イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 21日

   ・・・ ドロミーティの景観 ・ 山小屋サン・マルコ ・・・

d0097427_23231590.jpg

       写真仲間のジョヴァンニ・Giovanni に提供して貰って
       ご覧頂いていますドロミーティの大景観、
       今日ご覧頂くのはドロミーティの山々の中でも2番目に高い
       アンテラーオ山・Antelao、標高3264mを望む
       山小屋サン・マルコ・Rif.San Marcoへの道。

       トップでご覧の様に、今回は色とりどりのお花と、
       アンテラーオ山の夕暮れ色の、素晴らしい写真を
       送ってくれましたので、皆さんもご一緒に
       高山の爽やかな散歩をお楽しみくださいね

       上の可愛いピンクは、野生の薔薇


       
       ジョヴァンニの送ってくれた地図ですが、
       なんとまぁ、見ただけで目眩がしそうな、と思われません?!
       彼と友人が行ったのは、上に囲った山小屋サン・マルコ、標高1823m
d0097427_2323453.jpg

       アンテラーオは右下に見え、位置をとちゃんと囲ったのですが、
       ははは、その上からサイト名を入れたもので、ドジshinkai!
       ・・まぁ、位置はお分かりですよね?!



       で、どの辺りなのかは、こちらの地図を。
       コルティーナ・ダンペッツォの南東に位置する
       サン・ヴィトー・ディ・カドーレ・San Vito di Cadoreから
       北東に約2時間ほどの距離、赤点をつけた辺りでしょうか。
d0097427_2324738.jpg
       

       サン・ヴィトーの下に追加しましたセルデス・Serdesは、
       山小屋から下り、夕暮れのアンテラーオ山を撮った場所なのだそう。

       左のモンテ・ペルモ・Monte Pelmoは、彼の次の写真の中に。

       ヴェネツィアから我が町コネリアーノ、そしてべッルーノを
       通る国鉄は、
       地図に見えるカラルツォ・ディ・カドーレ・Calalzo di Cadoreが終点で、
       ここでバスに乗り換えコルティーナに向かいますが、

       国道との合流点ピエーヴェ・ディ・カドーレ・Pieve di Cadoreには、
       かのティツィアーノ・Tizianoの生家があります。

       ドロミーティのご案内あれこれはこちらから。
       http://italiashio.exblog.jp/i35

       ティツィアーノの生家、ピエーヴェ・ディ・カドーレ
       http://italiashio.exblog.jp/5353717/

       コルティーナのワン君たち
       http://italiashio.exblog.jp/5930024/



       リフージョ・サン・マルコに向かう山道から、
       出発したサン・ヴィトーの町と、奥にモンテ・ペルモ、3168mの姿。
d0097427_2325234.jpg



       花の咲き乱れる草原
d0097427_23284151.jpg

d0097427_23285984.jpg

d0097427_2329164.jpg



       日本名が分かりません、パラディージア・Paradisiaと。
       大変清楚な白百合。
d0097427_23293443.jpg



       オダマキ・Aquilegia・アクイレージア
d0097427_23294922.jpg

       さすがジョヴァンニ!
       良く花の名を知っています。
       イタリア人は、女性でもなかなか花の名を知りませんが・・。



       鹿の子百合・Gilio martagone・ジ―リオ・マルタゴーネ
d0097427_2330912.jpg



       草原に咲くオレンジの百合、
       この百合はサン・ジョヴァンニの百合・Gilio di San Giovanni.
d0097427_23302644.jpg

d0097427_23304876.jpg



       小撫子・Garofano minore.
d0097427_2331342.jpg



       野生の(森の)ゼラニウム・Geranio silvano.
d0097427_23311899.jpg

d0097427_23313726.jpg



       日本名はなんと?  ボットン・ドーロ・Botton d'oro.
d0097427_23315574.jpg



       木の祠のマリア様と幼子
       素朴な信仰が伝わって来ますね。
d0097427_23321132.jpg



       アネモネ
d0097427_23322435.jpg




       さて、険しい断崖絶壁の山道の写真が始まり、
       稲妻みたいに続く道!
d0097427_23324156.jpg

d0097427_2332594.jpg

       この稲妻みたいなジグザグの山道は行程図にも見え、
       ジョヴァンニの説明によると、行程は2時間ほどと
       時間的には短いものの、
       常に前面にアンテラーオ山を見ながらの
       信じられない程の大景観なのだと。
       
       お天気も、どんどん雲が流れる様子が見えますね。
       


       これがアンテラーオ山
       ドロミーティ山塊中で2番目に高い、3264m
d0097427_23331528.jpg



       こちらが目指して登って来たリフージョ・サン・マルコ、 1823m。
d0097427_23341242.jpg



       ゆっくり下り始め、
       道脇の十字架像
d0097427_23342822.jpg



       サン・ヴィトーのすぐ近くの村セルデスに移動し、
       山の夕暮れを見守ります。

       ソラピス山・Monte Sorapis.
d0097427_23344341.jpg

d0097427_2335281.jpg



       空に晴れ間が見えるアンテラーオ山の夕暮れ
d0097427_23352198.jpg

d0097427_23353883.jpg

d0097427_2336021.jpg

d0097427_23361793.jpg


       夜の色がしのび込む空
d0097427_23373394.jpg


       美しいですねぇ!
       雲が動き、色がどんどん変わっていく様子を、
       さぞかし夢中になって追いかけた事でしょう。

       Grazie Giovanni!!



       このアンテラーオ山がドロミーティ山塊の内で
       2番目に高い山とのジョヴァンニの説明で、

       では一番高いのはなんという?

       はい、この山マルモラーダ・Marmolada.
       サン・ヴィトーからほぼ西、地図上の直線距離にして
       約30kの位置に。
d0097427_2338337.jpg

       写真はウィキから拝借で、
       右に見える峰がマルモラーダの主峰プンタ・ぺニア、3343m
       奥がプンタ・ロッカ、3309m

       という事で、アンテラーオ山3264mは、厳密に言うと
       3番目の高さ、という事になりますが、
       一般にはマルモラーダを一つに数えますので、2番目と。
       
       「マルモラーダ」という名だけは知っておりましたが、
       漸くにその位置と姿にお目にかかりました、なるほどぉ!


