イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ

タグ:冬・雪景色~早春・春 ( 124 ) タグの人気記事


2017年 05月 24日

   ・・・ 南ティロルの風景と、小さな町ナトゥールノ (追記)・・・

d0097427_22534966.jpg
d0097427_22535741.jpg

       今日ご覧頂くのは先週出かけてきた南ティロル、
       メラーノから西にヴァル・ヴェノスタ・Val Venostaを1時間ほど行った
       グロレンツァ・Glorenzaの町から、
       宿を取ったナトゥールノ・Naturnoの町に向かっての山と村の景色、
       そして翌朝のナトゥールノの町の様子と、メラーノに向かっての道筋の風景です。

       上はグロレンツァの町を出てすぐの、平地から見える南の連山の眺めで、
       雪が真っ白に輝くのに、皆が見惚れたのでした!

       夏山スキーが出来るゲレンデが幾つもある、というのも大いに納得!





       地図をどうぞ。
       左に見えるグレーの線がスイスとイタリアの国境線で、
       メラーノからカステル・コイラ・Castel Coiraの古城と、グロレンツァの町見学に。
d0097427_22540584.jpg
       谷の南側に高山が連なる様子もお分かりと思いますが、
       ヴェローナに流れ下るアディジェ河・Adigeはこの谷が水源なのですね。

       「イタリアで一番美しい村々」に登録されているグロレンツァと、
       千年近い歴史を持ち、未だに個人所有のカステル・コイラのご案内もいずれ頑張って・・!
       
       メラーノの北に見えるティローロ・Tirolo・ティロルは、
       今我々がティロル(地方)と呼ぶ語源となったティロル伯爵が、中世にここに城を持ち、
       一帯を領有していた事に端を発します。





       ヴァル・ヴェノスタのいわば西の端にあるグロッレンツァから徐々に下りつつ、
       行きは北側の眺めを、この戻りは南の眺めをわぁ~お!と感嘆しながら行きますが、

       山の麓に小さな集落が広がり、そこには必ず鐘楼が見える教会があり、
       山の中腹には森を切り開いての草地と農家が点在し・・。
       山の中腹に孤立して生きる彼らの生活はどんなだろう、と考えます。
d0097427_22541578.jpg
d0097427_22542340.jpg
d0097427_22543299.jpg



       これはたぶん放置された古い教会跡
d0097427_22544283.jpg




       すでに午後6時過ぎですから、かなり陽が西に傾き、山の影が高く濃く
       そして集落から離れ山腹に点在する農家
d0097427_22545021.jpg
d0097427_22545876.jpg




       1か所道路工事中で臨時の信号機で停車した時の、道脇のリンゴ畑
       畑は殆どリンゴ畑、または梨とか杏子だそうですが、
       リンゴの木も日本のとは違い、畝を作って並びます。
d0097427_22550979.jpg

       所で道中あちこちで盛んにスプリンクラーで水を撒く様子が目についたのでしたが、
       翌日のガイドさんの説明によると、単純に水やりの為のみでなく、
       スプリンクラーで細かい霧状のものを作り、それによって冷害の被害を防ぐ、
       花がついて凍るのを防ぐ意味があるのだそう。

       それにこの冬は雪が少なかったので、水不足も心配されており、
       コムーネによって水の配給が決められるのだそうで、
       ガイドさんの住むメラーノ近郊では、2週間に一度の水やりなんだそう!
       かなり厳しいですね。
       




       そしてまた白い峰
d0097427_22551898.jpg




       地図で見るとカステルベッロ・Castelbello辺りなのか、
       いったん大きく山間の平地が広がる部分があり、
d0097427_22552678.jpg




       道脇で休憩中のサイクリングのカップルも見かけ、
d0097427_22553538.jpg


       ここからまた狭い谷の道を行き、それでも道脇に家並が繋がるようになり、
       ナトゥールノの町、宿に到着



       翌朝起き抜けにテラスから見た、南の山々の峰にさす陽と月
d0097427_22554393.jpg




       宿の前は広場になっており、これは南側の向きで、
       右が我らの宿のカフェとレストランのテラス。
d0097427_22555111.jpg
       
       所でグーグル・マップの衛星地図で、ストリート・ヴューを見ましたら、
       2011年のが出て、我らが泊まった宿はまだ古い建物でしたぁ。




       正面には、1階部分にスーパーや店の入った建物と、左に古い建物の宿
d0097427_22560016.jpg




       6時半過ぎ、朝日の道を自転車で通勤していくシニョーラ
d0097427_22560884.jpg




       こちらが広場の角にあった古い建物の宿で、
d0097427_22561664.jpg
d0097427_22562465.jpg
       カフェ、レストランもあり、そして
       今回本当に町筋でよく見かけた十字架のキリスト像
       
       イタリアでこれ式のを見かけるのはやはりドロミーティに多く、
       町中では壁に小さな祠式が多いので、この大きなのはよく目に留まりました。
       北国の習慣的なものなのか、雪国の生活の過酷さ、または街道筋だからなのか・・





       北側の山々
d0097427_22563300.jpg




       そして南側
d0097427_22564189.jpg




       道を少し東に行った所に見かけた大きなホテル
       他にも道を少し入った所には、大小さまざまなホテルが。
d0097427_22564913.jpg




       小さな道脇の広場にあった泉と、脇のマロニエかな、の大木
d0097427_22565892.jpg
d0097427_22570827.jpg
       
       ナトゥールノの町は、ウィキペディアによると、
       海抜が528m、人口が5700人ほど。
       青銅器時代からの移殖の痕跡があるそうで、
       記録に出てくるのは千年以降ですが、多分元は初期ローマであろうと。
       この町から北にも南にも山道を辿り、古い灌漑用の水路を訪ねたり出来るそうで、
       夏には避暑地として賑わうのでしょうね。





       北の山々と、山腹の家
d0097427_22571620.jpg
d0097427_22572525.jpg




       本屋さんのウィンドウを覗きましたら、ほらね、全部ドイツ語の本!
d0097427_22573314.jpg
       うん、ALL IN ONEは分かったですが、ははは、
       BUCH、ブックね +KARTE、カルテ、地図ね +APP これは何?
       neuは、NEWではなく、ここだけドイツ語ね、ははは。
       ガーデンはGARTENね、はいはい。





       少し北に坂を上った所で見えた小さな要塞式城館
d0097427_22574285.jpg
d0097427_22575548.jpg




       下って、道を西に行き、少し高台より南を
d0097427_22580454.jpg
d0097427_22581215.jpg




       古い建物、再び十字架。
d0097427_22582090.jpg




       最初に少し上った道の先に小学校があるらしく、
       あちこちの道から通学の子供たちが出て来てすれ違います
d0097427_22582971.jpg
       親に付き添われた小さな子もいますが、殆どは自転車か歩きで、
       中にはキックボード(という言葉を調べましたぁ、昔はスクーターとか言いませんでした?)
       を漕ぐ子も何人かおり、上りの坂道をはぁはぁ言いながら・・!

       たまに目が合うと、ちょっと恥ずかしそうに挨拶してくれるのですが、
       なんと言っているのか聞き取れず・・。で、こちらはにっこり「ボンジョルノ!」





       ここも古い建物なのでしょう、
       壁には聖人が描かれ、バール・カフェ・ビストロ
d0097427_22583766.jpg




       大きなビッレリア、レストラン。  
d0097427_22584520.jpg




       ゆっくりと蛇行する狭めの道を通勤の車、通学の子供たちが行きかい
d0097427_22585417.jpg
d0097427_22590270.jpg
       狭い道が1本町中を抜けて行き、道に沿って商店があり、
       脇道にそれると家が何軒かという具合で、
       家も表通りと同じようなちょっと小奇麗な修復された家ばかりで、
       他には特別に何もなし!
     




       古い、多分売り家の前にあった、自動貸本屋!
d0097427_22591246.jpg
d0097427_22592021.jpg
       両脇の門柱の上部が祠式になっていて、聖人の絵が描かれており、
       上はどの聖人なのか、水を汲んで(注いで)いる姿ですが、
       下のは、自分のマントを分け与えた聖マルティーニ。
       それにしても絵が、如何にもドイツ表現主義式のちょっとエグイもので・・。





       さてホテルに戻り朝ご飯を食べ、のんびりと9時に出発ですが、

       町中の道を行き始めてすぐの写真にこれが
d0097427_22592959.jpg
       
       ナトゥールノに泊まったと書きましたら、クリスさんが「サン・プロコロを見ましたか?
       とコメントを下さったのでしたが、
       残念、もうちょっと東の外れまで行った所にあったのでした。





       ウィキペディアにあった写真はこれで、7世紀に遡る古い建物が火事で
       崩壊した後に建てられた8~9世紀の教会と。
d0097427_22593819.jpg

     ◆ 追記です ◆

       クリスさんが教会のサイトを教えて下さったので、開館時間を追記です。
       
       2017年4月1日から11月4日まで、火曜から日曜まで
       10時から12時半  14時から17時半まで
       閉館は、祭日と重ならない月曜日
       拝観は大人4,5エウロ。

       隣接して博物館があるそうですが、開館は教会と同じ。





       内部には9世紀のカロリンガ期のフレスコ画が残されているそうで、
       すっきり明快、ブランコに乗っているのか、楽しい姿も
d0097427_22594718.jpg





        朝見た要塞の姿、東からの眺め
d0097427_22595599.jpg




       ナトゥールノの町を過ぎ東、メラーノに向かいます。
d0097427_23000395.jpg




       やはり山腹の農家にも目が行きますが
d0097427_23001269.jpg




       ついに谷を出た、という感じの所で、これよりどんどん坂道を下り、
d0097427_23002033.jpg




       ここは前日の上り道でも目についた大きな一連の建物群で、
       古いのでしょうね、様々なフレスコ画の装飾も目につき、渡り廊下もあり、
d0097427_23002865.jpg
d0097427_23003624.jpg
       最後にBEERという文字が見え、ビールを飲ませるレストラン? 醸造所?
       まぁ、宿も兼ねた全部なのでしょうね。





       平野が開け始め
d0097427_23004566.jpg




       もうすぐメラーノの中心に!
d0097427_23005327.jpg

       という、南ティロルはヴァル・ヴェノーザの風景でした




     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ピエンツァ 仕上げまじかと、 メラーノ、南ティロルへの道 その2 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

        


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   

       
       

     


by italiashiho2 | 2017-05-24 23:31 | ・北イタリア Italia nord | Comments(8)
2017年 05月 19日

   ・・・ メラーノ行きで食べた旨いものと、 美味しくなかったもの ・・・

d0097427_22561380.jpg
       今週の月曜と火曜に1泊グループ旅行で、南ティロルのメラーノ・Merano と
       その手前にあるラーナ・ディ・ソット・Lana di Sotto
       メラーノから西への谷を辿り、カステッロ・コイラ・Castello Coira
       「イタリアの一番美しい村々」にも選ばれているグロレンツァ・Glorenza 
       などを訪ねてきました。

       大変な好天に恵まれ、暑いほどの2日間で、
       初めてのメラーノの街も美しく、13世紀からの古い城も大変興味深く、
       最後の半日を過ごしたメラーノの街近郊の「シシーの庭園」にも満足!

       ですがこの一帯は「イタリア国」ではあるものの、ドイツ語とのバイリンガルで、
       それもバイリンガルとはいうものの圧倒的にドイツ語圏、
       オーストリア文化の元にある事を強く感じた2日間でした。

       大急ぎで、恒例の旨いもの編のみ纏めましたので見てやって下さいね。
       がタイトル通り、ええ、美味しくなかった物もあったのですぅ!

       
       上はメラーノに到着しバスを降り、お昼を食べるべく中心街に向かい
       橋を渡る手前から見た様子。

       今まで見てきた山々よりも高く、雪を頂いたのが背後に迫り、・・おお!!





