「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 24日

   ・・・ ある傭兵隊長のお話と、 名画に描かれた、または名画の謎 ・・・

d0097427_00481748.jpg
       今回は、15~16世紀の画家ジョルジョーネ・Giorgioneの名画
       「テンペスタ・Tempesta・嵐の中に描かれた人物について、と、

       そして別の作品、作者と描かれた人物ともがいささか不明な
       通常ジョルジョーネ作と言われている作品、

       そしてもう一枚、ジョヴァンニ・ベッリーニ作とされる人物像

       そして、これら3点の作品から浮かび上がる一人の人物
       15~16世紀の傭兵隊長についてのお話を。

       まず最初にこの傭兵隊長の名を申し上げておきますと、
       バルトロメーオ・ダルヴィアーノ・Bartolomeo d’Alviano(1455-1515)

       ウンブリア州のトーディ・Todiの生まれと言われますが、
       姓にあるように、ウンブリアのアルヴィアーノの領主の子として生まれています。


       どのようにお話をと思いつつ、
       まずは最初に挙げたジョルジョーネの「テンペスタ・Tempesta」をご覧ください。
       
       ヴェネツィアのアカデミア美術館収蔵の名品、キャンバス地に油彩 82x73cm
       1502-1503年に掛けて描かれたとされる作品ですが、

       不思議な雰囲気を持ち、登場人物などの不思議さはすぐ目に付きますが、
       それ以上にこの作品は大変謎の多い作品とされていて、
       それについての本も出版されているようですが、こちらの写真が多いサイトで
       大体の感じは窺えると思いますので、ご参考にどうぞ。


       学者さん達の難しい推理などは、単純shinkaiには余り向きではありませんが、
       絵を見ていて単純に、ここはどうなっているのだろうと思う一つは、
       右で授乳中の母子像です。
       子供は女性の右脚の外に座っているので、お母さんの右の乳房だとは思うのですが、
       左腕の付け根の左肩の問題なのか、左の肘が見える辺りの位置なのか、
       はたまた肩に掛かる白い布の、腕の線を示す襞と、乳房を隠す線のせいなのか・・、

       彼女の左の乳房はどうなっているの?!と、この絵を見るたびにshinkaiは思うのです・・。




       まぁ、こんな詮索はさておき、

       この左下に見える男性像、これは絵の主題とどんな関係かと思うのですけど・・、
d0097427_00482611.jpg
       この男性は「バルトロメオ・ダルヴィアーノ」とされている、という事でして、

       その理由は?と聞かないでくだしゃんせぇ!
       shinkaiにも分かりませんが、そのように説明されておりまして、
       まだ理由を書いた記事が見つかりませんで・・。

      
       ジョルジョーネ(1478頃-1510)はヴェネトのカステルフランコ出身で、
       ヴェネツィア共和国の元でも働いていましたから、

       バルトロメーオ・ダルヴィアーノがやはりヴェネツィア共和国の為に働いていた
       後年には出会った事があるのかも知れませんが、
       その時にはバルトロメーオは既に50歳を過ぎている事になり、
       勿論画家が人物を若く描く事はできるでしょうが、この辺りもshinkaiには分かりませんです。

       ジョルジョーネの生地カステル・フランコで開催されたジョルジョーネ展




       こちらはジョルジョーネの自画像と言われているもので、
       甲冑をつけ、ダヴィデ像に見立てたもので、1509年作、
       彼独特の少し憂愁に満ちた瞳を投げかけているもの。
d0097427_00483514.jpg




       そしてこちらは「従者と一緒の、戦士の肖像」 1502-1510年頃の作、
       キャンバスに油彩  90x73cm   ウフィッツィ収蔵
d0097427_00484344.jpg
       こちらを見ている縮れ髪の若い戦士、少し放心したような目でこちらを見つめ、
       後ろには少し口を開けた少年の従者が従い、 という画面ですが、

       ジョルジョーネの作品、そして描かれた人物は、やはりヴェネツィア共和国の下で
       傭兵隊長として働いていた通称ガッタメラータ・Gattamerata
       ウンブリアはナルニ出身のエラーズモ・ダ・ナルニ、と言われていたのが、
       最近は、これはバルトロメーオ・ダルヴィアーノであると言われているそう。

       実はこの絵をパドヴァで開催されたピエトロ・ベンボ展で見ており、
       他にもジョルジョーネの作品が来ておりましたので、こちらを。

       ナルニの町のご案内は




       こちらがドナテッロ作で有名な、ガッタメラータ将軍騎馬像
d0097427_00485006.jpg



       傭兵隊長、という名の響きにはどこか惹きつけられるものを感じるのですが、
       中世・ルネッサンス期にはたくさんの有名な傭兵隊長が存在していて、

       マルケ州ウルビーノフェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロも勿論、
d0097427_00485842.jpg



       彼とは宿敵の関係にあったリミニシジスモンド・パンドルフォ・マラテスタも、
       上下2点は、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品。
d0097427_00490611.jpg



       フィレンツェのサンタ・マリーア大聖堂の壁画にあるジョン・ホークウッドも、
       パオロ・ウッチェロ作
d0097427_00491339.jpg



       同じくフィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂前の、ジョヴァンニ・デ・メディチ、
       (ジョヴァンニ・ダッレ・バンデ・ネーレ)ジュゼッペ・デル・ロッソ作

d0097427_00492413.jpg



       ヴェネツィアのサンティッシミ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂前の
       バルトロメーオ・コッレオーニも、 ヴェロッキオ作
d0097427_00493345.jpg

       たちまちに名が挙がる有名な傭兵隊長で、それぞれ国に尽くした功績により、
       こうして有名画家、彫刻家による作品が今に残っているわけですが、

       今回ちょっと気がついた興味深い事なのですが、
       傭兵隊長と言うのは、悪くいうと「金で動く」
       つまり報酬によってどちら側で働くかを決めて戦争をするわけですが、

       ヴェネツィア共和国は、いつもきちんと支払い、その額も高かった、というのですね。
       で、働いた傭兵隊長、ここではガッタメラータも、バルトロメーオ・コッレオーニも、
       そして今回の主人公バルトロメーオ・ダルヴィアーノも、終生忠実であったと!

       まぁ、それこそ自分の命をかけて働く、戦うわけですから、
       支払いを渋られたり、ケチったりされると、嫌気が指すのも当然よね、と、ははは。




       こちら今回の我が主人公、バルトロメーロ・ダルヴィアーノの肖像とされるもので、
       1495-1500年作 ジョヴァンニ・ベッリーニ作 ワシントン・ナショナル・ギャラリー収蔵
d0097427_00494198.jpg
       アルヴィアーノ公爵でもあり、ヴェネツィア共和国の下でオーストリアの
       ハプスブルグ家のマキシミリアン1世との戦いに勝ち、フリウリのポルデノーネの領主にも。


       一族全員が戦いを仕事にする中で、若くから彼も従事するとともに、
       人文学者を師に学問をし、文学を愛し、とともに武器や要塞、城の建設
       関心を持ち、大変に優秀で、後にパドヴァの城壁も彼が築いたのだそう。

       従兄弟であったピティリアーノ公爵ヴィルジーニオ・オルシーニの従姉妹バルトロメーア、
       彼女の姉妹クラリーチェはロレンツォ・デ・メディチの妻、と最初の結婚をし、
       彼女の死後ペルージャのジャンパオロ・バリオーニ(傭兵隊長)の妹ペンテシレーアと
       2度めの結婚を。

       彼について書いてあるのを読んでいて、とても興味深かったのは、

       バルトロメーオは体格が細身で、多分背も低かったのだろうと思われますが、
       鍛錬された体を持ち、どのような活動も出来、気短ですぐに怒る性格を持っていたものの、
       直に自分で正す事ができ、品行方正、自尊心高く、純粋に思った事を口に態度にも出し、
       女が好きで、が特に溺れることはなく、宗教心は特別に強くはなく、
       芸に優れた者を高く評価し、自身も洗練された才人であり、
       頭脳的にも技術的にも優れており、とりわけ文学と武器を愛していた、と。
       
       傭兵隊長としてあちこちで戦い働いたのちにヴェネツィア共和国の下で働き、
       最後はブレーシャでの戦闘中に病気、ヘルニア(閉塞の悪化?)で亡くなりますが、
       多分人柄、業績によるものと思われますが、大変にヴェネツィア人にも愛されており、
       遺骸はヴェネツィアに運ばれ、荘重な葬儀の下、今もサント・ステーファノ教会に埋葬と。
d0097427_00495011.jpg

       ベッリーニの描いたバルトロメーオの肖像では、大変に厳しい顔をした
       中年後期の男性の顔ですが、
       性格などの記述に「女が好き、でも溺れることなく・・」とあるのに、
       それもイタリア語ではかなり強い表現の言葉で「女が好き」とあったのが、
       あれこれ調べたくなった原因の一つでもあるのですが、ははは、
       友人のジュリアーノにも原稿を送り、言葉の意味を取り違え無いよう読みましたです。