       
     ◆ お知らせ ◆

       以前シアトルの動物マッサージ・レッスンを受けに行った
       ハワイ在住の友人 Minoちゃんの様子をご覧頂きましたが、
       http://italiashio.exblog.jp/10119704/

       彼女がこの度ご自分でマッサージのコースを開き
       サイトも持ちました。
       http://www.happypuppyclub.com/

       この仕事は、犬好きの彼女の長年の念願だったもので、
       どうぞ、どこか調子の悪いワンちゃんたちも、
       彼女の愛犬同様適したマッサージを受け、良くなりますように!

       ハワイにお住まいの方、どうぞニュースを広げてあげて下さいね!!



     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます!

       この秋10月に長野上諏訪での個展が決まっておりまして、    
       それに向け頑張っていますが、
       絵の送り、そしてDM用の絵はどれに、と段々具体的に詰まりだし・・、
       はい、お尻に火がついた感じで、ははは。

       ははは、と一応笑っておりますが、
       内心は必死のパッチでございまして・・、

       という事で、暫く夏休みを頂きます
       はい、まずは・・お盆休みが済むまで!

       どうぞよろしくお願い申し上げます!!

       皆様も、猛暑に負けず、良い夏をお過ごしくださいませ!
       
   
 

       水彩ブログの方も、夏休みを
       お盆明けには、見て頂けますよう、頑張りますので!
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho



       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          




       

by italiashiho2 | 2013-07-21 23:40 | ・ドロミーティ Dolomiti | Comments(12)
2013年 07月 16日

   ・・・ トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード ・ ドロミーティの景観 (追記) ・・・

d0097427_21212036.jpg

       皆さん、トップの写真をご覧になられ、どこの山かお分かりでしょうか?

       はい、世界遺産指定のドロミーティの山々の中でも一番有名な姿、
       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード・Tre Cime di Lavaredo
       ラヴァレードの3つの頂き、
       登山やトレッキングをされる方には、憧れの姿と思います。

       遥かに姿を見た事はあるのですが、到底山登りする根性はないshinkai、はは、
       今日はジョヴァンニ・Giovanni の写真を提供して貰いましたので、
       素晴らしい姿、美しい写真をじっくりご覧下さいね。


       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードはどこにあるか
       地図をどうぞ。
d0097427_21213734.jpg
       
       コルティナ・ダンペッツォから、ちょうど北東に。
       見える点線はヴェネトとトレンティーノ・アルト・アディジェ州の境で、
       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードは、
       4分の3がヴェネトのアウロンツォ・ディ・カドーレに入り、
       後のちょっぴりが北のドッビアーコのコムーネに入るのだそう。

       そうなのですね、ドロミーティ山脈は世界遺産に指定されたのですが、
       跨る州がヴェネト、トレンティーノ、そしてフリウリと
       3州に渡る広さなので、その為なかなか管理が難しいのだとか。

       ま、今日は難しい問題はさて置き、
       ジョヴァンニの写真で、夏に相応しい景観を存分にお楽しみ下さい!!



       ドロミーティの写真を送ってくれるというので、
       では、どこの場所かを書いてね、と頼みましたら、
       地図も付け、エクセルを使って写真何番はどこ、と、ははは。
       なかなかやるやん!

       という事で、つけてくれた行程図をどうぞ
d0097427_2122385.jpg
       
       下に見える白い丸が出発点のリフージョ・アウロンツォ・Rif.Auronzo
       避難所、山小屋アウロンツォ
       ジョヴァンニと友人のピエロは、行程図の矢印とは逆に
       左側から回ったのだそう。

       出発点の上側に見える山の姿がトゥレ・チーメ、
       つまり3つの峰のすぐ下に当たる訳で、
       全体の姿を見る為にはぐるっと回る、という行程です。

       ジョヴァンニの説明によると、この行程に4時間掛かった
       そうですが、そう難しくはなく、
       それにこの景観なので、大変さも忘れたと



       リフージョ・アウロンツォの眺め
       はは、ちゃんと分かりやすいように印し付き!
d0097427_21222363.jpg

       既にこの山小屋の標高が2320m
       トゥレ・チーメの一番高い頂きが2999m!

       この位置からは頂きが2つに見えますが、
       そう、コルティーナ・ダンペッツォ、ミズリーナ湖からも
       ちょうどこんな感じに見えます。

       
       絵葉書でご挨拶
       http://italiashio.exblog.jp/5340352/

       夏のドロミティ・コルティーナ・ミズリーナ湖
       http://italiashio.exblog.jp/5912086/

       コルティーナの遅い春
       http://italiashio.exblog.jp/9675646/



       出発点のリフージョ・アウロンツォからの、この大景観!!
d0097427_21225929.jpg

       ジョヴァンニは今回かなり大きなピクセルで送ってくれ、
       私もいつものブログよりは大き目の写真に、
       パノラマも700ピクセルにしたのですが、それでもちょっと残念!



       行程図、左回りでちょうど緑の州境辺りに見える
       フォルチェッラ・コル・ディ・メッゾ・Forc.Col.di Mezzo
       辺りを行く小道。
d0097427_21232821.jpg



       日本語でなんと呼ぶのか、レーティッシュ・ケシ
       Papavero retico.
d0097427_21234394.jpg



       リフュージョ・ロカテッリ・Rif.Locatelliの遠望と
       トッレ・ディ・トブリン・Torre di Toblin.
d0097427_2124091.jpg

       と彼の説明にあり、トブリンの塔というのがどれか分からず
       調べましたら、 
       ロカテッリの山小屋は分かりますね、ここで標高2405m、
       山小屋のすぐ左にある山の、膝辺りに突き出して見える山の様。

       ロカテッリの山小屋が、行程図の一番上に当たる場所で、
       このトブリンの塔、2617mに上る基地の様ですね。

       ジョヴァンニのこの写真の位置ではちょっと分かりづらいのですが、
       検索をかけると、頂きが2つに分かれた塔の姿も
       ドロミーティの有名な姿の一つと分かりました。
       https://www.google.it/search?hl=it&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1421&bih=751&q=tore+di+toblin&oq=tore+di+toblin&gs_l=img.3...1255.6032.0.6788.14.14.0.0.0.0.212.2584.0j13j1.14.0.eqrwrth..0.0.0..1.1.17.img.A0dQukIjebE#hl=it&site=imghp&tbm=isch&oq=rifugio+locaterri+++tore+di+toblin&gs_l=img.12...17402.31241.0.33718.28.24.4.0.0.0.254.4198.1j22j1.24.0.eqrwrth..0.0.0..1.1.17.img.eZBmoEe_KB0&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.48705608,d.bGE&fp=c8a06c7d74327849&biw=1421&bih=751&q=rifugio%20locaterri%20tore%20di%20toblin
       


