イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

   ・・・ アッシジのお祭り カレンディマッジョ2015 ・ その1の1 (追記) ・・・

d0097427_14115417.jpg
       5月6日から4日間に渡って繰り広げられた、
       アッシジの春のお祭りカレンディマッジョ・Calendimaggio.
       7年ぶりに出かけて楽しみ、・・今写真整理に死ぬ思いですが、ははは、
       なんとか纏めて、皆さんにも楽しんで頂こうと思いま~す。

       が、せっせと纏めた数が多く、せっかく見て頂くのに、と余り減らさずに
       済む方法はと、はい、半ばやけくそで2回に分ける事に!
       その1から2回ですから、末恐ろしい気もしますが・・、
       まぁ写真が増えると説明は減るので、3日に1度のアップができるかなぁ・・?!

       よっしゃぁ、まずは始めてみましょう!!

       トップは、会場の桟敷席に座って見える、
       コムーネ広場はミネルヴァ教会の奥の屋根
       いつも広場から見上げるだけで、奥の屋根が見えませんし、
       初めて小さな鐘楼も見え、そうか、こうなっているのかと。

       隣の塔の時計は正確で、4時10分前。
       プログラムでは3時、3時半開始が、いつも30分遅れ・・!


       イタリアのお祭り、全体のご案内は



       予告でも見て頂いた親子の赤い衣装は
       町を2分する区域カラーの、下町・ソット・Sotto.
d0097427_14121285.jpg



       まず太鼓とラッパが現われ、開始を告げます
       前列右の男性の顔にご注目くださいね、後ほど何度もで、
       かなりの役者なのを発見、ははは。
d0097427_14122728.jpg



       お祭り全体の長老が登場
d0097427_14124233.jpg



       アッシジの市長も登場
       後に続くのは姉妹提携都市の方々で、
d0097427_14125832.jpg



       いよいよお祭りの始まり、始まりぃ~!
d0097427_14131383.jpg



       上の地区・ソプラ・Sopraの楽師達が笑顔で登場、舞台に。
d0097427_14132837.jpg



       そして、上の地区ソプラの太鼓部隊登場
       凄しい大音量の太鼓の音が広場に響きわたり、
       背筋がぞくぞくっと!!
d0097427_14134349.jpg
       アッシジの町の中心にあるコムーネ広場から、
       今奥に見える坂道がサン・ルフィーノ聖堂に向う道で、
       上の地区ソプラの区域。




       コムーネ広場に降りて来て東側で広がり
       広場中央に進みます。
       真ん中の黒い衣装が隊長、7年前と変わっていました。
d0097427_14135888.jpg
d0097427_14141416.jpg



       こうして広場中央、舞台前で桟敷に向ってご披露
d0097427_14143125.jpg
       あの音の凄さ、テンポの変化、なんとかお伝えできないかと
       ヴィデオを探し、今年のは見つかりませんでしたが、
       2012年のが見つかりました。 
       やはり毎年、間の取り方リズムを変えているようですが、
       あの広場を圧する音の凄さ、ゾクッとするような感覚を少しでも!

     ◆ 追記です ◆
       今年のソプラの太鼓隊、予行演習ですが見つかりました。
       ヴィデオ全体は冗漫で映像もあまり良くないですが、はは、
       50分位の所からソプラの太鼓が始まります。 
       お暇な方は最初から、さわりのみの方は48分位の所からどうぞ!
       音が実際に聞くのよりも、ヴィデオではずっと押さえられていますが、
       リズムとテンポの素晴らしい変化をどうぞ!




       こちらが上・ソプラ地区の進行係で、ご挨拶。
d0097427_14144631.jpg



       楽師、コーラス隊の奏でる中世の音楽に乗り
d0097427_14150738.jpg



       ソプラの人々が登場、行進を
       上の地区・ソプラの主たる区域カラーはブルー。
d0097427_14152314.jpg



       子供達も登場
d0097427_14153807.jpg
d0097427_14155440.jpg



       赤ちゃんもたくさん! 
       ちっちゃな好奇心に満ちた目線がおかしいですねぇ。
d0097427_14161134.jpg
d0097427_14180372.jpg



       春の乙女達も次々と
d0097427_14181961.jpg
d0097427_14183479.jpg



       舞台前を通った後、広場の向こうで休む騎乗の騎士たち
d0097427_14241867.jpg
       この午後は少し曇り空となったのですが、とても暑く!
       時代衣装はビロード生地が多く、さぞ暑かろうと思いましたが、
       お馬ちゃんたちも写真を見ると汗だくで、ご苦労さん!




       巻き毛の可愛い子
d0097427_14243574.jpg



       さて、下の地区・ソットの楽師、気合を入れて登場!
d0097427_14245270.jpg
d0097427_14250748.jpg
       ほらね、下の写真の真ん中の茶の衣装は、お祭り開始の太鼓の男性で、
       その斜め前の女性は、ソットのコーラスの指揮者。




       お馬ちゃんが通ると、必ずお土産を置いていくのですけど、ははは、
       一人神経性の下痢だったのか、ははは、べチャッとしたのを落とし、
       シクレッツァ・保安係りの小父ちゃんが掃除の最中
d0097427_14252319.jpg
       なんとかお水も撒いて安全なようにしたのですけど、間に合わず、
       時代衣装の人がいつ上を通るかと、こちらはハラハラしながら見物。
       列の先頭の人はチラッと見ながら避けますけど、ははは、
       次々続く人はそこまで目が届かず、ついに長い裾を引きつつ・・!
       shinkaiと隣のシニョーラは思わず、きゃぁ~!

       遠いアッシジのお祭りで、隣の桟敷に座ったシニョーラは
       なんとパドヴァの方で、家族との旅行でこの日一日をここに。
       我が家近くの日本食品を売っているお店を教えて貰いましたぁ!




       こうしてやっと空いていたソプラ区域の桟敷が埋まり、
       漸くにお祭りらしい彩りが出来始め
d0097427_14253866.jpg
              



       こちらは、下町ソットの進行係
d0097427_14255379.jpg



       下町ソットの人々の登場口はコムーネ広場の西側、
       インフォメーションの北側の坂道。
       今ファンファーレが鳴り響き
d0097427_14260955.jpg



       なんと、登場して来たのは子供の太鼓隊!
       ああ、そうなのか、前日に下の広場で見たのは
       この太鼓隊に参加している兄弟だったのだ、と納得。
       マンマに励まされている子も!
d0097427_14262480.jpg
       大きな拍手に迎えられ、舞台前を通り過ぎていくと、




       いよいよソットの太鼓部隊
d0097427_14263995.jpg



       太鼓の音はやはり凄く、素晴らしいのですが
       ・・どこかソプラと違う感じなのです。リズムかな?
       隣のパドヴァのシニョーラも同じ印象を持ったみたい。

       ですが、太鼓の皮を見て!
       ボコボコにへっこんでいるんですよ。
       中年にかかったシニョーレも2人ほど顔が見えるのですけど、
       若さに任せ、力を込めてぶったたくのでしょうねぇ!
       きっとソプラの太鼓もこんな様子ね!!
d0097427_14265421.jpg



       舞台前を通り、  後姿の衣装もなかなか良いでしょう?
d0097427_14271063.jpg



       広場の東側で隊列を整え
d0097427_14283632.jpg
       後ろに見える人々は、ソプラ地域の人々。

       町を2分しての競演合戦で、まさに火花が散りそうなほどの
       激しい競争の始まり、始まりぃ~!

       ソットの今年の太鼓隊のヴィデオがありました。
       それも、ほぼ私が見ていた桟敷に近い場所からのもの!


       という所で、その1の1を終えます。
       早々の続きをお楽しみに!!



     *****

     ◆ 展覧会のお知らせ ◆

       東京の久米美術館で開催中の
       ミヒャエル・クーデンホーフ=カレルギー絵画展
       のご案内が届きました。
d0097427_14285358.jpg
       大変にファンタジーに満ち満ちた絵ですが、
       お名前から即、どんな由縁の方かお分かりでしょうか?!

       久米美術館からの素敵なプレゼントのお話もありますので、
       水彩ブログでのご案内をどうぞ!


    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     
    
       


       


by italiashiho2 | 2015-05-31 14:33 | ・アッシジ | Comments(11)
2015年 05月 27日

   ・・・ 総集編 ならびに食べた物 その2 ・ ウンブリアの春2015 ・・・

d0097427_01200605.jpg
       先回に続き今日は、ウンブリア旅行の総集編と食べた物の2回目
       アッシジと午前中出かけた近くの町の事など、
       少し長くなりましたが、ごゆっくりご覧くださいませませ!

       まず上は、アッシジに到着の日、コムーネ広場の近くで食べたお昼
       広場のインフォメーションに行く時に、すぐ手前の急な坂道
       ヴィア・ポルティカにセルフ・サーヴィスの店が出来ているのを見つけ、
       急ぐ時にはちょうど良いと、インフォメーションのあと引き返したのですね。

       かなり広い明るい店で、一番奥がほら、窓際の明るい席で、
       左のお皿が、カンネッローニ・cannelloniという筒状のパスタに
       リコッタ・チーズとホウレンソウの詰め物が入ったもの。

       右は茄子にタマネギ、ズッキーニ、ペペローニなどの野菜に
       パン粉をかけてオーブンで焼いたもの
       ゆで卵の一切れに、インゲン豆なども見えますね。
       で、ビールは生を1杯!

