「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

・・・ カステッロ・ディ・アーヴィオ ・ 中世からの軍事拠点、居城 ・・・


       最初に、イタリア中部地震の速報をお伝えします。
       今朝7時40分に、震源地ノルチャ・Norciaのすぐ近く、地下10kmの
       強い揺れ、8月24日の地震よりも強いマグニチュード6,5が一帯を襲い、
       町の中心はすべて避難命令が出ております。

       お昼のニュースを見た所では、幸い今回も死者は無く
       怪我人、危険信号程度の重症者も含め20人程で済んだ様子です。

       ノルチャの北にあるプレーチ近くの、サン・テウティツィオ教会は、
       先日教会正面壁の一部が落下したのが、今回は遂に全体が崩壊したと。

       プレーチと北のヴィッソからの連絡道である道脇、ネーラ川が流れますが、
       大きな山崩れがあり、川も道路も埋まり、
       プレーチとの連絡は途絶えているとの事ですが、市長からの電話で
       町の教会も倒壊したとかで、大きな被害が予想されていて、
       これはカステルッチョも同様の様子で、
       その他の各町の中心地は進入禁止になっている所が多い模様。
       
       今回の地震はローマでもかなり揺れた様子で、地下鉄が止まったり、
       各地で点検の為の一時的な観光施設の閉鎖もあった様子。

       余震が続いてはいたものの、他にも大きな災害ニュースがあったりで、
       ニュースも小さくなりかけていた矢先の、再度の大きな地震でした。

       この先48時間以内に、ひょっとして今まで以上の大きな地震が
       起こる可能性もあるという事で、一帯の人々には避難指示が出ていますが、
       
       被災者の皆さんの心理的なお疲れも想像でき、
       寒さに向かい本当にお気の毒です!

       救助にずっと当られている消防団、救急隊員たちの方々の
       疲労の大きさにも想いが行き、頭が下がります、
       本当にご苦労様です!! 宜しくお願いいたします!


     *****

d0097427_15354246.jpg

       イタリアのヴェローナから北の隣国のインスブルックを繋ぐ
       ローマ期からの街道筋の要所であり、
       高い山を背後に平野を睥睨、アディジェ河の渡河地点の見張りでもあった
       カステッロ・ディ・アーヴィオ・Castello di Avioのご案内を。

       見学日が曇り空でしたので、トップの写真はせめて青空の一枚をと、
       現在の城の持ち主であるFAI・Fondazione Ambiente Italia・イタリア環境財団とでも、
       のサイトから拝借で、記事中の我がサイト名のないのもそうです。
       
       今回は写真が多いですので、ごゆっくりご覧くださいね!!



       城入り口前からの城壁の眺め
d0097427_15355837.jpg



       城の図をどうぞ
       左下Ingresso・入り口から入り、常に坂道で上り、
       赤丸の付いているのが現地点という事で、
       その道から下の右下部分は現在私有地になっているそうで、
       その中に含まれるTorre Picadora・ピカドーラの塔
d0097427_15361236.jpg
       赤丸地点の左Casa delle Guardie・警備人の家
       矢印にそって坂道を行き、左に見えるグレイの位置に最初の門
       ここから右部分は城の下と呼ばれ、兵舎部分でもあったでしょうか。

       グレイの部分の先に2番目の門があり、我々はそこを抜け、
       左回りに行き、一番上に3番目の門、そして角を曲がって4番目の門
       赤い四角が主塔・Mastio、その右にGrande Cucina・大台所

       そして次の門をくぐると居住地部分で、
       左に抜けると内庭というのか、Pozzo・井戸があり、
       長い大きな城館がPaazzo Baronale・男爵館とも領主館とも。
       左外れの白い部分Resti della Capella・礼拝堂の遺跡

       ぐるりと城壁に囲まれ、5つの塔、領主館
       そしてフレスコ画で装飾された警備人の家、主塔の上部という、
       約千年の歴史を持つ城です。

       


       これが現在私有地内に含まれるピカドーラの塔
       ここで絞首刑が行われ、下の村から見えるように吊るされたのだそう!
d0097427_15362933.jpg
       名前と由来を聞いて皆がフフと笑いまして、
       というのも、吊るすというのがインピッカーレ・impiccareなんですね。




       警備人の家に入り、2階に
d0097427_15364196.jpg



       そして、おお!となったのが、まずこの壁画
       現在のパッチワークの柄にもありますよね、これ?!
d0097427_15365594.jpg
d0097427_15375075.jpg

       真ん中にアルファベットが見えますね、
       でも何の関係もない文字が入っているのだそう。
       下に見えるのは、カーテンを吊った感じのものですが、
       後ほどご覧頂く、城内のフレスコ画のカーテン部はすべて同じ柄。

       shinkaiは一番後ろで写真を撮っていまして、
       殆どガイドさんの説明を聞いていませんで、ははは、
       すると中ほどに居たルイーザがすっと寄ってきて、
       ガイドが、本当は写真禁止ですが、撮られているのを見ても
       見ない振りをしますが、フラッシュは焚かないように、と言ったそう。
       はは、良く出来たガイドさんですねぇ!!




       そして隣の部屋に、これが圧巻でした!
       部屋一面に戦闘場面のフレスコ画があり、それが整理された線と色
       そしてどこかニヒルな目を持って見つめ描いている、というのか・・。

       こちらが入って正面の壁
d0097427_15380678.jpg
d0097427_15384447.jpg



       右側の壁上側。 戦闘場面なのに、一番右の男はこちらを見ていて・・。
       
d0097427_15390025.jpg



       部屋の入り口背後の壁、上の右にアーヴィオのお城が
d0097427_15392095.jpg
d0097427_15395595.jpg



       窓にもこんな柄模様
d0097427_15400895.jpg
       描いたのは14世紀中頃のトレンティーノの画家であろうと。

       警備人の家・見張り人の部屋と現在は呼ばれていて、
       確かに位置的にもそうなのですが、多分長たる人の住まいでもあったろうと。




       上の道から見た警備人の家。 1階部分はこの傾斜地に寄っていて、
       我々は1階の戸口から入り、今見える2階の左の戸口から外に。
d0097427_15411412.jpg




       坂道を上り
d0097427_15413023.jpg



       最初の門
d0097427_15420487.jpg



       中から見た最初の門。 城壁に穴が順序良く開いていて、
       かっては中を見張りの兵士が辿った廊下部があったものと。
d0097427_15421762.jpg



       右に開いているアーチの中が城の下部分で、
       上に伸びている壁の内側が、かっての礼拝堂の壁、というのを
       後ほどに知りました。
d0097427_15423239.jpg
       この左に2番目の門があり、




       2番目の門を振り返った所。 ずっと上り坂!
d0097427_15431605.jpg



       城壁は城をぐるっと囲んでいる一部なのですが、
       下側にも上側にもM字が見えますね?
d0097427_15433209.jpg
       これは城壁の上に付いているメルレット・レース飾りと呼ばれるもので、
       つまり下のMは最初の城壁の上にあったものが、
       防御から埋められ城壁が高くされ、その上にまたM字が付けられ、
       それがまた埋められている様子なのです。

       M字型は王冠の上の飾りを意味し、このM字が付いている城は
       皇帝側である事を示し、
       教皇側の城には、教皇冠を示す尖がりが1つ、が残ります。


       アーヴィオの城の建設が記録に残るのは1053年
       12世紀にトレントの司教の臣であるカステルバルコ・Castelbarco
       一族の領有となったと。
       
       カステルバルコ一族で最初に記録に名がでるのは1177年、
       アルドリゲット・Aldrighettoがトレントの司教アデルプレート・
       Adelpretoを殺害したというもので、
       封建領主間の争いが激しく、それが原因だった様子ですが、解放され、

       その息子ブリーノ・Brinoは政治的軍事的にも勢力を伸ばし、
       その後を継いだアッツォーネ・Azzoneは、
       アーヴィオの城も整え、フェデリコ2世皇帝の希望にもより、
       皇帝の副王でもあったエッツェリーノ3世ダ・ロマーノとも連帯、
       この一帯での重要な立場を持つ事に。

       1265年に亡くなったアッツォーネの後継がグリエルモ・Guglielmo
       で、ますます政治的軍事的に威力を持ち、ヴェローナのスカリージェリ家
       にも近づきますが、1320年後継者を残さず亡くなり、
       彼の財産は甥達の間で分割、という事に。

       ですが、その後も様々な困難を切り抜け、数世紀を
       カステルバルコ一族は存続し続け、ミラノ方面にも進出、
       カステルバルコ・ヴィスコンティ・シモネッタ・アルバーニという姓に!