       クローダ・ロッサ・Croda rossa.
d0097427_21242366.jpg

       クローダというのは険しい岸壁を示し、赤く見える所から
       その名が由来する様子ですが、あちこちにあり、
       多分これは光線の具合から見て、コルティーナの北10kほどの、
       標高3146mの物と。



       ジェンツィアーナ・Genziana・リンドウ
d0097427_21244040.jpg



       山小屋ラング・アルペ・Malga Lang Alpe
       標高2283m
d0097427_21251670.jpg

       日本語では同じ「山小屋」となると思うのですが、
       リフージョとマルガと2種類あり、
       リフージョは登山の為の避難小屋、
       マルガは夏の放牧の為の山小屋が元で、観光用とでも。



       コル・フォルチェッラ・Col Forcellaの小池から見る
       フォルチェッラ・ラヴァレード・Forcella Lavaredo.
       行程図の左側、中程の位置に。
d0097427_21253943.jpg
           
       フォルチェッラというのは、フォーク形になった場所を示し、
       この名もあちこちにあります。



       ジェンツィアネッラ・Genzianella・チャボリンドウ
d0097427_212643.jpg



       先に遠望した、ロカテッリの山小屋に到着
d0097427_2126319.jpg

       ドロミーティ一帯は第一次大戦の激戦地だったのですが、
       当時この山小屋もオーストリア軍により破壊されたのだとか。



       お待たせいたしましたぁ!
       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードで~す!!
d0097427_21265886.jpg

       真ん中の一番高いのが、ラ・グランデ、2999m
       続いて右(西側)ラ・チーマ・オヴェスト 2973m
       左の一番低いエレガントな ラ・チーマ・ピッコラ 2973m



       残雪がちょっぴりのパノラマもどうぞ!
       これは、ロカテッリの山小屋からの眺めだそう。
d0097427_21271619.jpg



       モンテ・パテルノ・Monte Paterno とフォルチェッラ・ラヴァレード
d0097427_21273530.jpg



       再びジェンツィアネッラ
d0097427_21275053.jpg



       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードに近寄りつつ
d0097427_2128617.jpg



       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの高い真ん中と西側。       
d0097427_21282565.jpg



       日本名が分かりません、
       アルプスのアンドロサーチェ・Androsace alpinaと。
d0097427_21284178.jpg



       フォルチェッラ・ラヴァレードから遠望する
       ロカテッリの山小屋
d0097427_21285979.jpg



       リフージョ・ラヴァレード・Rif.Lavaredo 2385m。
       行程図の右下側に。
d0097427_21291689.jpg



       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの
       一番低いラ・チーマ・ピッコラ
d0097427_21293181.jpg



       最後はアルプスのケシ・Papavero alpinoと
       ジェンツィアネッラ
d0097427_21294741.jpg



       如何でしたか、トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレードの景観は?!
       素晴らしいですねぇ!!
       Grazie Giovanni!!


       ・・う~ん、4時間の歩きねぇ、行けそうな気も・・、うん。

     ◆ 追記です ◆

       と書いていて、出発点のリフュージョ・アウロンツォまでどう行くのか
       下から歩くのか、それとも車で行けるのか、とジョヴァンニに質問のメールを。

       返事が来て、この出発点までは車で、ただし通行料25エウロ程
       を払い、行けるそう

       普通は行程図の右から回る方法を勧められるそうですが、
       ジョヴァンニによると、逆に彼らが取った時計回りの方が、
       ほんのちょっぴり楽で、眺めはこちらの方がダイナミックと。

       必ず登山靴を用い、上着を持参する事、とありました!
       行きたい、と思っていると見破られたかな・・? ははは。
       彼は私に登山靴を買え、と勧めているのですよ、かなり前からね。
      


       サイトを見ていたら、・・ワンちゃんも行ってるぜ! ははは。
d0097427_2130106.jpg

       http://www.flashfordolomiti.it/tre-cime-di-lavaredo



       冬の赤富士ならぬ、赤いトゥレ・チーメ
d0097427_2130265.jpg
       
       http://www.dolomitibellunesi.com/2013/05/05/tre-cime-di-lavaredo-27/


       ジョヴァンニはもう一度、別の行程の写真も送ってくれると
       いうので、どうぞお楽しみに!
       彼にお伝えしますので、宜しかったら
       どうぞコメントを書いてあげて下さいね!



     *****     

       水彩ブログに、ムラーノ島のビザンティン教会後陣 ・ 途中経過
       アップいたしました。
       見てやって下さ~い!
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho
       


       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          




       

by italiashiho2 | 2013-07-16 21:37 | ・ドロミーティ Dolomiti | Comments(14)
2013年 07月 12日

   ・・・ チゾンの村 ・ 水の道 ・ Via dell'Acqua ・・・

d0097427_1172548.jpg

       昨日の午前、写真仲間と一緒にチゾン・ディ・ヴァルマリーノ
       Cison di Valmarinoの村に行って来ました様子をご覧下さいね。

       水の道・ヴィア・デッラックワ・Via dell'Acquaと呼ばれ、
       何世紀にもわたり村人の生活の中に重要な位置を占めてきた
       リュージョ川・Rujoから引かれた疏水、という言葉で良いのかな、
       細い水路が村の中を流れ下ります。

       現在はかっての様に水車やロクロを回したり、
       共同洗濯場であったり、はない様子ですが、
       きちんと整備されつつ、細い山道がずっと奥まで。

       チゾンの村は何度かこのブログにも登場しており、
       今回の道も途中までは辿った事があるのですが、
       こんなに奥まで行った事はなく、
       
       おまけに最後に、??!!という動物にも出会いましたので、
       写真が多くなりましたが、
       その分説明は少なく、ははは、
       緑陰と水の涼しさの写真をごゆっくりどうぞ!

