イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 09日

   ・・・ レガータ・ストーリカの日 n.1 ・ ヴェネツィア ・・・

d0097427_3425980.jpg

       9月の第一日曜は、ヴェネツィアのレガータ・ストーリカの日
       毎年必ずTV中継があるのは、このレガータ・ストーリカと、
       シエナのパリオのみ、なのですよ、皆さん!
       興味深い楽しいお祭りは他の街にもたくさんありますが、
       この二つはまず、別格のお祭り、と言えましょうか。  言わせて!!

       という事で、今年はそのつもりなく出かけたヴェネツィアで、
       ちょうどの出会いがあり、行く先々で上手く見る事が出来ましたので
       どうぞご覧下さいね。
       写真は、この日前半のゲットー見学以外に373枚撮っており、
       漸くに整理してその中から50枚選びましたので、
       久し振りに2回に分けてご覧頂きます。

       お天気の良い日、運河の小波がゆらゆらと煌めき
       大小様々な飾り立てられた船が行く
       ええ、あの雰囲気を味わって頂こうと思うと、
       それにです、どれを省こうかと迷うよりも、
       たっぷり並べる方が、私には楽なんですものぉ! がはは。
       では、ごゆっくりどうぞ!!

       まずトップは、レガータ・ストーリカのポスター


       この日午前中は「ユダヤ文化の日」の催しがあったゲットーに行き、
       シナゴーガを3つと博物館も見学し、
       お昼にユダヤ料理のコーシャ・Kosher を食べようかと言っていたのが、
       余りの人出で断念、急遽ヴァポレットでアッカデミアに。

       ゲットーから出てきて近くのサン・マルクオーラ・S.Marcuola から
       ヴァポレットに乗った所
       見える教会のクーポラはサン・ジェレミーア・S.Geremia
       駅前大橋から右手奥に見える教会です。
d0097427_3432071.jpg



       幸いにヴァポレットの後部に席が取れ、
       こんな風に午後に備え、桟敷の準備をしている様子も見え、
d0097427_3433887.jpg



       運河に面する窓には、サン・マルコ、そしてヴェネツィアの
       シンボルである有翼のライオン君が飾られ・・、
d0097427_3435447.jpg



       カ・ドーロも一際明るく映え
d0097427_344710.jpg



       大運河の曲がり角、リアルト橋の北詰の運河に面した広場には
       既にすっかり椅子席が用意され・・
       昔むかし、この近くの席券を買い、お祭りを眺めた事がありましたっけ。
d0097427_3442350.jpg



       逆S字型に流れる大運河のちょうど真ん中を渡る
       リアルト橋を過ぎ
d0097427_3443641.jpg



       リアルト橋周辺はいつも満員御礼ですが、
       すぐ脇のホテルの窓にも赤い布が掛けられ
d0097427_3445833.jpg



       ず~っと、ピンクの風船が揺れます
d0097427_3451125.jpg

d0097427_3452924.jpg



       ちょっと由緒ありげなライオン君が、飾り布の前に控え
       テラスに見えるカバーを被った物、どうやらTVカメラの様ですが、
       このお屋敷はカ・ロレダン・Ca' Loredan で、現在市役所の一部と。       
d0097427_3454471.jpg



       大運河の西のカーヴ近く、サン・トマ・S.Toma'の渡し場
       黄色く見えるのは、ここも桟敷の設置真っ最中。
d0097427_346296.jpg



       あちこちに、既に場所取りのボート
d0097427_3461764.jpg



       大運河の西の曲がり角、この斜め前がちょうど競艇のゴールで、
       後ろにヴェネツィア大学のカ・フォスカリを控えたこの位置に、
       毎年、大貴賓席が設えられ
d0097427_3463643.jpg



       その南には、こんな風にイタリア国営放送RAIの中継用のトラック
       遥々運ばれて横付けされておりまして、
d0097427_3464845.jpg



       大運河の角の眺め、奥に見える建物はパパド―ポリ邸・
       Palazzo Papadopoli 、どうやら現在は私邸の様子。
d0097427_347478.jpg



       アッカデミア美術館前でヴァポレットを降り、
       近くのバールでお昼を済ませ、

       はい、仲間と出かける時は至って質素素朴に
       野菜を挟んだトーストとビールの小1杯、という感じで、
       まぁ、デザートのトルタとカフェも付きますが、
       お財布には優しいものの、心には少し隙間、という・・、ははは。
       はぁ、いつも自分料理で簡単な手早い物を食べておりますので、
       出かけた時には、いつもとちょっと違う物を食べたいshinkai・・。

       お昼の後は裏道をあちこち彷徨い散歩の後、
       サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会に
d0097427_3472269.jpg



