イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 25日

   ・・・ n.2 古寺巡礼  サン・ピエトロ教会  スポレート ・・・

d0097427_22384857.jpg

       古寺巡礼のその2回目、今日のご案内はやはりスポレートの
       町の南端に位置しますサン・ピエトロ教会

       正式にはサン・ピエトロ・エクストラ・モエニーア・
       San Pietro extra moenia・ 市壁の外のサン・ピエトロ教会
       と呼ばれ、かっては町の壁の門外にあった事を示します。

       なぜこの教会が登場かと言いますと
       トップの写真でも少し見えますが、
       素晴らしい浮彫の施された正面壁を持っており、
       是非ご覧頂きたくここに。

       この最初の写真はサイトからで、
       私めのは2度訪問したどちらもが薄曇りの日でしたから、
       この抜ける様な青空と、正面の石段が全部写っているのを拝借。
     
       という事で、では石段をお上り下さい!
 

       そうそうその前に、サン・ピエトロ教会はどこにあるか
       地図をどうぞ。 
d0097427_22393399.jpg

       地図というのは、上が北、が原則ですが、
       このスポレートの町は南北に広がり、ここでは左が北。
       この部分は旧市街で、町は左にもっと広がり、
       スポレートの駅は、この地図外、左下遥かに!

       肝心の今日ご案内するサン・ピエトロ教会は
       地図の右上、町から離れた場所に。

       ついでにご案内いたしますと、先回のドゥオーモは19の位置、
       その右上18はアルボルノス要塞
       町中のインフォメーションの下38は、ローマ劇場跡

       ウンブリアのご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/i4     



       サン・ピエトロ教会の正面全景
d0097427_224007.jpg

       石段を上りながら少しずつ正面が見えて来る時のはやる心。
       これは素晴らしい! と気持ちが急きます。


       まず上の層から、順にアップでどうぞ!
       一番上に素朴な像が見えますが、これがどなたか、
       写真も撮っておらず、サイトに記載もありませんで・・。
d0097427_22402212.jpg



       上から2層目、多分真ん中にモザイク装飾が入っていたのかも。
d0097427_2241891.jpg

       左右に見える浮彫の人物像は、

       左側が鍵を持っていますから、サン・ピエトロでしょうね、
       下には雄牛がいて、



       右側の人物像はどなたか分かりませんで、と、やはり雄牛。
d0097427_22414180.jpg



       下の正面中央部分
       上の層、真ん中と両脇の薔薇窓部分にガラスが入っていますが、
       ここにもきっと浮彫の薔薇窓が入っていたのでしょうし、
       下の層に、中央の扉を挟んで有名な一連の浮彫
d0097427_22421069.jpg
       


       薔薇窓の様子をどうぞ
d0097427_22422889.jpg

       周囲にはやはりモザイクが施され、
       四隅には4福音者を現わすそれぞれの動物。
       上段左に鷲・聖ジョヴァンニ、右の天使像は聖マッテーオ、
       下段が写真が小さくちょっと見難くて申し訳ないですが、
       翼を持ち、顔を斜め上に持ち上げた形で、
       左に有翼のライオン、聖マルコ、右が雄牛の聖ルーカ。

       今迄あちこちで薔薇窓のこの4福音者を見ているのですが、
       上の鷲と天使像の位置が入れ替わる事があっても、
       下段にはライオンと雄牛、というのは変わりがない様子。

       
       多分真ん中には素晴らしい薔薇窓があった筈、と思うのは、
       このサン・ピエトロ教会が現在の形で建設されたのは12世紀

       ですが元々この場所は紀元前7世紀に溯る墓地があった場所で、
       これで市門の外、という意味も分かりますね、
       5世紀に司教たちの埋葬の為に教会が建設されたのが始まり。
       この教会にあったサン・ピエトロの聖遺物がローマに移され、
       それを記念しての建設、と記したサイトもありましたが、

       続く世紀に何度か修復や改装が行われつつ、
       12世紀の後半に現在の正面壁の改装がされた、という経過で、

       この正面壁は一度も改装されずに現在に残っているのですが、
       14世紀に市民戦争のとばっちりを受け、焼かれた歴史があります。

       幸いこの美しい正面壁は残り、再建されたのですが、
       この薔薇窓はきっとその時に破壊されたのでしょうね、
       勿体ない気がしますが、これだけ残ったのが幸いと思う事に!



       では、中央の扉を挟む浮彫をどうぞ
       左右の図柄に少し変化がありますが、どちらも幾何学模様、
       花柄、植物、の装飾で、
d0097427_2243427.jpg



       農民が雄牛を使って耕す姿
d0097427_22433094.jpg



    こちらは扉の右側、
d0097427_22442548.jpg



       鹿が蛇を喰らう姿が、扉を挟み向かい合います。
d0097427_2245430.jpg



       扉の脇には素朴なライオン像が並び
d0097427_22452651.jpg

d0097427_22455017.jpg

d0097427_22461079.jpg

       浮彫の深さがお分かりでしょうか、かなり深い彫り込みで、
       扉の脇には、嵌め込みモザイク柄も。



       正面左側の扉の上には、大天使ミカエルがドラゴン退治の姿
d0097427_2246409.jpg

       今迄ドラゴン退治は聖ジョルジョの得意技かと思い込んでおりましたが、
       う~ん、大天使ミカエルも悪を現わすドラゴン退治なのですねぇ。

       ちょうど都合よくcucciolaさんが大天使についてお書きなので
       詳細をどうぞ。
       http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/3496391.html


       そして中央扉の花柄装飾の外側に、有名な一連の浮彫、
       ウンブリアでも一番美しいと言われる物の一つ、がありますが、
       今迄はその図が語る物語を知らずに眺めておりました。

       が、今回ちょうど良いサイトを見つけて読み、
       分からない事は友人のジュリアーナ、アンナリーザの助けを借り、
       素晴らしく面白く愉快な話が語られているのを知りましたので、
       皆さんもどうぞじっくりご覧下さいね!

       全体として、教訓的な戒めとエピソードを
       聖人天使の姿と、動物の姿で語ったもの

       まず左側の上2場面ですが、
       上からどうぞ。
d0097427_22472420.jpg

d0097427_22475322.jpg

       死者がベッドに横たわり、その枕元にいるのが
       右にサン・ピエトロ、天国の門の鍵を手にしており、左に大天使ミケーレ。
       
       中央に見える天秤はかりに悪魔が手を伸ばし、自分の方に引き寄せようと!
       つまりこの秤は、死者の魂を善か悪か計るもので、
       悪魔が自分の方に引きよせようとしたのを目ざとく見つけたサン・ピエトロが、
       左側で、手に持つ鍵でゴツンと悪魔に一発喰らわせた場面なのですね。

       右側でサン・ピエトロが縛られた死者の手から縄をほどいている描写もあり、
       悪魔が手に持った紙切れに言葉が彫られているのが見えますね。

       今回ジュリアーナが説明してくれて分かり、大笑いしたこの言葉は、
       ラテン語で DOLEO QUIA ANTE ERAT MEUS
       日本語に意訳しますと、残念、もうちょっとで自分のものだったのに!       
       ははは、なんとも人間的なこの悪魔のつぶやき!
       
       はい、この場面は善人の死の場面で、



       その下、こちらは後悔懺悔せずの死者の場面
       秤は悪魔の方に傾き、その右にはさっさと立ち去る大天使ミカエル。
d0097427_22481952.jpg

       死者の手は縛られたままで、悪魔が上に座り込み、
       もう一人は煮えたぎる釜に放り込もうとしている悪魔。
       釜の中には既に先に放り込まれたどなたかの脚も見え、ははは。

       それにしても、この大天使ミカエルの立ち去る姿がなんとも可笑しい、
       ワシャ、知らん! とでもいう声が聞こえそうでしょう?!