       
       トップの写真は、チゾンの村について、
       まず元気づけのカフェをやったバール


       チソンの村に、春をさがしに
       http://italiashio.exblog.jp/9417768/       
       
       チゾン村、夏のサーグラ ・ 手作り職人市
       http://italiashio.exblog.jp/10278420/



       明け方に雨が降り、曇天の朝。

       村の下の方からの川床の眺め
       今見える橋を右に渡り、上り始めます。
d0097427_118959.jpg



       ふと見上げると、黒猫ちゃんが屋根裏の窓に
       呼ぶとびっくりした顔で!
d0097427_1182493.jpg



       お花が綺麗な窓を横目に
d0097427_1183944.jpg



       上り道を辿ります
       まだこの辺りは集落というか、家が道に沿って立ち並び、
       きちんと修復され集会所になっているらしい建物。
d0097427_119158.jpg



       近くにあった地図の左側の図
       下から3分の一程の所に、上の写真の大きな橋が掛かります。
       幅の広い水色がリュージョ川なのですが、
d0097427_1191790.jpg

       上の3分の一程の位置、川の左に家が見えますね。
       ここから下の橋の間までを、分水されて右側を細く流れるのが
       かっての村人たちの生活の中にあった「水の道」



       お家があると、こんな家庭菜園も脇にあり、
d0097427_119467.jpg



       山道を辿りつつ振り返ると、
       カステル・ブランドが同じ高さに。
d0097427_1203338.jpg


       2000年の歴史 ・ カステル・ブランド
       http://italiashio.exblog.jp/6021939/



       水路に沿った道は、下流側はきちんと整備されていて、
       でもすぐ脇には林が迫り、うっそうと
d0097427_1205769.jpg



       また小さな家の集まりがあり
d0097427_1212581.jpg



       このお家のこの窓は以前も見て頂いたと・・。
d0097427_1213949.jpg



       裏の納屋の上には、干し草の束があり、
       確かに牛舎がある匂いも、ね。
d0097427_1215630.jpg



       こんな石ゴロゴロの道も上り、
d0097427_1221256.jpg



       途中廃墟になった家の跡も見つつ・・、
       この家の所までは来た覚えが、はい。
d0097427_1222755.jpg



       細い水路が通る道の左下を、川が流れ下り
d0097427_122414.jpg



       時にこんな溜まりがあったりしつつ・・。
       本当に透明な綺麗な流れでしょう?!
d0097427_1225885.jpg



       道を外れて川まで下ると、小さな橋が掛かり、
       先生役のジョヴァンニに訊ねながら写真を撮る仲間たち
       右からサンドラ、ミレーナ、ジョヴァンニ、タータ、ジャンナ。
d0097427_123162.jpg

       ジョヴァンニは本当に丁寧に、質問に応えるのですね。
       例えば今回は水の流れ、小さな滝を流れ落ちる水を撮るのに、
       どの位のシャッター・スピードにしたら絹布の様に写るとかね。

       はぁ、shinkai は余りそういう事に興味が無く、
       いぇ、他人様の美しい写真を見ると、確かに美しいと感心しますが、
       滝の流れは必ず絹布に撮らねば、とは思わず、はは、

       この時も一人で手前奥の草原を上って行きましたら、



       一軒のお家があり、広い庭の囲いにはジャスミンが絡まり
d0097427_1233417.jpg



       気配を嗅ぎ付け、早速ワンちゃんが来てくれ・・。
d0097427_1241156.jpg



       この辺りの水路は、こんな感じ
d0097427_1242728.jpg



       川を渡る水路の橋。
       ちょっとした水道橋みたいでしょう?!
d0097427_1244364.jpg



       この辺り、幾つものこんな溜まりがあり
       小さな滝となって次々と
d0097427_1245733.jpg



       左にはかなり大きな家、そして2,3軒の集落があり、
       水の溜まりに作られたこの素朴な小さな水門
d0097427_1252671.jpg
       
       これが図で見て頂いた、川から水路が分けられる水門なのでした。



       さて、ここからが素晴らしい山道の始まりで! 
       京都の鞍馬の山道もこんなだった記憶がありますが・・。
d0097427_125449.jpg



       へっへっと上り付いた所が、あれっ?!と
       ちょっと期待外れというか意外な草原が広がり、
       人家も見え、おまけにこんなピクニック用の椅子とテーブル!
d0097427_126419.jpg

       そうなんですね、この道はとても有名ですし、
       実際に、家族連れの散歩に何組か出会い、
       お休みの日など、ちょっとしたハイキングに良い場所なのかも。



       草原には花も咲き乱れ
d0097427_1261981.jpg


       ・・この辺りで、そろそろ引き返すかと思いきやなんのその、
       ははは、まだまだ奥に行くのですよ、皆さん方は!



       道沿いには、ところどころに立像があったり
       道の標識も出ていまして、
d0097427_1263993.jpg

       これはなかなかの出来と思った彫りの作品。



       時にこんなトンネルの様な木立の中も行きますが、
d0097427_12729.jpg



       かなり湿気が多くなり、倒木にはこんな苔がびっしり
d0097427_1272662.jpg



       小さい小さい野草の花も見かけ、
d0097427_1274675.jpg



       これは野生のシクラメン
d0097427_128162.jpg



       小さな蝶、とジョヴァンニは言いましたが、
       蜂の様な胴に、小さな羽。
d0097427_1281870.jpg



       陽が一瞬射すと、蝶が飛び交い始め・・
d0097427_1283369.jpg

d0097427_1284961.jpg



       川の流れは緩やかになったり、小さな滝になったり
d0097427_129943.jpg



       木の皮にも苔生し
d0097427_1292333.jpg



       そしてお天気が一瞬にして変わり、強い陽が射し始め、
       林の姿も鮮やかな緑に!
d0097427_1295559.jpg

d0097427_1301458.jpg



       陽が当たると水の煌めきも賑やかになり
d0097427_1303024.jpg



       大きな堰はこの下にもあったのですが、
       我らはここまで
d0097427_1304515.jpg

       どんどん山道を上るので、いささか心配になったshinkai。
       ジョヴァンニに、まさか山越えするつもりじゃなかろうね?!

       はい、朝8時に集合し、山道を辿りだしたのは8時半頃だったと。
       で、この場所で11時半で、山道はまだ続くのですが、
       ジョヴァンニはお昼には戻らないといけないので、ここでお終い。

       ええとです、彼の奥さんはまだ働いているので、
       年金者である彼が平日のお昼の用意をし、
       奥さんと娘さんが食べに戻ってくるのだそう。

       あんまり勝手な事をすると、女房に首にされる、
       という、可愛いジョヴァンニなのです、ははは。

       そうそう、ジョヴァンニがドロミーティの写真を2回分
       送ってくれるそうですので、
       次回をどうぞ、お楽しみに!!



       木漏れ陽の道を下り始めます
d0097427_13120100.jpg

d0097427_1313751.jpg



       突然に川の向こうに茶色の動物!
       皆が、犬だ、いや違う、という間に、
       特別慌てるでもなく、林の中に消えて行きましたが、
d0097427_13217.jpg

d0097427_1322915.jpg

       これ、キツネですよね?!
       尻尾のふさふさの毛が無く、細い、毛のない尻尾だけ。

       ははは、少しピンボケですけど、
       6名の中で写真を撮ったのは、えっへん、私メだけ!!



