イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 21日

   ・・・ 暑中お見舞いを兼ね、 ドロミーティのシン湖 ・・・

       皆様、暑中お見舞い申し上げます!
       台風の被害はございませんでしたか?

d0097427_00444966.jpg
       こちらも毎日暑い日が続いており、
       気分だけでもいささかぐったり加減で、

       先回のペルージャのあとはと考えていた予定も急遽変更、
       なにせ整理する写真だけでも300枚以上あるのに気がつき、きゃっ、
       とにかく涼しく軽く見て頂けるものをと、ははは、
       ドロミーティのエメラルド色の湖、シン湖を

       まずトップは、コルティナ・ダンペッツォから
       シン湖に行くまでに見える山の姿



       そしてシン湖・Lago di Scin.
       1枚目が真ん中から右にかけて、2枚目は左側と、
       ご覧の様に小さくて、そんなに深くもないのです。
d0097427_00450583.jpg
d0097427_00451930.jpg



       コルティナ・ダンペッツォからミズリーナ湖に行く地図を
       大きくして見ましたら、やっと本当に小さい水色の点がぽちっと!
d0097427_00453035.jpg



       ですが、この透明感溢れるエメラルド色!
       ほらね、左下、そしてその上辺り、泳いでいる魚が見えるでしょう?
d0097427_00454402.jpg



       そしてちょうど湖の前に、こんなレストランもあるのですね。
d0097427_00455882.jpg
     

       はい、ここで食べたお昼はこちらに




       食べながら見上げると、目の前をコルティナからの
       ロープウェイがこんな風に行ったり来たり
       地図を見るとコルティナからMandres-Faloriaという所まで上り、
       そこからまた2,3本、もっと上にも上れる様子です。
d0097427_00461204.jpg

       ドロミーティ全体のご案内はこちらに




       お昼ご飯を食べた後、目の前の湖に遊びに
       やはり食事を済ませた家族連れもいて、こんな女の子も。
d0097427_00462724.jpg



       こんな緑色のトーン、素敵でしょう?!
       大きな魚が悠々と泳いでいるのもとても良く見え、
d0097427_00464026.jpg



       近寄っても来るのです。 鱒かな?
d0097427_00465463.jpg



       ほらね
d0097427_00470999.jpg



       岸に近いと、魚の陰が底に写るのが見えるのです!
d0097427_00472477.jpg



       湖と呼んでいますが、この大きさだと「池」ですよね
       それにしたら、魚の数が多くないですか?
       小さいのも見えるのですけど、この年数を経たのが多くて、
       厳しい冬はどうして過ごすんだろう、などと考えたり、ははは。
d0097427_00473859.jpg


       こちら側の岸には、こんな丸太をくり貫いた泉もあり
       勿論水がちょろちょろ出ていて、
d0097427_00475277.jpg



       誰かが摘んだ野の花が
d0097427_00480789.jpg



       波紋が、風により角度によって色も変わり
       様々な変化を見せてくれます。
d0097427_00482175.jpg
d0097427_00483501.jpg
d0097427_00484817.jpg
d0097427_00490248.jpg



       岸辺から少し上に上がると、こんなアザミの花のようなのが
       地面から直接咲いていたり、
d0097427_00491644.jpg



       白い紙細工のような花が、大小幾つも地面に開き、
d0097427_00493186.jpg



       こちらは開ききった、咲ききった姿
d0097427_00494695.jpg



       このオレンジ色は茸、食べれるのかな?
d0097427_00500188.jpg



       湖の向こうの端に並んでいたチェアーでくつろぐ人々
       ちゃんと太陽に向って座っているので、
       きっと北からの人々ですね。
d0097427_00501668.jpg



       我らは再び車に戻り、峠を越えミズリーナ湖に向いますが、
d0097427_00503003.jpg

       ここの道中から見える山の姿もなかなか凄いので、
       次回もう一度ドロミーティの山肌をドンと見て頂きますね

       少しでも、涼しく爽やかな空気が届きましたように!


     *****

       水彩ブログには、 ゴンドラ溜まり  描き始め を
       アップしております。
       見てやってくださ~い!    


     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     






by italiashiho2 | 2015-07-21 00:57 | ・ドロミーティ | Comments(9)
Commented by hairpriori at 2015-07-21 19:44
欧州の夏は
湿気はないんでしょうか・・?