       このアーヴィオの城は1977年、エマヌエーラ・カステルバルコ・Emanuela
       指揮者のアルトゥーロ・トスカニーニの姪にあたるそうですが、
       FAIに贈ったのだそう。

       
       ええと、つまりです、何が本当に言いたかったかと言いますと、ははは、
       
       中世の、城の防御の仕組みが本当に良く残った城であるという事、
       そして経済的にも豊かで、城館内の装飾も優雅であるという事、で~す。
       



       3つ目の門をくぐり
d0097427_15434591.jpg



       銃眼というより、弓を射る窓から外を
d0097427_15440769.jpg



       城館部分に近づき、両側の壁が高まり、4つ目の門
d0097427_15442582.jpg



       門を潜って目の前に広がる、周囲の威圧する壁!
       右は床と境の壁部分が落ちているのですが、暖炉部分や、
       壁の祭壇部も見え、
d0097427_15443956.jpg
       左下にフレスコ画が見えますが、後ほど。




       上の写真の右側はこんな様子で、主塔に接し、
d0097427_15450436.jpg



       上でチラッと見えたフレスコ画ですが、これです。
       色が見え難いので少し濃い目にしましたが、
       白馬に乗った騎士と貴婦人ですね。優雅!
d0097427_15452586.jpg



       このフレスコ画の下の、アーチ越しに見えた植物のフレスコ画
       わぁ~お!
d0097427_15454537.jpg



       遂に一番奥の城館部に入った訳で、この建物は領主館の
       一番東(右側)の外壁ということになりますが、

       植物状のフレスコ画は1階部分で、2階には布の柄が一面に
d0097427_15460273.jpg



       上の写真の向かい側に当る、2階の布の柄
       左に斜めになって延びる壁にもフレスコ画の名残が。
d0097427_15461855.jpg



       潜ってきたアーチの内側にも、植物の柄
       こういう柄は本当に優雅ですよね。 
       女性達の部屋ででもあったのでしょうか?!
d0097427_15463229.jpg



       城壁側との境にアーチの仕切りがあり
       1階部分はこれで仕切られていたのでしょう、
d0097427_15464660.jpg



       アーチ壁の向こうには地下へ下りる石段があり、
       最初は真っ暗で降りる気もしなかったのですが、ははは、
d0097427_15471243.jpg
       城館見学が済み出て来ると、案内の人が、下は倉庫で降りれますよ、
       との事で、その時は明かりも見えたので降りてみました。
       大きな倉庫が次々とあり、右側は閉まっていて見えませんでしたが、
       氷室があった、との事。




       横から低めのアーチを潜っていくと台所で、
       この大きなフードに驚き!!
d0097427_15473012.jpg
       一帯何人位住んでいたのか、とガイドさんに尋ねると、
       お城や要塞をたくさん持っていたから、そんなにたくさんでないと思う、
       との事ですが、それでもねぇ、この大きさだとすると、
       何頭もの豚ちゃんもグリル出来そうですよね?!




       中庭から見る主塔
d0097427_15474374.jpg



       さて、領主館の中に
       この左の壁の外側に、植物柄と布柄のフレスコ画が残っていた部分で、
       中から見上げる壁が異様に高く感じおまけに薄暗く、大変な威圧感!
d0097427_17060589.jpg
       真ん中上に見えるのは暖炉の跡、上部で、
       この部の煙突が残っているのを後ほど。




       遠くの壁に残っていた、祭壇画の窪み
d0097427_17061910.jpg



       反対側の壁。 この先は天井が低くなり、その高さの違う部分に
       黒い板壁で覆いがあるのが見えますか?
       時代毎の修復の蓄積がここにも見れます。
d0097427_17063865.jpg



       領主館の一番西端の大きな部屋。 
       ここにも柄のフレスコ画が2階部分と、窓にも同じカーテン柄
       四角い穴が続くのは、2階の部屋の床部分の梁があった場所。
d0097427_17065156.jpg



       そしてその外側に、かっての礼拝堂の壁画が残る壁の一部が。
d0097427_17072131.jpg
d0097427_17073810.jpg
    
       下は、最初の門をくぐって上って来た所の、城の下の部分。




       細長い中庭はこんな様子で、右が領主館の部分で、
       幾つもの壁、アーチで仕切られ、左は主塔に至る石段部分。
       手前に見えるのは中庭の井戸で、
d0097427_17081500.jpg



       この下に、地下倉庫の氷室があるのですって。
d0097427_17083015.jpg
       



       主塔に上りますが、ここが塔の入り口
       とはいえ、塔は11世紀に出来たものの、この入り口がついたのは
       後年の事で、最初は塔の入り口の左の壁に見える窓、
       あそこから梯子で出入りし、梯子は使用後は中に仕舞っていた、と。
d0097427_17093114.jpg



       こんな階段で上に上ります、確か3回梯子を上ったと!
d0097427_17094726.jpg



       最初の階には窓がひとつあり、これはそれよりも上階の窓
       壁の厚みにご注目!
d0097427_17101915.jpg



       そして辿り着いた上階、「愛の部屋」と呼ばれるフレスコ画装飾の部屋!
       塔のこんな上に、こんな優雅なフレスコ画があるのなんて初めて!!
d0097427_17103110.jpg

       窓を挟み、右に半分欠けて分かり難いのですが、
       馬に(犬ではおまへん)乗り、弓を持った人(騎士だったっけ?)が描かれ、
       窓の左の貴婦人は矢を払いのけ、掌にはワンちゃん
       つまり、男の愛は変わりやすく、そうそう、ははは、
       犬は忠実のシンボルなんですって。

       天井部分には、膝まづく人の姿と、右は誰だったっけ、聞いとりません、へへ。
       shinkaiが面白いなぁと思ったのは、天井の肋骨部分の描き様が、
       ちゃんと一番のデッパリ部を白く、膨らんでいる様に描いている所。




       この左に続く場面には、愛の矢で射られた
       幸か不幸か分からぬ貴婦人がいて、
d0097427_17104517.jpg



       向かいの壁には、馬上の騎士と接吻する貴婦人の姿。
d0097427_17113320.jpg

       14世紀中頃の、ヴェネトかエミーリアの画家だろうというのですが、
       洗練され、愛の寓話に満ちた宮廷画で
       むむ、一体誰がこんな部屋を、何の理由で、こんな場所に作ったんだぁ?!




       「愛の部屋」の隅に、まさに梯子階段があり、上の物見の部屋に
       つまりここが塔の最上部で、一段と高い見回りの段に上れ、
       ぐるりとほぼ一周する事が出来ます。
d0097427_17110003.jpg
       



       見張り窓から見る北の山
d0097427_17115644.jpg



       
       塔から見下ろす領主館の屋根と、右に城の入り口、
       そしてピカドーラの塔
d0097427_17132069.jpg



       上の写真左に切れたのが、領主館の屋根からの煙突
       館の2階部分の暖炉の上部のみ残っていた場所ですが、
       煙突の先の形が、どこか古めかしく趣がありますでしょ。
d0097427_17150893.jpg



       城の一番の高所から見下ろす、麓の村サッビオナーラ
d0097427_17155534.jpg



       アーヴィオの中世からのお城のご案内
       お付き合い、有難うございました!
d0097427_17160798.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、詰めの2枚と、 カルページカ村のたそがれ色 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****

       ◆ お知らせ ◆

       11月22日から27日に開催の、広島の三越での個展が迫りました。
       もしDMを送って欲しい方が居られましたら、コメント欄の
       「管理者のみに閲覧」にチェックを入れ、住所とお名前をお知らせ下さい。

       今までに届いている方は、お知らせが無くとも大丈夫です。
       来週辺りには届くと思いますので、宜しくお願いいたします。



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


       


by italiashiho2 | 2016-10-30 22:26 | ・北イタリア Italia nord | Comments(2)
2016年 10月 26日

・・・ トレントの古城2つ 前奏曲 ・ カステッロ・ディ・アーヴィオ ・地震速報追記 ・・・

   イタリア中部地震のニュースに関し、最後に追記、写真アップを致しました。
        
********

d0097427_15024649.jpg
       先週水曜にグループで出かけて来ましたトレントの古城2つ、
       カステッロ・ディ・アーヴィオ・Castello di Avio
       カステル・ベゼーノ・Castel Beseno.

       生憎の曇り空で靄のかかったお天気でしたが、何とか雨はのがれ、
       千年近い歴史を持つ古城の、内部と規模の大きさに満足し戻りました。

       写真整理も資料を読むのも済んでおらず、さてどうしようか・・。
       以前アーヴィオのお城は訪ねたことがあり、月曜休館で外からのみ、
       その時のは何枚か、ガルダ湖北の訪問で見て頂いただけですし、
           
       先日とは打って変わった青空の美しい写真なので、シメシメ、これを!と。
       いやぁ、先日来こちらは雨と曇り空が続いており、
       青空と太陽さんが恋しく、時間稼ぎにもちょうど良いと、ははは。


       という事で、今日はアーヴィオのお城の前奏曲、ならびに
       麓のサッビオナーラ・Sabbionaraの村の様子をどうぞ!

       上の写真は、サイトから拝借のアーヴィオのお城を遠方から

       このお城に惹かれるのは、如何にも中世の、絵に描いたような姿で、
       これはヴェローナからボルツァーノに向う鉄道からも、高速からも見え、   
       やはり一度は内部も見たかったのでした。




       アーヴィオのお城はどこにあるか、地図をどうぞ。
       我が町コネリアーノから行くにはちょうど北周りと南周りの行程があり、
       この日は往きにヴェローナ経由の青の線南回りで、
       午後にロヴェレートの北東にあるベゼーノの城を見物後、
       戻りは北回りのグレイの線で。       
d0097427_22231780.jpg



       ここから暫くは、以前の、はぁ、2007年5月下旬の、ははは、
       緑濃い写真をご覧頂きますが、

       高速を降り、サッビオナーラの村に向かい
d0097427_15035858.jpg




       お城の手前の駐車場から、見上げる姿
       現在残っているのは上の城館部分と主塔で、城壁が取り囲みます。
       
d0097427_15041910.jpg
d0097427_15043342.jpg



       城の下から見下ろすサッビオナーラの村
       如何にも昔からの、お城の膝もとの村、という感じでしょう?!
d0097427_15045898.jpg
d0097427_15051261.jpg

       村を囲んでいるのは葡萄畑、なんですが、
       いつもご覧頂いている畝の畑とは違い、
       この辺りのは、葡萄の枝をパラソルのように広げた棚作りで、
       太陽の恵みを最大限に取り入れる仕様なのですね。




