イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 04日

   ・・・ みどり、緑のトスカーナの春に ・ シエナのクレーター ・・・

d0097427_071935.jpg

       早くも4月に入り、日本各地からの桜の便りや
       美味しそうなお弁当を拝見すると、うずうずし、
       ボローニャの歴史など七面倒くさいのは読む気が失せ、ははは、
       来月早々出かける予定のトスカーナはオルチャの谷の下調べを。

       6年前に出かけた時は7月初旬でしたが、
       既に麦秋の色、麦刈りも始まっており、それ以来ずっと
       一度、緑滴るオルチャの谷を見たいものと願っておりました。

       という事であれこれ調べているうち、
       出会ったサイトに大いに啓発され、オルチャの谷に行く前に、
       緑のシエナのクレーターを通って行こう!と。

       という事で、今日はサイトのあちこちから集めて来ました、
       春、緑溢れるシエナのクレーターの写真をご覧頂きますね。

       オルチャの谷ともまた違う、もっと激しい起伏が緑で埋まる様子
       光と影が織り成す風景をお楽しみ下さい!

       上はまずその一枚、
       小麦の緑に埋まり、見える筋はトラクターの跡


       地図をどうぞ
       シエナから南西に、SS438号を下るこの道筋が
       シエナのクレーター・Creta seneseの中を走ります。
       前回はこの道をアシャーノ・Ascianoまで行き、
       ピエンツァに下ったのでしたが、
d0097427_074446.jpg

       今回出会ったサイトで、新しい道を知ったのですね。
       赤いAをつけたトッレ・ア・カステッロ・Torre a Castelloまで行き
       そこからアシャーノに下る道です。

       14km程のこの道は、かって車のラリーに使われた事もあるそうですが、
       今はもっぱら地元の人、そして自転車や写真愛好家の道のようで、
       グーグル・マップでトッレ・ア・カステッロからアシャーノまで
       行程を検索しても出ません。

       まぁ、ラリーの道とはいえ、ゆっくりと風景を愛で、
       写真を撮りながら行くには大丈夫だろうと、行って見ることに!

       行程に沿っての写真がこちらで、春ではないですが、見れます
       http://www.fotoincammino.it/foto.php?idfoto=87
       http://www.acpb.net/crete/SB_Asciano_Torre_Castello_autunno_it.html
       http://www.fotoincammino.it/foto.php?idfoto=47

    

       という事で、この近辺の緑の写真を集めましたので、
       ごゆっくりどうぞ!
d0097427_08656.jpg

d0097427_082488.jpg

d0097427_0844100.jpg



       ここからの2枚は、トッレ・ア・カステッロと
       凄い、凄い!!  これは見に行かないと!
d0097427_09276.jpg

d0097427_092477.jpg


d0097427_0103074.jpg

d0097427_0105262.jpg



       この辺りの地形は見覚えがあります、
       カステッロ・ディ・レオニーナ・Castello Leoninaの近くと。
d0097427_0113832.jpg

d0097427_0115896.jpg

       
       シエナのクレーター、アシャーノの町
       http://italiashio.exblog.jp/20195158/


       道はこんな地道で、カーヴしつつ
       途中2つほどの村落がある様子。
d0097427_0121768.jpg

d0097427_0124064.jpg

d0097427_013130.jpg



       村の一つ、モンテ・サンテ・マリーエ・Monte Sante Marie.
d0097427_013293.jpg

       ちょうど同じ場所の雪の風景も見つけましたが、
       私の部屋の窓から、とあり・・!!



       シエナのクレーターの道は、ちょっと脇にそれると地道で、
       車で走ると、もうもうと白い土煙が巻き上がるのですが、ははは、
       それに関連して、初めて見つけた興味深いポスター、

       これです、 
       自転車競技ストラーデ・ビアンケ・Strade Bianche・白い道!
d0097427_0135183.jpg

       後ろに見える風景はオルチャの谷で、
       Solo i campioni sfidano le nuvole・チャンピオン達のみが雲に挑戦する
       ・・案外、雲と白い土煙を引っ掛けているのかも、ははは。



       トスカーナのこの周辺を走る様で、はい、まさに白い道! 
d0097427_0141515.jpg



       上のは下り道ですが、これは今年の写真で、上り坂ぁ!!
d0097427_0143656.jpg



       今朝冬タイヤの取替えに行き、待っている間に見たスポーツ雑誌に、
       たまたま今年のが載っており、・・おお、shinkaiも歩けば棒にあたる!

