イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 27日

   ・・・ 今年も一年間、有難うございました!! ・・・

       2014年もあとわずか!
       ブログご訪問、コメント、励まし、本当に有難うございました!!

       お陰さまで当ブログも10周年を迎える事ができ、
       また新しい年に向かい、せっせと続けております、はは。

d0097427_20111882.jpg

       今年はトスカーナに春と秋の2度、ドロミーティの足元にもと、
       大いに楽しみ、収穫も多い年でした。
       まだまだ見て頂いていない写真はたくさんあるのですが、
       ひとまず後半のハイライトをと、とりあえず整理した分を
       今年の最後分としてここに。

       この所少し写真が多くなり過ぎなのも反省し、はい、
       ちょっぴりに絞りました。
       
       最初のは、ドロミーティに行った際の、
       コルティーナ・ダンペッツォからミズリーナ湖に行く途中の
       シン湖、エメラルド色した小さな湖の畔。



       山の名はどれもまるで見当もつかず・・!
d0097427_20113683.jpg
d0097427_20115027.jpg



       ミズリーナ湖・Lago di Misurina の畔で。
       下の写真の奥に聳える峰だけは知っています、
       トゥレ・チーメ・3つの峰の内の2つ。
d0097427_20120305.jpg
d0097427_20121828.jpg

       トゥレ・チーメ・ディ・ラヴァレード




       冬は凍結する湖ですが、カモ達が泳いでいて
d0097427_20123128.jpg



       その鴨を狙って冷たい水に飛び込み、ははは、
       驚いた飼い主に拭いて貰っていた、まだ濡毛のディーヴァちゃん
d0097427_20124454.jpg

       ドロミーティのご案内は





       ここからボローニャ
       現市役所になっているコムナーレ宮の内部見物を。
d0097427_20125741.jpg
d0097427_20131073.jpg
d0097427_20132261.jpg


       中にあると聞いていたジョルジョ・モランディの博物館は
       現在MAMboという、駅近くの博物館に移されており、
       興味深い展示もあったのですが、写真禁止で・・。
d0097427_20154995.jpg
       ボローニャ中心のご案内




       フィレンツェに!
       5年ぶり程になると思うのですが、やはりいつ来ても
       何度見ても、ね!
d0097427_14214296.jpg
d0097427_20161527.jpg
d0097427_20162712.jpg

       フィレンツェのご案内はこちらから
       http://italiashio.exblog.jp/i27



       今回の私にとっての目玉は、ドゥオーモの上に上がった事!
       かなりの急な石段で、次にもう一度上がれるかなと思い、
       上からの眺望を1時間半ほども愉しみましが、

       曇り空の朝だったのが、徐々に晴れてきて
       くっきりと建物が浮かび上がるのを見れたのは幸運でした。
d0097427_20163975.jpg
d0097427_20165363.jpg
d0097427_20170608.jpg
d0097427_20171861.jpg
d0097427_20173214.jpg



       最後は、バラ色に染まるドゥオーモを!
d0097427_20174316.jpg


       今年一年のご愛顧を心より感謝し
       
       皆様、良いお年をお迎えください!!
       そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします!!


     
     *****

       水彩ブログには、 新しい色鉛筆、切手帖の表紙、スコミーゴ村の夕日  を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


         


      


by italiashiho2 | 2014-12-27 20:19 | ・ご挨拶・番外 Saluti Speci | Comments(22)
2014年 12月 23日

   ・・・ ヴェネツィアの冬 ・ 霧の朝 ・・・

d0097427_01554087.jpg
       昨夕、美しい夕暮れの空を見て鎧戸を閉め、
       夕ご飯の後に表に出ると、一転して深い霧がひしひしと・・。
       そして今朝もかなりの霧!
       
       と言うからではないのですが、はは、
       今日は昨年12月中旬のヴェネツィア
       霧深い朝の様子をご覧下さいね。

       トップは宿のすぐ脇の運河で、奥に見えるのは
       ギリシャ正教教会鐘楼で、時間は朝の7時ごろ
       
       前日の霧の風景 夕暮れから夜

       ヴェネツィアのクリスマス・イルミネーション

       ヴェネツィア全体のご案内は、こちらから
       http://italiashio.exblog.jp/i5



       まだまだ夜が開けきらないスキアヴォーニ河岸
       ヴァポレット(水上バス)停留所の灯りが霧ににじみ
d0097427_01555437.jpg



       ピエタ教会もこんな感じ
d0097427_01560626.jpg

       ピエタ教会、アントニオ・ヴィヴァルディについて



       サン・マルコ広場の方に歩くにつれ、少し明るくなり
       ・・でも運河の向こうは、霧だけ! な~んにも見えず!!
d0097427_01561783.jpg



       ヴィットリオ・エマヌエル2世国王の碑
       う~ん、この霧ではねぇ・・、前進も難しいだろうねぇ・・!
d0097427_01562815.jpg
       


       少しブレ写真ですがご容赦を。
       ちょうどヴァポレットが通りかかり、一瞬霧の中に光が溢れ
d0097427_01563923.jpg


       
       ヴァポレット停留所前の掲示板
        霧のため、 1行目の線は平常どおり
              2行目 区間により運行停止
              3行目は、多分OK
              4行目 運行停止  eccecc
d0097427_01565111.jpg



       エディーコラ(雑誌などの販売所)の明かりが暖かく
d0097427_01570319.jpg



       右はかっての牢獄のあった建物で、向こうがドゥカーレ宮。
       霧の中に見える明かりと街灯がとても暖かく・・。
d0097427_01571512.jpg



       荷物船は既に働いており
d0097427_01572770.jpg
d0097427_01591078.jpg



       ちょうど牢獄の建物の明かりが消え、・・うう、寒いよぉ!
d0097427_01592295.jpg



       ドゥカーレ宮と牢獄を繋ぐ、溜め息橋もまだ少しぼんやり・・
d0097427_01593440.jpg



       まだこの時間、観光客は殆どおらず、・・shinkaiを除き、はは、
       はい、この写真を撮っている方がお一人。
d0097427_01594522.jpg
d0097427_01595725.jpg



       ドゥカーレ宮南面と、上の裁きの女神像
d0097427_02000925.jpg
d0097427_02002158.jpg



       鐘楼もすっかり霞み・・
d0097427_02003018.jpg



       いぇ~い、長年ヴェネツィアを撮っておりますが、はは、
       この位置からの眺めで観光客なし、というのは初めて!!
d0097427_02003733.jpg
       2本の円柱の上に居られるのが、
       左は鰐の背の上の聖テオドール、先の街の守護聖人で、
       右が有翼のライオン、現守護聖人サン・マルコですが、