       地図をどうぞ
       コネリアーノを朝6時に出発し、細い谷の隙間を抜けながらトレント・Trentoまで。
       ここから高速に乗りボルツァーノ・Bolzanoを経て、
       途中でラーナ・Lanaで古い教会の、中央ヨーロッパでは木製祭壇の一番大きいという、
       高さ14m以上、というのを見て、メラーノに。
d0097427_22562644.jpg
       午後に出かけたメラーノから西への地図は次の機会にご覧頂きますね。

       冬、クリスマス前に通った時の道の様子は





       橋を渡ってまっすぐ行った辺りが旧市街になりますが、
d0097427_22564583.jpg
d0097427_22563603.jpg




       我らは橋を渡った岸辺の道を右に折れ、 この写真は西向き、
d0097427_22565493.jpg




       ここは長い散歩道になっており、傍らには店が並びますが、
       並木道の下はこんな風に花壇となっていて、様々な花が咲き乱れ、
d0097427_22570252.jpg




       次にバールやレストランなどのテントが並び
       左にちょっと切れていますが、我らはここのブルーノ・Brunoという店に。
d0097427_22571149.jpg




       こちらのグループ旅行では、朝食と夕食はホテルで代金込み、
       昼食は各自が好きな仲間と好きな所で、という放し飼いで、ははは、

       この日もいつもの仲間と一緒で、ジュリアーナとロレダーナは、
d0097427_22571959.jpg
d0097427_22572773.jpg




       パスタ・ペンネのルーコラのソース、店のお手製なんですと。
d0097427_22573690.jpg
       
       ジェノヴェーゼのソースはバジリコで、見た目は似ていてもやはり味が違い、
       こちらの方がちょっとピリッとした感じとでも・・。
       はぁ、味見させてもらいました。





       ジュリアーナ・ミランと、レオナルダ、そしてエレオノーラは、
d0097427_22574557.jpg
d0097427_22575484.jpg
d0097427_22580264.jpg




       クヌーデル・パンをふやかしたものの中に肉などを混ぜて丸め、
       これは焼いたのかな、にバターがかかっているもの、美味しかったそう。
       これは北の国の料理ですから、やはり本場ものというのかも。
d0097427_22581565.jpg




       それにエレオノーラはポテトの唐揚げを頼み、ロレダーナとshinkaiも一皿を。
       結局とても平らげられずに、皆に助けてもらい・・、ポテトはいつも美味しい!
d0097427_22582302.jpg




       shinkaiは、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ
       オリーヴ油がものすごくたっぷりで、パスタの量もドイツ的に多かったぁ! 
d0097427_22583190.jpg
      




       ストゥルーデルに生クリームをのせたのをデザートに、何人かが頼み、
       これも大きなスゥルーデルで、味見させて貰い、美味しかった!
d0097427_22583915.jpg




       アイスクリームとイチゴ、生クリーム。 これはエレオノーラとレオナルダだったかな。
       皆、量が多い!と言いつつ、ちゃんと綺麗に平らげ、ははは。
d0097427_22584833.jpg




       ウェイターのお兄ちゃん、イタリア人が3人か働いていて、それにシニョーラ。
       お勘定を一人ひとり払い、カメラを向けたらニヤッと笑ってくれ。
d0097427_22585781.jpg
       
       あっちこっちにピーシングしているのが見えますか?
       スカーフを巻く様なお天気ではなかったので、shinkaiの推察では、
       首のあたりにちょっと凄い刺青があるのではないかな、と、へへへ。

       ここでの支払いは、shinkaiがビールの中と、スパゲッティ・アーリオ・オーリオと
       ポテトの唐揚げ、そしてオルゾとで18エウロ位だったと。

       次回またオーストリアとかドイツ圏に行くチャンスがあったら、
       やはり迷わずに店名がイタリア名になっている所に行こうと、
       今回学んだ事の一つで~す。(夕食の部分をお読みになると分かりますです)





       午後は2か所、それもバスで1時間ほどの所を見学し、
       宿に戻ったのが8時前で、即、手だけ洗って夕食。

       陽が長いので、食堂の窓から見える高山の頭だけ、まだ陽が当たり・・
d0097427_22590656.jpg




       これは翌朝に撮ったホテルの写真で、創業が120年とか言ったかな、
       ですから建て直ししたのでしょう、内部も部屋も綺麗で新しかったです。
d0097427_22591503.jpg
       メラーノはホテルが満杯で団体は無理で、メラーノから西に30分弱の
       ナトゥールノ・Naturnoという小さな町でした。
       町の名はイタリア語ですが、朝食前に散歩がてらカメラをもって歩きましたら、
       出会う人や通学の子供たちが掛けてくれる挨拶が皆ドイツ語!で・・。





       で、ここの夕食が、上のタイトル通り、美味しくなかったのですよねぇ!!ははは。

       肉食人達に出たのは、まずラザーニャ
       前に座っていたジャンナに「美味しい?」と聞くと、「マ、・・インソンマ・まぁね」
d0097427_22592401.jpg




       そして、肉の焼いたのと、ジャガイモとトマトのグリル
d0097427_22593369.jpg
       
       これは何の肉? 豚肉だろうね、という言葉があちこちで交わされ、ははは、
       2切れ全部食べた人はわずかで、量は多いけれども美味しくなかったのでしょう。





       そしてベジェタリアンには、ペンネのトマト・ソース
       このトマト・ソースが全く、缶詰を開けてそのまま上からかけたのか、というお味でして、
       缶詰トマトが悪いというのでなく、ちっとも手をかけていない感じの味なんすよぉ。
d0097427_22594299.jpg




       そしてそして、大きなお皿に茹で野菜と、チーズ
d0097427_22595063.jpg
d0097427_22595923.jpg
       この茹で野菜がです、まったくお湯の中に放り込んだだけ、みたいに、
       味もそっけもない味でして、はぁ。

       どうやったら美味しく食べれられるか、という事を一つも考えていない味ね、
       と言ったら、ジュリアーナが、まったく!と同意を。

       オリーヴ・オイルをかけ、塩胡椒して半分ほど食べましたが、う~~ん、もう!
       本当の生野菜を茹でたのなら、も少し野菜本来の味もあるでしょうにねぇ。


       そして一番皆が驚いたのは、飲み物、単にビールやワインだけでなく、
       水までも注文することで、

       水1Lが4,4エウロ、shinkaiが頼んだビールの小は4エウロでしたぁ!

       今までイタリア圏で、・・はい、ここもイタリアではあるのですが、
       グループ旅行ではワインは頼まずとも最初からテーブルに、カラフか壜で白、赤共に出ており、
       不足だと黙っていても追加してくれ、水代も勿論払った事なし!

       そういえばと思いだしたインスブルックの宿は、水は出ていましたが、
       ワインは注文でしたっけ。

       イタリアが良い!!とshinkaiが言うと、皆が笑いながら同意したのは勿論でしたねぇ、ははは。





       デザートはパンナコッタ、の小さいやつ、ははは。
d0097427_23000799.jpg

       これで部屋が狭かったり古かったりだと、もひとつ文句が出たでしょうが、
       有難い事に部屋は広く綺麗で、ベッドも大きく、
       毛布ではなく、インスブルックのホテルの様に、夏蒲団ほどの厚さのダウン1枚。
       そして、ヴィデが無かった!       
       やはり文化圏の違いを感じましたです。

       インスブルックのホテルの食事、部屋事情など





       翌朝6時に目覚ましで目が覚め、ベランダから見ると、
       ちょうど朝日が山に射している所で、月も
d0097427_23001614.jpg




       顔を洗い、朝食前にカメラをもって散歩がてらに出かけます。

       我らのホテルの斜め前に、こんな古いタイプのホテルがあり、
       こんなだと、泊まってみるのも興味深いでしょうに・・。
d0097427_23002495.jpg




       1時間近く近所を歩きましたが、普通の田舎町とはいえ、
       やはりいつもとは古さの感じ、町並みの様子も違い興味深かったので、
       また次回にでもご案内いたしますね。

       宿に戻ってくると、もう朝食の時間が始まっていて、各自てんでに。
       で、shinkaiのはこれ
       たくさんハムやソーセージ類が並んでおりましたが・・。
d0097427_23003239.jpg




       9時出発で、少し早めにバスに乗り込み、あれこれ喋っている時に、
       2席前のレオナルダが振り返った顔を見て大笑い!!
d0097427_23004011.jpg
       
       きゃはは、6つ目だぁ!というと、前の席のエレオノーラが、オット!・8つ!と訂正。
       なぜかというと、彼女はコンタクトをはめているんですと、ははは。

       今回は参加者がいつもよりも少なめで38人だったそうで、
       お陰でとてもゆっくり感があり、いつもこうだと良いね、と、ははは。

       38名だと、バスはゆっくりですが、それでも見学するには多く、
       最高35名くらい、出来たら20名だとね、と後ろの席で言いたい放題!





       メラーノの街に到着、3時間以上をガイドさんと共に周り、

       その後バスで郊外の「シシーの庭園」、オーストリア帝国の最後の皇帝妃
       エリザベス(シシー)のお気に入りだった、7か月間ほども住んでいた城もある、
       庭園に到着、午後の5時まで解散。
d0097427_23004905.jpg
       道を挟んでこちら側に入口、駐車場があり、
       ここから高架橋を渡り、大庭園に。





       レストランと、バール・スナックがあり、我らはちょうど中央に見える白い屋根の
       バール・スナックでお昼を。
d0097427_23010773.jpg




       ブルスケッタを何人か。 トマトにバルサミコ酢がかかっているとジュリアーナが。
d0097427_23011583.jpg
       




       ジュリアーナ・ミランは、アスパラとスペックのニョッキ
       隣に座っていたshinkaiにスペックの匂いが届くほどで、美味しかったと!
d0097427_23012361.jpg




       shinkaiは、モッツァレッラのカプレーゼとビールの小を。
       暑い日には、こんなのが美味しい!
d0097427_23013171.jpg




       何人かが頼んだジェラートと果物の盛り合わせ
d0097427_23014019.jpg
       

       この後山肌に沿って広がる大庭園を、上まで上ったり下ったり歩き回り
       しっかり大晴天と種々数々の花の盛りを、香りを楽しみ、
       まだ明るい8時半前に我が町コネリアーノに戻ってきたのでした。





       いやぁ、メラーノのあの抜けるような青空の下
       木陰のテントの下で食べたお昼は、きっと、ずっと忘れないでしょうね!
d0097427_23014775.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、マントヴァ 描き始めと、 メラーノ・南ティロルへの道 その1 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

        


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   

       

       



by italiashiho2 | 2017-05-19 23:31 | ・旨いもの!Buono! | Comments(4)
2017年 04月 04日

   ・・・ ヴェネトの春、 そして ティツィアーノの家 ・・・

d0097427_22263438.jpg
d0097427_22264932.jpg
       ここの所春めいた陽射しの日が続いているこちら北イタリア、ヴェネトです。

       日曜にヴェネツィア・メストレに出かけるので、家に戻る前ついでに
       以前から気にかかっていた「ティツィアーノの家」、
       近くのコッレ・ウンベルト辺りにあるらしい家を探してみようと思いつき、
       土曜の夜調べましたら、何と近い! では!! と寄り道し見つけました。

       今回はそのご報告と、ヴェネトの春の野ののどけさを!

   
       上は日曜の朝歩いた時に見た満開の八重桜と、藤の咲きかけ
       陽が昇った後じきの色です。





       さて、「ティツィアーノの家」と呼ばれるものですが、ウィキのイタリア版で
       見る写真はこれで、赤い矢印がついている家。
       背後の山並みから見て、これは南側から撮ったもの。
d0097427_22265941.jpg

       「ティツィアーノ・Tiziano」という名前だけで通じる16世紀のイタリアの大画家、

       学び、工房と家を持っていたヴェネツィアが彼の本拠地だったわけですが、
       ここ、ちょうどヴェネツィアとカドーレの中間に当たるカステッロ・ローガンツゥオーロ
       Castello Roganzuoloにも家を持ち
       旅の行き戻りに寄り、気候温暖なこの地で保養していた、というのですね。

       がその後に知った事は、この家はカステッロ・ローガンツゥオーロの教会の祭壇画を描き
       その支払の一部として受け取った、というので、
       支払いの一部?! 家を?!と驚き、尚の事、どこにあるのか興味を持っていたのでした。





       家は、現在の持ち主から「ヴィッラ・ファブリス・Villa Fabris」と呼ばれており、
       グーグル地図で検索しましたら、何の事はない、簡単に即見つかりまして、       
       我が家(Casa)から車で8分! 歩いても行ける位置!
d0097427_22270639.jpg
       地図の右下、カステッロ・ローガンツゥオーロと赤線で囲った上に打った赤点
       ここにティツィアーノが祭壇画を描いたという教会


       コッレ・ウンベルトへの道を途中で曲がって、それから・・、と頭に入れ、
       木々や丘で隠れていないと良いけれど・・と願いつつ、出かけました。





       心配することは何もなく、田舎道をゆるゆると進むうち
       進行方向右の丘の上に、あっ、あれだ!と見つかり、
d0097427_22271449.jpg
d0097427_22272241.jpg
       間の木々が邪魔ですが、今はまだ殆ど枯れ木ですので、良く見えます。