       この如何にも中世的で、素朴ながら素晴らしい彫りの描写。
       当時、教会に来た人々がまずこの正面壁を眺め、
       悔い改めないで悪事を続けると、こんな釜行きになるのだ、と
       お説教を聞く前にしみじみと我が身を振り返った事でしょうねぇ!
       それにです、
       話し言葉は消えますが、石に彫り込んだ言葉は消えずに残りますものね。

       所謂地獄に落ちた悪者達の焼かれたり吊るされたりのフレスコ画は
       よく見かけ、いつも愉しく眺めるのですが、
       こういう浮き彫りとなると数が少なく、一つ見つけたのは、

       フェッラーラ ・ ドゥオーモとその博物館
       http://italiashio.exblog.jp/10832635

    

       同じ位置の右側上は、キリストがサン・ピエトロ
       サンタンドレアの足を洗う場面
       そして湖上を歩くキリスト
d0097427_22484623.jpg



       先程の善人と悪人の下には、このライオンが主役の3場面が続き、
d0097427_2249997.jpg

       上から、樵が作った木の罠に捕えられたライオン

       許しを乞う樵に憐みをかけ、許すライオン

       一方、傲慢な兵士はライオンに惨殺される、という・・。

       以前この浮彫を見た時は逸話を知らず、単純に
       ライオンと樵、男、兵士との戦いを現わしているのか、と
       思ったものでしたが、・・知らないとそう見えません?
       こうして知ると、
       かって中世の文盲の人々が、口伝えに浮彫の逸話を聞き知り
       また伝え、行いの戒めにした様子が伝わってきますね。



       こちらは右側のエピソード、まるでイソップ物語ですよ。
d0097427_22495084.jpg

       一番上は、死んだふりをした狐を2羽のカラスが
       ついばもうとしますが、
       逆にキツネが賢く、カラスを捕まえた、というお話。

       中は、右に雄羊、左に本を読む狼で、
       雄羊は狼から逃げる為に、うぬぼれ屋の狼に本が読めるかと煽て
       狼が読むのに没頭しているすきに、雄羊は逃げ出す、という。

       一番下はドラゴンをやっつけるライオン、というお話だそうですが、
       これの説明はありませんで・・。



       所で、スポレートのこの教会の浮彫について、       
       日本画の野村義照画伯がこの雄羊を描いておられる事を知り、
       画集の写真を探しました。
d0097427_22503467.jpg

       素晴らしい絵で、実際の浮彫リの雄羊の姿を超え、
       画家の目を通しての 壁に生きる雄羊の姿!
       皆さんにもご覧頂きたいと思いここに。 どうぞ。



       07年に訪問した時は修復の真っ最中で、クレーンが立ち、
       中もがらんどうのままでしたが、
       10年秋には修復が済んでおりました。
       が、17世紀後半に改修されたという内部は、
       ご覧の様子で、正面の趣はまるでありません。
d0097427_2251589.jpg



       石段の上、教会のある高台から見る
       スポレートの町外れの様子
       この町にはまだまだ中世の面影が残ります。
d0097427_2251255.jpg

d0097427_2251462.jpg



       こちらは07年の春の写真で、町から遥かに望む教会の様子
       こうして今回も写真を見つつ、またもや教会の正面だけ見て、
       裏には回って見ていない事に気が付き・・!! あ~あ。
d0097427_22521021.jpg

d0097427_22523299.jpg

       17世紀後半の改修により、ウンブリアで唯一という楕円形の
       優雅なクーポラがあり、どうやら修道院もあるのですね。

       下の写真に見える手前を蛇行する道は、
       ローマ期からのフラミーニア街道、アドリア海に抜けます。
       ウンブリアの山並みをどうぞ



     *****

       ブログご訪問、有難うございます!

       我がイタリア語の先生アンナリーザは、現在隣村オリアーノの
       小学校を会場に、英語のサマーキャンプで毎日奮闘中。
       小学生を対象の朝から夕方まで英語だけの毎日を約1ヶ月半で、
       プールにも山への散歩にも出かけているそう。

       彼女はそれ以外に戯作の舞台公演にも参加、翻訳等など
       小さな2人の子持ちとは思えない頑張り屋なのですね。

       で、先週の木曜夜にヴェローナでの公演があり、
       水曜に会った時の話では、
       サマーキャンプを4時に済ませヴェローナに。
       公演後片づけを済ませ、家に戻るのが朝の4時頃、と。
       で、金曜の朝はプールにサマーキャンプの子供達と行くというので、
       では私もプール体操があるので、プールでね、と。

       金曜の朝、ですが彼女の姿は見えず、
       はは、やはり家でのびているかな? と思っておりましたら、
       土曜の夜「私の冒険談」とメールがあり、
       なんとまぁ、高速のヴェローナ東辺りで、後ろからフルハ―スの
       軽トラックに追突されたのだそう!

       120K程のスピードですから、追突されガードレールに突き当たり、
       反転して別のトラックにぶつかり、最後はガードレールに挟まったと!

       幸いな事に同乗の他の2人にも彼女にも怪我はなく、
       追突した方の19歳の若者も、朝の3時からの仕事で居眠りだったそう、
       無事だったそうですが、彼女の車は大破、ドアがなかなか開かなかったと。
       やっと車から出て、自分の車を見た途端に恐怖で泣きだしたそう。

       体の痛みはあるものの、検査も大丈夫で、
       元気な彼女は月曜日から、再びサマーキャンプの仕事に!
       
       ヴェローナのあの辺りの車の混み具合も良く知っておりますので、
       聞いた方が恐ろしくなるような話ですが、無事で本当に良かった!!
       
      
       どうぞ、皆様も夏のお出かけの際には
       くれぐれもご用心下さいませませ!!

      
       そして私めは、今月末から8月の中旬にかけ、
       2組のお客様があり、モデナにも出かけてくる予定ですので、
       お盆前まで、お休みを頂きます
       どうぞ、よろしくお願いいたしま~す!

       
       ただ今水彩ブログには、ピエンツァ遠望、黄昏 の下描き
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


       

by italiashiho2 | 2012-07-25 22:54 | ・ウンブリア州 | Comments(12)
2012年 07月 20日

   ・・・ 古寺巡礼 n.1 スポレートのドゥオーモ ・ Duomo di Spoleto ・・・

d0097427_1333732.jpg

       ここ暫く、友人から拝借の写真でのご案内が続きましたが、
       ご案内する場所のネタ切れではありませんで、はい勿論、
       溜まりに貯まって、どこから手をつけたら良いものやら・・!

       という事で、お盆も近づく事ではありますので、はは、
       古寺巡礼シリーズとして何回か、纏めてアップをと思います。

       まず今回は、大好きなウンブリアの素晴らしいドゥオーモ、
       はい、スポレートのドゥオーモをご覧下さいね。

       スポレートは何度かご案内したものの聖堂内部はまだでしたので、
       古寺巡礼に相応しい、その典雅な美しさをどうぞ!

       スポレートには07年春と10年秋にと2度訪れ、
       今回見て頂く写真は両方から選びましたが、

       上の写真は07年春の正面、と言いますのも、10年の秋に
       行った時は鐘楼が修復中ですっぱり覆われていましたので。
       
       ドゥオーモは町の中程の東隅、とでもいう位置にあり、
       石段をだらだらと下って行き
       正面にこうして姿が現れる時、その美しさに魅せられます。

       ウンブリアのご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/i4      


       こちらも以前の写真で正面をどうぞ
d0097427_134818.jpg

       現在こうして我々が見る正面は、
       手前にあるルネッサンス式テラスの柱廊は別として、 
       鐘楼、上のモザイクも含め1207年に完成、と記録に残ります。

       つまり聖堂は、以前ここに存在した教会の上に建てられた物の様で、
       それ以前の古い記録が残っていないのだそう。

       手前に見えるすっきりした柱廊は15世紀のもので、
       それ以前に在ったのは、薄板の屋根のある素朴な柱廊だったそう。
       上はテラスになっていて、今もなのかどうか、
       町のお祭りの時には、ここに聖母のイコンが掲げられたと。


       5連のアーチの外側、両脇に小さい窓様が見えますが、
       
       向かって右側のみ10年秋に写しており、こんな形、
       説教壇だそう。
d0097427_1343599.jpg



       という所で、正面壁の美しさをご堪能下さいね

       こういう三角形の傾斜の正面壁を、納屋式正面壁・facciata a capanna
       と呼ぶそうで、イタリア語の素朴な形容にちょっと笑えますが、

       小さめの薔薇窓が全部で8つ、これがなんとも愛らしいというか・・、
d0097427_1345623.jpg



       こちらが上の層で、真ん中のモザイク、祝福するキリスト には
       13世紀のモザイク師ソルステールノ・Solstèrno 1207年、という署名。
d0097427_1351481.jpg

       左右に見える小さめのアーチ形にも、
       モザイクが入る予定だったのでしょうね。



       こちらが下層の大きな薔薇窓とその周囲
       この部分が一番好きなのですが、薔薇窓とその周囲にも
       細かくモザイク柄が入ります。
d0097427_1352969.jpg



       上側の飾り部分で、こんな鷲の姿が4か所に
d0097427_1354645.jpg

       同じ柱の下側にも動物の姿が見えますが、下は雄牛です。



       中央の大きな薔薇窓
d0097427_136395.jpg

       アッシジの大きな一つだけの典雅な薔薇窓も大好きですが、
       このスポレートのは小さめに繰り返す形で、可愛らしい。



       とりわけ好きなのは、この薔薇窓を支える形の2人
       特に右側の、腰布の赤い翻りが大好き!!
       こういう形、色を、どうして思いついたんだろ、あの中世に?!
d0097427_1362137.jpg



