イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

   ・・・ ジーロ・ディターリア、 オリアーノ村を通過! ・・・

d0097427_64665.jpg

       今日は少しトスカーナを離れまして、
       我が地元ヴェネトは隣村のオリアーノ・Ogliano に!

       というのも、なんとジーロ・ディターリア・Giro d'Italiaが、
       フランスのトゥール・ド・フランスと並ぶ自転車競技のイタリア版
       ジーロ・ディターリアが、隣のオリアーノ村を通過したのであります!

       昨日28日、朝プールに行くのにオリアーノを通りましたら、
       何か横幕がかかり、ピンクの風船が揺れ、
       カーヴの多い道にたくさんのバリケードを作っている最中で、
       何がある?!と思っていましたら、
       プールの仲間から、今日ジーロ・ディターリアが通るんだと
       教えてもらい、それは見にいかにゃぁ!!

       戻りに見たら、カーヴのバリケードではなく、
       競技スポンサーの宣伝幕がずらっと張られており、
       そのままヴィットリオ・ヴェネトまで様子を窺いつつ走り、ははは、
       どこで待ったら、よく見えるか?!を検討。

       サイトで見ると夕方の5時頃オリアーノ通過で、
       この第17日目のゴールはヴィットリオ・ヴェネトなのですね。

       という事で上の写真は、夕方4時頃にオリアーノに来て、
       教会脇の坂道の石垣の上に陣取っての1枚目

       横幕には、オリアーノのアルプス山岳兵が、ジーロにご挨拶


       これが、2014年97回めのジーロ・ディターリア
       17日目の行程図
       オリアーノ村は最後10kの位置に当たり、緑の印を。
d0097427_6463730.jpg

       トレンティーノ・アルト・アディジェのサルノーニコ・Sarnonico、
       この地図の南西のずっと下にガルダ湖あり!を
       12時過ぎに出発の204kmの行程で、
       オリアーノ通過は17時頃予定ですが、グループのスピード差により
       16時47分から17時14分と、30分程の違い予想が。



       3時半過ぎに家を出て車をスコミーゴ村の外れに停め、
       坂道を歩いてのぼり、オリアーノ村の教会前に。

       そうです、いつもスコミーゴ村からの写真でご覧頂いている教会で、
       予想通り、到着した4時には既に近辺は車で埋まり、人もかなり。
       さてどこに場を占めようかと様子を見つつ、
       教会脇の坂道の横の石垣の上に入りこみ・・!

       ははは、生垣が内側にあるのですが、ちょうど隙間があり、
       そろっと生垣を跨いで、幅4~50cmの石垣の上に。
       坂道からは2mほどの高さがあり、
       ちょうどオリアーノ村の外れのカーヴまで
       道路標識によると750mほどが見通せる位置
d0097427_647435.jpg

       が、生垣から枝がたくさん外に伸び、ちょっと邪魔なのですね。
       なので後ろに回って、何本かづつを枝同士で結わえ、ははは、
       私の居場所を阻む枝は折り捨てまして・・、ひひひ。
       証拠隠滅の為、枝の新しい折口は見えない様に生垣に隠し、
       それでも手の届かない場所に伸びた枝が2本ほど! 残念!!

       オリアーノにあるロータリーの標識は隠され、
       棒にはクッションが巻かれておりましたので、
       ジーロの皆さんはまっすぐ通過なんだ、と了解。


       通過予定までまだ1時間あったのですが
       こうして石垣に上ってしまうと、待つしかなく・・!

       ジーロ・ディターリアの公式宣伝車が、何台も何台も通り
d0097427_6473043.jpg

d0097427_6474639.jpg

       グッズを売っているのですが、買えません!
       キット10エウロには、Tシャツ1枚、帽子、リュック、
       拍手用の玩具、腕輪4つ、が入っているんですよぉ!!
       バンダナ、靴下2足も5エウロ!

       そう、ジーロ・ディターリアのシンボル・カラーは
       可愛いピンクちゃんなんで~す!
       トゥール・ド・フランスは黄色ですけど、
       こちら勝者のシャツは、マーリア・ローザ・Maglia rosa
       ・ピンクのシャツ!



       ちょっと傾斜のある石垣の上で、落ちない様に、ははは、
       脚を踏ん張って1時間待ちながら、
       花に集まる目の前の蜂を見つつ、
       刺さんといてやぁ!
d0097427_64812100.jpg



       次々と宣伝車がやって来て、たったの5エウロ!と煽る、
       パトカーが何台もやって来ては通り過ぎていく、
       道路も封鎖されたらしく一般車が通らなくなり・・、
       情報伝達車というのかが通り、「・・は11分遅れ」と。

       何が11分遅れなのかよく聞き取れず・・、

       待ち時間が長い割りにはそう退屈もせずに待つうちに、
       オレンジの旗をはためかせ、「自転車競技始まり」と書いた車が通り
d0097427_6483499.jpg



       4時45、6分頃、先頭グループが!
d0097427_6485797.jpg

d0097427_6491878.jpg



       この5人が先頭グループで、
       黄緑色のステーファノ・ピラッツィ・Stefano Pirazzi にご注目を!
       わぁ~い!!と皆いっせいに拍手、歓声を!
d0097427_6493863.jpg



       続いて、第2陣が通り過ぎ
d0097427_650821.jpg

d0097427_6503245.jpg

d0097427_6505250.jpg



       ヘリコプターも通り過ぎ
d0097427_651878.jpg



       じきに、第3グループもやって来て通り過ぎ
d0097427_651298.jpg

d0097427_6515111.jpg



       shinkai がわぉ~!とちょっと驚いた、
       さすがジーロ・ディターリアだ!!と感心した
       グループの後に続く糧秣部隊、もとえ補給部隊というか、ははは、
       替えの自転車を上に積んだ後続車の数!!
d0097427_652834.jpg

d0097427_6522838.jpg

       明らかに外国ナンバーと見られる車も多く、
       先頭グループで走っていく選手の、グループ数だけ続くわけで・・!
       
       こちらイタリアはさすが自転車競技愛好者が多く、
       一人で、グループで、趣味で、トレーニングで走っているのをよく見かけ、
       ちょっとした競技に出くわす事も珍しくないですから、
       こういう競技者の後に補給車が続く景色には驚きませんが、
       いやぁ、さすが国際競技となると凄いもんだ!