       このお店はなかなか味もよく、お値段もそれなりで、
       旅先で待たずに食べれるのには良いと思ったですが、
       ただ昼間だけの営業。



       
       夕暮れ前からサン・フランチェス聖堂前で日暮れを待ち
       ライト・アップの変化を追います。
d0097427_01202497.jpg
d0097427_01204099.jpg



       聖堂前の坂道を行ったり来たり、お腹も空いて来るし、
       空の色、明かりの色の変化も逃したくなし、

       ついに広場の前角のカフェに入り、
       オレンジ・ジュースとトルタをね。
d0097427_01205501.jpg
       すぐ横の窓からは聖堂と空が見えるし、夕暮れの空を
       追いたい時は、いつも夕ご飯とのジレンマ!

       店にはレストラン部分もあるのですが、この季節まだ開いておらず、
       その後もう一度店に行きビールを頼み、ついでにカウンターに
       あったオリーヴを少し貰いましたっけ、ははは。

       ホテルに戻ってから、持参していたクラッカーと干し果物を
       かじりつつ、これも持参していた赤ワインをちびちび。
       そう、備えあれば憂いなし、ははは。




       この日の最後、とっぷりくれた夜空に浮かぶ聖堂
d0097427_01214318.jpg



       翌日午前中は、アッシジの町の坂下にあるサンタ・マリーア・
       デッリ・アンジェリ・Santa Maria degli Angeliの聖堂に。

       何度も横を通りつつ、この如何にもの大聖堂を敬遠していたのですが、
       行って見ない事には話にならないと改心し、はい。
       
       聖堂の横からの眺めと正面
d0097427_01215839.jpg
d0097427_01221458.jpg



       中は想像していた様に写真禁止で、サイトから拝借で、

       内部にはポルツィウンコラ・Porziuncolaと呼ばれる小教会、
       聖フランチェスコによって修復された3番目の教会といわれ、
       ここで彼は1226年に亡くなります。
d0097427_01222907.jpg
       勿論当時はこの様にフレスコ画で装飾されてもいなかったのが、
       16世紀教皇ピオ5世により、保存保護する為に現在の大聖堂が、
       ポルツィウンコラを内蔵する形で建設されたと。




       (サンタ)キアーラも俗世を捨て、家から逃げてフランチェスコの
       下に来たのがこのポルツィウンコラだったと言われ、
       アッシジの聖堂に次ぐ一大巡礼地で、

       聖堂前の広い広場の脇には、ずらっとスーヴェニール店
d0097427_01224592.jpg



       暑い暑い日でして、レストランに行く気にもなれず、
       横道を入った所のバールにメニューが出ていたので、
       野菜スープと、小ピッツァを。
       車で行ったので、自粛してお水のみ。
d0097427_01230233.jpg



       アッシジ2日目の6日午後から、
       いよいよお祭りの公演が始まりまして・・、1枚だけね、ははは。
d0097427_01231642.jpg
       公演は午後3時か3時半に始まり、その後の夜の公演も
       今回は2回ありましたし、
       朝、近くの町に出かけるのにはちょうど良いのですが、
       時間には戻ってこないといけずの制限つき。




       この日の夕食は、鱈のサラダとビール
       鱈の小さな切り身にトマト、カッペリ、アッチューゲ、
       黒オリーヴ、サラダ菜とルーコラだったと思うのですが、
       これがさっぱりでとても美味しかった! 
d0097427_01233181.jpg



       翌日午前は、アッシジの町から30分もかからない
       スペッロ・Spelloの町に。

       町のコンソラーレ門・Porta Consolare、ローマ期からの主要門
       ですが、現在門の下のローマ期の遺跡の修復で通れず、
       脇のちょっと先から町の中に。
d0097427_01234690.jpg



       以前来た時はちょうどお昼で閉まっていて見れなかった
       サンタ・マリーア・マッジョーレ教会・S.M.Maggiore内の、
       礼拝堂のピントゥリッキオ・Pinturicchioの美しい壁画もしげしげと。
       
       優美で美しいピントゥリッキオの絵は好きでして、
       余り画家本人の好みの美人の癖がなく、ただただいとも美しい、
       というのが好きなのかもですが、はい、
       傍に目を寄せじっくり見ると、やはり素晴らしく上手いのですよねぇ・・!
       と、当たり前の事を改めて発見、楽しみました、ははは。


       爽やかな緑の並木道の下のカフェで
d0097427_01240151.jpg



       ファッロ麦のサラダを。
       ほら、ナイフが緑を映しているでしょう?!
d0097427_01241658.jpg
       ファッロ・farroはスペルト小麦と出ましたが、言葉はわかってもね・・、
       むちっとした歯ごたえの大き目の麦で、夏のサラダによく使われ、
       トマトにルーコラ、オリーヴなどが入り、
       上からパルミッジャーノ・チーズの削ったのと、バルサミコ酢。
       美味しかったですが、量が少し多めかな、shinkaiには。




       この頃はカフェを飲まなくなったので、
       最後はオルゾ・大麦の代用カフェをね、ははは。
       勧め上手に乗せられお菓子を一つ取り、
       外はさっくりの、中にクリームだったと。 
d0097427_01243344.jpg
       お客にはとても愛想がよかった若いカップルの店主たち。
       でも店の主導権争いでの何度もの些細な口げんかを眺めつつ、
       あれこれ勝手に想像しながらのお昼も楽しかった! ははは。




       町は山に沿っての高所に広がり、
       上から眺める古いサン・クラウディオ教会・San Claudio.
       帰りに寄りましたが、やはり閉じていて。 
d0097427_01245070.jpg



       戻りにもう一度、コンソラーレ門を。
       朝は陰の中だったので、帰る頃には光の当り具合が
       ちょうど良いだろうと思っていた通り。 
d0097427_01250569.jpg



       このスペッロの町はインフィオラーテ・Le infiorateと呼ばれる
       花祭りで有名な町で、今年6月6・7日のポスターも見え。
d0097427_01252093.jpg
       お祭りは、広場とか道に花弁の色を使って図柄を描くもので、
       実際に見た事はないのですが、写真で見ただけでも、
       そのデザインの細かさ、中間色の繊細さなどに驚きましたっけ。

       ウンブリアのお祭り、皆広場へ

       スペッロの以前のご案内は




       この日は午後の公演の後、町の一番の高所にある要塞に行き、
       夕陽から町の灯がともるまで粘り、薄暗くなった石段、坂道を
       降りて来て、遅めにレストランに。

       一人で、はたまた遅めにレストランに行くと
       どの席に座らせられるか、ええ、大体真ん中の空いた席で、
       壁際の席から埋められて行きますから。
       余り落ち着かなくとも、照れるほど若くもなし、ははは。

       この日食べたのは、初めて出会ったパスタで、それも初めての味!
       パスタの名はストロッパプレーティ・stroppapreti
       直訳すると、坊主の首絞め、とでも、ははは。
       そうそう、見えているのは黒ビール
d0097427_01253693.jpg
       ピーチと呼ぶトスカーナやウンブリアの太いウドンの様な
       パスタがありますが、これは美味しくて大好き、
       それを2本合わせた様な感じで、5-6cmほどの長さ。

       つまり食べにくいので、大喰らいの僧侶などが急いで食べると
       喉に詰まるさ、という悪口から来ているのだそうで、
       このパスタがあるのは中部イターリア、つまり教皇領のあった土地!

       で初めての味と書いたのは、今まで食べた事のない味でして、
       ご覧の様に上にタルトゥーフォ・トリフがかかっていて、
       ぷ~んと良い香り! うひひ。

       ですが、一口食べた時、甘い!と思ったのですね。
       甘い味のパスタなんて想像できます?
       白くぶつぶつ見えるのは、リコッタ・チーズでして・・。
       喉には詰まりませんでしたが、ははは、
       初体験の不思議な味のパスタでしたぁ!

