礼を受けた教会、サン・ジョヴァンニ・イン・ブラーゴラ。
d0097427_137911.jpg


       ピエタ教会、またヴィヴァルディが洗礼を受けた教会については
       http://italiashio.exblog.jp/12835324



       今月初めにこの宿にご一緒したOmさんと、その姪のRsさんが
       泊まられた部屋は一番外れの部屋で、
       素晴らしい夜景をRsさんの写真でどうぞ
d0097427_1372657.jpg

d0097427_1373953.jpg

d0097427_1375160.jpg



       所で、今日のトップの写真の左前に見えるのは、
       ピエタ教会なのですが、
       昨年は、男性ソプラノ歌手のコンサートを、この教会で。
       今年も、ここでヴィヴァルディとバッハを聴きました。
       
       そしてピエタ教会のコンサート券は、通常25エウロを
       宿に泊まっていると20エウロ!
       このI virtuosi italiani は昨年に続き2度目でしたが、
       かなりの乗りで聴かせてくれ、楽しめますぞ。
d0097427_1381840.jpg

       夏はコンサート・シーズンでは無いのですが、
       こんな風に週に何度かあちこちでコンサートがありますので、
       ヴェネツィアにお泊りの時はお楽しみを!

       序に、パラッツォ・ドゥカーレから橋を渡った燐の牢獄宮、
       この2階の大部屋でもヴィヴァルディの四季のコンサートがあり、
       これも今年は楽しみました、中をちょっと覗く楽しみと共にね、勿論!


       という事で、
       ヴェネツィアの、お安く清潔な宿のご紹介でした。

       電車で1時間ほどの所に住んでいると、逆になかなか
       泊まって夜のヴェネツィアを楽しむチャンスが無いのですが、
       この宿に2年続けて泊まり、私めにはちょうどの良さに馴染むと、
       1人でのんびりヴェネツィア歩きも良いなぁ、と
       行けるチャンスをあれこれ考慮中、という所です。


     *****

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨夜は、サッカーヨーロッパ選手権で、はぁい、
       イタリアがイギリスを下しまして、
       しかもペナルティ・キックというきわどさで、
       この木曜日のドイツとの準決勝に進みましたぁ、うっふん。

       我らがゴール・キーパー、ジジ・ブッフォン、素晴らしい!!
       ピルロのあのキック、魔法みたいだったよねぇ、イタキチの皆さん?!

       という事で、今日はにんまりのshinkaiですが、

       お土産に頂いた虎屋の羊羹の味見に、先週末友人達が来た時、
       ・・美味しく、皆で頂きましたぁ!! 有難うございました!
       酷暑の日で、今年初めてつけようと思ったクーラーが付かず、
       今日頼んだテクニコが来てくれたのですがぁ、

       ぎゃはは、動かない原因はですねぇ、
       電気の線が抜いてあったのでしたぁ!
       ですが、全て点検してくれ全部順調。
       はい、50エウロを払いまして、夏対策も準備万端!
       さぁ、サッカーも、お絵描きも頑張るぞぅ!!


       ただ今水彩ブログには、宿題その2・ポルトガルの天使像と、途中経過
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-06-26 01:48 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(8)
2012年 06月 21日

   ・・・ ヴェネツィアで食べた美味しい物! ・・・

d0097427_158919.jpg

       皆さんこんにちは!
       先週末から酷暑に襲われているこちらイタリアですが、
       どうやら今週いっぱい暑さが続きそうで、
       大都市辺りでは38度から40度位になりそうとか!

       我が家のある田舎は暑いとはいえ、雨戸を殆ど閉め、
       窓を閉めているとまだひんやりですので、
       例年の如く、薄暗い中でのゴキブリ生活が始まっています。
       で、おまけに、泣く泣く、あれ? 
       遂にブログ休暇から復帰のshinkaiです。

       とはいえ、まだ休みボケで自前の写真がありませんで、
       ヴェネツィアのお休みをご一緒した
       Rsさんが送って下さったヴェネツィアの旨い物編をどうぞ!