       


       彼の本拠地であったアルヴィアーノはどこにあるかですが、
       ウンブリアのテルニ県に含まれ、海抜251mの高所に1500人程の住民。
d0097427_00495948.jpg
       ヴィテルボ・Viterbo、 トーディ・Todi、 スポレート・Sporeto などなど。





       そしてこの小さな町、というより、村に近い大きさですが、
       バルトロメーオが1495年以降に築いた素晴らしい要塞があり、
       彼の学んだ建築技術や経験、また当時の万能の才人でもあった
       レオン・バティスタ・アルベルティからアイディアを受けた事が実践されたものと。
d0097427_00500689.jpg
d0097427_00501570.jpg
d0097427_00502487.jpg



       短い休暇期間をバルトロメーオはこの城に戻り休息していた様子で、
       多分この部屋もと思うのですが、フリウリから呼んで装飾させたという
       通称ポルデノーネ・Pordenoneの壁画の残る部屋も幾つかと。
d0097427_00503133.jpg
       ポルデノーネの作品は、こちらフリウリ、ヴェネトの各地に広がっていますが、
       彼はポルデノーネの領主であったので、ポルデノーネを知り、
       自分の領地の城に壁画を描かせたのでしょうね。
 
       現在であれば、車で半日で行ける距離ではありますが、
       当時の画家や彫刻家、工事職人たちは本当に遠くまで仕事に出かけたのですね!


       彼の没後、跡を継いだ息子が22年後に没し、男子の後継者が無くなると、
       この城、土地は教皇パオロ3世(アレッサンドロ・ファルネーゼ)がいわば没収した形になり、
       ファルネーゼ家のものとなり、のち持ち主が変遷していきますが、
       バルトロメーオの2番めの妻との間に生まれた娘達もそれぞれに結婚させられ、
       5世紀間ほど続いたアルヴィアーノ家も姓をリヴィアーニ・Livianiと変えたと。


       ですが、城要塞自体は現在も見事に存在し、内部も改装されたのでしょう、
       バルトロメーオ・ダルヴィアーノで検索を掛けると、
       上に見て頂いた様に素晴らしい威容の城が見れ、
 
       現在城内には、傭兵隊長・カピターニ・ディ・ヴェントゥーラ達の当時の歴史、様子を
       知るための最新技術を駆使した博物館が設けられており、
d0097427_00503958.jpg



       なんと一番驚いたのは、バルトロメーロ・ダルヴィアーノの没後500年を記念した
       記念行事のあれこれが、2015年に催された様子!で、
d0097427_00504874.jpg
       遅れて参上のshinkaiも驚くやら喜ぶやらの、ははは、
       しっかりと彼の業績、生き様が地元に定着している様子なのでした。



       今回はひょんなことから名前を知った傭兵隊長が、次々と絵画世界に
       姿を表した事から人物の追跡が始まったのでしたが、
       
       実は今回最後に知ったことも、追加しておかないといけません。
       というのも、
       ジョルジョーネ作として知られている「若い戦士とその従者」の絵の作者は、
       実はジョルジョーネではなく、パオロ・モラルド・Paolo Moraldo
       通称カヴァッツォーラ・Cavazzola (1486-1522)と呼ばれる作家のものである、
       というウフィッツィ美術館の記事を見つけました。
d0097427_00484344.jpg
       ルネッサンス期のヴェローナの画家で、彼のスタイルはどちらかと言うと
       ヴェネツィア派のベッリーニやジョルジョーネと似ており、
       マンテーニャやラッファエッロからの影響も見られる、との事。

       ウフィッツィ美術館では、ベッリーニとジョルジョーネの部屋に彼の作品が置かれており、
       彼自身の作品は残っているのが大変に少ないそうですが、
       一時ジョルジョーネの後期の作品とされていた事、またガッタメラータを描いたものと
       考えられていたが、現在はそうでない、という記事でした。
       (バルトロメーオ・ダルヴィアーノである、とは無しでしたが)

       そう言われると、ジョルジョーネにしては細部が強い印象も受けますが、
       まぁ、そのあたりは専門家の評価におまかせです。


       2年前にアッシジに行った時、アルヴィアーノにちょっと寄れるかなと
       地図を調べたのでしたが、
       アッシジからだとやはりかなり遠くなるので断念。
       が、またいつかチャンスを見つけることに致します。
       と、ヴェネツィアのサント・ステーファノ教会にも!




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、アッシジの泉 途中経過と、 クレモナ行きと、眼科検査 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   




by italiashiho2 | 2017-02-24 01:35 | ・映画絵画文学 Film Arte Le | Comments(0)
2017年 02月 19日

   ・・・ 古城ホテルへの滞在はいかが?! ・・・

d0097427_23084693.jpg

       暫く前に、イタリアには一体いくつのお城があるんだろう? と疑問がわき
       検索を掛けましたら、 
       へへ、いくつあると思し召す?
       なんと、全部で3177!!

       この数は城も要塞も含めてのことで、美しいのもそうでないのも、堀のあるもの無いもの、
       城壁に囲まれたもの、古い村の小高い頂上にあるもの、などなどで、

       近年になり、博物館やホテルに様変わりしたのも、また観光客の訪れない土地にあるもの、
       未だその貴族の子孫や、はたまた趣味が高じての方の持ち物となったもの様々ですが、
 
       2007年の調査によると、
       歴史的はたまた高雅な貴族の城や邸宅に住む家族は2404に及ぶそうで・・。

       詳しくお知りになりたい方は www.icastelli.it に、とあり、


       のこのこ訪問したshinkaiは、そこでそのサイトの一つのテーマ、
       本日のトップの写真にある「城に滞在する」というのに出会いました。


       ふ~ん、とあれこれ眺めていて知っている城が見つかったり、わぁ~お!というのがあったりで、
       では皆さんにもほんの少しご案内をと、ここに。

       サイトで紹介されているホテルとなっている城や要塞、塔は、ざっと数えても90以上あり、
       イタリア全土に渡りますので、興味のお有りの方はサイトをご覧頂くと、
       もっと写真も多く、またホテルの直接のサイトにも行けますので、どうぞそちらから。



       今回、とにかく最初に目を惹かれたのが、これ、

       オルシーニの城ホテル ネローラ
d0097427_23085479.jpg



       ローマから北東に50kmほど、車で1時間程の距離にあり
d0097427_23090365.jpg



       ネローラ・Nerolaの村の頂上に君臨するオルシーニ・Orsiniの城
d0097427_23091121.jpg
       詳しい資料は無いのだそうですが、10世紀から11世紀にかけての城と想定され、
       オルシーニ家の物となったのが1235年、塔を嵩上げし、城壁で囲んだ城にしたのだそう。

       オルシーニ家と言うのは、教皇を2名も輩出したほどの古く著名なローマ貴族ですが、
       ブラッチャーノ公爵でもあったフラーヴィオ・Flavio Orsiniの没後1698年は、
       彼の直系は子孫がなく途絶え、分枝であるデッラ・ローヴェレ家のものに。

       その後も持ち主は変わったものの、20世紀になってCA.DI.というのが買い取り修復、
       現在に至っているそう。
       



       こんなプールも有り
d0097427_23091965.jpg



       食堂、レストランというのか、これは結婚式の披露宴会場と
d0097427_23092698.jpg



       ローヤル・スウィートのお部屋!
       上の会場にしろ、この部屋にしろ、何とも石壁の威圧感がすごく・・!
d0097427_23093314.jpg



       こちらはスウィートのお部屋
d0097427_23094205.jpg



       へへへ、シングルのお部屋も見つかりましたが・・!
d0097427_23094983.jpg

       全部で50室あるそうで、
       ホテルのサイトは https://www.icastelli.net/it/castello-orsini-hotel-nerola




       北イタリアはボルツァーノから電車で30分程の、メラーノ・Meranoの山奥にある、

       ホテル・カステル・フラウスブルグ
d0097427_23100075.jpg



       地図をどうぞ
d0097427_23101110.jpg



       こんな朝の光を見ることの出来る高所に在るようで、
d0097427_23101884.jpg
       ここは対ナポレオン戦の英雄でもあったアンドレアス・ホーファー・Andreas Hoferが、
       1624年に狩猟用に建てたものだったそうで、
       1954年に現在の持ち主Ortner家のものとなり、ホテルに改築改装、
       このタイプのものとしては唯一の5つ星と。




       北の香り、ティロルの香りというのか、
d0097427_23102615.jpg



       緑に囲まれた食卓
d0097427_23103301.jpg



       こんなテラスで体操も出来
d0097427_23104160.jpg



       スウィートのお部屋
d0097427_23105031.jpg
    
       サイトはこちら。 https://www.icastelli.net/it/hotel-castel-fragsburg
       
       11月から4月の初め、冬季、つまり復活祭前まではお休みだそう。
       他にもそのお知らせの在るホテルがありましたので、
       もしお泊りご希望の方は、ご留意を。