       同じ丘の上に並ぶ大きな農家もこんなふうに見え、
d0097427_22273054.jpg




       周囲は春爛漫という感じで、花が咲き乱れ
d0097427_22274306.jpg




       道を挟んでの向こう側の葡萄畑の畝の間は、タンポポが満開!
       まさに春は黄色から!  
d0097427_22275680.jpg




       立木の上に見える泥棒カササギの巣。 
d0097427_22280449.jpg




       立木越しの姿以外には近寄る方法は無さそう、また出直してもよいかと
       車に戻り、ほんの100~150m程行った所にちょうどこのスペースが有り、
       そこから奥、畑の脇を通れそうな感じ・・! 
d0097427_22281706.jpg




       立っていた表示によると、この辺りはハイキングコースとしても利用され、
       11km~12kmのコースでの水車があるとか、有名なヴィッラがあるとかが
       示されていて、   
d0097427_22282601.jpg




       立木の隙間から見る、辿ってきた道。 のどかな風景でしょう?!
       右奥の大きな農家も、窓の作りなどから見て、古いかなりの農家。
d0097427_22283469.jpg
       ちょうど道のカーヴの所に白い標識が見えますね。
       あそこまでがコッレ・ウンベルトになり、今このshinkaiのいる場所はカステッロ・ローガンツゥオーロ。
       そして車を止めた道脇のすぐ先10mほどには、サン・フィオール・San Fiorと
       お隣のコムーネの標識が見えましたから、
       
       このティツィアーノの家のある丘 コル・ディ・マンツァ・Col di Manzaは、
       コッレ・ウンベルトとサン・フィオールの隙間に細長く飛び出している位置なのですね。





       道の左側にも、古い農家が細長く続くのが見え、
d0097427_22284370.jpg
d0097427_22285365.jpg




       しめしめ、ここからだとよく見える、と目指すヴィッラを目指し進みます。
d0097427_22290185.jpg




       同じ丘の並びの大きな農家もこの位置で見え
       傾斜地には葡萄畑と、手前は麦畑。  
d0097427_22291495.jpg




       かなり歩いて、建物全部が見える奥まで入り込み
d0097427_22292256.jpg
d0097427_22293239.jpg

       左の大きなのが、きっと最初に建てられたティツィアーノの家・ヴィッラで、
       右に続くのは後からの建て増し部分かも。
       一番右に離れて見えるのが、家の礼拝堂部分だそう。
       持ち主が変わり、内部も少し改装されているそう。 

       どの窓も皆閉じられていて、右に見える入り口の張り出し屋根の上に一つだけ
       明り取りに細く開けられた鎧戸が見えるのみで、

       こういう感じではいくら厚かましくとも、丘を上る気にはなれませんね。
       まして、公開されているヴィッラではありませんので・・。    
    
       まぁ、長年気にかかっていたティツィアーノの家が見つかった、というので納得



       上記した教会の祭壇画の支払いの一部としてこの家を、という事については、
       近年研究が進んで分った事だそうで、詳細が見つかりましたので、ご説明を。

       ティツィアーノの画料は大変高かった、というのはあちこちから知っておりましたが、
       このカステッロ・ローガンツゥオーロの教会から依頼された
       祭壇画の画料は200ドゥカート

       これが現在においてどの程度の価値になるのか、ご存知の方ぜひお教えくださいませ!!
       あれこれ探しては見ましたが分らずで、
       他の絵の画料についてでも宜しいので、教えていただけると有難いです!

     ◆ 追記 ◆

       シニョレッリさんがコメントで教えて下さいました。
       1ドゥカートは約10万円と考えてよかろう、との事ですので、
       200ドゥカートだと、約2千万円ほどですか。      
       なるほど、これだと「ヴィッラと土地」+アルファ、が成り立ちますね。
       シニョレッリさん、有難うございました!

     *****

       祭壇画は1543年に注文され、6年後の1549年に納入されたのですが、
       これはティツィアーノが64歳の時で、数々の名作ですでにイタリアのみならず
       国際的にも名を成した画家が、
       ちょうどこの1543年に、この一帯から2枚の注文を受けていまして、


       カステッロ・ローガンツゥオーロよりも遅く1552,3年に納入された、
       ヴィットリオ・ヴェネトの北側セッラヴァッレ・Serravalleのドゥオーモの大祭壇画 
       456x270cm、こちらです。
d0097427_22294262.jpg


       ティツィアーノがこれら2件の絵画注文を受けた理由として、3点考えられるそうで、

       セッラヴァッレのサルチネッリ家、コネリアーノにもサルチネッリ家の邸宅があり、
       現在は市の絵画展の催しに使われている邸宅で、お金持ちの一族。
       
       で、このセッラヴァッレのサルチネッリ家・Sarcinelliに、
       ティツィアーノの愛娘ラヴィーニア・Laviniaが嫁いでおり、
       ここカステッロ・ローガンツゥオーロからだとほんの数キロの距離で、
       会いに行けるという理由、

       そしてヴェネツィアと生地カドーレとのちょうど中間地点、気候温暖
       風光明媚のこの地に家を持ち、ここを基地にしようとした、という理由。

       基地というのは、画家ティツィアーノはここで保養しながら、

       その片割れの実業家ティツィアーノ、また彼の一族ヴェチェッリオの事業の
       中心管理事務所としての基地なのですね。

       すでに生地ピエーヴェ・ディ・カドーレから南に下ってきた所に一族が持つ製材所が2軒
       ここでの木材をヴェネツィアに運び販売するための管理。

       そしてこのカステル・ローガンツォーロの農製品、穀類、ワインの自家消費以外を
       ヴェネツィアで販売する事、などなど。



       どうやら最初の契約では祭壇画の画料として、土地と家を、という事の様だったのですが、
       かなり大雑把だったのを、ティツィアーノにうまくやられたのではないかと・・!

       1554年8月に祭壇画が納入された後、9月にも分割金を受け取っておらず、
       1556年になって教会の管理者との支払いについての話し合いが漸くにつき、
       今後8年間に渡って支払う事、という物品明細があり、

       ・1スターロ・staro値8リーレの、穀物を5スターロ    =416,585リットル
       ・1コンツゥオーリ.conzuoli値55リーレの、ワインを16コンツゥオーリ   =1248リットル
       ・建築のための資材をフレゴーナ・近くの石材のある場所から運ぶのに
        工人一日の賃金を4ソルドとして、各人に支払う事
       
       とあり、最後にティツィアーノへの支払額が26リーレ不足となり、支払われたと・・!!


       上記したスターロ、コンツゥオーロというのはいずれも計量の分量基準で、
       ローマ期からのものだそうですが、
       スターロは町によって基準がどんどん変わり、ヴェネツィアでは83,317リットル、
       コンツゥオーロは約78リットルだそうで、 

       shinkaiめが計算機をたたいて出た数字が、上の=で、これを8年分です!!

       8年間というのは、ヴィッラ建設を8年間で、という事からの様ですが、

       それにしても、本当に、計算に強い!という気がしません?!
       まさに偉大な画家でもありますが、頭の働きは実業家なのですね。

       こうして彼はこの後24年間を安楽に生き、86歳で亡くなります。
       
       



       丘の上のに広がる林、そして空と雲
d0097427_22294917.jpg
       大快晴の日のちょうどお昼時、逆光でコンパクト・カメラのディスプレイでは 
       何がどれくらい写っているのかも確認できないほど・・!

       う~ん、この雲はティツィアーノというよりは、ゴッホだなぁと、ははは。





       畑の右向こう、葡萄畑越しに遥かに見えるオリアーノ村の教会と鐘楼
d0097427_22295786.jpg




       その右の奥には、はるかフォルメニーガの教会も。
d0097427_22300552.jpg




       さて戻ろうかと振り返る畑の脇道、と言っても麦が植わっていない、という事でして・・!
       立木にも新緑の芽吹きの色が見え。
d0097427_22301747.jpg




       来る時は殆どヴィッラばかりを眺めて入り込んで来たのですが、
       戻りは足元も見つつで、

       たくさん土筆もあるのに気が付き! 日本のよりもずっと大きいのですよ
d0097427_22302963.jpg
       後ろに濃いめの色で見えるのは、立木の向こうの溝で、湧き水が流れているのですね。
d0097427_22304295.jpg
d0097427_22305532.jpg




       これはなんという花でしたっけ?
d0097427_22310412.jpg




       葡萄畑の畝の先頭に、勢い良く新芽が伸びる薔薇の株
d0097427_22311801.jpg
       葡萄畑の薔薇の木は、何も美的要素のためではありませんで、
       葡萄の木とよく性質が似ているので、葡萄の病気の早期発見に役立つのだそう。





       可愛い新芽が出てきていて
d0097427_22312574.jpg
d0097427_22314462.jpg
d0097427_22315243.jpg
       葡萄の新芽を見ると、こちらも何となしに微笑みそうな可愛さ!





       辿ってきた道をもう一度
d0097427_22320031.jpg




       そして、タンポポの黄色、木々の新芽の色
d0097427_22321289.jpg
d0097427_22322456.jpg




       道がどこに出るのか分かっているのでそのまま進み、

       道幅が広くなった所で見つけたこの古い家
       奥には大きな新しい家が2棟あるのですが、これは前庭に。
d0097427_22323324.jpg
d0097427_22324640.jpg

       下の写真が入口側で、
       




       脇には、藤が咲きかけ
d0097427_22330052.jpg




       そしてこの道の名は、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ通り
d0097427_22331016.jpg




       気候温暖なこの一帯、道脇にはオリーヴの畑
d0097427_22332370.jpg




       スコミーゴ村の上り坂の前まで戻ってきて、
       満開の白い花と、広がる葡萄畑
d0097427_22333604.jpg
d0097427_22335038.jpg




       家に戻ってきて後、ヴィッラ・ファブリスへの接近方法を再検討、はは。
d0097427_22335883.jpg
       グーグルの衛星写真で、shinkaiが近づいた北東側は、ここでは家の裏側、
       やはり表側、南側には車寄せの前庭もあり、
       左に伸びる並木道が、一般道からヴィッラへの長い並木道で、
       他にはヴィッラへの接続道はないので、やはり近寄るのはちょっとなぁ、との結論。





       所で、肝心のティツィアーノが描いた祭壇画ですが、これです。
d0097427_22340678.jpg
       最初見た時、えっ、何、これ?! と驚いたのですが、
       理由を知り、納得もいきましたので、ご説明を。

       聖母子と、左にサン・ピエトロ、右にサン・パオロ
       画布の大きさは、両聖人が190x57,190x70cm、聖母子が240x80cm。

       祭壇画は注文を受けた6年後の1543年に納められた後ずっと教会にあった訳ですが、

       サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教会と知り、教会は知っているけど絵は見てないよね、と
       少し泡を喰って以前の教会内のブログ記事を見直したほどですが、ははは。

       第一次大戦の勃発で、当時の教会の司祭殿がオーストリア軍に奪われては大変と、
       画布を教会の天井の下に隠したのだそう。

       司祭は尋問を受け逮捕もされたのだそうですが、隠し場所は発見されず、無事!

       そして戦争が終わり、無事だった絵も天井下から運び出されたのですが、
       なんと湿気のため、絵の具も剥げ落ちた酷い状態になっており、
       修復しても取り戻せないほどの落剝ぶり!!

       で現在は教会にはなく、ヴィットリオ・ヴェネトのディオチェザーノ聖美術博物館に

       何とかオーストリア軍の没収を逃れようと隠したものの、
       こういう結末になるとは!!