       はい、鰐の尻尾と、ライオン君の尻尾
d0097427_02004986.jpg
d0097427_02031614.jpg



       霧に霞むドゥカーレ宮
       いつもと違い、本当に静か!!
d0097427_02032765.jpg



       サン・マルコから西に河岸をそのまま進みます。

       サンソヴィーノ図書館の壁のこの広告、
       はぁ、イタリアでは空軍の宣伝もこうなりますの、はい。
d0097427_02033890.jpg



       ヴァポレットが到着すると、お勤めの方、学生たちがぞろぞろと
       降りて、急ぎ足で去って行き
d0097427_02035089.jpg



       ヘミングウェイも通ったという「ハリーズ・バー
       shinkaiも、仲間も入ったことないと、ははは。
d0097427_02040335.jpg



       はい、いつもはこの背景にデッラ・サルーテ聖堂が
       立ち塞がるのですけど、運河の向こうはまるで見えず・・!
d0097427_02041548.jpg



       小路に向いてのホテル、クリスマスの飾り
d0097427_02042847.jpg



       サン・マルコ広場の方に戻ります。

       広場もすっぽりと霧に包まれ、広場中央を通る人も少なく
d0097427_02044014.jpg
d0097427_02045138.jpg



       が、ここでも既に仕事は始まっていて、
       荷の運搬、そして左官仕事のお兄ちゃん
d0097427_02050141.jpg
d0097427_02071390.jpg



       コッレール博物館の入り口
d0097427_02072546.jpg
d0097427_02073928.jpg



       サン・マルコ広場の北側のポルティチ、観光客が2人。
d0097427_02084518.jpg



       霧に霞む時計塔の上
d0097427_02090210.jpg

       時計塔探訪



       ドゥカーレ宮正面からの全体は、霧のため見えず、無しで、
       もっともまたすっぽりと修復の覆いが架かっていたのですが、
       イスタンブルから分捕ってきた黄金の馬4頭も霞み・・!
d0097427_02091400.jpg



       小広場の方では、写真を撮っている観光客が見えますが、
       他の急ぎ足の方々は、ヴァポレットから下りたお勤めの方。
       運河の向こう、まだな~んにも見えず!
       でも少し空が明るくなってきていますね。
d0097427_02092615.jpg



       ドゥカーレ宮の回廊の明かりも消え
d0097427_02093874.jpg
d0097427_02094888.jpg



       回廊の下、鳩たちがプックリと胸を膨らませ
       まだじっとうずくまったまま。
d0097427_02100050.jpg
d0097427_02122726.jpg



       8時半頃、朝食に宿に戻りますが、
       ここは最初に見て頂いた運河と鐘楼、漸くに朝の明るさ!
d0097427_02123835.jpg



       杭の上のカモメちゃん、 霧が深いね、今朝は!
d0097427_02125030.jpg



       朝食の後チェック・アウトし、ヴァポレットで
       大運河をサンタ・ルチーア駅まで往復して戻り、

       既に11時頃だったと思うのですが、
       漸くにぼんやりと太陽が見え
d0097427_02130376.jpg



       最後は、一瞬煌く波とゴンドラを
d0097427_02131436.jpg


       皆様、良いクリスマスをお迎えくださ~い!!
       ブオン・ナターレ!!       



     ◆ お知らせ ◆

       我が絵の師である二木さんが、ご自分の課題とされていた
       ピエロ・デッラ・フランチェスカの「出産のマドンナ
       ・・彼は「懐妊の聖母」と呼ばれますが、
       についての、様々な考察を4回にわたりブログにアップ。

       絵の謎を、そして技術的なことも分り易く解説され
       大変素晴らしい内容です。

       どうぞご訪問され、ご一緒にピエロの絵の面白さ
       奥深さを愉しまれるよう、ご案内申し上げます

       懐妊の聖母 その1~4
     

     *****

       水彩ブログには、 緑の中の家 モンテプルチャーノ ・ 描き始め を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


        




by italiashiho2 | 2014-12-23 02:14 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(15)
2014年 12月 18日

   ・・・ トレント ・ クリスマス間近の街をちょっぴり ・・・

d0097427_02485597.jpg
       今日ご覧頂くのは、北イタリアの街トレント・Trento.
       北国ドイツからの雰囲気も漂う歴史ある街。
       昨年12月の初旬、クリスマス市で賑わう時に出掛けた
       冬の大快晴の日、クリスマス・デコレーションも華やかな
       街の様子をご覧下さいね。

       とはいえ、混雑の人々やクリスマス市の様子は
       トレントでは撮らず、街のデコレーションだけですので、
       ご自分が散歩するおつもりでお楽しみ下さ~い!

       この前夜のロヴェレートのクリスマス市の様子

       トップの写真は、街の北東に位置する素晴らしいお城
       ブオンコンシーリオ・Buonconsiglioの見学を済ませ、
       街の中心にあるドゥオーモに移動する所。

       このお城の中と、素晴らしい壁画のご案内は、またいつかぁ・・!

       ロヴェレートの街、そしてモーツァルト

       ロヴェレートからトレントに、そして古城



       まだまだお昼には時間があるのですが、
       先を歩く仲間の影はこんなに長く・・!
d0097427_02490866.jpg



       おっ、星のデコレーション
       夜はさぞ美しいことでしょうねぇ!
d0097427_02492126.jpg



       星のデコレーションもですが、奥の角の家の壁
       以前はきっと鮮やかなフレスコ画が見れたでしょうにね・・。
d0097427_02493316.jpg



       街の簡単な地図をどうぞ。 左側が北。
       北西少し高台にブオンコンシーリオ城があり、
       右下に街のドゥオーモ、サン・ヴィジーリオ・S.Vigilio聖堂、
       その中間に囲ったのがサン・ピエトロ教会・San Pietro.
d0097427_02494316.jpg



       街の観光バス・トレニーノも走っているのを横目で睨みつつ、
       撮っては追いかけるを繰り返し・・、ははは。
d0097427_02495568.jpg



       一見素晴らしく大きな建物ですが、これ2軒分が寄っていて、
       でも5階建て!  きっとオリジナルは中世ですね。
       右隣のベランダは木の、いかにもの北の香りです。
d0097427_02500713.jpg
       窓の間に見えるフレスコ画は、 




       これです、上が日時計、下にキリストと聖人達
d0097427_02501934.jpg



       冬の晴れた日、賑やかに人々が行きかう大通り
d0097427_02503063.jpg



       地図で見ていただいたサン・ピエトロ教会の前も素通りし
d0097427_02504292.jpg



       でも、こんなワンちゃん達を見ると、立ち止まって
       しっかりご挨拶をしてね、ははは。
d0097427_02531477.jpg



       ほら、ワンちゃん達だってご挨拶しているもんね
d0097427_02532845.jpg



       可愛いデコレーションも見え
d0097427_02533993.jpg



       ドゥオーモの横にある市の塔
d0097427_02535298.jpg



       こちらはドゥオーモの一廓をなす司教のお住まいだった(と思う)
       カステレット・Castelletto・小さな城の意と呼ばれる部分。
       というのも当時はこの一帯、司教様が領主だったのですね。
d0097427_02540500.jpg



       市の塔の横を抜け、ドゥオーモ前広場に出て来ます。
       広い広場中央にネプチューンの泉があり、
       広場の向こう側を囲む家並み、そして奥に立ちはだかる山々。
d0097427_02541766.jpg