       という事で、こちらは正面柱廊の下、
       中央扉の脇にいるライオン君
d0097427_1364231.jpg



       内部
       こちらは外の眺めと違い、17世紀に大改装されていて、
d0097427_137246.jpg
       
       この改装をしたのが、マッフェオ・バルベリーニ・Maffeo Barberini
       後の教皇ウルバーノ8世が、スポレートの司教になって後の
       大改装だったのだそう。

       という様な事を知り、
       ああ、そういえば町の山上のアルボルノス要塞に
       バルベリーニ家の蜂の紋章があった訳だ、
       と、また一つ知ったshinkai。

       スポレート ・ アルボルノス要塞 その1と2
       http://italiashio.exblog.jp/12396136 
       http://italiashio.exblog.jp/12424580
    
       バルベリーニ家については、cucciolaさんがこちらに
       http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/923133.html


       正面内陣奥に見える壁画はフィリッポ・りッポですが、後ほど。



       床模様をどうぞ
       今まで何度かあちこちで見て頂いた、ビザンチン様式の
       流れをくむコズマ式模様ですね。
d0097427_1373034.jpg

d0097427_1374539.jpg

       
       アマルフィの聖堂のご案内は、こちらから。
       http://italiashio.exblog.jp/i38



       右側中程にある説教壇
d0097427_1382646.jpg



       内陣奥のフィリッポ・リッピ・Filippo Lippi の壁画
       「聖母マリアの生涯」。
d0097427_1384456.jpg


       実は2010年の秋に訪問した時、夕方に行きましたらミサの最中で、
       照明された聖堂内部に見える壁画は大変に美しく、
       出直してしっかり撮ろうと翌朝再度。
       所がお掃除の最中で照明なし!
       聖堂内部は薄暗く、おまけに内陣はもっと暗く、
       shinkaiの人生同様思い違いが重なり、ははは、
       上手く撮れませんで・・、
       細部は07年に撮ったものでどうぞ!

       
           
       受胎告知
d0097427_1392341.jpg

       壁画下側は3場面に分かれていて、一番左側にこれがあり、
       

       真ん中に、聖母の死
d0097427_1394590.jpg

d0097427_140529.jpg


       右側には、キリストの誕生場面があるのですが、
       撮っておりません。

       このスポレートの内陣壁画は、リッピの最晩年、最後の作品で、
       61歳になった画家が1467年から取り組み、
       彼は2年後に亡くなり、その約3カ月後に協力者達の手で完成した物。

       ですが、こうして作品をご覧になってもお分かりのように、
       如何にもリッピらしい繊細優美な作品で、
       最晩年、しかも亡くなった時の作品と知り驚きました。


       そしてこの天井部分、豪華絢爛たる「聖母戴冠」
       青の色が素晴らしく深く美しく、中央の金色によく映え・・。
d0097427_1403074.jpg



       こちらは聖堂入り口に近い右側にある
       エローリ司教の礼拝堂・Cappella del vescovo Eroli.
d0097427_1405616.jpg

       これはピントゥリッキオ・Pinturicchioの壁画1497年作で、
       この上、天井部分にも絵がありますが、


       麗しき聖母をどうぞ。
d0097427_1411082.jpg

       
       エローリ司教という方は、法律家からナル二の司教になり、
       アヴィニョンの教皇代理もされた方の様で、1500年没。

       一方、この礼拝堂に描いたピントゥリッキオは、
       当時のローマ法王アレッサンドロ6世に招かれ、
       ヴァティカン内の「ボルジャのアパート」の壁画類、
       かのルクレツィアの肖像と見られる女性像もある、を描き、
       成功裡にウンブリアに戻った時の仕事だそう。

       ペルージャ ・ 街の中心を、ほんの少し
       http://italiashio.exblog.jp/8710701



       という聖堂内のご案内でしたが、
       最後にエピソードをひとつどうぞ!

       やはり10年の秋でしたが、聖堂のロッジャで会ったシニョーラ
       彼女は、鳩用のパン屑を持って来ていて、
       こんな風にロッジャの片隅にぱらぱらと置き、呼ぶと、
       綺麗な白鳩がやって来て、
d0097427_1415924.jpg

d0097427_1422430.jpg


       パン屑をついばむのですね。
d0097427_1425299.jpg


       訊ねましたら、1週間ほど前に何かの行事があって、
       聖堂前で鳩たちを離したのだそう。
       所が、この鳩君だけは遠くに飛んで行かずに居残り、
       シニョーラは可哀そうにと、こうして毎日ご飯を持ってくるのだそう。
       
       ね、お互いに心が通じている様子でしょう?!
       動物たちとの気持ちの触れ合いを見たり感じたりする時
       言葉がない分、もっと温かい気がしますが・・、しません?!



       最後はもう一度、美しい正面をご覧下さいね
       夕暮れ時に少し粘って写した物です。

       ミサの最中で、中の明かりが薔薇窓から見え
d0097427_1432067.jpg

       

       扉が開き、ミサを終えた人々が出て来ますが
       この時は若者達の集いもあった様子で、大勢の若者の姿。
d0097427_1433327.jpg
       


       中の明かりが消え、ロッジャの下と、外からの照明のみに
       空も暮れ始め・・、
d0097427_1442296.jpg

d0097427_145922.jpg



       鐘楼の修復の覆いはもう外れたかな?
       美しくなった聖堂を見に、
       見残しの多いスポレートの町に、もう一度行きたいもの!!
d0097427_1452695.jpg



     *****
       
       ただ今水彩ブログには、終わりにしたい、ヴェネツィア と 猫ちゃん
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


       

by italiashiho2 | 2012-07-20 23:48 | ・ウンブリア州 | Comments(8)
2012年 07月 16日

   ・・・ ヴェネツィア観光、 島巡りツァーはいかが? ・・・

d0097427_144450.jpg

       6月初めにお客様とヴェネツィアに出かけた時に、
       島めぐりをしたい、というご希望があり、
       最初は普通にヴァポレットでムラーノ島に行き、それから
       ブラーノ、そして出来たらトルチェッロに、
       と考えていたのですが、

       行かれた方はご存知のように、ムラーノ島はともかく、
       ブラーノ島へはかなりの距離で時間がかかります。
       そして乗り換えてトルチェッロとなると、
       待ち時間、お昼ご飯等など、一日がかりでも少し厳しいのですね。

       所が朝、軍資金調達にサン・マルコ広場西の郵便局に行くべく
       スキアヴォーニ河岸の監獄宮の前を通りかかった時、
       小さな窓口式屋台が出ていて
       「島めぐり周遊観光」とあるではないですか?!

       上の写真の地図の隅に小さく見える、屋台がそれで、
       あれ?! と思って訊ねによると、
       

       こんなシニョーレが
       なんとも達者な、正確丁寧な日本語で答えてくれるのですね。
d0097427_15654.jpg
 
       ええとです、この写真では髭もゴマ塩に見えますが、
       大きめのサングラスをかけ、かなりカッコ良く、
       ええ、こちらの男はんはサングラスをかけていると、
       実物以上、という事が良くありますです、ははは、
       それがです、
       本当にしっかりした日本語での応対で、

       ムラーノ、ブラーノ、トルチェッロを回り4時間の周遊
       1人20エウロ、9時半出発、というので、

       ではこれで行こうか?! という事で参加を申し込みました。

       ツァー・ガイドは英語やドイツ語でガイドします、というので、
       日本語は? とわざとイケズ女が訊ねますと、
       わぁ、と吹き出していましたが、
       私が郵便局に往復の間に、ご一緒していた Rsさんが聞いた所によると、
       日本に行って旅行社で働いていた事もあるんだとか。


       この周遊は、夏の間は朝9時半と14時半出発、
       冬季は14時出発、
       当日の朝、監獄宮の前の屋台で直接申し込むか
       サイトでも予約出来る様子。
       http://www.serenissimamotoscafi.it

       今迄気がつかなかったのは、きっと朝の間だけ、
       冬ならばツァー出発の前何時間かのみ店を出し、
       ツァーが出発する時間には、店仕舞いという事なのでしょうね。


       周遊コースは、こんな感じ
d0097427_154127.jpg
       
       切符を買って待っていますと、9時半にガイドさんがやって来て
       皆一緒にスキアヴォーニ河岸を東にかなりの距離を歩き、
       ヴァポレット式の船に乗り込み、いざ出発



       今日の写真は、ご一緒した Rsさんからの拝借でご覧頂きますが
       彼女はwebデザインのお仕事だそうで、
       それもあってか、写真の狙いがとても分かり易く、
       おまけにデジのテクにも強い様で、これは羨ましい事!
       
