イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 30日

   ・・・ 我が町コネリアーノ ・ フェッラゴストの日の城と町 ・・・

d0097427_23564489.jpg
       あっという間に8月も終わりに近づき
       夏休みを終えた町は、子供達は9月上旬まで夏休みなのですけど、
       車の通行もいつもの通りに戻っています。

       この夏はアフリカからの熱波到来で何十年ぶりかという
       熱さが続き、とはいえ大都市でないこの辺りは、
       皆さんのブログやメールから拝見する日本よりは楽に過ごせました。

       が、夏の初めに歩き会のメンバーであるジュリアーナが、
       山歩きに参加して右脚の腱かどこか痛め歩けなくなり、
       それに伴うこの夏の熱さと(年から来る)皆の横着さとで、ははは、
       日曜午前の歩きの距離が大幅に短くなり、

       お城の上のバールで待っているジュリアーナに合流すべく、
       坂道を上ってお城に行く程度の距離に縮まり、
       いつもだと2時間半程度歩いていたのが1時間ほどに縮まり!
       涼しいテラスのバールでジュースを飲みながらのお喋りに堕落!

       という様子が続いていた8月15日
       この日こちらは「聖母子被昇天」の祭日、そして16日と連休の、
       どこのお店も閉める夏休みの大〆の日の歩き会、

       いつもよりは少しぐるっと大回りし、それもかなり早歩きの
       1時間半でお城のバールまで行き、
       戻りは閑散とした町中を通った様子を、今日はご覧下さいね。

       上の写真は、お城への坂道にかかった辺りのオリーヴ畑
     


       柿の実もこんなに大きくなっていて
       あ、ちなみにこちらでもKakiです。
d0097427_23570112.jpg



       坂道が大きくカーヴする場所から
       葡萄畑の緑も、今が一番濃い季節。
d0097427_23571545.jpg



       ずっと上り坂が続く道のりを行き、
       今お城の北側の門、先を歩くエレオノーラ。
d0097427_23572957.jpg
       今この道が車でお城に行く際の唯一の道で、以前は車も通れた
       南側の道は、歩きと許可された住民の車のみ通行可。




       門の内側
d0097427_23574399.jpg



       門を出て左側に聳える城壁の内側が現在のお城で、
       今見える突き当りの道の右端に隠れて、
       町からの古い城壁沿いの小路も通じます。
d0097427_23575879.jpg
       
       道を左に折れると、


       こんな風に、今も残るコネリアーノのお城の塔
d0097427_23581272.jpg



       上り石段脇の石榴の実も大きくなっていて、 
d0097427_23582778.jpg



       お城の横庭というのか、かっては城郭内だったのでしょうが、
       今は駐車場で、
       見える元サンタ・オルスラ教会と鐘楼、かってはここが
       コネリアーノのドゥオーモだったのだそう。
d0097427_23584156.jpg



       駐車場の端から見る町の南とヴェネト平野
       そう、地平線が見えるので~す。
       これは南部分ですが、東のフリウリ平野にかけてもね。
d0097427_23585458.jpg



       もともとのお城は10世紀に遡るのだそうですが、       
       かっては中心に4本あったという塔も残っておらず、

       残るこの塔は、町の人々や役員に招集をかけるための鐘があった鐘楼塔で
       手前は鐘楼への入り口の塔で、中は現在市の博物美術館。
d0097427_23590920.jpg
       鐘楼の塔・トッレ・カンパニーレには上がれ、それこそヴェネトから
       フリウリの平野が一望なのですが、
       う~ん、写真はあるけどまだご覧に入れてないなぁ・・。




       内庭の井戸
d0097427_23592627.jpg



       庭の北に残る現在はバール兼トラットリーアになっている
       かってのサラチェーナの塔・Torre Saracena.
d0097427_23594109.jpg

       お城とその他ちょっぴりのご案内は



       ここには城の庭に続く張り出しのテラス席もあり
       日陰で風通しも良く、町の人々が散歩がてらに集まります。
d0097427_23595767.jpg
       で、ここで冷たい生オレンジのジュース2.5エウロを飲みつつ、
       お喋りに1時間半ほども潰したこの夏!


       8月15日は「聖母被昇天の日」の祭日ですが、
       一般に「フェッラゴスト・Ferragosto」とも呼びます。
       この呼び名が何に由来するのかと思いましたら、

       古代ローマのアウグスト帝が、自分の誕生日にちなんで制定した
       「アウグストの祭日・Feriae Augusuti・8月1日」に因るのだそう。

       でも私にとっては、やはり「お盆」ですね。



       テラスからは町の北側の見晴らしが素晴らしく、
       中程の丘のほぼ中央に見えるのが、オリアーノ村の教会鐘楼で、
       我がスコミーゴ村はあれより坂を下りますので、ここからは見えず。
d0097427_00001062.jpg



       少し西に向いての眺め
       中央奥に見える教会鐘楼はフォルメニーガ・Formeniganode
       の物で、以前はあそこまで往復3時間半ほども歩いたのになぁ~!
d0097427_00002669.jpg



       さて漸くにお喋りも切り上げ、南の坂道を下りますが
       こんな風に素晴らしい並木の坂道が続き、
d0097427_00004302.jpg



       2度目のカーヴを過ぎた所に素晴らしい眺望が開け

       北側から順に見ていただくと、
       小さな葡萄畑の向こうに、パドヴァのカッラーラ家が造ったという
       10世紀頃の古い城壁内を通る道が見え、
d0097427_00005997.jpg
       奥に見える山並みのも少し左に、先ごろご案内の
       サン・サルヴァトーレの城が見えます。




       町の山側西端に位置する、かってのサン・フランチェスコ修道院
       修復され、現在は国立醸造業学校の本部に。
d0097427_00011351.jpg



       そして平野部にこんな風に広がるコネリアーノの町
       手前山側のこの一廓が古い町の中心地で、
       現在ドゥオーモの鐘楼が修復中。
d0097427_00012911.jpg



       中程上に見える、突き当りの細長い建物がコネリアーノ駅で、
d0097427_00014492.jpg
       今こうして見える駅向こうの広場っぽいのとか川の橋とか、
       いつも通る道なりの地図で考えて、えっ、どこだろう?!と。




       こうして下って来た道は突然に町に接し、といつも感じる、
       右はピアッツァ・チーマに面するテアトロ・アッカデミアと、
       正面突き当りを東西に走るヴェンティ・セッテンブレ通り・via XX Settembre.
d0097427_00015984.jpg



       左側のポルティコの奥側は市役所の本部で、結婚式場と
       3階ぐらいだったかに市の記録古文書館があります。
d0097427_00021452.jpg

       右にチラッと見えるスフィンクスみたいなのは


       
       これ! ほらウィーンのベル・ヴェデーレ宮殿の庭にも
       ありますよね? あれです。
d0097427_00022827.jpg
       これ、あれ、というのは、正しい言葉を知らないからでして、ははは、
       コネリアーノがかってオーストリア側の下にあった事を物語ります。

       トリエステの西にあるミラ・マーレのお城にも、ありましたっけ。
       このお城はハプスブルグ家の最後の王の弟、マキシミリアンが
       造った城ですから、まぁ、当然でしょうが、
       ですが、実際は何を現すのでしょうか? ご存知の方、よろしくぅ!

     ◆ 追記です

       いつものごとく即教えて頂きまして、「スフィンクス」で
       宜しいとの事です。
       詳しくはコメント欄のシニョレッリさん、クリスさんのご回答をどうぞ!
       お2人さま、いつも本当に有難うございます!
       