       3月8日に行われたのですが、なんと行程は
       サン・ジミニャーノからシエナ
       ですがぁ探し出した行程図に、驚きましたぁ!
d0097427_015093.jpg

       サン・ジミニャーノを朝10時に出発、ぐっと南に下り、
       オルチャの谷のモンタルチーノから、サン・クイリコ・ドルチャ、
       ピエンツァからアシャーノ、そしてshinkai が狙っているあの道
       トッレ・ア・カステッロに抜ける地道を通る200kmの行程!

       赤色が舗装道路で、白が地道ですね。
       でシエナ到着が15時半位というので、5時間半!!
       見ただけで楽しくなって、笑いましたぁ!
       よっしゃぁ、5月にはワッチも負けずに走るぞぉ!! ははは。
       


       さて、やはりこの辺りの美味しい物もご紹介しないと、ね。
       ヴィーノ・ワインは何を飲んでも美味しいのでさて置き、はは、

       ペコリーノ・チーズをまず!
       ペコリーノは羊の乳で作ったチーズで、トスカーナのは
       まさに超が付く美味しさ!
d0097427_0152774.jpg

       右手前は唐辛子の入ったピリッとする奴ですが、
       こういうのには、トスカーナのこれまた美味しい蜂蜜をかけ!



       同じペコリーノでも、これはまだ熟成させていない、
       ルーコラやオリーヴの入った奴。
       これも柔らかくて美味しいだろうなぁ!
d0097427_0154550.jpg



       トスカーナの家庭料理で美味しいのは、
       この写真は如何にもの雰囲気の、リボッリータ・Ribollita.
       野菜スープに、残り物のパンを入れるもの。
d0097427_016228.jpg



       見つけたちょっとお洒落なこれは
       Soufflé di ortica con pecorino erborinato delle Crete Senesi e
       salsa di fagiori zolfini・
d0097427_0162039.jpg

       クレーテ・セネージのチーズ(ペコリーノ)の青かび種と
       イラクサのスフレ、ソースはゾルフィーニ種のインゲン豆。
       
       ははは、何度聞いても到底覚えられそうもないですが、
       土地の名産を使ってのスフレ、美味しいでしょうねぇ!!
       こういう初物を食べたら、7年長生きするかもね。



       ついでのこれは、オルチャの谷再訪の最初の宿がロカンダで、
       それで見つかった一品。
       あれこれつまみながら、ワインも美味しく飲めそうでしょう?!
d0097427_0163993.jpg



       最初の夜はピエンツァの北にあるモンティージ・Montisi に。
d0097427_017959.jpg

       ここにはシエナのサンタ・マリーア・スカーラ病院が
       巡礼者や徒歩旅行者の為に街道筋に作った病院があったようで、
       中世を残す町の雰囲気も良さそうで、楽しみです。



       それに、こんな住人もいるらしいし・・! ははは。
d0097427_0172961.jpg




     *****

     ◆ 個展のお知らせ ◆

       我が広島の絵の友人、昨秋軽井沢でも迎えて下さった、
       良き旅の友でもある越川道江さんが、
       広島のギャラリーヨコタにて、個展をされます。
d0097427_018112.jpg

d0097427_0182516.jpg

       今回の展示は、昨年1ヶ月滞在したパリでの
       裸婦クロッキーを主に、パリやニューヨークのスケッチも
       という楽しいものになる様子。

       お近くの皆様、ぜひお出かけ下さいますよう
       ご案内申し上げます!
      


     *****

       水彩ブログは、先回のアーゾロにかかりきりですが、
       ブログは、今回パスさせてくださ~い!       
       http://blog.goo.ne.jp/suisaishiho


     *****        
       

       いつも有難うございます!  
     
       励まし応援クリックも、よろしくお願いいたしま~~す!