日本は高温多湿で
ココ数年
東南アジアの気候です^^”
Commented by 小父さん at 2015-07-21 20:41 x
暑中お見舞い申し上げます。

私の住んでいる街には台風被害はなかったと思います。

>ドロミーティのエメラルド色の湖、シン湖を

いいですね~。

>コルティナ・ダンペッツォからシン湖に行くまでに見える山の姿。

私は、今夏の日本アルプス行きは諦めました。
両手、両足使って登るような山は捻挫や骨折に体力的にも動けなくなったら、もうヘリコプター救助しかないからです。

いやー、シン湖は心まで洗われそうです!!!
エメラルド色の水の中を泳ぐ魚も平和そのものです。

素敵なレストランですね。
前の記事から懐かしく拝見しています。

>ロープウェイがこんな風に行ったり来たり

これは涼し気ですね!

へへーん、子供は万国共通に可愛らしいです。

>岸に近いと、魚の陰が底に写るのが見えるのです!

ひゃー、釣り上げられる心配をしていないのかな?(笑)

>厳しい冬はどうして過ごすんだろう、などと考えたり、ははは。

自然の神秘ですね。
Commented by 小父さん 2 at 2015-07-21 20:42 x
>誰かが摘んだ野の花が。

いやー、これはいい!
どことなく鹿威しを連想します(笑)

>波紋が、風により角度によって色も変わり、

なるほど、新たな写真の撮り方が分かりました!
絵にもなりそうですね!
う~む、花の写真も真似させていただきます(笑)

>きっと北からの人々ですね

日光浴って有り難いことなのですね!

>ここの道中から見える山の姿もなかなか凄いので

いやー、今夏はドロミーティ登山をしたってブログに書いておきましょうかね(笑)
ひんやりとして爽やかな空気を吸い込んだ気分です。
有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2015-07-21 23:42
★hairprioriさん、こんにちは! コメント有難うございます。

はい、こちらの夏は日本とは逆に乾燥していて、冬が多湿です。 
とはいえ、海に近いヴェネツィアなど湿気がかなりありますが、梅雨もないのが助かります。
Commented by italiashiho2 at 2015-07-21 23:54
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

台風の被害がなくて、良かったです! ゆっくり台風だったみたいですね。

いやぁ、記事に元山岳救助の方がヘリコプターで救出、と書いておられたので、これは小父さんには重いだろうと思っておりましたが、そうですか、それはやはり残念ですね。
ですが、まだまだ夏山の他の楽しみ方も色々あると思いますから、その開発を是非!!

こういうエメラルド色の湖が、すぐ近い所にあるというのが有難い事だと思います。
ドロミーティの山々も、登らずともすぐ近くで眺められるというのが、やはり凄いですよね。

そうなんですよ、かなり大きなマスでしょう?!
まぁ、誰も釣り糸を垂れていませんし、ははは、見える魚は釣れないと言うそうですから。
が、ザルですくう、という手もありますねぇ、ははは。

ははは、日本の公園は手を入れすぎていると思います、何かお子様向けのようなモニュメントがあちこちにあったりで・・。

少しでも気分が晴れて下さったら良かったです!!
いつも有難うございます!
Commented by kaida-poppoya at 2015-07-23 19:21
ミズリーナ湖やドロミテの山々。。。懐かしいです! 木曽でも、宿場町には、気をくりぬいて、同じように使われていますよ!
Commented by italiashiho2 at 2015-07-23 23:38
★開田のポッポ屋さん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうでしたか、ミズリーナ湖もご存知でしたか。 それは懐かしい事でしょう。

そうですね、木曽はまさに木の産地ですものね。 しかもヒノキのね。
木を使った様々な産物もたくさんあることでしょう。
Commented by nagisamiyamoto at 2015-07-24 08:02
Shinkaiさん、こんばんは
うー、美しいわ!しかしやっぱ『池』ですね。
誰かが摘んだ野の花、お魚ののびのびとした風景だけでも癒されます。しかしお子ちゃまを見ると、暑かったようですね。

本当にこの暑さ、どうすりゃ乗り越えられるんでしょうね。
Commented by italiashiho2 at 2015-07-24 13:32
★なぎささん、こんにちは! コメント有難うございます。

綺麗な色でしょう、この「池」の水?! 
あの野草の花束が可愛かったです。 ああいう野の花は可憐で、ときに豪華な花束よりは素敵ですよね。

こちらは昨夜夜中にゴロゴロ雷が鳴っているのを夢心地に聞きましたが、雨も来たらしく、今朝は久し振りに涼しいです!
そちらフィレンツェも少しは涼しくなると良いですねぇ!!


<<    ・・・ 暑中お見舞い そ...      ・・・ ヴィア・アックエドット... >>