       ・・もう一度食べたいパスタか?
       ええ、トマト味のパスタなら、美味しかろうと思いますです。
       



       一緒に頼んだ野菜のグリルも、上からチーズがヴェールみたいに
       薄くかかり、余計な事をと、ははは、除けて食べましたが・・。
d0097427_01295567.jpg



       てな事でこの日の最後は、グラッパ酒でお口直しを、ははは。
d0097427_01301081.jpg



       翌朝は、サン・フランチェスコ聖堂から下って来た所の駐車場、
       私めも5日間停めていたサン・ジョヴァンニ・パオロ2世駐車場の
       すぐ横から階段を下りての道、上でご紹介した
       サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ聖堂に続く煉瓦敷きの
       道を行き、この参拝道に敷かれたレンガには、
       寄付した人々の名が刻まれており、聖堂まで4kだそう、

       その道脇のこんな泉を見に
d0097427_01302429.jpg

       現在は飲み水には使われていませんが、かっては参拝客用だったのか、
       由緒正しい泉の姿で、木々の背後には無人の農家が見え、
       道を往き来する人も余り見ない現在、3つに区切られた水槽の
       かっての使い方をあれこれ想像し・・。

       山腹に広がるアッシジの町は、きっと湧き水が豊かだったのでしょう、
       ヴェネツィアで見る様な町の広場の井戸は見かけません。
       コムーネ広場のすぐ下とかその先にも、大きな水槽の様な泉や、
       噴水式の泉、そして小さな水飲み場とかで、
       この町の泉についても、ちょっと知りたい気持ちです。




       こんもりと茂った木々からの木漏れ日に、
       ちょろちょろ落ちる水の反射が煌き、 
d0097427_01303893.jpg



       上にはこんなイコンの写真も。 これは新しく置かれた物。 
d0097427_01305315.jpg



       町の中心に戻り、この日のお昼は先日と同じ
       セルフ・サーヴィスの店で、食べました物は
       右、カルチョッフィと、野菜のグリル各種
       左、メルルッツォのパン粉焼き、付け合せにホウレンソウ
       そして、生ビール
d0097427_01310817.jpg
       魚が大きかったし、ホウレンソウもあっという間にどかっと
       お皿に載せてくれ、このお昼は食べ過ぎぃ~!

       という事もあったのですが、なぜかこの日の夕食にはお醤油に酢味とか、
       おにぎり、野菜の素朴な煮物等ばかりが頭に浮かび・・。
       これは到底無理ですし、お腹も減らず。
       暑いので日頃は食べないジェラートも食べていますしね、
       で夕ご飯は抜きで、ホテルでカリカリと持参品をちょっぴり・・。




       翌日はアッシジ最後の日で、この日も抜けるような青空の暑い日、
       午前中は車をアッシジの駅前に置き、電車でペルージャ・Perugiaに
       ペルージャの街は大きく、大学もあるので駐車場探しの大問題があり、
       以前も往生したので今回は電車で、30分足らずの距離。

       で駅前からバスに乗るのに、はぁ、アルファベットは依然苦手で、ははは、
       それより単なるドジのせいか、バスを間違え、どんどん田舎の道に!
       それでもぐるっと回って戻るのかと、待っていてもどうも違う・・。
       隣の席の女性に尋ねましたら、いや、このバスは行ったままで戻らない。
       気の毒だけど、少し歩いて戻って別のバスを待つしかないと!

       すぐ停車のベルを押してくれ、降りたのですが、さてどうするか・・。
       いつ来るか分らないバスを待っていると、アッシジにお昼過ぎに戻れない。
       で、亀の甲よりも年の功、はは、
       ちょうど携帯電話の店があり入ると若い男性の客がいたので、
       用が済むのを待って、
       バスを間違えペルージャに戻りたいので、タクシーをして下さい!と。

       快く彼が街のほぼ中心に近い所まで送ってくれ、
       大体の距離は見当が付いたので20エウロ渡し、彼も満足、私も救出!

       という事で、ははは、無事辿り着きましたペルージャの中心、
       プリオーリ宮・Palazzo dei Prioriと、
       フォンターナ・マッジョーレ・Fontana Maggiore.
d0097427_01312212.jpg



       ドゥオーモの中も拝見しましたが、
       今回見ようと狙って行ったのは2つありまして、

       一つはこれ、ローマ期の水道橋が現在も残っている道で、
       中程から左に延びる細いのがそれ。
d0097427_01313875.jpg
       この辺りは以前も見ているのですが、水道橋に降りる道、
       この写真の風景がどこから見えるのかグーグルで探し、
       行ったと言う訳。
       
       あの水道橋の細い道も歩いてみましたので、またご案内を。




       もう一つ確かめたかったのは、エトルスコの門・Arco Etrusco
       またはアウグスト門・Arco di Augustoと呼ばれるこれ。
d0097427_01315310.jpg
       ペルージャの街の門はどれもこれも高く頑丈そうで、はは、
       それだけでも威圧感を覚えますです、田舎者には、はい。
       
       この門の内側の古い石組み、つまりエトルスク期のが
       見事で素晴らしい存在感で、見に行って良かった!

       この前の道を右にぐるっと回っていくと、先ほどの水道橋の
       上の道に出まして、私が居た時もど真ん中に観光バスが停まり・・!




       お昼は、街の目抜き通りのテントの下で、茸のパスタを。
       暑い日、爽やかな風の通る場所で、道行く人やワンちゃんを眺めつつ
       頂くビールと美味しいパスタ、最高!
d0097427_01320831.jpg
       中には厚切りのポルチーニが幾つも入っていて、私には
       タルトゥーフォよりも美味しい茸で~す。




       中心のヴァンヌッチ通り・Corso Vannucciの様子、
       突き当りがドゥオーモ。
d0097427_01322318.jpg

       ペルージャ行きの田舎者には、もひとつおまけのドジがありまして、
       駅までバスで戻り電光時刻表(別の言葉があったっけ?)を見ると、
       予定していた戻りの電車がない! なんでやねん?!
       落ち着いてよくよく見ましたならば、土曜日は運行なし、ははは。
       仕方なく1時間待ちましたが、ペルージャはshinkaiには鬼門なのかも!

       以前のペルージャのご案内



       アッシジ最後の夕食は、パスタのノルチャ風を頼みましたら、
       またまたタルトゥーフォがかかった奴で、ははは。
       香りは良いものの、味がねぇ・・。
       そしてサラダの小とビールを。
d0097427_01323821.jpg

       タルトゥーフォは本当に美味しいと知ったのは、この1度のみ!



       アッシジを去る朝、9時前のサン・フランチェスコ聖堂前
       まだ観光客も参拝客も少なく、空気も少しひんやり。
d0097427_01325452.jpg



       聖堂前広場の兵士、この広場に2人、上の広場の横にも2人、
       重装備で防弾チョッキも付け、さぞ暑く重たかろうと!
d0097427_01330940.jpg
       ですが時々カフェを飲みに角の店に入って来たり、
       お菓子類を箱に入れてもらって持ち帰る姿も見たりで、
       やはりイタリアの兵士はイタ男だと可笑しかったり・・。       

       はい、車に乗ってもう一度この道を通り、ホテルの鞄を引き上げ、
       アッシジに別れを告げたのでした。
       また来れると良いなぁ・・!
       次は晩秋とか、雪の舞う聖堂とか・・ね。

       アッシジ全体のご案内はこちらから




       アッシジから最後に寄ったのがグッビオ・Gubbio.
       一層整備された姿ですが、この眺めは変わる事無く。
       真ん中に一際聳えるのが、コンソリ宮・Palazzo dei Consoli.
d0097427_01332401.jpg



       お昼を食べた時、見上げる町の北側の山が、
       かなりの強風に雲が動くたびに表情を変え
d0097427_01334385.jpg

       以前のグッビオのご案内は



       8日間の今回の旅では、宿も長い泊まりで見た町も多くなく、
       それでも朝早くから夜遅くまで歩き回ったり、公演を見たり、
       何よりもあの坂道石段の連続に疲れていたのか、
       家に帰るとなると、戻ってのゆっくりのお風呂も恋しく・・、

       何かさっと食べて帰りたい一心で、ははは、道脇のカフェのテラスで、
       モッツァレッラ・チーズとトマト、黒オリーヴ、茸のサラダを。
       勿論茸はマッシュルームだよね、ははは、・・考えの至らぬshinkai!
d0097427_01335833.jpg



       という事で、今回のウンブリアの旅総集編の最後は
       抜けるような青空の下のコンソリ宮を!
d0097427_01341349.jpg


       長いお付き合い、お疲れ様、そして有難うございましたぁ!!


     *****

       カテゴリ欄の「ブログ総目次 n.10」に、漸く、はは、
       昨年8月以降の目次を追加いたしましたぁ!

       関連記事にはリンクするようにしていますが、
       宜しかったら、こちらからも探してやって下さいませませ。


     *****

       水彩ブログには、 サン・ジミニャーノの雲海、 途中経過 を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       





by italiashiho2 | 2015-05-27 01:39 | ・ウンブリア州 | Comments(20)
2015年 05月 22日

   ・・・ ウンブリアの春 2015 総集編 並びに食べた物 その1 ・・・

d0097427_23412527.jpg
       出かけた後の恒例により、はは、食べた物、旨いものを見て頂くのに、
       お皿の写真だけ並べてもと考え、周辺をも少し加えましたら
       結構な枚数になりました。
       ならばと総集編を兼ねる事とし、その日の各部を再度選び加えて
       2回に分ける事に。 で今日はその1を。

       タイトルに即、旨いもの、と書かなかったのには訳がありまして、
       はい、見て頂くとお分かりと思いますが、
       肉を食べない上に、今回はもひとつ貧乏旅行となりまして・・、
       まぁ、これもイタリアの素顔であると、きゃはは、ご了解を!