       既に教会前の石段には、ぎっしりの見物客が座っておりまして!
d0097427_3473656.jpg



       ならば、と我々はドガーナの三角の先っちょに席を取り
       斜めにドゥカーレ宮を見る位置に待機。
d0097427_3475650.jpg

       日が射したりちょっと陰ったりで、
       特別暑い日でもなく、そのうちにかなりの人が集まって来ましたが、
       立つと充分に見通せる良い位置。

       色々な形、飾り付けの船が行ったり来たり・・
d0097427_349670.jpg



       スキアヴォーニ河岸の先には大型観光船の停泊も見え
d0097427_3483855.jpg



       ドガーナの先っちょからは、ちょうど
       サン・ジョルジョ島が真っ直ぐ正面に
d0097427_3492481.jpg



       待つうちに様々な手漕ぎの船が集まり行きつ戻りつ、
       ヘリコプターも上空をパタパタと、お祭り気分が盛り上がります
d0097427_3493787.jpg



       ははは、まさにイルカ君そっくりのこんなの、なんと呼ぶのかな?
       に乗った、警備の警察官。
       嬉しいなぁ! ははは。
d0097427_3495221.jpg



       そしてそして、遥かかなたにポチっと見えたブチントーロ・
       Bucintoro がゆるゆると近づいて来ます。
       今、スキアヴォーニ河岸の前。
d0097427_350753.jpg


       では、下に見える「次のページ」をポチっとやり
       n.2にお進み願います!

       

     *****


       ただ今水彩ブログには、ゴンドラ、トリエステのワン君、追い込み中
       をアップしております。
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho

       本家ともどものご愛顧、ご訪問よろしくどうぞ。


       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

          


          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          


    
       

by italiashiho2 | 2012-09-09 23:57 | ・ヴェネツィア | Comments(6)
Commented by おごしゅ at 2012-09-10 17:35 x
こんにちは。
わー、今月だったのですね。しんかいさんが撮られるとまるでビデオを見ているみたい、ものすごくリアル感があっていいですね。一度見に行ってみたいな、と思いながら学校がすでに始まっている時期なので無理なのよね。。もう少し娘が大きくなってからかなー。色とりどりのレガッタ、ゴンドラ素晴らしいお祭りだったでしょうね。

今年中に訳あって少し長めにイタリアに帰る事になりました。しんかいさんの旅のレポートを参考にさせていただきますね。とっても楽しみ!
Commented by italiashiho2 at 2012-09-10 21:37
★おごしゅさん、こんにちは! コメント有難うございます。 そちらの写真もいつも拝見させて頂いてま~す!

お祭りは、どんなのでも楽しいですよね。 そちらも今年は大きなお祭りがありましたし、心が弾み、新しく力を貰えますよね。
たとえどんな小さなささやかな村のお祭りでも、楽しい皆さんの顔があるし、美味しい匂いもいっぱい。

あ、こちらに少し長くおられるなら、コネリアーノにお出での時、是非ご連絡くださいね! この辺りの田舎をご案内いたしますよぉ。
Commented at 2012-09-14 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by italiashiho2 at 2012-09-14 16:14
★ボさん、こんにちは! お久し振りです!! お元気でおいでですね。コメント有難うございます。

そうそう、今そちらでヴェネツィア展なんですよね。 伝統ある都でのヴェネツィア展、どんな感じかなぁ、と想像します。

そうなんですよ、ヴェネツィアの街中は車が入れないので、あんな大きな渡しみたいなのに積み込み、それで運河に入って来るのですけど、物が大きいと橋の下をくぐるのが大変で、以前駅近くの第4の橋がかかる時、橋げたをああやって運ぶのも大変だったのをニュースで見ましたっけ。
はい、有難うございます。 また見てやって下さいね!
Commented by BB at 2013-06-06 11:39 x
アハハハハハハ…。
一つ解答を得ました。9月にいつもやるのですね。
お昼ご飯は質素でしたか?
では、10月には、ガッツリ和食でいきまひょ!
って、一緒に会食できたらいいなぁ!
Commented by italiashiho2 at 2013-06-06 21:16
★BBさん、は~い、そうです、9月の第一日曜日です、一度ご覧になれると良いですね。 とても煌びやかなんですよ。

そう、仲間と一緒だと、あれらは余りのんびり美味しいものを、という気持ちがありませんで、ははは、大体気楽にトーストに野菜を挟んだものとかね、素っ気ないのです。

よっしゃぁ~、肉以外は何でも美味しいものならOKで~す! うん、11日夜は多分大丈夫ですよ。 楽しみに!


<<    ・・・ 古寺巡礼 サン・...         ・・・ レガータ・ストー... >>