       人家のある所まで下って来て撮った黒い糸トンボ
       ・・なのですけどぉ、止まってくれた角度がねぇ・・!
d0097427_133512.jpg



       水の流れより、こんな草のなびく様子が好きなshinkai。
d0097427_1332190.jpg



       真っ青に晴れ、白い夏雲のチゾンの山を最後に
d0097427_1334295.jpg


  
     ◆ お知らせ ◆

       「ジャズ・コンサートとイタリア料理の催し」は如何?!
       というお知らせです。
d0097427_134074.jpg

d0097427_1342447.jpg

       大西さんご夫妻とはヴェネツィアでお会いし、
       一日ご一緒したご縁ですが、
       ゆったりのご主人と、可愛い奥さまの取り合わせで、
       素晴らしいジャズのドュエットと思います。

       ご希望の方は、お早めに!



     *****     

       水彩ブログには、仕上がったままアップしていなかった作品を
       何点か追加、ええと、さらに追加いたしましたぁ。
       見てやって下さ~い!
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho/c/745eeaa68cdfea532108ed0bf98f8a48


       いつも有難うございます!  
       こちら本家に
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          




       

by italiashiho2 | 2013-07-12 01:36 | ・ヴェネト Veneto | Comments(6)
2013年 07月 06日

   ・・・ 麗しの古都 コインブラ n.2 ・ ポルトガル ・・・

d0097427_23315963.jpg

       そちら日本はそろそろ梅雨明けの様子。
       今夏は猛暑という予想も見ましたので、
       皆さま、体調にお気をつけてお過ごし下さいね!

       さて今日は先回に続き、ポルトガルは麗しの古都
       コインブラ・Coimbraの2回目、
       街の一番の高台にあったコインブラ大学から坂道を下り、
       旧大聖堂をちらり、街中もちらり、ははは、
       つまり観光客のおつもりでご覧下さいね。

       百聞は一見にしかず、と例によって写真が多くなりましたが、
       そのおつもりで、ごゆっくりどうぞ!


       上の写真は先回も見て頂きましたが、
       コインブラ大学から見下ろす旧大聖堂で、
       こちらに向かって坂道を下ります。


       街の地図をもう一度どうぞ
d0097427_23322557.jpg

       10.の大学から、北の7.旧聖堂に。
       そして西の6.アルコ・デ・アルメディーナに下り、
       南に向かい大通りの繁華街を通り、
       サンタ・クララ橋の袂の広場辺りまで、の様子です。


       6.のアルコの西に見えるコンメルチョ広場、
       そして大学に至る坂道の様子は、夜の散歩のこちらを。
       http://italiashio.exblog.jp/14211463/



       夜ハァハァと上った坂道、狭い石段をどんどんと下りつつ、
       由緒ありげな建物の扉、素晴らしい赤でしょう?!
d0097427_23324117.jpg



       そして旧聖堂・Sé Velhaの東側に出て来ます。       
       大学から見下ろした写真でご覧の様に、
       如何にも古い中世の聖堂らしく、銃眼もある要塞並みの造りで、
       上部の丸屋根辺りが、またイスラムの趣もありますね。
d0097427_23325749.jpg



       こんなガーゴイルも見かけ・・。
d0097427_23331251.jpg

       ガーゴイルをイタリア語でなんというのか調べましたら、
       ガルゴッラ・gargolla
       検索図版ではやはり圧倒的にパリのノートルダム聖堂ですが、

       ミラノのドゥオーモにもちょっぴり。
       http://italiashio.exblog.jp/17601733



       旧聖堂の北側面にある、こちらは16世紀に改装追加された
       ルネッサンス様式の大きな美しい入り口
d0097427_23333118.jpg

d0097427_23334939.jpg

       少し損傷が進んでいて、残念。



       こちらが正面。 
       足元まで写った写真が無く、ウィキぺディアから拝借です。
d0097427_2334580.jpg


       コインブラを「麗しの古都」と書いておりますが、
       実際に、1109年に北の街ギマライシュ・Guimarãesから
       エンリケ公爵がこの街に首都を移し、
       その息子アフォンソ1世が1128年にポルトガルの初代王と
       なった街なのですね。

       この旧聖堂は当時に建設が始まった
       ポルトガルに現存する数少ないロマネスク様式で、
       2代目の王サンシュ1世・Sancho I は、この聖堂で戴冠を。

       聖堂設立当時のこの国はいまだイスラム占領の下にあり、
       この如何にもがっしりの要塞風の造りは納得ですが、
       300年に渡るイスラム下からのレコンキスタは1139年

       初代王アフォンソ1世下でしたが、正式に
       ポルトガル王アフォンソ1世と名乗るのは独立後で、
       それ以前はエンリケ・アフォンソと。

       
       コインブラに首都が置かれたのは1255年までで、
       第5代王アフォンソ3世の時にリスボンに遷都。

       そうですね、ちょっと奈良、京都のイメージに近い感じもある、
       まさに麗しの古都コインブラ、だと思います。


       コインブラの南15k程にあるコニンブリーガ・Conímbrigaには、
       かってここに町を築いたローマ期の大規模な都市遺跡、
       ポルトガルで最大と言われる規模だそう、が残り、
       こちらが主たる町だったのが、ゴートの侵入によって破壊され、
       時とともにコインブラに中心が移ったのだそう。

       コニンブリーガの素晴らしい遺跡、モザイクなどはこちらに
       https://www.google.it/search?hl=it&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1417&bih=751&q=conimbriga+portogallo&oq=conimbriga&gs_l=img.1.0.0j0i24.1725.6299.0.9476.10.10.0.0.0.0.253.2219.0j2j8.10.0.eqrwrth..0.0.0..1.1.17.img.2MhMszYklJ0
              
       コインブラはリスボンから200k北に、ポルトからは100k南にと、
       地理的にちょうど中央部に位置し、商業の中心地としても繁栄したと。



       さて、旧聖堂の正面入り口、石段の上部分
       施された中世の装飾が美しい!
d0097427_23344547.jpg

d0097427_2335599.jpg



       内部、これは入り口横辺りだったと思いますが、
       四角いタイル装飾でびっしり。
d0097427_23352733.jpg

       が、なにせ窓が狭く、内部はとても暗くて、
       色が写りませんで・・。



       3身廊式で、こちらは内陣奥の祭壇
d0097427_23354255.jpg

       人も多く時間もなく、奥にまでも行きませんでしたが、
       先回のコインブラ大学を創設のディニス1世の妃イザベッラ・
       Isabella(1271-1336) この方は聖女イザベッラと呼ばれ、
       この聖堂奥にお墓があるそう。