       カステルブランド、 ヴェネトの我が家の近く。
d0097427_23105813.jpg



       地図をどうぞ
d0097427_23110673.jpg
       いつも歩いているカルページカ・Carpesicaモ、オリアーノ・Oglianoも載っているのに、
       我が村スコミーゴ・Scomigoがない! 悔しいので、ははは、赤点を打ちましたぁ。




       かってはここまで馬車で乗り入れた、というフロント前。
d0097427_23111652.jpg

       右に見える大階段は、


       こんな風に一番上まで続きますが、横に各階に連絡し
d0097427_23112381.jpg



       食堂・レストラン
d0097427_23113289.jpg



       ローヤル・スウィートのお部屋
d0097427_23114053.jpg

       サイトは、 https://www.icastelli.net/it/castelbrando

       城は一度訪問見学した事があり、こちらに




       あれっ、あそこのだ、と懐かしかったのが、
       カステッロ・ディ・レオニーナ・ルレ
d0097427_23114835.jpg



       地図をどうぞ
       シエナの東南から、シエナのクレーターと呼ばれる侵蝕地をアシャーノに向かう途中、
       細い地道が続いているのを見て、どんなのかと辿ってみた村にあったのでした。
d0097427_23115551.jpg
       その時の様子はこちらに
       
       地図に見えるアシャーノ・Ascianoから、地道をMonte Sante Marie, Torre a Castello
       と辿った様子は




       表からは中をそっと覗くしか出来ませんで、元修道院かと思ったのでしたが、
d0097427_23120741.jpg
       村の名の通りカステッロ・城、というよりは要塞がシエナによって築かれたのが中世で、
       1234年には、ここはシエナとオルヴィエートの領界争いの戦闘の舞台となり、
       破壊の激しさから打ち壊すしか無かったのだそうで、

       15世紀になり同じ場所にルネッサンス様式で建設されたのが現在の元になるもので、
       その後徐々に持ち主の農家が要塞化したものだそう。

       20世紀になり、荒廃していたのが元のように修復され、2003年から現在の姿と。




       食堂、レストラン
d0097427_23121678.jpg



       そう、ここは土地が高く、眺めも素敵なんですよね!
d0097427_23122469.jpg
       ただ、サイトの写真にはチョンボというか、まやかしがありましてぇ、
       サン・クイリコ・ドルチャの東からの有名な眺めの写真が使ってありました。
       それはまぁ、車で行くと50k足らずの行程で、1時間ほどで行けますがぁ・・・!




       スイートのお部屋
d0097427_23123233.jpg
       壁に、シエナのパラッツォ・プッブリコ・現市役所にある、シモーネ・マルティーニ作の
       「グイド・リッチョ将軍」の図が見えますね。
       彼に関係のある戦だったのかどうか、調べてみようっと。

       ホテルのサイトは、 https://www.icastelli.net/it/castello-di-leonina-relais




       カステッロ・バンフィ と 村       
d0097427_23124071.jpg
       
       この城の場所は、モンタルチーノの夜レストランで食べていた時、
       前の席の青年から教えてもらったもので、懐かしく思い出し・・。




       地図をどうぞ
       赤い太めの線で囲ったモンタルチーノ・Montalcinoの南西、約20kmに
       カステッロ・バンフィがあり、
d0097427_23125141.jpg
       この辺りはあちこちと何度も行っていて、季節ごとに思い出が蘇る土地!
       右下に切れているRadi・・は、ラディコーファニ・Radicofani




       城の威容! 素晴らしい!!
d0097427_23125942.jpg
       1700年建設の城で、城の名に並び「村・ボルゴ・borgo」とあるのは、
       どうやら村自体が城壁に囲まれ、その中に働くお百姓たちが住んでいた様子。





       サロンの一つでしょうね。
d0097427_23130710.jpg



       食堂、レストラン。  ワインが豊富!
d0097427_23131596.jpg



       元々がバンフィ・Banfiという名のカンティーナで、
       サンジョジョヴェーゼと、ブルネッロと。
d0097427_23132318.jpg



       レストランも勿論有り、どうやら料理教室も開かれる様子で、
       今回のサイトの中では唯一、料理写真が見つかったもので、
       う~ん、タルトゥッフォ・トリフが乗っているよぉ!
d0097427_23133185.jpg



       スウィート・デラックスのお部屋
d0097427_23133915.jpg
       この大きさのお城で、部屋は全部で14室、内スウィートが5部屋、だそうですから、
       それぞれがかなりのデラックス版ということでしょうか?!

       ここも11月の半ばから閉め、3月末に開くそうで、動物連れはダメと。




       お城ではなく、塔がホテルになっている
       トッレ・アルモンテ、往時の住まい
d0097427_23134743.jpg
       トーディの周囲にはたくさんの要塞化された村があり、これもその一つのようで、
       12世紀建設の24mの高さの塔

       1954年まで保護状態だったとありますから、多分それ以降に持ち主が変わり
       修復され、現在の姿、ということでしょうか。




       地図をどうぞ
       ウンブリア州のトーディ・Todiから北東に10k程、車で17分ほどの位置。
d0097427_23135638.jpg
                                          
       中世に大繁栄したトーディの町の周囲にはたくさんの要塞地があったと上記しましたが、
       トーディの町の南にイッツァリーニ・Izzaliniという名が見え、懐かしく!

       ここはトーディに行った時、古い土地が好きなら行ってみたら、と宿の主人に勧められ訪ねたのでしたが、
       後にヴェネトの13世紀の残虐でもあり、また一種のヒーローでもあったエッツェリーノ・ダ・ロマーノ
       所縁の地でもある、と読み驚いたのでした。
       写真を撮ったままになっておりますが、・・整理してみようかな。



       この部屋はアッパルタメント・台所付きの意、とありますが、
       ご覧のようにモダンな意匠に改修されており、
d0097427_23140511.jpg



       台所もご覧の通り
d0097427_23141311.jpg



       塔の1階に食堂があり、塔5階分に2つのスウィートと、2つのアッパルタメントのみで、       

       こちらはスウィートのお部屋
d0097427_23142143.jpg



       塔の上からの眺め!
d0097427_23143073.jpg





       最後はロンバルディアのはミラノの東、
       ヴィスコンティの要塞
d0097427_23143791.jpg



       地図をどうぞ。
       ミラノから東に30kmほど、車で約50分程
d0097427_23144560.jpg
       カッサーノ・ダッダ・Cassano d'Adda
       アッダ河沿いに於けるヴィスコンティ家の護りの要塞だったのが分かりますが、
                                     
       この地では1259年ヴェネトを拠点にしていた皇帝派のエッツェリーノ・ダ・ロマーノ3世が、
       残虐非道な治世でも知られた男でもありましたが、ミラノを目指す最後の戦いに破れ
       重傷を負い、ソンチーノで没という、まずそれを思い出したshinkaiですが、

       も少し東にはカラヴァッジョ・Caravaggioの地名が見え、ここがかの16世紀から17世紀に
       かけて活躍の画家、カラヴァッジョの両親はここの出身だったそうですし、

       西にはゴルゴンゾーラ・Gorgonzola、はい、あの美味しいブルーチーズの一種であるチーズが
       15世紀にここで生まれた、という地の名も見えます。




       大広間
d0097427_23145494.jpg
       
       この城要塞は、まさにロンバルディアのミラノ公国とヴェネトのヴェネツィア共和国を
       分ける自然な国境ともいうべきアッダ河沿いに、
       1261年から95年にオットーネ・ヴィスコンティ・Ottone Viscontiによって建設され、

       軍勢の守備隊地、通商交易の取締、領主の住まい、平和時にはお遊びの地でもあり、
       土地の治世事務所でもあり、法廷、監獄と、様々な要素を含んでの要塞なんだそうで、
       15世紀には素晴らしい城壁も出来、城塞としては完璧な形に。

       ルドヴィーコ・イル・モーロの時代には、レオナルド・ダ・ヴィンチも訪れ
       ここの塔の上から、かの鳥の羽を模した空を飛ぶ研究の一端もしたと伝えられ、

       後の世紀に衰退したのを、漸くに1960年代になり修復が始まり、
       当時の姿が蘇り、装飾なども修復されたのだそう。
       



       食堂、レストラン
d0097427_23150365.jpg



       この色使いと、装飾の形!
d0097427_23151183.jpg



       でも、他はわりとシンプルに、モダンで
d0097427_23151868.jpg



       中庭の夜
d0097427_23152697.jpg
       


       他にもたくさんのお泊りできる宿が各地にありますので
       皆様、旅の思い出にどうぞ!