          

        

          
          にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ

          にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

          
     

by italiashiho2 | 2014-04-04 00:24 | ・トスカーナ州 | Comments(24)
Commented by K@AZ at 2014-04-04 01:28 x
ずっと、イタリア、それ程国土が広くないのにどうして世界中へパスタを輸出できるか不思議でした。こちらもイタリアパスタが多いです。
この写真で納得です。
近くでご覧になると、素晴らしい景観でしょうね。
Commented by シニョレッリ at 2014-04-04 05:42 x
shinkaiさん、こんにちわ!

スゴーイ、凄ーい、凄い、絶景ですね!

このような景色を楽しむ、更にじっくりと自分の目に焼き付けるには、車が必要ですね。

平均すれば毎年と言って良いほどオルチャに行っていることになりますが、公共交通機関だけでは、本当に素晴らしい景色に接するには少し距離があると実感しています。

レンタカー会社の年齢制限の対象年齢になってから以降、営業所によって借りることが出来ないことがあって、イタリアでは車を運転しないことにしました。

5月のオルチャ、楽しみですね。
Commented by hairpriori at 2014-04-04 07:52
緑のビロードみたいですね
丘陵が素晴らしい景色ですね!
Commented by gpo-higuchi at 2014-04-04 10:01
美しい・・・・Grazie!!
Commented by la_mia_coccolina at 2014-04-04 15:14
shinkaiさん、こんにちは^^
いよいよ来月ですね!
ビロードが風にはためいているかのような丘陵地帯、力強い白い台地の起伏。。。どこをとってもただただ惹き込まれます。
旅の計画もまた楽しいですものね!
私もshinkaiさんのお話を読んでいるだけでわくわく楽しくなってきます^^
始めてピエンツァの街に足を踏み入れた時、この匂いは何だろう?と思ったことを思い出しました。
ペコリーノチーズの匂い。。。美味しい匂いでした!
お泊りはモンティージなのですね♪ 中世の街の様子も楽しみにしております!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-04 18:27
★K@AZ さん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、そうですよね、日本にもたくさん行ってますものね。 そして、美味しいでしょう?!

まさに、トスカーナのあの大地の大きさを実感すると、ちょっと感動しますから、今度はあまり人のいなそうな道で、なおの事嬉しくなりそうです。
Commented by italiashiho2 at 2014-04-04 18:33
★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

あ、そうなのですか、レンタカーに年齢制限が、ね。 
いやぁ、いつまで元気で、自分で運転して回れるのか、その辺りはあまり考えない事にして、はは、やはりイタリアは車社会で、車がないと田舎に行くのがとても不便ですし、鞄を持っての電車やバスの旅が大変です。
自分の車で動き出して、とても楽しんでいます。

はい、有難うございます。 またブログであれこれ見ていただくことにします!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-04 18:35
★hairprioriさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ね、本当にこんな風に見えるのかどうか、ははは、
見てきたいと思っています!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-04 18:38
★gpo-higuchiさん、こんにちは!   コメント有難うございます。

有難うございます! 

こちらこそ、いつも楽しく拝見させていただき、色々教えて頂いております。
今は桜のページのアドレスを、友人達に見せびらかしに教えています!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-04 18:49
★coccolinaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんです、あっという間に近づいて来ますね。
あれこれ下調べを始めると、どんどん見たい小さな町が増えて来て、どのように回ったらよいのか、距離も見ながら計画し始めています。
旅の準備はいつも楽しいですよね、本当に!

下調べをしても、実際に行った時にはあまり頭に入っていなくて、ははは、後で写真を見ながら調べなおし、何を見てきたのか納得、ということが多いのですけど、それでも今回は絵の取材という事がありますから、描けそうなと思える、興味ある古い小さな町をあれこれピックアップしています。 

はい、最初の夜はモンティージで、後はモンテプルチャーノ2泊、サン・クイリコ・ドルチャ2泊、モンタルチーノ1泊で計画しています。
まぁオルチャの谷に絞っているので、これだけあれば、あの辺りを行ったり来たり出来るだろうと・・。
また、田舎のあれこれ中世を見ていただきますね。
Commented by クリス at 2014-04-04 19:04 x
こんばんは、sinkaiさん
サン・ジミニアーノからシエナ5時間半。
ハハ、無理だって!!
ドライブするだけならいいんですが、景観の素晴らしい所ばかりですから、車を停めつつ撮影するだけでも、もっと時間かかりますって!
それに太陽の位置の関係で逆行を避けつつ、計画しないと。
と、私もすでに行った気になって計画してますけれど。
はい、考えてる時が一番楽しいクリスです。
Commented by 小父さん  1 at 2014-04-04 21:31 x
この緑、この広さそして遠くの小さな家々、まるで絵画ですね。