       本当に残念ながら、ティツィアーノらしい切れ味がまるで見られず、
       ぬるっとした肌合いの、そこらの地方画家の絵の出来具合の様で、本当に残念!
       最初はヴィットリオ・ヴェネト(チェーネダ)に見に行こうと思ったのでしたが、
       これでは見に行くほどの魅力を感じませんで・・、失礼。
       
       あれほどの高価な祭壇画でしたのに、勿体無いというか、逆に可笑しくもあり・・!
       兵どもが夢のあと、という言葉も思い出されたりして・・。




       ということで気分を変え、
       最後はお口直しに、イタリアの白い桜をどうぞ!
d0097427_22341520.jpg
d0097427_22342542.jpg
d0097427_22343382.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、カステルムーツィオ 途中経過と、  夜明けの空、雲のきらめき を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    




     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

        


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   


   


by italiashiho2 | 2017-04-04 23:22 | ・ヴェネト Veneto | Comments(6)
2017年 03月 30日

   ・・・ 運河沿いの春 ・ トゥレヴィーゾ ・・・

d0097427_18295369.jpg
       先回に続き、「印象派絵画展」を見に出かけたトゥレヴィーゾ・チェントロの、
       運河沿いに見かけた春の様子を見てやって下さいね。

       
       上の写真は、博物館から出てきてすぐの、わき道に見えた建物の壁画

       我が町コネリアーノも古い中心部はそうなのですが、トゥレヴィーゾもこの一帯の
       古い建物には大概壁画、フレスコ画装飾が残っており
       見てあれこれ想像するのが楽しいのです。





       そろそろお昼時に差し掛かる時間ですので、どこからともなく美味しい匂いが漂い、
       気持ちがそぞろになりますが、ははは、

       運河沿いに見えたお店の中の電球
d0097427_18300486.jpg



     
       運河沿いに沿って角を曲がり、見えるかっての水車
       ここのはかなり古い様ですが、今は動いていなかったと・・。
d0097427_18301334.jpg
d0097427_18302605.jpg
       同じカニャン・Cagnan運河の奥には、まだせっせと動く水車あり





       水車の脇を抜けると中の島があり、運河はその両脇を
       かなりの水量で流れていますが、鴨たちがたくさん
d0097427_18303695.jpg




       中ノ島には常設屋台市があり、
d0097427_18304707.jpg




       もと元は魚売り場だったのですけど
d0097427_18305692.jpg




       今回見たチーズ売り場、2軒! 
       かなり強い匂いのする、美味しそうなのがありましたっけ・・。
d0097427_18310508.jpg




       ふと屋台の後ろを見ましたら、鴨たちがたむろしていて、
       しかもメス1羽に、オス5羽!! ははは。 
       こういうのも、ハーレムというのだろうか?!
d0097427_18311954.jpg




       運河沿いの向こう岸、ここもフレスコ画が残る建物ですが、
       新しくバールが店開きしたみたいで、良い感じの眺め。
d0097427_18313248.jpg

       中ノ島一帯に、明らかに観光客団体と思われるグループが何組もおり、
       印象派絵画展を見つつのトゥレヴィーゾ観光なんでしょうね。

       ええ、我々もフェルメールの「真珠の首飾りの少女」を見にボローニャに、
       「メッシーナ展」を見にロベレートに行ったりするのですものね。
       トゥレヴィーゾの中心も、見どころの多い場所なんで~す!

       以前の街のご案内はこちらから

       ちょっと興味深い、こちらもどうぞ

       




       野菜市もたつ狭い通りを横切り、も一度運河沿いに
d0097427_18314510.jpg
       初めてこの辺りに来た大昔、ははは、当時はこの右側の古い建物にも住人がおり
       窓辺や運河に張り出すテラスにも鉢植えの植物が見られましたが、
       ついに閉じられたようで・・。





       薄日が差し、淡い新緑の柳が揺れ・・
d0097427_18315982.jpg




       運河を渡る橋と
d0097427_18320892.jpg




       運河脇の建物に残るフレスコ画。 
       かってはきっと華やかな眺めの街だったでしょうねぇ!
d0097427_18321761.jpg




       橋の上を行きかう人々。 
       土曜日とあって家族連れ、そして買い物帰りの人々。
d0097427_18322918.jpg




       運河脇のインテリア店、ショウ・ウインドウの中
d0097427_18323900.jpg




       建物の間をぬい、道を抜け、もう一本流れる
       ボッテニーガ・Botteniga運河沿いに
       ここも柳の新緑が目に沁みます。
d0097427_18324992.jpg




       ほのかなピンク色が満開!
d0097427_18330235.jpg




       こちらの河岸にも鴨たち
d0097427_18331609.jpg




       オオバンがひょいっとお尻を持ち上げ、飛び込むのを撮ろうと思うのですがぁ、
       う~ん、コンパクト・カメラはシャッターが切れるのが遅くてねぇ・・。
d0097427_18332594.jpg




       この眺めを見るたび、いつか描くぞぉ!と思いつつ、ははは。
d0097427_18333808.jpg




       細い運河越しのこのお家、かって詩人が住んでいた、との事。
       そう、如何にもそんな感じを受けるお家なのです。
d0097427_18334875.jpg
d0097427_18335631.jpg





       途中に架かる橋の上からの、逆向きの眺め
d0097427_18340572.jpg




       運河沿いの家の、上階のバルコニー
d0097427_18341527.jpg
d0097427_18342422.jpg




       通りに出てきて、この建物も古いのですよねぇ。
d0097427_18343456.jpg




       建物の下をくぐり、流れていく運河
d0097427_18344354.jpg




       道はサン・ヴィトー広場に出て、何軒かの店が出ており、

       花屋さんの鮮やかな春の色!
d0097427_18345733.jpg
d0097427_18350825.jpg




       斜めに横切り、トゥレヴィーゾの街の中心シニョーリ広場に。
       
       街の中心部は一般車は進入禁止ですし、ましてや土曜のお昼とあって、
       ゆっくりと行きかう人々で溢れていましたが、
       
       ここにはすでにお昼のテーブルが準備万端!
d0097427_18352286.jpg




       我らは、いやshinkaiはそれを睨みつつ、駅に戻ります。
       振り返るシニョーリ広場の建物と塔
d0097427_18353109.jpg
       
       う~ん、友人のジュリアーナと出かけるのは良い、楽しいのですが、
       彼女は写真を撮るのにも、食べるのにも余り関心がなく、・・それがどうもねぇ!
       という事で、結局この日のお昼はコネリアーノまで戻り、
       いつも行く彼女の家の近くのピッツェリーアでの、ピッツァでしたぁ!

       今年のパスクワも、4月16日、どうやら彼女とお出かけになりそうですが、
       う~ん、どこに行こうか、お昼をどうしようか・・・と、
       それがshinkaiの現在の悩みで~す。



     *****

       いつもブログご訪問、有難うございます!

       この日曜の朝から「夏時間」となったこちらイタリアですが、
       
       土曜のお昼頃には、あ、今夜寝る前に時計を直さないと、と思いつつ
       コロッと忘れ、何せTV番組を見ませんので、お知らせも目に入らずで・・、

       日曜の朝、歩こうと起きて窓を開けびっくり、まだ暗い!!
       やっと、そうだ、夏時間になったのだと気が付いたものの、
        ・・自動的に時間変更に対応する目覚ましはイギリス製で、
         目覚ましはいつもの通り5時半(実質4時半)に鳴ったということで、

       目につく時計も、PCの時計も遅れたまま、頭の中も寝たまま!
       で、6時に出かける筈の歩き時間の計算ができず、いささかパニック、ははは。     


       と同様、今朝エキサイト・ブログのマイページをつけようと思いましたら
       レイアウトが変わっており、どうやったら即マイページに行けるのかと・・!


       う~ん、だんだん対応が遅くなっているなぁ・・!

       でもぉ、エキサイトの変更のは、shinkai一人ではなかろうなぁ、へへへ。
       



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、カステルッチョ 仕上げに向けて と、 スコミーゴ村、林の奥の春 を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!


        
       

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
   





by italiashiho2 | 2017-03-30 23:20 | ・ヴェネト Veneto | Comments(2)
2016年 12月 17日

   ・・・ ヴェネツィア  アックワ・アルタの日 ・・・

d0097427_21414969.jpg
       ヴェネツィアの冬の名物 とも言えるアックワ・アルタ(高潮)
       この冬最初の大きなアックワ・アルタだった11月13日、
       たまたま行き合わせて写真を撮りましたので、ご覧ください。

       上は朝到着したヴェネツィア駅構内
       暫く前から改装中だった駅構内が、すっかり新しい店舗に生まれ変わっています。
       



       この日は日本へのお土産調達でしたので、カメラもコンパクトのみを
       持参したのでしたが、駅を出てすぐ、細い水溜まりが出来ているのを見て、
       あれ、ひょっとして今日はアックワ・アルタかな?!
       が、酷い時には駅前にも渡り板が出ますので、まぁ大した事もないかと
       あちこち店によりつつそのまま道を進み、

       ポンテ・グーリエ・Guglie(グーリア橋)まで来て、あっ、やっぱり!!
       こちらの岸はひたひたと、小波が寄せる度に浸水する部分が増えていて、
d0097427_21424072.jpg



       先に続く道は、すでにとっぷり浸かっています!
d0097427_21424822.jpg



       大運河の方を見ると、薄っすらと射す陽射しに水が煌めき、
       こういう日は、どこかいつもよりも静かなのですよね!!
d0097427_21425601.jpg



       グーリエ橋の上に上がり、高みの見物ですが、
       モーター・ボートがヤケクソみたいに、ははは、走っていくのが見え・・。
d0097427_21430481.jpg



       両岸の道が沈み、カンナレージョの運河がいつもよりも広くなったみたい!!
d0097427_21431252.jpg



       運河の東側の岸はこんな様子。 も少し先に行くと、ゲットーへの入り口の
       小路があるのですが、きっとあの道も水に浸かっているでしょう。
d0097427_21435334.jpg



       もっと浸水してくるのかどうなのか、少し気になりつつ道を進み、
       道脇のカンポ・マッダレーナ・Campo Maddalenaの横の小運河
       扉の下がもうすっかり浸かっていて、
d0097427_21440298.jpg



       東に続く道の橋の下も、こんな感じにたっぷりの水
d0097427_21441054.jpg



       橋の上から見る奥の建物も、扉にひたひたの水位
d0097427_21441704.jpg



       橋を渡ってすぐ左の広場、カンポ・サンタ・フォスカ・Santa Foscaの脇に
       綺麗なゴンドラが係留していて、
d0097427_21442529.jpg
       こういう日でも、と思うのがおかしいのかも知れませんが、
       その後すぐに家族が乗り込み、出て行きました。

       ただし、私が撮っているのは橋の上からなのですが、
       この橋をゴンドラがくぐるのがちょっと大変でして。 つまり、
       水位が上がるのでゴンドラの船体やゴンドリエーレの頭がつっかえるのですね、
       それで家族全員が協力させられ、体をずらしておりましたです。




       奥の道は水位すれすれですが、平然と歩いてくるカップル。 
       慣れています!
d0097427_21443419.jpg



       この日はサン・マルコ広場までは行くつもりは最初からなく、
       でもまぁとにかくリアルト橋までは行ってみようかと・・

       サン・マルコ広場のアックワ・アルタ




       サン・フェリーチェ教会・San Felice近くだったか、道脇を覗くと
       こんな風に入り口が浸かっている家が見え
d0097427_21444245.jpg





       鳩達も塀の上に避難
d0097427_21445173.jpg



       大運河の向こう側、サン・カッシアーノ・ホテルが見えますが、
       とにかく水がたっぷり、というイメージでしょう?!
d0097427_21445827.jpg



       サンタ・ソフィーア教会前広場の端には、大運河を渡るゴンドラがあり、
       向かい側の市場の様子も見えるので見に行くと、
       渡し船も動いているようですが、やはり乗客が少ないような・・。

       正面の建物下が魚市場で、
d0097427_21450795.jpg



       その横、低い屋根だけ見える部分が野菜市場、続く長い建物は裁判所
d0097427_21453748.jpg

       高潮の日というのは、なんとなしに気持ちがワサワサとし
       そのくせいつもの賑やかさはなく、何かを待っているように世間がシ~ンと、
       と、shinkaiが感じるだけの事か知りませんが・・・。
       



       サンティッシミ・アポストリ・SS.Apostoli広場まで行き、橋を渡るのですが、
       わぁ~お、すれすれまで来ているよぉ!
       あそこの運河沿いのレストランは、今日はやはり休みみたいね。
d0097427_21454437.jpg



       で、その手前に綺麗な赤い飾り付けのゴンドラがいて、
       とても目立って、眺めている人は多いのですがぁ・・!
d0097427_21455544.jpg



       道は回り込みつつリアルト橋に近づきますが、アポストリ広場の次の橋の所で、
       あっ、ゴンドラが橋をくぐる! と見つけて走りました。
       私の後ろからついて走る女性がいて、顔を見合わせ笑いましたが、ははは。
d0097427_21460429.jpg
       ほら、ゴンドラの舳先の飾りの高さが、橋のアーチよりも高いでしょう?!