       こんな感じにトレントの街のドゥオーモ
       我々にはトレント公会議、16世紀に20年近くもかかり、
       北から押し寄せる宗教改革に対抗する為の公会議が開かれた場所、
       として覚えさせられた、はは、かの聖堂ですね。
d0097427_02542901.jpg
d0097427_02544216.jpg
       が、今回はクリスマス・デコレーションの街並みに絞ります。




       ネプチューンの泉、1767年から69年にかけての設置だそう。 
       今まだ広場に陽が当っているので、皆さんここに居られるのですがぁ・・、
d0097427_02545265.jpg
d0097427_02550624.jpg



       ほらね、今こちらが陰ってきて、皆さん移動しているでしょう?!
       ははは、そうなんですよね、快晴でも北国なので日陰はね。
       ドゥオーモの丸い鐘楼の影もくっきり!
d0097427_02571104.jpg
       



       上の写真に見えた広場から西への通りは、こんな感じ
d0097427_02572184.jpg
       フレスコ画装飾された素晴らしい建物がたくさんあったのですが、
       またのチャンスにで~す。




       で、右角を占めるフレスコ画装飾で埋められた建物2軒、
       カーゼ・カズッフィ・レッラ・Case Cazuffi-Rellaと呼ばれ、
       1535年のオーストリアのフェルディナンド皇帝の訪問の際に、
       装飾されたものなのだとか。
d0097427_02573290.jpg
       左に見えるタイルの丸屋根は、上の写真の右端に見える教会のもの。




       右側の全体と、細部。 主題は神話の逸話からなのでしょうか、
       当時の人々は、絵を見ると主題が分ったのでしょうねぇ。
d0097427_02574757.jpg
d0097427_02575950.jpg
       恐ろしく傾いたベランダ! ははは。




       こちらは左側で、上下の模様部分は色があるのですが、
       人物部分は最初から白く描いていたのかどうか・・。
       でもこの方が新鮮さを感じませんか?
d0097427_02581043.jpg



       建物の角の部分にこんな鷲の留まった円柱があり、
       蛇口が見えるので、泉だったのかなぁ・・?
d0097427_02582266.jpg



       現在は建物の上階がどうなっているのか良く分かりませんが、
       右の1階のポルティコにはバールがあり
       冬の陽射しを皆さん楽しまれて。
d0097427_02583393.jpg



       この鮮やかなチロル帽子の方は、他のグループのガイドさん。
       目印にも最適ですよね。
d0097427_02584565.jpg



       一旦お昼解散になり、我々の仲間はお昼を食べれる場所を
       探しつつ、屋台がずらっと並ぶクリスマス市も覗き込みつつ、

       街の南側の、城壁外にまで!
d0097427_02585724.jpg
d0097427_03012191.jpg
       高いですが幅が狭い古い城壁なので、検索しましたら簡単に。
       ピアッツァ・デ・フィエラ・Piaza de Fiera の城壁と呼ばれ、
       13世紀の、現在街の中心に唯一残る城壁なんだそう。

       この広場には屋台市がぎっしりで、大変な人で、
       何を売っている店なのか、覗き込むのも大変!




       お腹も空いているし、こんなデコレーションも見えるし・・、
       いささか焦りつつ、ははは、
d0097427_03013495.jpg



       とにかく大変な人出で賑わい、なかなか座れる店がなく、
       でも漸くにスナック・バールに席を見つけ、

       まずはビールで乾杯!!
       で、これはラザーニャ
d0097427_03014671.jpg



       こちらは野菜の入ったラザーニャ、菜食のジュリアーナとshinkai に。
       見かけは余りパッとしませんが、美味しかった!
       ええそう、お腹が減っている時はなお美味しい! ははは。
d0097427_03015726.jpg



       ダイエット中のロレダーナは、サラダ。
       上のチーズは多分ギリシャのフェタ・チーズと。
d0097427_03020891.jpg
       少し塩辛く、イタリアにはもっと美味しいチーズが
       いっぱいあるやんかぁ、とはshinkai!




       トマト・ソースのニョッキ、多分ルイーザね。
       寒かったせいか、結構皆、熱いのをたっぷり目ですねぇ!
d0097427_03022073.jpg



       お昼を食べちょっと休憩し、再度広場に集まる頃には、
       時間はまだ早いものの午後の陽が傾き、寒さも少し増し・・

       広場の前のこの建物に、お土産のストゥルーデルを買いに。
       フレスコ画の装飾が素敵でしょう?!
d0097427_03022954.jpg



       で、もっと素敵だったのは、建物の前庭に
       こんな焚き火があったのです!
       火というのは、本当に暖かいですねぇ!! やれやれ!でした。
d0097427_03024190.jpg

       

     ◆ お店のご紹介を ◆

       当ブログからリンクさせて頂いている「パンダ通信」の
       パンダさんは、イタリア料理教室の先生でもあり、
       手作りパスタ工房「あ・まーの」の工房長でもあるのですが、

       イタリアにもパスタの研修や、本物の味を求めて何度も
       通われる素晴らしく研究熱心な方!!

       で遂に念願叶い、ご自分の手作りパスタやイタリア料理
       マンマの味を追求したドルチェを提供するお店を先頃から!
d0097427_03025312.jpg
d0097427_03030441.jpg
d0097427_03055512.jpg

       すっきりとした店内の様子はこんな感じで、
       お料理のお値段も、とても良心的なのに驚きました。
d0097427_03053010.jpg
d0097427_03054447.jpg

       そうなのです、壁に見える見える絵は私のもので、
       昨秋諏訪での私の個展にご主人ともにお出でになり、
       改装するお店用にとお求め下さったのですね。
       お店の改装も、絵に合わせてして下さったという事で、
       感謝ばかりです。
       お店に行かれたら、見てやって下さいね!

d0097427_03060575.jpg
       本物のイタリアの味を日本人の胃にも合う様に
       研究されているパンダさんのお店
       
       どうぞ、味わいにお出かけ下さ~い!!


     

       最後はサイトから拝借の、
       雪景色のトレント、ドゥオーモ前広場をどうぞ!
d0097427_03061619.jpg
       クリスマスももうすぐ!
       皆さん、楽しみのご予定はもうしっかりですかぁ?!


       
     *****

       水彩ブログには、 ヴォルテッラの朝 ・ 途中経過 を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


             

 



by italiashiho2 | 2014-12-18 03:09 | ・北イタリア Italia nord | Comments(17)
2014年 12月 13日

   ・・・ サンタ・ソフィーア聖堂博物館 ・ イスタンブル ・・・

d0097427_01060915.jpg
       イスタンブル観光で見落とせないものはたくさんありますが、
       私にはこのサンタ・ソフィーア聖堂・Basilica di Santa Sofiaがその一つ。
       
       歴史の長さ、変遷の多様さ、その素晴らしい美と大きさ!
       それらすべてが、少々読んでも飲み込めず・・、
       実際の訪問時も、ガイドさんの話も聞かずに見とれ続け、
       写真撮りに熱中、という様子でした。

       ですがブログでご案内をと決め、写真を整理しつつ
       改めて読んでみて、漸くに少し何を見て来たのかが分かり・・、

       今回はいつもよりまた写真が少し多くなりましたが、
       年末のお忙しい時、お茶でも入れてご一服、ごゆっくりどうぞ!!