       ヴェネト一周自転車競技
       http://italiashio.exblog.jp/7884302/


       そういう国内最高競技、国際競技にしては、ははは、
       このオリアーノのロータリー前の人数は、ささやかですよね?!
       ですがぁ、これがイタリア!なのです!!

       一見ささやかな人数ですけど、ずっと途絶えることなく、
       ドロミーティーの高山の上までも、場所によっては
       そういう場所ほど、たくさんのファンが集まり待っているのですね。

       お昼前、プール帰りにヴィットリオ・ヴェネトの手前まで行きましたが、
       その道沿いには既にちゃんと各家ごとに飾りつけがされ、
       既に木陰で一杯やりながら待っている人たちがおり・・。
       なぜゴール地点に行かなかったかというと、
       選手を見れない程の凄い人出だと知ってますもん!

       今年で97回目の開催で、過去には名の残る
       たくさんの名選手、競技者の出たジーロ・ディターリア

       かって一度、20年も前でしょうか、
       トゥレヴィーゾで出会ったことがありましたが、
       その時はクロノメーターといい、個人毎に走っての競技の日で、
       実際に走るのを見るのは、今回が初めて!
       以前はずっと中継を見ていた事もありますが、
       さて、この道を走ってくれるのは、次回はいつ?!なのですね。

       この肩車してもらっているチビちゃんも
       ピンク色の一式を買って貰って見た
       この日のことを覚えていると良いなぁ!
d0097427_65318.jpg



       間に一人通り過ぎましたが、
d0097427_6532052.jpg



       その後かなりの間が開き

       ・・後で知ったニュースによると、
       最初のグループで通って行ったのは26人で、
       後続の大部隊は15分ほども遅れていたのだとか。


       あ、ヘリコプターだ!
       いよいよ、来るぞぉ!!
d0097427_6534762.jpg

       なんとなしに、戦争映画の1シーンみたいでしょ?! ははは。



       ほら、カーヴを曲がって出た!
d0097427_654746.jpg



       来た、来たぁ!!
       わぉ~、凄い数だぁ!!
d0097427_6542750.jpg

d0097427_6544953.jpg

       そこのおじさ~ん、早く退いてぇ~!!
d0097427_655228.jpg


       カーヴを大蛇のようにうねって続く自転車の長い列
       これがTV中継で見るときにも、醍醐味なんですよね!

       やっぱりローターリーで曲がらぬよう、指示してる!



       わぁ~~い!! きたぁ!!
d0097427_6561849.jpg



       あ、マーリア・ローザだ!
       そうか、このグループなのね。
d0097427_6565181.jpg

d0097427_6571172.jpg


       自転車競技は、まれに個人参加もあるようですが、
       本質はグループでの参加競技で、
       勝つ為の緻密な計画が練られ、勝利者を守る為にも
       様々な駆け引きが行われる様子。
       こうして前後を守られて進むマーリア・ローザを見て、
       競技のルールを思い出し、納得した私です。

d0097427_6574377.jpg

d0097427_658439.jpg

d0097427_6582816.jpg


       何枚もの写真を省略しましたが、
       今回まだ競技続行中の選手は、29日の時点で159人!
       今迄に、途中で棄権している選手は多分39人という、
       21日間に渡る過酷なレースなのです。

       5月9日アイルランドのベルファーストから始まり
       3日間の競技の後イタリアの南に飛び、そこから北上し、
       21日間の日程の後、間に3回休日を挟み、
       6月1日のトリエステが終点

       こちらに今回のレースの日程
       毎日のレースの標高差も見れます。
       http://www.gazzetta.it/Giroditalia/2014/it/percorso-tappe/index.shtml


       この2人が最後尾で、またまた長~い後続部隊!!
d0097427_6591098.jpg

d0097427_6595026.jpg

d0097427_70133.jpg

d0097427_703675.jpg




       救急車も続き
d0097427_71652.jpg



       自転車競技終わり、の車が通り
d0097427_713259.jpg

       後にパトカーと何台かが続きましたが・・、



       やれぇ、おわったぁ! と皆ぞろぞろ引き上げ
       雨がパラつきだした中を、私めも家に。
d0097427_715519.jpg
       

       今日あれこれサイトを見ておりましたら、
       昨日の競技で優勝した、先頭グループの緑色
       ステーファノ・ピラッツィのヴィデオもありまして、
       http://www.gazzetta.it/Giroditalia/2014/it/28-05-2014/giro-italia-sarnonico-vittorio-veneto-vince-pirazzi-dicassettesima-tappa-80779204744.shtml
       ゴールした後、両腕を使ってして見せたジェスチャー
       お分かりになりました?!

       あれは良い子がしてはいけない仕草でして、ははは、
       あれで彼は200スイス・フランの罰金を喰らい、大泣きしたと。
       後で、5年間の鬱憤があったとインタヴューで詫びたそうですが・・!
       
       今日29日の行程はドロミーティ山中のコースで
       コロンビアから単独参加の選手が優勝したと、ありました。
       ですがまだ通算でのトップ、マリーア・ローザは昨日のまま、
       クインターナという選手だそう、 ・・よく知らず。

       多くの逸話と、数々の名選手を輩出するジーロ・ディターリア
       図らずも今回すぐ近くで見れて、やはり幸せ!

       ささやかなロータリーの前を、自転車の大行列が練ってゆく、
       これもイタリアのお洒落の一つでしょう?! ははは。


     *****

       ◆ 雑誌掲載のお知らせ ◆

       暫く前に、雑誌編集事務所よりお知らせを頂き、
       以前載せた「寒い冬の日、熱いラザーニャはいかが?」のレシピを、       
       新しく出る「はじめての西洋野菜の手帖」に掲載をと。
d0097427_722421.jpg

       レシピの元になるイタリアのブログにも連絡をしOKを貰い、
       今回、ラディッキオの項に掲載され、6月3日に発売との事。

       アマゾンからも購入できるそうですので
       料理自慢の方、新しい西洋野菜のレシピに挑戦したい方
       ぜひご購入下さいね!


