イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 15日

   ・・・ n.4 ポンペイ遺跡 ・ アポロ神殿、テルメ、牧神の家 (追記を)・・・

d0097427_2327793.jpg

       さて再び、ポンペイ遺跡のご案内を続けさせて頂きますが、
       今日はフォーロの南西にあるアポロ神殿、北にあるテルメ・公衆浴場
       多分ポンペイの住居では一番規模が大きいと言われる
       牧神の家を順に。
       という事で、ごゆっくりどうぞ!

       最初の写真は、ガイド・ブックからの写真でアポロ神殿


       そしてこちらは同じく、想像図をどうぞ
d0097427_23273478.jpg

       この神殿は、残っている装飾様式から見て、
       途中で改修があったにせよ、
       ポンペイにおける神殿の一番古い物と見られ、
       紀元前6世紀に溯るそう。

       周囲を48本の円柱回廊が取り囲み
       基礎が高く造られた神殿もコリント式円柱で囲まれ、
       手前に見える祭壇は、ローマ期以前の物という生贄台で、
       多分その後ろに白く見える円柱の事と思うのですが、
       日時計が上にあるそう。
   
       手前右に見える像は、弓を引くアポロ像で、 


       現在はこんな様子。
d0097427_23275659.jpg

       若くすらっと美しい体の線で、
       後ろから見た時は一瞬女性像かと思ったのですが、
       前に回ったら、・・はは、違いましたぁ。



       円柱が取り囲む回廊の左側の向こうは、フォーロがある位置。
       こんな風にフランスからの学生がたくさん居て、
       賑やかに見物、お喋りで・・、
d0097427_23281827.jpg



       アポロ像の向かい側に、こちらはディアナ像
       どちらも美しい像ですが、
       本物はナポリの国立考古学博物館にあるのだそう。
d0097427_232986.jpg



       今日のメニュー、地図をどうぞ
d0097427_23295147.jpg

        4.アポロ神殿・Tempio di Apollo
       15.公衆浴場フォーロ・Terme del Foro
       22.悲劇詩人の家・Casa del Poeta Tragico
       17.牧神の家・Casa del Fauno



       さて、15.公衆浴場フォーロ・Terme del Foro ですが、
       当時の人口12000人程だったというポンペイの町に
       テルメと呼ばれる公衆浴場がいくつあったかと言いますと、
       4つありました、(この数で間違いないと・・)。

       上の地図の中
       左端下 1.テルメ・スブルバーネ・Terme Suburbane
       40.テルメ・スタビアーネ・Terme Stabiane
          ここは町のテルメとしては一番古く大きく、ですが
          62年の大地震でかなりの被害を受け修復されたもの、
          また閉められたままになった物もあった様子で、
          この春も閉じられていたので、中庭越しの写真を先回に。
       35.テルメ・チェントゥラーり・Terme Centrali
          見ておりませんが、運動場として使われたという
          中庭の面積は一番の敷地。
       +、これからご覧頂く、テルメ・デル・フォーロの4つ。 



       テルメ・デル・フォーロの写真、サイトからをどうぞ。
       このテルメは小さめながらも保存が大変良く、
       そのエレガントな内部の造りが良く分かると言います。
d0097427_23302557.jpg

       が、内部が意外と暗く、全体を写した自分の写真が殆ど無いのと、
       公式サイトでも余り部分写真が見つからず、
       今回はどの部分に当たるのかを突き止めるのに往生しました!
       が、漸くに平面図があるのを見つけ、
       浴槽の形と、入り口があったという道路の名から判断し、
       なんとか間違いなくこの部屋です、とご案内OKかと。

       上のサイトの写真は、温浴室・caldarium とでも言う
       長方形の部屋の、冷水の出ていた部分
       この部屋の手前部分に、四角い熱いお湯の浴槽がありますが、
       これは後ほど。

       この所謂かまぼこ型の天井をイタリア語で「volta a botte」と
       いうのだそうで、これも分からず、遂に私設辞書ジュリアーナに電話、
       何の事はない、即教えてもらえましたが、
       それにしてもこの大きさの部屋に、
       こういうアーチの天井を架ける技術が既に紀元前にあった事に
       改めて驚きました。


      ◆ 追記です ◆
       とアップした後、サイトで大変分かりやすい平面図を
       見つける事ができましたので、ここに追加を。
d0097427_8321951.jpg

       1.男性用テルメ入り口
       2.脱衣所
       3.冷浴室
       4.適温室
       5.温浴室
       6.女性用テルメ(ピンク色の部分)
       7.中庭、運動場
       8.女性用テルメ入り口
     
 
 