       で、少し傾けた姿で入り込み、そろそろと進みます
d0097427_21461395.jpg
d0097427_21462293.jpg



       ゴンドリエーレは、船体の右寄りに立ち、板でそろそろと漕いでいて・・。
d0097427_21463006.jpg
       
       ゴンドラに乗られたことのある方はご存知でしょうが、どこの席に座るかを
       乗る時に指定されます。 
       平底のゴンドラで、ゴンドリエーレが迫り上がった艫の左に乗って漕ぐために、
       船体の竜骨自体がカーヴしているのですが、
       客の数により、バランスの配分で席を指定されるのですね。

       で今、船体自体が右に傾いているのを利用して、ゴンドリエーレが右側に重みをかけ
       船体をもっと右に傾けつつ高さを低めているのです。

       ゴンドラについての、あれこれ





       アーチに近づくと手で調子を取り、橋の下に潜ります
d0097427_21463738.jpg
       
       でここまで見た物好きshinkaiは、橋の反対側に走ります、ははは。




       向こう岸では、橋の下を覗き込んで待つ人々がいて!
d0097427_21464648.jpg
       実はこの写真の右側に、中年の日本女性が二人おられたのを切りました。
       というのも、一人はしゃがみ込んで覗いておられたのですが、
       テンションが上がっているのか、高い声で「あっ、ぶつかった!ぶつかったよ!!」
       なぞともう一人の方に報告されるのが、周囲がし~んとしている中に響き渡り!
       ええ、勿論、橋の下からゴツン、ドンという低い音も聞こえましたが・・。




       ついに、ゴンドラの舳先の飾りが見え、す~っと出始め
d0097427_21465585.jpg
d0097427_21470127.jpg



       かなり斜めの方向に出てきます。  船体を傾けるので寄るのかも。
d0097427_21473248.jpg
d0097427_21480467.jpg



       ゴンドリエーレも出てきて、オールで橋を突き
d0097427_21481274.jpg



       漸くに立ち上がって調子を整え進み始めると、見物客から一斉に拍手が起こり、
       ははは、でもゴンドリエーレはそそくさとね。 
       彼にとっては面倒事が一つ過ぎただけなのかも。
       帰るまでに潜らないといけない別の橋が頭にあるのかも・・!
d0097427_21482110.jpg
       ほらね、艫の飾りがポッキリと折れているでしょう?!
       ここの飾りが折れているのはよく見るのですが、
       今回この様子を見ていて、舳先は神経を集中して潜っても、
       後ろの方はつい疎かになって、ポキっとやるのかなぁ、とも思った事でした。


       という、ヴェネジア高潮の日、 ゴンドラ、橋をくぐる、の中継でしたぁ!



     *****

       皆様、いつもブログご訪問、有難うございます!

       少しづつ新しいPCにも慣れてきている毎日ですが、
       今やPCは完全に家庭電化用品の位置にあるなぁと改めて。
 
       春頃から暮には買い換えないと思い、それまでは何とか保ってくれぇ、と
       願っていたので、やれやれとは思ったのでしたが
       とりわけ嬉しい事もなく、即始める仕事に差し支えが無い事のみが希望で・・。

       今回はいつもトラブルの時持ち込んでいた店で購入したのですが、
       OSは基本のウィンドウズ10でも、ワードとかエクセル、メディア・プレイヤーなどのソフト、
       マイクロ・ソフトに支払わないといけない物は全然入っておらず、
       すべてそれに当たる、似たソフトが入っていて、
       それの使い勝手に慣れるのと、納得するのに時間がかかりました。

      *改めてPC内探検の結果、メディア・プレイヤーは入っているのに気が付き、
       現在Mp3に変換してダウンロードした音楽を、CD書き込みに使用中です。


       そして、新しく入れてみたグーグルの日本語ソフト、これはとても気に入りました!
       本当に賢く、私の言葉使いにすぐ慣れ、様々な応用編を次々と提供してくれます。

       この度のPCでは、短縮言語を覚えさせ変換する、というのが出来ずなのですが、
       優れもののグーグルの日本語ソフトで大丈夫、不便を感じません。
       これは皆さんにも、お試しをお勧めです。



       所でお世話になっているエキサイト・ブログですが、
       私は年間少し払うアドヴァンスの契約で、使う容量は無限なのですが、
       夏頃までは、PCによる訪問者数とページ・ヴューの数しか知る事が出来ませんでした。

       2,3年前から徐々に訪問者数、並びにページ・ヴューの数が減り始め、
       多分スマート・フォンで見て下さる方が増えたのかも、とは思っても、
       実態がわからず少々心配しておりました。

       で8月中頃に更新する際、思い切ってモバイルからの訪問者数なども分かる
       もう一つ上のランクの契約にしようかと考えたのですが、
       エキサイトとの交渉があやふやで、確かな返事をエキサイトから貰えないまま、
       今まで通りの契約を続けるようにしたのでした。

       が、なんと9月中頃からだったか、アドヴァンスの契約でも、
       モバイルからの訪問者とページ・ヴューの数も見れるようになり!

       以前よりも、見て頂いている数が増えている事も分かりました!

       皆様、有難うございます!!
       安心いたしました!!

       どうぞ、これからもよろしくお願いいたしま~す!!
       
       そして今日も、下の応援クリックをポチッと押してやって下さいませぇ!


     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、ヴェネト 夏の朝 描き始めと、 淡路島行き を
       アップしています。    
       見てやってくださ~い!    


     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       
       

 



by italiashiho2 | 2016-12-17 23:36 | ・ヴェネツィア Venezia | Comments(4)
2016年 05月 10日

   ・・・ 湖畔の春色を撮りに ・ ラーゴ・ディ・レヴィーネ ・・・

d0097427_00360017.jpg
       この5日、久し振りに写真仲間と撮りに出かけました。

       天気予報ではまん丸の太陽さんだったのですが、・・嘘つきめぇ! 
       前夜は雨で、朝は雲の厚い薄ら寒い日となり、
       それでも朝の7時半に集合、6人が車2台に分乗し出かけました。

       上の写真はコネリアーノから北に向かう所で、
       前の車にジョヴァンニ達。
       ちょっとした遠足気分で、車中ではお喋りが弾み、ははは。




       出かけた場所はラーゴ・ディ・レヴィーネ・Lago di Revine.
       何度も出かけている場所ですが、四季折々の色があり、
       周囲の村落もとても良いのですね。

       コネリアーノからだと20kほど、30分足らずですが、
       途中のタルツォ・Tarzoでカフェをし、

       到着した湖はこんな色
d0097427_00361679.jpg



       湖の対岸には、ヴィットリオ・ヴェーネトから西に連絡する道に
       点在する村落が見え、これはラーゴ・Lagoの村。
d0097427_00363128.jpg
       この道、これより西に、この春復活祭の日に出かけたムーラ・Mura があり、
       カステルブランドの城のあるチゾン・ディ・ヴァルマリーノ・Cison di Valmarino
       元修道院のあるフォッリーナ・Forrina
       西のヴァルドッビアーデネ・Valdobbiadeneまで続きます。
      



       地図をどうぞ
       SP35・県道35号線が通り、東にヴィットリオ・ヴェーネトで、
       湖は2つに分かれ、この湖を見下ろしながら通る事も多いのですが、
       写真を撮るには逆光になるので、
       今回はさすがジョヴァンニ、良く状況を知っており、湖の南岸に。
d0097427_00364009.jpg
       南のタルツォから来ての突き当りを右に下り、湖近くの赤点を
       打った場所に小さな駐車場があるのに車を止め、
       このすぐ近くにピクニック用のテーブルや椅子、
       子供の遊技場なども整えられているのですが、

       我らは左の大きな湖の周囲を、まず東側の岸沿いに行き、
       東端の角辺りで引き返し、西の湖岸辺りまで。
       
       最後はラーゴ・Lago のパン屋により、
       それから少し西にあるソットクローダ・Sottocrodaの村に。
       この村はまるで知らずだったのですが、
       石造りの古い村でとても良かったので、またご案内いたしますね。




       地図の右上に見えるレヴィーネ・ラーゴの村の上にある、
       聖所とされる教会が見えます。
d0097427_00365359.jpg




       この日は雲が厚く、肌寒いほどでしたが、
       やはり、東に見える山、カンシーリオの上には雪が見え、
d0097427_00370692.jpg
d0097427_00371957.jpg
       望遠で覗きましたら、大きな山小屋のあるのも見え!
       見えますか?

       ジョヴァンニに聞いたうろ覚えを頼りに、確か P で始まったと、ははは、
       調べましたら、モンテ・ピツォック・Monte Pizzocと。
       
       夏に出かけたカンシーリオの森から、ジグザグに山の中の道が
       すぐ近くまで続いているのも確かめました。
       ジョヴァンニに行ける場所かどうか、誘いをかけて見よう!
       勿論、彼の車か誰か仲間と一緒にね、ははは。
       



       一瞬雲の間から射す陽に、山の新緑が浮かび上がり
d0097427_00373330.jpg
       いやぁ、湖面を渡る風がかなり強く寒く、shinkaiはこの日
       コートのポケットに入れていた指なし手袋をはめて正解で、
       仲間達は手が冷たい、と言っておりました。




       この湖には河骨が咲くのですが、既に準備中のも。
       ね、水も綺麗でしょう?!
d0097427_00374630.jpg



       かなりの幅で湖岸が広がり、葦が茂っていますが
       今枯れた良い色。
d0097427_00375995.jpg
       



       道脇にびっしりのスギナ、ちょっと土筆の名残も!
d0097427_00381377.jpg
       ジョヴァンニの奥さん、マリーザに聞きましたら、
       食べないけど、何かの薬草になると聞いた、
       が、何に効くのかは覚えていない、との事。




       道脇の木にびっしりとつく苔類
d0097427_00382786.jpg



       切り株の緑の苔、綺麗でしょう?!
       右下に見える丸いのは茸。
d0097427_00384168.jpg



       切り株がまるで廃墟式に見える齧られ跡
       何箇所かにキツツキが突いた丸い穴も見え・・。
d0097427_00385768.jpg



       野生の小さな花々
d0097427_00391152.jpg
d0097427_00392473.jpg



       芽吹く草の穂
d0097427_00393863.jpg



       あやめ科の小さな蕾
d0097427_00395171.jpg
       
       蛇はおらんよね?となんども訊ねつつ、ははは、
       草地の中に踏み込むshinkai。




       ジョヴァンニの、今回初お目見えの新兵器
       分りますか、三脚の上に乗せカメラを据えるもので、
       水平や角度が、脇に突き出す3つのつまみで簡単に
       調整できると言うもの。
d0097427_00400954.jpg
       ManfrottoのMHXpro3WGというのだそうで、
       200エウロだったんですって!
       値段を聞き、わぉ~!と言うと、
       隣からマリーザが笑いながら、家の財布を別にしたいと。
       うん、ついでに銀行もね、とshinkai、ははは。




       岸に沿って道がゆるく曲がり、右の新緑は桑の木
d0097427_00402238.jpg
       イタリアもかっては養蚕国でしたので、桑の木が今もあちこちに残り、
       大木になっているのも多く見かけますが、
       こういう場所にある、というのは貧しい農家で桑の木を持たずとも、
       ここの桑の葉は取っても良いという場所だったのでしょうね。
       教会の脇にあるのも、そういう意味だと聞きましたが。




       道はつかずはなれず、湖岸に沿って続き
d0097427_00403739.jpg
d0097427_00405014.jpg



       太陽が雲から出たり入ったりで、山の色、緑の色が変化
d0097427_00410445.jpg



       ちょうど対岸の新緑が見える位置になった時
       陽が射し、柔らかい緑色が。
d0097427_00411931.jpg
d0097427_00413202.jpg



       奥に続く道の脇、かなり広く草原が広がり
d0097427_00414624.jpg



       その奥に、道脇の建物が見え
d0097427_00420088.jpg



       ラーゴの村も角度が違って見えます
d0097427_00421341.jpg



       岸辺近く、河骨の繁殖が大きな場所もあり
d0097427_00422723.jpg



       風で騒ぐ波紋の色も様々に変わり
d0097427_00424134.jpg



       オオバンが一羽通過。
d0097427_00425551.jpg



       少し高い位置に上ると、
       平野の新緑が、光って鮮やかに煌き
d0097427_00430961.jpg



       下からカメラを向ける仲間にサーヴィスで少し踊りまして、ははは。
       左からミレーナ、マリーザ、サンドラ、ジャンナ。
d0097427_00432259.jpg



       彼らは本当にしょっちゅうのお喋りで
       カメラの事、写真の設定、友人の事、旅行の事 ecc,ecc.
d0097427_00433668.jpg



       少し湖の西を行きますが、こちらはこんな感じの細い道が続き、
d0097427_00435040.jpg



       隙間から見える、レヴィーネ・ディ・ラーゴの村
d0097427_00440381.jpg



       湖岸に近く、寄せる波
       雨量の多い時は、並木道の辺りまで水に浸かるのだそう。
d0097427_00441803.jpg



       今回は途中で引き返したのですが、
       こちらをも少し奥、北のラーゴの村に近い辺りに行くと、
       考古学公園・Parco Archiologicotoというのがあります。
d0097427_00443256.jpg
       新石器時代の終りから青銅時代の初期にかけて、
       この一帯に人々が定住していたと見られる歴史を振り返り、
       湖に張り出しての杭の上の住居を含め、3軒復元されていて、
       子供達も勿論、見学できるようになっている様子です。

       写真奥に1軒、杭の上のが見えますが、分るかな?