     *****

       水彩ブログには、アッシジの夕暮れ  漸くに気持ちが定まり
       をアップしております。
       見てやってくださ~い!       
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho


     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

         

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     


       

by italiashiho2 | 2014-05-30 07:08 | ・スコミーゴ村の四季 | Comments(14)
2014年 05月 25日

   ・・・ 花のピエンツァ点描 ・ 再訪できた喜び! ・・・

d0097427_032564.jpg

       6年ぶりに訪れたトスカーナはヴァル・ドルチャの
       町と風景紀行を、先回「まず恒例の旨いもの!」から始めましたら、
       友人から「高齢の食べ物ね」と来まして・・、ははは。
       ええまぁ、間違いではないですがぁ、 ・・インプットしたからねぇ!
       世間の冷たい目にめげぬよう懸命に、はは、
       今回は再発見の想いのあったピエンツァ・Pienzaのご案内を。

       世界遺産指定、ピオ2世の理想の町、として余りにも有名ですが、
       タイトルを、花のピエンツァ点描、としましたのは、
       ちょうど「ピエンツァと花」という催しの最中に行き合わせ、
       ドゥオーモ前に花壇が作られていた事からもですが、
       イタリアの他の町同様に、各家、建物の前の花鉢が美しく、
       古い石壁の前の緑の美しさに、改めて魅かれましたので・・。

       トップの写真は、町の南側の市壁内の道とドゥオーモの鐘楼

       お天気、時間帯の違う時に訪れた写真を混ぜてご覧頂きますが、
       写真や内容はなるべく先回とダブらないようにしますので、
       宜しかったら前のご案内もご覧下さいね。
       http://italiashio.exblog.jp/9546668/


       さてこちらは町の西のムレッロ門・Porta al Murello.
       (プラート門・Porta al Pratoと書いてあるのもあり)
       ちょっとシンプルに見えるのは、現在のこの門は第2次大戦時に爆撃され、
       後に修復したものなのと。
d0097427_0332595.jpg

       町の門と書きましたが、我々が訪問する古くからの町の一廓は
       現在の町の広がりのほぼ5分の一程でしょうか、
       東南の隅に当たる、とお考え下さいね。



       門を抜けた所が広場になっていて、スーヴェニール店や
       土地の物産展があり、鉢植えの、これはツツジかな。
d0097427_034490.jpg

d0097427_0342578.jpg



       門から続く町の中央通りがコルソ・ロッセリーノ・Corso Rossellinnoで、
       右手に13世紀末のサン・フランチェスコ教会があり、
       こんな店先を眺めながら先に進むと、
d0097427_0345583.jpg



       町の中心のピオ2世広場・Piazza Pio II
       自分の生まれたコルシニャーノ・Corsignanoと呼ばれていたこの村を、
       15世紀、ルネッサンス期の都会風にすべく奮闘した
       教皇ピオ2世の名が冠された広場。
d0097427_03516100.jpg

       町外れに古い教会があり、彼が洗礼を受けた盤がありましたので、
       教会のご案内の時に見て頂きますね。

       左手が現市役所のある1階がロッジャになった建物で、
       正面がディオチェザーノ博物館・Museo diocesanoの置かれた
       ヴェスコヴィーレ邸・Palazzo Vescovile
       右に切れるのが、



       ドゥオーモのサンタ・マリーア・アッスンタ
       Cattedrale di Santa Maria Assunta.
d0097427_0353758.jpg



       ドゥオーモ側からの、コムーネの建物と時計塔の眺め。
d0097427_0355656.jpg



       広場の花壇が良く見えないのが残念ですが・・、
       これは別の日に、よいしょ!と建物の壁のベンチに上ってのもの。
       少しはマシでしょう?!
d0097427_0361525.jpg



       こちらが「ピエンツァと花」のポスターで、
       5月1日から11日まで開催で、10・11日にはお花の市も。
d0097427_0363072.jpg



       ヴェスコヴィーレ邸の壁のベンチ。shinkaiが上った場所で、はは、
       向かい側のピッコローミニ邸・Palazzo Piccolominiにも、
       こんな石のベンチが壁に沿って作られていて、観光客が良く利用を。
d0097427_0364983.jpg



       こちらは広場の西側を占めるピッコローミニ邸の壁ですが、
       今回町中の壁のあちこちで目に付いた角の形の花篭
       花はペチュニアの赤紫と白で、古い町の壁に趣を添えておりました。
d0097427_0371037.jpg



       市役所の建物の2階に、ほら、カメラを構えた人物が見えますか?
d0097427_0373188.jpg



       これはヴィデオ用のカメラですね。
       花のお祭りの始まった2日目の朝でしたので、取材かも
       おお、美人ではないですかぁ!
d0097427_0375038.jpg



       1階のロッジャには、この町の名を高める元となったピオ2世、
       本名エネーア・シルヴィオ・ピッコローミニ・Enea Silvio Piccolomini
       (1405-1464)の生誕500年記念の碑と、
d0097427_0381185.jpg

       ・・あんたぁ、あたいのシジスモンドを苛めてからにぃ!! きゃは。

       リミニの狼、シジスモンドとの確執は
       http://italiashio.exblog.jp/20430986/


       歴史に名の残る教皇はたくさんおられ、その個性の豊かさに
       ちょっと読むだけでも大いに愉しめる方も多いのですが、
       ・・いや、余りにも真面目一方では、教皇職というものは
       なかなか勤まらない様でして・・、ははは。
       
       それにしてもこの有名なピオ2世について、
       今回ざっと読んでみると、真に稀有な幸運な人生を送られた方の様子。
       教皇になられるほどだから、ずっと宗教界で活躍したと
       思い込んでおりましたが、そうではないのですね。

       シエナとフィレンツェの大学で学び、シエナで教職に就いていたのを
       26歳の時にマルケ州フェルモ・Fermoの大司教の秘書となります。
       後あちこち職を変えつつ、神聖ローマ皇帝とローマ教皇との仲介役、
       優秀な外交官として手腕を発揮し、
       遂に51歳の時に司教に任命。

       その2年後教皇カッリスト3世・Callisto IIIが亡くなり、
       有力候補と見られていた司教が、フランス人である事、
       性格にちょっと問題がある事、他に有力な候補が居なかった事
       などなどから、
       ひそかに運動を展開していた、雄弁術に長け活力に満ちた
       彼が第210代の教皇に選出されます。
       
       つまりずっと世俗で活躍した後、司教になって僅か3年
       53歳でカトリック教会の最頂点に上った、という事に。

       人生を、自然に導かれるままに進みつつ、
       一歩進む毎に常に新しいより良い仕事に就き、
       それを見事に果たしつつまたより高く、という、
       こなすだけの才能実力があったとはいえ、まさに稀有な人生ですよね。

       53歳で教皇にというのは大変若い、と言えるほどですが、
       僅か6年の在位で、自分が創ったこの町を楽しむ余裕も少しのみで、
       対トルコの十字軍派遣を夢見つつ、
       船出予定であった港町アンコーナで亡くなっています。

       この時代に十字軍派遣に熱狂的となり、各国からかなり皮肉な
       冷たい反応を受けたにも関わらず、
       アンコーナで到着する筈の船を2ヶ月間も待ち続け、
       遂にヴェネツィア共和国の艦隊の到着を窓から見届けた2日後、
       息を引き取ったと・・!
       