       ピアッツァ・チーマ・チーマ広場は、コネリアーノ・ダ・チーマ・
       Conegliano da Cima、15~16世紀にかけて活躍の画家の生地でもあり、
       生家がこのすぐ近くにあることの記念で、
d0097427_00024270.jpg



       テアトロ・アッカデミア、19世紀建設で、
       私がイタリアに来た頃は映画館でしたが、現在は元のテアトロで、
       様々な催し、公演が行われています。
d0097427_00025747.jpg

       チーマ・ダ・コネリアーノ展とコネリアーノの町 1と2

       コネリアーノの町の古いご案内は

       コネリアーノ全体のご案内は
       http://italiashio.exblog.jp/i36




       ここで家が近いエレオノーラと別れ、
       一人でヴィア・ヴェンティ・セッテンブレの東半分を
       閉まった店をのんびりと覗きながら行きます。

       室内装飾の展示ルームですが、店にかかっている半抽象の絵が
       上手いなぁ!と眺め、
d0097427_00031214.jpg



       この通りは、かってのコネリアーノの一番の通り
       お金持ちの豪勢な家が並んでいた通りでして、
       こんな風にフレスコ画で装飾されていたのが今もたくさん残ります。
d0097427_00032643.jpg
       フレスコ画はもっと良く見えるのもたくさんあるのですが、ははは、
       この時は白い窓のテントを写すつもりでして・・。




       市が企画展示する絵画展等の会場となっているサルチネッリ邸
       前には、既に済んだカルパッチョ展の案内がまだ出ていて、
d0097427_00034044.jpg
       う~ん、この大ポスターのこの絵はさすがぁ!と思う素晴らしさでしたが、
       イーストリアの方で活躍したという息子ベネデットの絵は、
       何これ、shinkaiより下手じゃん!という感想だったもんなぁ・・、
       ははは、言わせてぇ。




       人通りが本当にまばらなポルティチを通り
d0097427_00035496.jpg



       閉まっている骨董店の中を覗き、 
d0097427_00040812.jpg



       春頃から店開きした額屋兼画材店も偵察に覗き、はは、
       正面に見える水彩用額縁は、ちょっと変化に乏しいなぁと・・。
d0097427_00042385.jpg



       扉が開いていたので、ちょっと覗きましたら、

       モンタルバン新邸の入り口と言うのか、馬車寄せというのか
       向こう側は現在町の中心通りとなっているコルソ・マッツィーニとを
       結ぶ、こんな広い邸宅内の様子。
d0097427_00043816.jpg



       天使が窓の下に残り
d0097427_00045249.jpg



       近くのワイン・バールの飲み残しか、グラスが一つ。 
d0097427_00050616.jpg



       通りの東の門・モンティカーノ・Monticano.
       こちら側には、ヴェネツィア共和国のシンボルである小さな
       有翼のライオン君がいますが、向こう側には大きなフレスコ画のが。
d0097427_00052121.jpg

       道を横切り、橋を渡り、




       ここにも骨董店があり
d0097427_00053425.jpg



       お向かいには、大きな前栽を持つ大きなお屋敷
       木立に囲まれ如何にも涼しそうな、
d0097427_00054952.jpg

       フェッラゴストの日、この夏の思い出でしたぁ

       皆さんも、夏のお疲れが出ませんように!



     *****

       水彩ブログには、 納屋の窓 途中経過と、仕上げにしたい3点 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    

 

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-30 00:14 | ・我が町コネリアーノConegliano | Comments(13)
2015年 08月 25日

   ・・・ コッラルトの村と城跡 そして コッラルト家の人々 (追記)・・・

d0097427_01183323.jpg
       先々回お隣のスセガーナの町にあるサン・サルヴァトーレの城の
       すぐ下に広がる葡萄畑をご覧頂きましたが、

       あの日は葡萄畑の後shinkaiの希望で、写真仲間と一緒に
       スセガーナの北西にあるコッラルトの城を見に行きました。

       ここは古い塔に有名な伝説も残る城跡と小さな集落がある村で、
       スセガーナの町のサン・サルヴァトーレの城主コッラルト家の
       最初の城でもあった、いわば本拠でもあった地なのですね。

       上の写真は古い塔12世紀の物と、南にある中世の門

      
       写真右下に小さく柵が見えますが、


       こんな感じで、多分湧き水のある場所なのだろうと
d0097427_01184963.jpg



       位置関係の地図をどうぞ。
       我が町コネリアーノが北東に、そしてサン・サルヴァトーレの城のある
       スセガーナ・Susegana、そして北西にコッラルト・Collalto.
       スセガーナとコッラルトの距離は約6kmと。
d0097427_01190142.jpg
       西に流れるのはピアーヴェ河・Piave、かっては北のベッルーノ・Belluno
       から木材を筏に組んでヴェネツィアに運んだといいますが、
       今でもピアーヴェの西、東という呼び名がある、いわばヴェネツィア領域と
       フリウリ領域に分ける河だったようです。
      
       左下に囲んだネルヴェーザ・デッラ・バッターリア・Nervesa della battaglia
       の上から西に広がる楕円形の山、丘はモンテッロ・Montelloと言い、
       ここはピアーヴェ河を挟んでの第一次大戦の激戦地だった一帯で、
       ネルヴェーザには、大戦の大きな慰霊所があります。

       モンテッロの丘、この地図に見える範囲よりも少し西には、
       「王の監視所」という山中の農家を改装した、半地下の視察所が今も残る程で、
       オーストリア軍側にあった、ピアーヴェ河東すぐのスセガーナの城、
       コッラルトの城共に砲撃を受け、大破壊されたのも良く分る距離と思います。

       

       今回の写真はshinkaiの撮ったのはブログのアドレス入りで、
       他はサイトから拝借の物です。


       奥にもう一つ門が見えますが、まずは最初の門をくぐり
d0097427_01191408.jpg



       左には3~4軒の家並みがあり、右には広場
d0097427_01192913.jpg



       コッラルトの村に行きたいと言ったのは
       ずっと以前に一度訪れた事があり、その時の印象がとても良く、
       この何軒かの家並みに描けそうな印象を持っていたからなのですが、
d0097427_01194253.jpg
       今回改めて見ると、私めの目が肥えすぎたのかどうか、へへへ、
       ちょっと面白い所もあるにはあるのですが・・。




       右に広がる広場には、ドゥエ・トッリ・Due Torriという
       リストランテ、トラットリーア・バールがあり、
       
       これは最初の門を入る前にあった看板で、
       左に見える拙い絵が、失礼、ははは、伝説を物語ります。
d0097427_01195735.jpg



       こちらが広場にあるトラットリーア
       まだ入った事はないのですが、かなり広そうでしょう?
d0097427_01201060.jpg


    
       サイトで見つけたスピエード・串焼きの写真!
d0097427_01202528.jpg



       そしてこちらは部屋のフレスコ画
       土地の画家が描いたと言う、新しい物と思いますが、
       真ん中上がコッラルト家の紋章、その右がコッラルティーノ・ディ・コッラルト・
       Collaltino di Collaltoの肖像、彼については後に、
       そして下の真ん中にある大きな戦闘図をご記憶下さいね。
d0097427_01203768.jpg



       最初の門から真っ直ぐ、広場の脇の坂道を上りますが
d0097427_01205101.jpg



       その前に、こちらは最初の門をくぐった右手から広がる城壁で、
       ぐるっと城郭を囲む城壁ですが、背は高い物の厚みが無く、
       城自体が12世紀の物だったことを物語ります。
d0097427_01210606.jpg



       そして高台に見える古い大きな塔
       ここには上れず、近づいて見れるのも夏の期間の定められた日に、
       解説付きの見学ツァーがある様子。
d0097427_01212075.jpg



       坂の手前にあった城の簡単な解説、 
       コッラルトの城、中世の塔と外域を囲む城壁の名残の跡、
       初代トゥレヴィーゾ伯爵エンセディージョ・Ensedisioにより
       1110年に建設されたもの。 1312~1806年まで伯爵領の本拠地。
       1917~18年の第一次大戦で破壊された。
d0097427_01213301.jpg



       坂道を上り奥の門をくぐると、右手にもう一つ門が見え
       この奥が城の中核、城主の居住地であったのでしょう。
d0097427_01214868.jpg



       鉄柵の間からのぞくと、こんな感じに城壁の名残が見え
d0097427_01220245.jpg



       サイトで見つけた、内側の小さな写真2枚
d0097427_01221509.jpg
d0097427_01222538.jpg



       実はこの城の塔に残る有名な伝説がありまして、
       時は中世のいつごろか、どこにも出ませんが、
d0097427_01223534.jpg
       主人公はトルベルト・ディ・コッラルト・Tolberto di Collaltoと、
       その妻キアーラ・ダ・カミーノ・Chiara da Camino.