       上は、正面から南向きの威容
       この聖堂に向い合わせの位置に、ブルー・モスクがあります。

       イスタンブル全体のご案内はこちらから
       http://italiashio.exblog.jp/i43



       近寄った位置から
       主ドームの上には、イスラムの半月の飾り。
       かっては外装が漆喰で塗られ、彩色されていたのが残ります。
d0097427_01062108.jpg



       このサンタ・ソフィーア聖堂は、アヤソフィア、ハギヤ・ソフィアと
       あれこれ呼ばれますが、「聖なる叡智」を現すのだそう。

       東ローマ帝国(ビザンティン)の正統キリスト教の大聖堂として
       コスタンティーノ帝により335年に建設されたのが初めで、
       その後拡張415年、地震、大火による被害など等と続き
       ジュスティニアーノ帝により再建設されたのが537年
       その後の修復なども何度かあり、

       聖堂内に入る前に横に回りますと、
       この様に以前の建材が保存されておりました。
d0097427_01063335.jpg
d0097427_01064653.jpg
       ガラタの塔からの眺め


       1453年、オスマン・トルコにこの街が征服されて後
       この聖堂はモスクに改装されたわけですが、
       それに伴い、周囲に4本のミナレット・尖塔も増設。
d0097427_01065864.jpg



       入り口脇に清めの泉があり
d0097427_01071085.jpg



       軒下の飾リ文字、装飾と、丸屋根上の飾り
d0097427_01072354.jpg
d0097427_01073219.jpg



       これは多分聖堂側の壁際だったと思うのですが、
       たくさんの清めの為の蛇口
d0097427_01075833.jpg



       サイトから拝借の図で、この聖堂の大きさをまずどうぞ!
       聖堂中心の大ドームの先までの高さ、55,6m
       内部の長さは80,9m 内部のみだとほぼ正方形、3廊式。
d0097427_01080888.jpg



       こちらもサイトから拝借の内部の図
       1階部分のみですが、 
       2.が外にあった清めの泉
       19.説教壇
       20.スルタンの御座所
       21.ミフラブと呼ばれる、メッカの方角を示す壁龕
       22.大理石の壷 
       24.2階の回廊への上り坂
d0097427_01105861.jpg



       たくさんの人で、前廊にあるこの入り口扉の写真が撮れておらず
       サイトより拝借、
       皇帝の扉と呼ばれ、かっては多分皇帝のみが使ったものと。
       現在は我々庶民もの入り口です、ははは。
d0097427_01110872.jpg
       上に見えるモザイクと天井のフレスコ画は撮っておりまして、




       こちら。 
       キリストの足元に跪くのは、賢者というニックネームの
       レオーネ6世帝。 
d0097427_01112223.jpg
       なかなか身辺事情がややこしい興味深い方の様で、へへへ、
       関心のある方、日本語版ウィキ(レオーン6世)でどうぞ。




       では内部にどうぞ。
       まずモスク独特の、吊り下げられたたくさんの明かり
d0097427_01113111.jpg
d0097427_01114544.jpg



       この中央の大ドーム、そして両側に半球の形で続く小ドーム
       全体に広がる煌びやかな大空間!
d0097427_01115771.jpg
       正面奥に見えるモザイク画にご留意を。
       
       とにかくたくさんの人々で、広い空間を撮れず、
       後ほど2階の回廊部分からのをご覧頂きますね。




       中央ドームの奥の半球部分、キリスト教教会でいうと
       後陣部分に見えたモザイクがこれ、黄金背景の聖母子像
       聖母のお顔も素晴らしく、shinkaiには子供のキリストが
       ちゃんとサンダルを履いているのが可愛く、はは。
d0097427_01120939.jpg
       こういったキリスト教関係のモザイクは
       15世紀にモスクに変換された後、ずっと漆喰で塗りこめられていた
       といいますが、近年こうして改めて発掘、姿が見れるように。




       中央ドームを支える4隅、支え壁の装飾も黄金モザイクで、
       4隅にある天使像の、この部分のみに天子の顔がありますが、
       写真多くて紹介できず残念! 失礼ながら、ちょっとおっさん風で、ははは。
d0097427_01122505.jpg



       中央ドームの全体、周囲を40の小窓が囲みます
       とにかくたくさんの窓がありますから、射し込む光に
       黄金モザイクが美しく煌きます!!
d0097427_01124055.jpg
d0097427_01125261.jpg
       余りにも大きなドームのため、崩壊したりの修復も重なり、
       真ん丸ではなく、直径が31,24 m ~ 30,86 mと、
       ほんの少し楕円なのだと。




       正面奥、内陣部手前左側にあるスルタンの御座所
       細かい柄の装飾で囲まれておりますが、足元が見えず・・。
d0097427_01155573.jpg



       正面奥、後陣部分のステンド・グラス
d0097427_01160895.jpg
d0097427_01161706.jpg
       下にちょっぴり尖がりの屋根が見えますね。
       実はこの下が重要だったのですが、写しておりませんでぇぇ・・!




       サイトから拝借した写真で、、
       ここにミフラブ・mihrabと呼ばれるイスラム教の
       メッカの方角を示す壁龕が置かれているのであります。
d0097427_01163157.jpg



       なぜ目が行かなかったのかと言いますと、言い訳、ははは、
       この猫ちゃんがです、一番の主祭壇の部分、人間どもが入れない
       その中に座っておられましてぇ、はは。
d0097427_01164438.jpg
       shinkaiが撮ったのはブレと後頭部の2枚でして、んもぅ、
       で、ジュリアーナから送って貰った、寝起きの不機嫌な顔!ははは。
       この猫ちゃんに惑わされている内に、先に進まねばならずで・・。

       今回サイトで写真を探しておりましたら、
       この猫ちゃんが聖堂内のあちこちに出没しているのも分り、
       もう一人、白とブチの子も聖堂内を縄張りにしている様子!




       内部の大理石の装飾では様々な柄が使われ
d0097427_01165690.jpg



       柱頭部、アーチの飾りも大変に手の込んだもの!
d0097427_01170807.jpg
d0097427_01172110.jpg


       入り口扉の両脇にあるようですが、
       大理石の塊から掘り出したという大きな壷
       古い宗教儀式で使われた清めの為の水入れ、の様子。
d0097427_01173490.jpg



       さて、こんなに擦り減った石の坂道を上り
d0097427_01174710.jpg



       かなり薄暗い上り道ですが、2階に
d0097427_01202587.jpg



       上階からの眺め、素晴らしく広く、高いでしょう?!
d0097427_01203730.jpg



       そして、南の窓から燦々と光が射し込みます
       3階部分の左側の窓が、最初に正面から見えた窓ですね。
d0097427_01205128.jpg
       丸い額にある飾り文字は、マホメッドと正統カリフ・
       かっての宗教政治の共同体の指導者、の名をを記したものだそう。
       この額はかなり後期に取り付けられた物のようで、
       ちょっと雰囲気にそぐわない、威嚇的な物に感じますが・・。