       自分が就いた地位に相応しく己を律し、優秀な教会の長であるべく、
       それも多分、歴代の長でも最優秀であるべくと考えたに違いなく、
       その為にはかなり熱狂して、自分の地位権力を利用して
       職務遂行に励んだ人柄だったのかも・・。

       宗教観念に凝り固まり、あのシジスモンド・パンドルフォ・
       マラテスタに対する激しい追い討ちも、
       彼の立場では、許せない!と熱狂的に憎んだのかも。
       
       まだ俗界の39歳の時に書いた情熱的な愛情と悲劇と
       エロチックな物語という「エウリアーロとルクレツィア」とか、
       他にもいくつもの著作もある人文主義者の教皇という評ですが、
       今回初めてという感じで彼の生涯を知り、
       ちょっと意外な感じを受けた事は否めません。
    
       このピオ2世の跡をパオロ2世が継ぎ、
       ピオ2世の下で大の協力者であったロドリーゴ・ボルジャが、
       教皇アレッサンドロ6世・Alessandro VIとして、その後に続きます。
      
       ドゥオーモ前広場のヴェスコヴィーレ邸はボルジャ邸とも呼び、
       あのボルジャかなと調べたのですが、まさにそうなのでした。
       ピオ2世からロドリーゴ・ボルジャ司教に贈られたのだそうで、
       この2人は同い年であった事も知りました。 

       

       さて再び現市役所の一階のロッジャに戻りまして、

       こちらはピオ2世に町の設計建設を任された
       ベルナルド・ロッセリーノ・Bernardo Rossellino. 
d0097427_0383566.jpg

       本名が碑に見えるよう、ベルナルド・ガンバレッリ・
       ダ・セッティニャーノ・da Settignanoで、

       フィレンツェ近郊のセッティニャーノ村ですが、
       その村出身のデジデーリオ・ダ・セッティニャーノという
       ベルナルドとも近しい関係にあった彫刻家の事、

       そしてその実の弟かも知れないポルトガルの司教は、
       ピオ2世の十字軍に従軍すべくフィレンツェまで来て亡くなり、
       サン・ミニアート・アル・モンテ聖堂に埋葬、
       とまたまた話は広がるのですが・・、

       お暇な方はこちらを。    
       http://italiashio.exblog.jp/10764828/
       http://italiashio.exblog.jp/10782262/
       http://italiashio.exblog.jp/10782235/
       
       も一つお暇な方は、いや、向学心に満ちた方は、ははは、こちらも。
       http://italiashio.exblog.jp/19064402/



       では、町中、通り、花鉢の様子などをあれこれ・・
d0097427_039062.jpg

d0097427_0392351.jpg

d0097427_0394472.jpg

d0097427_040813.jpg

d0097427_0403565.jpg

d0097427_041375.jpg



       市壁の道に出ますと、遠くまでの見晴らしが良く
       広がる緑の野の素晴らしさ!!
d0097427_0413612.jpg

d0097427_0415381.jpg

       緑の野はいずれまた、これでもか!というほどお見せ致しますので、
       ははは、今回はこの2枚のみで。
      
       上の写真の一番奥、小高い山の上に塔が見えますね。
       あの特徴ある山と塔は、ラディコーファニ・Radicofani の城ですが、
       同じヴァル・ドルチャにあるとはいえ、今回何処からも
       この山と塔の姿が見えるのに、改めて感嘆致しましたっけ。

       ラディコーファニのご案内
       http://italiashio.exblog.jp/9701524/


       小さな町の中を往ったり来たり、コルソ・ロッセリーノの
       北側に広がる裏通りを、気持ちよくさまよいます。

       ここはカーゼ・ヌオーヴェと呼ばれる15世紀の
       市営住宅ですが、勿論現在は修復され小奇麗な住宅に。
d0097427_0421598.jpg



       脇の庭に入り込むと、赤い可愛い三輪車
d0097427_0424846.jpg



       お、ピエンツァに狸!
       ・・いや、茶の猫ちゃんがそろっと登場、
d0097427_0431543.jpg



       そろっと前に座り・・
       あんた、そんな厳しい目つきをしてからにぃ・・、
       あぁ、耳にパンチを入れられてるやん!
       やり返してやったかぁ?!
d0097427_0434161.jpg



       ・・うんにゃぁ、でも、ごろんごろんできるよん。
       じゃぁ、撫でてあげるけんね。
d0097427_044018.jpg



       同じ宿に泊まり、朝食の時顔を知った人が、
       こんな小さな水溜りの前で傑作を狙うのに行き会い、ははは。
       一つ手前の角からは、もう一人が笑いながら手を振り・・。
d0097427_0443360.jpg



       朝の光線はドラマチックな影を創って見せますが、
       あっという間に形が変わって行きます。
d0097427_0445552.jpg

d0097427_0451484.jpg

d0097427_0453784.jpg



       裏通りから見る中央通り
       早くも観光客が押しかけ始めているのが見え、
       ・・では私めは退散を。
d0097427_0455510.jpg



 
     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます!

       暫く前から写真をL版サイズで撮っておりますが、
       ブログ掲載の為に縮小したり、サインを入れると、
       ここ最近のブログの写真がどうも以前に比べて、
       逆にすっきりしない印象と結果で、もやもや・・!

       今日やっとあれこれ縮小の仕方を試し、
       結局2段階で縮小、サイン入れにして見たのですが、
       これで漸くそう酷くないと思うのですが、どんなでしょう?