       長年の敵である現在はヴィットリオ・ヴェネトになる
       チェーネダ・Cenedaのカミーノ家から、和平の為に輿入れして来た
       美貌は並ながら大変嫉妬深い奥方、はは、ちょっと可笑しな言葉使いですが、
       
       そして彼女のお付侍女となったビアンカ・Bianca
       長い波打つ金髪の髪、優しい笑顔、優しい性格と、
       それはもうそうでなくてはね、ははは。
    
       トルベルトはビアンカを愛しますが、奥方の嫉妬を恐れ密やかに。
       そして戦に出発する朝、奥方の部屋に挨拶に出向き、
       髪をといていたビアンカにも微笑んで挨拶。

       ビアンカの頬を伝う涙からすべてを察した奥方は、
       トルベルトが出発するや否や、上の絵のようにビアンカを生きたまま
       塔の壁の中に閉じ込めたのですと!

       お話の終末は2筋ありまして、トルベルトは戦から無事戻り、
       出来事を聞くや否や、奥方のキアーラを追放したというのと、
       ついに生きて戻らず、という説と。

       ですがビアンカの亡霊は、その後コッラルトの人々の前に
       良い出来事がある時は白いベールで、逆の時は黒いベールに顔を隠し、
       現れるのですと!

       このお話は、1925年にコッラルト家の伯爵夫人から明かされた物だそうで、
       如何にもでしょう?
       なので演劇や音楽劇にも何度も取り上げられているのだそう。




       コッラルトの村では、このビアンカの悲劇を扱ったお祭りもあり
       かっての衣装で皆さん参加される様子。
d0097427_01224799.jpg



       少し奥には左に見える13世紀の古い塔が残り
       右はかって砲撃で破壊された大きな屋敷跡に建てられたと思われる
       教会があります。
d0097427_01230268.jpg



       塔の上部
d0097427_01231753.jpg



       城郭跡を囲む古い城壁の名残。
d0097427_01233402.jpg
d0097427_01234824.jpg
       下の写真の城壁には張り出しが付いていますね。
       これで壁の上の通路は少し広くなり、小胞位は撃てる広さなのだと。




       奥の方はまさに森の佇まいですが
d0097427_01240336.jpg



       一廓にあったこれ、多分、牢であったろうと
d0097427_01241871.jpg



       今はまさに「つわものどもが夢の跡」の面影なのですが、
       20世紀初めの、砲撃前の村と城の様子が絵葉書に残ります
d0097427_01243198.jpg



       そしてこちらが、模型で復元されたかってのコッラルトの姿
       右端下に見えるのが最初の門で、坂道を上り、
       右に折り返した高台に城郭と今も残る古い大きな塔があったのですね。
d0097427_01244365.jpg

       コッラルト家はロンゴバルド族出身で、記録は無いものの、
       カール大帝などがイタリアに来た頃一緒に付いて来た戦士だったろうと言い、
       上手く立ち回り、騎士の位を手に入れたのだろうと。
       いつコッラルトの姓を名乗ったかも定かではありませんが、
       住み着いた土地の姓を名乗ったのであろうと。

       958年最初の記録にでるランバルド1世は、イタリア国王であった(950-961)
       べレンガーリオ2世・BerengarioIIとその息子アダルベルト・Adalbertoから
       トゥレヴィーゾの南の土地とモンテッロ近くを受けた様子で、
       ランバルドはべレンガーリオの娘ジスラ・Gislaと結婚したというので、
       重く用いられたのでしょう。

       モンテッロの近く、というのは戦術的に重要なピエーヴェ河の渡河を
       見張る位置でもあり、
       べレンガーリオがその下に下ったオットー2世の元、オットー3世の元で
       正式にトゥレヴィーゾ伯爵の位も受け、領土も徐々に増え、
       1000年の最初頃にはトゥレヴィーゾからチェーネダ、パードヴァから
       ヴィチェンツァ一帯に散らばり広がる領地を持つ大きな貴族になっていた様子。
       
       そうそう、中世のヴェネト史に登場するカミーノ家
       これはコッラルト家の始祖と言われるランバルド1世の息子から
       始まる家系であることも、今回知りました。
    



       城郭跡の下に広がる土地には、茶色の牛達が草を食み
d0097427_01245621.jpg



       こんな土地が遥に広がりますが、サイトによると、
       これもコッラルト家の土地なのだそう!
d0097427_01250888.jpg



       先々回の葡萄畑を思い出して下さいね。
       我々はこの写真中程に見える坂道を上り、上のサン・サルヴァトーレの城
       の手前から左に行って下り、ちょうど緑の葡萄畑が見える三角形を
       歩いて出発点に戻ったのでした。
       つまりコッラルト家の葡萄畑をちょっぴり歩かせて頂いたという訳!
d0097427_01252349.jpg
       写真に見える大きな赤屋根の建物が、現在のコッラルト家の
       企業本体であるワイン醸造所、コンテ・コッラルト。

       そうそう、上の行程の出発とゴール点の位置にある教会
       私がひょっとして礼拝堂かも、と書いたのは、
       シニョレッリさんが教えてくださったとおり、
       アンヌンツィアータ教会・Chiesa dell'Annunziataでした。

       教会名、スセガーナで検索して出た教会は別の教会だったのですが、
       コッラルト、スセガーナで今回あれこれ検索していて出ました。
       シニョレッリさん、改めて有難うございました!
       先々回の記事のほうは訂正しておきます。




       で1千年続く現在のコッラルト家の当主は
       右から2人目のイザベッラ・Isabellaで、
       右は夫のギュローム・ドゥ・クロイ・Guillaume de Croÿ ベルギーの
       クロイ家の君子で、イザベッラもIsabella Collalto de Croÿ と名乗ります。
       ・・家柄としてはどちらが上なのでしょうかぁ?
d0097427_01253700.jpg
       先代のコッラルト家には男子が生まれず、4人のプリンチペッサのみで、
       長女のイザベッラがコッラルト家の農業企業、150平米に広がる葡萄畑からの
       ワイン醸造業を統率している様子で、

       2人の子息は、左がエマヌエーレ・Emanuele、既に現在公的に
       活躍している様子で、右がヴィオレッテ・Violette.

       今回平民のshinkaiがふぅ~んと思ったのはです、
       サイト記事に出る名前にきちんと Principe、Principessa、Contessaと
       敬称付きなのですね。

       イタリア共和国になってこういう敬称は廃止されたと思っていたのですが、
       やはりきちんと残っているイタリア社会なのでした。
       



       コッラルト家のイザベッラ、お綺麗な方ですねぇ!
d0097427_01255100.jpg
       ワイン醸造についてなど、現在のコッラルト家の活動については
       http://www.cantine-collalto.it/




       ウィーンには、こんなコッラルト家のお館もあるそうで~す。
d0097427_01260710.jpg



       さてこちらは、トラットリーアの壁画に肖像が見えた
       コッラルティーノ・ディ・コッラルト・Collaltino (1523-1569)
       第何代になるのか分りませんが、コッラルト家の中で名が残る方、
       それも武勲ではなくロマンスで、なのです。
d0097427_01261726.jpg
       父マンフレード・Manfredo、母ビアンカ・マリーア・ヴィンチグエッラ・
       Bianca Maria Vinciruella、この母親が詩人だったそうで、
       勿論当時の貴族として武術も納め、と同時に文学もたしなみ、
       1545年には詩集も出版しているとの事。

       教養ある洗練された人柄で、ヴェネツィアの文学者達の集まりにも
       すんなりと溶け込み、




       そこで知り合ったのが、女流詩人ガースパラ・スタンパ・
       Gaspara Stampa(1523-1554)で、
d0097427_01263185.jpg
       パードヴァで父親が亡くなった後、母親の郷ヴェネツィアに戻り、
       その家が文学サロンとなり、貴族、詩人、音楽家、文学者の溜まり場となり、
       その美貌と秀でたリュートの演奏と歌、詩で有名だったのだそう。
       
       コッラルティーノとガスパーラは同い年で、25歳の出会い。
       じきに恋愛関係となった様子ですが、
       彼女の方が真っ当に深く愛し求めたのに対し、彼の方はなかなか・・。
       別れもあり、縒りが戻った時期もあり、
       彼女に素晴らしいソネットが生まれた事もあったものの、
       結局約3年の後に彼女は捨てられた形となり、

       元々虚弱体質であった彼女には精神的にも厳しく、
       ついに僅か31歳の生涯を終えたのでした。
       
       ガースパラ・スタンパについては、pescecrudoさんが3回に渡り
       書いておられます。

       コッラルティーノとの関係については、2回目のこちらに。
      

       コッラルティーノのその後は
       1557年にジューリア・トレッリ・Giulia Torelliと結婚し、
       2人の息子フーリオ・カミッロ・Furio Camilloと   
       ピッロ・Pirroが生まれていますが、 長子の名にご留意を