>ボローニャの歴史など七面倒くさいのは読む気が失せ、ははは

前の記事は読み残していますが、ことらは気楽にコメントできます(笑)

>小麦の緑に埋まり、見える筋はトラクターの跡

ん?と思ってリンク先を見たら、せっせとトラクターが走っていますね。
いやいやこんな綺麗な線になるとは!

「歩こう会」か?(笑)、早速グーグル翻訳機にかけましたよ!(笑)
「Biancaneの道路に沿って」「道の終わりに向かって」だって。
イタリア語の音声も聞いてみました(笑)

>ごゆっくりどうぞ!

の下の写真なんて向こうの町が霞んでいますよね。
あと二枚も。
こんな綺麗なところがあるのかとびっくりです。
Commented by 小父さん  2 at 2014-04-04 21:31 x
わぉー!
緑の絨毯がつづくつづく。

クレーターのアクセントが・・・リンク先に行ったら、トマホークちゃらなんちゃら
迷子にでも会ったような私のコメントにも再開してきました(笑)

>村の一つ、モンテ・サンテ・マリーエ・Monte Sante Marie.

の説明書きの上と下は本当に写真ですか?本当にこんな所があるんですか?と言いたくなるような光景です。

わっはっはっは
下の砂煙?がおもしろい。
これは自転車のクロスカントリーってとこでしょうか?

ひゃー回りの景色も台無しだ~、公害だぁ~(爆)

これらも絵になりますね。

お~っ、とろけるようなチーズの数々。
蜂蜜をかけにオリーブ入り!

うわー、要塞?に泊まっていろんな美味しいものが待っているんですね。
ワン君も!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-05 01:51
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、大丈夫ですよぉ! まさか、シエナとサン・ジミニャーノの間にオルチャの谷を巡って5時間半、とは計画しませんですって!!ははは。

それにしても、逆光を避けるために時間を考えるとか・・、はい、それはもう、私めも同じ道を行ったり来たり時間を変えて往復したい位なのですがぁぁ、そうも行きませんしね、その辺りがいくら考えてもねぇ、現地に行ってからの様子見ですね。

そうそう、今日だいぶ時間をかけて、カステルムーツィオ・CastelmuzioにあるというPieve di Santo Stefanoの位置を突き止めましたよ、ひひひ。 クリスさん、ご存知ですかぁ?!
 
Commented by italiashiho2 at 2014-04-05 02:03
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

ね、広いでしょう?! 我が家の周囲も結構広く広がり丘が波打つ風景なので、ちょっとトスカーナみたいだね、とか言うのですが、なんの何の実際に行って感じる広大さは、本当に素晴らしく広いのです!!
そして家がポツンポツンとあり、糸杉がアクセントをつけ、波打つ麦畑にはトラクターの線が残っているのです。

こんなのを見ているものですから、一度は緑に埋もれたトスカーナを見たい、そしてサイトで知ったもっと荒々しい大地も、見れるのであれば一度見たい、とあの道を行ってみることに決めたのです。

高速を通って、出発点のあのトッレ・ア・カステッロまで、グーグルの検索では4時間、まぁ、途中1回休憩をいれて5時間あれば着くはずですから、朝出てお昼には、ね。 
頑張って、見てきます!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-05 02:11
★小父さん、続けます。

あの自転車競技の写真、おかしいでしょう?! こちらは色々な自転車競走があって、大きいのはジーロ・ディターリア・イタリア一周から各地方の物まであるのですけど、この競技の名はまるで知らなかったので、白い土ぼこりを見ただけで大笑いでした。