       そして、写真集出すわけでもないしという横着さから、
       JPEG保存で簡単にパシャパシャやっておりますが、
       これも今回のトスカーナの緑色の出方で少々反省し、
       ジョヴァンニや先生のミケーレからも言われていた通り、
       やはりRAWにした方が良さそう・・、なんぞとも。

       あれこれ問題が出て、懲りないと分らない無知馬鹿は、
       漸くに写真の基礎も学ばないと、と考え始めておりましてぇ、
       ・・何年カメラに触っているんだよぉ、お前はぁ、
       昨夜もカメラの使用説明書を広げておりましたが、
       日本語で説明されても飲み込めないのが、なにせイタリア語・・、
       ははは、さて、どの程度頭に入りますものやら・・!

       が、遅くとも無いよりはまし
       のイタリアの格言に従い頑張りま~す。


     *****

       水彩ブログは、今回パスさせて頂きま~す。       
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho


     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

         

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     


       

by italiashiho2 | 2014-05-25 00:51 | ・トスカーナ州 | Comments(11)
2014年 05月 20日

   ・・・ トスカーナで食べた旨いもの! ・・菜食なれど ・・・

       皆さん、こんにちは!
       また今日からブログを再開させて頂きます。
       どうぞよろしくお願いいたします!

d0097427_0245942.jpg

       ええとまずは、今回のトスカーナ旅行で食べて来た旨いもの
       なのですけどぉぉ・・、
       私は肉を食べないので、美味しいワインと肉で有名な 
       トスカーナに行くと、逆に選択の幅が非常に狭くなりまして・・!
       本人は美味しい赤ワインも飲み、一応満足して戻ったのですが、
       写真を並べてみますと、ははは、やはり限定版式みたいで・・。
       まぁ、その辺りをお含みの上、見てやって下さいね。
       最後には、おまけをつけますけん!

       上は、旅行2日目のお昼を食べたカステルムーツィオの町の
       ロカンダ・ディ・カザルムスティア・Locanda di CasalMustia
       という、中心では1軒のみの、バール兼レストラン兼宿の建物。
       夏にはこちら側のテラス席も開くと思うのですが、
       今は右脇の扉から入り、2階がレストランに。

       それにしても、重々しい建物でしょう?!
       町の中心広場に面した、かってはさぞ名のある建物だったのでしょうが、
       ちょっと調べてみましたが、何も分りませんでした。

      
       で、食べたものはこちら、
       リボッリータ・ribbollitaと野菜サラダ
d0097427_0253030.jpg
      
       リボッリータは野菜スープで、隣に見えるこんがり焼いたパンを
       ちぎって入れて食べ、なかなか美味しかった。


       今回の旅の初日は朝6時半に出発、フィレンツェ・インプルニータまで
       高速で行き、そこから連結しているシエナ行きの県道に。
       この県道が6年前もかなりガタの来た道だったのですが、
       この春の大雨でさらに酷くなっており、
       片側2車線が1車線に寄せられるのは何度も!
       時に路肩が落ちていて通れず、反対車線の片方に入り込んだりで混み、
       予定よりも40分以上も遅れてシエナのクレーターの入り口に。

       祭日でしたし時間も取りたくなく、開いていたバールで
       ジュースとサンドイッチのお昼を。
       到着したピエンツァの宿でちょっと休み、夕暮れの町の写真を撮り、
       レストランを覗くともうどこもかしこも満員で断られ・・!
       雨もぱらつき始め、お持ち帰りのピッツァとビールで、ははは、
       旅の最初の宿での食事だったのですね。

       さて同様に2泊目のモンティージでの、夜の食事の写真も無し。
       雨が降り出し、宿の隣のピッツェリーア兼トラットリーアに行き、
       今回の旅の最初のピーチ・pici・トスカーナ南部やウンブリアの
       太いパスタ、の茸のクリーム・ソースとサラダを食べたと。



       さてモンテプルチャーノの市役所の建物と三日月
       サイトでは見た点灯された広場がありませんで、夏だけかな、
       ドゥオーモも市役所も暗く沈んでおりました。
d0097427_0254922.jpg



       広場の一角のこの店で、夜を一度食べまして、
d0097427_026519.jpg



       内部はこんな感じ
       早めに出かけ、まだ誰もいないと料理待ちに写します。
d0097427_0262153.jpg

d0097427_0263891.jpg



       アンティパストに、ペコリーノ・羊のチーズに蜂蜜と胡桃を乗せ
       オーブンでチーズを溶かせたもの
d0097427_0265196.jpg

       生のペコリーノに蜂蜜をかけて食べると美味しいですし、
       溶けるチーズを焼いたのも何度も食べていますが、
       う~~ん、初めてメニューに見たので頼んだのですが、
       デザート以外に甘いのは、私にはあまり、でしたね。
       美味しいのは美味しかったですがぁ・・。



       ピーチのアリオーネ・ソース・pici all'aglione
d0097427_027118.jpg
       
       何度かピーチのトマト・ソースをウンブリアで食べているのですが、
       今回始めてお目にかかったアリオーネというメニューで、
        何、これ? 
        ニンニクの入ったトマト・ソースです、シニョーラ。美味しいです!
       うん、美味しかった!
       ピリッと辛い、ニンニクの入ったトマト・ソースですね。
       まぁね、トマト・ソースのパスタはいつも美味しいもんね、ははは。



       デザートの位置に、はは、何か煮野菜を、と言いましたら、
       カポナータ・ラタトゥイユを持って来てくれまして、満腹!
d0097427_0273012.jpg



       翌日のお昼は、街の通りがかりの店で、
       下側に見える黄色いテーブルクロスの店で、 
d0097427_0274882.jpg



       中はこんな感じでして、
d0097427_028463.jpg



       今回ここで初めてお昼にワインを1杯
       ブルネッロ5エウロを見つけて飲みました。
       う~ん、ここの5エウロは美味しかった!
d0097427_028185.jpg

       他の店でもブルネッロを2回かな、6~8エウロを飲みましたが、
       やはりブルネッロ・Brunelloは美味しゅうございますねぇ、はい!!