       床の柄。 大理石と、縁の柄は彩色のものと。
d0097427_01210266.jpg



       上階正面からの眺めと、
d0097427_01211516.jpg



       正面東側をちょっとアップして、
       スルタンの御座所、ミフラブ、そして右の細く高い説教壇
d0097427_01212874.jpg



       ほら、2階の南側の回廊部は、こんなに幅広く、明るく
d0097427_01214179.jpg



       アーチの飾りもこんな風に良く見え、
d0097427_01215417.jpg



       途中にあった大理石の扉
d0097427_01220529.jpg
       イタリア版ウィキの説明によると、教会会議の際に  
       この扉から入退出した、というような説明なのですが、
       うろ覚えながら、ガイドさんが言ったのは、
       この上階には皇妃とお付きの為のロッジャがあり、
       儀式の際にはここから階下を見下ろしていた、との事で、
       その仕切りの扉だったと聞いた様な・・。




       で、この位置に素晴らしいキリストのモザイクがあり
d0097427_01221869.jpg
d0097427_01251507.jpg
d0097427_01252833.jpg
       このモザイク表現の素晴らしさ、秀逸さ!!
       片はかなり細かく、顔のデッサンの確かさに驚きますが、
       一方衣服の表現は伝統的で、この辺りが面白いですね。

       一度ヴェネツィアで、ロレンツォ・イル・マニーフィコが
       所有していたという、コスタンティノープル産のキリスト像を
       見たことがありますが、
       寸法が長辺で20cm位だったかな、モザイク作品で
       渋めな彩りながら、1片の大きさが1mm四方ほどの大きさ!
       それはもう、素晴らしい描写のモザイク画で、
       さすが持ち主が持ち主だけの事はある、と感嘆した記憶。




       この壁の向かい合わせだったと思うのですが、
       ヴェネツィア共和国第41代総督エンリーコ・ダンドロ・Enrico dandolo
       1205年にこの街で亡くなった彼のお墓があります。
d0097427_01254100.jpg
       ご覧のように質素で、それに名前の部分を残して
       棺の一部でも切り離した様な感じにも見えます。 
       それに、19世紀になっての聖堂修復の際にこのお墓も調査され、
       信憑性に疑問というのも読みました。

       が15世紀にこの街を陥落させ、オスマン・トルコの領土とした
       マフメト2世が、ヴェネツィアから呼んだ画家の
       ジェンティーレ・ベッリーニをいたく気に入り、
       ・・1480年と入った、彼が描いた素晴らしいスルタンの肖像画は、
       現在ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵ですが、

      ◆ この写真追加です。 やはりこの方の肖像画は必要ですよね。
d0097427_15013417.jpg
       その際ヴェネツィア共和国政府が画家を通し、
       ダンドロの遺骨返還を願い、スルタンの好意で兜、甲冑も
       故国に戻ったのだそうで、現在お墓の碑のみここに残る様子。



       なぜここヴェネツィアから遥か遠い地に彼のお墓があるのか、
       ご説明は、1202-04年の第4次十字軍抜きには語れませんが、
       塩野七生著「海の都の物語」の上巻にも詳しいので、簡単に。

       この十字軍はフランスの騎士連中を主に、ヴェネツィア共和国が
       一枚加わった様子で状況が進行しますが、
       当時80歳を過ぎてドージェになったエンリーコ、
       殆ど視力を失った身でありながら、鉄の拳と叡智で祖国を導いた
       と言われる狐の彼に、フランス騎士連中はいい様にあしらわれ、

       この図は、ギュスタブ・ドレ描く所の、
       ヴェネツィア・サン・マルコ聖堂における
       エンリーコ・ダンドロの十字軍遠征への賛同呼びかけ
d0097427_01255460.jpg
       こうして最初はエジプトのカイロ攻略が主目的だったのに、
       同じローマ・キリスト教の地であるアドリア海岸のザーラ攻略、
       のちには正統派と宗派は違えど同じキリスト教徒の地である
       コスタンティノーポリ攻略という・・!

       こうしてこのビザンティンの素晴らしい都市は陥落し、
       富も美術品の類も略奪され、現在ヴェネツィアのサン・マルコ聖堂の
       正面入り口上にいる4頭の黄金の馬も(本物は聖堂博物館に)
       この時の分捕り品だったとの事で笑いましたが、
       騎士連中も領土を得、ヴェネツィアも領土と地中海の各港確保、
       という、
       大きく迂回してしまった第4次十字軍遠征だったわけですが、

       こういった祖国にとっての大仕事を終えた1205年に、
       ドージェ・エンリーコ・ダンドロはこの地で亡くなり、
       このサンタ・ソフィーア聖堂に葬られ、そのままお墓がここに。
    



       広い2階回廊部で休憩の人々
       壁に残る大理石の色柄が、なんとなし藍染みたいでしょ。
d0097427_01260563.jpg

       1205年に亡くなったドージェのお墓が今に残る、もそうですが、

       このビザンティン初期建築の最高傑作と言われ
       のちのローマ・カトリックの建築様式にも、
       モスクの様式にも大きな影響を与えた、
       16世紀にローマのサン・ピエトロ聖堂が出来るまで、
       キリスト教世界ではヨーロッパ最大であったこの聖堂!

       正統派キリスト教の大聖堂であったのが、
       ローマ・カトリックの聖堂となり、再度正統派キリスト教聖堂、
       そしてイスラムのモスクへの変換、
       さらに最後1931年から博物館となっている訳ですが、

       この大聖堂の素晴らしさと威容を目の当たりにし
       その歴史の変遷の大きさ重さを考えると

       良くぞ1500年近くを無事で残ってくれたもの!!
       と思わずにおれません!




       こうして出口から出てくると、夕方の陽に変わっており、
       正面向かいに、6本の尖塔・ミナレットを持つブルー・モスク
d0097427_01261840.jpg
       体調を整え、ははは、しっかり根性を入れて後、
       またご案内いたしますね!




       夕暮れ近い陽を浴びながら、壁際でまだ居眠りの子
d0097427_01263080.jpg
       



       最後は、夜の照明のサンタ・ソフィア大聖堂
d0097427_01264380.jpg
       

       長いお付き合い、有難うございましたぁ!


       
     *****

       水彩ブログには、7月のトスカーナ 麦秋・そろそろ  を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


             

       



by italiashiho2 | 2014-12-13 01:29 | ・イスタンブル Istanbul | Comments(13)
2014年 12月 08日

   ・・・ ヴェネツィア ~ イスタンブル  空の旅をどうぞ! ・・・

d0097427_03032546.jpg
       この気忙しい12月に当ブログご訪問、有難うございます!
       でタイトルをご覧になって気が抜けた方、ははは、
       まぁ、お許しを!

       実はサンタ・ソフィーア聖堂博物館を用意していたのですが、
       急に予定が詰まり、到底あれこれ読むには時間不足となり、
       急遽予定変更という次第です。
       
       日本からイスタンブールにお出でになる方は、
       ヴェネツィア経由ではお出かけではないですよね?!
       だからぁ、という事で、片道2時間の飛行を往復の4時間分、ははは、
       気忙しい12月でしょうが、ごゆっくりのんびりお楽しみください!

       上は出発のヴェネツィア、マルコ・ポーロ国際空港。
       雨だったっけ?!と写真を見るまで忘れており・・!