       
     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、芽生え 一応の仕上げとし ・ ルドルフ・ヌレエフの を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-02-19 00:14 | ・ご挨拶・番外 Saluti Speci | Comments(6)
2017年 02月 14日

   ・・・ ガエータ ・ 要塞化し繁栄してきた、陽光明るい海辺の町 ・・・

d0097427_02320071.jpg
       昨年春の南ラツィオの旅、今回は最後のご案内になるガエータ・Gaetaを。

       この地には昔から思い入れがありまして、というのもず~っと昔見たガイドブックに
       浜辺にそってパステル・カラーの低い家並みの続く写真「ガエタ」が1枚あり、
       当時の未だ他を知らなかったshinkaiにはとても魅力的に見え!
       いつか行ってみたいと思っていたのでした。

       さて実際に長い年月の後に訪問してみると、やはりまるで思い込みとは違い、ははは、
       写真を整理しながらも、この町の一番の印象は何だったろう、と考えました。

       古いガイドブックにあったような「貧しい海辺の町」ではまるでなく、
       多分これより西にある「スペルロンガ」と混同しているのでしょうが、

       ローマからは南に120km,ナポリからは北西に80kmの距離にあり、
       長い紀元前からの歴史を持ち、港を持った繁栄の地であり、
       何度も異民族に襲撃されながらも、城壁を築き町全体を要塞化して備え、
       現在は明るい陽光のもと、海辺の小さな町の良さを満喫している、とでも・・?!
       
       そんな町の印象がお伝えできますかどうか・・。
       と、今回の写真は何故か呆けピントのが圧倒的に多く! 馬鹿がぁ、
       必死に修正したのですが、どうぞその辺りはご容赦下さいますようお願い致します。

       今回も写真の数が多くなりましたが・・、
       なかなかこの辺りまで行かれる方は少ないであろう、・・でも、
       shinkaiのブログはそういう方にも旅の、町の雰囲気を味わって頂いている筈と、
       ははは、そう考えてご案内しておりますので、
       ごゆっくり楽しんで頂けますように!
       
       
       上の写真は町の中程の海辺沿いでバスを降り、港の南方面を見た所で、


       角度を少し変え、海岸沿いの続きはこんな感じ。
       高い鐘楼が見えますが、これがガエータの聖堂のもの。
d0097427_02320962.jpg



       ガエータ湾をはさみ北東方面、山上に見える町はマラノーラ・Maranolaと。
d0097427_02321886.jpg

       南ラツィオのご案内全体は、こちらから。



       ガエータの町の中心部の地図をどうぞ。
       ガエータは湾を挟んで北西にも伸び、南側の浜辺も含まれるのですが、
       右に突き出した半島の先っちょ、色が少し濃くなった辺りが旧市街の位置。
d0097427_02322586.jpg
       訪問した教会2つの位置と、町の上に見える城の位置を示しましたが、


       実は町の中心に行く前に、左下に囲ったサンティッシマ・トゥリニタ・SS.ma Trinità
       という聖所を訪れ、教会や、岩山の裂け目にある礼拝堂などを拝見し、はぁ、
       ついでに右下に赤丸で囲んだ「トルコ人の洞窟」なるもの、
       なに、トルコの海賊たちが隠れ家にしていた深い洞窟でして、
       shinkaiはお金を払ってまで階段を下る気はなく、はは、行きませんでしたが、
       そんなあれこれ、そして南の海岸沿いの浜辺のパノラマを見たりでした。

       ついでに町との間に挟まる山にあるオルランド公園に赤丸も打ちましたが、
       この辺りにはローマ期の貴族の聖廟もある様子で、
       ここからの町の旧市街の様子が絶景!
       我らは行きませんでしたが、本日最後にここからの様子をお目に入れますです。




       という事で、上の地図の海辺に沿った位置、2つの教会に挟まれたちょうど真ん中辺り
       緑色で見えるのが駐車場兼公園で、

       この辺りからの眺めが上の海岸沿いの写真であり、

       右手の上に見えるのが、このサン・フランチェスコ教会
d0097427_02323315.jpg
       ここには行きませんでしたが、1222年聖フランチェスコがガエータに滞在した折に
       基礎をした教会で、14世紀に再建築、19世紀に上部を追加という形だそう。




       そしてそれより北、海岸沿いに近い低所にあるのが、
       サンティッシマ・アンヌンツィアータ・SS.ma Annunziata、ここも聖所と。
d0097427_02324287.jpg
       手前に高い城壁が一部残っているのが見えますね。
       現在は中心の方のは無くなっているようですが、
       かっての海賊、蛮族襲撃に備えての要塞化された町だった名残。
       
       ここは後ほどご案内を。




       そしてちょうど真上辺りに見えるのが、町の城・要塞
       四角い城を左右2つ繋いだ形に見えますが、時代が違い、
       右の少し低い方が、13世紀フランスのアンジュー家が占領していた時代ので、
       左の高い方が、16世紀スペインのカルロ5世アラゴン家が拡張したもので、
d0097427_02324980.jpg
       カステッロ・アンジョイーノ-アラゴネーゼ・Castello angioino-aragonese
       と呼ばれ、広さは1万4千平米に及ぶ広いもの。

       アンジュー家の方は近年まで監獄に使われていた様子ですが、
       現在は市の持ち物となり、未来は海洋大学となる予定だそうで、
       アラゴン家の方は戦前はカラビニエーリ(かっての国王警備から派生したイタリア警察で、
       軍隊組織を持ち、イタリア警察とは別組織)の学校だったのが、
       現在は経済警察(フィナンツァ)の海洋学校が入っているそう。


       こうして見て頂いただけでも、海岸沿いから天然の地形を活かし、
       階段状に町が高く重なっているのがお分かりいただけると思いますが、




       町の聖堂に向いつつ、
       真ん中に見えるのが教会サン・ジョヴァンニ・ア・マーレ・San Giovanni a Mare
       海のサン・ジョヴァンニ教会
d0097427_02330028.jpg
       クーポラの形がアラブ式になっていて、
       きっとかっての漁民たちの守護教会でもあったのでしょう、海に面していて、
       10世紀建設を1213年の地震の後に再建したものだそう。

       今は無くなったものの城壁の外、海のすぐ傍にあるため高潮の時には海水が
       内部まで入り込むのが流れ出るよう、床は微かに傾斜していると。
       



       海岸沿いを行きますが、
       大きな建物のこんな形は、今は住居とは言え、以前は何だったのかと思うほどで、
d0097427_02330839.jpg



       こちらはナポリを思い出す造りで、・・生活が窺えるでしょう?!
d0097427_02331757.jpg
d0097427_02332550.jpg



       道であったワンちゃん。  あんたのお父さんは、お猿さん?! ははは。
d0097427_02333308.jpg



       遥か彼方からも素敵な威容が見えた町の聖堂の鐘楼で、
       こちらが脇の入り口。
d0097427_02334146.jpg



       鐘楼は12世紀のもので、ニコロ・デッランジェロ・Nicolo dell'Angeloの作で、
       スートゥリ・Sutriや、ローマのサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ教会でも働いているそう。




       美しい鐘楼の細部をどうぞ
       アラブ・ノルマン形式の影響を受けたロマネスクで、
       3層、2つの窓で、一番上は8角形。
d0097427_02334958.jpg
d0097427_02335851.jpg
       緑色の丸いお椀型や、平の四角形など、緑色の濃淡の釉彩を使ったものが
       たくさんはめ込まれ、これは光を受けて輝くのですよね。
       平らな薄目の煉瓦の組み方も工夫されているのが見え、
       白と黒の石をアクセントに、同じロマネスクとはいえやはり表現が違うなぁと・・。
       



    
       鐘楼の下に聖堂への脇入り口の上り階段があり、
d0097427_02340678.jpg

       実は現在の聖堂は、7世紀の以前あった教会の後に建設された
       11世紀のものだそうで、この入口はかっての教会の入口だったそうで、   
       現在の聖堂の正式の名はサンティ・エラズモ・エ・マルチャーノ・Santi Erasmo e Marciano.