       さて、出発です。
       ピエタ教会の少し東が発着場でした。
d0097427_16747.jpg


       
       朝の内は少し曇り加減でしたが、
       ヴァポレットとはまた違ったスピードで行くのは気持ちが良く
       ・・と、射手座のshinkai。
       飛行機が見えるかな?! 
d0097427_162831.jpg


      
       ヴェネツィア本島の先っちょを回り、
       通常の航路とは別に、お墓の島サン・ミケーレの東を抜けて・・
d0097427_164318.jpg



       ムラーノ島の灯台が見えて来ます
d0097427_165872.jpg

       船の中ではガイドさんが何カ国語かで次々と説明をしているのですが、
       我々は船の後ろ外の席に座り何も聞かず、ははは、
       潮風を受け、ただただ風景を楽しみます!



       で、ムラーノ島では通常のヴァポレットの停留所とは違う、
       ガラス工場の入り口に横付け!!
d0097427_172546.jpg

       あれま、こういう事か?! とちょっと驚いたのですが、
       


       ですが、以前2度ほど見たガラス製品制作の実演
       暫くぶりで、面白かった!
d0097427_174717.jpg

       こうして見ると、後ろに並ぶ様々な計器のボタン類というのか、
       素晴らしく機械化されているのですねぇ!
       
       工程を説明する人がいて、「マエストロ」と敬称で呼び、
       まさにマエストロ・師匠で、
       ヴェネツィア共和国時代には貴族階級の娘と結婚できた程ですが、
       
       昔最初の海外旅行でやって来て見た時に、
       若いお兄ちゃまが日本語で「先生が、馬を作って・・」
       とか言うのに、
       先生だって?! とクスクス笑ったのを思い出し・・!



       飴細工のように、別の色をくるくると巻きつけ
d0097427_18527.jpg



       出来上がった壺を皆さんの前に置き、ちょうど Rsさんの真ん前でして、
       これは壺の口に紙きれを刺し込んで見せた所
d0097427_182455.jpg
       
       出来上がった壺はさっと色が見えるようになる、というか、
       温度が下がって行くのですが、
       それでも700度と言ったかな、の高温だそうで、
       パッと紙が燃え上がった所。
       皆一斉に、おお~!  ははは。



       一丁、上りぃ!
d0097427_18403.jpg

       ですが、壺の形に吹く場面を見落としました、残念!



       で、マエストロはお馬も作って見せまして・・
       まさに飴細工式に、ちょんちょんとつまんだり引っ張ったりで、
       あっという間に出来上がり、
       では、店の方にどうぞ! となりました。
d0097427_19231.jpg

       窯口の横に、色石の粒が並んでいるのが見えますね。



       ガラス工場で約40分間、見学と買い物で過ごした後、
       今度はレースの島ブラーノに向かいますが
       今度も通常の航路とは違い、マッゾルボ島の裏を抜け、
d0097427_192551.jpg


       ヴェネツィア ・ ムラーノ島、サン・ミケーレ島
       http://italiashio.exblog.jp/10428873 



       ブラーノ島に近づきつつ、また南に回り込み、
       ・・それにしても、ブラーノ島の鐘楼は恐ろしい程に傾斜していますねぇ!
d0097427_194330.jpg



       島の横を通り抜け、中央の広場に近い、島の南側に到着
d0097427_110534.jpg



       広場の一郭にあるレースの店に一応案内され
       店の人があれこれと英語で説明してくれますが、
       適当に見た後、近くのバールに行き一休み、おやつもね。
d0097427_1102029.jpg


d0097427_110406.jpg

d0097427_1105563.jpg


d0097427_1112469.jpg



       やはりブラーノ島も40分間の上陸で再び乗船し、
       ブラーノ島の東側をぐるっと回り、

       ブラーノ島 ・ 昼下がりの散歩を
       http://italiashio.exblog.jp/13741014        


       トルチェッロ島に
       ここは通常の船着き場に到着の後,やはり40分後に、と。
d0097427_1153279.jpg


d0097427_1123728.jpg

d0097427_116117.jpg

d0097427_1161936.jpg



       特別なガイドも無し、ここはのんびりゆっくりと、
       聖堂見学もせずに島の長閑な緑を楽しみ
d0097427_1164123.jpg

d0097427_1165579.jpg


d0097427_1171035.jpg

d0097427_1172286.jpg

d0097427_1173875.jpg



       木陰に並ぶ猫ちゃん用の館を見物し
       ついでに館の主も見て船着き場に戻ります。
d0097427_118236.jpg
 
d0097427_1181577.jpg

d0097427_1183019.jpg

      
       トルチェッロ島は船着き場から奥の聖堂まで
       かなり歩きますから、戻りの時間を注意されていますが、
       やはり、遅刻者がね。
       インド人のカップル2組、夫達の方は急ぎ足でやって来ましたが、
       妻たちの方は悠然と、まるで急がず!
       時間観念が少し違うのかなぁと思った程でした。

       ヴェネツィア ・ トルチェッロ島へ 
       http://italiashio.exblog.jp/10325334


       こうして再び船に乗り、今度は初めて通る航路、
       ヴェネツィア本島の一番東先を目指して一直線にぐんぐんと
d0097427_1185476.jpg


       3か所x40分で計2時間、つまり4時間のツァー時間の内の
       半分がサン・マルコからの船の往復時間にかかる訳で、
       実際に1ヶ所40分の見物時間では、少し慌ただしい事は確か
   
       ですが最初に切符を買ったら、あとはすべてお任せ、
       で済む気軽さもありますね。
       それにツァー代金の20エウロも、ヴァポレットの往復料金を
       考えると、とりわけ高い程ではありません。
    
       ゆっくり島めぐりをする時間は無いけれど
       それでもちょっぴり島巡りの気分を味わいたい方
       ガラス製品作りなども見て、観光客したい方
       そんな方には良いかも、と思った事でした。
    
       当日の朝、現場で申し込み出来るというのも魅力ですね。
       お試しください!
       
       ヴェネツィアのご案内
       http://italiashio.exblog.jp/i5

       
     *****

       ブログご訪問、いつも有難うございます

       九州の方は大雨で、多くの死者も出た程の被害の様子、
       お見舞い申し上げます。
       引き続きの災害で心の休まる暇も無いだろうと、
       お察し申し上げます。


       こちらも暑い日が続いておりましたが、
       漸くに北イタリアの方は変わり目が来たようです。
       今日日曜日のお昼に、おかしな曇り空になったと思うと、
       豪雨となり、それとともに霰というかヒョウというか、
       2~3cm程の氷の塊がバラバラと!

       音を立ててテラスにも振り込み、コンドミニオの
       庭はあっという間に一面に白くなりました。

       が、まぁ暫く降った後は落ち付き、
       午後はまた陽が射して来ましたが、涼しくなりました。
       今現在、家の中の温度は26度!!
       
       夏はまだまだ続きますが、
       少しは一服出来るかも、
       やれやれ、です。

       皆さまも、夏バテなどされぬよう!


     *****
       
       ただ今水彩ブログには、途中経過報告その2 シロール、チヴィタ
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


       

by italiashiho2 | 2012-07-16 00:23 | ・ヴェネツィア | Comments(12)
2012年 07月 12日

   ・・・ n.4 セヴィリアから、サンティアーゴ・デ・コンポステーラに ・・・

d0097427_2225328.jpg

       南スペインはセヴィリアから一路北上、スペインの最北西に位置する
       一大巡礼地サンティアーゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼道
       ヴィア・デ・ラ・プラータの行程を、友人ジャコモの写真を拝借して
       ご覧頂いておりますが、

       今回がいよいよ最後、35日目にして聖地に辿り着きます。


       が、まずは先回見て頂いたサラマンカから続く山道、
       寒村の宿の様子からどうぞ

       大きな街のきちんと整備された宿は少なく、上の写真の様に、
       殆どは外から眺めただけでは普通の民家と変わらない宿の様子で、


       内部もこんな様子
       なんとなく、どこかの家に似てごたごたしていて、ははは、
       古そうな質素なテーブルに、家庭的な赤白チェックのテーブルかけ、
       そして、冷蔵庫が輝きます!
       それにしても、石段のすり減っているのに驚きました
d0097427_2226578.jpg

       要塞とか鐘楼ではすり減った石段を見かけますが、
       普通の家の中で石段、そしてこんなにすり減っている・・!



       これはバールと思いますが、
       こうして巡礼の印のホタテの貝殻に名前を書くと
       店内に吊るしてくれるのだそう。
       古い貝、新しい貝、そしてこの夥しい数!
d0097427_22263419.jpg



       曇り空の下、通り抜ける道脇に見えるこれ、
       これは穀物倉なのだそう
       ほら、日本でもネズミ返しと言いましたっけ、進入を防ぐ知恵、
       あれがやはり、ここにも見えます。
d0097427_22265822.jpg

       ジャコモの写真には、これ一つだけでなく何枚も。



       そしてまたの山道。
       細く細く続く道の先に平地が見え・・
d0097427_22273333.jpg



       またもや美しいローマ期の橋を渡り、大きな街に到着
d0097427_22275471.jpg



       この辺りは多分、街の外れと思いますが、
       ここはオレンセ・Orense またはオウレンセの街
d0097427_22283616.jpg
      
       

       巡礼道の地図をどうぞ
       オウレンセの街は、通常35日間の巡礼日程では29日目、
       はい、あともう少し! の位置。
d0097427_22285821.jpg



       先程見て頂いたローマの橋はミーニョ河・Miño に架かり
       人口11万人程のこの街は、この辺りの交通要所。

       周辺一帯は大変肥沃な地で、近代的農業、豚の飼育も盛んで、
       温泉地としても有名なのだそう。

       オウレンセという街の名も、町が造られたローマ期の
       アウリエンセ・Auriense・金の町から来ているそうで、
       ミーニョ河の砂金に由来するのだそう!