       伝承によると、彼女が貧者に施しをするのを好まなかった王が、
       パンを入れた籠を持つ彼女に何が入っていると訊ね、薔薇の花と。
       で、王が籠の覆いを取ると、中には薔薇の花、という・・。

       労働王とも呼ばれ、大学創設もしたディニス1世ですが、
       貧者には冷淡だったという事?
       こういう部分が少し理解に苦しみますが・・、まぁね。



       旧聖堂前の広場には、バールやスーべニール店が何軒か
d0097427_233614.jpg

d0097427_23361882.jpg

d0097427_23363662.jpg

       ポルトガルの象徴、雄鶏の置物、お土産がどこにでも。


       広場はこんな石が敷き詰められ、丸石舗装とも違い、
       少々歩き難く。
d0097427_2337223.jpg



       下り坂の細い道は、こんな風に石段が三角に張り出していたり、
d0097427_23373850.jpg



       石垣には、鮮やかな青紫の朝顔が咲き乱れ
d0097427_23375436.jpg



       道脇に出ているレストランのお招き
d0097427_2338104.jpg



       物好きshinkai は、どんな料理か、ははは、
       写真を見て頂こうとサイトで探しまして・・。

       Bacalhau a portugeusa・バカラウ・ア・ポルトゲーザ、で
       発音は良いのかな、つまり、鱈のポルトガル風だと。
       はい、こちらです。
d0097427_2338271.jpg

       つまりポルトガル旅行中に4,5回食べる羽目になった、ははは、
       鱈とジャガイモのグラタン風と。
       
       見ると、またかぁと思ったのですが、
       食べるとどこもが美味しくて、今は、はい、懐かしい!



       下のBacalhau assado na brasaは、発音抜きで、ははは、
       どうやら鱈のグリルらしい、と見当が付きまして、
       こんな感じかな・・?
d0097427_23384819.jpg
       
       これも美味しそうですねぇ!



       坂道を皆でぞろぞろと下りながら
       せっせと写真を撮りつつ、置いて行かれない様に・・!
d0097427_2339559.jpg

d0097427_23392584.jpg



       これは如何?!
       ファド・デ・コインブラ  ライヴ!
       今夜18時から、ポート・ワイン付き 10エウロ
d0097427_23394093.jpg

       夜は到底無理ですが、ちらっと見るとCDも売っている感じ。
       で、1枚買って戻り、時々聞いています。

       皆さん、ファドはお好きですか?
       私は大好きで、お絵描きしながら買ってきたファドや
       ポルトガル・ギターのCDを良く掛けますが、

       コインブラのファドというのは、
       一般にいうファドとはちょっと違いまして、
       それをガイドさんに教えて貰ったのですが、

       コインブラのは、大学の学生たちから始まった
       所謂愛する女性に送るセレナードで、
       これは男性のみが歌うのだと。

       どんな感じなのかをこちらYouTubeでどうぞ。
       歌っている場所は旧聖堂前の入り口前、
       広場をぎっしり埋めた学生たちは皆黒いマントをはおい、
       どうやら大学の記念式典に関しての行事の様子。
       https://www.youtube.com/watch?v=f3WGttZdksg
       一緒に口ずさむ様子、涙を流す女子学生もいて、
       いかにも大学生の街らしい、なかなかに良い雰囲気です。


       お暇な方はこちらも! ははは。
       如何にも大学生らしい、若い熱気あふれる様子。
       http://www.youtube.com/watch?v=AzHg4ozpqEM



       アルコ・デ・アルメリーナ・Arco di Almedinaに続く、
       曲がり角にスーヴェニール店
d0097427_2340136.jpg

       絵葉書や古いCDも売っていたので、お昼御飯の後
       ここまで戻ってアマーリア・ロドリゲスの古い録音のCDと、
       セピア色の絵葉書なども買ったのでしたが、

       はぁ、セピア色の絵葉書についてはこちらを
       http://italiashio.exblog.jp/13899887/
       http://italiashio.exblog.jp/14061698/


       上の写真の右のアーチは、こんな感じで、
d0097427_23402081.jpg



       こちらがアルコ・デ・アルメリーナ
       真ん中奥に見える古い石壁の足元に、上のスーヴェニール店。
d0097427_23403796.jpg


       このアルコ・アーチがなぜ名を残すのか、と言いますと、
       コインブラの街は既に12世紀に
       上の街、貴族や聖職者たちの住まいのある地区、
           のちに大学の学生の住まいもこちらに、
       下の街は一般庶民地区で、モンデーゴ河の川沿い地区、と
       分けられていたのだそう。

       今は勿論往き来自由ですが、きっと当時は開閉の門があり、
       門番もいたのでしょうね。



       正面真ん中に見える建物の右の坂道を下って来て、
       いま手前がフェッレイラ・ボルゲス通り・Rua Ferreira Borgesに。
d0097427_23405954.jpg



       こんな様子のかなり幅広い、店の並んだ通りで
d0097427_23411546.jpg



       車は通らず、敷き石の道
d0097427_23413179.jpg



       両側には、タイル装飾された建物がびっしりと。
d0097427_2341481.jpg



       で、サンタ・クララ橋に続くPortagem広場に
d0097427_23421064.jpg

       下手な、うるさい写真で済みません。



       広場を逆に見るとこんな感じ
       ね、右側の坂道も急でしょう?! 
d0097427_23422740.jpg



       我々はこのあたりで自由行動で好きな様にお昼を済ませましたが、

       これは橋の袂にあるちょっとレトロ調の建物
       壁の色がピンクなのですけど、ポルトガル銀行と!   
d0097427_23424518.jpg

d0097427_23431858.jpg



       再度集合した後にバスに乗り、川向うの高台にある
       サンタ・クララ修道院に向かいましたが、

       これは振り返える街の中心部
       大学の位置がよく分かりますね。 
d0097427_23433721.jpg

d0097427_23435664.jpg



       河のこちらには、新しい住宅地なども開け、
       鮮やかなアガパンサスの花も、
d0097427_23441219.jpg



       サンタ・クララ修道院
       大学の外の通路から、細長く続く大きな建物が見えたアレですが、
       ミサが終わらずに結局中に入れなかった様な記憶が・・。 
d0097427_23443039.jpg



       という事でバスに乗り込み、斜張橋ライハ・サンタ橋を渡り
       次の予定地であるバターリャ、庶民信仰の篤いファーティマに向かい。
d0097427_23445028.jpg

       う~ん、この辺り、既に2年経ったのに、
       まだ全然整理が出来ていませ~ん、ああ!