       アーチの左右にライオン像が見えますが、
d0097427_02341583.jpg



       向かって左側のは正面から見た時、横向きの顔、とのみ思ったのが、
       何処かからライオン像だけ持ってきてはめ込んだのか、
       怖い顔して空飛ぶライオン、みたいに見え、思わず笑いましたぁ!
d0097427_02342537.jpg



       鐘楼の基礎部の石積み部分
       何ともあっちこっちからのリサイクル利用の石が混じっていて楽しく!
d0097427_02343496.jpg



       入口部分にも柄が入った石がいくつも見かけられたのですが、

       これは階段途中、左右の壁にある石棺
d0097427_02344391.jpg
d0097427_02345164.jpg
       ローマ期の物、と思うのですが、この波打つような柄は左右どちらにもあり、
       実は後で見て頂く内陣の祭壇もこの柄なのです。

       土地柄なのか、何か理由があるのか、それともロンゴバルドの柄の影響なのか
       どなたかご存知でしたら、お教え願います

       と、上の竜に羽が生えたような動物、左右に対でありますが、これは竜? それとも鯨?
       というのも、どちらも人間を(ヨナ?)を飲み込む図かとも思い・・。




       内部全体の写真を撮っておらず、これはサイトから拝借し、
d0097427_02345844.jpg

       古いかっての円柱が、はめ込まれた形で残っていて



       こんな感じ。
d0097427_02350659.jpg



       内陣と後陣部分が高い造りになっていて、その下に見える
       4福音者のシンボル像と、コズマ式装飾
d0097427_02351595.jpg
d0097427_02352975.jpg



       そして、やはり波模様の石棺利用の祭壇と、脚代わりのライオン像。
d0097427_02353750.jpg



       床の一部に残るコズマ式モザイクですが、ここのは黄色が多く、少し派手目。
d0097427_02354669.jpg
d0097427_02355501.jpg



       これは円柱のように太く、全面にキリストの生涯と、サンテラーズモの生涯の
       浮き彫りの入った蝋燭立て、で、
       チェーロ・パスクワーレ・cero pasqualeと呼ばれる、復活祭の前夜に灯される
       蝋燭立てで、キリストの復活を祝うシンボル的なものなのだそう。
d0097427_02360482.jpg
d0097427_02361385.jpg



       高い祭壇脇から階段を降り、スッコルポ・succorpoと呼ばれる礼拝堂というか、
       聖人たちの聖遺物を収める為のもので、
       上の内陣、後陣は、このスッコルポのために17世紀に高く建設されたのだそう。
d0097427_02362794.jpg
       


       今まで各地でお目にかかっていたクリプタ・cripta・地下礼拝堂
       意味は同じなのでしょうが、何とも絢爛豪華で派手な装飾で・・!
d0097427_02363602.jpg
d0097427_02364425.jpg
       
       フレスコ画と大理石、とあるのですが、
       この天井部分は漆喰ではないのかなぁ・・、大理石だと重くなりすぎと思うのですが。


       それにしても、正面の祭壇画の聖人はどなたなのか、
       絵の部分をアップして眺めましたら、なんとお腹を切り開かれておりまして・・!




       半地下の豪華絢爛たる礼拝堂から上がってきましたら、
       ははは、ワンちゃんがおり・・。
       いつもながら、教会内のワン君には、可笑しいながら違和感を持ちますです、はい。
d0097427_02365288.jpg
  
       ガイドさんの話では、近年この聖堂は修復が済んだ所なのだそうですが、
       なんと修復代が見積もりよりもかなり安く上がったのだそうで、ははは、
       イタリアにしては大変珍しいお話です、と!

       そしてどこから聖堂をでたのか、脇からと思うのですが、
       教会正面を見ておりませんで!
       まぁ、1903年のもので、ネオゴシック調の煉瓦と明るい色石のもの、とあるので、
       ガイドさんも飛ばしたのかもしれませんね、はい。




       さて町中を見物しながら通り、
       これは天然の岩を利用し、隙間にレンガや石を詰め城壁代わりにしている場所で、
d0097427_02370589.jpg
       どうやら隙間から水が漏れ出すのもそのままに、植物が茂っており!




       こちらは上の写真の右側の所で、岩の裂け目がこんな風に!
       夏など天然の自然風で涼しかったりして・・! ははは。
d0097427_02371440.jpg

       ガエータには紀元前10世紀から11世紀には既に移植民がいたものの、
       ローマの下に、紀元前4世紀には皆滅ぼされた様子。

       そしてローマ期にはこの地は別荘地として大変に持て囃されたのだそうで、
       皇帝を始めとして裕福な貴族、執政官、議員達が通い、
       その為にアッピア街道よりも短くこの地に連絡するフラッカ街道・Via Flacca
       造られたのだそう!  やりますねぇ、ははは。

       町の地図で見て頂いた現在の公園オルランド山の頂上にある聖廟、
       というのも、このローマ期のルーチョ・ムナツィオ・プランコ・Lucio Munazio Planco,
       軍人、政治家、執政官、ガエータで紀元1年に亡くなっている彼のもので、
       ジュリオ・チェーザレの将軍でもあったそう。
       
       
       ローマ帝国の滅びた後は暗黒の変遷時代の始まりで
       はじめは蛮族の襲撃、略奪、そしてトルコ人と続き、半島の先っちょ、自然な土地柄と
       防御がし易い事から、城塞都市と変わっていったのだと。

       ガエータで「中世の区画・ボルゴ・メディエオヴァーレ」と呼ばれる古い小高い部分は
       城壁で囲まれ、要塞城も築かれ、近隣からも城壁内に移住してきたのだそう。

       最初の城は6世紀、ゴート人との戦いの物で、後の確かなものは12世紀とあり、
       この間9世紀から12世紀に掛け、町もビザンティン皇帝から自治権を獲得し、
       ガエータ公国となり、その独立を徐々に強固に、
       自国の貨幣フォッラーロ・follaroも鋳造、海洋通商の豊かな繁栄も遂げます。

       海洋国と認められ、アマルフィ、ナポリ、ソッレントと連盟を結び
       ローマに襲撃を掛けようとしたトルコ軍を相手にした849年の「オスティアの戦い」では、
       トルコ軍を総崩れにし敗走させ、
       
       915年にはやはり「ガリリアーノの戦い」でトルコ軍相手に勝ち、
       これで中央イタリアからアラブ人を決定的に退ける事となり、
       その後12世紀末、シチリア王国のもとに約7世紀間の併合を。

       この間13世紀末から15世紀かけフランスのアンジュー家の支配があり、
       16~7世紀をスペインの元に、そして18世紀の短い期間オーストリアの元にと
       変遷をし、最後イタリア王国に入ります。

       ですがあれこれ読んでいて、1571年の対トルコとの最終戦「レパントの戦い」
       のキリスト教国側の艦隊が、ここガエータの港に集結したと読み、
       この戦いにはヴェネツィア艦隊も参加し、勝利していますので、
       単純shinkaiはなんとなしにこの町に親近感を感じたりで・・、ははは。

       
       そうなんですね、海岸続きではありますが、近くのスペルロンガとは違う
       趣は明らかで、スペルロンガは貧しい漁村であったのが、
       こちらはトルコの海賊と戦って勝ち、海洋通商で繁栄した歴史を持っているのですね。

       アマルフィのご案内

       アマルフィの聖堂

       ナポリのご案内 周遊バスで

       ソッレントのご案内





       町の通りもこんな風に並行して上下が重なり
d0097427_02372162.jpg
d0097427_02373092.jpg



       小さな広場では、そろそろレストランが昼の準備を始めており
d0097427_02373750.jpg
d0097427_02374569.jpg



       これは既に仲間が写真を撮っている姿が写っていますが、
       スピリト・ディ・ヴィーノ・ワインの精神
       ファルマチーア・デイ・サーニ・健康薬局  とあり、ははは、飲み屋で~す。
d0097427_02375379.jpg



       通り抜けていく道脇に咲く鉢植えの花々
d0097427_02380297.jpg
d0097427_02381035.jpg



       そして、サンティッシマ・アンヌンツィアータ・Santissima Annunziata・
       聖所お告げの聖母マリーア教会に。
d0097427_02381837.jpg
d0097427_02382657.jpg
       建設は1321年からで、1352年に聖別され、17世紀にバロック様式に
       改築され、現在見るのはその形なのだそうで、
       一番上に小さな帆型の鐘楼、マヨリカ焼きの時計が見えますが、
       大きなゴシック様式の鐘楼も後陣右脇に。




       内部は細めの一廊式ですが、ご覧のようにここも豪華なもので、
d0097427_02383580.jpg
d0097427_02384370.jpg



       祭壇の大理石装飾と、
d0097427_02385247.jpg



       床の柄
d0097427_02390092.jpg



       17世紀のパイプ・オルガンの席
d0097427_02390850.jpg



       一旦教会を出て、別の棟にある礼拝堂に行く時に見た、
       これ、何かわかりますか?  捨て子を入れる場所、です。
       ここに捨て子を入れ、ぐるっと回すと、建物内で受けて呉れたのですね。
d0097427_02391648.jpg
       やはり繁栄の時代を迎えた町でも、貧しくて生まれた子供を育てられず、
       捨て子に来た親がいたのですね。

       この教会では、受胎の聖母マリーアの名にちなみ、病院施設もあったそうですから、
       こんな捨て子を受ける場所も備えていたのでしょう。
       



       かと思うと、こちらの棟にあった「黄金の礼拝堂・カッペッラ・ドーロ・Cappella d'Oro
       天井は木製彫刻の金塗りで、周囲に19枚の油彩「キリストと聖母の生涯」を描いたもの。
d0097427_02392926.jpg
d0097427_02394248.jpg
       何とも豪華なものですが、装飾も絵もまるで趣味が違いまして・・!