       そして1558年、武装してヴェネツィア共和国領内に入り込み、
       親族に激烈な恨みを持ち襲撃したかった様なのですが、
       反逆罪に問われ追放とされ、マントヴァのゴンザーガ家に逃げたそう。
 



       そして今回最後の人物、フーリオ・カミッロ・ディ・コッラルト
       これはつい最近出版された本で、トラットリーアに描かれたフレスコ画が
       表紙にもなっているのですが、
       絵の下に見える副題が、Traditore innamorato・恋に落ちた裏切り者
d0097427_01264510.jpg
       そう、上のコッラルティーノの長子フーリオ・カミッロが主人公で、
       小説仕立てですが、実際に起こった事件をヴェネツィアの記録古文書から
       拾い出し、歴史を踏まえ当時の世相なども知るように描かれていると。

       つまり落ち着きの無い乱暴者のフーリオ・カミッロが、
       同じ一族のジュリアーナ・ディ・コッラルト・Giulianaに恋をし
       1585年コッラルトの城を襲撃して、彼女をさらったのだそう!

       父親コッラルティーノは、サン・サルヴァトーレの城で生まれていますから、
       多分直系があちらに住んでいたのだと想像し、
       父親がいつまでマントヴァに追放の身でいたかなのですが、
       フーリオ・カミッロはサン・サルヴァトーレの城にいて、
       こちらのコッラルトの城のジュリアーナを見初め、奪いにかかったと、
       彼が28歳の時の事。

       彼女を奪い、目指したのがマントヴァと言うので、
       父親の追放先でもあるので、知り合いがいたのとも考えられますし、
       どうして一族の女性を、城を襲ってまで奪わなければいけなかったのか、
       既に結婚していたのか、余りにも近親すぎたのか、eccecc
       そして最後どうなったのか、これを知りたいのですがぁぁ、
       
       フーリオ・カミッロの名で検索をかけると、
       でるのは、この本のことばかり!!
       作者のインタヴューにも、本の紹介にも結末は明かされてませんし、
       12エウロで本を買うべきかどうか、ははは、只今考慮中で~す!

     ◆ 追記 ◆
       確かコッラルト家の歴史について書いた古い出版(1929)の復刻版を
       持っていた筈と思い出し探し、フーリオ・カミッロについて
       何か書いていないか調べました。

       7行ほど触れておりまして、フーリオではなくフルビオ・Fulvio Camillo
       となっていて、1585年の4月にたくさんの兵と強力な武器を持って
       コッラルトの城を襲い、破壊し多くの戦利品を奪ったと。
       原因はコッラルトの城にいた親戚に利害関係の古い恨みがあったものと。

       どうやら父親の襲撃事件とおなじ怨恨が続いていたのではないかと
       思われ、これには「恋した女性ジュリアーナ」には触れておりませんし、
       行きがけの駄賃に、失礼、略奪したのかも知れず、
       それを今回ちょっとお話を膨らましたのかも知れず、と思いましたです。 
       



       そんなこんな、ちょっと浮世離れのした古城跡と人物伝が
       続きましたので、最後も綺麗に、
       コッラルトの美しい秋の風景をどうぞ!
d0097427_01270214.jpg
       ちょっと長くなりましたが、
       楽しんで頂けましたように!


     *****

       水彩ブログには、 ブラーノ島の洗濯物、下描き を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    

 

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-25 01:39 | ・ヴェネト Veneto | Comments(8)
2015年 08月 20日

   ・・・ 乗馬センター 再訪探訪 ・・・

d0097427_00341632.jpg
       先週木曜日の夜アンナリーザからメールが届き、
       乗馬教室の宣伝に使う写真が欲しいのだけど、というので、
       2,3度のメールのやり取りの後、
       急遽翌朝7時半過ぎに出かけました。

       アンナリーザ・Annalisaは私のイタリア語の先生だったのですが、
       現在はお絵描きにすっかり時間を取られ、友人としてのお付き合い。 
       乗馬教室云々というのは、
       彼女の実家が以前はトロット競馬の飼育訓練をしていたのが、
       暫く前から乗馬センターとして発足しているのですね。

       場所は我が家からだと車で東南に20分ほどの
       コドニェ・Codognéという村にあり、

       トップの写真は、馬場への道の入り口にあった新しい看板、
       乗馬センター・薔薇の騎士
       カッコいい名前ねぇ~!



       突き当りを右に折れ、あの奥に、広く広く広がります
d0097427_00343364.jpg



       途中の道がロータリーやら新しい道やらに変わっており、
       8時ちょっとすぎに到着したのですが、
       既に各準備室というのか、では準備が始まっていて、

       アンナリーザとグレンジャー・Grenger 17歳
d0097427_00344821.jpg



       このグレンジャーの目がちょっと変わっていて、
       写真ではグレイに写りましたが、もうちょっと水色なんですね。
       そう、青い目なの、とアンナリーザ。
d0097427_00350258.jpg
       あんたの目はこんな色なんよ、と撮った写真のモニターを
       彼の鼻先に見せたshinkaiですが、分ったかな、ははは。




       準備が出来てパカパカと部屋を出て行く、馬の体の大きさ!
       鼻先を寄せてくるだけだとそう大きさを感じないのですが、
       体の横が目の前に来ると、大きいぃ!!

       こちらは表で既に準備が出来ていた少女ガイア・Gaiaと、
       ガストーネ・Gastone 14歳。
       ガストーネがこちらを見ている目が可笑しいでしょう?
d0097427_00351631.jpg
       ガイアはこの馬は2年位だけど、馬に乗り始めたのは
       もっと前からだ、と。
       
       アンナリーザのママ、アントネッラ・Antoenllaの説明によると、
       このガストーネはポニーのちょっと大きめ、
       背までの高さ149cmまではポニーと呼ばれるのだそう。




       馬場に入ってから、アントネッラと向こう側にちょっと見える
       ガエターノが馬に何か注射器の大きいので飲ませているのですね。
       何かと思ったら、咳が出るので、咳止めシロップをね、ははは。
d0097427_00353021.jpg



       そしてガイアが引き綱を付け、舌をチッ、チッと鳴らしながら
       ガストーネを走らせます。
d0097427_00354581.jpg
       何周かするとガエターノの指示により、反対側のくつわに
       引き綱を移し、反対向きに走らせるのですね、なるほどぉ。




       もう一人のシニョーラ、ルチーア・Luciaも準備を終えて馬場に。
       馬はオレゴン・Oregon 23歳。
d0097427_00360024.jpg
       真ん中の赤いTシャツが、アンナリーザのマンマ・アントネッラ、
       手前がアントネッラの夫(アンナリーザのパパではない)ガエターノ・Gaetano.

       日本の競馬は単直走というのか、
       3歳とか4歳とかのサラブレッドの若い馬ばかりですが、
       障害物用の馬はもっと年を取ってから練習を始めるそうで、
       それに年を取っている馬の方が騎手初心者には良いので、
       皆かなりのベテラン馬がここにいる様子。

       幾つぐらいまで大丈夫なのかと聞きますと、
       人間と同じで、馬も病気したりあれこれあるものの、
       30歳位までは大丈夫なんですって!
   