       美しい塔と鐘楼が見えますが、これは11~12世紀の物で、
       17世紀前半までこの街は司教の支配下にあったのだそう。
d0097427_22295953.jpg



       旧市街の狭い小路の先に、美しい塔が見え
d0097427_22302811.jpg

d0097427_22305051.jpg



       この一帯で一番美しい聖堂の一つ、と言われるオウレンセの聖堂正面
d0097427_22311585.jpg



       聖堂内にある天国の門
       こちらの方が色鮮やかに彩色されておりますが、
       巡礼達の目指すコンポステーラの聖堂にもやはり、天国の門がありました。
d0097427_22314032.jpg



       外からの眺めで大きな美しい塔と思ったのが
       内陣部分だったのですね。
d0097427_223247.jpg

       明かり取りを兼ねた2連の窓が2層になり、
       アーチの重なりで丸天井になっていますから、
       やはり外側のレース飾りは美的見地からなのでしょう。



       マイヨール広場と。
       お天気で良かった!
d0097427_2232522.jpg



       さて、オウレンセの街を出発、再びの巡礼道を辿ります。

       ロバ君の向こうに、無言の矢印
       背後の緑の並み板にも、矢印。
       道が付きあたりの曲がり角かも。
d0097427_22331667.jpg



       再びの山道ですが、舗装され、少し幅広く。
       漸くに花咲き始める早春
d0097427_22335076.jpg



       通りかかりの村はずれ、共同洗濯場でのお洗濯
       そう、まだ現役の洗濯場があるのですねぇ。
d0097427_22341397.jpg

       

       他所者達が村を通り過ぎるのに慣れたワンちゃんは
       朝の陽射しの中、カメラに収まるにも、座ったまま。
d0097427_22343645.jpg



       遂にやって来ました!
       サンティアーゴまで、あと20キロ!!
d0097427_2235217.jpg



       で、ジャコモ達は巡礼行最後の夜をここで泊まったそう
       他の宿の写真を見るとまだ明るい内ですが、
       きっと、明日最後の20kを、という事だったのでしょうね。
       大きな施設ですから、きっと国営の宿泊所ですね。
d0097427_22353990.jpg



       最後の1日
       聖ヤコブが祝福を与える像の見える泉もあり、
d0097427_2236456.jpg



       遂に遂に、大聖堂の尖塔が家並の向こうに!!
d0097427_2238080.jpg



       到着!
       聖堂前広場で、へたりこむ2人
d0097427_22382344.jpg

       ここでは笑顔が見えますが、
       アーチの柱に寄りかかる写真の中のジャコモの顔は、
       憔悴しきった表情で・・。
       きっと知らず知らずの内に、急ぎ足になっていたのかも。
        

       一息ついて、内部参拝に
d0097427_22392634.jpg



       こんな風に記念撮影もし・・
       ええ我々も、この石段の所で写真を撮りましたっけ。 
d0097427_22394972.jpg



       聖堂前広場の北側にあるかっての巡礼宿兼病院
       現在は高級ホテル。
d0097427_22401179.jpg



       広場で出会ったらしい、こんな子犬連れの巡礼者
       チビちゃんはカンガルーの赤ちゃんみたいに、
       首から下げた袋に入れて貰って、まぶしそうな目で外の世界を・・。
d0097427_22403687.jpg



       さて街を一回り、旧市街のどこか懐かしい町並みも愉しみ
d0097427_2241391.jpg



       こんな若者達のバンドの行進も
       先頭の太鼓とシンバルの若者は、お腹で車を押していて、はは。
d0097427_22414056.jpg



       夕陽の陰が長く延びる聖堂前広場
       写真が無くて残念ですが、
       夜は照明されてとても綺麗だったよ、と。
d0097427_2242945.jpg


       サンティアーゴ・コンポステーラの街、聖堂のご案内は、
       http://italiashio.exblog.jp/i40


       ついに35日間の巡礼行を終え
       疲れ果てながらも、心軽く迎えるコンポステーラの夕暮れ
d0097427_22423523.jpg


       ジャコモ、ご苦労様でした!
       そして、写真有難う!!
       お陰さまで、数枚の写真では分からない巡礼行の凄さを
       多少なりとも窺い知る事が出来ました。


       サンティアーゴ・デ・コンポステーラへの巡礼道(フランスから)
       1993年にユネスコの人類遺産に指定されて以来、
       それまでは年間2千人程の巡礼者数だったのがどんどんと増え、
       1999年以降は2万人を越え、2004年には4万人以上、
       そして2010年には8万4千人を超える程に!

       歩くだけでなく、自転車でバイクで、という若者達もおり、
       聞いた所では、宿が荷物を運んでくれる所もあるとか!

       ちょっとしたスポーツ感覚で挑戦する人達も多いと思いますが、
       それでもやはり1カ月間を歩き通す、
       多人数のグループでは無く、小さなグループ、または単独で、
       そんな人達がやり遂げる事に、大きな意義がある様に思います。
       
       きっと、机の前に座っていては分からない何か、
       自分の脚を使って歩く事が、何かに繋がるのでしょうね。


       皆さま、4回もの長い間お付き合い下さり
       本当に有難うございました!
       楽しんで下さった様に願います。

     *****
       
       ただ今水彩ブログには、途中経過  ヴェネツィア と シロール
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-07-12 22:46 | ・スペイン・ポルトガル | Comments(8)
2012年 07月 11日

   ・・・ n.3 セヴィリアから、サンティアーゴ・デ・コンポステーラに ・・・

d0097427_2282831.jpg

       暑い日が続いているこちら北イタリアですが、一休みの後、
       再び、サンティーアゴへの巡礼道を辿って頂きますね。

       友人ジャコモがこの春行って来ました、南スペインはセヴィリアから
       一路北上するヴィア・デ・ラ・プラータ・Via de la Plata巡礼道
       彼の写真を拝借してご覧頂いていますが、

       3回目の今日見て頂くのは、35日間に渡る巡礼の大筋の日程で
       ほぼ中程17日めに当たるサラマンカ・Salamanca が含まれます。

       まずトップは、サラマンカ県の名が見える道路標識
       イタリアだと、この緑は高速道路になるのですけど、
       やはりお国変われば品変わるですね。

       サンティアーゴ・コンポステーラの街、聖堂のご案内は、
       http://italiashio.exblog.jp/i40

       ヴィア・デ・ラ・プラータの地図をどうぞ
       サラマンカ・Salamanca が中程に見えますが、
d0097427_228541.jpg

       ここに至る南にかなりの山越えがあったのも先回、先先回の写真で
       ご覧頂いておりますが、
       この辺りもまだまだ高地で、凄い道の写真もありますです!

       

       巡礼道脇にはこんな飲み水の泉があり、巡礼の目印も
       ジャコモ達も別の泉で喉を潤している写真がありましたが、
       中世の昔から、こうして巡礼達が一服して行った事でしょうね。
d0097427_2292180.jpg



       今にも大雨になりそうな雲が動く山村
       古い石の十字架が、こういう日に見るには、ちょっと恐ろしげで・・!
d0097427_2294664.jpg



       巡礼道脇にある宿
       家のテラス部分を持ちあげる角柱が、如何にもの趣。
d0097427_2301394.jpg
     


       この写真の宿の内部なのかどうか、
       寒空の曇り空を辿って来て、迎えて貰えるとホッとしますよね。
d0097427_2305290.jpg

       宿には温かな食事があり、清潔なベッドがあり、
       同じ道を行く仲間との一時の交流があります。


       これは別の宿の寝室部分で、どこもがこんな2段ベッド
d0097427_232193.jpg



       こちらも別の宿の暖炉
       まだまだ火が恋しい、寒い春だったような。
d0097427_2322986.jpg



       寒そうな曇り空の下、遥かに見える街を目指し
       荒野を進み
d0097427_2325351.jpg



       どうやら、あの先がサラマンカの街・・
       大聖堂の鐘楼らしきものも望めます。
d0097427_2331850.jpg



       漸くに街に辿り着き、またもや渡るローマ期の橋
       そしてまたもやshinkai の同じ感慨、ローマの民は偉かった!!
d0097427_2335035.jpg