       食べましたのは、リボッリートと小タマネギの甘酢漬け
       リボッリートは、最初のカステルムーツィオの方が美味しかった。
d0097427_0284623.jpg


       もう一度のお昼は、最初の夜の店の隣のバール兼で、
       ポルチーニのパスタを食べた記憶・・。


       夜は冷え込み風が強く、手っ取り早く安く済ませようと、はは、
       ドゥオーモの横にある穴倉みたいな店に行き、
       フェットチーネ・幅広パスタのポルチーニ・ソース
       野菜のグリル、赤ワイン
       ははは、如何にも、家で適当に食べてる感じでしょう?!
d0097427_030844.jpg
       
       ワインの入ったこういうごついコップ、
       つまりワイン・グラスと呼ぶ脚のついた高いグラスでないのが、
       こちらイタリアでは、はぁ、オステリーア等で出て来るのですが、
       我が家もいつもこれ式で飲んでおりまして、
       先日友人達との食事会でもついこれを出してしまいまして・・、ははは。



       モンテプルチャーノから再度ピエンツァに寄り、
       お天気の良いお昼を、正面に見える小さな店で食べました。
       この写真は、別のチャンスの朝の写真。
d0097427_0302718.jpg



       外の広場に椅子とテーブルが出ていて、
       見える白シャツが主人兼ウェイターですが、
d0097427_0304669.jpg

       ほら、もう中年でしょう?
       が店の女の子はラガッツォ・少年、青年と呼んでおりまして、ははは、
       私が食べている時彼の友人が来て、それを聞き、
        ラガッツォ?! はは、もうオッサンの年寄りだぜ!
       同じ事を思っていたshinkaiは、ついクスッと、ははは。



       ハムやソーセージの盛り合わせのみの簡単スナックの店でして、
       それ以外にはこのトマトとモッツァレッラのカプレーゼ・サラダだけ。
       でも、これが本当に美味しかったのですよ!
d0097427_031459.jpg

       トマトが美味しいとこんなに美味しいのか、と思うほどで、
       夏の暑い日にこれを、今年は家で食べよう!



       サン・クイリコ・ドルチャの夜、サン・フランチェスコ教会前
       広場の左端に見える街灯の隣の窓、あそこが宿の部屋でした。
d0097427_0312447.jpg



       またまた同じ品で済みませんです、ははは、
       ピーチのアリオーネと、野菜のグリルで~す。
       ここのワインは、モンタルチーノの赤。
d0097427_0314148.jpg

       テーブル・クロスが如何にもの凄さでしょう?!
       町は小さいのですけど、中世からの巡礼達が通った
       古い歴史の名残を感じさせますね。



       こちらは2日目の夜で、前夜よりちょっと高級な店でして・・!
       いや、狙ったのではなく、考えていた店がお休みだったので、
       その先に見えた明かりに釣られ、アル・ベッキオ・フォルノ
       ・Al Vecchio Fornoというトラットリーアに。

       雰囲気も大変良く、こんな様子で、
d0097427_032093.jpg

d0097427_0321756.jpg

       カメリエーレ・ウェイター達も滑るように歩き、はは、
       上にも席があるようで、予約した客達が次々と。

       下の写真左に見える塔ですが、何処のかと聞くと、
       このサン・クイリコの町に15世紀の庭園があるのですが、
       その奥にあったのが、第2次大戦かな、爆撃でやられたのだそう。
       もったいない!



       ワインの瓶の口についているガラス製の円錐球というのか、
       ボケ写真ですみません、今回始めて見たもの。
d0097427_0324098.jpg

       普通グラス・ワインを頼むと、グラスに適当に注いでくれるので、
       本当に量は正しいのかいなと、ははは、心配になるのですが、
       この店ではこれを使っておりまして。
       つまり瓶を傾けると、まずこのガラスの円形三角に入りまして、
       それが一杯になった所で、横に出ている注ぎ口から
       グラスに注いでくれるという・・。

       ここでもブルネッロを頼みましたが、美味しいので、
       へへへ、都合2杯飲みましたです。
       そう、1本の値段を見ると20エウロ位からもありますが、
       70,80のもたくさん見えますのでね、
       家での様に、大きなコップになみなみと2杯、とは行きかねまする、はぁ。



       席の隣の壁に大きな黒板があり、カンティーナへのお勧めとか
       色々書いてあったのですが、隅にあった散文調がちょっと面白く・・。
d0097427_0325844.jpg

         静寂の中の夢、
         かっての香りと味わいと同じ
         落ち着いた、何世紀ものオリーヴの樹の陰の
         歴史の中で目覚める。
         心の居場所、魂の避難所。



       飲み物が最初に出てきますが、付いてきたパンも良かった
       如何にも自家製と分るグリッシーニとオリーガノの入ったフォッカッチャ。
       そう、これだけでワインが進みますぅ!
d0097427_0332894.jpg



       カボチャの花の中に、リコッタ・チーズと野菜の入った揚げ物
d0097427_0335342.jpg



       これも野菜の詰め物の入ったパスタ
d0097427_0341223.jpg

       向こうの客にカルチョッフィが運ばれたのを見て、
       ああ、しもたぁ! あれを頼むんだったぁ!!
       そうなんですよねぇ、この季節はカルチョッフィが美味しいのにねぇ!!

       どちらもかなりコッテリでしたので、進められたデザートも入らず・・。

       このトラットリーアのサイトはこちらに。
       https://www.google.it/maps/preview/uv?hl=it&pb=!1s0x132965e5e938a7c3:0x19ee0d77650ae6a4!2m5!2m2!1i80!2i80!3m1!2i100!3m1!7e1!4shttp://www.panoramio.com/photo/54447439!5ssan+quirico+d%27orcia+ristorante+al+vecchio+forno+-+Cerca+con+Google&sa=X&ei=afZ5U6KFNaHO0AXq54BQ&ved=0CJkBEKIqMAs



       こちらは、このサン・クイリコの町の街道筋のガソリン・スタンド兼
       バール・トラットリーア兼宿で食べたお昼。
       ピーチに黒タルトゥーフォ5g、というもの、ははは。
       う~ん、でもまぁ、美味しいとは言えませんでしたねぇ。
d0097427_0343582.jpg

       shinkaiが食べたタルトゥーフォの中での最高は、
       スポレートのドゥオーモを見ながらのテラス席。
       いや、眺めがというのではなく、初めてタルトゥーフォというのは
       本当に美味しいものなのなんだと知ったリゾット。
       だから、真にお高いもの以外は当たり外れがある、というよりも、
       外れの方が多いのかもね・・!
       