       南、ヴェローナ方面を望んで
       両側から高い険しい山々が迫る狭い谷の中をアディジェ河・Adige
       流れ、それに沿って道、高速と鉄道線が南北を結びます。
d0097427_15054755.jpg



       村の外れの教会
d0097427_15060173.jpg



       再び見上げる城
d0097427_15062322.jpg
d0097427_15072420.jpg



       こちらは北に向っての眺め
d0097427_15074369.jpg
       山が迫る谷の括れごとに、かっては見張りの城、要塞があったものと見え、
       このアーヴィオの城の城主一族カステルバルコ・Castelbarco
       この谷一帯に15位も城を持っていたのではないか、とはガイドさんの言葉。




       村の中の道は狭く、当時免許取立てのshinkaiはやっと角を曲がりつつ、
       急傾斜の道をお城の駐車場まで辿り着いたのでした、ははは。
d0097427_15075715.jpg
d0097427_15081096.jpg



       5月下旬の暑いほどの陽射しの日で、ラヴェンダーも良い香りを放ち
d0097427_15082236.jpg



       サクランボも美味しく熟れ、勿論味見をしましたっけ!
d0097427_15083587.jpg



       これは葡萄の房。 花が咲き終わり、実になりかけの所。
       そして、オリーヴの花
d0097427_15085435.jpg
d0097427_15090923.jpg



       というような、初夏の良いお天気のアーヴィオでしたが、

       今回はまだ真っ暗な朝6時に出発で、濃い霧の中のヴェネト平野を行き
d0097427_15092439.jpg



       ヴェローナから北に向うと、漸くに薄日が差し始め・・。
d0097427_15112775.jpg
d0097427_17300753.jpg



       高速を降りる所で見えたアーヴィオの城
d0097427_17302174.jpg
       城の手前から見えたのよりも、ずっと主塔が高いのが分かりますが、
       今回あの上にも上りましたぁ!




       村の通りでバスを降り、城まで運んでくれる小型バスに分乗、
       まさに城の入り口前まで運んでもらいましたが、
       傾斜の小路は恐ろしいほどで、慣れた運転手さんもゆるゆると。
       
       お城入り口から見下ろす、サッビオネータの村
d0097427_15120292.jpg



       雲間から射す光の筋
       一日雨の予報でしたので、こんな光でも嬉しい事!
d0097427_15122429.jpg



       見上げる上の城館と主塔の先
d0097427_17303367.jpg



       入り口脇の建物、見張りの塔
d0097427_17305566.jpg



       最初は盛んに吠えていたワン君、鼻先を柵から突き出し、
       その後は、庭に寝そべって・・。
d0097427_15133833.jpg
d0097427_15135635.jpg



       南、ヴェローナ方面。 
       アディジェ河は谷を蛇行して下り、ヴェローナの街中に。
d0097427_15141123.jpg



       一瞬、輝く太陽の光に、まるで違った風景のよう
d0097427_17310855.jpg
d0097427_17312229.jpg



       奥の険しい山の黄葉にも陽が射し
d0097427_15144170.jpg



       高速の停滞を恐れ早く出発し、早く着き過ぎた我々が
       ガイドさんが待つ間がありましたが、

       城の中には、こんなフレスコ画があれこれ残っていて
       これはもう、全然予期していなかったので感激!
d0097427_15145415.jpg
d0097427_15150910.jpg
       という今回の予告編でした。




       午後訪問したベゼーノのお城の威容はこの通り!
       これは駐車場にあった写真ですが、
       左下から辿り、右の一番奥まで! 
       訪問の価値あり! でしたぁ。
d0097427_15154533.jpg


     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、途中経過と、詰めと ・ お城での昼食の騒ぎを を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    


     *****

       イタリア中部地震速報

       昨夜26日19時11分イタリア中部においてマグニチュード5,4の
       地震が起こりました。
       震源地はこの夏の8月24日の大地震が発生した地区よりも北、
       ノルチャ・Norciaカステルサンタンジェロ・Castelsantangelo sul Nera
       そしてヴィッソ・Visso の近く。
       その後21時18分に続いての地震があり、こちらの方が強い揺れで、
       各地に大きな被害が出ました。
d0097427_21131083.jpg

       が、この度の地震では怪我人が各地で出たものの、死者は無く、
       お年寄りが一人心臓発作を起こし亡くなりましたが、幸いでした。

       ちょうどかなりの大雨と霧で、雨がやみ始めた今朝になって
       各地の被害の様子が徐々に明らかになっています。


       震源地に近いカステルサンタンジェロの夜の写真
d0097427_21135633.jpg

       朝一番の日本からの友人の速報メールで知ったのは、
       プレーチからノルチャに行く途中のカンピ・Campiの古い教会
       サン・サルバトーレが崩壊したというニュース。
       
       何度か通った道で、ブログにも載せていた好きな教会でしたので、
       嘘であってくれ!と願いましたが、残念ながら・・!
d0097427_21142119.jpg

       プレーチ・Preciの近く、中世ノルチャの外科学校の発生地としても
       知られるサンテウティツィオ教会も、正面壁が落下。
       お昼のニュースで見たもっと明るい状態では、この写真よりもひどく、
       大きく落下しておりました。
d0097427_21160030.jpg

       ヴィッソは町の中央が立ち入り禁止になっていて、
       町の門の中の写真はまだ見つかりませんでしたが、
d0097427_21164411.jpg
       上空からのヘリコプターの映像によると、かなりあちこちの屋根が
       落ちているのが見えました。


       中心から少し外れた外なのか、この歴史的建物、壁の厚さが80cmも
       あるという建物が崩れた様子。
d0097427_21162736.jpg


       そしてこの一帯よりも北に位置するカメリーノ・Camerinoの町では
       教会の鐘楼が崩れ、脇の家も潰れましたが、幸いに死者はなしでした。
d0097427_21170711.jpg
       このカメリーノの町、そしてノルチャから南のウッシタ・Ussitaの町も
       かなりの建物崩壊がある様子で、
       ノルチャの教会サンタ・マリーア・デッレ・グラーツィエでも
       崩壊があったと。
       
       夏の地震で壊滅的な崩壊があったアマトゥリーチェの町でも、
       残っていた建物の新たな崩壊があった様子。

       幸い死者はなくて済んだ今回の地震ですが、これから冬に向かい、
       崩壊は無くとも住めなくなった家が殆どのようで、
       被災地の皆さんには大変な冬になりそうで、お気の毒です。
       


     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


       


by italiashiho2 | 2016-10-26 00:02 | ・北イタリア Italia nord | Comments(9)
2016年 10月 21日

   ・・・ スコミーゴ村 秋の色 秋の空気 ・・・

d0097427_01065058.jpg
       この日曜の午後遅め隣村まで歩いて後、カメラを持ち
       再びいつもご覧頂いている葡萄畑のほうに。

       ちょうど午後の4時半頃で、翌日からずっと雨の予報でしたし、
       煌くような良いお天気の下での黄葉を撮って置きたかったのですね。

       上の写真は、我が家からだらだらと坂を下って行った所にある
       並木で、何の木かな、この向かい側には何度か見て頂いた
       シナノキの並木が続きます。

       既に陽が傾きかけていて、並木がくっきりはっきりの陰影をつくり・・。
       
       
       

       向かい側のシナノキの方は、黄葉のこの色!
       逆光に煌き、鮮やかな黄金色。
d0097427_01073602.jpg
d0097427_03290668.jpg



       と見ると、前の草原に2匹のワンちゃんを連れた散歩のシニョーラ
       こっちからカメラを見せると、OKと頷いてくれたのでこれを撮り、
d0097427_03293227.jpg



       傍に行って写真を見せ、ついでにちょっとお喋りを。
       黄葉を撮っているのか?と言うので、そうだと言うと、
       ・今どこが一番綺麗か知っている? 昨日の夜と今朝まで
        カンシーリオに行ったんだけど、今朝は凄い霧で・・、
       ・そう、この辺も霧だった、   
       ・その隙間から見えてきた黄葉、そして陽が当りだしての美しさは、
        本当に素晴らしかった! たくさんカメラを持った人が来ていた。
       ・私の友達のジョヴァンニも、しょっちゅうカンシーリオに行くので、
        あそこが素晴らしいのは良く聞いている。  

       話している傍で、2匹が行ったり来たり。
       その内にシニョーラが、こっちの彼女の目はとても素晴らしいのよ
       という事から、名前を呼び(エッラちゃん)撮った一枚。
       傍に寄りすぎて影に入り、自慢のお目めの輝きが良く見えないねぇ! ははは。
d0097427_17255993.jpg



       という事で、黄葉の道を去っていく一人と2匹
d0097427_04014437.jpg



       朝はこの秋一番の、かなり深い霧だったのですが、
       太陽が強くなると共に霧は収まったもののまだ遠くの方は靄がかかり、
       隣のオリアーノ村の教会もこんな感じ
d0097427_04021231.jpg



       葡萄の収穫は済んでいますが、剪定はまだの畑が多く、
       とはいえ、来る前に歩いた畑の半分は既に剪定が済んでいて驚きましたが、

       こうして家の近くの葡萄畑を見て、今年初めて
       葡萄の葉が違う事に気が付きました!
d0097427_04025813.jpg
       ほら、ここのは葉の葉脈もごつい感じがするでしょう?




       そしてこちらがいつも良く撮っている方の葡萄畑の葉で
       柔らかい感じでしょう?
d0097427_04034378.jpg
       
       勿論、葡萄の種が違えば葉の様子も違うのは当然なのかもですが、
       それにしても、かなり大きな差があるのに気づき、驚き!