一度バーニョ・ビニョーニだったと思いますが、オルチャの谷にある温泉地で、駐車場であった車が、色も分からないくらいに真っ白!で、前後の窓のワイパーが届く所だけ、開いているのですね。 あれには本当に笑いました。 
写真を撮りたくてうずうずしたのですが、ご本人たちがいたので我慢して、ははは。 でも今だったらきっと厚かましく、撮らしてくれ!って頼みますねぇ。
今回は出会えますかどうか、いや、自分の車が白くなったりして、ははは、お楽しみに!
Commented by クリス at 2014-04-06 09:37 x
おはようございますsinkaiさん!
カステルムーツィオのサント。ステファノ教会ですか。
はい、行ったこちはありませんが、以前に調べた事がありました。
前回の南イタリア行きで、暫く忘れえてましたが、カステルムーツィオの中心から、sp71を西に向かって三叉路の真ん中の細い農道を、辿っていくと行き付きますね。
アプトがいかにもロマネスクらしくて素敵です。外観があまりいじられてないようなので、良い教会だと思います。

グーグルが3月から新機能追加で、だいぶ変わりましたが、場所が定かではない所は、旧ヴァージョンの方が見つけやすい気がします。私だけの問題なのかな?
Commented by yama3-blog at 2014-04-06 10:29
無彩色の生活を続けてきた目には、まぶしい位、素敵で・・
なにか、心落着かぬ気配を感じてしまいます。
Commented by italiashiho2 at 2014-04-06 14:14
★クリスさん、こんにちは! 再度有難うございます!

ああ、やはりご存知ですね。 あれを見逃されるわけがないと思っておりました、ははは。

そうなんです、どこを見ても住所が見つからず、コムーネの表記もタルクワンダ、カステルムーツィオとばらばらで、遂にグーグル・マップでしらみつぶしにあの周辺を嘗め回すようにして、漸くにVia del Piaveを見つけたのでした。 中も見れると良いのですけど。

イタリア版グーグルでは、あのシエナのクレーターの道が出ない、と書きましたら、日本語版では出る、と証拠ファイル付きでメールが届きました・・!
なんでやねん?! と言う感じですけど・・、ははは。
Commented by italiashiho2 at 2014-04-06 14:19
★yama3さん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうですねぇ、そちらは漸くに雪が消えた所ですものね。
でもこちらでもまだこんなに緑ではなく、漸くに桜が咲き、木々が芽吹いてうっすらと緑がかって来た、という所です。
トスカーナの緑を見たかったら5月に、と以前聞いたので、それを楽しみに出かける予定なんです。
Commented by 開田のポッポ屋 at 2014-04-06 19:32 x
素晴らしすぎる写真の数々、駅長とただ只、見とれて。。。
それだけでは済まず、
私のブログの外部リンクの「THE OPEN ROAD」のジークサンにも紹介! 彼は自転車で日本のあちらこちらへ。。。
写真も、とてもお上手です、お暇な折に覗いて下さいね!

案の定、彼も感嘆符!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-07 01:02
★開田のポッポ屋さん、こんにちは! コメント有難うございます。

綺麗ですよねぇ、と言うよりも、凄い景色ですねぇ!
とりわけ、陽の光が傾いた頃を狙って撮り、大地が波打つ感じを強調していますね。
いやぁ、私が行くのは午後すぐ位になるので、ここまでは到底撮れないでしょうけど、まずは自分の目でこの大きな広がりを見たいと思っています。

ご親切にご紹介下さり、有難うございます!
はい、ちょっと拝見して来ましたが、また改めてゆっくりと拝見にあがろうと思っています。
Commented by ぷぅ・どぅ at 2014-04-09 05:37 x
こんばんは、Shinkaiさん、ご無沙汰してます!
来月ですか、トスカーナ!
私もモンタルチーノからチョロリと慣れない自転車で走ったことがあります。へとへとになりましたが!確かに「白い道」ありました、ありました。隣を車に走られると、煙くって困りました。
緑の絨毯にしびれて来てくださいませ~!
Commented by italiashiho2 at 2014-04-09 20:54
★ぷぅ・どぅさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、モンタルチーノで自転車?! それは凄い!だってあの坂道をねぇ!! 想像しただけで・・、あはは!
いやぁ、あの白い地道は、本当にトスカーナ独特なのか、あちこちにありますねぇ。 ちょっと脇にそれるとすぐ始まりますね。

有難うございます! 今ずっとグーグルマップで、面白そうなわき道を探し回っています。


<<    ・・・ 「帰れソレント」...         ・・・ サント・ステーフ... >>