       小さな中庭に出てきて、この黄土色と小さな井戸、敷石の模様にホッとし
d0097427_02395023.jpg



       教会の高い脇壁の道を通り戻りますが、
       かっての町の城壁は、唯一、この教会の入口あたりで町に入れたのだとか。
d0097427_02395931.jpg
       やれやれ、やっとお昼ご飯だ!と喜んで歩きましたが、ははは、



       
       最後はサイトで見つけた写真で、
 
       オルランド山の公園から見たガエータの夜景を。
       この角度からだと、城のある位置が良く分かりますねし、
       これだと、如何に屈強なトルコの海賊でも攻められませんよね?!       
       う~ん、これは見たかったなぁ!!
d0097427_02400673.jpg

       長い町案内にお付き合い頂き、有難うございましたぁ!!
       

       

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、丘の上 一応の仕上げと、 8月の葡萄畑 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-02-14 03:13 | ・ローマ・ラツィオ Roma Lazio | Comments(2)
2017年 02月 09日

   ・・・ テッラチーナ ・ ローマ期の遺跡と香りが色濃く残る街 ・・・

d0097427_00163817.jpg
       今回のご案内はローマから南に110kmほど、車で1時間半程の
       距離にあるテッラチーナ・Terracinaのご案内を。

       昨年春の南ラツィオの旅行では、ここの浜辺沿いのリゾート・ホテルを
       基地にして、あちこちに出かけたのでしたが、
       テッラチーナの旧市街の見学は最終日になっていたのですね。

       で5月の煌めくような朝早く、浜辺のホテルを後にし、
       一路こんなアッピア街道を模したような道を行きます。

       今回は写真が多くなりましたので、ごゆっくりどうぞ!



       これは通りすがりに見えた町のローマ門。 ご丁寧にS.P.Q.Tと!
       S.P.Q.Rだと「元老院とローマの人民」となるので、
       どうやら「テッラチーナの人民」の意味を込めている様で、
       シャレというか、どこか親父ギャグみたいで、ははは。
d0097427_00164828.jpg



       ですが我々は一旦町を通り過ぎ、町外れの山上にある
       アンクスールのジュピター寺院の遺跡見学に先に行きます。

       これが港から見上げたアンクスールのジュピター寺院・Tempio di Giove Anxur
       そうです、この高さに大きな寺院があったのですね。
d0097427_00165781.jpg
       ですが寺院遺跡のご案内は苦手の上長くなりすぎますので、
       写真で様子を見て頂けるよう、水彩ブログの方に載せましたので見てやって下さい。




       街の様子の地図をどうぞ
       街全体としては海辺沿いにずっと細長く西に続きますが、
       ジュピター寺院と、色がほんの少し濃い囲った旧市街の位置を。 
d0097427_00170584.jpg
       テッラチーナと近くの街の関係地図は




       現在のテッラチーナの人口は4万6千人程。
       これは小高い位置にある旧市街部分以外の、
       下の街と呼ばれる部分の方が大きいと思うのですが、

       バスで山の上のジュピター寺院を見るのに道を上っていく時に、
       かっての町の城壁が良く見え。
d0097427_00171498.jpg

       テッラチーナは紀元前6世紀の末には既にローマの勢力圏にあったようで、
       その後古代イタリア民族のウォルスキ族の下にもあったのが、再度ローマ人にと、
       繰り返された後、紀元前312年にアッピア街道が通り、ローマ期が続きます。

       ビザンティンの時代を経て8世紀から9世紀は教皇領になり、
       中世にも、このローマに近いこの町は様々な変遷を経ることになり、

       町の繁栄も衰退も何度もあった様子で、16世紀にはマラリアの蔓延で、
       町の人口はわずか150名にもなった事もあった様ですが、

       近代となり干拓事業も進み、新道路もつき、観光地として栄えている様子。



       さてジュピター寺院の見学から町に戻り、城壁の外でバスを降り、
       ガイドさんに連れられて細い道を下りながら、ローマ遺跡の中を通りますが、
d0097427_00172350.jpg
       位置としては、今見える鐘楼が現在の中心広場にある聖堂サン・チェザレーオ・
       San Cesareoで、正面の建物類は18世紀に増改築された聖堂部分。
       
       現在カピトリウム・Capitolium(ジュピター神殿のある聖地の意)と呼ばれる
       ローマ遺跡群は、後にご覧頂く中心広場の北東、という事になります。
       
      



       まず驚いたのがこの美しい壁!! 斜め格子状に石を組むのはポンペイ遺跡でも、
       スペルロンガのティベリオの遺跡でも見ていますが、  
       ここのは凝灰岩の茶と石灰岩でまさに格子柄になっているのですね。
d0097427_00173218.jpg
d0097427_00174491.jpg



       脇はこんな形で、高台になっていて、角に
d0097427_00175574.jpg



       角にこの円柱が1本残ります。
d0097427_00180758.jpg



       狭い場所で、すぐ脇にはこんな風に家が立て込んでいて・・
d0097427_00181648.jpg



       上の写真の壁は正面に回ってくると、こんな感じに2重になっており、
       かっての仕切壁だったのが分かるのですが、
d0097427_00182663.jpg
       ここには、現在の聖堂に含まれた形になった大寺院とは別の
       小寺院があったのだそうで、これらはその遺跡で、
       
       つまりこの小寺院の中は3つに別れ、それぞれにジュピター、ジュノー、ミネルヴァ
       3神が祀られていたと。

       


       上の写真にも見える、奥の家の壁に残る色付きの部分にご注目を
d0097427_00183502.jpg
       
       屋根の形が分かる事から、かってあった建物の壁を利用して、
       後に建て増しをされていた事も分かり、これが神殿を隠していたのだそう。

       実はこの一帯、第2次大戦の時の爆撃で上にあった家々が被害を受け、
       それでこれらのかってのローマ遺跡が明らかになったのだそうで・・!


       右手に見えるアーチの上にも、かっての壁跡が見えますし、

       我らは今回見なかったのですが、中央奥に見える小アーチの上に小路が見えますね、
      
       あれを左奥に行くと・・・、




       こんなテアトロ・劇場跡が4分の一程も見え、これも爆撃で明らかになったのだそう!
       他の部分は上に家々が立て込んでいるのだそうですが、
       近年の研究では、劇場の直径が約72m、4000人ほどの観客収納数の大きさと。
d0097427_00184390.jpg



       脇道の角の上階の柱、これも明らかに神殿の柱をリサイクル利用していて、
       ここはどうやら現在の聖堂の一部の様子!
d0097427_00185259.jpg



       これは何だろ? 浴槽?
d0097427_00190240.jpg



       遺跡につきものの猫ちゃん。 少し痩せぎすね。
d0097427_00191483.jpg



       こうして旧市街の中心広場かってのローマ期のフォーロ・エミリアーノ・Foro Emilianoに
       塔は聖堂の鐘楼と同じ時代12,3世紀、同じ高さ、とあっても探しても高さは見つからず、
       塔はフルメンターリア・frumentariaというので、穀物倉だったと。
d0097427_00192288.jpg
       塔の右手のモダンな建物と奥側とともに市役所だそうですが、




       ついでに塔の横の階段の様子も見て頂き、
d0097427_00194056.jpg
       古い側の市役所の壁もご覧下さいね。 
       そうなんです、かってのこの建物の壁も2色の格子壁、
       つまりローマ期の何か古い建物があったのでしょうね!
d0097427_00194835.jpg



       そして広場の西を占める聖堂サン・チェザレーオ・San Cesareo.
       元々あったローマ期の大寺院を含む形で大きく建設されたもので、高台に
d0097427_00195718.jpg
       聖堂の右に見える建物は、13世紀のパラッツォ・ヴェンディッティ・Vendittiで、
       元々は市の建物だったそうで、下に見えるアーチをくぐると、上で見て頂いたローマ遺跡で、
       
       このアーチの下をかってのアッピア街道が通っていたのですね。
       



       鐘楼、12~3世紀。 こちらも2色使いの素晴らしいもので、上階に行くごとに
       窓の幅が広くなりますが、これは重量を減らす工夫だったそう。
d0097427_00200440.jpg
       そして装飾にはめ込まれた色付きの丸い鉢のようなもの、お分かりでしょうか?
       彩りを添えますが、修復の際に取り替えられたものだそう。

       同じ彩色陶器を使う工夫がポンポーザの修道院にも




       元々の教会はローマ期の寺院があった上に建てられた9世紀のものだそうですが、
       聖別されたのは11世紀、鐘楼とともに内部の修復も12~3世紀と。

       教会前のロッジャ部分の、モザイクによる装飾は現在右側にしか残っておらず、
       何のモチーフかまだ明らかではないそうですが、最初の十字軍遠征であろうかと・・。
d0097427_00201365.jpg