       サイトは http://www.parcolivelet.it/ 

       shinkaiは一度見学のチャンスがあったのを逃しており、
       見学の日を一日間違えまして、へへへ、
       いつかまたのチャンスを待っております。




       さて戻ろうか、という事になり、
       最後にもう一度、ラーゴの村を
d0097427_00444595.jpg



       桑の並木が続いていた辺り、今、陽が射しこみ!
d0097427_00445978.jpg



       駐車場近くにあったハイキング用の椅子とテーブル
       子供達の遊具類も備えられ、小さな舞台もありました!
d0097427_00451309.jpg



       さて、こちらが道に上がって来てのラーゴの村で、
       何度も写した教会の鐘楼。
d0097427_00452763.jpg
       



       そしてここに、ジョヴァンニご推薦のパン屋さんがあり、
       ほらね、葡萄棚の葉に隠れそうな「Forno・フォルノ」が見えるでしょう?
d0097427_00454186.jpg



       中はこんな風に小さな店で、棚にあるのが本日のパンで、
       無くなると店を閉めるのだそう!
d0097427_00455797.jpg
       シニョーラの顔の奥に見える干し葡萄とアーモンドの入った
       塊の半分と、ピッツァを1つ買い5エウロで、ちょっと高めかな。
       でもカボチャの粉も入っている様子で甘い、美味しいパンでした。

       ジョヴァンニの言うには、粉も石臼で挽いた粉を使っているそうで、
       それでちょっとお高いのだそうですが、
       この辺りではかなり有名なパン屋さんなんだと。

       この後行った小さな村では、本当に小さなお菓子屋さんも
       ジョヴァンニの案内で、彼は本当に良く知っているのでしたぁ!

       こういう案内人兼撮影テクの手引きみたいな友がいるというのは、
       おまけに本当に優しい男ですし、有難いことです!!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、修道院の回廊 そろそろ と、 草原の花たち を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
   
       





by italiashiho2 | 2016-05-10 00:54 | ・ヴェネト Veneto | Comments(2)
2016年 04月 20日

   ・・・ スコミーゴ村 春の色たけなわ ・・・

       九州の地震は大きな被害が出ている様子ですが、
       皆様には大事無くお過ごしでしょうか?
       心よりお見舞い申し上げます!!

       亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
       一日も早い収束を願うばかりです。
       皆様、どうぞお大事に!


     *****

       いよいよ春たけなわの、新緑の色溢れるスコミーゴ村
       前夜の小雨の上がった先週金曜の朝、
       薬屋行きを兼ね、カメラを持ってスコミーゴ村のパトロールに!
       それほど爽やかな、陽射しの煌く朝でしたが、
       
       毎日色が変わるほどの植物の成長振りですので、
       季節の色をとブログ・アップです。
       おなじみの我がスコミーゴ村ですが、見てやって下さいね!


       新緑の色違いが美しい木立が目を引き
d0097427_23380969.jpg



       奥の葡萄畑も、明るい新緑の細い畝
d0097427_23382439.jpg



       道脇の、まだ年数が4年ほどの葡萄の木、かなり葉が茂り・・
d0097427_23383777.jpg



       草原に咲く、小さな野草の花々
d0097427_23385017.jpg
d0097427_23390406.jpg



       野草のムスカリ、花の丈がせいぜい2cmほどの小ささ!
d0097427_23391912.jpg



       クローバーも咲きだし、 
d0097427_23393222.jpg



       犬ふぐりは終わりかけで、背が伸びて
d0097427_23394683.jpg



       ここは谷の向こう、オリアーノ村の丘の稜線とこちらとを入れる
       縦構図で撮る事が多い場所ですが、
       余りのお天気の良さに、この広さを見て頂きたく・・!
d0097427_23395887.jpg



       ここの雑木林は、秋も葉の色違いが面白い所なのですが、
d0097427_23401288.jpg



       こんな広さがある、大好きな場所!
d0097427_23402669.jpg



       奥にある雑木林には、手前の葡萄畑の脇を抜けて行きますが、

       ここは新しく植え替えられて2年目の葡萄畑
       多分、プロセッコの苗。
d0097427_23404030.jpg
       



       ひょろっと新芽の芽吹き。  
d0097427_23405335.jpg



       こちらは隣畑の、長い年月を経た葡萄からの芽吹き
       どちらも健気でしょう?! 
d0097427_23410679.jpg



       畑と畑の間には、まだ広い草原の部分があり、
       今は丈の伸びたスカンポの独壇場
d0097427_23412004.jpg



       所々にある、野生のリンゴの木が花を咲かせていて、
d0097427_23413452.jpg



       奥は見事なほどの、落下傘部隊の集合地、ははは。
d0097427_23414732.jpg
d0097427_23420019.jpg



       葡萄畑の脇に咲く、白い花の木
d0097427_23421370.jpg



       雑木林の奥、向こうの草原が明るく広がり
       手前と奥の間には湧き水が流れます。
d0097427_23422791.jpg



       もうそろそろの筈、と見に行きましたら、やはり
       野生のクリスマス・ローズの種がこんなに膨らんで!!
d0097427_23424287.jpg

       遠くから盛んに聞こえる、カッコウの声!
       長野の子供時代には、高原で聞いて好きになった鳴き声ですが、
       カッコウの子育ての詳細を知って後は・・・!!

       スコミーゴ村の四季のご案内



       1ヶ月前、北に帰る羊達の群れが休んでいた草原
       今はこんなに緑が美しくなり・・。  
d0097427_23425647.jpg



       この草原の隣にある住宅地。家の造りにどっしり感があり
       好きなのですが、こんなのが何軒か並びます。
d0097427_23431193.jpg



       道の反対側の草原だった場所にも、つい先日から
       こんな風に葡萄畑の杭が打ち込まれ、準備が整い、
       ええ、きっとここもプロセッコの畑になるのでしょうね。
d0097427_23432444.jpg



       道を東に辿り、好きな葡萄畑の畝を見ようとやって来ましたら
       な、なんと、ここも古い木が引っこ抜かれ、整備され、
       う~ん、ここも葡萄の木の植え替えなんですね。
d0097427_23433805.jpg
d0097427_23435246.jpg

       我が家からこちらとは反対の方角に向っての、
       広い畑の葡萄の木も冬に引き抜かれ、今、杭打ちの準備中ですし、
       コネリアーノのプールに通う道の、大きな丘の広い広い場所も、
       昨日通ったら、葡萄畑の杭打ちが進んでいました。

       なんとまぁ、どこもかしこも、この辺り一帯が
       プロセッコの葡萄畑に変わりつつあります!!

       プロセッコというのは、白辛口発泡性ワインでして、
       数年前にフランスのシャンパンを抜き、プロセッコの売り上げは
       毎年伸びて不景気知らずと言う、イタリアに取っては良い話なのでしょうが、
      
       こうして古い葡萄の木が引っこ抜かれるのを目の当たりにすると、
       正直な所どこか寂しい気もします。
       25年前にここに住み着いて以来、ここ近年の移り変わりは速く、
       草原もあんなに広くあちこちにあった向日葵畑も豆畑も
       トウモロコシ畑も姿を消して行ってます。

       コネリアーノから北西に向けてのここ一帯が、
       プロセッコの畑の認定地(正式な言葉を知らず)に含まれるので、
       とりわけ目に付く変化なのかもしれませんが、
       う~ん、老兵は消え行くのみ、なのかなぁ・・。
      
       葡萄畑の美しい畝の姿が大好きなのも、否定しませんが・・!!
    



       北のカラルツォとヴェネツィアを繋ぐ高速27号線の高架上から
       こちらは北のヴィットリオ・ヴェネトに向い、
d0097427_23440652.jpg



       こちらは大きくカーヴを切って、南にコネリアーノ、ヴェネツィアに
       コネリアーノから北への路線は片側2車線で、
       コネリアーノ以南は片側3車線。
d0097427_23441903.jpg

       トリエステとを繋ぐ、コネリアーノから東への10キロ程の
       区間工事が10数年掛かったのですが、
       数年前、遂に接続したと言うテープ切りのTVニュースを、
       ヴァカンス先のクロアツィアで見たルイーザとレナート夫妻。

       ではコネリアーノで降りれると思い、東のサチーレで降りずに来たら、
       開通式後の工事がまだ続いていて降りれず、ははは、
       仕方なくトゥレヴィーゾ北まで走り、降りて向きを変え、
       コネリアーノの反対側は開いているのだろうと思ったら、ここもまだ!!
       仕方なく45k程を往復し、サチーレまで戻って降りたと言う・・、
       走りながら時々思い出しては一人笑いをするshinkai、ははは。
       
       トリエステ方面とが繋がって、確かに交通量が増えました。
       それ以前は、走っていて前後にまるで車が見えない事が、ははは
       良くありましたもの!
       お陰で、これで儲かるんかいな、と心配する事も無くなりましたぁ。




       高速脇から見下ろす、葡萄畑
       ここの葉の茂りは遅いでしょう? 春先の剪定の時期の早い遅い、
       土地の温度などで、皆育つ様子が違います。
d0097427_23443342.jpg



       脇の丘の、新緑の色違いも美しく
d0097427_23445260.jpg



       戻る道脇の葡萄畑では、早くも消毒が始まっていて
d0097427_23450624.jpg



       今回のトップに見て頂いた同じ畑ですが、
       一瞬の雲のかげりで新緑が浮き上がって見えた
       春の朝のひと時の、スコミーゴ村便りでした。
d0097427_23454536.jpg



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、糸杉の道 途中経過と、スコミーゴ村の花々 を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    







by italiashiho2 | 2016-04-20 00:05 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(8)
2016年 03月 31日

   ・・・ ムーラ ・ 少し遅い春を待つ村 ・ ヴェネト ・・・

d0097427_23453086.jpg
       この27日はパスクワ・復活祭でしたが、
       寒くは無いものの、生憎この日は曇り日。
       ですが友人のジュリアーナと2人で、我が家からだと車で
       約30分ほどの北西にある村、ムーラ・Mura に出かけて来ました。

       はは、お気づきになりましたか? ムーラという村、なんです。
       ムーロ・muro・壁、城壁の複数形がmuraなので、村の名に
       何か謂れがあるのかと調べてみましたが、特に見つからず、でした。

       昨年末グループで夜のプレゼーピオ、明かりの灯った
       キリストの降誕を人形などで現すもの、を見に行ったジュリアーナが、
       なかなか良い村だったよ、というので、
       では春になったら出かけようと言ってたのでした。

       トップの写真はこの村の教会、ちょうど到着時間を示していますね。      
       
       生憎の曇り空で、今回の写真は余り明るくないですが、ご勘弁を。



       ムーラの村はどこにあるか、地図をどうぞ
       我が家は右下Casaと囲った赤点辺りで、その下のOgliano・オリアーノは
       いつも見て頂く隣村。
d0097427_23454152.jpg
       坂下の道に出て、北のヴィットリオ・ヴェネトまで出て西に、
       という行程のほうが早いのでしょうが、
       家から好きな田舎道を辿る、赤線を引いた村々のカルページカ・Carpesica、
       コッツゥオーロ・Cozzuolo、西にコルバネーゼ・Corbanese、そして北に
       タルツォ・Tarzo、ラーゴ・Lagoと進み、Mura・ムーラです。
       こちらの方が断然四季折々の眺めが良いのです。

       ムーラは行政的には西のチゾン・ディ・ヴァルマリーノ・Cison di Valmarino
       の下に入り、北に見えるサン・ボルド・San Boldoは、 
       先日見て頂いた羊達が峠を越して北の故郷に戻る峠道。




       さて、村に入ると細く曲がりくねった道が続き
       両脇に建つ家はすべて古い頑丈な石造り!
d0097427_23455405.jpg



       今は住まう人も居ない放置された家や納屋もあちこちに見られ、

       手前四角の大きな家、この辺りこういう木のベランダ柵が特徴なのですが、
       2軒分に別れた手前側は売り家の札が付いていて、奥半分は
d0097427_23460866.jpg



       きちんと整備修復され住んでおられますが、売り家の札。
       売り家札を見た人が、このお家に訊ねるのかも、ですね。
d0097427_23462183.jpg



       近くの修復された納屋と母屋
       母屋の濃い茶色、そしてこの低い軒から、なんとなしに
       日本の民家を思い起こしたshinkai!
d0097427_23463331.jpg



       こちらも修復されたばかりの家と出窓。
       なんとも頑丈でしょう?! これでまた何世紀も大丈夫なのでしょうね。
d0097427_23465173.jpg



       かっての納屋の入り口かな、右上に見える黒い丸は木の梁で、
       壁に見える / とか X の鉄は、梁を〆る鉄の要。
d0097427_23470581.jpg
d0097427_23471920.jpg
       下の写真のガレージになっている扉口、ちょっとモダンで素敵でしょう?!