       ガイアも騎乗となり
d0097427_00361529.jpg



       ガエターノがなにやらアンナリーザに注意を
       確か、きちんと意識して止れ、というような事だったと。
d0097427_00362979.jpg
       アンナリーザは自分の子供が出来るまでは乗馬を続けていましたし、
       障害物の試合にも出ていたのですね。
       で、新しく実家が乗馬センターを開くにあたり、
       教える為のコースにも通ったと言っていましたし、
       この夏は子供達の教室も開いて、大活躍だった様子。




       本当に広い敷地で、遠くの方にはこんな農家も見え
d0097427_00364703.jpg



       彼らがトレーニングしている場所からも、ずっと奥に広がり
       逆に見るとこんな感じで、道の奥に見える大きな家が実家です。
d0097427_00370131.jpg



       朝露でびっしりと露が付いた草原に咲く花
d0097427_00371579.jpg



       馬場と反対側には、こんな雨天練習場も
d0097427_00373034.jpg



       ふと横奥を見ましたら、あれ? あの馬の顔が白いけど・・
       なにせ遠目が効かないので、良く分らず、はは、
d0097427_00374643.jpg



       近寄ってみて、なんだ、覆面をしているんだ!
d0097427_00380152.jpg
       ちょうど刈り取った新しい草を運んできたアントネッラが説明を。
       ほら、白い小さい羽虫みたいなのがいますよね、
       この時もお馬ちゃんたちの顔の回りに群がっていましたが、
       あれが耳に入り込むのを防ぐ為なのだそうで、
       こうしてすっぽり顔を隠していた方が、馬も気が散らないし、と。
       それでもまだ耳に入り込む虫もいるんだそう。




       彼らの奥にまだ3歳というのもいて、鼻づらに触って挨拶し、

       こちらはいつも一緒にいる2頭
       白い方が彼女ベトゥーリア・Betuliaで、
       茶の彼はブチェーファロ・Bucefalo.
d0097427_00381538.jpg
       普通は決して一緒にパドックには入れないそうですが、
       彼らはずっと一緒だったので、ここでも一緒にしているのだと。




       白いお馬ちゃんの尻尾の動きや
d0097427_00383132.jpg



       白いたてがみが朝日に光る様子に惹かれます!
d0097427_00384765.jpg



       元の馬場に戻ってくると、アンナリーザが今からちょっと飛ぶよ、と。

       ガイアがちょうど飛んだところ
d0097427_00390137.jpg



       では、アンナリーザの飛ぶ姿を!
d0097427_00391601.jpg
d0097427_00393074.jpg
d0097427_00394526.jpg
       う~~ん、カッコいいなぁ!
       気持ちよいだろうなぁ!!

       馬には鳥取の砂丘で一度乗ったことがあるのですが、
       猫ちゃんの匂いが染み付いていて、それが気に食わなかったのか、
       どんどんどんどん、道の端のほうに歩いて行くのですね。
       勿論、くつわを取ってくれていた小父ちゃんも一緒だったのですが・・、

       ついに前足を振り上げて、shinkaiちゃんを振り落とし、
       足の上に仰向けになって背中掻きを!
       下になった私めは重くて足が抜けずで、ははは。

       コネリアーノのプールのすぐ近くに馬場もあり、
       値段を聞くと多分日本よりもずっと安いので、・・やろうか?!
       と思った事もあったのですがぁぁ、
       う~ん、この年で落ちて脚でも折ったら長引きそう、と諦めましたっけ。




       約1時間の練習を終えた3騎は、ずっと敷地の奥まで歩いていき、

       その間にガエターノに質問を
       障害の後ろにおいてある棒は何の為?
       あの棒の位置まで3mあるそうで、あそこから馬は飛ぶのだと。
d0097427_00400052.jpg
       凄いですねぇ! あの巨体で3mも、しかも高さを飛ぶのです!

       高く飛べるのは、やはり血筋もあるそうで、
       普通は1mまで飛べたら、OKなんだそう
       それ以上は練習だけではなかなか難しいのだと。

       アンナリーザに聞きますと、ガエターノは大変理論的に
       きちっと教えるのだそう。
       馬術ばかりでなく、かってはフェンシングもしていたので、
       ここのセンター「薔薇の騎士」の名の由来も、
       長年の彼の夢であった、薔薇の花を頭につけた騎士の決闘、
       相手の薔薇を剣で落とす、という興行がかって在ったのと結びついたと。

       夏の初めにあった子供達の乗馬集中教室でも、
       彼は乗馬だけでなく、午後には希望者にフェンシングも教えたそう。

       「薔薇の騎士」というとリヒャルト・シュトラウスの有名なオペラが
       ありますが、そんな興行が存在していたのは知らず、
       あれこれ検索をかけましたが見つからず、でした。



       歩行を終えて戻ってくる3騎
       先週は5人練習に来ていたそうで、大きいのから小さいのに
       順に並んで歩いていて、見物だったと。
d0097427_00401531.jpg



       引き返して来たのを見たアントネッラが、
       こっちの馬場も撮りたいかと、開けてくれ

       広いでしょう?! 砂場になっていて、
       使う時は本当は水を撒くのだそう。
d0097427_00404679.jpg



       余り走らずに、ゆっくりと歩くだけでしたが、
       なかなか良い雰囲気でしょう?!
d0097427_00410463.jpg
d0097427_00411868.jpg
d0097427_00413329.jpg
d0097427_00423827.jpg
       私は砂埃を撮りたくもあったのですが・・。




       アンナリーザと青い目のグレンジャー
       お馬ちゃんは必ずカメラ目線なんですよね、ははは。
d0097427_00425432.jpg



       薄いブルーの目の美少女、ガイア、11歳
d0097427_00430757.jpg



       へぇ、馬の足の裏は、こんな風に隙間があるんだ!
d0097427_00432273.jpg
       後で水で体を洗ってやる時に、ブラシで土を掻き出していましたっけ。




       体を洗ってもらっているグレンジャーの額の星、
       真ん中にツムジがあるのも見つけ
d0097427_00433530.jpg
d0097427_00435154.jpg



       ここには何年か前に一度、来伊された友人とそのご両親と一緒に、
       ちょうど生まれた子馬を見にお邪魔した事があります。
       まだトロット競馬用の馬の飼育、訓練をしていた時で、
       納屋の様子も今と違い、猫ちゃんもたくさんいたのですが・・。
d0097427_00440577.jpg
d0097427_00441938.jpg

       当時の様子はこちらに
       http://italiashio.exblog.jp/8173372 

       こちらソンチーノの記事にも、馬の教室についてちょっぴり




       こちらは、アンナリーザの言葉によると
       ジオストラ・giostra・回転木馬! ははは。
d0097427_00443440.jpg
       つまり雨降りの時など、厩舎を掃除したりする時ここに連れて来て、
       一人でぐるぐる歩き回れる様に、半強制的にね、ははは。 




       現在馬は12頭いるそうで、
       馬を外に囲っておくパドックは8つ、厩舎は20あるそうですが、
       これは厩舎についていた回転扉の餌入れ
d0097427_00445049.jpg
       なんと彼らは一日に20kも食べるそうで!
       到底草だけでは不足ですから、どんな仕事をしているかによって、
       朝晩にここから小麦などを入れるのだそう。 




       あちこちを見て回っていると、ガイアが新しいポニーを
       連れて行き、    
d0097427_00450596.jpg



       ブチのポニーは、ティーノ・Tino 12歳。
d0097427_00452091.jpg



       ガエターノの指示で馬場を走り、ジャンプに取り組みます
       もっと鞭を入れて走らせろ、と言われるのですが、なかなかで、
       上手く飛べる時もあり、コツンと爪が当る音がすると気もあり・・、
d0097427_00453491.jpg
d0097427_00454984.jpg



       舌の先をちょっと出して集中しても、時にティーノとの
       気合が合わずに、避けられる事もあり・・、
d0097427_00460462.jpg



       この練習は余り長い時間ではなく、厩舎の方に戻って来て
       漸くに猫ちゃん2人に!
d0097427_00462054.jpg
d0097427_00463516.jpg
       アントネッラの言うには、今5匹いるそうですが、
       朝のうちは殆ど姿を現さず、夕方お鍋を抱えて母屋から来ると
       集まってくるそう、ははは。




       ではまた!と挨拶して帰る途中、一番端の厩舎から顔を覗かせた
       黒馬ちゃん、編んで貰ったたてがみが可愛いでしょう?!
       鼻づらをさすって、またね。
d0097427_00464952.jpg



       綺麗に咲いていた薔薇の花もあったのに、
       あ、撮るのを忘れた、と戻り際のこの白い花で、失礼を!
d0097427_00470585.jpg
       

       写真の数が多くなった今回ですが、お楽しみ頂けました様に!



     *****

       水彩ブログには、 アシャーノの麦畑、もうちょっとと、葡萄の赤ちゃん を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    

 

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-20 00:57 | ・ヴェネト Veneto | Comments(5)
2015年 08月 15日

   ・・・ ヴェネト盛夏 ・ 葡萄畑の様子は ・・・

       皆様、残暑お見舞い申し上げます!