       トップはお存知、ジェラート
       Rsさんの話によると、注文する時にどちらを先に言うかで、
       先に下にたっぷりと詰めてくれる品が決まる、と
       どなたかブログに書いておられたとか。

       で、彼女が試しましたが、勿論、時によりけりでして、
       ええ、まぁ、イタリア人がそんなに画一的だとは、あり得ませんねぇ。


       こちらはトラットリーア・アッラ・ヴェードヴァ
       ここの評判は前から聞き、以前行った時は満員でダメでして、
       今回運良く座る事が出来ました。
d0097427_1583891.jpg



       写真で見るとかなりゆったりの店内、テーブルに見えますが、
       実際はかなり狭く、我々もちょうどの相席
d0097427_159414.jpg

d0097427_1593228.jpg

d0097427_1595212.jpg



       このお昼に頂いたものは、左奥が季節の野菜類盛り合わせ
       野菜のグリルや煮物、マリネー類で、
       手前が魚類、イワシに蛸に貝柱に小海老等
       どちらのお皿も量もたっぷり、美味しかった!!
d0097427_202869.jpg



       で、他に何を食べたか、覚えておらず、
       遅目に着いた我々が食べ終わる頃には、店も閉める時間となり、
       バールも閑散と
       見えるお兄ちゃんが、我々にサーヴィスしてくれた人。
d0097427_21190.jpg



       勘定をすまして、店の名刺を、と言いましたら、
       店主らしいでっぷりのシニョーレが、
       茶の紙切れにドンと判を押してくれ・・。
d0097427_212154.jpg

       場所は、カ・ドーロへの入口の小路の反対側、
       ストラーダ・ヌオーヴァをつっ切て入った小路で、すぐ分かります。
       木曜日と日曜朝(バールかな?)がお休み。

       評判通りの美味しさで、お値段もお安く、
       あの辺りをお通りの時は是非どうぞ!
       夜は予約した方が良い、とも聞きました。



       通りすがり、魚に目のないRsさん、そしてshinkai
d0097427_2248.jpg

d0097427_222925.jpg



       ご存知ピッツァ
       どこで食べたっけ?
d0097427_224898.jpg



       フジッリのパスタに、小海老、黒オリーヴ、ズッキーニ、プチトマト
d0097427_23829.jpg



       サン・マルコ聖堂の北側を東に、橋を一つ渡って、
       次の橋の袂にある店、アッラ・リヴェッタ
       ヴェネツィア・ガラス店の女主人の勧めもあって行ったのですが、
       まぁ、味も値段も悪くは無かったですが、
       かなり観光客ヅレしていましたです。
d0097427_232848.jpg



       Rsさんのカメラに収まったヴェネツィアで見た食べ物類
       まず、冷やしたフルーツ類、
d0097427_235489.jpg



       そしてこちらは本物かと思うほどそっくりに作られた果物類
       そうそうと、私も初めて見た時驚いた事を思い出しました。
d0097427_243484.jpg



       お菓子
d0097427_25569.jpg



       お茶休憩の一時
       ジェラート盛り合わせに、ミルクシェィク、
       shinkaiはもっぱら、スプリッツ。
d0097427_252747.jpg

       スプリッツは美味しいのですけど、も少し甘くなければ
       もっと美味しいのでは? と思うのは私だけかな?



       こちらはカンナレッジョの少し外れの方のバールで、
       各種おつまみの並んだ棚と、左に見えるのが若い店主で、
d0097427_254999.jpg



       各人2つづつのおつまみとスプリッツで、食事時間の始まりを
       待つうちに、更にもう2つづつとなり・・!
d0097427_26928.jpg



       何処で夕御飯を食べようか、とぐるっと近くを一回り、
       アルセナーレ・造船所の前の良さげなトラットリーアを見つけ、
d0097427_263133.jpg



       そうなのです、ここには鰯がありました!
       鰯のマリネと、
d0097427_27396.jpg



       なんと嬉しい、鰯のグリル!!
       ヴェネツィア広しといえども、なぜか初めてお目にかかった
       鰯のグリルで、ポルトガルの大きな鰯には負ける物の、
       美味しく美味しく、にんまりと頂きましたです。
d0097427_27251.jpg

       アサリのスパゲッティも食べ、デザートも食べた筈ですが、
       Rsさんに由ると、食欲に負け、写真なし!