       ここも住居の入り口は上にあり、外階段が続きます。
       が、現在このお家も空き家。
d0097427_23473289.jpg



       お隣の広い庭の奥にワンがいて、ジュリアーナが何度も呼ぶと
       やっと立ち上がり、ワン!と一声吠え、またペチャっと腹ばい!
d0097427_23474648.jpg
       普通であれば、大急ぎで門柵まで駆け寄り大声で吠え、走り回るべきなのに、
       この子は全部省略! まぁ、このお腹を見ればね、ははは。




       村の中を行ったり来たり、細い道を辿りますが、
       まさに村の中の家々、すべてこんな風に石を積んだ造り!!
d0097427_23475902.jpg
     



       かろうじて見える門脇の花壇もこんな風!  
d0097427_23481257.jpg



       ここもやはり2階には外階段のお家ですが、なかなか良い雰囲気でしょう? 
d0097427_23482523.jpg
d0097427_23483854.jpg



       村外れまで来ると、葡萄畑の中でお仕事中
       復活祭祭日も春の仕事があるのですねぇ。
d0097427_23485199.jpg



       大きな赤い建物に白い線、そう、お隣のチゾンの領主、
       ブランドリーノ家の持ち物の印が残りますが、
d0097427_23490536.jpg



       奥の低い方の窓が開き、中から家畜小屋の匂いが流れ、むぉ~の声
       覗いてみると、やはり牛達が。
d0097427_23492407.jpg
  




       村外れの道を南に行くと、透明な川が流れ、ソリーゴ川と。
d0097427_23493803.jpg



       村外れの南の道から見るムーラのほぼ全体
       そうなんです、村のすぐ北に山が迫り、いわば屏風の役を。
d0097427_23495796.jpg
d0097427_23501033.jpg



d0097427_23502487.jpg



       村の南外れは平地が広がり、子供の遊び道具のある公園もあり、
       道はこんな風に東に続き、村の東側を囲みますが
d0097427_23503777.jpg



       こちらは南に延びる道
d0097427_23505142.jpg



       村の東に近づくと、花が既に盛りを過ぎ
d0097427_23510541.jpg



       川辺に小さな礼拝所、フレスコ画装飾されたのが。
d0097427_23512189.jpg
       ここに至り、初めて、あれっ、この場所には来た事あるよ!





       岸辺にある柳の芽吹き
d0097427_23513608.jpg




       そう、この眺め、覚えているなぁ!
       あの小さなのは礼拝所かも。 修復されたようですね。
d0097427_23515637.jpg



       垣根の隙間からレンズを突っ込み、動くなよ!と言いつつ、
       ははは、来年の干支用を撮り貯めしておかないと・・。
d0097427_23520993.jpg



       お家の広い庭端には、要りそうで要らない物があれこれ、ははは。
d0097427_23522271.jpg



       刈り取ったばかりの木の始末も
d0097427_23523609.jpg



       やはり花を見ると、春だなぁ、と嬉しく! 
d0097427_23525033.jpg
d0097427_23530347.jpg



       これも見覚えのある水槽
       ですが、上の古い写真風の絵は新しく追加された物ですね。 
d0097427_23531756.jpg



       古いアーチの中、家が見え、中庭が見え
d0097427_23533122.jpg

       ジュリアーナは子供時代をフリウリの北で過ごしているのですが、
       過ごした家は、こんな風に大きなアーチの門があり、
       中に入ると広い中庭で、女達が編み物をしたり、フェルト布の
       靴を作ったり、トウモロコシの実をこそげたりの農作業をしたりで、
       中庭の周囲を家がぐるっと囲み、他の家族が住み・・。
       つまり、アーチの中は門を閉めると小さな村と同じだった
       という想い出話を。 

       きっとこの村も、そんな古い時代を何世紀も重ねて来たのでしょうね。

       村の中には1軒のバールも、タバッキも、食料品店も見かけず、
       まぁ今は、隣のチゾンまで行けばレストランもホテルもあるほどの町ですが、
       かっての村人達の生活は大変だったでしょうね。
       きっと自給自足の助け合い、不足を補っての暮らしだった事でしょう。

       ジュリアーナ達がプレゼーピオを見に来た夜は、
       村でお茶とクッキーのサーヴィスがあったそうで、
       やはり一種の村興しというか、自分達の村を何とか、という
       皆さんの意思なのでしょうね。
       良く保存されていると思いましたもの。



       中庭の向こう、綺麗に改装された可愛いお家
d0097427_23534566.jpg



       ふと気がつくと、柵の向こうにワン君がいて
       吠えもせず動きもせずに、尻尾を立てたままポーズ!
d0097427_23535843.jpg
       おお、いい子じゃねぇ!と広島弁で褒めてあげ、ははは、
       我らは道を辿ると、




       なんと庭続きにずっ~と一番端まで移動して来て、もう1枚! 
       長い黒い耳が目立つ、好奇心の強い、暇なワン君、ははは。
d0097427_23541298.jpg



       後ろから、ボクもぉ!と吠え騒ぐ、羊みたいな耳の子!
d0097427_23542546.jpg



       こうして村の中の道を行ったり来たり、奥まで入り込み、はは、

       村の入り口まで戻り、最初の教会前に
d0097427_23544008.jpg
       この教会は村の守護聖人サン・ゴッタルド・S.Gottardoに捧げられ、
       この聖人は家畜たちの守り神だそうで、農民達から長年にわたり、
       家畜を病気から護るように祈りを捧げられたという、
       いかにも農村に相応しい守護聖人の教会なのでした。

       前を通る道が、ヴィットリオ・ヴェネトから西のヴァルドッビアーデネ・
       Valdobbiadeneまで続く、この先は白ワインの道、


       村は教会横の道を上った上にも少し続くので、行って見ようとなり、




       お家に裏庭に見えるムスカリの花
d0097427_23545450.jpg



       如何にもの半円の橋が架かっているのが見えますが、
       水路も掘られているのに今は空で、何の為の橋だったんだろ?!
d0097427_23551325.jpg



       山に近いせいか、ここの花はちらほらの咲きかけ
d0097427_23552619.jpg



       村を見下ろす位置に出て
d0097427_23554095.jpg
d0097427_23555567.jpg
d0097427_23564707.jpg



       山からの風が遮られ南からの陽が当る位置の木は、正直に花を咲かせ
d0097427_23570505.jpg



       なんの芽かな、こういうのを見ると嬉しい!
d0097427_23571979.jpg



       土手の南面に咲く花。 
d0097427_23573371.jpg
d0097427_23574704.jpg



       村の南向こう遥かに、雑木を焼く煙がたなびき
d0097427_23580266.jpg



       教会の後ろに戻ってきて、小さい教会なのにちゃんと後陣が張り出し、
       横にもポコッと礼拝堂があるのに感心!はは。
d0097427_23581752.jpg

       時計を見ると12時40分。
       2時間ほどのムーラの村散歩でした。



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 修道院回廊の途中経過 と、 春の道 を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    






by italiashiho2 | 2016-03-31 00:08 | ・ヴェネト Veneto | Comments(6)
2016年 03月 21日

   ・・・ スコミーゴ村に羊の群れ 到着! ・・・

d0097427_02491176.jpg
       土曜の朝、我がパソコンが突然インターネットに接続出来ず、
       色々やって見ても所詮我が腕では手に負えるものではなく、はぁ、
       いつも頼む店は週末休みだし、日曜夕のブログ更新もダメかも・・。

       と思いつつ10時頃、何気なしにスマート・フォンで
       店のサイトを見ると、今日開いていると! きゃ!
       試しに電話してみると、開いてますよとの事で、
       パソコン本体を持って駆けつける事に!

       でスコミーゴ村の端まで来ると、
       何と羊の大群が到着しているではないですか!!

       残念! まぁ、帰りにもまだいる筈よね、と出かけ、
       パソコン本体の事故ではなく、テレコムの問題であろうという事で、
       5分もかからずに、また代金もとらずにすらすらと解決。

       はい、家に戻ってカメラを持ち、再度出かけました!



       が残念な事に、羊の大群はいましたが、朝出かけに見た時は
       皆もりもりと食べている最中だったのが、
       今は殆どが食後の休憩に入っておりまして・・!
d0097427_02492769.jpg



       それでも少数が移動しながら食べており
       カラカラと鈴の音があちこちから聞こえ、
       その合間に結構、あちらからこちらから、めぇぇ~、めぇぇ~の声。

       お母さんのお腹の下から顔が見えたり
d0097427_02494133.jpg
d0097427_02495462.jpg



       しっかりお母さんに引っ付いていたり
d0097427_02500706.jpg



       チビちゃんも食後の休憩を
d0097427_02502173.jpg



       固まって休みつつ、shinkaiのほうを見たり
d0097427_02503480.jpg



       チビちゃんも安心して寝ていて
d0097427_02504757.jpg



       大変良いお天気で、暑い位だったせいか、
       奥の木立の方にかなりの数がもぐりこみ
d0097427_02505961.jpg



       横を流れる小川に挟まれた半日陰で皆休憩中
d0097427_02511231.jpg
d0097427_02512682.jpg



       この草地の東側はちょっとした住宅地になっていて、
       そこに車を止めて羊飼いが見張っており
d0097427_02513830.jpg



       こちら側には、黒いワン君3匹が油断なく!
d0097427_02515149.jpg

       彼らは秋に北の故郷から南に下って来て冬を越し、
       今春になって北の国に戻って行くのですね。



       お母さんの横で、気持ち良さそうでしょう?!
d0097427_02520386.jpg
d0097427_02521513.jpg



       一人で、3人で、日向ぼっこ
d0097427_02522756.jpg
d0097427_02524053.jpg



       この子が一番後に生まれた子の様で、歩くのもまだひょろひょろ。
       毎日の歩いての移動で大丈夫なのかと心配ですが・・。
d0097427_02525350.jpg



       これで全部の羊! いつもコネリアーノに出て行く時に
       通る谷の道で、向こうの丘の上がオリアーノの村。
d0097427_02530636.jpg
 
       この畑にいる羊は初めて見たのですが、
       この道を挟んで右側、




       ですが、この春先から奥の雑木を切り倒し整理している最中で、
       何の畑になるのか・・。
d0097427_02531922.jpg
       もっと我が家に近い別の畑に来ていた事も。 




       畑の手前のお家に咲きだしている花
d0097427_02533227.jpg



       そして、退屈しているワン君! 
       でもね、羊のお守りは大変なんよ、体力勝負でね。
d0097427_02534632.jpg



       道の手前角にある、サン・ピエリンの礼拝堂
       はは、サン・ピエリンというのは土地の訛りで、
       サン・ピエトロの事で~す。
d0097427_02540015.jpg



       と言うような様子で土曜のお昼前に撮ったのですが、
       これを書いている今朝日曜、まだあの草地にいるんだろうな、
       朝の草を食べているのを、仲間との歩き会に出かける前に
       見に行って来ようか、とちょっと気になり、8時前に出かけました。

       我が家から真っ直ぐ出て、突き当たりがT字で、左に行くと
       草地に行くのですが、
       ぶらぶら歩いていくと、Tの字の所で車がきゅっと止まり、
       ちょっと下がってこちらに曲がって来るのを見かけ、
       ははは、行き過ぎたんだ・・。

       所がなんと、曲がり角を曲がった途端見えたこの光景!
       道いっぱいどころか、広がれるだけ広がって、ははは、
       羊達がやって来るではないですか!!
d0097427_02541249.jpg
d0097427_02542650.jpg

       昨日見かけなかったロバも2頭、羊達に挟まれて歩いており、
       わぁお~、幸運だったぁ!!
       5分でも遅れていたら、この光景は見れませんでしたものね。




       私がいる草地の所まで来ると、先頭の羊飼いが横に向き
d0097427_02543901.jpg



       草地に上がって来るのに、羊達が続きます!
d0097427_02545388.jpg
d0097427_02550607.jpg
d0097427_02552088.jpg

       この時ボンジョルノ!と挨拶でき、
       全部で何頭いるのかと聞きましたら、450頭ですって!!