       軒下の装飾部分。 人物像が見えるのは、玉座に座る人物と。
       その右にいるのは猿のようで・・!
d0097427_00202127.jpg



       入口前の円柱の下の飾り部分。 背を向けて座っている人物や
       ライオンというのですが、残念ながら破損部分が大きくて。
d0097427_00203033.jpg



       こちらは良く分かるライオン像
d0097427_00203987.jpg

       こちらのサイトに、聖堂の装飾の詳細写真が。       




       さて、聖堂内部。左の説教壇にご注目を。 と祭壇部分
d0097427_00204882.jpg
d0097427_00205736.jpg



       ここの説教壇のコズマ式装飾が素晴らしいもので!!
       と言いつつ、暗くてshinkaiの写真はピンぼけが多く・・、とほほ。
d0097427_00210515.jpg
d0097427_00211514.jpg
d0097427_00212382.jpg



       説教壇を支える者たち! 素敵ぃ!
d0097427_00213183.jpg



       古い起源の町に残っていた遺跡群の中から、リサイクル出来るものは
       ちゃんと皆再利用した様子でして、はい、
       これらライオン像もそうなのではないかと・・。
d0097427_00213963.jpg
d0097427_00214759.jpg



       床のコズマ式装飾がまた素晴らしく!!
d0097427_00215648.jpg
d0097427_00220457.jpg
d0097427_00221308.jpg
d0097427_00222208.jpg



       これは柱に残っていたもので、全盛期には柱にもこれらの装飾が、多分!
d0097427_00223034.jpg

       コズマ式装飾の素晴らしいのには、サレルノの聖堂でも出会い、

       アマルフィの聖堂でも
       http://italiashio.exblog.jp/15410032      
       



       さて聖堂から出まして、
       かってのローマ期のフォーロ広場の敷石
d0097427_00224092.jpg



       広場の東南側の端、3段の高台にも円柱が並ぶ部分が有り、
       ここも爆撃の跡から日の目を見たローマ期の遺跡部分で、
       その右奥に見えるのは、中世の塔の跡と。
d0097427_00224970.jpg

       何度か爆撃の跡から見つかった、明らかになった遺跡、と出てきますが、
       爆撃がなければ未だに立て込む家々に埋まり、、多分このあたりにある筈、
       というだけで見れなかった訳で、 ・・へへ、こういうのは、喜んでも良いですよね?!




       そしてその前に見えているこれが、元のアッピア街道の敷石
d0097427_00225819.jpg
       ローマからこのテッラチーナまで約一直線に繋がるアッピア街道が建設されたのが
       紀元前1世紀の末から紀元後1世紀のはじめだそう。

       このテッラチーナからは斜めにイタリア半島を横切り、アドリア海沿岸南の
       ブリンディシまで連絡していた、いわばローマ帝国の大幹線道路だったわけですね。

       この古いアッピア街道は中世には廃れたのだそうですが、
       後に干拓事業がされ、16世紀頃から徐々に旧アッピア街道に沿っての
       拡張工事が進み、今回南ラツィオで見た美しいアッピア街道の姿
       


       いやぁそれにしても、ここでこんなにしっかりした形で残るアッピア街道を見れるとは!
       フォーロ、かってのローマ期の市民広場、集会場であったフォーロの中を通り、
       大神殿横のアーチを潜り抜け、町を走り、通り抜けていったローマ期の軍勢、人々。
       そんな姿が彷彿とするアッピア街道の一大拠点が思い浮かびましたし、

       かなりの遺跡跡、美しい壁も見れ、テッラチーナの町を新しく知り、見直した事でした!!




       このアーチは、かって4つあったそうですが、実はどの部分で見たのか記憶に残っておらず・・!
       市のサイトにはArco Onorario Via Appia・アッピア街道の名誉門とあり、
       他に読んだサイトの説明では、アッピア街道はこのアーチの下を通って、ここから坂道を上る、とあり、
d0097427_00230600.jpg
       写真番号からしても、ひょっとして中心広場から出ての下り道にあったのかも・・。




       上のアーチの脇に咲き誇るブーゲンビリアの赤い花。 やはりここは南国!
d0097427_00231950.jpg



       さて、聖堂の眺めにも別れを告げ
d0097427_00232816.jpg



       我らは坂道を下り、バスとの集合場所に向いますが
       旧市街のある高さがお分かりでしょうか? 海がこんな風に見えるのです!
d0097427_00233618.jpg



       かなりの道のりの坂道をせっせと歩きながら、こんな街頭も眺め
d0097427_00234433.jpg



       車の陰で涼む猫ちゃんも撮り。 この隣に顔がクチャクチャのライオン像もあり・・。
d0097427_00235204.jpg



       こちらはトドみたいな、ははは、ライオン像を見かけ、
       サイトで同じライオン君の写真を見つけましたが、アルビーノ門の葬式のライオンと!
       ははぁ、どこかの墓所から持ってきたのでしょうね、きっと。
d0097427_00240141.jpg



       遂に坂道を下り、やはりまっすぐな松並木の道を見ながら、
       我らは右に曲がり、
d0097427_00241003.jpg



       暫く下の街の、こんなオレンジの並木道を歩き、バスとの待ち合わせ場所に。
d0097427_00241927.jpg
       
       そしてテッラチーナと、南ラツィオの街々と別れを告げ、
       一路ヴェネトの家に戻ったのでした。

       テッラチーナのご案内、お楽しみいただけましたように!
       長いご案内にお付き合い頂き、有難うございました


       この時の旅行で訪れたガエータの街のご案内もまだでして・・、
       は~い、頑張って写真整理もすることに。




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、カステルッチョ 途中経過と、 ジュピター神殿 ・ テッラチーナ を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-02-09 01:07 | ・ローマ・ラツィオ Roma Lazio | Comments(2)
2017年 02月 03日

・・・ 15世紀 ミラノの貴族のお遊びは、 ボッロメーオ邸 ・・・ (旅行 お出かけ) 

d0097427_19153167.jpg
   
       先日ピサネッロの絵デッサンをサイトで調べていた時、思いがけず、
       30年以上前にもなりますか、雑誌で見て忘れられずにいた絵に出会いました。

       「ミラノの古い貴族のお屋敷にあるピサネッロの壁画」と説明にあり、
       当時初めてのイタリア旅行で見た古い壁画や祭壇画の虜になっていた私には、
       それはもう、「遥か遠い国、魅せられたイタリア」以外の何物でもなく、ははは、
       ましてピサネッロ、という名にも魔法をかけられ、焦がれて見つめつつ、
       大切に写真を取っていたのでした。

       という、その一連の絵に、長い年月の後再会できたのでしたが、

       今は有難い事にPCでその写真の出処にも行き着き、あれこれ調べる事も出来るので、
       これらの壁画はミラノのボッロメーオ邸・Palazzo Borromeoに在ることも分かり、
       知らずにいた他の画面も知ることが出来ました。

       という事で、今日はこの壁画を通じて、
       15世紀のミラノの貴族の子弟たちのお遊びの姿をご覧くださいね。
       そして最後には、現在の貴族のご子孫達の様子もちょっぴりと。

 
       上の写真は、私の記憶に残っている写真の色に近い、壁画の部分




       ミラノのボッローメオ邸はどこにあるか、地図をどうぞ。
       まさにミラノの中心、ミラノのドゥオーモから歩いて10分ほど、
       1kmにも満たない位置に。
d0097427_19154212.jpg



       ボッローメオ広場に面した入り口。  13世紀末の建設で、四角い窓と、
       白と赤の大理石を使った入り口扉のある大きなアーチ。
d0097427_19155168.jpg



       入り口アーチの上部にいる駱駝像と、植物柄
d0097427_19155929.jpg



       その後の改装で建物も大きくなったそうで、上空から見る建物の現在で、
       内庭を囲む建物が2つある形で、奥の内庭が広く、
d0097427_19160782.jpg



       5角形の角柱に支えられたアーチに囲まれた、奥の内庭
d0097427_19161691.jpg



       奥の内庭は3面がアーチの回廊になっていて、残る一面に建物の壁があり、
       それには一面の壁画と、陶板飾りの装飾のある窓があり、
d0097427_19162412.jpg



       こちらが建物の壁画の柄で、王冠とボッローメオ家のモットーである
       Humilitas・ウミリタス・敬虔、謙遜、の文字。
d0097427_19163708.jpg



       で、この建物内の1階の広間に、今回ご案内する壁画があるのですね。

       これです!!
       窓側になる手前部分には無く、もしくは失われたかで、3方の壁にこの様子で。
d0097427_19164587.jpg
       
       左側が「タロッキ・tarocchi・カード遊び
       中央が「パルマータ・palmata・名前当て、とでも」
       右が「パッラ・palla・ボール遊び




       まずは左側の壁画から、背後にザクロの木が3本ある庭で、
       男女5人がカード遊びをしている様子で、右背後には湖の風景も見え、
d0097427_19165317.jpg



       写真によってかなり色の出方が違いますが、
       15世紀半ばの壁画内の、貴族の子弟たちの服装、髪型も詳細
d0097427_19170224.jpg
d0097427_19171074.jpg
       カード遊びというのは、現在も大変盛んな遊びですが、
       どこか秘密めき、瞑想的でもあるこの遊びの雰囲気がよく出ていると思われませんか?!