       立秋の日も過ぎ、今お盆休みの最中ですね。
       そろそろ暑さの峠も過ぎたかなと期待しつつ、
       夏の最後を楽しんでまいりましょう!

d0097427_01163676.jpg
       今日ご覧頂くのは、我がコネリアーノの町の西隣、
       スセガーナ・Suseganaの町の
       サン・サルヴァトーレの城に沿っての葡萄畑に、
       月初めの4日に写真仲間と出かけてきた時の様子です。

       
       上は、朝の8時15分に城の下にある駐車場に集合の後、
       お城への坂道を上り始める脇にある礼拝堂 教会

     ◆ 追記です
       入り口扉の上に伯爵冠を戴いた紋章が見えるので、
       コッラルト家の礼拝堂かと思ったのですが、
       シニョレッリさんが「アンヌンツィアータ教会・Chiesa dell'Annunziata」
       であると教えてくださり、確認も取れました。
       シニョレッリさん、有難うございました!
     
       


       坂道を上り始め
       上の礼拝堂の上にも見えた月、見えるかな?
       手前の畑のこれは、何の作物だろう・・。
d0097427_01165139.jpg
d0097427_01170613.jpg
       右奥に見える建物を目印にしますので、ご記憶を。       
       

       坂道を辿った写真は、こちらにも




       途中にある元修道院跡の建物の一部
       住んでおられるのですね。
d0097427_01172092.jpg



       こんな花も
d0097427_01173670.jpg



       この辺り、既にかなり上っていて、
       東側に見下ろす大きな古い造りの農家
d0097427_01175197.jpg
       壁の屋根の下そして中程に、少し消えかかっていますが
       赤い線が 見えるでしょう?
       これは城主コッラルト家の持ち物であるという印なんだそう。
       
       そう教えてくれたのは、今回一緒したジョヴァンニの奥さんで、
       きゃ、名前が出ない、 他にも大変興味深い話を聞かせて貰ったので、
       それは後ほど。




       見下ろす、畑の中の最初の農家、納屋
       ほら、ここにも赤い線が見えるでしょう?
       手前に茂っているのは、オリーヴの木、畑、
       そしてヴェネト平野、ピアーヴェ河東の葡萄畑。
d0097427_01180680.jpg



       大分上ってきて、既にshinkaiは城の前なのですけど、
       ジャンナ達はまだ途中の修道院跡辺り
       ここまでお喋りの声が聞こえてくるのですよ!
d0097427_01182027.jpg
       とにかく暑い日で、しかも少し湿気があり、
       逆光で遠くの平野が靄って上手く写らず、残念!




       こちらがサン・サルヴァトーレの城の正面
       上に見えるのが、伯爵冠を戴くコッラルト家の紋章。
       中の見学や、恒例の春の白ワインの催しの時もここからは入れず、
       城の下の道をずっと奥まで行って、脇門から入ります。
d0097427_01183581.jpg
       コッラルト家が最初に歴史に登場するのは958年、
       凄いというのか素晴らしいと言うのか、
       現在まで延々と1千年を越え、家系が続いているのですね。

       現在の城壁内の敷地の広さは、イタリアで一番とか、
       あれこれ時々目にしたり聞いたりする事からも、
       この家系の大きさ根強さが想像できるのですが、
       今回は改めてきちんと読みたい、という気になりました。

       サン・サルヴァトーレの城の内部ご案内は

       コッラルト家の人々、オリジナルについては




       城の門の前から見る、例の農家、納屋
       そして周囲に広がる、見事なまでの葡萄畑!
d0097427_01184979.jpg
       ちょうど前の土地が荒地になっていますが、
       古い写真ではここも葡萄畑でしたから、
       きっと新しい苗に植え替えるのでしょう。

       我々はぐるっと回って、最後はあの納屋の前の道を通り、
       最初の礼拝堂の脇に出たのでした。




       一緒したミレーナ
       彼女はね、私が撮っているとその後から来て
       写すのです、狙いをコピーするんですって、ははは。
d0097427_01190366.jpg



       石塀の上のトカゲ君
d0097427_01191805.jpg



       お城の正面を過ぎ西側に回ると、こんな風に
       城壁に沿って更に道が続きます
       車もたま~に通る位で、散歩の人が何人か。
d0097427_01193245.jpg
d0097427_01194720.jpg



       そしてまた西角に行き、曲がり角があり
d0097427_01200296.jpg



       石塀と糸杉の間を道がず~っと奥に続いて行きますが
d0097427_01201823.jpg



       我々はミラーのあった脇から、こんな道をだらだらと下り
d0097427_01203204.jpg



       農家、納屋の前に
       ほら、ここにも赤線、もとえ、赤い線が、ははは。
d0097427_01204729.jpg



       納屋の中に白く新しいプラスティックの椅子があり
d0097427_01210427.jpg

       

       向かい合ってある建物の前にも、如何にも人待ち顔に!
       今は閉められていますが、こちらはきっと住居だったのでしょうね。
       白い椅子の前にあるテーブルは、車輪をリサイクルした物でした。
d0097427_01211941.jpg

       ジョヴァンニの奥さんが話してくれたのですが、
       とにかく一帯の領地が広く、小作人として農民達が働いていたわけで、
       第一次大戦時は、コッラルト家はオーストリア側だったので
       イタリア軍の爆撃も受け、戦後は土地もイタリア国王に摂取。
       で農民達は土地が戻ったら自分達の物になるかも、と期待したのだそう。
       ところがそのまま伯爵領に戻ったので、
       農民達は武器を持って押しかけ直に強談判したのだとか!

       どこかにこの話について書いたのがないか、
       もっと詳しく知りたくなったshinkaiです!




       家の中庭を通り過ぎ、葡萄畑の中の道にでます。
       手前はジョヴァンニ。 暑く眩しく目を細めている所。
d0097427_01213323.jpg



       道はこんな風にだらだらの下り坂
       あの面白い形の木は、松の木なんですよ!
d0097427_01214884.jpg



       で、この右に広がる葡萄畑の葡萄が、素晴らしく!
       こんなまだ赤ちゃんみたいに遅く小さいのもありましたが、
d0097427_01220467.jpg



       日当たりが良いせいか、既にもう、こんなに色づき!!
       葡萄の木の幹も、太く古いのにご注目を!
d0097427_01221903.jpg
d0097427_01223564.jpg
d0097427_01225077.jpg
d0097427_01231224.jpg
d0097427_01232754.jpg



       中でもこれが一番熟していた色
       つられて一粒摘みましたが、味はまだ酸っぱかった!
d0097427_01234373.jpg
d0097427_01235900.jpg
       今のこの暑さがこの調子で続けば、
       今年は葡萄摘み・ヴェンデーミア・vendemmiaが早いでしょうね。
       そして良い収穫かも!

       日本でお米の作柄状況がニュースに出るように、
       こちらイタリアでは、今年のヴェンデーミアは、と出ます。




       葡萄畑の畝の間の道、ず~っと遠くまで・・
d0097427_01241991.jpg



       畑の脇の赤土には、蟻んこたちの巣
       この暑いのにせっせと小さな蟻達が働いていまして。
d0097427_01243411.jpg



       トラクターに乗った方がこちらにやって来て、
       にっこりと挨拶しながら、
d0097427_01244976.jpg



       角を曲がり、あの家・納屋のほうに
d0097427_01250431.jpg



       上からかなりのスピードで下って来たサイクリングの2人
       西に角を曲がっていった先にも、やはりトラクター。
d0097427_01251900.jpg



       上から見たときは変な形と思った松の木も、
       こうして見ると、威風堂々、に見えません?
d0097427_01253416.jpg



       ずっと目印に見ていた例の家・納屋の前から、
       今度は逆にお城を見ます。
d0097427_01254955.jpg
       今見える真ん中の塔は礼拝堂の鐘楼で、
       大きな塔もあったのが爆撃でやられたのだと。
       残っていたら、さぞや素晴らしい眺めでしょうに、ね。




       という事で、出発点の礼拝堂の後ろに戻った我々
d0097427_01260434.jpg
   
       暑い中、ご苦労様でしたぁ!