       
       上は、今回の旅行で最初に撮った1枚
       場所はトスカーナの南、カプレーゼ・ミケランジェロの村に行くべく
       E45の酷いガタゴト自動車道をサント・ステーファノで降り、
       上り坂に、はい、かなりの上り坂にかかった辺り。
       少し曇天でしたが、のんびりの田舎の春風景が広がり・・。
       


       さてカプレーゼ・ミケランジェロ・Caprese Michelangeloですが、
       この村にはミケランジェロ・ブオナロッティ・Buonarrotiの
       生まれた家といわれる館があり、こちら。
d0097427_23414319.jpg
       が、実際にはこれはパラッツォ・ポデスタ・Palazzo Podestà、
       執政長官の館と呼ばれるもので、
       ミケランジェロ・ブオナロッティ・Buonarrotiの父親ルドヴィーコ・
       Ludovicoが、1384年からフィレンツェの支配下に在ったこの村の、
       長官として居住していた時に彼が生まれたというもので、1475年、
       彼の家ではなかったのを今回知りました。




       現在はミケランジェロ博物館として、内部もこのように整備され、
d0097427_23415806.jpg



       建物前面にある階段を上った2階の部屋
d0097427_23421464.jpg



       そして奥に2部屋在る内の南側のこの小部屋
       ここでミケランジェロが1475年3月6日に生まれたであろうと。
d0097427_23422855.jpg

       村の歴史は古く、この区域はロッカ・カステッロ、要塞・城と呼ばれ、
       村の一番北側の高い位置にあり、他に大きな建物が2つ、
       周囲は城壁に囲まれたかなり広い区画で、
       現在はミケランジェロ博物館の一環として、彼の作品のコピーや、
       他の作家達の作品展示などもされておりました。


       彼の父親の執政官としての半年の任務期間はちょうど3月で終り、
       当時大変厳しい経済状態であったらしい一家は、
       フィレンツェ郊外のセッティニャーノの村に戻ります。
       この村は石を産し石工の多く居た村で、石工の娘であり妻であった
       乳母の家に預けられたミケランジェロ。
       多分この村で自分の生きる道を選んだのでしょうね。

       セッティニャーノ村の探訪は




       城の前の道を村に下り、そこから少し東に、
       このサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会・San Giovanni Battista
       1475年3月8日、ミケランジェロは洗礼を受けたと。
d0097427_23424686.jpg



       お昼前に村に到着、我が家から365km 約4時間、
       博物館が終日開いているのを良いことに、
       ゆっくりのんびり見ている内に、お昼をとっくに過ぎ2時半頃。
       博物館すぐ下にあるトラットリーアからは、
       お肉グリルの良い匂いが周囲に充満! 
       いや、これは食べられないしと、通りがかりのシニョーレが
       教えてくれた村外れのレストラン前に。
       ここも賑やかな声が聞こえ、お肉の匂い!

       こういう田舎でこういう店に一旦入ると、長く待たされるだけなのを
       経験済みですから、まぁ、そう遠くないからと、40k40分ほど、
       今夜の宿であるチッタ・ディ・カステッロの町に向かう事に。

       途中で道脇にサーヴィス・エリアのあるのを見つけ、
       食べれるかと聞くと、3時で閉めたとのこと。
       
       てな事でありついた、旅初日のささやかなお昼は、ははは、
       リンゴのタルトと、パイナップル!!
       嬉しくて、写真までブレてる!
d0097427_23430862.jpg



       今回行った範囲の、ウンブリアの地図をどうぞ。
       旅の初めに2泊したチッタ・ディ・カステッロ・Città di Castello
       この町はウンブリア州に入ってすぐの町で、
       翌日行ったモントーネ・Montone
d0097427_23432299.jpg
       
       ペルージャ・Perugiaアッシジ・Assisi、アッシジから出かけた
       スペッロ・Spello、そして最後に寄ったグッビオ・Gubbio.




       チッタ・ディ・カステッロのホテルに荷を置き、
       まずは町の中心、ピアッツァ・マッテオッティ・Matteotti広場に
       日曜の午後、しかも5月1日からの連休の最後の日とあって、
       町の人とともに、かなりの観光客の姿。
d0097427_23433661.jpg



       長方形に広い広場の西側を占めるこの建物は、
       パラッツォ・ポデスタ・執政長官の館で、
       正面はこんな17世紀のバロック様式。
d0097427_23435147.jpg



       所が横のコルソ・カヴール・Corso Cavourに入った途端に
       驚いた、この元の姿を物語る壁の威圧!
       14世紀後半の建物だというのが素直に頷けます。
d0097427_23440702.jpg



       で、続く市役所・Municipio.
       扉が開いていたので入ってもOKなのだろうとは思いつつ、
       とにかく真っ暗! 
d0097427_23442362.jpg
       
       先に入った人々が喋りながら階段を上っていくので、
       まぁ、牢屋ではないのだろう、ははは、と思いつつshinkaiも。
       古い古い煉瓦敷きの階段を上り、上の会議室も見て参りましたぁ。
  



       そしてその先に、こちらが町のドゥオーモ
       傾斜地を利用しているせいか、入り口階段も高く、
       どこもかしこも、とにかく重厚な印象の町
d0097427_23443836.jpg



       町2日目の夕方もまた出かけてあちこちうろうろしたのですが、
       お天気が回復しての、ドゥオーモの裏に在る円筒式鐘楼
       上れる、とは書いてありましたが、扉は閉まっていて・・。
d0097427_23445377.jpg



       現在市の絵画館パラッツォ・ヴィテッリ・アッラ・カンノニエーラ・
       Palazzo Vitelli alla Cannoniera.
       町の有力一族ヴィテッリ家の建物の一つという事ですが、
       美しい壁画で装飾。
d0097427_23450936.jpg
       所蔵品にも心を惹かれたのですが、日曜日は既に閉め、月曜休館、
       火曜は朝10時からというので、待ちきれず今回はパス。

       この道を跨ぐ姿ですが、左に見えるこの城壁が町を取り囲み




       こんな形で良く保存されていて、外側は散歩道に。
       奥に見える壁内の建物辺りが、今回の宿。
d0097427_23452437.jpg



       チェック・インした時、ホテルのレストランでは
       3種の中から選べる式の夕食が16エウロです、
       というので予約し、7時半に。
       南に行くほど、夕食の時間が遅くなる気がするのですがぁ・・!

       プリモに、ペペローニの入ったちょっとピリ辛のペンネを
       美味しかったですが、量が多かったぁ!
d0097427_23453874.jpg
       白ワインを半L頼んだのですけど、待ち時間にちびちびとやって
       足らなくなり、もう半分! これも飲みすぎぃ!




       セコンドには、鱸のグリルと、付け合せにタマネギのフライ
       うん、この鱸も美味しかった! 
       久し振りのおちゃかな、にゃぉ~ん。 
d0097427_23455461.jpg



       部屋の窓から見る旅初日の夕暮れ
d0097427_23461028.jpg
       この町も駐車場に苦しみ、どの道も満杯!      
       道の突き当たりに上記の、美しい絵画館があるのですが。
       右に見える広場というか工事現場で、
       ローマ期の遺跡にぶつかり、工事は遠慮がちに向こうの端で。
       保存問題が解決するまで、まだ何年もかかる事でしょう。




       翌日はチッタ・ディ・カステッロの町からだと30分ほどで行ける
       モントーネ・Montoneの町に。 「イタリアの一番美しい村々」にも
       選ばれており、一度行ってみたかったのですね。

       自動車道から外れ坂道に差し掛かると、みずみずしい緑!
d0097427_23462467.jpg



       が、この後が物凄いカーヴと坂道の連続でして、ははは、
       まぁナヴィの教えてくれる通りに行き、駐車もできましたが、
       どうやら町の南端に着いた様子。

       この眺めは、町の北端の要塞跡から
d0097427_23510419.jpg



       上の写真、手前右に見える町の門にある、
       モントーネ・雄羊の紋章、1487年の年号が見えます。
d0097427_23512286.jpg



       モントーネで一番古い教会という、ロマネスク・ビザンティンの
       サン・グレゴーリオ教会・San Gregorio.
       町の外、こうして見える位置にあるので、今回はパス。
d0097427_23513772.jpg



       古い石組みの家、細い上り下りする小路、光と影が美しい陰影を
       見せてくれる小さな町の中を何度も行ったり来たり・・。
       町の中心の広場には、町の人が休んでいたり話し込んだり、
d0097427_23515781.jpg



       トラットリーアやレストランはいくつかあったものの、
       どこかにのんびり座ってお昼を、という気持ちから今回は少し遠く、
       ついに今日も広場の角のバールに。

       生ハムなど挟んだパニーノはダメだし、
       この日も、オレンジの生ジュースと、トルタと小ピッツァ!
d0097427_23521379.jpg



       古い建物の中を改造したバールは、天井はレンガのアーチが重なり、
       面白いなぁときょろきょろ眺め、
       天井近い小窓から、外を歩く人の足が見えたり・・、
       こちらは、上手くあしらってくれたバールのシニョーレ
d0097427_23522864.jpg
       この小さな歴史ある古い町はとても気に入りましたので、
       また改めてご案内いたしますね。