       はい、世界遺産指定されたサラマンカの街の
       素晴らしい大聖堂
d0097427_2344536.jpg

d0097427_2351327.jpg

       多分上の写真が、建物左側部分の入り口でしょうね。

       この大聖堂は右の古い部分が7世紀の建設で、
       左側新しくぐっと大きな方が16世紀の物。
       新旧部分が一緒になり、街の一郭に素晴らしい趣を与えていると。

       
       こちらが、旧聖堂の正面側かも
d0097427_2355615.jpg

       で、右に見える建物
       上階の壁に帆立て貝の形、サンティアーゴの印ですが、
       サイトで見る建物正面にはびっしりの貝が並び、約350も、
       15世紀の物で、現在は図書館と観光局が入っているそう。



       こちらはサイトの写真を調べ、
       サン・エステバン修道院・ドメニコ会派・17世紀の正面と。
d0097427_2361942.jpg

       サン・エステバンって誰? と思いましたら、
       イタリア語ではサント・ステーファノ、
       フランス語ではサン・エティエンヌなのだそう。



       で、こちらは写真の並びから考え、サン・エステバン内部と。
       素晴らしく天井が高く、美しい柄でアーチが構築され・・。
d0097427_2364487.jpg



       ジャコモの写真には珍しくこの1枚だけ、夜のバール写真!
       サラマンカは大学の街として有名なのだそうで、
       写真にも若者が写っていますね。
d0097427_237880.jpg


       サラマンカ大学の入り口というのも、素晴らしい装飾ですが、
       残念、ジャコモの写真にはありません。
       この大学は13世紀に創設、スペインで一番古い大学だそうで、
       その著名な教授陣と相まって1580年には最高の
       6500人もの学生が学んでいたのだそうで、
       「学びたい方は、サラマンカにお出でなさい」という言葉があるそう。
       
       街の現在の人口は156000人程ですが、入植定住の歴史は古く、
       紀元前3世紀にハンニバルによって征服され、後にローマの下に、
       という訳で、街の最初に見て頂いた橋は1世紀の物の様。

       そしてゴート族の侵入やアラブの占領があり、
       街が最高に栄えたのは16世紀なのだそうで、
       ユネスコの世界遺産指定も、この旧市街なのだと。



       雨のマヨール広場、多分。
       どことなく、ヴェネツィアのサン・マルコ広場を思いだし・・。
d0097427_2374778.jpg



       お天気も回復した様子でやれやれ。
       さて次の町に到着し、・・と。
d0097427_2392284.jpg



       夏には木陰がさぞ素晴らしかろう、という広場があり、
d0097427_2402544.jpg



       そして、恐ろしい山越えの小道!
       道なき道の奥に、白い小さな物が見えますね、
       あれが先行者のリュックの上にくくり付けた何かなのですよ。
d0097427_2405575.jpg

       きっと中世の巡礼達が通った道は
       殆どがこんな道程だったのでしょうねぇ!



       そして辿り着く小さな町の広場に見る巡礼道の標識
d0097427_2412650.jpg

       こんな標識一つ一つを見る度に、宿に着くたびに、
       地図と見比べて、ああ、ここまで来た!という
       感慨なのでしょうねぇ。



       はい、サンティアーゴ・デ・コンポステーラには
       こっちに真っ直ぐね
d0097427_2415659.jpg



       こんな道しるべもあり・・
d0097427_2422485.jpg



       素晴らしい渓谷の眺めもあり
d0097427_2424928.jpg



       そしてまたこの美しきローマ期の橋
       この半円アーチにこの橋脚、ローマ期の物に間違いないですよね?!
d0097427_2431367.jpg



       やっと平野に出たと思うと、この一直線の道!
       ジャコモが作っていた写真集を見て、わぁ、この道!と驚きましたら、
       そう、20キロ以上も続くんだよ、って!!
d0097427_2433918.jpg

       ひたすら道の先を見ながらどこまでも、どこまでも、
       何時間も歩く事を想像すると、 ・・私には到底無理!



       こういう古い、丘かな岩山かな、を利用した家も眺め・・
d0097427_244713.jpg




       通りすぎる小さな村の泉の脇
       ロバ君とのすれ違い。
d0097427_2443474.jpg



       夕暮れ迫る頃、丘の上に見える小さな集落
       城壁に囲まれ、教会があり、要塞、城館も見え・・。
d0097427_2445914.jpg



       そしてまた、霧雨の日、雨装備のジャコモ。 
       傘をさしている別の日の写真もありました。
d0097427_2453418.jpg


       今回の35日の巡礼行は、かなり厳しかったそうです
       曇り空だけでなく、雨の日、風の寒い日が多く、
       さすが頑丈なジャコモも体調を崩し、救急病院にも行った程と。

       昨年のフランスからの巡礼道では、
       大体30日の行程を4日程早く到着したそうですが、
       今回は35日ちょうど、というのも、
       短い距離にした日もあったのでしょうね。
       
       それにしても、ジャコモも、他の巡礼さん達も立派ですねぇ!
       あんな山道を、一直線の野の道も、雨の日も
       歩き続ける、凄い精神力!!

       次回はいよいよ、サンティアーゴ・デ・コンポステーラに
       到着ですが、もひとつ大きな美しい街を通ります。
       アップは明後日、13日をお楽しみに!


       
       ただ今水彩ブログには、途中経過  ヴェネツィア と シロール
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-07-11 02:51 | ・スペイン・ポルトガル | Comments(4)
2012年 07月 06日

   ・・・ とりとめなく、モノクロ・カラー・猫ちゃん写真など ・・・ 追記

d0097427_0364934.jpg

       友人ジャコモの写真を拝借しての、スペインはセヴィリアから
       サンティアーゴ・デ・コンポステーラへの巡礼行を一休み。
       ・・はい、余りの暑さに、写真とはいえ歩くのを一休みし、

       先日郵便局で見つけて貰って来た、古い写真をご覧下さいね

       と、あれこれ、ああ、あれもあった、と思いだしたのも一緒に、
       おまけを加えましたので、ごゆっくりどうぞ!

       郵便局の写真は、
       1862・2012 Posteitaliane 150
       Foto Archivio Storico

       つまり、イタリア郵便局創業150年記念で、
       歴史的なイタリア郵便局の古写真なのだそう。

       トップは、バイクに乗っての配達を撮影中
       写真では無く、ほら、丸い映画撮影用カメラですよ。
       となると、初めて郵便局に配達用のバイクが採用された時かも!

       創業150年の歴史的な写真とはいえ、
       いずれも戦後も暫くしての写真に間違いありませんね。


       市内電車にも、投函用ポストが付いていたのですねぇ!
       袋を開けるシニョーレのくわえ煙草に笑いましたぁ。
d0097427_0373252.jpg



       この2枚の意味がちょっと不明でしたが、上の写真をクローズアップ、
       で、どうやら貯金通帳らしい、と分かりました。
       となると、子供貯金を呼びかけたキャンペーンがあったのかも!
d0097427_038331.jpg

d0097427_0382835.jpg

       それにしても、子供の背景に見える投函箱の宣伝、
       奥さま方の美容院に見える髪形がねぇ!



       ちょっとモダンさを狙って、窓枠に郵便車を合わせていますね
       今の車は、白に黄色の組み合わせだったと・・。
d0097427_0385831.jpg



       突然の野良猫ちゃん写真ですが、
       モノクロのレトロ写真からの尻取り発想で、ははは、
       そういえば、ヴェネツィアの白黒の猫写真が1枚あった、と。
d0097427_0393597.jpg



       うん、白黒猫がもう一枚、ね。
       これは友人のmkちゃんが、昨秋のパリ土産に送ってくれた物
d0097427_039555.jpg
       
       mkちゃんは、マドロス猫、と書いてくれたのですが、
       机の前にあったのを見て、我がイタリア語の先生アンナリーザは、
       あ、絵描き猫! ですって。

       横縞のシャツか、ベレー帽か、
       どちらを取りますか、あなた?!



       猫ちゃん写真が続くと、ああ、あれもあった、と、尻取りで、
       これは、にゃ~こ のママ、ゆんぴょさんから届いた案内状
       にゃ~こ も芸名で、ははは、出ているのですよ。 
d0097427_0403672.jpg

       
       これだけあれこれ並ぶと、可愛いでしょう?!


       で、可愛いとなると、
       ・・無理矢理に可愛い!と言わせようと・・、がはは。
d0097427_041766.jpg

       何世紀も前のshinkai の写真を、本邦初公開。
       1歳2歳のお誕生前、と聞きました。
       散髪に連れて行ったら満員だったので、隣の写真館で撮ったのだそう。
       
       さて、これでクリック数が増えるか、ガクッと減るか・・! きゃははぁ。

       少なくともこれで、「shinkai とは、男か、女か?」という疑問は、
       一掃されるだろうと・・、だよねぇ?!