       この公設テルメ・フォーロには男性用部分と、
       この部分はどのテルメでも大きく、施設も整っているそうですが、
       少し狭い女性用とが、中央にある焚口を挟んでありますが、
       今回は男性用部分のみを見て来たようです。

       男性用入り口は、施設の東と西、そして北の3か所にあり、
       この北の入り口には有料トイレがあったそうで、
       一方女性用の入り口は、北の1ヶ所のみで、

       まずいずれも脱衣所に。

       男性用の脱衣所にはどうやら衣服をしまって置く箪笥が
       備えられていて、その釘跡が壁に見えるそうで、
       明かり取りの上の窓には曇りガラスが填められ、壁の色は黄色に。



       そこから直接に温浴の部屋にも行けますが、
       まずは冷浴室の写真をどうぞ。
d0097427_233113.jpg
                 
       丸い大理石の段のある浴槽を囲む丸い部屋で、
       天井がやはり明かり取りになっており、

       この部屋を囲むこんな細かく繊細な装飾に魅せられました。
       動物や人間のなんと楽しそうに走り回っている事、
       そしてその表現の何と伸びやかに美しい事!
d0097427_23313684.jpg

d0097427_23315981.jpg

       ここの装飾は、40.テルメ・スタビアーネ・Terme Stabiane
       に、大変良く似ているのだそう。
       


       これはガイドブックからの想像図で、
       女性用部分の脱衣所の様子。
d0097427_23322694.jpg

       ここも天井がかまぼこ型で、床のモザイクは白と黒で、
       ギリシャ神話のトリトンとイルカ、蛸やウツボが描かれ、
       壁に見える棚に、衣類を置くように

       でその上に、スプーンが巻いたような形の装飾が見えますね、
       これは大理石にも彫り込まれたりする装飾模様ですが、
       元の形はストゥリージレ・strigile と呼ばれる金属製の物で、
       当時石鹸がわりに使用されていた油と軽石の粉を混ぜた物質を
       体から掻き落とすための物だそう。
       
       ほら映画にも、ローマ貴族がオリーヴオイルを体に塗って
       マッサージさせて、ヘラみたいなもので拭う場面がありますね、
       あれですね。

       という様な事をイタリア語の先生アンナリーザに話していましたら、
       そうそう、馬を洗った後にヘラで搔き落とすとすぐ乾くのよ、と、
       ははは、話が飛びまして、
       はい、彼女の実家はトロット競馬の馬を育てているのです。

       ねこ、ネコ、猫、馬、犬、そしてまた 猫 
       http://italiashio.exblog.jp/8173372



       こちらは男性用適温室・tepidarium の、素晴らしい装飾を。
       周囲の壁にはこんな男性像で仕切られた棚があり、
       ここに上に書きました軟膏類や浴用道具を置いた様子。
d0097427_23325935.jpg

d0097427_23332295.jpg


              
       そして小男性像の棚の上には、こんな素晴らしい装飾があり、
       これが全体を覆っていた様子をご想像下さいね。
       公衆浴場とは言え、この豊かさ!
d0097427_23334889.jpg



       この部屋も元々は壁も床も2重構造で、熱い空気によって暖められるのが
       このテルメの装置は最新式だったのが地震で壊れ、
       当時は部屋の真ん中に、寄贈された大きな火鉢があったそうで、
       これがその青銅製の火鉢
       脚の装飾、素敵でしょう?!      
d0097427_23341759.jpg

       

       で、最初にご覧頂いたサイトからの写真の、
       温浴室・caldarium にみえた冷水の出る円形の泉で、
       縁に見えるブロンズの文字は、
       誰それが幾らいくら寄贈した、という文字だそう!
d0097427_23344029.jpg



       こちらが部屋の奥にある熱いお風呂で、
       浴槽内には10人ほどが一度に入れる程、の大きさ。
d0097427_233517.jpg

       勿論この部屋も壁と床が2重構造で、
       焚口からの熱い空気が通って、部屋全体が温められていたといい、

       2000年前のこういった公衆浴場の設備に驚くばかり!
       冷水、温水の浴室も勿論、いわゆるサウナ式の部屋もあった訳で、

       その使用料金は見つかりませんでしたが
       ・どなたかご存知の方、お教え願います!
       そんなに高くはなく、大変に流行っていたそう。

       お風呂に行く時間は、
       多分午後の早い時間であったろうといい、
       ポンペイ市民は朝早くから仕事を始め、お昼過ぎには切りあげ、
       それから適当に運動し、浴室でサッパリと、
       という生活状態だったかもと想像でき、
       う~ん、快適でしたねぇ!