       離陸。 飛行機はトルコ航空、勿論エコノミー席、はは。
d0097427_03034862.jpg



       ヴェネツィア空港では、西から着陸し東に離陸で、
       今回は東南に向うので、暫くの間ラグーナ・干潟が眼下に広がり
d0097427_03035941.jpg
d0097427_03041212.jpg
       この後上空に雲が多すぎて殆ど見えなくなり・・。




       うっすらと海岸線が見え、陸地に
       帰りの機内飛行案内によると、この海岸線はどうやら
       クロアツィアはイーストゥリア半島の南の様子。
d0097427_03042195.jpg


       今回は進行方向に向かい右の窓際で、常に午後の光が直射し、
       色が余り良く出ておらず、ご容赦願います!


       雲の上をバルカン半島内部に進み
d0097427_03043079.jpg



       見えて来た山、山、また山の険しさに驚きつつ
       白く光る河の蛇行にも魅せられ・・!
d0097427_03043909.jpg
d0097427_03044819.jpg


       険しい山にたなびく白い煙、一筋、二筋、そしてまた・・。
       何の煙なんだろ? こんな奥に人が住んでいる?!
d0097427_03045770.jpg
       いやぁ本当に、この山々の険しさ、深さ、広さに
       驚いて見つめ続けていました。
       
       今までも何度かあの辺りの地図を見てはいますが、
       中東欧圏、ましてバルカン半島辺りには余り関心も持たずですから、
       地図を見ても国の名前とか街の位置にしか注意を払ってないのですね。
    
       がこうして上空から初めてあの地域を見て驚き、地図を確かめると、
       確かにバルカン半島の南部は濃い茶の部分があちこちに!
       ・・しらなんだぁ!




       漸くに山々の峰が低くなり
d0097427_03050577.jpg



       大きな湖と流れ出す河2筋
d0097427_03101308.jpg

       蛇足ですが、今回イスタンブルのご案内の為に読んだのに、
       
       ミラノからイスタンブルまで、車で行くと何時間かかるか?!
       イタリア・スロヴェニア・クロアツィア・セルビア・  
       ブルガリアを通り、・・そうです、あの山々を越えるわけ!
       イスタンブルまで1972km、405時間!!
       さぞやさぞや、走り甲斐があるでしょうねぇ、ははは。

       一方、ミラノからイタリアのアドリア海岸を下り、
       アンコーナから対岸クロアツィアのスパラートに渡り、
       そこから陸地を辿ると、1992km、366時間!

       
       ちなみにかのオリエント・エキスプレスではというと
       1883年に開通した際はパリからルーマニアのGiurgewoまで列車で、
       そこからは船でドナウ河を下り黒海に出てイスタンブルに80時間!

       1889年に漸くにイスタンブルまで開通し、
       列車のままで行くのに70時間かかったのだそう。

       現在はヴェネツィアからイスタンブルへには平常通っておりませんで、
       年に2度だけパリ・ブダペスト・ブカレスト・イスタンブルが走り、
       年に1度イスタンブル・ブカレスト・ブダペスト・ヴェネツィアが
       あるのだそう。

       ですがぁ、ヴェネツィア・イスタンブル間、
       8月の末に旅行するとなると、2人で13160エウロですってさ!!
       ひぇ~~!

       オリエント・エキスプレスのサイト

       オリエント・エキスプレスの発着駅・イスタンブル



       
       スナック菓子と飲み物のサーヴィス
       往きの便では食事は出なかったっけ・・?
d0097427_03102814.jpg



       平野が広がり始め
d0097427_03103873.jpg



       郊外の新しい住宅地かな、が見え始め、
       どうやらマルマラ海に出た様子
d0097427_03105113.jpg



       海の波打つ様子が、ちりめんの皺みたいな!
d0097427_03110385.jpg



       漸くに秋色の木々、大地が見え、いぇ~い、着いたぁ!

d0097427_03111500.jpg
d0097427_03112853.jpg



       着地!
d0097427_03114129.jpg



       入管審査に手間取り、いぇ、取調べが厳しかったわけではなく、
       単純に入国希望者の数に比して係員の数が圧倒的に少なく!
       ぞろぞろと列を作り、文句を言いいい、ははは、

       漸くにロビーに出て来て、あちこちから集まってきたグループが、
       引率のガイドさんを待っている所。
d0097427_03115305.jpg



       一同やっとバスに乗り込み
d0097427_03120571.jpg



       うん、ずっと自分の目で見たいと思っていた
       イスタンブルに着いたんだよね!
d0097427_03143424.jpg



       あれこれガイドさんの説明を聞きつつ、街中のホテルに向い
d0097427_03144601.jpg



       こんなの、あんなのを見つつ、楽しんで4日半を過ごし
d0097427_03145953.jpg
d0097427_03151290.jpg

       イスタンブルのご案内はこちらから



       さて、あっという間に、ははは、
       ヴェネツィアに帰る日

       ところでイスタンブルの空港はどこにあるか?
       左の印の所が空港で、右に囲った辺りが旧市街の中心ですから、
       はい、かなりありますが、便利な地下鉄が通っている様子。
d0097427_03152261.jpg



       こんな新興住宅地の様子を見ながら、空港に
       やはり彩りの、色彩感覚が違いますねぇ! 
d0097427_03153380.jpg
d0097427_03154678.jpg


       出発ロビー、その広さに驚きましたっけ!
d0097427_03155841.jpg
d0097427_03161092.jpg

       少しながら、各地の飛行場のご案内は
       右のタグ欄、空港、駅 風景 からどうぞ
  



       外の風景も見納めに
d0097427_03162101.jpg



       飛行機に乗り込み、そろそろ滑走路に向かい始め、
       アタトゥルク空港ちゃん、さようなら!
       またいつか会えるかな?
d0097427_03193752.jpg



       滑走路。 これなかなか面白い構図が撮れたでしょう?
d0097427_03195375.jpg



       離陸し、夕暮れの空の下、マルマラ海を北西に
d0097427_03200708.jpg



       落日
d0097427_03201998.jpg



       機内案内図で、航路を知ります
       イスタンブルを離陸し、ブルガリアを斜めに北西に。
d0097427_03203119.jpg
d0097427_03204450.jpg


       2時間の飛行ですが夕ご飯が出て、嬉しいshinkai!
       チキンにご飯、野菜と、右下はサーモンと野菜のクリーム煮かな、
       左下はデザート、そしてビール。
d0097427_03205654.jpg
      
       トルコ料理は世界三大料理の一つに数えられるのだそうで、
       いやぁ、街で食べたのもどれも本当に美味しかった!
       ・・うん、想い出の中で
       美味しい食べ物は何倍にも美味しくなるのかも!!




       バルカン半島を北西に横切り、ヴェネツィアまで後35分ほど
d0097427_03210858.jpg



       お、ヴェネツィアがすぐそこ!
d0097427_03212143.jpg



       帰って参りましたぁ。 ただいま、で~す!
d0097427_03213353.jpg
      

       旅は、出かけて嬉しく、帰ってまた嬉しいもの
       そしてブログで反復すると、何度も楽しさを味わい返すようなもの!
       皆さんにも楽しんで頂けてるよう、願っていま~す!!


