イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 04日

   ・・・ シエナのパリオ 2011.7.2 ・ その2 ・・・

       引き続き有難うございます!
       シエナのパリオ その2 を続けます。
      
       今、スタート地点の並び順の籤の結果が、
       スターター・モッシコーネ・mossicone に届けられます。
d0097427_181780.jpg

       シエナのパリオは7月2日と、8月16日に行われますが、
       それぞれが別個の開催という形式で、
       出場出来るかどうかも、空いた席を籤で、
       どの馬がどのコントラーダの名で走るのかも籤、
       そして最後、スタート位置も籤で決まり、
       今その結果の入った封筒を、警官が手渡しで。



       スターターが、一つずつ名を読み上げるのに従い
       会場から大きなどよめきが湧きあがります。
d0097427_184222.jpg

       そして呼ばれた順に1頭づつ、
       スタートのロープ・カーナぺ・Canape 内に。

       このスタートの並び順がまた問題でして、
       どの位置に入れるか、隣にどの馬が来るかで
       大もめに揉める時もあり、

       パンテーラ
d0097427_191135.jpg

       ブルーコ
d0097427_194990.jpg

       ドラーゴ
d0097427_1101138.jpg



       今年の並び順は、内側から
       イーストゥリチェ・ヤマアラシ、パンテーラ・豹、
       ブルーコ・青虫、モントーネ・雄羊、タルトゥーカ・亀、
       ドラーゴ・竜、オーカ・家鴨、ルーパ・雌狼、
       そしてスタートの主導を握る外から走り込む馬が、
       チヴェッタ・梟
d0097427_1103645.jpg

       こうしてコントラーダの名前を並べると、
       本当に可笑しいですよね。
       日本人なら、絶対に強そうな名を選ぶと思うのですが! 



       ロープ内に並びながら、
       いつチヴェッタが走り込んで来るかと
       後ろを窺う騎手たち。
d0097427_1111012.jpg

       この並びがいつも不揃いで、どんどん時間が経ち、
       馬たちが苛立って蹴ったりで、
       ロープ内から出て落ち着くのを待つのが繰り返されるのですが、



       これが、外から走り込むチヴェッタ
d0097427_1113017.jpg



       なんと今年のスタートは、並び始めてすぐに1度外に出たのみで、
       あっという間の、良いスタートとなりました!
       ロープが落ちた瞬間。 
d0097427_1115146.jpg



       走りだし
d0097427_1121228.jpg

       
       広場の上側を走る様子
       先頭3頭、左からドラーゴ、モントーネ、ブルーコ、
       2列目左側にオーカ、中にタルトゥーカ            
d0097427_1123122.jpg



       難所のサン・マルティーノのカーヴ
       90度に曲がる下り坂、
d0097427_1125033.jpg



       曲がり切れずに、ここでタルトゥーカがまず落馬
       いや、亀の騎手が落馬、はは。
d0097427_1131172.jpg


       ここで上手く中を回り込んだブルーコ・青虫が先頭に立ちますが、
       逆に上り坂になる反対側のカーヴで、
       内側の柵に近寄り過ぎて、立っている旗にぶつかり落馬、
       これでオーカ・家鴨が先頭に立ちます。

       この写真は2周目ですが、
       右端を1番手のオーカが走り、
       中側の騎手なしがブルーコ!
d0097427_1134047.jpg

       シエナのパリオでは、騎手が落馬しても、
       馬の走った着順が認められますから、
       こうなると断然、馬の応援をしたくなりますよね?!
       競走馬の、走る本能は本当に凄い!


       ほらこれ、騎手なしが2頭続いて走っているでしょう?
       今回は、9頭の内5頭が騎手落馬という有様で、
d0097427_1154540.jpg



       頑張るお馬君たち!
d0097427_116995.jpg

       でも残念ながら、カーヴの回り込みがやはり少し甘く、
       ブルーコ・青虫は先頭のオーカ・家鴨に届かず!



       3周目の最後、この差で最後まで走り抜き・・
d0097427_1164194.jpg



       狂喜して広場に走り込んで来た男達が迎え!
d0097427_1165967.jpg



       オーカの騎手はジョヴァンニ・Giovanni Atzeni
       ニックネームがティッティア・Tittia
       馬の名はミシシッピー・Mississippi
d0097427_1171977.jpg
      


       熱狂するコントラーダ・オーカの人々
d0097427_1173916.jpg



       応えるティッティア
d0097427_1184982.jpg

d0097427_119936.jpg

       
       ヴィデオはこちらの記事の下に
       http://www.sportlive.it/altri-sport/palio-di-siena-2-luglio-2011.html

       写真はこちらに
       http://www.google.it/search?tbm=isch&hl=it&source=hp&biw=1420&bih=685&q=palio+siena+2011&gbv=2&oq=palio+si&aq=1&aqi=g2&aql=undefined&gs_sm=c&gs_upl=1840l3787l0l8l8l0l0l0l0l331l1632l2-4.2l6

       という事で、シエナのパリオ2011年7月2日が終わり、
       8月16日に聖母マリアに捧げるパリオが再度の予定。
       参加馬の不幸で、ちょっと複雑な気持ちです。

       
      ◆*◆

       ブログご訪問、有難うございます!

       昨日ジャンナの家にお邪魔し、お昼をご馳走になりに。
       シェパードの子犬ペードロが、きょとんとした眼は
       元のままながらすっかり大きくなり。

       最初の少し緊張した様子がだんだんに慣れ、
       お昼を一緒する私の足元に来て、
       生温かい舌でぺろぺろと足を嘗めてくれ・・、嬉しい!
       お返しに、足でお腹をさすってあげて、ははは。

       トスカーナ南の海辺に出かけた彼らの写真を見せて貰い、
       本当に素敵な良い場所が、あっちにもこっちにもあるなぁ、
       知らない場所ばかり! と改めて。

       夕方TV中継のパリオを見て、今朝はお墓参りに。
       そんな事で、ブログアップが遅くなりましたが、

       励まし応援クリック、よろしくお願いいたしま~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          ブログランキング【くつろぐ】
          ブログランキング【くつろぐ】

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*
 

by italiashiho2 | 2011-07-04 01:21 | ・トスカーナ州 | Comments(2)
Commented by kazu at 2011-07-04 20:18 x
シェイナのナリオテレビの番組で1度みたことがありあのカンポ広場が人で埋め尽くされたのを覚えています。
馬につけられた可愛い名前も紹介され乗る馬もくじ引きというのも面白いですね。
テレビの中継からよく撮れましたね
カッコいい騎手もばっちりです。
イタリアもお祭り好きな国でいろいろなお祭りがあって楽しいですね。
Commented by italiashiho2 at 2011-07-04 23:54
★kazuさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ええ、昔はあの広場で競馬が行われる、いっぱいの人で埋まるんだと、とにかく遠い日本から憧れのまなざしを投げかけていたのです。 実際に見たくて見たくて、ね。 で、とにかく広場で人の隙間からちらっと見ただけで感激してね。 
それがこちらに住む様になると、TV中継が必ずあって見れるのが、このシエナのパリオとヴェネツィアのレガータ・ストーリカで、やはりこのパリオは何度見ても面白いのです。 馬が走るのはたったの2分半なのに、やはり素晴らしく面白く、盛り上がります。 なので、今度の事故が少し哀しいです。


<<    ・・・ シエナのパリオ ...         ・・・ ロカ岬 ・ ここ... >>