       ポンペイn.2の記事、アッボンダンツァ通りの所でも
       ちょっとご覧頂いた伝統的なポンペイの家の造りについて
       こちらの想像図をどうぞ。
d0097427_23353570.jpg

       町の北西部に位置する6区と呼ばれる地区
       テルメ・デル・フォーロや、次にご覧頂くファウナの家が7区で、
       それのもひとつ北側になりますが、

       この辺りが町で一番古い定住区だったと言い、紀元前4~3世紀、
       大きな家が立ち並ぶ地区だそうで、記録も残っていると。
       町の人口が増え、拡大し始めると南東部に広がりつつ
       家も狭くなり、各種民族の移住で特徴が薄れていく訳ですが、

       この想像図はローマ期におけるポンペイ風特徴を捉えた物で、

       入り口は、右端の中程の緑の扉で、
       ロビーに入り、中庭に。
       ここは天井部が開いていて、雨水を受ける為の四角な貯水池。
       その奥にいわば食堂、サロン部分があり、
       ここまでが所謂公的なと言える部分。

       その奥に円柱に囲まれた奥の中庭が広がり、
       果樹や野菜畑もある私的空間、という訳です。



       で、この形式を最大限にしている家が、
       17.牧神の家・Casa del Fauno
       地図で、南北に通る道いっぱいに広がる様子、
       約3000平米になる広さのご確認をどうぞ!

       紀元前120年頃の家で、2つのロビー、
       列柱に囲まれた広い中庭を2つ持ちますが、
       我々は家の裏口から入った形で、
       この脇には庭師の家などもあったのだそう。
       
       これは奥の広い果樹園を囲む円柱の列
d0097427_23361047.jpg



       円柱の柱頭飾り部分。
d0097427_23363846.jpg



       こちらが南にある玄関口で、こちらは閉められていた隙間から、
       この家の名の由来となった踊るファウノ像・Fauno・牧神
       最初の貯水池の真ん中に見えますが、本物はナポリの博物館に。
       高さは約80センチと。
d0097427_233716100.jpg



       これは家の前にモザイクで書かれたHAVEの文字。
       ラテン語で、いらっしゃい、の意味だそう!
d0097427_23373832.jpg
     


       ガイドブックからの写真で、正面玄関口からと、 
d0097427_2338054.jpg



       その想像図を重ねて。
       上のポンペイの家の一般想像図を見ながら、
       かっての豪奢な生活ぶりを、ご想像下さい!
d0097427_23382069.jpg



       こちらは、家の奥庭と中庭に挟まれたテラス部分にある
       有名なモザイク画で、本物は例によりナポリだそうですが、
d0097427_23385457.jpg

       アレクサンダー大王とペルシャのダレイオス3世の
       イッソスの戦い(紀元前333年)を描いたものだそうで、
       5,12 x 2,77 mの大きな物。
       到底自分が立った高さでは1枚に収まらず・・、



       この手前に倒れた馬の流れる血潮の表現などなど、
       表現技術の素晴らしい事!
d0097427_23391563.jpg




       全体図をサイトからの写真でどうぞ。
d0097427_23401750.jpg

       で、眺めていて例によって後から、アレッ!と気が付いたのは、ははは、
       左の落剥の多い中に運強く残っている男


       この方、これがアレクサンダー大王像として紹介される顔かたちで、
d0097427_2340383.jpg

       乗っている愛馬の名はブケパロスと言い、
       「大きな黒い馬で、額の星が牛の角の形であったことから「ブーケパロス(雄牛の頭)」
        ・・と呼ばれた。雄馬といわれるが語尾変化から雌馬ともいわれる。
        また伝説では星ではなく角が生えていたともいわれ、
        ポンペイでの絵にも角が描かれている」と日本版ウィキにありましたが、
       う~ん、馬体は茶色に描かれ、見えるのは角ではなく、耳ではないのかなぁ?!
       額には何か黒い色の柄が見えますけど・・。

       勿論、この戦はアレクサンダーの勝ちで
       2~3倍にも及ぶペルシャ軍を打ち破った、という勇壮なお話。

       ギリシャの絵画を摸したであろうというのですが、
       こういう逸話が屋敷のモザイクに選ばれ、かなりの技術者を使う、
       という事からも、この館の主の人となりが偲ばれますね。


       という所で、予定していた悲劇詩人の家がパスになりましたが、
       今回はこれで。
       次はいよいよ、予てからポンペイで一番見たかった
       秘儀荘に行く予定で、・・はい、しっかり読みますです!
d0097427_23442740.jpg

      

       いつも有難うございま~す!
       励まし応援クリック、よろしくお願いいたしま~~す!