       実はこの壁画は長い歴史の中で塗りつぶされていた様子で、
       第2次大戦の際に爆撃により被害を受け、戦後に行われた改修の際に
       見つかったのだそう。

       そしてこの赤っぽく見える色合いは実際の色ではなく
       この上から画家はかなりオークル・黄土色系の色をセッコ・乾いた状態で掛けているのが
       剥落し、湿度の問題もあり損傷が激しく、
       残念ながら、到底描かれていた当時の状態ではない、との事!
       それでも、これだけ素晴らしい雰囲気がわかるだけでも、有難いことですよね?!




       中央の、パルマータ
       やはりここにも5人の男女が見え、手を上げて遊んでいて、
d0097427_19171806.jpg
       パルマータと言うのは現在の遊び「スキアッフォ・デル・ソルダート・schiaffo del soldato
       に似ている、というので友人のジュリアーナにも尋ね、教えて貰いました。

       グループでの遊びで、一人が壁に向い(目をつむり)、片手を背中に回し
       手のひらを上に向けて立つのに、皆が順に指で触リ、済んだ所で皆が一斉に
       自分の指を上に上げて見せ、それで誰が触ったのかを当てるのだそう。

       元の名のスキアッフォ・デル・ソルダートと言うのは、兵士の平手打ち、の意ですから、
       元々は兵士がもっと乱暴に遊んでいたのから来たのかもしれませんが、      
       この画面の中でも、手の平を打ち付けている様子が見えます。

       パルマータとか、次のパッラ・ボール遊びなどは、中世でも伝統的に長く楽しまれ
       素朴で仲間と楽しく遊べる、こういう遊びはいつの時代も変わりませんね。




       この中央に立つ女性の衣装も見事ですが、
       衣装とか髪型には金色の線が描かれていた様子がわかるそうで、
       如何にも裕福なボッローメオ一族の子弟たちなのでしょう。
d0097427_19172650.jpg



       パッラ・ボール遊び。 
d0097427_19173480.jpg
  


       左の女性が棒を持ち、ボールを打つ所でしょうか?
       右奥背景の景色は、ラーゴ・マッジョーレ・マッジョーレ湖のアローナ・Aronaであろうと言い、 
       ここ一帯はボッローメオ家の領地であり、ボッローメオ国と呼ばれるほどのものだったと!
d0097427_19174338.jpg



       そして右側に並ぶ女性4人、これは当時の豪華な衣装、髪型で装った
       まさに貴族女性のお披露目みたいな様子で、
       色の損失、画面の損傷がとても残念。
d0097427_19175193.jpg



       これら一連のフレスコ画に登場する女性たちのスタイルは、まさにピサネッロの絵に
       登場する女性たちを彷彿とさせ、私が昔見た雑誌でも当時はピサネッロの壁画、と
       説明されていたのでしたが、

       今回改めて再会し、いや、これはピサネッロではない、とすぐ思いましたし、
       勿論調べてもピサネッロという名は出てきませんで・・。
       shinkaiの思うピサネッロが描く人物は、女性は、こういう目つきはしませんし、はは、
       雰囲気は似ているものの、ピサネッロは段違いに巧緻ですね。
       

       このボッローメオ邸の壁画はガイド付きで見学することが出来ますが、
       所有者の関係で月曜から金曜日までのみで、写真も禁止。
       見学は約1時間半ほどで、予約が必要、料金は13エウロ。
       サイトは 




       で、壁画の作者として研究者達から名が上がっているのが、
       ミケリーノ・ダ・ベソッツォ・Michelino da Besozzoという事ですが、
       彼の描いた教会のヴォールトの絵はこんな様子で、
d0097427_19175980.jpg
       彼は細密画も描いていますが、やはり同じような可愛い人物像で、
       彼がボッロメーオ邸の壁画の作者とは思えませんです。

       
       このボッローメオ邸は現在もボッローメオ家の持ち物ですが、
       オフィスに投資信託会社が使っているようで、住居にもなっているそう。




       所でボッローメオ家についてあれこれ読んでいて行き着いた一つが、
       
       ラーゴ・マッジョーレの東岸にあるアンジェーラの要塞・Rocca di Angera.
       200mの崖状にあリ、元はロンゴバルドの10世紀の要塞だったのを、
       14世紀にヴィスコンティ家が現在の要塞の形にし、ボッローメオ家が
       増改築したものだそうで、現在もボッローメオ家の所有。
d0097427_19180893.jpg

       一連のフレスコ画の「ボール遊び」の中央に見えた湖は、この要塞の対岸
       西にあるアローナという事でしたが、ここにもかって同様のボッローメオ家の要塞があり
       マッジョーレ湖の船の往き来を見張り、税を取り、アルプス側からの敵の侵入にも備えていたと。

       マッジョーレ湖はかってミラノの街の建設資材、大理石類などを調達し運ぶ一大輸送地で、
       ここでの税を免れた唯一は、ミラノのドゥオーモ建設の資材運搬船だったそうで、
       おまけに石材発掘も無料、運搬費も無料だったと!!
       どこかの国に「坊主丸儲け」という言葉がありましたっけね、ははは。

       残念ながら、こちらのアローナの要塞はナポレオン軍が打ち壊したそうですが、

       アンジェーラの要塞は、大変良い保存状態で残っており、




       ここには、イタリアで唯一という、「世界の人形」コレクションがあり、
       写真左に日本の武者人形も見えますが、お雛様のセットも見つけました。
d0097427_19181573.jpg

       お城の見学、人形博物館などは大体3月中頃から10月中頃まで、
       朝9時から17時半迄、休館無く開いている様子。
       アンジェーラの観光事務所の電話は、(+39) 0331 960 207




       そしてこのお城では結婚式、披露宴も行われる様子
d0097427_19182442.jpg



       所でご案内が後先になりましたが、ボッローメオ家・Borromeoと言うのは、
       出身がローマでトスカーナに移住、13世紀ミラノに移ってきた裕福な商人、貴族で、
       ミラノでヴィスコンティ家と縁戚となり、マッジョーレ湖一帯の領有、そして伯爵家となり、
       現在でも有数の子孫があり、繁栄存続している一族

       ボッローメオ家で検索を掛け最初に出た写真で、ああそうか、と思い出したのが、
       暫く前にTVニュースでも大々的に出た結婚式の模様でした。

       2015年の夏に行われた結婚式で、
       こちらはモナコで最初に行われた7月末の公的役所での結婚式の、
       左が花嫁のベアトリーチェ・Beatrice・ボッローメオ
       隣が証人のアンドレーア・カシラギ・Andrea Casiraghi、花婿の兄
       同じく証人のご夫婦ジョン・エルカン・John Elkann と、
       ラヴィーニア・ボッロメオ・Lavinia Borromeo
d0097427_19183325.jpg
       お分かりでしょうか、これらの人間関係から見える上流階級の模様が?!
       花婿はモナコのカロリーナ王女の2男(3番目の子)、ピエール・カシラギ・Pierre Cassiraghiで、
       花嫁の姉ラヴィーニアが、フィアット・クライスラーの会長ジョン・エルカンの妻、というわけ。

       花嫁はこの最初の結婚式では、ヴァレンティーノの衣装をお召だったそう。
     



       8月1日ロッカ・ディ・アンジェーラでカトリックによる式典が行われ、
       要塞の下にお着きのお二人がボートから上がる所
       右側ではお迎えの市長が、写真を撮っているもんね、ははは。
d0097427_19184194.jpg



       こちらがエレガントなアルマーニの衣装をお召しの花嫁、花婿
d0097427_19184921.jpg

       はぁ、そうなんですねぇ、イタリアでは戦後共和国になり、貴族の称号は公的には
       無くなったのですが、報道される時はちゃんと称号付きですし、
       こういう様子を垣間見ると、上流階級、現在も延々と続く貴族階級が伺えますですね。
       ・・やはりパルマータとかボール遊びをされる事もあるんでしょうかぁ? ははは。




       マッジョーレ湖、アンジェーラの要塞の夕日を最後に。
d0097427_19185640.jpg
   


     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、壁の聖母子像と、 南出麗子さんという日本画家 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


       

第一回プラチナブロガーコンテスト

by italiashiho2 | 2017-02-03 19:47 | ・ミラノと周辺 Milano e - | Comments(5)