       柿の実もかなり色付いて来てい、
d0097427_04042725.jpg



       こちらは葡萄畑の間の道を入り込んだ所にある、野生のリンゴの実

       こうして撮ると大きな実に見えますが、小ぶりの実で、
       下のは何かにやられ、しぼんでいて、
d0097427_04051452.jpg



       こちらはすっかり葉が落ち・・
d0097427_04061715.jpg



       並んでいた細い木の赤い葉。 
       近寄ってみると、ほらね、凄い虫食い葉!
d0097427_04082475.jpg



       草原にほんの少し、まだ咲き残っている花々
d0097427_04101441.jpg
d0097427_04104154.jpg



       逆光に輝く、猫じゃらし!
d0097427_04112848.jpg



       タンポポの落下傘部隊もかなりの数撮ったのですが、

       離れるには未練を残しているようで、ははは。
d0097427_04135930.jpg



       そして、タンポポの茎ほどの体の太さのバッタ君と
       上にも何か小さな虫君。
d0097427_04141930.jpg



       傾斜地から見る、オリアーノ村の丘、葡萄畑と木々と
       如何にも、秋の光線でしょう?!
d0097427_04144328.jpg
d0097427_04151343.jpg



       隣の葡萄畑の、傾斜にそっての畝の曲がり
d0097427_04160462.jpg
d0097427_04365959.jpg



       今年一年頑張ってたくさんの実を付け
       収穫が済み、なにやらホッとしているかに見える太い葡萄の幹!
d0097427_04425495.jpg
d0097427_12240610.jpg
       赤く見える枝が、この春延びて葉を付け、実をつけた枝。
       ご苦労さん!! 有難う!!と感謝とねぎらいの気持ち。



       葡萄畑の間の道を入ってじきに、遠くから子供の声が聞こえるのです。
       何でこんな所で?とは思ったものの、近くの農家の子だろうと。
       逆光が強く、奥のほうは陰に入って見えないままで、
       あれこれ撮りつつ、行きつ戻りつ傾斜地を下っていき、

       漸くに近づき、自分も陰の中に入って分かったのは、
       畑の奥の部分、林の木立の陰に入りやすい部分の
       葡萄の収穫をしているのでした。
       子供たちは親の近くで遊んでいる、その声だったのですね。
              
       スコミーゴ村の葡萄摘みが始まった、と知ったのは9月22日で、
       その後の1週間ほどがピークでしたから、約1ヶ月後です。

       やはり畑の日当たりの条件によって随分違うもの、
       しかも同じ畑でも、こんなに違うのだと、改めて納得でした。



       取り残された、小さな房!
       そう、収穫するには如何にも小さな房ですものね。
d0097427_12243603.jpg
d0097427_12244842.jpg



       葡萄畑の緩やかな坂を上り道に出て、家に戻ります。

       戻り道から見るオリアーノの丘
       一段と秋の色が深まったかのように感じる、シンプルshinkai!ははは。
d0097427_12251038.jpg



       シナノキ並木の落ち葉
d0097427_12252930.jpg
d0097427_12254600.jpg


     *****

       この水曜19日早朝からグループのバス日帰り旅行で、
       トレントの古城2つ、アーヴィオ・Avioと、べゼーナ・Besena
       見学してきました。

       終日雨との予報に関わらず、靄がかかる薄曇ではありましたが、
       それでも時に太陽が覗く、ありがたいお天気となり、
       しっかり、予想通りの素晴らしいお城を見て参りました。

       頑張って写真整理をし見て頂くつもりですので、
       どうぞお楽しみに!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、詰めの2枚と、 古い小さな村の猫たち を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       


       


by italiashiho2 | 2016-10-21 00:02 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(10)
2016年 10月 16日

   ・・・ イタリアで一番美しい 10の村々 ・ サイトから ・・・

d0097427_14565484.jpg
       先日偶然「イタリアで一番美しい10の村々」というサイトを見つけ、
       既に知っている場所もあり、初めて知る名もで
       とても興味深く思ったので、それを今日は皆さんにも!

       サイト名は、mondointasca - giornale on line di turismo e cultura del viaggiare
       ポケットの中の世界 - 観光旅行と文化の為のオンライン新聞
       
       魅惑的な美しさを持ち、皆さんに発見され評価されるに値すると
       思われる、10の村々をここにご案内

       というサイトの紹介文に相応しく、
       「小さな美しい村々」として既に有名な町村以外の、
       まだ余り知られていない、でも・・!という10の町の紹介ですね。

       という事で、北から南のシチーリアまでの10の村々の写真が
       1枚ずつ載っているのですが、州と町名だけではピンと来ませんよね?
       
       というよりもshinkai自身が知りたいものですから、ははは、
       どこにある町かの地図と、写真ももう一枚探し、ここにご披露を。
       短い紹介文はサイトにあったものです。

       サイトではボルゴ・Borgo(複borghi)村となっているのですが、
       これはイタリアでの慣習ですので、ここでは町とご紹介致しますね。


       1.チヴィダーレ・Cividale フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
d0097427_14520351.jpg
       
       ジュリオ・チェーザレ(シーザー)によって興された町で、
       ユネスコの世界遺産の指定を受けている。
       魅惑的な町で、例えば写真の悪魔橋・ポンテ・デル・ディアーヴォロに
       伝わる、最初の通行者(実は猫)が、橋を造った悪魔の犠牲になった等
       たくさんの言い伝えがある。




       地図をどうぞ
       ウーディネ・Udineから私鉄道が連絡。
d0097427_14522435.jpg




       ロンゴヴァルド文化がしっかり残っている町で、国立博物館もありますが、
       この小神殿・テンピエットも大変美しく、町訪問の際はお見逃しなく!
d0097427_14524676.jpg

       チヴィダーレには以前何度も行き、何度かご紹介しています。
       こちらからどうぞ。




       2.ヴォゴーニャ・Vogogna  ピエモンテ州
d0097427_14530233.jpg
       ヴァル・ドッソラ・Val d'Ossolaに位置する住民1702人の町。
       中世からの町で、写真のお城は町よりも高い位置にあり、
       ほぼ円形の塔は町のすべてを睥睨する。





       地図をどうぞ。
       2つ見える湖の右はコモ湖、左はマッジョーレ湖で、
       ヴォゴーニャはそこから西に。
d0097427_14534697.jpg



       サイトで写真を探し見つかったのがこれで、随分昔、
       まだイタリアに来て間もない頃に雑誌で見つけた写真に惹かれ、
       切り取っていたのを懐かしく思い出しました。
       確かに行ってみる価値はありそう!!
d0097427_14535762.jpg



       3.ベッラージョ・Bellagio  ロンバルディア州
d0097427_14541008.jpg
       町はコモ湖に飛び出した先っちょに位置し、休暇を過ごすのに
       最適な事で知られ、北の山越しにアルプスが望め、
       コモ湖南の散策に適した色彩豊かな町である。




       地図は上のヴォゴーニャと同じもので、よくお分かりと。
d0097427_14542545.jpg



       もう一枚の写真は、湖から町の反対側を
d0097427_14555571.jpg

       生憎の曇り空の日でしたが、町の周遊のご案内は




       4.テッラーロ・Tellaro  リグーリア州       
d0097427_14562802.jpg
       この町はラ・スぺーツィア・La Spezia湾に位置する町村の中で
       一番魅力的な町の1つで、有名なチンクエ・テッレ・Cinque Terre
       からも遠くない。
       町は岩礁の上にあり、細い道を辿り背後の山にも行ける。
       



       地図をどうぞ。  左端切れて囲った場所がチンクエ・テッレで、
       確かに近いですが、行くとなると別ですね、これは・・。
d0097427_14563950.jpg



       今日のトップは、サイトにあったテッラーロの写真でしたが、
       いささか味気ない写真で、町紹介のも何か良く分からない感じ! 
       という事で、トップと同じ位置からの美しい写真をどうぞ。      
d0097427_22234972.jpg



       5.ソラーノ・Sorano  トスカーナ州
d0097427_14571112.jpg
       凝灰岩が掘られた上にある小さな町で、トスカーナのグロセット・
       Grosseto市にある。
       魅惑的な造りと古くからの趣のこの町は、エトルスクの証言に満ち、
       ヴァッレ・デル・レンテ・Valle del Lenteの傾斜地にある。




       地図をどうぞ。  左に見える薄いグレイの点線がトスカーナ州と
       ラツィオ州の境で、右上をかすめるのがウンブリア州。
       ソラーノの町はトスカーナの南東に位置します。
d0097427_14572213.jpg



       美しい夜景写真をどうぞ
d0097427_14574937.jpg
       
       この町にはピティリアーノから日帰りで出かけ、町中の美しさは
       知っていましたが、今回写真を探していて、
       町の対岸からの特殊な造形美の美しさにも感嘆しました。
       次回の為にインプット!
       