       
       
     *****

       水彩ブログには、 ヴェネツィア 運河を渡る陽 ・ 描き始め を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


             

   


by italiashiho2 | 2014-12-08 03:24 | ・イスタンブル Istanbul | Comments(15)
2014年 12月 03日

   ・・・ ガラタの塔から ・ イスタンブル ・・・


       遂に今年も最後の一ヶ月、12月に突入しましたねぇ!

       暫くトスカーナが続いていましたので、どこか旅に出たく・・!
       ははは、どこにしようかと考えていましたが、
       ちょうどフランチェスコ教皇様がトルコに4日間のお出かけ
       イスタンブルのサンタ・ソフィーア聖堂博物館で、などの
       TVニュースを見て、そうそう、まだたくさん残っていたっけ!
d0097427_00264345.jpg
       という訳で、3年前のちょうど11月初旬に出かけた
       イスタンブル・Istanbul の旅行、今日は
       ガラタの塔・Torre di Galataからの眺めをお楽しみ下さいね!

       トップの写真は、下から見るガラタの塔


       参加したツァーは、ヴェネツィア・イスタンブルの往復飛行機、
       4泊5日、ホテルは提示された内から選び朝食付き、
       市内ツァーは参加したい物を選択、それ以外はフリー、
       というスタイル。

       我ら4人は2回の市内とクルーズのツァー以外は、
       相談しながら地図を見ながらの街歩きで、
       オリエント・エキスプレス発着駅、このガラタの塔、
       バザール近くの小さな美しいモスクなどを。

       もう一日は2人ずつに別れ、私とジュリアーナは博物館に、
       もう2人はトプカピ宮殿にもう一度、と大いに楽しみ、
       風は強かったもののお天気が続き、
       今も仲間が、もう一度行きたいねぇと話す旅行でした。
       

       こうしてこの日の午前、塔に登るべく、今ガラタ橋を渡って来た所
d0097427_00270726.jpg

       ガラタの橋




       橋を渡った脇のバールのテラス席、顔つき合わす中年カップル
       ・・そう深刻な話ではない様ですが、はは。
d0097427_00272084.jpg
       彼らのテーブルにはチャイ・紅茶のカップが見えますが、
       後ろにいっぱい見えるオレンジとザクロ
       そう、この生ジュースが美味しかったのよねぇ!


       イスタンブルで食べた旨いもの その1~3




       ガラタの塔は海抜140mの高さにありますから、
       いわば海上にかかるガラタの橋からだと、ずっと上り坂!
       こんな感じの細い道や石段の道を上ります
d0097427_00273314.jpg
d0097427_00274626.jpg
       下の写真、手前に写っている若いカップル、
       ブレが残念ですけど、ほら、美男美女なんですよ!




       はいはい、まだまだぁ、上って上って!!
d0097427_00275977.jpg



       道脇に店を広げるおじさん
d0097427_00281152.jpg



       店先に翻る色柄がとても鮮やかな布
       何に使う布なんだろ?!
d0097427_00282365.jpg



       道脇の隙間から見えるモスク
       我らは上階の高さを歩いているんだよ。
d0097427_00283784.jpg



       小さな広場の角、かっての泉に今は水道栓が
d0097427_00284937.jpg



       ああ、やっと! もうちょっとだぁ!!
d0097427_00310832.jpg

       3年前はまだ仲間との歩き会に参加しておりませんで、
       旅行の時など写真を撮りつつ歩くのは、かなり大丈夫だったのですが、
       こんな坂道をせっせと休みなく歩く、のはきつかったぁ!

       で、2年前から歩くようになると、やはり違うのですね。   
       ヴェネツィアを歩きで結構往ったり来たりしても
       そう疲れない、と自覚できるようになり、
       仲間の若手の方ですから、ははは、簡単に負けてはおれませんで、
       今は本当にお陰さまで、大分歩けるようになっています。




       塔の周囲を小さな広場が取り囲み、
       はい、ここが入り口
d0097427_00312297.jpg



       切符を買い、エレベーターで上に
       8階になるのだったか、バール・レストラン兼ナイトクラブがあり、
       その周囲を狭いテラスが囲みます。
d0097427_00313535.jpg

       塔の高さは、一番上にある金色の飾りも含め66,9m
       直径は8.95m 壁の厚みは約2m弱と。

       このガラタの塔は、イスタンブルのガラタ地区(バイオール)にある、
       城壁要塞の一部として、ジェノヴァ人が1348年に建設した物と知り、
       そうなるとやはり実際に見たいですよね?

       勿論オスマントルコによるイスタンブルというか、
       元の名コスタンティノープル、の陥落の後、
       屋根の形とか頂上の金色の飾り、他にもかなりの修正が施されたとはいえ、
       やはりこうして見事に6世紀以上を乗り越えてきた姿を見るのは、
       ましてやイタリアはジェノヴァ人の建造したものとなると、
       嬉しく、どこか誇らしい気持ちですよね?!
      



       地図をどうぞ
       下側がイスタンブルの旧市街、コルノ・ドーロ・金の角と呼ばれる、
       人口は1400万人を超す大都市のこれはほんの一部で、
d0097427_00314883.jpg
 
       上から突き出す形に見える部分、今も通称ガラタ地区と
       呼ばれる地区で、一番上に囲ったのが
       今日見て頂くガラタの塔、そして見えるこの部分が
       かってのジェノヴァ共和国の植民地(1273-1453)

       最初は商人達の移殖から始まり、そして植民地に。
       ビザンティン帝国内に入り込んだ形の植民地で、
       この地区をぐるっと囲む城壁の要塞の一部としての塔だった様子。

       下に延びる橋がガラタ橋、
       下側に突き出す右の広い部分がトプカピ宮殿、
       すぐ南側にサンタ・ソフィア聖堂博物館、
       それに続いてブルー・モスク。


       もう一つサイトから拝借の小さな地図を
       イスタンブルの街が、まさにヨーロッパとアジアの接点に
       位置している事がよく分ります。
d0097427_00320190.jpg
       トルコの国としては、西ヨーロッパ側にほんの少し延び、
       東側アジアに広大な領土が広がる事、
       現在の首都はアジア側のアンカラに移っていますが、
       私めはイスタンブルの小旅行しか知りませんで・・。

       ヨーロッパとアジアの間を流れるボスフォロ海峡
       その源には黒海があり、ボスフォロ橋が見えますが、
       現在はもう一つ北側に第二のボスフォロ橋がかかります。

       私はこの第一の橋を日本企業が架けた、と思い込んでいましたが、
       第二の橋の方を日本が架けたのだと、今回知り・・!
       あの時のクルーズで仲間もそう思い込み、
       あんたの橋よ、と言ってくれてたのも、はは、早とちりでしたねぇ。
       
       地図に金の角・Corno d'oroとある部分が、上の地図の部分で、
       右端ガラタ橋に緑の点を打ったのがガラタの塔で、
       ボスフォロ海峡から南のエーゲ海に至るマルマラ海が広がります。




       さてお待たせいたしましたぁ、
       ガラタの塔の上から、360度の眺めをどうぞ!