     *****

       水彩ブログには、 冬の運河 ヴェネツィア を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    

 

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-15 01:33 | ・ヴェネト Veneto | Comments(15)
2015年 08月 10日

   ・・・ ノルチャと、モンテ・シビッリーニ国立公園周辺あれこれ ・・・

       先回に引き続きジョヴァンニ・Giovanni の写真で、
       ウンブリアはノルチャの町のご案内をちょっぴりと、
       ジョヴァンニ達が泊まった大平原近くの山小屋周辺の風景
       高原の花や蝶の写真、 Grazie Giovanni!!
       そしてちょっと珍しい話題、と思う、もののご紹介です。
     
d0097427_00550443.jpg
       先回のジョヴァンニの写真を、いつも私めのを載せている
       大きさと画質で最初アップしましたら、
       何でこんなに小さくしたの? 質が落ちた感じがするけど・・、
       と言って参りましたので、途中で大きめに、画質も上げてアップ!

       という訳で今回も、大きめ画質もアップで参ります。
       先回のを最初のうちに見てくださった方、
       前のも見直してあげて下さいませませ!


       上のトップ写真は、ノルチャ・Norciaの町の中心にある
       広いサン・ベネデット広場
       左がパラッツォ・コムナーレ・Palazzo Comunale
       元は14世紀のものだそうですが、残っているのはポルティチ部分で、
       19世紀の地震の後に再建されたものだそう。

       右がサン・ベネデット聖堂・Cattedrale di San Benedetto.

       写真左端に切れている像は、広場の中心にあるサン・ベネデット像で、



       こういう感じ。
d0097427_00552194.jpg
       聖ベネデットは480年にこのノルチャの町の生まれ、
       双子で、妹はサンタ・スコラスティカ・Santa Scolastica、
       初めて修道院の規律を作り上げた方で、ノルチャの町のみならず、
       ヨーロッパの守護聖人されている方。




       サン・ベネデット聖堂の正面
       扉の両脇の2つの像が、サン・ベネデットとサンタ・スコラースティカ。
d0097427_00553883.jpg
       この聖堂は元は中世で、14世紀に大改造されているそうですが、
       伝承として、この両聖人の生家の上に建てられた物とされており、
       地下のクリプタで生家跡が見られます

       この地下の生家跡も、聖堂脇にある穀物売り場のロッジャで見た
       当時の秤も、いつかと思いつつご案内してないのに今回気がつき・・。
       



       これはジョヴァンニが、サンタ・マリーア教会の聖水盤、として
       送ってくれた写真なのですがぁぁぁ、
d0097427_00560831.jpg
       ヴィッソのサンタ・マリーア教会の入り口や、中のフレスコ画の
       写真をノルチャとして送ってくれたもので、はぁ、
       私はざっと見たのみで気がつかないまま先回のヴィッソにも含めずで・・。

       このノルチャにもサンタ・マリーア・アルジェンテア教会があるので、
       そちらのかと思っていたのですが、
       間違いが分って後、2つの町の聖堂、教会の写真を探し回りましたが、
       この聖水盤がどこのか分りません!
       ですが、大変美しい素晴らしい物だと思いますので、ここに!




       ノルチャの町はサン・ベネデットの生まれた町としても有名なのですが、
       それ以上に有名なのが豚肉加工品なのです。
       町の通りにはこういう店がずらっと立ち並んでおりまして、
d0097427_00562490.jpg
d0097427_00564191.jpg



       こんな風に、palle de nonno・お爺ちゃんのたまたま、とか、
       cojone de lu mulu(ノルチャ訛り)・ラバのキXタマ・・!!
d0097427_00565687.jpg
       

       ノルチャの旨い物として、こちらに詳しく、ははは。




       銅製品の店が広場の一角にありまして、
       shinkaiめも同じこの鍋の並びを撮った事が、ははは。
d0097427_00571338.jpg



       ジョヴァンニ達はノルチャには半日行っただけだそうで、
       写真の数も少なかったので、

       次に、大平原に近い山小屋周辺の写真をご覧下さいね

       まず地図をどうぞ
       左上にカステルッチョ・Castelluccioとノルチャ・Norcia、
       緑枠で囲ったのがピアン・グランデ・大平原。
       赤点2つの下が、彼らの泊まったというアルプス兵の山小屋
       上の赤点が、この山小屋から2時間かそこら歩いて辿り着く
       ピラートの湖・Lago di Pilato.
d0097427_00572560.jpg
       ピラートというのは、キリストに死刑判決を下した
       ポンツィオ・ピラート・Ponzio Pilatoの事で、

       以前この大平原に行った時に彼の名前を読んで以来気になっていた
       この湖と、彼の生家について今回好奇心からちょっぴり調べました。

       で、地図の右下に見えるアブルッツォ州テーラモ県の
       ビゼンティ・Bisenti に彼の生家と言われるのが・・。




       ではまずサイトからの写真で、雪に埋もれた山小屋
       Rifugio degli Alpini・標高1560mを。
d0097427_00574092.jpg
       サイトはこちらに

       ジョヴァンニの話を聞きましたら、
       今頃はアルプス兵の山小屋といっても、普通の山小屋と変わらず
       ちゃんと個室になっているのも多いのが、
       ここは大部屋10人で、2段ベッドだったそう!

       それも2段ベッドの上がり下がりに必要な梯子がなく、ははは、
       よじ登り、下りにも時間がかかり、
       ベッドの上のが寝返りを打つと、下のベッドも揺れるという・・!




       ただし食事は大変美味しかったそうで、 この写真はサイトから、
       ハム類、チーズ、そしてレンズ豆のスープや付け合せ、
       肉の焼いたのやら色々で、
       1泊2食付40エウロだったそう。
d0097427_00581337.jpg



       サイトで山小屋の写真をあれこれ探していましたら、
       こんな狐君のが何枚か。
       これは夏の写真のようですが、雪の山小屋の入り口か、
       灯りがもれる中に座っている、多分食料依頼、がありました。
d0097427_00582726.jpg



       さて、ジョヴァンニの写真による、山小屋からの夜明け。 
d0097427_00583923.jpg



       山小屋のある場所は、フォルカ・ディ・プレスタ・Forca di Presta
       と言い、フォルカと言うのはフォーク、
       つまりUの字型に山がえぐれる場所を指し、
       こんな風に大平原が見えたのだそう。
d0097427_00585454.jpg



       道の奥右に見えるのが山小屋、だそう。
       大平原から上ってきた山道で、
       shinkaiも通ったアスコリ・ピチェーノへの道から少し分岐した場所と。
       奥に見える山肌が凄いですよねぇ!
d0097427_00591257.jpg



       山小屋からのパノラマ
d0097427_00592905.jpg



       こちらが奥にあるピラートの湖に向う方面と。
d0097427_00594527.jpg
d0097427_01000298.jpg



       上のような山の道を2時間か2時間半歩いて見れるという、
       ジャ~ン、これがピラートの湖! 標高1.941 m.
d0097427_01001834.jpg
d0097427_01003492.jpg
       上の写真はまだ雪が残り湖も繋がっていて、
       下のは、なんとタイトルが「ピラートの目」!! ははは。
       右上の盛り上がりが、モンテ・ベットーレ。
       手前側のもう一つの山の峰との間に挟まれており、
       長さが約900m、幅が130mほど、水深は8~9mと。

       場所の神秘さといい、この水の色といい、なんとも凄い湖ですが、

       なぜローマ帝国第5代ユダヤ属州総督ポンツィオ・ピラートの名が
       この湖についているのかですが、
       最終的に住民達から直訴され罷免されたピラートは、死刑判決を受け、
       その遺骸が水牛に引かれるままにここに来て、湖に落ちた、
       という伝説があるのだそう。




       それにしても1世紀に生きた人物の名がこうして残っている、
       というのに、最初はひどく驚いたのでした。
       ハリウッド映画の中で、キリストに判決を下したのち手を洗う、
       そんな人物の名にこのウンブリアの大平原で出会う、なんて、ね。

       そしてずっと昔、子供向けの雑誌でピラートの生家は、
       というのを読んだのが肝心の場所を忘れてしまっていたので、
       湖があるなら、この辺りだったのだろうか、と調べてみたのです。

       最近の研究で、多分、ここで生まれたと言うのが確からしい、
       という記事も見つかり、

       はい、こちらがアブルツッオ州テーラモ県ビセンティにある
       ピラートの生家と呼ばれているもの。
d0097427_01005181.jpg
       その後の何世紀間において改装されてはいるものの、
       それでもローマ期の住居の特徴を良く残しているのだそうで、
       無くなっているのは中央の入り口と玄関ホールで、
       部屋に明かりを与える中庭は完璧に残り、地下に雨水をためる井戸も。