       さて、ヴェネツィアで観光客をするとなると、
       やはりサン・マルコ広場のカフェは外せず、
       広場北側、カフェ・クワードリの東隣の一番新しいカフェに。
d0097427_281679.jpg

       やはりここにもカルテットがおりまして、
       クワードリと交互に演奏を。



       こちらは、カフェ・クワードリの方
d0097427_284012.jpg



       こんな風に鳩達の襲撃もあるのですけど、
d0097427_29327.jpg



       夕暮れ時のサン・マルコ広場のカフェ、となると、
       なんと言っても映画「旅情」ですねぇ。
d0097427_292579.jpg

       このカフェは、広場南側にあるカフェ・フロリアーンですが、
       キャサリン・ヘップバーンがサングラスをかけているシーンは、
       既に後ろのイタ男が自分を見つめているのに気が付いた後で・・、



       なんとまぁ、こんな目で見つめていたんですねぇ!
       またDVDを見直して見よう、ひひ。
d0097427_294759.jpg




       おまけにもう一場面を。
       サン・バルナバ広場の隅にある骨董店、という設定の店内で、
       背景に見える運河に、彼女は落ちたのでした。
d0097427_2103441.jpg
       
       ああ、映画って本当に素敵ですねぇ、
       ・・と誰かさんの真似をして・・!



       てな事で、我々の赤いスプリッツに乾杯!
d0097427_211026.jpg

       それにしても、サン・マルコ広場のカフェは高すぎる!
       カフェ1杯が、11,5エウロもしましたぜ!!


      ◆お知らせ

       広島の我が絵の友人徳田ユキコさんが
       現在「油絵と旅のスケッチ展」を開催中との事。
d0097427_2121665.jpg

       広島市西区商工センター、サンプラザ・ロビーで、
       既に終了近いのですが、
       昨夜電話をくれてのお喋りで分かり、即スキャンして送れという事で、
       期間はも少し続きますので、はは、
       お近くの方、お出かけご覧下さるよう、ご案内いたします。
       

     *****

       ブログご訪問、有難うございます!

       今回のブログ休暇中お客様のお伴方々あちこちを歩き、
       ヴェネツィアにも4泊という、有難い事でした!

       ペギー・グッゲンハイム美術館も初めて、ははは、訪問、
       まだ少し未修復が残っているものの殆ど済んだアッカデミア美術館、
       漸くにゆっくりと鑑賞できるようになりました。

       おまけにシニア料金のみならず、ヴェネト州在は無料、
       というのも発見。 カ・ドーロもヴェネト在は無料。
       ・・日本からはるばるお越しの方々、申し訳ないです!
       せめてシニア料金を試みてくださいませませ。

       ヴェネツィアの宿も、清潔で安く泊まれる所がありますので、
       またご案内いたしますね。
       シングルで55エウロ、ダブルで90エウロ、
       部屋にはトリプル~5人程の部屋もあるようです。


       という様子でブログ再開ですが、
       次回からは5日置き、という事にさせて下さいませませ。
       秋の個展に向けて、少し馬力をかけませんと!


       ただ今水彩ブログには、宿題提出 その1 アッシジ、にゃ~こ
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくお願いいたします。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-06-21 02:14 | ・旨いもの!Buono! | Comments(6)
2012年 06月 16日

   ・・・ 旨くて安い野菜果物、トラットリーア ・ アーゾロ、コネリアーノ ・・・

d0097427_7114325.jpg

       皆さま、ご無沙汰しております!
       元気でブログ休暇を過ごしておりますが、少しネタもできまして・・。
       
       つまりです、
       先日出かけましたアーゾロで買った安い野菜果物と、
       少し高めなれど、はは、美味しいワイン等。
       また、我が町コネリアーノでかねてから評判を聞いていた
       安くて旨いトラットリーアに出かけ、
       やはり評判通りだった事を確かめましたので、

       送って貰った写真と、私めの以前の写真も含め、
       ご覧頂こうと思います。
       
       上の写真は、アーゾロの町中から見上げる山上の要塞

       アーゾロの町は何度もご案内しておりますので、
       こちら、カテゴリのヴェネトからどうぞ。
       http://italiashio.exblog.jp/i8


       町の通りは古い面影を残しながら
       並ぶ店々は高級品を扱う店も多く見かけ、
d0097427_712128.jpg



       ヴェネツィア共和国の養女としてキプロス王に嫁ぎ、
       後にこのアーゾロの地に宮廷文化を持ちこんだ
       カテリーナ・コルナーロ所縁の城跡が奥に見えます。
d0097427_7123062.jpg