       まずは北に広がる建物群
       結構間口の狭い細い建物が多いでしょう?
       歴史の古い土地柄によるのかもしれませんね。
d0097427_00321478.jpg



       目を右に移しますと海峡側、紅葉が始まっていて
d0097427_00322860.jpg



       これが第一のボスフォロ橋
       長さ1510m、幅が39mで車両専用。
d0097427_00324168.jpg
d0097427_00325482.jpg
       この橋はクルーズが終わった後、バスでアジア側から
       渡りましたので、またのチャンスにご覧頂きますね。
       
       ボスフォロ海峡、黒海とマルマラ海を繋ぐこの海峡は、
       長さが31,7km、幅が550mから3kmなんだそう。




       突然ですが、ははは、塔の上で偶然に会って写した男性
       ちょうどこの角度位でしたので・・。
d0097427_00330670.jpg
       
       イスタンブルで出会った人びと




       また少し右に角度をずらし、
       
       手前右中程に突き出している先っちょが金角湾の向こう岸で
       写真上がアジア側、そしてマルマラ海
d0097427_00371939.jpg
       この突き出した先からガラタ地区に向け、
       金角湾の守備の為に出入り口を塞ぐ形で、
       戦時には鎖が張られたのだそう。




       上の写真で小さく突き出していた部分、
       あの高台に見える広大な部分がトプカピ宮殿
d0097427_00373235.jpg
d0097427_00374659.jpg
       1453年にオスマン・トルコの前に東ローマ帝国が陥落以降
       19世紀中頃にいたるまでの、代々のオスマン皇帝の宮殿でした。

       仲間の一人ヘルガは、ハーレムがツァーでは見れなかったので、
       エレオノーラと出直したのですが、多くは見れなかったと、ははは。
       いやぁ、余りにもでかすぎて、おまけに祭日と重なり、
       凄い人出で、何を見たのかよく覚えていないのが正直な所。




       南に向き、金角湾の対岸と、渡ってきたガラタ橋
       左から見える大きなモスクが、サンタ・ソフィーア(アヤソフィア)
d0097427_00380016.jpg
d0097427_00381365.jpg

       そしてスルタンアフメト・モスク(ブルー・モスク)
d0097427_00382443.jpg
       この右に続く大きなのが特定できませんで・・、
       いっぱいいっぱいあるのですよぉ!




       逆光に光るガラタ橋
       橋の左袂に見えるのが、イェニ・カミ・モスク。
d0097427_00383759.jpg



       塔の足元、歩いてきた辺りを見ますと、
       
       屋上にカフェ席があり
       皆さん、のんびりとお茶を楽しまれていて、
d0097427_00385011.jpg



       徐々に目を移すと、ほらね、ガラタ橋の釣り人も見え
d0097427_00390486.jpg
d0097427_00391661.jpg



       その右側には、聖ピエトロとパオロ教会
       元々はドメニコ会派の教会だったのが、15世紀後半モスクに、
       そして19世紀に今の形に再建されたものだそう。
d0097427_00443772.jpg
       家々の瓦もこうして上から見ると、平板な形なのが分り、
       面白いですね。




       楕円形の古い塔が見え、屋上にあった家が朽ちています。
       そう、古い塔の方が頑丈で、はは、新しいのは住む人がいないと、
       すぐに雨水が入り込み、木が朽ち、天井が落ちるのですね。
d0097427_00445149.jpg
       


       ガラタ橋の西側にかかるアタトゥルク橋
       そして奥に大きく聳えるのが、ファティFatih・モスクと。       
d0097427_00450361.jpg
       モスクの名がもし違っていたらごめんなさい。
       ガイド・ブックがどこかに紛れ込み、分らないのがもう一つ・・!




       そしてもう一つ先に架かる橋、第一ボスフォロ橋から
       街の北をぐるっと迂回してここに出て来る車専用橋。
       名前が読めまへん、いや、発音できませんで、はは。
d0097427_00451869.jpg
       いやぁ、こうして見ると、本当に大きな街ですねぇ!!




       塔の足元、西側を
d0097427_00453226.jpg
       そうそう、塔の見物の後、あの大きな国旗の向こうまで歩き、
       近辺をあっちこっち歩き回り、まだその後仲間達は
       ガラタ橋を渡って戻る、というので、
       か弱いshinkaiは到底ついて行けず、タクシーで一人でホテルにね。
       後で聞くと、連中はまたトプカピ宮殿の近くまで行ったとか!!
       恐るべし、イタリア女のヴァイタリティ!!




       塔の上から眺める、足元の小さな公園。
       ヴァイオリン演奏を楽しむ人々
d0097427_00454482.jpg



       そして、日向ぼっこを楽しむワンちゃん達
d0097427_00455659.jpg

       という様子で一回り、 お疲れ様でしたぁ!



       最後は煌びやかなネオンの、夜のガラタ橋とガラタの塔
d0097427_00461145.jpg

       そうそう、イスタンブルと姉妹提携しているイタリアの都市は
       ヴェネツィア、そしてフィレンツェですが、
       日本は確か下関だったかな、
       昨年の春の日付で、ジェノヴァとの提携がだいぶ進み、
       夏ごろには、という記事をサイトで見ました。
       
       そうですよね、こんなにもイスタンブルの歴史に加わった
       ジェノヴァですもの、まだ提携がない、
       というのがおかしな位ですよね。
       また追加ニュースを調べてみますね。



     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます!

       お陰さまで、12月のこの最初で
       なんとブログ10周年を迎えることが出来ました!

       皆様、本当に有難うございました!

       最初は5年ぐらい続けられるかな、と始めたのですが、
       だんだんと深みにはまりまして、ははは、
       あれこれ大変だとは思いつつ、でもその実大いに楽しみながら、
       せっせと頑張って参りました、です。

       皆さんに自分が見てきた場所をご案内、と言いつつ、
       実は自分が知りたい事を調べ、何を見て来たのかを知る、
       という、考えてみれば自分の為のブログみたいなもので、はは、

       本当にこの10年間は、自分の新しい楽しみと共に、
       生まれて初めて、自分の知りたい事を一生懸命に勉強してきた様な
       写真を撮ることも、整理する事もあれこれ学び、
       イタリア語で読んで知る事も覚え、
       書く事にも徐々に馴染み、
       
       まさに私にとっては、最高の10年間だったと思います!!

       お付き合いくださり、教えて下さり、応えて下さり
       本当に有難うございました!!
       皆様に心から感謝です!!

       そしてまだもうちょっと、ははは、
       元気な間は、勿論続けさせて頂きますので、
       今後とも、どうぞ、よろしくよろしくお願い申し上げます!!

       そして今まで以上のご愛顧を、よろしくよろしくぅ!!!
      


     *****

       水彩ブログは、今回見て頂くほどには進まず、
       1回パスさせていただきま~す!
       次回には頑張ったのを!!  ・・ほんとかなぁ?!     

     *****        
       

       いつもブログご訪問、有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

          
          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  


             

       
       



by italiashiho2 | 2014-12-03 00:50 | ・イスタンブル Istanbul | Comments(21)