      ◆追記並びに訂正してお詫びで~す。
       うっかりの記憶のままに、1歳のお誕生前、と書きましたが、
       はい、良く考えてみると、
       私めは12月生まれで、この写真は夏。
       となると、やはり皆さまコメントに書いて下さったように、
       1歳前という事はあり得ませんね、2歳のお誕生前ですね。

       あああ、ここでも良い加減を御披露してしまいましたぁ!

      
      
       最後は、ハワイの友人から先日届いたレトロ調絵葉書で、
       アロ~~ハァ~!!
d0097427_0413072.jpg


       皆さん、暑さ負けしないよう、
       体調にお気をつけてお過ごしくださ~い!


      ◆追記です。
       なぜ郵便局の古い絵葉書か、をご説明しませんでした。が、

       無事、広島の画材店に注文したケント紙、
       想像していたよりも薄く、黄身がかっていますが、
       とにかく昨日無事に、信じられない速さで届きました。
       良かった! 嬉しい!!
       イタリア郵便局だって、やりゃぁ出来るんじゃん!

       早速インキで描き、濡らしてみましたが、大丈夫!!

       ですが、郵便局、イタリア政府の税金が、
       なんと、36,78エウロもかかりましたぁ!!
       なんでやねん!!
       まるで、後進国の税関並みではねぇの?!
       ・・この際、イタリアが後進国か非かの疑問はさて置き・・、ははは。

       この絵葉書は、画材店への払い込みに行った時に
       頂いて来たものです。 
       クヤチイので、あったのを全部貰って来た!

       ですが、ケント紙がたっぷり届き、
       今描いているペースだと、何年分もあるので、
       shinkai 死してケント紙残す、
       てな事にならぬよう、ははは、・・大いにあるなぁ、
       頑張って描きま~~す!


       ただ今水彩ブログには、救助作戦 その1 と、トスカーナの麦秋
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-07-06 00:43 | ・イタリア全般・番外編・ご挨拶 | Comments(12)
2012年 07月 02日

   ・・・ n.2 セヴィリアから、サンティアーゴ・デ・コンポステーラに ・・・

d0097427_039558.jpg

       スペインの南セヴィリアから、スペイン北西にある
       大巡礼地サンティアーゴ・デ・コンポステーラに向かう
       古く中世からの巡礼道、ヴィア・デ・ラ・プラータ・Via de la Plata
       この約1000kの道程をこの春35日かけて踏破して来た様子を
       友人ジャコモの写真でご覧頂いておりますが、今日はその2回目。

       サンティアーゴ・コンポステーラの街、聖堂のご案内は、
       http://italiashio.exblog.jp/i40

       先回の最後に、ローマ期の橋を渡り到着した街
       巡礼のお祭りの最中、子供たちがローマ兵士の扮装で
       参加している様子をご覧頂きましたが、
       
       トップの写真、昨日の橋の脇には、こんなローマのシンボル
       雌狼がロムルスとレムスの双子に乳を与える像が見えますし、

       ・・それにしても寒そうな空の色ですねぇ! 


       この雌狼の像は、古くエトルスクの像と言われていたのが、
       だんだん怪しくなりつつある、現状ですが・・、

       それはともかく、こんな像があるこの街 Cáceres・カセレス
       とは、一体どんな街なのかと、ちょっと検索してみました。
       
       というのも、ジャコモのカメラに素晴らしいローマ遺跡の
       写真がたくさん収められていたからでして・・、


      
       巡礼道の地図をどうぞ
       セヴィリアから北に辿り2つ目の赤マルの左、緑の四角で囲った所、
       Cáceres・カセレスがこの街。
d0097427_0392748.jpg

       大体の行程表に由ると、全35日の11日めに当たります。



       大きな野外闘技場があり
d0097427_0395141.jpg



       こんな立派な美しい劇場跡も!
       驚きました。
d0097427_0401076.jpg

d0097427_040372.jpg

d0097427_0405824.jpg

d0097427_0413157.jpg

       席数も、これはかなりのものですねぇ。



       この立派な石組!
d0097427_0421460.jpg


       まったくもって、ローマ人というのは公的施設建設の天才でしたね。
       2000年後の今も残るこの遺跡の素晴らしさ、美しさ!
       ローマ帝国がヨーロッパを制覇したからこそ、
       これらの美しいのが残っている、と考えると・・、
       う~~む、他の民族でなくて良かった!
       ・・なんぞと、だんだんおらが国、になっているかな? ははは。

       カセレスの街は現在人口が9万2千人程、
       街は紀元前25年に、ローマ人によって造られたそうで、
       それでこうして素晴らしい遺跡が残っているのですね。

       街の旧市街は、市壁に囲まれた古い町並みが完全に残っていて、
       ユネスコの世界遺産に指定されているとの事。



       こちらは、ローマ貴族の屋敷跡の様で、
       これもまた美しいですねぇ。
d0097427_0423789.jpg

d0097427_0425871.jpg



       ジャコモの写真の並び順にご紹介していますが、

       一列に並んでご挨拶のウシ君達が居て
d0097427_0432575.jpg




       そして、写真提供のジャコモと、
       その隣の石柱、これはなんとポストなんですって!
d0097427_0435218.jpg

       つまり、穴が見える所に手紙などを入れて置くと、
       穴の周囲に凹みが見えますから、扉が付いていたのでしょう、
       郵便伝令というのか、飛脚、はたまた馬車馬かも、が通って
       中の物を運んだのだそう。
  
       これは公の書類伝達だったと思いますから、
       切手や配達料等をshinkaiが心配しなくても良い筈ですが、
       どの程度の速さで届いたのか、
       
       cucciolaさんが、古代の郵便制度について書いておられます。
       http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/764997.html



       田舎の風景が挟まれ、またこれはカセレスの街、
       ウィキに写真があったのから判断して、
       マヨール広場にあるエストレージャ門
d0097427_0441752.jpg

       きっと、ここを上ると旧市街なんだろうなぁ・・。

       こういうのを見ると、旅の虫がウズウズ・・。



       アダルーへ・Adarve 小路
       標識にCALL ADARVE が見えるのですが、さて何の建物?
d0097427_0444566.jpg



       どうやらジャコモ達は遺跡見物の後、カセレスの街に
       戻って巡礼宿に泊まった様子ですね。
      
       この宿の写真はカセレスのではなく、それ以前のものですが、
       今回同行したこの2人は、
       昨年フランスからの巡礼道で、最後の10日ほどを一緒に
       歩いた仲間だそう。
d0097427_0458100.jpg

       手前がシチリアの男性で、奥がフィレンツェと聞きましたが、
       きっと昨年話が合って、では今年は南からトライしようと
       なったのでしょうね。

       宿の台所でサラダを作り、フライパンで何か料理中。



       さて、また夜明けの出発
d0097427_045309.jpg



       荒野にこんな門と家があり
d0097427_0455262.jpg



       今日も早くからお発ちですねぇ!
       お気をつけて行って下さいねぇ。
d0097427_0462379.jpg



       この幅広い河、多分スペインで一番長く、
       ポルトガルのリスボンで大西洋に注ぐタホ河と。
d0097427_0464539.jpg



       またこんなローマ期の橋の遺跡があり
d0097427_047326.jpg



       古い町の坂道の小路を抜け・・、
d0097427_047243.jpg



       塔の上に幾つもの巣を作るコウノトリ。 
d0097427_0474497.jpg

d0097427_04859.jpg



       仔馬ちゃんも見送ってくれ
d0097427_0482773.jpg

       それにしても、道は大変な上り坂の様子。



       曇り空の下、漸くに遠くに街が見えて来て・・
d0097427_0485540.jpg

       今夜の宿は、あそこにしよう。 



       翌朝は快晴
d0097427_0491646.jpg



       牛の親子が草をはみ
d0097427_0495058.jpg



       またローマ期の遺跡が右に広がる道を行き
       門をくぐり、 
d0097427_050918.jpg



       曇り空の下、小さな町の古い教会の横を通り
d0097427_0503342.jpg



       また山道にさしかかり、細い小道が奥に・・
d0097427_0505527.jpg

       道脇の木々は、漸くに新芽が出かかった所。

       という所で、サンティアーゴ・デ・コンポステーラへの巡礼道、   
       南スペインはセヴィリアからのヴィア・デ・ラ・プラータ
       その2のご案内でした。

       田舎の細い道を、ただ前に向かって、どこまでも!
       かなりの山道も、黙々と進む大変な巡礼行ですが、
       歴史のある街には、見る楽しみの一時もあり・・。

       宿について清潔なベッドに横になる時
       心からホッとする事でしょう。

       あと2回のご案内は5日と6日に予定しております。
       どうぞお楽しみに!



     *****
 
       ブログご訪問、有難うございます!