       モントーネから戻って来て、チッタ・ディ・カステッロの町に
       入るところで、これを!
       そう、アルベルト・ブッリ・Alberto Burriの作品。
d0097427_23524263.jpg
d0097427_23525761.jpg
       戦後のイタリア美術において、現代抽象美術の先駆けとなった
       絵画・彫刻作家ブッリ(1915-1995)の作品なのですが、
       私は単に名前とこの作品の写真を何度か見ているだけでして。

       それがたまたま見えたので、そうだったっけと撮りましたが、
       このチッタ・ディ・カステッロは彼の生地で、
       町中と、この写真の背後に見える黒い建物、元タバコの乾燥工場に
       彼のコレクションが収蔵されていると。

       こうして撮ると赤く見え、今まで私も赤と思っていたのですが、
       実際は錆茶色で、いつもながらの色の見え方の不思議さ、
       取り合わせによる色違いにも頷いたことでした。

       ブッリのサイトはこちらに。
       http://www.fondazioneburri.org/




       この日の夕食は、ホテルの近くにたまたま見つけたインド料理店、
       物凄く分り難い開店日と時間表を睨みつつ、
       なんとか今夕7時には開いていそう、わぁ、イタリアに来て初めて
       インド料理が食べられそう、何十年ぶりだろうと大喜び、ははは。
       町の散歩も時間をみて切り上げ戻ってきましたら、

       何の事はない、休日! 前日は表に出ていた看板もシャッターの中!
       もう一度町中に戻って店を探す元気も失せ、
       再度ホテルのレストランで食べる事に、ああ・・。

       ビールを頼み、待つうちに
d0097427_23531179.jpg



       プリモの、魚介と野菜のリゾット
       はい、これも美味しかったけど、やはり今日も量が多いなぁ・・。
d0097427_23532560.jpg



       セコンドのオムレツ、というより、かき混ぜ卵焼きじゃん!
       付け合せにジャガイモ
       選んだ私がバカだったぁ、と思う一瞬。 あ~ん、インド料理ぃ。
d0097427_23534018.jpg



       翌朝アッシジに向う途中、ペルージャの街の北端にある
       テンピオ・ディ・サンタンジェロ・Tempio di Sant'Angelo
       寄りました。

       円形の、古く良さそうな面影の教会に惹かれたのでしたが
d0097427_23535489.jpg



       中に入ってみると、素朴な形はともかく、
       床材も新しく、天井部のアーチ部分も、そして天井の覆いも、
       どうやら修復されたのが近年らしく
       明るすぎるほど光が入るのも、ちょっと意外な感じで・・。
d0097427_23541056.jpg
d0097427_23542575.jpg

       ちょっと調べてみましたら、
       やはりオリジナルは5世紀に遡るものの、10世紀頃にかなり改装、
       その後15世紀にペルージャの有力者バリオーニ家・Baglioniにより、
       軍事目的に使われたりで傷めつけられた様子。

       戦後になって修復工事がされ、床も天井も新しく、
       窓も再度開けられ、という事は以前にもあったのですね、
       古いフレスコ画なども見つかった、という事。

       ボローニャで見た、やはり古い円形の礼拝堂
       素晴らしいものを見ていると、つい比較してしまいます・・。




       見つかった、という古いフレスコ画
d0097427_23543961.jpg
    
       一番左に見えるのは多分聖女XXで、どなたかな、
       胸が赤くなっているのは、昔女性を処刑する時には、
       無残にも両乳房を切り取ったという事なので、多分それですね。
       



       入り口脇にあった、古い石碑
       逆向きなのですけど、光の入り具合が良いと思うので、このまま。
d0097427_23545403.jpg

       という事で、ウンブリア総集編と食べた物その1、でした。

       少し長くなりましたが、楽しんで頂けましたように!



     *****

       水彩ブログには、 船出 ヴェネツィア の詰めと、描き出し1点  を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!    
  
            
       




by italiashiho2 | 2015-05-22 00:00 | ・ウンブリア州 | Comments(13)
2015年 05月 18日

   ・・・ アッシジに再会の日 ・ ウンブリアの春 n.3 (追記)・・・

d0097427_03093668.jpg
       今回の、「ウンブリア旅行」と言うより「アッシジ再訪」は
       かなり唐突に、1ヶ月ちょっと前に決めたのでしたが、
       いざ決めると、じわじわと心の底から嬉しさが湧いてきて、
       車の免許を取ってすぐに、初めて一人で運転して出かけた
       アッシジを想いだし、くしゃくしゃになっていた車のクッションも洗い、
       古くなって糸の綻びていた気に入りの財布もつくろい、ははは。
 
       そして、7年ぶり6度目のアッシジ訪問は
       あの道を通って!と決めたのでした。
       
       7年ぶり6度目の訪問なのですが、日本からの旅行で初めての訪問は
       1984年ですから、なんと31年まえの事で、3度訪れていて、
       その後の2度がイタリアに住むようになっての事。
       やはりなんとも静謐な町の良さに惹かれているのですね。
       
       上は、そうして土地の道を通って行き、
       初めてアッシジの姿、サン・フランチェスコ聖堂が見えた時!
       やはりこの町の姿は美しい!!



       レンズの向こう、町の東端のサンタ・キアーラ教会も!
d0097427_03095286.jpg



       緩やかな坂道を下り、アッシジに向う県道との合流点に出ると、
       同じサン・フランチェスコ聖堂がこんな威容を見せます!
d0097427_03291531.jpg

       8年前に初めて車の窓から見上げたアッシジの町は、
       このサン・フランチェスコ聖堂のこの威容。
       そうなのですね、鉄道駅からの道だとこの姿ではないので、
       要塞とも見まがう程の姿にただ驚いたのでしたが、
       今回はちょっと道が違っていたのもあって、これより先に、
       山腹の緑の中にゆったりと広がる町の姿を見れたのでした。




       旗の立っているのが見えるのはサン・フランチェスコ門
       門の脇に信号があって、今、赤になっているのが見えますか?
d0097427_03293465.jpg
       この写真の右下広場に地下駐車場があり、一般車は町の中には
       入れませんが、ホテルへの鞄の乗せ下ろしはOKで、
       この理由で後ほどshinkaiめも、あの信号の門を通り、
       すぐ左に折れての坂道を行き、
       サン・フランチェスコ聖堂前広場に出て、ジャ~ン
       そこから右に坂道を上りサン・フランチェスコ通りのホテルにね。

       狭い道の多いアッシジの町は殆どが一方通行で、
       サン・フランチェスコ通りも東行きのみ。
       ですからホテルへ荷を降ろした後は、町の中心のコムーネ広場
       まで行き、この広場は通り抜けできず、西からも東からも
       ここで筋違いの一方通行の道で折り返す事に。

       で、西からの道はコムーネ広場から山の手の細い道をず~っと行き、
       サン・ジャコモ門の前から曲がって下り、
       再びサン・フランチェスコ聖堂前広場に出て、ジャ~ン!
       ゆるゆると下って下の駐車場に、という事に。

       ですから、この度もshinkaiは、サン・フランチェスコ聖堂前広場を
       2往復、4回も車で通っちゃったんでありますぅ、うひひ。




       てなことで、まずはホテルに鞄を下ろしチェック・インし、
       駐車場に戻り5日間のカードを作ってもらいましたが、
       7年前より一日に付き確か2エウロの値上げ、一日12エウロに!
       
       こうしてゆるゆると再度、今度は歩いて坂道を辿り
       見えてくるサン・フランチェスコ聖堂の正面側
       この道の曲がりの奥に、下から見えたサン・フランチェスコ門。
d0097427_03294756.jpg



       最初に目に入るポスター
       右、アッシジのカレンディマッジョ 2015年5月 6.7.8.9
       左、カレンディマッジョの期間限定タヴェルナ・簡易食堂オープン
d0097427_03300291.jpg
       そうなんです、この春アッシジに行こうかと考えた時、
       即、ではもう一度カレンディマッジョのお祭りを見よう!と。
       あんなにも楽しんだお祭りの切符を今回も予約し、
       いそいそと出かけてきた、という訳です。

       カレンディマッジョのお祭り、2008年
       その前夜
       http://italiashio.exblog.jp/7910201/  
       その1~4




       サン・フランチェスコ聖堂前広場
       青空、聖堂の変わらぬ簡素で典雅な美しさ、集まる参拝の人々。 
d0097427_03302277.jpg



       ここに来る団体の多くは、僧侶、尼僧に導かれていたり
       広場でも出会う僧侶達に説明を受けていたり。
d0097427_03303787.jpg



       まずはコムーネ広場の観光案内所で、予約した切符を受け取り、
       席を確かめておこうと行きますが、
       これがまたコムーネ広場直前のヴィア・ポルティカが凄い坂道で!
       おまけに春の修学旅行の子供学生達で溢れかえっているのです。
d0097427_03340250.jpg