       様子はこちらに
       http://italiashio.exblog.jp/12237173/



       モンタルチーノの町のロッジャの眺めですが、
d0097427_0345235.jpg


       この通りの右手に、ワインとチーズの味見を兼ねた店が並んでいて、



       勿論ハム・ソーセージの盛り合わせもあったのですが、
       ペコリーノ・チーズ8種の味見盛り合わせと
       お勧めのブルネッロを1杯やりました。
d0097427_0351070.jpg

       若い熟成、かなりの熟成、粒胡椒の入ったもの、
       ルーコラの入ったもの、胡桃入り、チョコレート入りなどなどで、
       右上に見えるのは、
       オレンジ・ジャムと蜂蜜、黒く見えるのがイチジクのジャムで、
       このイチジクのジャムが舌にピリッと来る美味しいものでしたね。

       ペコリーノ・チーズのどれもそれぞれに美味しく、
       若い熟成、長い熟成、粒胡椒入り、胡桃入り等が気に入りましたが、
       ですが、まぁさか、これ一皿全部を平らげたとは思われませんよね?!
       勿論無理で、お持ち帰りに詰めてもらい、
       お口直しにトマトのサラダを頼みました。

       ですがぁ、チーズの盛り合わせでは、サン・レオで食べた
       フォッサ・チーズが加わったあの熟成ものには敵いませんねぇ!!

       お勧めのブルネッロは、あまり高くないのを、と言いましたら、ははは、
       Pininoの2009年、という札のついたグラスが来ました。

       今サイトを見ると、ここのは2006年のが良いようで、
       1本74.19エウロもしますねぇ!
       http://www.snooth.com/wine/pinino-brunello-di-montalcino-2006-2/
       私の宿代よりもずっとお高いやん!! ははは。

       サン・レオの旨いチーズは 
       http://italiashio.exblog.jp/12301962/


       旅の最後の夜、モンタルチーノの夕ご飯は、
       宿で教えてもらった近くのトラットリーア。

       隅の席に座りましたが、私に背を向けて細身の若い男性が
       ピーチを食べていたと思いなせえ。
       壁上にこんなお城の写真があり、要塞からあちこち撮った中に
       写っている位置かと思い、シニョーラに聞きますと、知らないと。
d0097427_0383233.jpg

       すると前の席の若者が振り返り、写真をちらっと見るのですね。
       で、料理と料理の待ちの間に振り返り、
         シニョーラ、あの城はモンタルチーノから
         8kほど離れているし、見えません。
         城はホテルになっていて、実は僕はそこのレセプションで
         働いているのです、というより、昨日から働いているのです、と。
         修復されて、まるで博物館みたいなホテルですよ。
         お高いのでしょうね、一泊幾らくらい?
         さぁ、よく知りませんが、400~500かな。
         わぉ、私向きではないですねぇ!

       などと話したのですが、きっときちんとホテル学校を出て、
       良い仕事に就けて嬉しかったのでしょうね。
       彼は大きな肉の皿を片付けて先に出て行きましたが、
         シニョーラ、アリヴェデルチ!  
         ブオンラヴォーロ!  良いお仕事を!
         グラーツィエ!

d0097427_039764.jpg
       
       先ほどサイトを見ましたが、モンタルチーノから20kの距離。
       あの若者は、多分他の町からやって来たのでしょう。
       バンフィ・Banfiというワイン・メーカーでもあり
       素晴らしいお部屋の写真も見れました。   
       http://castellobanfiilborgo.com/it/home/



       私の食べたのは、嬉しいぃ、やっと茸のスープがあり!
d0097427_0392931.jpg



       ははは、またまたピーチのアリオーネ!
d0097427_0394869.jpg

       だって、アリオーネ以外は大概ラグー・ミートソースになるんですもん。


       そしてまたもや、野菜のグリル、ははは。
d0097427_0405031.jpg


       余談ですが、ピーチ・pici は
       モンタルチーノではピンチ・pinci と呼ぶ事を知りました。

       今回何度か食べているうちに、これは少し長めに茹でて、
       普通に食べるのにも22~23分とある硬めのパスタですが、
       醤油味で煮込み饂飩風に食べたら美味しそう!と思いつき、
       一袋買って戻り、2度ほど試しましたが行けます!

       そうそう、アリオーネ・ソースの作り方は
       生のニンニクを潰して弱火でじわじわと煮て、
       トマト・ソースを加えるのをサイトで見ましたが、

       材料を混ぜたのを袋入りでも売っており、
       お味は、トマト・ソースに、アーリオ・エ・オーリオの
       唐辛子にニンニクを加えたもの、と。
       ニンニクはかなり大目です、お試しあれ!



       てな事で、菜食者の食い物ばかりをお見せしましたので、
       最後にオマケを!

       トスカーナに行きますと、はぁ、他の土地でもですが、
       こんなハムやソーセージの盛りの一皿や
d0097427_041154.jpg



       これはチーズも付いておりますねぇ
d0097427_0413371.jpg



       そして、そして、こんなお肉! 
       ビステッカのでかいのが、皆さんのお出でをお待ちしておりますよぉ!
d0097427_0415747.jpg

d0097427_0421627.jpg




     *****


       水彩ブログには、アーゾロの忘れられた自転車と、ムラーノの夏の朝
       アップしております。
       見てやってくださ~い!       
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho


     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

         

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     

by italiashiho2 | 2014-05-20 00:44 | ・旨いもの! | Comments(20)
2014年 05月 10日

   ・・・ トスカーナより、無事戻りました! ちょっぴり総集編 ・・・

d0097427_23393039.jpg

       皆さん、お久し振りです!
       木曜の夕方、トスカーナはヴァル・ドルチャの旅から
       無事、満足して戻って参りました。

       雨の日も曇り日もあったのですが、
       結果として日焼けして戻りましたので、ははは、
       8日間の旅は上出来だったと思います。

       現在ブログはお休み中なのですが、
       余りにもたくさんの町の姿、美しい風景を見、
       写真も数えましたら4250枚も撮っておりまして!
       少しでも頭の中を整理すべく、ざっと日程順に最低限を纏めましたので、
       無事戻りましたのご報告代わりに、見てやってください!

       最初のは、今回の旅の最初の1枚
       シエナを過ぎ、アシャーノに向かうべく県道を下りた
       タベルナ・ダルビア・Taverna D'arbiaの町を出てすぐの所。

       町外れから坂道を上った目の前に、即、緑の野が始まり
       ああ、やって来たぁ! と深呼吸をしたのでした。



       わき道にそれ、入り込んでいった所から振り返ると、
       遥かにかすむシエナの街!
d0097427_23395647.jpg



       シエナのクレーターの緑は、やはり凄い!
d0097427_23402469.jpg



       今回の最初の計画では、シエナからトッレ・ア・カステッロを経由して、
       まずクレーターの中を通る地道を、と予定していましたが、
       前々日にもう一度、道の確認にグーグルのストリート・ヴューを見た所、
       なんと入り道の脇に進入禁止、または許可を得たのみが通過OKの
       白丸に赤い縁取りの標識が見えるではありませんかぁ?!