       ずっとピラートの家と呼び習わされてきた物の確証が無かったのが、
       近年の研究者によって、土地の教会との間に交わされた文書から、
       多分ビゼンティ・Bisentiが生まれた町であろうと、
       半ば確認されつつある、という事でありました。




       では、最後は山小屋周辺で撮ったというジョヴァンニの写真で、

       アザミと、てんとう虫
d0097427_01010820.jpg
d0097427_01012520.jpg



       そして、蝶のあれこれ、美しい!
d0097427_01014242.jpg
d0097427_01020080.jpg
d0097427_01021578.jpg
d0097427_01023096.jpg
d0097427_01024861.jpg
d0097427_01030471.jpg



       この百合は、こちらではサン・ジョヴァンニの百合と呼びます。
d0097427_01032240.jpg



       ヒヨス・Giusquiamo というのですって。
d0097427_01033958.jpg



       最後は、夜の星空
       月が明るく出ていて、星空が上手く写らなかった、と言いましたが、
       星が皆さんにもよぉ~く見えますように!!
d0097427_01035424.jpg
       でないと、また彼からクレームが来ますので・・、はは、

       美しい!と言うコメントをお寄せ下さいませませぇ!




     *****

       水彩ブログには、 ヴェネトの早春 途中経過と、描き始め一点 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    


       この秋10月10日(土)から18日(日)に
       長野県諏訪市のギャラリー橋田様で、個展をさせて頂きます

       詳しいご案内は改めてさせて頂きますが、

       漸くに、この2年間に描いた作品を整理し、
       作品ページにまとめて載せましたので、
       そちらもどうぞ見てやって下さい。

       作品集 目次ページ の new! とでている項目分けからでも、
       右のカテゴリー欄の 作品集の各項目 からもご覧頂けます。
     
    

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-10 01:09 | ・ウンブリア Umbria | Comments(22)
2015年 08月 05日

   ・・・ ウンブリアの大平原のお花畑 と ヴィッソの町 ・・・

       皆様、酷暑お見舞い申し上げます!

       こちらも今週月曜から、天気予報どおりに、はい、
       暑さが戻ってきています。
       先回、申し訳ないくらい涼しい、と書きましたら、
       風邪引かないでね! というお優しいメールが届きましたので、
       暑いです!! ご安心を! ははは。

d0097427_04104270.jpg

       今日はウンブリアの奥の大平原
       ピアン・グランデ・Pian Grandeに咲き乱れる花の写真を
       ジョヴァンニ・Giovanniが送ってくれましたので、
       せめてもの酷暑お見舞いにご覧下さいね。
       Grazie Giovanni!!
       
       まず上は平野の中程、東側から見た平原の様子と
       平野の北側に半ば突き出す形の山の上にある、
       標高1452mに位置するカステルッチョ・Castelluccioの町.



       ジョヴァンニ達は7月3~5日に行ったのだそうで、
       ちょうどこの時期、6月から7月にこの平原に花が咲き乱れるのですね。
       
       上の写真、そしてここにも見える黄色い花畑は、
       名高いカステルッチョのレンティッキエ・レンズ豆の畑
d0097427_04110038.jpg




       カステルッチョの村はこんな風に
d0097427_04111557.jpg




       平野の東側に悠然と広がるヴェットーレ山・Monte Vettore
       標高2478m. 
d0097427_04113286.jpg




       大平原という名に相応しい平原の広さで、15平方km
       細長い畑がかなりの高さにまで広がり、
       放牧の羊や牛、馬達の群れも幾つもが平野のあちこちに。
d0097427_04114803.jpg




       さて、お待たせいたしましたぁ!
       ここから花畑の写真が続きますが、
       赤色はポピー、白はデイジー、青紫は矢車草で~す
d0097427_04120408.jpg

d0097427_04122264.jpg

d0097427_04123861.jpg

d0097427_04125657.jpg

d0097427_04131290.jpg

d0097427_04132907.jpg

d0097427_04134531.jpg

       この平原は、太古には湖だったのが干上がったのだそう!
       標高約1350mに位置するので冬の寒さは厳しく、
       マイナス30度前後にも達するのだと!
       その分、春の訪れる5月の末から7月にかけて一斉に咲き出す花は 
       見事で、世界各国からのカメラマン達も集まるのですね。

       追記です。 ジョヴァンニが書いてくれたのですが、
       これらの花々は、土地の所有者達の話し合いにより、
       化学肥料などは一切使わず、自然のままに任せているのだそう。
d0097427_04140093.jpg


d0097427_04141675.jpg

d0097427_04143244.jpg

d0097427_04144665.jpg

d0097427_04150259.jpg

d0097427_04151837.jpg



       もう一度カステルッチョの村の眺めをどうぞ
d0097427_04153445.jpg




       優しいジョヴァンニは、shinkaiにも良く分るようにと、ははは、
       レンズ豆の袋の写真まで送ってくれましたので、はい、皆さんにも!
d0097427_04163777.jpg


       shinkaiのカステルッチョのご案内、その1と2
       
       そしてこちらにも。




       地図をどうぞ。
       カステルッチョはウンブリアの南東の端に位置し、行き方は
       スポレートから東にノルチャ・Norciaにでて山を越すか、
       真っ直ぐ地図の北に見えるヴィッソ・Vissoまで行き山を越えるか
       の二通り、
       アドリア海岸からだとマルケ州のアスコリ・ピチェーノ経由です。
d0097427_00282756.jpg
       今回ジョヴァンニ達は、アルプス兵の為の山小屋・Rifugio degli Alpini
       に2泊したのだそうで、
       緑で囲った大平原から、と言うより、カステルッチョから約7kmの位置。

       山小屋周辺で見かけた花や蝶の写真、そしてノルチャの写真も
       送ってくれましたので、これは次回にご覧いただきますね。
       ・・と、shinkaiも夏休みが出来るという事になりますし、うふうふ。




       で、今日は「イタリアで一番美しい村々」にも選ばれている
       ヴィッソの町の写真も送ってくれましたので、
       ちょっぴりご覧下さいね。

       町の中心にある教会の鐘楼、尖がりの屋根が珍しく石造りなのと、
       山上に見える要塞の塔
d0097427_04165365.jpg




       町には中世の面影を残す古い石造りが多く残っていて
d0097427_04170920.jpg

d0097427_04172636.jpg


       写真を見つつ、5年前に訪れて歩き回った時の記憶が蘇り、
       ああ、あそこだ、ここだと、とても懐かしかった!
       イタリアの町の、街の良さは
       何十年経っての再訪でも変わらない姿を見せてくれる事!!




       細い、でもかなりの水量の川が町の脇を流れ
d0097427_04174243.jpg




       この泉の写真が唯一、場所が分らなかったのですが、
       またジョヴァンニに聞いてみましょう。
d0097427_04175858.jpg




       古い建物の横を細い小路が通り、曲がりくねり
d0097427_04181425.jpg

d0097427_04183079.jpg




       この細い真っ直ぐの小路も懐かしい!
       小路の真ん中が低くなっているのは、雨水が流れる工夫です。
d0097427_04184824.jpg




       今回の彼の写真は、かなり光と影を意識した様子
d0097427_04190481.jpg




       ここも懐かしいですが、花鉢が減ったような・・!
d0097427_04192009.jpg




       今回のヴィッソの写真で一番気に入ったのを最後に
       素敵でしょう?!
d0097427_04193643.jpg

       
       如何でしたか?
       写真に対してのご伝言をいただけると彼が喜びますので
       どうぞお願いいたしま~す!


       ヴィッソの町のご案内は、
         



     *****

       水彩ブログには、 ゴンドラ溜まり ヴェネツィア ・ 途中経過 を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    


       この秋10月10日(土)から18日(日)
       長野県諏訪市のギャラリー橋田様で、個展をさせて頂きます

       詳しいご案内は改めてさせて頂きますが、

       漸くに、この2年間に描いた作品を整理し、
       作品ページにまとめて載せましたので、
       そちらもどうぞ見てやって下さい。

       作品集 目次ページ の new! とでている項目分けからでも、
       右のカテゴリー欄の 作品集の各項目 からもご覧頂けます。
     
    

     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  







by italiashiho2 | 2015-08-05 00:38 | ・ウンブリア Umbria | Comments(20)