       ここも結構広い草地で、それにいっぱいに広がり
       朝露のついた草を歩きながら、食べながら・・
d0097427_02553298.jpg
d0097427_02554663.jpg



       一頭だけいる茶色の羊も傍で見れ
d0097427_02555912.jpg



       ロバたちも食べつつ、常に皆が一斉に移動して行きます
d0097427_02561294.jpg



       ガードマンのワン君は、大活躍!!
       羊飼いの号令も勿論ですが、ちゃんと自分で判断して、      
       縦横無尽に走り回り、羊達を纏めます!
d0097427_02562578.jpg
d0097427_02563886.jpg



       その内にオリーブの葉っぱまで食べ始め、ははは。
d0097427_02565186.jpg



       少しはここでゆっくりするのかと思うまもなく、
       さっと引き上げて行きます
d0097427_02570495.jpg
d0097427_02572147.jpg



       T字の角で少し詰まったら、皆が一斉にshinkaiの方を見て
       ははは、挨拶されたみたいな気持ちがしましたっけ!
d0097427_02573573.jpg



       角の墓地の横を曲がり、少し上り坂の道を行く450頭!
d0097427_02574964.jpg
       先頭を少しお年の羊飼いが行き、しんがりを若い羊飼いが。
       今日はどこまで行くのか、と訊ねましたら、さぁ~、と。




       チビちゃんたちが最後から付いて行くのに
       こちらを振り返り止っているのを、
       若い羊飼いが、ほらほらと押しやり・・。
d0097427_02580448.jpg



       坂道を上り左に折れ
d0097427_02581743.jpg



       左右に広がる葡萄畑に即入り込むのを、ワン君が走り回って
       団体行動をとるようにと、ははは。
d0097427_02583074.jpg



       犬の鳴き声も聞き、奥から何事?!
       と駆け寄ってくるお馬ちゃんの親子、ははは。
d0097427_02584376.jpg
       このお馬ちゃんの続きは、水彩ブログの方に。



       こんな感じで、スコミーゴ村を去っていった羊の大群でした。
d0097427_02585651.jpg
       
       見ていると、奥の曲がり道を左に上って行きましたが、
       あの奥にまた草原があり、それからヴィットリオ・ヴェネトへの道、
       北に向かう道に出ます。

       そして峠を越え、北の故郷に戻っていくのですが、
       彼らが北の自分の家に戻るのは、さていつ?!
       大変な仕事ですねぇ!!



     *****

     ◆ 展覧会のお知らせ 二つ ◆

       我が絵の師、友人の二木一郎さんの絵画教室のメンバーである
       洲羽の会5人展が、諏訪のギャラリー橋田にて
       3月21日より29日まで開催されます。
d0097427_05153288.jpg
d0097427_05154785.jpg



       ブログリンクをさせて頂いてますフレスコさん、永見隆義さん
       陶芸の内山正義さんの2人展が
       3月31日から4月5日まで、大阪心斎橋ギャラリー永井にて開催されます。
d0097427_05150464.jpg
d0097427_05151975.jpg
       どうぞご高覧下さいますよう、ご案内申し上げます。

 

     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 黒猫ちゃんの途中経過と、 馬と猫  を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    






by italiashiho2 | 2016-03-21 03:07 | ・スコミーゴ村の四季 Scomigo | Comments(6)
2016年 03月 16日

   ・・・ ヴェネト春の訪れと、友人宅でのお昼 ・・・

d0097427_00004225.jpg
       少しずつ春が近づくのを感じる今日この頃ですが、
       この日曜は久し振りのお天気の日曜日で、
       仲間との歩き会も3週間ぶりくらい!

       ちょうど友人のジュリアーナ・ミランからお昼のお誘い
       仲間一同に届き、では彼女の家の近所を少し歩きお昼を、と
       いう事になり出かけました。


       彼女の家はコネリアーノから坂道を上り20分弱ほどにあり、
       トップの写真は彼女の家、奥と家の前に庭が広がります。




       こちらは玄関脇。 
       「猫に注意」の札が見えますが、家猫は居らず、
       通いの猫ちゃんがいたのですが姿を消したと・・。
d0097427_00010021.jpg



       上の写真でもご覧のように、彼女は大変に花が好きで、
       家の前にも、出窓にも鉢植えの春の花がいっぱい!
d0097427_00011291.jpg
d0097427_00012505.jpg



       玄関横のクリスマス・ローズと、これ渋い良い色ですねぇ! と前庭にも
d0097427_00013848.jpg
d0097427_00015298.jpg



       水仙。 八重の方は虫食いだらけで・・!
d0097427_00020636.jpg



       前庭の木の下の桜草、でしたっけ?
d0097427_00021944.jpg



       素晴らしい青紫のヒヤシンスもあり、 白の蕾はピンぼけぇ! 
d0097427_00023397.jpg



       これは我らが持参した石楠花の鉢
       彼女は「赤色」が大好きだそうで、大変喜んでくれました。
d0097427_00024546.jpg



       庭にある大きなオリーヴの木
d0097427_00025959.jpg
d0097427_00031434.jpg
       皆さん、ご存知ですか?
       オリーヴの葉は、左右に2枚ずつ同じ位置から出て開くのですが、
       一段ずつ交互に向きが変わるのですね。
       これは以前描いた時、近くの家まで確かめに行ったのでしたぁ! へへへ。

       庭にはイチヂクの大きなのも2本ほどあり、昨年夏には木からも食べ、
       たくさんお持ち帰りもしましたっけ。




       裏庭にあるマキ小屋、まだこんなにたくさん!
       台所に大きなストーブがあり、部屋も温め、調理も出来ます。
d0097427_00032762.jpg
       手前に見える植物ですが、




       これ何かと思って訊ねましたら、モグラ防ぎの植物なんですって!
       これを植えておくとモグラが来ないと聞いて植えているそうで、
       白い花が咲くと。 そういえば花を見た覚えはあるのですが・・。
       いや、それでも既に小穴が2つ3つ! ははは。
d0097427_00034263.jpg



       遅いと思っていたプレゼントの花鉢を積んだヘルガの車が、
       コネリアーノの外れの坂道で煙を吹き出し止ったという連絡!
       エレオノーラが迎えに行き、到着するまでに少し時間が開き、
       shinkaiは家の近所を写しに。

       先日来続いていた雨で、北に見える山々は再び白くなりましたが、
       ほら、奥には白く花が咲いているのが見えるでしょう?
d0097427_00035543.jpg



       いつも我が家の前から北に見えるビゼンティン・Visentinの山も、
       1763m、ここからだとちょっと斜めの姿に。
d0097427_00040984.jpg



       所で、このヴィゼンティンの山の向こう側にネヴェガル・Nevegal
       と呼ばれる村、一帯が広がリ、ずっと以前夏に一度行った事がありますが、
       スキー・リフトも何本もあり、近くで滑れるので人気なのだと聞いていました。
       今回何気なしにサイトを見ていて、そんな写真を見つけましたので、どうぞ。

       ヴィゼンティンの向こう側、つまりベッルーノ・Belluno方面 の
       平地を見下ろす様子
d0097427_00042293.jpg



       そして夏はこんなトレッキングや、滑り遊びも(何と呼ぶの?)ね。
       登山はパスですが、下のはして見たいぃ!!
d0097427_00043699.jpg
d0097427_00045013.jpg



       さて本題に戻りまして、はは、
       ジュリアーナ・ミランの家は道から少し入り込んだ奥に建ち、
       家の西奥には樹木が茂る谷があり
d0097427_00050427.jpg
       今写真中央奥に見える鐘楼は、
       サン・ピエトロ・ディ・フェレット教会・San Pietro di Feletto.




       木々は一見まだ裸木ですが、木の芽は膨らんできており
d0097427_00051818.jpg



       野生のプリムラもあちこちに咲き群れ
d0097427_00053206.jpg
d0097427_00054559.jpg


       shinkaiが家の前に戻った時、またアクシデントが起こりまして・・!
       家の入り口扉は2重になっていて、中側は閉めても、昼は
       外側のはいつも開けて置くのだそう、鍵も内側に付けているので。
       所がそれをジュリアーナが知らずに閉めてしまい、さぁ、大変!

       家の脇から小さな倉庫への鉄窓を外し、お尻がつかえそうな
       小さな窓から這うようにして入り込み、ははは、
       漸くに家の中に入れた、と言う次第!!

       いやぁ、私も一度やった事があり、鍵を壊しに来て貰うのに
       大事でしたから、それ以来家の鍵は一つ隠しておりますが、
       気をつけていても、ははは、時たまやらかしますねぇ。



       さて漸くに皆が揃い、中に入ってカフェを頂きましたが、
       台所の中にテーブル、隅にはTVもあり、大きな調理ストーブが
       いつも燃えているので暖かく、
       陽も差し込み、とても気持ちよい場所
d0097427_00055912.jpg



       ちょうどエレオノーラが座ったので、はい1枚
d0097427_00061380.jpg



       ガス台の上のフードには、旅行先の様々な思い出がありますが、
       いやぁ、もういっぱいで、最近のは見当たりませんね。
d0097427_00062751.jpg



       膝の調子が悪いと言う彼女一人をお昼の準備の為にも残し、
       仲間と1時間ほど歩きに出かけ、 散歩の様子はこちらに
       
       戻ってきますと、
       手前の大きな鍋では、ポレンタを電動攪拌器がかき回し
       奥ではラディッキオのリゾットを調理中!
d0097427_00064005.jpg



       テーブルの上も片付きクロスがかかり、お皿もセットされ
       アペリティーヴォを飲みつつ、TVのスキー・ワールド・カップの
       中継を見つつ、リゾットを待ちます。
d0097427_00065814.jpg
       奥に見えるのはスペック・燻製生ハムと、
       手前はローズマリーの入った、何と呼ぶっけ、硬いパンとでも・・。




       さてポレンタ・トウモロコシの粉から作る、
       彼女の所のは他にも雑穀が入っている様で風味があり美味しい、
       が出来上がり、ふきんの上に広げられ少し置きます
d0097427_00071233.jpg



       途中からエレオノーラがリゾットをかき回し
       ジュリアーナ・ミランがパルミッジャーノを削り、仕上げに入れ、
       出来上がり、皆のお皿に!  shinkaiのは多め!! ははは。
d0097427_00072588.jpg
       ワインも各自が注ぎ、乾杯ぃ~!!




       リゾットが済むと、ポレンタとアジアーゴのチーズ
       そしてラディッキオのサラダ
       はい、この後、チーズもサラダもお代わりしまして!
d0097427_00074053.jpg
       なにせ仲間のうち3人が肉を食べず、おまけに魚がダメなのが2人おり、
       ミランはいつも何にするか困るといい、もてなし料理にならないと
       感じると言いますが、
       こんな感じの方が気楽で良いですよね。
       リゾット、ポレンタ、チーズとでお腹いっぱいに!!

       デザートにリンゴと柿の乾燥果物、杏のシロップ漬けを頂き、
       大いにお喋りを楽しみ、3時過ぎにさよならを




       隣村のオリアーノまで戻って見る、ヴィザンティンの山
       右下に見える教会、鐘楼がスコミーゴ村のもの。
d0097427_00075464.jpg



       東に流れる山の続き。 今雲の間から陽が射す中腹に、
       フレゴーナ・Fregonaの村、あの村を通ってカンシーリオに行きます。
d0097427_00080934.jpg
d0097427_00082158.jpg

       山の低い部分の奥に顔を覗かすフリウリの高山の頂上、いつも大概真っ白!
       フレゴーナの下、右に2本延びるパイプが見えますね、
       あそこに水力発電所が。




       我がコンドミーニオの庭への、共同出口の脇。
       斜め上のシニョーラ、ヴェネリタがあれこれ花を植えていて、
       プリムラやスミレも咲き、紫陽花も目を吹き出しています。
 
d0097427_00083509.jpg
       ヴェネリタの夫が設えた丸木のベンチには、朝まだ霜が白いですが、
       それでも間違いなく、春はやって来ていますね!
       



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 ドロミーティの湖 途中経過と、 ヴェネト春の訪れ を
       アップしています。
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

       励まし応援クリックも、どうぞよろしくお願いいたしま~~す!!

         
   
       
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


          
  
    

      




by italiashiho2 | 2016-03-16 00:18 | ・ヴェネト Veneto | Comments(13)