       今朝は恒例月初めのお墓参り、お花を換えに。
       スコミーゴ村は晴れていたのに、
       トゥレヴィーゾにかかる頃から霧がかかり始め、
       ヴェネツィアにつく頃には、まるで冬の霧景色。
       少し遠くはぼわ~んと霞み、
       おまけに反対車線はかなりの停滞!

       そして車をでると、もわぁ~んと蒸し暑く、
       帰り道を心配しましたが、
       有難い事にほんの少しの停滞で済みました。

       今夜は、いよいよユーロ2012年の決勝戦!
       早めにお風呂をし身を清め、ははは、
       ご飯も済ませて、ゆっくりTVの前に。

       よっしゃぁ、頑張るぞぉ!
       皆さんも、応援してねぇ!!

      *追記
       あああ、イタリアが負けてしまったよぉ。
       しかもねぇ、かなりの差を見せつけられてねぇ。
       ・・うん、仕方がないよね、これが実力。
       また、出直すだけ、の話ね。
       頑張ろ!!


       ただ今水彩ブログには、下描き アッシジの猫 と 山の家
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-07-02 00:53 | ・スペイン・ポルトガル | Comments(6)
2012年 07月 01日

   ・・・ サンティアーゴへの道 セヴィリアから ・ そのⅠ ・・・ 追記

d0097427_2345034.jpg

       スペイン北西にある中世からの大巡礼地、
       サンティアーゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼道は、
       フランス南からピレネー山脈を越える行程が有名ですが、
       昨年初夏のポルトガル旅行のとっぱしに、
       一番最後の札所に寄り、
       大聖堂の聳えるサンティアーゴの街を訪問できました。

       その時に我らのグループの1人のご主人が先に出発、
       フランスからの道を1カ月間かけて踏破し、
       我々を飛行場に迎えてくれたのですが、
       その御夫婦と、この春に行った北ラツィオのチヴィタ、
       天空に浮かぶ町として有名なチヴィタで
       偶然お昼を一緒するチャンスに。

       その際、彼が再びサンティアーゴへの巡礼に出かける事、
       今度はスペインの南セヴィリアからの道を辿る事を聞き、
       では是非に撮った写真を見せてくれ、と依頼しまして、

       5月中旬頃には戻ると聞きつつ、こちらもバタバタで連絡が遅れ、
       先週漸くに電話しましたら、CDに写真を入れてあるから、と
       翌日に貰う事が出来ました。

       が、なんと家で開けて見ましたら、905枚!入っており、
       きゃぁぁ、どうするのぉ、これぇ、という有様!

       CDを貰うのに会った時、彼ジャコモは既に自分の写真集を
       作っており、それを見ながら少しあれこれ聞きましたが、
       残念、彼は写真集にも場所の名を入れておらず、
       私には到底その場所を特定する事は出来ず・・、はてさて。

       という事で今回は、漸くに100枚程に絞った写真を4回分に分け、
       これでも大変でして、これ以上絞ると面白くない、という私の独断で、
       もう否が応でも見て頂こうと・・、 がはは、

       2回分を今夜と明日の夜、次の2回分を5日後に連日アップ、
       という事で、どうぞお楽しみ頂けますように!!

       というのも、晴れの日ばかりではありませんで
       今回はとりわけ雨や寒い日が多く、大変な行程だったらしいのです。
       観光地を巡る旅行とは違い、遥かに続く平野の中の道を行く
       それが35日間続く旅の風景です。

       私には到底経験できない旅と思いますし、多分皆さんも、ね。
       という事で、
       中世から巡礼達が辿ったこの道を、味わって下さいませませ!

       トップは、セヴィリアの街の夜明け
       旅立ちの朝。

      ◆追記です
       ハワイに住む我が友人mちゃんからメールが届き、
       上の写真に見えるのは「コロンの塔」というのだそう。
       彼女は以前セヴィリアに住んでいた事があり、
       ブログを見て驚き、懐かしく、教えてくれ方々メールを。
        
       下の写真にも、追記しますね。

       サンティアーゴ・コンポステーラの街、聖堂のご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/i40
       からどうぞ!

    

       セヴィリアからサンティアーゴ・デ・コンポステーラに至る道
       この道は、ヴィア・デ・ラ・プラータ・Cammino Via de la Plata
       と呼ばれる、約1000K、大体35日の行程。
d0097427_2352037.jpg



       こちらが、今回の写真提供者のジャコモ・Giacomo
d0097427_2353728.jpg
       
       歩くのが好きで、毎日訓練を兼ねて歩いているそうで、
       今回の巡礼は3回目!
       どんな感じ? と月並みな事を聞きましたら、
       やり遂げた時に、やはり考え方が変わった、と。
       どう変わったか、というのは本人にしか感じえない事でしょうし、
       多分言葉では伝えきれない何かなのでしょう。

       なぜ始めたのか、と聞きましたら、
       歩くのが好きな事もあるけど、名前が同じだし、と。
       そう、サンティアーゴ・聖ヤコブのイタリア語名は
       ジャコモなのですね。



       セヴィリアの王宮かな?
d0097427_2355680.jpg

       mちゃんより、ここは「スペイン広場」といい、
       観光のメッカですと。



       王室煙草工場、ですと。
       セヴィリアの煙草工場と言うと、あのカルメンが働いていた?
d0097427_2362032.jpg

       mちゃん、現在は「セヴィリア大学」なのだそう。
       内部は天井が高く古く薄暗く・・。
       彼女も物語の舞台となった建物だと思うと、
       いささか気持ちが高まった、と。



       こちらは写真をアップして判明。
       巡礼手帳の発行所で、これを持って旅をし、
       お札所で判を押して行くと、最後のサンティアーゴの聖堂で、
       巡礼証明書を下さると読みました。
d0097427_2364114.jpg



       セヴィリア大聖堂の前にあるという、
       ここがいよいよヴィア・デ・ラ・プラータの出発点
d0097427_237186.jpg



       こんな、真っ直ぐな道!
d0097427_2372049.jpg



       いえ、彼らはたまたま一緒の道にいるだけで
       巡礼に参加しているわけでは・・、ないよね?!
d0097427_237372.jpg



       どの街かな、これはセルバンテスの顔ですよね?
d0097427_237562.jpg



       遥かに広がるこんな原の道を行き・・
d0097427_2381723.jpg



       展望台が突き出し、カルヴァーリオの丘・ゴルゴダの丘と!
d0097427_2383579.jpg



       広がる風景は一見なだらかですが
       名前からすると、かなり酷い上り坂なのでしょうねぇ!
d0097427_239782.jpg



       寒そうな霧の日
d0097427_2392962.jpg



       まだまだ春遠いベランダの鉢植え。
d0097427_2394783.jpg



       またまた遥かな野原の道
       こういう先が遠い道は、気持ちが萎えるのですよねぇ・・。
d0097427_240543.jpg



       こんな紋章の見える街に着き、 
d0097427_2402527.jpg



       一時を、素晴らしい教会内で過ごし・・
d0097427_2404749.jpg



       かなり大きな街の、素晴らしい教会の様ですが・・、さて?! 
d0097427_241756.jpg



       これはかって鉄道が通っていた道ですよね?
       今はこんな風に両脇に敷き石とレールが積み重ねられ!
       盗まれないのかなぁ?!
d0097427_241268.jpg



       また、町に着き
d0097427_2414750.jpg



       これは大変綺麗で大きな巡礼宿
       巡礼の為の宿は、公設と私設と様々あり、
       大体5~10エウロで泊まれるのだそう。
d0097427_242779.jpg

       かって公設の宿は無料だったそうですが、今は5エウロ、
       と、昨年聞きました。
       ただし、朝には出発しないといけないそう!



       田舎の街を抜け
d0097427_2422665.jpg



       高台から見る街と、広がる畑、平野
d0097427_2424323.jpg



       そして、またの夜明け
d0097427_243017.jpg



       樹齢を重ねたオリーヴの樹と
d0097427_2432099.jpg



       こんなオリーヴ畑!
d0097427_2433782.jpg



       そして、また街に到着し、渡るローマ期の橋
       ローマ人は、本当に偉かったですねぇ!!
       ヨーロッパ中に、今も使える橋があり、
       野外劇場、闘技場があっちにもこっちにも。
d0097427_2435660.jpg



       そして、この街 Caceres・カセーレスかな?では、
       巡礼のお祭りがあり、子供達はローマ兵士の扮装で・・!
d0097427_2443328.jpg

       行程表に由ると、ここは11日めに当たるのでした。
       ジャコモ、そして巡礼者の皆さんは本当に偉い!
       毎日20~30Kを歩き続け、1000kの道程を行くのです。
       毎日ですものね、これが凄い!

       という所で、初日を終わりまして、
       明日、その2をアップしますので、皆さんも明日ね! 



       ただ今水彩ブログには、下描き アッシジの猫 と 山の家
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!


          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2012-07-01 02:47 | ・スペイン・ポルトガル | Comments(8)