       町のご案内は




       6.カプラローラ・Caprarola  ラツィオ州 
d0097427_14580200.jpg
       カプラローラはラツィオ州の火山湖であるヴィーコ湖の 
       傍らに位置する。
       ここでは美しい風景と共に、素晴らしいファルネーゼ邸の庭園、
       そしてサンタ・テレーザ教会ではヴェロネーゼ・Veroneseや、
       グイド・レーニ・Guido Reniの絵画の鑑賞が出来る。




       地図をどうぞ。
       町にはヴィテルボ・Viterboから連絡
d0097427_14581449.jpg



       町の景観の美しさは我がブログでご案内していますので、
       ここではファルネーゼ邸の入り口からの眺めを
d0097427_14582718.jpg

       ブログでのご案内 カプラローラの町  

       ファルネーゼ邸 その1~3




       7.スペルロンガ・Sperlonga  ラツィオ州
d0097427_14584005.jpg
       海の町、自然のオアシスであるほかにスペルロンガの町は、
       海に突き出す岬に位置するたくさんの家々の眺めで魅惑し、
       幻惑する。 いくつかの見張りの塔の存在で分かるように、
       ずっと要塞化された町であったとみなされている。
       



       地図をどうぞ。  現在は道路状況が良くなり
       ローマからも楽に行ける場所となったと。
d0097427_14584823.jpg



       この春この一帯に出かけ、スペルロンガの町も散策しましたが、
       残念、この一廓を見ておらず、サイトで写真を見る度に・・・!!
d0097427_14591168.jpg

       町のご案内は




       8.フローレ・Furore  カンパーニア州
d0097427_14592668.jpg
       この町の美しさは何年も前から様々な観光協会によって知らされ、
       1997年にはアマルフィ海岸一帯がユネスコの世界遺産に指定された。
       と共に、イタリアで一番美しい村々クラブ、ワインの町協会、
       描かれた町協会にも加盟、2007年にはプロジェット・エデン・
       Progetto Edenで表彰された。

       描かれた町協会、というのは、町村の家の壁に壁画を描く企画で、
       通りが賑やかになり、観光の人々が集まる利点もありますが、
       何でも描けば良いというものではない、と思う事も、はい。
       古い町の美しい年月を経た壁が、下手な壁画で潰されるのは哀しく、
       町の趣が一変してしまう面もありますから。

       プロジェット・エデンというのは、どうやら観光客誘致の為の
       様々な企画をし、実行するものの様子。          




       地図をどうぞ。  アマルフィ・Amalfi とポジターノ・Positanoの
       中間にあるのですねぇ。
d0097427_14593720.jpg



       上の凄い眺めの写真から、どういう状況にあるのかと思いましたら、
       海が細く岩礁に入り込んでいる様子なのを見つけましたぁ!
d0097427_15000257.jpg



       9.カステルサルド・Castelsardo  サルデーニャ島・Sardegna
d0097427_15002163.jpg
       カステルサルドは自然の素晴らしさである。半島の頂上に位置する
       ドリア家の城に至る細い道、急な坂道の特徴ある、
       中世からの町がとても良い状態で保たれている。




       地図をどうぞ。 サルデーニャ島のサッサリ・Sassariに近く
       北に見える島は、フランス領コルシカ島。
d0097427_15003366.jpg



       上の写真の、山の頂上の城の写真を探しましたら、これひとつ!
       物凄い岩と城の区別がつきますか?!
d0097427_15004503.jpg



       10.カステッランマーレ・デル・ゴルフォ・Castellammare del Golfo シチーリア島
d0097427_15005844.jpg
       カステッランマーレ・デル・ゴルフォの町は、トラーパニ・Trapaniの
       湾に面し、12世紀のノルマン族の征服期に端を発する町。
       この町からの素晴らしい海の色の眺めは驚異的であり、
       まさに空と海が混ざり合うようである。




       地図をどうぞ。  パレルモの西、湾の奥に位置するのですね。
d0097427_15010905.jpg



       上の写真ではちっとも町の良さが分かりませんので、ははは、
       探しましたぁ! 
       これで海に飛び出す要塞城も、古い町の造りも
       海の色の素晴らしさも分かりますね。
d0097427_15012220.jpg

       如何でしたか?
       お気に入りになりそうな、小さな美しい町は見つかりそうでしょうか?

       う~~ん、シチーリアにも、他にも行ってみたい所ばかりだなぁ・・!!

       
 
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ティツィアーノの生家 詰め と、スコミーゴ村の朝焼け を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       




by italiashiho2 | 2016-10-16 00:03 | ・ご挨拶・番外 Saluti Speci | Comments(4)
2016年 10月 11日

   ・・・ エトルスク博物館 ヴォルテッラ ・・・

d0097427_03494630.jpg
       ヴォルテッラの有名な見所をあれこれご覧頂いて来ましたが、
       今回が最終回、この町の名を世界に広めている
       エトルスク博物館・Museo Etrusco Guarnacciのご案内を。
      
       博物館名の最後にあるGuarunacci・グアルナッチというのは、
       この博物館収蔵品の大きな、そして主要な部分を占める作品を
       寄贈したマーリオ・グアルナッチ氏(1701-1785)の名が冠されたもの。

       18世紀後半にこの博物館が出来たのですが、それまでは町の
       貴人著名人達の個人コレクションとして分散していたのだそう。
       1776年地下墳墓からたくさんの発掘があった際に市に寄贈され、
       それがこの博物館発足のきっかけになったと。
       
       とにかく物凄い数と質の高い収蔵品でして、
       到底すべてをご覧頂けず、ご説明もままなりませんが、
       shinkaiの目で見た好きな物、良いと思ったもの優先で、はは、
       あまり学術的では無いご案内ですが、ごゆっくりどうぞ。

       上の写真は、町の中心からヴィア・マッテオッティ・Via Matteotti
       を、そして右にヴィア・グラムシ・Via Gramusciを南に。
       左からの道が合流する位置のヴェンティ・セッテンブレ広場・
       Piazza XXSettembre.
       
       この辺りレストランもたくさんあり、




       目指す博物館は、そこからのドン・ミンツォーニ通り・Via Don Minzoni
       を少し先に行った所。
       町の地図は既に2度ほど載せておりますので、そちらで。
d0097427_03503079.jpg



       エトルスコ・Etruscoと言っておりますが、これはエトルリア人、国、
       形容詞にあたり、エトルリア文明・文化と同じ事で、  
       イタリアで馴染みの言葉ですので、これを使わせてもらいますね。

       エトルスコ文化が栄えたのは紀元前8世紀から1世紀ごろと言われ、
       とりわけイタリア中部に広がり、独特の言語文化を持ちますが、
       紀元前4世紀頃からローマ人が勢力を持つようになると、
       徐々に併合、吸収されていった民族です。

       この博物館の38室には、それぞれの時代、部門にわたる展示が
       ありますが、
       ここでは大まかに区切り纏め、ご覧頂くことに。
       専門家の皆様、ごめんなさい!

       まずは石棺類ですが、素晴らしい彫りのものを。

       船の到着を迎える女性の楽人たち、戦闘場面、狩猟かな、
d0097427_03512204.jpg
d0097427_03520456.jpg
d0097427_03522395.jpg



       これは上下が別々の物を一緒に展示しているらしい石棺
d0097427_03524327.jpg



       こちらはテラコッタのお棺
d0097427_03531180.jpg
       ご覧になって分かるよう、大きな石棺と、このテラコッタ製の
       小さなのがありますが、小さいのには火葬しての遺骨を入れたものと。
       エトルリア人達の間ではかなり火葬が多かった様子で、
       棺の上に横たわるのは、生前の人々の在りし日の姿を偲ぶ物。

       そして棺の他に骨壷や、小さな家の形をしたものとか、
       様々な埋葬の品があります。




       上の様に一人で横たわるのも多いのですが、ご夫婦で、というのもあり、
       この博物館の目玉の一つが、テラコッタ製のこれ!
d0097427_04351530.jpg
       棺の蓋部のお2人のみが残っていて、紀元前1世紀頃の作、
       大きさを探しましたが見つからず、
       見た記憶からだと、長さが1m位だったかな・・。
       


       仲良く寝椅子に寄り添い、妻の方はじっと夫の顔を見つめているのですがぁ・・、
d0097427_04355271.jpg

       こうして見ると、妻の凝視がちょっときつく見え、ははは、
       大阪弁で「アンさん、若い女を作ったら承知しまへんでぇ」とでも・・、
       ははは、失礼。

       所で夫の左手に持っているのは何かと思いましたら、
       これは角笛なんだそう!
       動物の強い力を借り、黄泉の世界に旅立つ為の魔よけなんだそうで、
       必ず男性の左手に持たれていると。




       背後から見るとこんな形
d0097427_04371532.jpg
       妻の頭に見える穴は、テラコッタを変形させる事なく焼く為に、
       中の厚みを調整しているのですが、それを掻き出すための穴と。

       夫が右手にも何か持っているのですが、これは何も指摘が無く、
       花の様にも見えませんか? とすると、可愛い夫ですねぇ!!




       所でちょっと脱線ですが、

       「夫婦像の寝棺」として有名なのが、ローマのヴィッラ・ジューリア博物館
       にある、同じくエトルスクのテラコッタのこれ!
d0097427_04372861.jpg
       これはラツィオ州の北の海辺に近いチェルベーテリ・Cerveteriで、
       19世紀に発掘された物で、高さは1,14m 長さは1,9m、

       アルカイック・スマイルと呼ばれる謎に満ちた微笑を浮かべ、
       あの世でもずっと一緒に寄り添う事を確信した笑みなんだそう。
       なんともエレガントな作品で、紀元前6世紀の作というのには驚くばかり!!




       背後からの姿、この髪型も良いですねぇ!
d0097427_04375368.jpg



       そして、この女性の手の優雅な事!!
d0097427_04382695.jpg



       足先ですが、夫は裸足で、妻は靴を履いていて、
       妻の靴の裏底の形が綺麗に揃っているでしょう?
       当時のテラコッタ職人の技術の高さと
       その美的センスの良さにも大いに驚かされた事でした。
d0097427_04390926.jpg
       ローマの街自体も殆ど知りませんが、
       この博物館はまだ行った事がなく、チャンスを待つ事に!