          人気ブログランキングへ
          
          人気ブログランキングへ     

          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          

          blogram投票ボタン


   *・*・*・*・*・*・*・*・*・*

by italiashiho2 | 2011-12-15 23:49 | ・ナポリ・アマルフィ一帯 | Comments(8)
Commented by Mari at 2011-12-16 05:40 x
いやぁこれが2000年も前だなんて、驚きですね。200年くらい前にしか見えないのは私だけでしょうか??
キリストが生きてた頃って、いにしえの昔で、石器時代に近いようなイメージ(行き過ぎ??)だったけど、もっと今に近く感じられるようになりました。まあ、このあたりは、その頃でも進んでたんでしょうけどね。
いらっしゃい~の文字がはめ込んであるのが商売っ気があって、
すごウケました!
Commented by italiashiho2 at 2011-12-16 06:52
★Mariさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ねぇ、やはりそうお感じになりますよね。 古い感じがまるでないですよね。 等身大の人間たちが、もっと自由に快適に生きていた様な感じを受けますよね。 
勿論、快適さの度合いは現在とはまるで違うにせよ、中世と比べるとなんと自由で大らかだったんだろうと思います。

はは、あのHAVEは現代のウェルカムですよね、猛犬注意のモザイクもあるし、日常生活での人間同士の往き来が大いにあったのでしょうね。
Commented by la_mia_coccolina at 2011-12-16 23:04
shihoさん、初めまして!
改めまして、私のブログにも初めてのイイね!を頂き、本当にどうもありがとうございました。
いつも素敵なお写真、お話を心躍りながら拝見しておりました。
歴史のお話などもとても興味深く、世界史が好きでしたので本当に引き込まれてしまいます。
ポンペイもずっと憧れの地で、悠久の時の流れを直に感じてみたいといつも思っていました。

私のブログはまだまだよちよち歩きの段階ですが、どうぞこれから宜しくお願い致します。
もし差し支えなければリンクをさせて頂いても宜しいでしょうか*^^*
Commented by italiashiho2 at 2011-12-17 02:24
★la-mia-coccolinaさん、改めて、初めまして! ブログご訪問、コメントも頂戴、イイね!も再度有難うございます!!

こちらこそ有難うございます。 イタリアにもお出かけの様子を拝見したり、イタリア語のタイトルもで、あれこれ良くご存知なのではないかと想像しております。

歴史は私も以前から好きだったのですが、新しい街や土地を知り、そこの歴史を知るとどんどん面白くなって、ブログを始めた事でしっかり嵌り込みました! ははは。

はい、こちらからも今リンクをさせて頂きました。 どうぞよろしくお願いいたします!

Commented by つきあかり at 2011-12-17 12:02 x
ご無沙汰してます。いやあ 我が日本文化との違い見せつけられる思いです。何なのでしょうね。農耕と狩猟の違い?
ゆるぎない自信の様な物を 感じます。
Commented by italiashiho2 at 2011-12-17 16:35
★つきあかりさん、こんにちは! こちらこそ。 コメント有難うございます。

まさに仰る通りですね。日本文化も古くから素晴らしいのがあったものの、木や紙を使った違いで残念ながら残っていません。 我が国の気候には木材が適していたにせよ、その違いが、性質に及ぼす影響も含め、大きいのをつくづく感じます。
Commented by BB at 2012-12-19 20:45 x
すばらしいですね。
侮れませんね、お風呂。
きっと、人々の生活には、
重要なひと時だったのでしょうね。入浴は。
でも、人口12000人に4つしかなかったのかしら?
混みそうですし、ここでも、女性のお風呂は狭いですね><
現代の日本の温泉の様に、時間で入れ替えがあると良いのに。

伝統的なポンペイの家って、これがいっぱんてきだったのですか? すばらしい家に住んでいましたね。@P@!



Commented by italiashiho2 at 2012-12-20 00:33
★BBさん、こんにちは! そう、お風呂は今も昔もね。 一時流行って映画にもなった「テルマエ・ロマエ」ですっけ、あれもお風呂の工夫の話しですけど、こんな昔から本当にローマ人というのは、楽しみ方を追求した民だったんですね。 
そうですねぇ、大きな公衆風呂が4つだったのかな、後は家で簡単に水浴とかかな、やはり今我々がちょうど温泉に行く感じ、なのかもですね。
え?! 今の日本の温泉は時間で入れ替え制?! 世知辛い!!

いやいや、この素晴らしい家はやはりお金持ち、貴族の家でございますよぉ。


<<    ・・・ n.5-1 ポン...         ・・・ 気分を変えて、・... >>