       最後は、もう一度河を渡りながらのコインブラの街を
       大学の中庭の向こう、ラテン回廊の入り口も見え、
       それにちょっと掛かる位置に、ジョアン3世の石像も!
d0097427_23451042.jpg


       コインブラの街も、ポルトガルも心に残ります。
       ファドを聞いていると、いつも出てくる言葉
       サウダーデ・saudade は、郷愁、ノスタルジーアと。

       うん、またいつか訪問出来たら良いな・・。
   


     *****     

       水彩ブログに、仕上がったままアップしていなかった作品を
       何点か追加いたしました。
       見てやって下さ~い!
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho/c/745eeaa68cdfea532108ed0bf98f8a48


       いつも有難うございます!  
       こちら本家に
       励まし応援クリックを、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2013-07-06 23:47 | ・スペイン・ポルトガルSpain Po | Comments(6)
2013年 07月 02日

   ・・・ コインブラ、麗しの古都 その1 ・ ポルトガル ・・・

d0097427_6235837.jpg

       先回遥々ポルトガルにやって参りまして、
       素晴らしい青空の写真が多いのに味をしめ、ははは、
       そのまま居座る事に決めまして・・、
       今回はコインブラのご案内を。

       コインブラ・Coimbraと、その名が頭に浮かぶだけで、
       麗しの古都、ポルトガルで一番古い大学のある街、
       イネスとペードロの恋物語、哀愁に満ちたファドの響き、と次々に・・!


       コインブラに到着した夜、仲間と探訪に出かけた夜の散歩
       様子は既にご覧頂きましたが、こちらに
       http://italiashio.exblog.jp/14211463/

       肝心の大学内部の写真が禁止で撮れなかったのと、
       他の写真の数が多く整理するのが億劫で・・、つまりです、
       写真整理は、自分の頭の中の整理でもありますよって。

       ですが漸くに2回に分けてご覧頂こうと頑張りまして、
       まずはコインブラ大学の様子をどうぞ!

       
       トップの写真は、気持ちよく晴れた初夏の朝
       高台にある大学にバスで向かう所。

       ポルトガルのご案内はこちらから。
       http://italiashio.exblog.jp/i40


    
       街の地図をどうぞ
d0097427_62425100.jpg

       10.コインブラ大学  見える図は大学ではありませんで、
        7.旧大聖堂 のもの
        9.新聖堂

       以前の夜散歩で見て頂いたコンサート開催の広場、
       コンメルチョ広場・Praça do Commercio は、
       6.アルコ・ディ・アルメディーナ・Arco de Almedina の左に。



       大学前の広場ポルタ・フェッレーア・Porta Férrea に到着。
       正面に見える門が大学の同名の門、多分鉄門という意味。
d0097427_6245513.jpg

       大変に広い、街で一番の高台にある大学前ですので、
       見晴らしが良かったのですが、広場全体の写真は無しで・・。

       この日は日曜の朝。
       前夜仲間とはぁはぁ石段を上り辿り着いた時には、
       この広場はどんちゃん騒ぎの後で、
       暗い中にゴミが散らかり放題だったのですが、
       日曜の朝、きちんと掃除が済んでおり、
       これには驚いたものでした。

       右側の建物の屋根のとんがりと、色タイルが面白いでしょう?!



       門のアップを
d0097427_6251976.jpg

       この鉄柵は1634年に鋳造された物と言いますが、
       この門をくぐり、大学の内庭に入ります。



       こちらは広場のモザイク柄
       残念ながら、門の前にあった大きな立派なのを半分見逃し・・!
d0097427_6253713.jpg

d0097427_626252.jpg



       門の内側、内庭側からの門の様子
d0097427_6261782.jpg



       内庭の北側と鐘楼
       この建物は法律学部の古くからの物ですが、 
       半円の石段が導く3連のアーチの壮麗な入り口は、
       18世紀に追加されたと。
d0097427_6263125.jpg

       奥に見える塔は大学の象徴とでも言える鐘楼で、
       街のどこからでも見えます。

       3つある鐘の一番有名なのが1733年からのカブラ・Cabra
       ヤギの意ですが、
       塔ができて鐘が取り付けられて以来、
       代々の学生たちにそう呼ばれているのだそう。



       内庭がちょうど工事中で柵で囲われており、
       広い建物全体が上手く収まりませんで、

       こちらは奥に長く続く西側の棟で、
       上部茶色の飾りの見える扉部分が、サン・ミゲール礼拝堂
       Capela de São Miguel の入り口。
d0097427_6265634.jpg



       西側の棟の一番端に見えるのが、かの有名な図書館、
       ジョアニーナ図書館・Biblioteca Joanina.
d0097427_62717100.jpg


     
       屋根の色が変わる位置の上に見えるのは、
       この石像。
d0097427_6274899.jpg

       古くからの大学の学部などを象徴する像でしょうか?
       色タイルの丸い瓦の様子、面白いですね。



       建物に沿って西側に移動した所からの正面の様子
d0097427_628884.jpg

       石段を上り、上の廊下テラス、いわゆるラテン回廊と呼ばれる、
       かってはラテン語しか使えなかった場所との事で、
       皆喜んで記念撮影をしたりしましたが、ははは、




       1階の扉横に、法学部の文字。
d0097427_6283323.jpg



       内庭の南にある石像が、法学部の建物に向かい合っているのが、
       どなたか分からず、半ば意地になって探しまわりまして、ははは、
       はい、漸くに! イェイ!
d0097427_6291648.jpg

       ジョアン3世・João III (1502-1557)
       彼の治世時は、ポルトガルは最高の繁栄期にあったというのですが、
       異端審問を始めた事でも歴史に名を残します。

       で、なぜ彼の像がここにあるのかと言いますと、
       コインブラに創設された大学は、後にリスボンに移されたり
       また戻ったりだったのですが、 1537年彼の命により
       最終的にコインブラに戻ったという功績によるものと。


       コインブラ大学について、ほんのちょっぴりの歴史を。       
       ポルトガルで一番古い大学、と書きましたが、
       創設は1290年の3月、ヨーロッパでの最古の大学の一つとして、
       ポルトガル第6代の王ディニス1世・Dinis I(1261–1325)により。