       この標識では2度えらい目にあっておりまして、大罰金、ははは、
       ひょっとしてとアシャーノ側を確認すると、こちらには無し!
       あの辺りに隠しカメラがあるとも思えませんが、へへ、
       君子危うきに近寄らず、
       ならば旅の戻りに入り込もう、と計画変更。

       そして最初は2日朝出発予定だったのですが、
       天気予報がどうも良くない、それも大雨で雷マーク付き!
       雨のアッペッニン越えは嬉しくないので、
       太陽マークの1日出発に変更、宿を大急ぎで探し、
       ありがたい事にピエンツァの市壁のすぐ外の安い宿が見つかり、
       ラスト・チャンスに滑り込みセーフ!

       というような若干の計画変更に従い、
       シエナのクレーターの中を行く幹線道を通った後、
       アシャーノの手前からキュズーレ・Chiusureに。
d0097427_2340505.jpg

d0097427_2341754.jpg



       そして初日の宿を取ったピエンツァ・Pienza
d0097427_23412778.jpg

d0097427_23414699.jpg

d0097427_2342378.jpg

d0097427_23422168.jpg

d0097427_23423818.jpg

       今回は都合3回ピエンツァに寄りました。
       泊まった夜は雨となり、翌朝は曇り空でしたが、
       これが私には幸いし、
       先回の訪問では気が付かなかった
       この町の壁の色に目が行き、再発見の想いがありました。
       そして2度目はお昼時、その次は朝と、
       時間の違う、つまり光線の入り方が違う姿を見れました。


       この辺りの町は既に一度訪問している所が多いので、
       先回のご案内はこちらからどうぞ
       http://italiashio.exblog.jp/i17/


       ピエンツァの町外れの古寺、
       ピエーヴェ・ディ・コルシニャーノ・Pieve di Corsignano.
d0097427_2343360.jpg



       北に向かい、カステルムーツィオ・Castelmuzioの町に。
d0097427_23432211.jpg

d0097427_23433819.jpg



       町の出外れにある、これも古いサント・ステーファノ教会
       Santo Stefano.
d0097427_23435651.jpg

       上の教会共に開いており、中も撮れましたので、
       また詳細を見ていただきますね。



       そしてトゥレクアンダ・Trequandaの町。
d0097427_23441354.jpg



       2日目の夜は、モンティージ・Montisiの町に。
       夕方からぱらつく雨となり、夜から翌日はかなりの降り!
       町の中を傘をさして歩きつつ、
       これはもう一度お日様の下で見たい町だと考え、
       最終日の戻り路に寄る事に旅程計画を変更。
       ここでご覧頂くのは2度目の訪問の時のもの。
d0097427_23443051.jpg

d0097427_23445188.jpg

d0097427_2345929.jpg

d0097427_23452975.jpg



       そしてモンテプルチャーノ・Montepulcianoに。
       この町も2日間曇り空続きだったのですが、
       最後の朝は快晴となりまして・・。
d0097427_23455173.jpg

d0097427_2346111.jpg

d0097427_23462926.jpg

d0097427_23464922.jpg

d0097427_2347720.jpg

       この町は先回はほんの短い訪問で、町の半分しか
       見ておりませんでしたが、今回はずっと端から端に、
       おまけに坂道を行ったり来たりで頑張りましたぁ!
       かなり町が大きい分、やはり興味深い所がありましたです。
       



       いよいよヴァル・ドルチャに入り、
       まずはモンティキエッロ・Monticchielloに。
d0097427_23472953.jpg

d0097427_23475358.jpg

d0097427_23481415.jpg
       


       サン・クイリコ・ドルチャ・San Quirico D'orciaに
       向かう途中に寄ったヴィタレータの礼拝堂・Cappella di Vitaleta.
d0097427_23483373.jpg

d0097427_23485066.jpg



       2泊したサン・クイリコ・ドルチャですが、再訪でもあり、
       へへへ、今回はまるで町の中を見ませんで・・!
       町の入り口の有名な古寺サン・クイリコ・エ・ジュリエッタ
       Collegiata del Santi Quirico e Giuliettaのみ。
d0097427_23495711.jpg



       ですが狙った通りに、宿を取る町の位置としては最適でして、
       朝靄にかすむ眺めも見れ、
d0097427_23501222.jpg

d0097427_23504038.jpg



       このオルチャの谷のシンボル的存在である糸杉の塊にも近寄れ、
       ずっと丘の上まで歩いたり・・、
d0097427_2351573.jpg

d0097427_23512488.jpg

d0097427_23514127.jpg



       そしてサンタンティモ修道院・Abazzia di Sant'Antimo.
       修復も済んでいて、先回には回れなかった裏側にも。
d0097427_23515684.jpg

d0097427_23522160.jpg

d0097427_2352387.jpg



       最後の宿泊はモンタルチーノ・Montalcino.
       ここも半分ほどはうす曇でしたが、町の下、古い地区も歩き、
       またもや何とかの高上がりで要塞の上にも上り、ははは。
d0097427_2353815.jpg

d0097427_23532578.jpg

d0097427_23534317.jpg

d0097427_2354156.jpg



       そして今回の最後を締めるクレーターの中の地道行き!
       何とまぁ、凄い道でしたぁ!!
       余りにも砂利道の傾斜がきつく、車から出ないままで撮ったり、
       ははは、まぁ、次回にもとは思いませんが、
       自分の納得の為には、通って良かったです!
d0097427_23541852.jpg

d0097427_23543471.jpg

d0097427_23545053.jpg

d0097427_2355814.jpg

d0097427_23552722.jpg

d0097427_23555427.jpg


       
       今回は土地の名のみで見ていただきましたが、
       またぼちぼち写真を整理しつつご覧頂くつもりで、

       はい、また10日ほどお休みを頂きまして、
       20日からブログを再開ということで、
       よろしくお願いいたしま~~す!!

       
     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

         

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     




      

by italiashiho2 | 2014-05-10 23:56 | ・トスカーナ州 | Comments(26)