       さて、ヴォルテッラのエトルスコ博物館に戻りまして、

       今回あれこれ見ていて石棺の中にも、ご当地名産のアラバスター
       石膏雪花の石で造られたものと、他の石で造られたものとが
       あるのに気がつき見え、そうなんだ!と一人で納得のshinkai。
       
       この豊満美女はアラバスターの石の中で、今も微笑み続け・・
d0097427_04420420.jpg
       ですがね、これは美女ですし、周囲が緑色の枠内なので載せましたが、
       黒枠の中に、顔にだけライトが当っているのもあり、
       パッと見た時、ぎゃぉぇ~!と叫びそうな位で、本当に怖かった!!

       胸部が黒枠の向こうにあり、顔にだけライトが当っているのですよ、
       それも下からね、ご想像下さい!!
       ずっと昔に訪問した時に比べ、大変整備された今回の再訪だったですが、
       誰が設置方法を考えたのか、誠に良いご趣味で、はぁ・・。




       こちらは副葬品の、なんとも薄い金の花びらかな、の王冠
       お金持ちにしても、大変な愛情のこもった美しい高価な物ですねぇ!
d0097427_04423353.jpg



       金のイヤリング。  素敵ぃ!
d0097427_04434964.jpg



       博物館の床に移された、床モザイク。  
       渋い色合いの幾何学模様、素敵でしょう?!
d0097427_04441667.jpg
d0097427_04445533.jpg



       ギリシャの影響が大きく感じられる壷絵
d0097427_04473993.jpg
d0097427_04490114.jpg
d0097427_04511395.jpg



       そして、取っ手のついた大皿。 シックですねぇ。
d0097427_04520733.jpg
d0097427_04525972.jpg



       これは当博物館蔵ではなく、フィレンツェの考古学博物館所蔵ですが、
       発掘はヴォルテッラ、とあるので、ついでにご覧を。
d0097427_04532941.jpg
       多分、ワイン入れでしょうね。
       それにしても、形と文様の見事さ! 
       こんなのを実用していたのですね、エトルリアの民は!




       そして当博物館の一番有名な所蔵品と言っても良いか、
       「夕暮れの影・オンブラ・デッラ・セーラ」と名づけられた男性像。
d0097427_04540067.jpg
       フィレンツェの骨董市で1737年頃まで売られていたのを、
       紛れも無くヴォルテッラからの出土と、当博物館創設の
       グワルナッチ氏が1750年に買い取ったものだそう。

       ブロンズ製、高さは57cm、頭の高さは3,2cm、直径2cm、
       首の長さ1,5cm、肩から性器まで22cm、そこから足まで30,3cm、
       重さは1322グラム。




       紀元前3世紀始めの作と見られるそうですが、
       こうして見ると、髪もきちんとセットされているのが分かります。
d0097427_04545512.jpg

       この小像に「夕暮れの影」とロマンティックな名を与えたのは、
       ガブリエーレ・ダヌンツィオ・Gabriele D'Annunzio(1863-1938)
       詩人、作家、政治家、愛国者と幾つもの顔を持つ人。


       shinkaiはイタリアに来て後、彼の写真を見て
       即いかれたミーハーですが、ははは、
       彼はまたヴォルテッラを舞台にした映画「熊座の淡き星影」の
       原作者でもあり、他に良く知られているのは、やはり映画「イノセンス」で、
       どちらも監督はルキーノ・ヴィスコンティ・Luchino Visconti.
      

       彼の最後の住居、ヴィットリアーレについては
       

       フィレンツェのヴィッラ
       

       愛人だったエレオノーラ・ドゥーゼの博物館展示にも彼
       




       昔初めて博物館でこの小像を見た時のshinkaiの第一印象は、
       わっ、ジャコメッティだ!! と思ったのでしたが、

       アルベルト・ジャコメッティ・Alberto Giacometti(1901-1966)は
       スイスの彫刻家、画家で、このヴォルテッラの小像から
       強いインスピレーションを受けたであろう事が
       彼の作品をご覧頂くとすぐ分かります、これです。
d0097427_04555097.jpg
d0097427_04570124.jpg

       下の写真は、1955年のアンリ・カルティエ・ブレッソンが撮った物と。




       という様子で、上の細長い小像はやはりちょっと特殊で、
       小さなブロンズ製の人物像や動物達の作品がたくさんあります。
d0097427_04580187.jpg
d0097427_04585608.jpg
d0097427_05000054.jpg



       ギリシャの影響を強く感じる頭部像
       美しいですねぇ!
d0097427_05003087.jpg



       ガラス製品。 
       練りこみガラスと言うのか、大変美しいもの!
d0097427_05012454.jpg
  



       小さな実用品の美しさ、楽しさ!
d0097427_05021125.jpg



       こちらは骨壷
d0097427_05030371.jpg

       ヴェネトの本土側、ちょうどヴェネツィアはトルチェッロ島の
       北に当りますが、アルティーノ・Altinoという村に
       国立の考古学博物館があり、ずっと昔に偶然寄って見た事があります。

       いまだヴェネツィアの歴史も、アクイレイアの遺跡の凄さも良く知らずでしたが、
       それでもその収蔵品の内容の凄さに驚いた記憶があります。
       少しだけ記述しておりますが、
       収蔵品のひとつに美しい青いガラスの骨壷がありました。
       こちらでどうぞ。
               
       アルティーノもその後の発掘が進んでいる様子ですので、
       来年にでも再訪問してみたいと思っています。




       これは灯火器と。
d0097427_05034058.jpg



       闘士の兜と頬宛。 兜には細かい浮き彫り。
d0097427_05041205.jpg



       日常用品の鍋釜類
d0097427_05052227.jpg



       これらは家具に取り付ける物でしょうか?
d0097427_05061534.jpg
       なにせ夥しい数の展示で、ここでは2枚のみに。




       美しいオレンジ色の指輪、メノウでしょうか?
d0097427_05065730.jpg



       金のブローチと、下は何でしょう?
d0097427_05073615.jpg



       真ん中はイヤリングで、右はピンの付いたブローチかな?
       緑色は何でしょう、ガラスかな?
       金の細工も細やかで、技術の高さが偲ばれます。
d0097427_05081754.jpg



       ざっとのご案内になりましたが、それでもたくさんの品々
       お疲れでしたしょう、 お付き合い有難うございました!!

       ヴォルテッラのご案内
       最後は近くの広場からの谷の眺めをどうぞ!
       城壁に囲まれているのも見えます。
d0097427_05090217.jpg
d0097427_05115674.jpg


       トスカーナのフィレンツェ、またはピサ方面に行かれた時は、
       是非ヴォルテッラまで足を延ばして下さいね
       周囲の風景も他とは違い、荒々しく雄大で
       エトルスクの息吹が今も残る、素晴らしい博物館も是非どうぞ!!
       


       
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、アッシジ 途中経過と、 オリアーノ村の空と雲 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       




by italiashiho2 | 2016-10-11 00:03 | ・トスカーナ Toscana | Comments(2)
2016年 10月 06日

   ・・・ ヴォルテッラで食べた旨い物! ・・・

d0097427_04183974.jpg
       恒例の旅先での食べ物、旨い物編、今回はヴォルテッラを

       ヴォルテッラには2泊したのでしたが、
       2晩とも実は同じ店に出かけて食べたのでした。

       上の写真がその店「ドン・ベータ・Don Beta」の入り口で、
       これは店のサイトからの写真。
       店の写真を撮っておらず、名前を忘れ、グーグルのストリート・ヴューで、
       確かこの道を行った所だった筈と探して見つけ、ちょっと変わった名前
       だったと覚えていた店の名も分かったという訳。

       上の写真でご覧のように、入り口から3段程階段を上って、と
       記憶にあったのも確かだったのですが、




       こちらも店のサイトからの写真ですが、
       2晩とも同じ席に座り、ははは、これを見た時、
       テーブル・クロスはこんなだったっけ?と思いましたが、
       後ほどにその解答を、はい。
d0097427_04191602.jpg



       地図をどうぞ
       左下の「自由の為の殉教者たちの広場・Piazza Martiri della Libertà」が
       バス停留所で、その手前のカーヴに地下駐車場があり、一般車は広場まで。    
d0097427_04193011.jpg
   
       そこから真っ直ぐに見える位置にホテル・ナツィオナーレ・Hotel Nazionale
       ホテルの横の道ジャコモ・マッテオッティ通り・Via Giacomo Matteottiを行くと
       レストラン、ドン・ベータ・Don Betaがあり、
       その道をも少し先まで下ると、先回ご紹介したテアトロ・ロマーノに。




       さて写真を整理していて最初に出て来たこれ!
       旅を一緒したmkちゃんが食べたスープとは分かるのですが、
       この土鍋の液体の底に何があったのか思い出せず、ははは、
d0097427_04195395.jpg
       mkちゃんに、ヴォルテッラで何を食べたか、メモを取っている?
       とSOSメールを送り、これで良いかな?と戻ってきたのが、
       彼女が旅のスケッチと共に描いていた、食べた物のスケッチ。




       スケッチがこれ、Minestra fagioli・インゲン豆のスープ 7エウロ
       とあり、Far というのも見えますが、右下にfarroとあるので、
       正しくはインゲン豆とスペルト小麦のスープだったんだろうと推察、はい。
       そうなんです、こういう記録係がいると助かります、ははは。
d0097427_04203102.jpg



       こちらはshinkaiの茸のスープ、これは写真で分かりましたね。
d0097427_04205470.jpg



       ついでにテーブルの上と、mkちゃんのスケッチの様子を
       パンがこんなハトロン紙の袋を折り返したのに入って出て来る所が、
       最近は多くなりましたね。 ビールも見えます。
d0097427_04210899.jpg



       そして写真撮り忘れの、mkちゃんの食べたものは、
       鶏の猟師風・Pollo cacciatore 12エウロ
       覚えておりませんが、黒オリーヴも入っていたのかな?
d0097427_04213474.jpg