       アーゾロを彩る女性ふたり ・ アーゾロ市立博物館 2
       http://italiashio.exblog.jp/10138432



       という感じで典雅な町を楽しんだ後、町の門近くの食料品店に。
       我が家には白ワインしかないので、赤ワインが欲しい、という
       お客様Omさんの要望で「美味しい!」と勧められたのを1本。
       蜂蜜につけたナッツ類とラディッキオのペーストを買い、

       アーゾロの山から下って県道に入ってすぐの所、
       何度か寄った事のある大きな野菜果物店があるのでそこに。


       家に不足の野菜をちょっと、という事で、品数は少ないのですが、
       帰ってすぐ、テラスに買ってきた物を広げて撮ったのがこれ!!
       と言いますのも、
       ワインと小瓶類を除いて
       野菜と果物類全部で、幾らだったと思われますか?!
       なんと7エウロ、だったのですよ!!!
d0097427_713463.jpg



       証拠にこれを
d0097427_7133186.jpg
 
       ネット入りのオレンジ  8,14エウロ
       新玉ねぎ        0,67
       アーゾロのサクランボ  1,45
       茄子          1,96
       プラム         0,42
       桃           0,54
       合計          7,08をおまけしてくれ7エウロ!!

       一瞬驚いて、え、これ全部で?!と。
       普段スーパーで野菜を買うと他の品と一緒に払いますし、
       品物の値段、見当が付かない、という・・、
       はぁ、自慢では無いのですがぁ、
       食品の値段を知らないshinkaiでして、と小さな声で・・。
      


       で、赤ワインはこれ!
       店のシニョーレが「これが美味い!」と自慢げに棚から取り、
d0097427_714066.jpg

       
       おまけにぃ、という感じでラベルの裏を見せ、
       2006 を指でポンポンと。
       ふぅむ、と頷くshinkai。
d0097427_7144269.jpg


       ですがねぇ、正直な所2006年がワインの当たり年だったのかどうか、
       そんな事は何も知らず、がはは、
       ただこの特徴あるラベルの表は覚えていたのです。
       ルイーザの夫レナートが、フリウリのレストランの棚にあったこれを見て、
       これは美味いよ、と教えてくれたので。

       値段を聞きましたら、28,5エウロというので、
       Omさんに、半分づつ払う事にしよう、と提案しまして・・!

       美味しかったですねぇ!!
       多分私めが(半分)自前で飲んだワインでは一番高い1本で、
       モンタルチーノで買って飲んだブルネッロも25位だった筈、
       ・・はぁ、その意味でも美味しかったですぅ。 



       こちらは、蜂蜜漬けの胡桃とナッツ類
       そして、アーゾロのサクランボ
d0097427_7152668.jpg

       アーゾロのサクランボ、と聞くだけで美味しそうなイメージですが、
       はい、良く熟れて、色も黒い赤ではなく、
       甘かったです。

       既に薄暗くなりかけで、窓際に置き、
       サクランボのお皿はお客様が支え、という急遽の策で、
       VINO! VINO! shinoVINO?! vruocculu さんを真似して、
       お皿のアングルを生かした静謐な写真を、と思ったのですがぁぁぁ、
       ははは、なんだぁこの中途半端さは?!
       vruocculuさん、ごめんなさ~い!



       さてお次は、我が町コネリアーノのトラットリアのお話で、
       この広場は、ご当地出身15~16世紀の画家
       チーマ・ダ・コネリアーノにちなんだチーマ広場
d0097427_7155376.jpg

       
       チーマ・ダ・コネリアーノ展 ・ コネリアーノの町 1と2
       http://italiashio.exblog.jp/11025847
       http://italiashio.exblog.jp/11025704


       広場の西側にテントが張られ、ここはバールなのですが、
d0097427_7162161.jpg

       並ぶ建物の一番右奥、濃い緑のテントが張りだしているのが見え、
       このテントに下に、


       狭いポルティコの続くこの通りの角に、
       アーチにはこんなフレスコ画もあるこの通りに、
       トラットリーア・ステッラがあり、
d0097427_717812.jpg

       安いしなかなか美味しい土地の料理を食べさす、と聞き、
       行くチャンスがあった時は日曜で店がお休み、で、
       今回初めて味わうチャンスがありました。



       この写真はチーマ広場の南側
       くりこんだアーチをくぐり、石段を下りて真っ直ぐ行くと
       コネリアーノの駅、正面の突き当たりに少し見えますが、
d0097427_7175353.jpg

       この古い井戸のある小さな一郭の左に青いテントの掛かった屋台
       ここは八百屋さんで、新鮮野菜をお昼過ぎまで売っているのですけど、
       トラットリーアに行く前にここで白アスパラガスを買い、
       あれこれ日本からのお客様に珍しい物を買い、
       ついでに、この辺りでそう高くなくて美味しい店をと聞きましたら、
       即この店を教えてくれ、ついでに電話をして席があるか、と。

       そうか、やはりこの店は定評がるのだと納得もし、
       はい、美味しかったです!