       大学のそもそもの前身はリスボンにあった様なのですが、
       1354年にコインブラに設置され、その後リスボンとの間で
       行ったり来たり、遂に1537年最終的にこの街に。
       
       そして教授陣の優秀さとも合いまって、
       大学も、街の経済も発展を遂げる事に。
 
       最初の学部は芸術、教会法、市民法、薬学でしたが、
       ・・Artiという学部の訳が芸術で良いのかどうか、
       多分、文学もこれに含まれるかと思うのですが・・。

       現在は8学部に増え、設置場所も大きく3か所に分かれ、
       約22000人の大学生が学ぶ、
       街の人口15万人弱に大きな割合を占める、
       まさに大学生の街、と言えるかも。
       
       学生たちは伝統に従い、黒いマントを纏い、
       それぞれの学部を占める色リボンを付け・・、と有名ですが、
       60年代の独裁政権時代に、治外法権的な役割を果たした
       学生達の家の存在でも有名です。

       コインブラ大学出身の著名人はたくさん居るのですが、
       shinkaiが知る、このブログに関連しては、
       詩人カモンイス、カモイーシュ、ロカ岬に碑が残る、
       正式な記録はないらしいですが、
       当時唯一の大学があったこのコインブラで学んだろう、と。
    
    

       さて、建物のご案内に戻りまして、
 
       こちらは西棟のサン・ミゲール礼拝堂の入り口上部
       1521年の建設で、マヌエル様式と呼ばれる装飾がみられますが、
d0097427_629421.jpg

d0097427_630444.jpg
       

       マヌエル様式というのは、ポルトガル独特の過剰装飾で、
       内庭の石像のジョアン3世の父親マヌエル1世・Manuele(1469-1521)
       の時代に始まった装飾様式で、

       大航海時代により世界各地から様々な情報が集まり、
       新しい物への好奇心も綯い混じり、植民地からの膨大な富を使い
       独特の手の込んだ装飾が好まれ、始まった物で、

       下の写真に見える天球儀もその典型的特徴の一つ。



       これはジョアニーナ図書館の扉上部の大きな紋章で、
       18世紀初期、建設に資金を出したジョアン5世・João V の物。
d0097427_6302959.jpg



       見学時間の為に暫くこの辺りで待ったのですが、
       その時に目に止まった、異様な顔を、ははは、どうぞ。
d0097427_6304659.jpg

d0097427_631457.jpg

       如何にも東南アジア的でしょう?!



       では、大学の図をおさらいに
       打った番号がバラバラになってしまい、すみません。
d0097427_6313633.jpg

       右下の8の鉄の門から内庭に入り、
       1がラテン通路、またはラテン回廊のアーチ、
       9.鐘楼
       5.サン・ミゲール礼拝堂入り口
       6.ジョアニーナ図書館の奥の壁
      
 
      
       館内は写真禁止でしたので、内部のはガイドブックと
       サイトからのでご覧頂く事にし、

       2.決議の大部屋・Sala Grande dos Actos
         または帽子の間・Sala dos Capelos
d0097427_6315651.jpg

       ここは大学の大きな儀式の部屋として使われているそうで、
       壁を飾る肖像画は歴代のポルトガル王、
       その下、壁沿いに並ぶ椅子は教授たちの席。

       中にも入れず、上部を巡る通路から覗くだけでしたが、
       天井部分が大変に特徴あるもので、部屋全体も大変素晴らしく、
       ここは写真を撮れないのが本当に残念でした。



       鐘楼の左側に印の付いた部屋、救急診療所とでも言うのでしょうか、
       ・Sala do Exame Privado
       私的な、と付いているのは、大学内クリニックの意と。
d0097427_6321373.jpg

       ここの天井に1701年に描かれたフレスコ画だそうで、
       壁の上部、帯状に教授陣の肖像画があるそう。



       サン・ミゲール礼拝堂内部、17~18世紀の装飾で、
       これは内部にある素晴らしいオルガンの装飾天使像と。
d0097427_6323210.jpg



       さて、お待たせいたしました。
       コインブラ大学見学の目玉の一つ、ジョアニーナ図書館をどうぞ。

       上記しました様に、18世紀の初めにジョアン5世により
       建設されたバロック様式の豪華絢爛の図書館で、
d0097427_632582.jpg

       最初の写真の一番奥の部屋に見える肖像画がジョアン5世。
d0097427_633183.jpg

d0097427_6333819.jpg
       
       金と高価な木材、異国趣味の装飾で、
       蔵書は30万冊と!
       ですが、現在はほぼ博物館の存在の様子です。


       
       という所で、外の空気、高台からの外の景色をどうぞ!

       内庭のジョアン3世の石像と、
       街の西側を流れるモンデーゴ河・Mondego
       そして背後に見える斜張橋のライハ・サンタ橋・Ponte Rainha Santa
d0097427_6335870.jpg



       こちらは街の下町と対岸を結ぶサンタ・クララ橋
       Ponte de Santa Clara
d0097427_6341349.jpg

       対岸の上方、細長くのびる白い大きな建物が見えますね。
       あれが見学にも行きましたが、サンタ・クララ修道院



       サンタ・クララ橋のすぐ袂部分
d0097427_6344195.jpg
  
     
       大学の儀式の間・帽子の間から外回廊に出て、
       細い通路を通るのですが、
       そこからの眺めがこんな様子で、

       そう、コインブラ大学は街の一番の高台にあるのが
       よくお分かりでしょう?!



       建物の隙間から見えた新聖堂
d0097427_635662.jpg



       大学のすぐ足元、北側の部分。
d0097427_6352141.jpg



       そして、こちらが旧聖堂
       次回にご案内を。
d0097427_6355181.jpg



       外の通路を歩いている時に、ブィ~ン、ブィ~ンと
       これはなんと呼びますか、パラ飛行機?!
       何度も我らの頭の上を通り、皆がわぁ~いと手を振り、
       写した写真を少し大きくしましたら、
       ははは、彼らも手を振っておりましたぁ!
d0097427_636142.jpg


       という青空の写真で、今回のご案内をお終いに。

       今回はちょっとバタバタとしたご案内になったかもですが、
       またの続きをお楽しみに、お願いいたします!!



     *****     

       水彩ブログには、ムラーノ島のビザンティン教会、 途中経過
       アップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho
       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

by italiashiho2 | 2013-07-02 06:38 | ・スペイン・ポルトガルSpain Po | Comments(4)