       コムーネ広場の西の端にある、市の観光局、インフォメーション
d0097427_03342140.jpg
       1ヶ月前に予約し、写真を撮りたいので一番上の列の一番端の席を、
       と頼んでいたのが思う様に取ってくれておらず、それを言うと、
       もう売り切れなので、ダメなら返金します、という強気の姿勢。
       上のほうの席ですよ、と自分で上がって座って見せたりで、
       よし、通路の一番上の席に座れば良いのだ、と了解。

       翌日からのお祭り開催で、はは~ん、と分ったのは、
       中央の良い席はまず全部町の人々が占め、圏外、観光客の
       飛び入り用に、脇の区画が取ってあるんだという事。
       
       まぁ、町の人々が主催し参加し楽しむお祭りではあるので、
       分からない事ではないですが、せめて4日間通しの切符を
       買った者には配慮しても良さそうなもの、と思ったのは確か。




       コムーネ広場の塔とミネルバ教会
d0097427_03343658.jpg



       塔にはお祭りの主役の旗、下の区域の赤と、
       上の区域の青の旗が下がり、
d0097427_03345592.jpg



       桟敷席も既にこんな風に準備万端ですが
d0097427_03351140.jpg



       ミネルバ教会前の舞台ごしらえの方は、トントンカンカン
d0097427_03352857.jpg
       


            
       コムーネ広場の東側にあるこの泉、周囲のバールやカフェにも
       たくさんの人々が群がり、お祭り前日のなんともざわついた雰囲気。
d0097427_03354643.jpg



       町の東の端にあるサンタ・キアーラ教会に向いつつ
       あちこちの小路を覗きながら、変わっていないのを確かめて・・。
d0097427_03360235.jpg



       サンタ・キアーラ教会前。 ここも変わらず清楚で可憐な正面
d0097427_03361883.jpg
d0097427_03363347.jpg



       ちょうど小学生達が記念撮影中で
d0097427_03364955.jpg



       教会前広場からの眺めも変わらずに
d0097427_03370768.jpg
d0097427_03441041.jpg
       いや、この下にやはり大きな地下の駐車場が出来ていて、
       そこからのエスカレーターがこの広場に連絡している、
       その屋根が右端に見えるので、写らないように気をつけて。




       そうそう広場の端には、こんなメリーゴーランドもね。
d0097427_03443009.jpg



       余り変わっていないと、広場から見晴らす平野の眺め
d0097427_03540821.jpg
d0097427_03543073.jpg



       コムーネ広場からまたまたこんな急坂の道を上り
d0097427_03544702.jpg



       サン・ルフィーノ聖堂前に
       こちらがアッシジの町のドゥオーモで、
       サン・フランチェスコ聖堂は町の教会、という位付け。
d0097427_03550647.jpg
◆ 追記です ◆                           
       上記しましたサン・フランチェスコ聖堂のローマ・カトリック教会内での
       格付けの事ですが、
       私はサン・ルフィーノが町のドゥオーモなので、と単純に考えておりましたが、
       コメント欄でシニョレッリさんにご指摘頂き、ちょっと調べてみました。
       やはりご指摘どおり、

       バジリケ・パパーリ・Basiliche papaliと呼ばれる6つの聖堂、そのうち4つが
       ローマにあり、この内の一つにサン・ピエトロ聖堂も含まれるほどの、
       ローマ・カトリック教会での最上の格付けで、
       ローマ以外にふたつ、この内にサン・フランチェスコ聖堂と、
       アッシジの下の町サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリの聖堂が、
       前法王ベネデット16世の時より加わった事を知りました。

       シニョレッリさん、有難うございました!




       正面扉の前で何か作業中なので、寄ってみると
d0097427_03552298.jpg



       そう、こんなお祭り用の輪を製作中
       使われている枝は、ローリエ、月桂樹の枝。
d0097427_03553805.jpg



       聖堂前の店先、黒い子犬が籠の中に入っていたのを、
       観光の子供が大喜びで撫で回し、草臥れて外に出て来たワンちゃん。
       見ましたら、この上地区のスカーフを首に巻いており、ははは。
d0097427_03555506.jpg



       山の上の要塞にはさすが上りませんでしたが、
       一応西から東までの町の偵察観察をし、ははは、
       再度町の西の端下サン・ピエトロ教会前まで戻ってくると
       太鼓の音がするので、もしやと・・!
       そう、やはり下の地区の太鼓隊のメンバー達。
d0097427_03561064.jpg



       ですが、盛んに太鼓を叩いているのは、こちらのチビ君2人!
       結構ちゃんとリズムを取リ、小さい方も負けていないのですね。
d0097427_03562832.jpg
d0097427_03564709.jpg
       後ろに見えるのが、この2人のお父さんでしょう。
       ほら、お兄ちゃんの眉と目と鼻がそっくりでしょう?
       お父さんも太鼓を下げる皮具をつけているので、
       きっと彼らも揃って、太鼓隊のメンバーに育っていくのでしょう。




       夕暮れ迫るサン・フランチェスコ聖堂前に再度
       平野の手前、大きな糸杉の足元の祠が見え、
d0097427_03570275.jpg



       暮れかけた聖堂のライト・アップが始まります
       右手前の銅像は、フランチェスコの帰還。
       若き日、ペルージャとの戦争に出かけ負傷し、
       意気消沈しアッシジに戻ってきた姿。
d0097427_03572025.jpg



       この後ライト・アップされ、変化してゆく聖堂の姿を
       追ったのでしたが、

       上の道では、下の地区のお祭りの準備が進み
       今夜は大予行演習と。
d0097427_03573685.jpg

       が、長い一日に疲れ果てたshinkaiは、漸く宿に戻る事に。
       はい、7年ぶりのアッシジ再会の日は
       こんな風に暮れたのでした


     *****
       
       さてなんとかウンブリアの前座が済みましたので、ははは、
       次回22日からはまた5日ごとにブログ更新、という事で、
       よろしくお願いいたしま~~す!




     *****

       水彩ブログは、今回パスを
       よろしくお願いいたしま~す。    
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

            
       




by italiashiho2 | 2015-05-18 04:03 | ・アッシジ | Comments(13)
2015年 05月 14日

   ・・・ 要塞化された小さな村とワン君 ・ ウンブリアの春 n.2 ・・・

d0097427_18510234.jpg
 
       ウンブリアから戻って以来、ずっと気持ちに小さな引っ掛かりが
       残っているので、今日はそれを含めてみてやって下さいね。

       旅行最終日、アッシジから家に戻るのに、久し振りのグッビオにも
       寄って帰ろうと思い、それも自動車道ではない土地の道を辿りました

       で、突然出合ったこんな要塞化された小さな村!
       ずっと丘や山道を行く道中、パッと目の前に現れたので
       驚いて車を止め、偵察を、ははは、する事に。




       上の写真だけではちょっと印象が伝わりにくいかと
       サイトから拝借してきた写真がこちら。
d0097427_18511981.jpg
       お分かりでしょう? 単なる廃墟ではないのは車がたくさん、
       といっても城壁の前に10台もあったかですが、並んでいますし、
       私のすぐ後からやってきた車も止まったのですね。

       写真右手前に見えるのは、第一次、第2次大戦でのこの村の
       戦没者慰霊碑だそう。




       サン・グレゴーリオ・San Gregorioという村であるのは、
       門の前に書いてあったのですぐ分りましたから、
       家に戻ってから検索をかけました。
       アッシジから14kほど、車で20分の距離に。
d0097427_18513075.jpg



       村の入り口の門、跳ね橋があった事が分る切れ込みと
       塔の上からは矢や石を投げた事が分る造り!
d0097427_18514394.jpg
       この塔に続く左の壁、家の扉が2つ3つあったその一つの
       扉の前にワンチャンが座っていたので、
       いつものように、チャオチャオ!と挨拶し・・。




       後から来たシニョーレが門の中に入っていくのを見
       その後もう一人のシニョーラも入って行きましたし、
       門の右奥からは、賑やかな子供達の声も聞こえるので、shinkaiも。
d0097427_18515985.jpg



       細い上り道の小路が奥に続くのが見え、ゆっくりと辿ります。
d0097427_18521467.jpg



       ふと振り返ると、さっきのワンちゃんが門の所から
       私を見ているのが見えるのですね。
d0097427_18522836.jpg
       写真はすぐ傍からではなく、かなり遠くから撮り
       切り取ったのでピン甘ですが、
       警戒監視中ではなく、なんとも寂しそうな顔に見えません?

       今までの人生で、いや、犬生で、一度も楽しい事がなかった様な、
       一度も笑った事がないと言うような顔、雰囲気を
       最初から受け、気にかかったのです。




       住んでいる人のいることが分るかなりのお家とか
d0097427_18524185.jpg



       横の小路を覗くと、奥に城壁らしきもの!
       左手前の家の扉上部、庇代わりに布が掛けられていて・・!  
d0097427_18525525.jpg



       小路を辿ると 、こんな感じの壁が2方に。 
d0097427_18531283.jpg
d0097427_18532770.jpg
       きっとかっては単なる壁ではなく、家並みが連なる窓で、
       現在は内庭みたいに見える場所も狭く塞がっていたのでしょう。


       どんな村だったのか調べましたら、
       海抜279mにあり、アッシジとペルージャ・Perugiaとの
       境界線に近く、現在の住人は10人程!