       上に花文字の Don Beta も見えます。

       


       とろけたチーズのかかったこれも、何だったのか思い出せず・・、ははは。
       赤ワインも飲んでいますね。
d0097427_04251085.jpg



       これもスケッチで判読、ラディッキオ(野菜)のグリル・Radicchio alla griglia
       8エウロ、赤ワインは地元産のテッラ・ディ・ヴォルテッラ、
       右の瓶はトスカーナのオリーヴ・オイル。
d0097427_04260374.jpg



       こちらは、2泊したホテル・ナツィオナーレ。
       店の向こう並びにはレストランも併設ですが、行かず。
d0097427_21402990.jpg
       親切な宿で、予約した時に上手く部屋が見つからずだったのが、
       返事が来て、お2人ならツイン・ベッドの部屋を用意できるし、
       その方がお安くなりますとの事で、一旦解約再予約が出来ましたし、
       部屋もトイレも広く明るく、また行く時はここにしようと。

       フロントにいつもいた中年後期のシニョーレは、
       我々がボンジョルノ!と言ってもにっこりするだけで一言も喋らずで、
       きっとイタリア語を知らんのじゃろ、と我ら2人、ははは。

       ホテルのサイトはこちら。




       ホテルの朝食。 
       ビュッフェ式で、果物、ハム、チーズもありでした。
d0097427_04262757.jpg



       日中はいつも夕方に合う時間を決めての自由行動ですが、
       この朝は一緒に塩田サリーナの町を見て帰った後、
       shinkaiはプリオーリ宮エトルスク門を見に行き、

       お昼はエトルスク門へ行く坂道途中の、小さな店の外で
d0097427_04264116.jpg



       カプレーゼ・サラダとビールを
       パンがありますし、今頃はこれでちょうど良い感じですね。
d0097427_04270122.jpg
       小さい小さいテーブルで、すぐ向こうは若いカップルなので、
       撮っていると思われぬよう気をつけて。 なにせ近すぎ・・!




       これは朝の写真ですが、レストラン、ドン・ベータのある
       ジャコモ・マッテオッティ通りで、ここを逆向きに下ります。
d0097427_04271638.jpg




       グーグルのストリート・ヴューではこう出ますが、
       この道をだらだらと下っていくと
d0097427_04272841.jpg



       左にテント張りの外の席の見えるのが、ドン・ベータ
d0097427_04273980.jpg
       ヴォルテッラにも勿論たくさん店がありますし、mkちゃんが寄った
       紙を買った店のシニョーラも教えてくれたのですが、
       かなり遠い場所になるので、結局、夕べの所に行こうか?と。
       つまりお高く無く、味も良く、雰囲気も悪くなかったのですね。




       店のお姉さんも覚えていてくれ、にっこりで、
       この夜出てきたのは、パンの代わりに焼き立て熱々のフォッカッチャ
       こういうのが良いですねぇ、美味しかった!
d0097427_04280929.jpg



       そしてこの日はワインを
d0097427_04282724.jpg



       野菜のグリルと、カポナータ(ラタトゥイユ)を一皿ずつ取って
       2人で半分こした様子。
d0097427_04284489.jpg



       そして太パスタ、上にチーズがかかっているのは分かりますが・・
d0097427_04290019.jpg



       ここでまたスケッチ登場、何を食べたかご説明いたしますと、はは、
       左上が、最初のフォッカッチャでしょうね。
       ワインがトスカーナはヴォルテッラのロッソ、0,5Lで6エウロ、
d0097427_04292721.jpg
       メニューは上から、カポナータ(ラタトゥイユ)5エウロ
       パスタは太い麺ピーチのCxxx, 多分チーズの名でこれが読めません、と胡椒。
       mkちゃんの鶏の猟師風、また食べているな、ははは。
       野菜のグリル 6エウロ




       デザートは、クレーマ・カタラーナ、プリンの上にざら目のお砂糖をかけ、
       焼いてあるもの。
d0097427_04295378.jpg



       スケッチで、クレーマ・カタラーナ 5エウロ
       サーヴィス料 4,49エウロ、2人で50エウロ位だったのでしょう。
       そして隣のテーブルのスケッチで、やはりサイトの写真と同じに、
       黄色いテーブル・クロスが2重にかかっていたのが証明されたのでしたぁ。
d0097427_04300766.jpg

       ドン・ベータのサイト

       今までの旨い物!編




       最後はmkちゃんのスケッチで、バス停留所の見晴台から見た
       ヴォルテッラの夕暮れを。
d0097427_04302440.jpg

       mkちゃん、スケッチをおおきにね!!
       お陰さまで、何を食べたのかメニュー名が分かりましたし、
       値段も書いてあったので、あれこれ懐かしく思い出しました。
       また次回にお願いする時は、
       スケッチの紙を真っ直ぐに伸ばし、ピントもしっかり合わせてね、ははは。



     *****

     ◆ ブログ開設のお知らせ ◆

       ルーカ・シニョレッリの大ファンで、年に何回もイタリアに来られ、
       あちこちの美術館、教会の絵をシラミ潰しに見て歩かれている
       シニョレッリさんが
       今迄の会員制のブログから、一般公開のブログに引越しをされました。

       イタリア芸術を楽しむ
       http://luca-signorelli.blog.jp/
       
       ご訪問され、なかなか他では知れない土地の情報や
       美術品の様々な詳細を、
       どうぞお楽しみ下さるよう、ご案内いたします
       
       
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、葡萄 途中経過と、 オリアーノ村 傾斜地の畑と坂道 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       






by italiashiho2 | 2016-10-06 00:03 | ・旨いもの!Buono! | Comments(10)
2016年 10月 01日

   ・・・ ヴォルテッラの中心ちょっぴり と プリオーリ宮 ・・・


d0097427_02335779.jpg
       さて漸くに写真の整理を済ませまして、へへ、2年越し、
       今日のご案内はヴォルテッラの町の中心のプリオーリ広場
       Piazza dei Prioriの様子と、
       広場に面して立つ13世紀のプリオーリ宮・Palazzo dei Priori
       現市役所の内部見物を。

       上の写真はプリオーリ広場の東側と南側
       東の建物にある塔の名はちょっと面白いので、ご留意を。

       こうして眺めると表面は古い建物の面影を残しているのですが、
       外側にはたくさん雑草も生えていて、ははは、
       内部は近代になって住居に改装されたり、たくさんの事務所が
       入ったりしている様子で、ちょっと調べても建物の名前も出ません!

       プリオーリ広場一帯の詳しいサイトを見つけましたが、
       建物の歴史や名前と共に、町の歴史に関わる一族や人物の名がずらずらで、
       ここでは必要最小限にとどめ、他はパスにしますね。




       東側の大きな建物と、その装飾
       内部はあれこれ公共の事務所に使われたり住居の様子ですが、
       こういう外はそのまま、というのも古い建物保存には素敵ですよね?!
d0097427_02341260.jpg
d0097427_02343046.jpg



       広場の西を占めるプリオーリ宮、現市役所
       1208年に建設が始まり、13世紀中頃に完成したもので、
       リッカルド・ダ・コモ・Riccardo da Comoの作と。
d0097427_02363789.jpg
       こうして見ると、フィレンツェのヴェッキオ宮に似ていると思われません?
       ですが逆に、ヴェッキオ宮がこれをモデルにしたと言われ、
       確かにヴェッキオ宮が建設され始めたのは1299年、
       完成は1314年とヴォルテッラのよりも遅く、
       トスカーナ全体で、政庁としての建設物では一番古いのだそう
       
       13世紀にはこのプリオーリ宮のみならず、町にたくさんの家々、
       塔を持つ家や貴族の要塞風の住まいも作られた様子で、
       町の経済の発展もあったのと同時に、
       13~14世紀にかけてはこの町も他と同様、皇帝派(ギベッリーニ)と
       教皇派(グエルフィ)との抗争も激しかったと。     

       そして1472年、ヴォルテッラが自由都市からフィレンツェに下り
       このプリオーリ宮も大きな改修がされたのだそうで、
       どうやら手前にロッジャ、集会所があったのも打ち壊され、
       右側にあった2つの入口も潰されたのだそう。

       上に見える塔は最初は木製だったそうですが、15世紀に今の形に、
       そして建物上階のレース飾りも同時に。

       右に切れてチラッと見える白黒の縞模様は、
       この背後にある聖堂への入り口がここにあります。




       正面の壁にたくさん架かる碑、紋章は、町の行政長官の物
d0097427_02365716.jpg
d0097427_02372564.jpg
       プリオーリ宮と呼んでいますが、プリオーリとは行政長官たちの事で、
       建物のまたの名は、カピターノ・デル・ポーポロ宮・Capitano del Popolo・
       民衆の長官といい、やはりフィレンツェから派遣された行政長官を指します。




       建物の左右に位置するライオン像、右側は古く、左は新しいですね。
       が、いずれもライオンはフィレンツェ領有のシンボル。
d0097427_02373802.jpg
d0097427_02404731.jpg
     


       広場の北側はこの建物ですが、ヴォルテッラの銀行の建物に。
d0097427_02410632.jpg



       プリオーリ宮の前で演奏していたカップル
       お2人ともカッコ良いでしょう?! でもね、演奏は下手だったすよ。
d0097427_02422365.jpg
       



       広場の南にある建物には、この町特産のアラバスター・雪花石膏
       展示会場があり、その看板。
d0097427_02423871.jpg
d0097427_02425389.jpg
       アラバスターは大理石に透明度を加えたという感じの石で、
       白さが奥から輝くような、大変美しい物。