       食べ物の写真は、Omさんの姪 Rs さんが携帯で撮ったのを
       送ってくれましたので、有難く拝借してここに。


       白アスパラガスとホワイト・ソースのクレープ
d0097427_7182289.jpg

       白アスパラガスの生は日本ではなかなか食べられないというので、
       八百屋さんで買ってその夜も皆で食べたのでしたが、
       このクレープ包みは、大変良心的にたっぷりの白アスパラ入り!



       他に何を食べたのかよく覚えておらず、写真も無く・・、

       こちらはデザートの、手前がリンゴのタルト
       奥がジェラート
d0097427_7184639.jpg


       これはカスタード・プリンと言うのか、
       クレーマ・カタラーナともこちらでは呼ぶような・・。
d0097427_7191153.jpg



       トラットリーア・ステッラ
       木曜夜と日曜がお休み、土曜の夜はレストランのみ開店
       コネリアーノにお出での節は、是非ここで!
d0097427_7193584.jpg

d0097427_7195668.jpg



       最後は、このチーマ広場で毎年6月に行われる、
       今年は今夜15日、と16日に行われる
       ダーマ・カステッラーナの模様をちょっぴりここに
d0097427_7202367.jpg

d0097427_7204756.jpg

d0097427_7211192.jpg

d0097427_7213449.jpg

       スバンディエラトーリ・sbandieratoriと呼ばれる旗振りが
       大変素晴らしいので、お祭りで出会うチャンスがありましたら、
       是非どうぞ!

       我が町のお祭りの様子はこちらに
       http://italiashio.exblog.jp/9981410

       時代衣装の彩りを
       http://italiashio.exblog.jp/12824107


       という、久し振りのブログアップでしたが、
       次回はヴェネツィアで食べたあれこれを、ご覧頂きますね。
       お楽しみに!


       お客様のお伴から一時離れ、と思いましたら、
       ジュリアーナ達が、明日ヴェネツィアにクリムト展を見に行く、
       一緒に行くか、というので、勿論! 
       この週末は暑くなる、との予報もありますが、
       頑張って行って来ま~す。


       励まし応援クリック、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


    

by italiashiho2 | 2012-06-16 07:29 | ・旨いもの!Buono! | Comments(14)
2012年 06月 06日

   ・・・ 犬の社会  勤め人の様子 ・・・

       皆さま、お久し振りです!
       お休みを頂いてそろそろ2週間経ちますが、
       お陰さまで楽しく過ごしております!!

       顔も真っ黒に日焼けし、ヴェネツィア焼け! ははは、
       あともう2週間ほどお休みをさせて頂きます。

       が、友人のジャンナから抱腹絶倒の写真が届きましたので、
       ここに皆さんにもお裾分けを致しますね。

       説明要らず、ただ写真をご覧頂ければ
       この世の憂さを忘れますです!!
       では、ごゆっくりどうぞ!

d0097427_044399.jpg

d0097427_0444289.jpg

d0097427_045469.jpg

d0097427_0452349.jpg

d0097427_0454385.jpg

d0097427_046458.jpg

d0097427_046244.jpg

d0097427_0464929.jpg

d0097427_0471239.jpg

d0097427_0473298.jpg

d0097427_0475314.jpg

d0097427_0481639.jpg

d0097427_0483739.jpg

d0097427_1122023.jpg

d0097427_0491739.jpg

d0097427_0493684.jpg

d0097427_0495317.jpg

d0097427_0501252.jpg

d0097427_0503152.jpg

d0097427_0505137.jpg

d0097427_0511665.jpg

       最後の笑顔は、今のshinkai のでございます、ははは。

       では皆さまも、良い初夏をどうぞ!


          

          

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


     

by italiashiho2 | 2012-06-06 00:55 | ・イタ猫イタ犬動物 gatti -   | Comments(18)