       村の最初の記録は、1114年にアッシジのサン・ルフィーノ教会
       (現在のアッシジのドゥオーモ)のレトゥオーネ・Letoneという
       多分教会の長に、この村が贈られた、と言うもので、
       きっと村が教会に保護を求めたものだったのでしょう。

       1232年には約150名がこの村に住んでいたそうで、
       村は要塞化されます。
       ペルージャとの国境近く、常に抗争が絶えず、かのアッシジの
       若き(聖)フランチェスコ(1182頃-1226)もペルージャとの戦争で
       負傷し戻っている時代。
       村の周囲を壁で囲み堀を巡らし、入り口の門には跳ね橋ですね。

       それでも1320年、1382年にはペルージャの支配下に落ち、
       とはいえずっとアッシジ側であったそうで、
       1479年には更に厳重に要塞化されたそうで、
       現在もよく残っていると。 まさに!
       



       元の真ん中の小路に戻って振り返ってみると、
       あのワンちゃんが真ん中に座ってこちらを見ていて
       この写真では、ちょっと首筋を掻いていますが・・、
d0097427_18534184.jpg
       この後シニョーラが通りかかると、パッと飛び退くのですね。
       何もされず、言われもしないのに、です。
       こんな仕草を遠くから見て、ちょっと哀しくなったshinkai。




       小路の突き当たりまで行って見ると、奥にも壁が見え
d0097427_18535627.jpg



       まさに中世がそのまま残っている小さな村!
       奥の小路からゆっくりと町の門に戻ります。
d0097427_18541004.jpg



       サイトによると、この村では村の人々による、参加者もあるのか、
       プレゼーピオ・presepio・キリスト降誕のシーンを人形等で現す、
       のを生きた人間で表現する、のが行われているそうで、
       さぞ雰囲気が良いだろうなと思った事でした。
d0097427_18542509.jpg

       門の所まで戻ると、最初の扉の脇にあのワンちゃんが座っているので、
       旅行中のクラッカーや干し果物があったのを思い出し、
       隣のお家の扉前にそっと置きました。
       それだけでも逃げ腰になるワンちゃん!
       私が戻るのを見て傍により、匂いを嗅ぎましたが食べず・・。
       お腹が減っていないとか、菜食はしないぜ、というのなら結構、
       と思い出発しましたが・・。

       家に戻っても、ずっとあのワンちゃんの事が、
       あの目、あの顔が思い浮かびます。 幸あれかし!




       最後は、村からもっと先の行程になりますが、
       グッビオへの山越えでの、ウンブリアの緑の山々
       目に眩しいほどの緑、緑でした!
d0097427_18543914.jpg
d0097427_18545319.jpg




     *****

       水彩ブログには、 途中経過2点 ・ムラーノとアッシジ を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!
   
            
       

   


by italiashiho2 | 2015-05-14 19:00 | ・ウンブリア州 | Comments(8)
2015年 05月 11日

   ・・・ テーヴェレ河上流の風景 ・ ウンブリアの春 n.1 ・・・

d0097427_23440858.jpg
       皆さん、こんにちは!
       お天気に恵まれたウンブリア旅行から
       真っ黒に日焼けし、昨夕無事戻って参りました。

       ウンブリアの山の上にある小さな町、とりわけ
       アッシジの坂道や石段を8日間行ったり来たり!
       さもありなんと持参したサロンパスのお陰で筋肉痛は
       残っていませんが、・・追加も買いまして、ははは。
       所で、サロンパスを貼って汗をかくとどうなるか、ご存知ですか?
       後がかゆくてつい引っかき腫れ上がる、はは、
       ・・あちこち腫れあがっているshinkaiです。


       ブログ全力再開の気力にはまだ欠けておりますが、
       撮ってきた写真の程度を見るためにも整理に取り掛かりませんと、で、
       ウンブリア最初の訪問地チッタ・ディ・カステッロ・Città di Castello
       を流れるテーヴェレ河・Tevere.
       
       エミーリア・ロマーニャ州の南に水源を持ち、悠々405K
       トスカーナを流れ、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザの背景にも
       描かれ、ウンブリア州を通り抜け、
       最後はローマの街中を滔々と流れティレーニア海に

       ウンブリアの一番北に位置するこのチッタ・ディ・カステッロでは、
       まだ大河ではありませんが、
       なかなかの水量でゆったりと流れておりました。

       ウンブリアの旅の始まりとして、
       新緑を映して流れるテーヴェレ河と河畔をご覧下さいね
 
       上は、町に入る橋の上から見る上流側


       チッタ・ディ・カステッロの町の中心には初めて行ったのですが、
       繁栄を窺わせる重厚な町の様子はまたご案内を、
       8年前一人で運転しての初のウンブリア旅行では、
       町郊外の民衆伝統博物館に寄っていたのを、今回横を通って思い出し・・!



       ちょうど夕陽になりかかる一時で眩しく
       あ、鴨がいる、と大体の見当で撮りましたら、・・なんとか!
d0097427_23442363.jpg



       一度橋を渡って見たのですが、川岸に降りれない事が分り・・。
       対岸に見えるカヌーは、どうやら教室・クラブがある様子。
d0097427_23443863.jpg



       橋を渡って戻り、川岸に。
       こんな風にベンチもあり、散歩道もあり
d0097427_23445254.jpg



       これが橋ですが、アレティーナ通りの橋、とだけで名が分らず・・。
       ちょうど橋のこちら側の手すり工事中の、赤い覆いで、
       水面に一面に浮かんでいるのは、今盛んに飛んでいるポプラの綿毛。
       水が汚れているのではありません。
d0097427_23450831.jpg



       河畔の小路はこんな風にずっと続いている様子で、
       散歩やジョギングの人々が次々に通り過ぎて
d0097427_23453270.jpg
d0097427_23451984.jpg



       チッタ・ディ・カステッロの町を過ぎると、次第に大河となり、
       こちら向きが、やがてはローマに至る流れ
d0097427_23454697.jpg



       こんな風に少しずつ整理して、
       簡単に見て頂ける様なのも良いですね。
       ・・と言いつつ、もう一度出来るかな?




     *****

       水彩ブログは、もう暫くお休みをいただきま~す。
     
    
     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!             


       




by italiashiho2 | 2015-05-11 23:47 | ・ウンブリア州 | Comments(13)
2015年 05月 01日

   ・・・ ヴィッラ・カルロッタ ・ コモ湖の別荘、庭園を ・・・

d0097427_00260249.jpg
       日本はゴールデン・ウィークが始まっていますね
       爽やかな新緑の候、あちこちお出かけの計画がおありの事と思い、
       こちらも負けずに、ははは、
       先日のコモ湖旅行で訪問したヴィッラ・カルロッタ・Villa Carlottaの
       素晴らしい庭園をご覧頂こうと思います。

       上は、午後素晴らしく晴れ上がった中、ベッラージョから
       対岸に渡るおり、見えてきたヴィッラ・カルロッタ



       ヴィッラ・カルロッタはどこにあるか、地図をどうぞ
d0097427_00261334.jpg
       コモ・Comoから遊覧船に乗り、途中右、左と各停留所に停まりつつ、
       べッラージョ・Belaggioまで2時間。
       ここで船をおりてお昼解散となり、午後再度集合し乗船、
       対岸のVilla Carlotta(Tremezzo・トゥレメッゾと同じ停留所)に渡り
       船着場のすぐ横に、このヴィッラ・カルロッタがあります。



       上の写真の左に見えるお屋敷がそれですが、

       見えてくる庭園の様々な色!
       傾斜地に沿っての様々な新緑、花の色が目を引きます。
d0097427_00262546.jpg
d0097427_00263771.jpg



       お屋敷の正面を通りすぎ
d0097427_00264975.jpg



       停留所から入口に。 見上げる像とお屋敷
d0097427_00270124.jpg



       さて、ヴィッラ・カルロッタにその名を残す
       カルロッタ・Carlottaなる方ですが、プロイセン貴族の美しい方。
d0097427_00271176.jpg
       やはりちょっとは、どんな方だったか知りたくなりません?
       正式の名は、Friederike Luise Wilhelmine Marianne Charlotte von Preußen
       はい、読める方はどうぞ、ははは、
       1831-1855年、1850年にゲオルグ2世公爵と結婚したものの
       24歳の短い生涯、音楽の才があり、幾つかの作品も残しているそうですが、
       恋仲で結婚した夫との間に4人の子を出産後に亡くなりましたが、 
       この別荘は、彼女の母親からの結婚の贈り物だったのだそう。