       町の小路を歩いていてふっと見ると、窓の中に小さな工房があり、
       作品作りをしている職人さんもいましたっけ。




       さて、プリオーリ宮の見学にどうぞ!
d0097427_02430863.jpg



       入り口を入ると交差ヴォルト・穹窿の天井にフレスコ画装飾で、
       周囲の壁には所狭しとかっての行政長官たちの紋、碑が。
d0097427_02431943.jpg



       奥の隅には井戸も見えます。
d0097427_02441993.jpg



       この天井装飾の柄はshinkaiが大好きな物で、
       他の建物でも何ヶ所か見た記憶がありますから、
       案外当時のお決まりの文様だったのかも。
d0097427_02443370.jpg
d0097427_02454896.jpg




       上階への階段を辿ります
d0097427_02475684.jpg



       壁にある聖母像。 デッラ・ロッビア工房の作品と。
d0097427_02491950.jpg



       ここが大会議室・Sala dei Maggior Consiglio.
       大変美しい装飾ですが、19世紀に改修されたものの様子。
d0097427_02493268.jpg
d0097427_02494715.jpg
   
       これは部屋の後ろ側半分。
       実は写真禁止と一応出ていたような気がしますが、
       部屋の入り口にいた切符売り場の男性が、私の前にいたカップルと
       なんだかんだと話しているのを良い事に、ははは、
       パシャパシャとやった次第。




       こちらが前半分で、きっと現在も様々な会議に使用されるのでしょう。
d0097427_02500685.jpg
       正面の「受胎告知」は14世紀のイヤーコポ・ディ・チョーネ・オルカーニャ・
       Iacopo di Cione Orcagnaの作と言いますが、
       積年の変遷で傷みが激しく、これは剥がされてキャンバスに移された物だそう。

       右に見えるのは「カナの結婚」16~17世紀の僧侶・画家ドナート・マスカーニ・
       Donato Mascagniの油彩と。




       部屋から見下ろす広場の様子、東南の隅
d0097427_02503091.jpg




       確か隣の部屋も見れた気がしますが、記憶に残る物は無く、
       上の塔に上りに行きます

       が、階段の手前に赤いロープ、通行禁止のロープが張ってあり、
       どう行くのかと先ほどの切符売り場の男性に聞きに行くと、
       そう、まださっきのカップルと喋っていたのですよ、まったくぅ!
       ロープを外して通ってくれ、って!

       そうそう、それで思い出しましたが、さっきのカップルは、
       確か入場料をまけろ!というのがお喋りの発端だったと、ははは。
       あの会議室は下から上ってきて覗いてみるのは無料で、
       入って見て、上の塔に上がるのは5エウロなんですね。
       それで階段の手前に、そのまま無料で上がらぬ様に赤いロープがあったわけ!

       上に上がると広い部屋で、見張りの若い男性が一人いて、
       塔の上は狭いのでと、先の見物人が降りるのを待って、どうぞ。



       さて塔の上から、先ほどの広場の東南角の建物と、塔
       屋根が見えると、建物の厚みも分かりイメージが違いますね。
d0097427_02505807.jpg
       ほら、塔の上部に何か見えるでしょう?




       何だろ?!と撮ったのがこれ! 子豚ちゃん!
d0097427_02511216.jpg
       もっとも「子豚」と分かったのは、下の部屋の男性に訊ねてからで、
       なぜ子豚がここにいるのかは、未だに疑問。

       今回これを書くのに、覚えていたのが確かかどうか探し回りました!
       上記しました様に物凄く詳細なサイトが見つかり、
       確かにこの塔は男性が言った通り「子豚の塔・Torre del Porcellino」と
       呼ばれているのも間違いなく、
       しかも持ち主だった一族の名はトーピ・Topi・ネズミ(複)と判明!!

       この塔は1224年9月14日、コムーネ(市)に売っている事も分かり、
       売主はジュゼッペ・ディ・エンリーコの妻ゲラルデスカ・Gherardescaで、
       その続きもあれこれあるのですが省略し、
       トーピ・ネズミたち、という姓はエンリーコの妻の姓で、
       この塔の家はきっと結婚の持参金だったのだろうと推察

       ネズミの家に子豚?! 

     ◆ 追記です。
       mitsuさんからコメントを頂き、改めて「豚」に付いて調べましたら、
       捨てる所が無い、と言われるほど有用な豚は、
       多産、肥沃、豊かさのシンボルである事が分かりました。
       なので、トーピ家としても、一族子孫繁栄を願って
       子豚ちゃんの像を塔に取り付けたのでしょうね。

       歴史の片隅を突つき、今回出てきましたのはネズミと子豚ちゃん!
       ははは、中世は何が出てくるのか分からず、が楽しいのですね。




       広場南の建物の角とその奥の古い家並み
d0097427_02512587.jpg



       南側
d0097427_02541447.jpg
       奥の林の向こうに見える丸い塔は、




       これ、メディチ家の要塞
d0097427_02543458.jpg
       上にプリオーリ宮が改装されたのは、ヴォルテッラの町が
       フィレンツェに下った1472年、と書きましたが、

       それまでもヴォルテッラの町はフィレンツェに付くか、
       それともシエナやルッカと連携するかと、様々に揺れていた様子。       
       それに最終的な断を下したのは、ロレンツォ・イル・マニーフィコ
       偉大なロレンツォ・デ・メディチ・Lorenzo de' Medici,
       彼は当時まだ23歳のフィレンツェのシニョーレ・領主。

       その2年前にヴォルテッラ近郊で明礬鉱が発見されましたが、
       当時のフィレンツェで盛んだった高級羊毛染色の色止めに必要な
       明礬は、国外からの高価な輸入品のみだったのが、
       近郊で採掘できるとなるとほって置く筈がなく、

       当初ヴォルテッラ貴族間で争いの種となったのに、
       ロレンツォは一貴族インギラーミ・Inghiramiの肩を持つ風を装い、
       割り込みます。
       
       その命を持ち町にやって来たのが、フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロ
       Federico da Montefeltro、そう、ウルビーノにルネッサンスの宮廷を作り、
       文化保護の代名詞みたいに伝えられるお方ですが、ははは、

       報酬次第でどこででも働く傭兵隊長である彼は7000の兵を率いており、
       町を鉄と火で破壊、残酷きわまる略奪をし、
       殆どの塔の家(貴族、金持ちの家)を打ち壊したといいます。
       で、町を完全に統御する為に、メディチ家は大きな要塞を造ったという訳。

       この後ヴォルテッラの町はフィレンツェの元に下り、
       フランス軍の下に下ったりの変遷の後、またフィレンツェ大公国の元に。
       16~17世紀にかけ経済の落ち込みやペストの2度の襲来、旱魃と
       人口がぐんと落ち込みますが、

       19世紀になって岩塩の工業化、そしてアラバスターの仕事と
       漸くに繁栄を見て19世紀半ばには、人口が1万1千人に。

       現在も一万人ちょっとの人口の様ですから、あまり・・!
       
       岩塩の町 サリーネは、       




       再度塔の上からの眺めに戻りまして、
       北から北西への眺め
d0097427_02544876.jpg
d0097427_02564471.jpg



       先日見て頂いたサン・ジミニャーノからの行程は、
       この眺めの中を、という事になるわけですね。
d0097427_02565977.jpg
d0097427_02571441.jpg
d0097427_02573042.jpg




       西に。 すぐ背後の聖堂と鐘楼、洗礼堂、そして西の眺め
d0097427_02574491.jpg
d0097427_02575832.jpg
       下の写真の中ほどに見える小さな町がサリーネの町。




       塔の天井には鐘が下がっていまして
d0097427_02595635.jpg



       一人が通れるほどの狭い階段の上り口の周囲も
       ご覧のように2,3人でいっぱいの狭い場所
d0097427_03001375.jpg

       それでも高上がり大好き人間は、上ってしまったらこっちの物よ!
       とばかりに、ははは、あっちにこっちと喜んで撮っていましたら、

       下から「プリーズ! プリーズ!」と声が
       でもまさか英語で呼ばれているのが自分とは思わず、ははは、
       暫くしてハッと時計を見て12時なのに気がつき、
       そうか!!と階段を下りようとした途端、
       頭の上で「ガーン! ガーン!」と鐘の音、ははは。
       正午の鐘が鳴るのを知らせてくれていたのでしたぁ。




       さてプリオーリ宮を出て、広場の東南角からの通り、
       プリジョーニ通り・Via delle Prigioniを少し辿ります。
d0097427_03002852.jpg
       プリジョーニというのは監獄の意ですから、
       何かあるかと探しましたが、見つからず、
       でもどこかこの通りに監獄があったはずですね。
       



       通りの名に相応しくない、はは、優雅で可憐な街灯と、
d0097427_03005758.jpg




       出合ったお高そうなワンちゃんの写真で、今回はお終いに。
d0097427_03011167.jpg


       ヴォルテッラの町は、鉄器時代には既に移殖が始まったといわれ、
       優に3千年を超す歴史を持つ町で、
       取り分け名高いのはエトルスク文化の宝庫の町として。
       ここのエトルスクの博物館は今回も訪問しましたが、
       収容品の素晴らしさもあり撮り過ぎて、いまだ写真整理が・・。

       ご説明できるほどエトルリア文明に詳しくありませんが、
       折角ですので何とか頑張って、ご案内したいと思っています。
       次々回くらいにはなんとか・・、お時間を下さいませませ。


       
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ポルトガルの天使 と、 イタリアの太公望たち を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       





by italiashiho2 | 2016-10-01 03:19 | ・トスカーナ Toscana | Comments(10)