       ところでこのカルロッタの母なる方、オランダの王族出身で
       マリアンネ・フォン・オラニエ=ナッサウと言い、
       プロイセン王の第4王子と1830年に結婚、カルロッタを長女として
       1男3女が生まれますが、
       1845年に浮気者の夫から逃げ、元御者の愛人と暮らし始め、
       やったぁ! ははは、歴史ゴシップ大好きshinkai!
       1849年には正式に離婚が成立したと言うのですが、
       先進的夢想的な女性だったとはいえ、不義はお家のご法度、
       その後宮廷生活からは完全に閉め出され、イタリアとドイツで
       暮らしたそうで、それでこの別荘との関係が分りますね。 
       



       さて広い広い庭園と言っても、植木を刈り込み幾何学模様を
       描き出した庭園ではなく、世界各国の植物を集めた庭園でして、

       こんなオレンジとシトロンのトンネルもあり
       下を通り抜けつつ、オレンジの爽やかな良い香りを吸い込み、
d0097427_00272306.jpg
d0097427_00273421.jpg



       木立ちの隙間から、コモ湖の美しい湖面が見え
d0097427_00274624.jpg



       後にしてきたべッラージョの町も!
d0097427_00280072.jpg



       ちょうどツツジの花が咲き始めた所!!
d0097427_00281273.jpg
d0097427_00282564.jpg
d0097427_00283822.jpg
d0097427_00285073.jpg
d0097427_00290378.jpg



       傾斜地に広がる庭園の間を小道が縫い
d0097427_00291619.jpg



       小花たちが、それぞれ色を競います
       これらの花は毎週一番良い状態のものに取り替えられるのだそう!
d0097427_00292911.jpg



       きっと南の国から来たのであろう植物も見え
d0097427_00294028.jpg



       こちらはシダの谷と呼ばれる、自然の地形を生かし、
       何十種類ものシダが生息しているそうで、
       湿気を保つ為、定められた時間ごとに各所から噴霧されるのだと。
d0097427_00295357.jpg
       庭園全体だと思うのですが、12人だったかな、の庭師が
       常に働いているのだそうで、やはりそれだけの手間をかけて
       これだけの植物庭園が保たれているのですね。




       これはメタセコイアの樹、初めて見ましたが、
       顔が見えているのが、コモでのガイドさん。
d0097427_00300874.jpg
d0097427_00302103.jpg
       メタセコイアの樹の葉は樟脳と同じで、拾った枯葉を揉むと
       ツンと樟脳の匂いがし、箪笥にいれると虫除けになるそう。




       足元、小路に出ているポコポコゴツゴツの木の根
d0097427_00303373.jpg

       もともとのこのヴィッラは、17世紀の終りに
       侯爵ジョルジョ・クラリーチ・Giorgio Clariciが建設したもので、
       大きいけれども他のこの地の別荘に比べ地味なものだったのだそう。

       それを次の持ち主ジャン・バッティスタ・ソンマリーヴァ・
       Gian Battista Sommariva、彼は企業家で政治家、ナポレオンの友人、
       美術の収集家だったそうで、19世紀の初めにここを買取り、
       庭園の改修をし、屋敷内にコレクションを。

       そして結婚の贈り物としてカルロッタの母親が買ったわけですが、
       カルロッタの夫であるサッソーニア・マイニンゲン公爵が
       植物学に大変情熱を持った方で、現在の形に仕上げたのだそうで、
       7万平米を越す敷地に、ツツジや石楠花だけでも150種を越す種がある
       素晴らしい植物庭園なのですね。




       庭園の小路を辿りながら高い位置に行くと、こんな感じ。
       長い年月を経て、様々な樹が大きく育っているのが良く分かります。
d0097427_00304735.jpg
d0097427_00310015.jpg



       こんな可愛い細工も、まぁ、許せますね。
       中に見える青い小花は忘れな草
d0097427_00320102.jpg



       忘れな草が上手く撮れませんでしたので、これはつい先日撮った、
       我がコンドミニオの庭に咲くものを。
       お隣のシニョーラ、ヴェネリタはお花育てがとても上手で・・。
d0097427_00321893.jpg
       忘れな草のイタリア語名はNontiscordardimé・ノンティスコルダルディメ
       同じ題名の有名なカンツォーネがありますので、
       古き良きイタリアを偲び、同名の映画に使われた場面をどうぞ!

       リフレインで歌われる歌詞は
       non ti scordar di me   私を忘れないで
       la vita mia legata di te   私の人生は君に結ばれている
       c'è sempre un nido nel mio cuore per te 私の心にはずっと君の為の巣がある
       non ti scordar di me    私を忘れないで

       ああ、イタ男!




       所々に置かれたベンチに座り
d0097427_00323186.jpg



       コモ湖の素晴らしい風景を
d0097427_00324337.jpg



       赤い椿の長い生垣もあったのですが、まだ蕾が多かったので、
       ひっそりと咲いていた椿2種を。
d0097427_00373302.jpg
d0097427_00374650.jpg



       庭園地図を見ても、庭全体は我らが歩いた何倍もの広さがあり、
       植物好き、お花が好きな方には見飽きないと思いますが、
       我らはお屋敷内の見物に

       これは優雅で上品な1階の部屋の天井
d0097427_00375924.jpg



       こちらは居住区間だったと言う2階の、素晴らしい天井画で、
       吊るされたランプも素晴らしかった!
d0097427_00381256.jpg

       と、ひとまずお部屋のイメージをご覧頂きまして、はは、


       ここのコレクションに、アントーニオ・カノーヴァの作品がありまして、
       この男性像は全身の大きなものでしたが、
       バランスが少し危ういかもと、この部屋に運び込まれたままなのだと。
       
       いかが、素敵なお尻でしょ?! 
d0097427_00382494.jpg



       マグダラのマリーア。 暗い部屋、後ろに鏡という舞台装置・・。 
d0097427_00383610.jpg



       プシケの愛。 プラトニック・ラヴなので、近寄るだけで
       接吻できないのだとかなんとか、ガイドさんが熱を込め説明を・・。
       本物(第一作?)の他に、3つほどコピーがあるとか。
d0097427_00384904.jpg
d0097427_00390467.jpg



       これは可愛い作品
d0097427_00391671.jpg
d0097427_00392825.jpg

       アントニオ・カノーヴァの塑像博物館、テンピオのご案内
       http://italiashio.exblog.jp/10254941/   

       他にもアイエツ・Hayezの「最後の接吻・ロミオとジュリエッタ」
       等もありましたが、あのアイエツの描く女性の横顔、
       のぺーっとした横顔がどうも好きでなく・・、済みません、省略。




       屋敷の上から見る、正面入り口
       あの可愛い噴水のある小池には、オタマジャクシがうようよ!
d0097427_00394149.jpg



       礼拝堂の向こう、プラタナスの樹が2本見えますね。
       あれはスタンダールの「パルムの僧院」に登場するプラタナスの並木、
       本をちゃんと読んだのかどうかも記憶にあやふやですが、へへ、
       それの現在残っている2本なのだそう。
d0097427_00395441.jpg
       「パルムの僧院」に、パドヴァのカフェ・ペドロッキが登場するのは
       覚えておりまして、きっとどこかに指摘があったので読んだのでしょうが、
       確かザバイオーネをご馳走になったとかなんとか・・。
       うん? 誰がご馳走になったん? ・・ちゃんと読んでない事判明!




       ヴィッラ・カルロッタの見物を終え、屋敷前から見る
       ベッラージョのパラッツォ・メルツィ・Merzi.
       ここもお庭が公開されておりましたっけ。
d0097427_00400677.jpg
       背後に聳える高山は、あれはコモ湖のレッコ側の背後に辺り、
       ドロミーティに含まれる山々、雪が見えます。




       屋敷前の細い道を行く、真っ赤なアルファロメーオ!
       そう、ガルダ湖と同じで、湖畔沿いの道は細くカーヴ続き。
d0097427_00401635.jpg



       さて、コモ湖訪問を終えた我らは、レッコの宿に向かい・・
d0097427_00402812.jpg
       素晴らしい景色もあれこれ見れ、もう一度と思う場所も
       たくさんありましたが、
       う~む、あの細い道と車の多さを考えると、さて・・!



     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます!

       ええとです、日本はゴールデン・ウィークですよね?!
       という訳でもないのですが、
       3日から10日まで、ウンブリアに出かけて来ます。

       ちょうどアッシジで「カレンディマッジョ」のお祭りもあるので、
       それを見かてがらアッシジに5泊しますが、
       往きにカプレーゼ・ミケランジェロでミケランジェロの生家により、
       まだ行った事のないチッタ・ディ・カステッロに2泊。

       アッシジからは、近くのスペッロとペルージャに半日ずつ、
       とにかく今回は7年ぶりの春のアッシジに浸るつもりで、
       戻りにグッビオに寄ろうかな、という程度の計画です。

       という事で、ブログは16日までお休みを頂きます!

       これが済みましたら、もう秋の日本行きまでお休みしませんので、
       はい、良い収穫があるよう、願ってやって下さいませませ!

       では、行ってまいりま~す!

       皆さんにも、良い春の休暇でありますように!!



     *****

       水彩ブログには、 下描きを始めた2枚を を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    
     
    
     *****        
           

       




by italiashiho2 | 2015-05-01 00:44 | ・ミラノとロンバルディア州 | Comments(11)