イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 31日

   ・・・ ムーラ ・ 少し遅い春を待つ村 ・ ヴェネト ・・・

d0097427_23453086.jpg
       この27日はパスクワ・復活祭でしたが、
       寒くは無いものの、生憎この日は曇り日。
       ですが友人のジュリアーナと2人で、我が家からだと車で
       約30分ほどの北西にある村、ムーラ・Mura に出かけて来ました。

       はは、お気づきになりましたか? ムーラという村、なんです。
       ムーロ・muro・壁、城壁の複数形がmuraなので、村の名に
       何か謂れがあるのかと調べてみましたが、特に見つからず、でした。

       昨年末グループで夜のプレゼーピオ、明かりの灯った
       キリストの降誕を人形などで現すもの、を見に行ったジュリアーナが、
       なかなか良い村だったよ、というので、
       では春になったら出かけようと言ってたのでした。

       トップの写真はこの村の教会、ちょうど到着時間を示していますね。      
       
       生憎の曇り空で、今回の写真は余り明るくないですが、ご勘弁を。



       ムーラの村はどこにあるか、地図をどうぞ
       我が家は右下Casaと囲った赤点辺りで、その下のOgliano・オリアーノは
       いつも見て頂く隣村。
d0097427_23454152.jpg
       坂下の道に出て、北のヴィットリオ・ヴェネトまで出て西に、
       という行程のほうが早いのでしょうが、
       家から好きな田舎道を辿る、赤線を引いた村々のカルページカ・Carpesica、
       コッツゥオーロ・Cozzuolo、西にコルバネーゼ・Corbanese、そして北に
       タルツォ・Tarzo、ラーゴ・Lagoと進み、Mura・ムーラです。
       こちらの方が断然四季折々の眺めが良いのです。

       ムーラは行政的には西のチゾン・ディ・ヴァルマリーノ・Cison di Valmarino
       の下に入り、北に見えるサン・ボルド・San Boldoは、 
       先日見て頂いた羊達が峠を越して北の故郷に戻る峠道。




       さて、村に入ると細く曲がりくねった道が続き
       両脇に建つ家はすべて古い頑丈な石造り!
d0097427_23455405.jpg



       今は住まう人も居ない放置された家や納屋もあちこちに見られ、

       手前四角の大きな家、この辺りこういう木のベランダ柵が特徴なのですが、
       2軒分に別れた手前側は売り家の札が付いていて、奥半分は
d0097427_23460866.jpg



       きちんと整備修復され住んでおられますが、売り家の札。
       売り家札を見た人が、このお家に訊ねるのかも、ですね。
d0097427_23462183.jpg



       近くの修復された納屋と母屋
       母屋の濃い茶色、そしてこの低い軒から、なんとなしに
       日本の民家を思い起こしたshinkai!
d0097427_23463331.jpg



       こちらも修復されたばかりの家と出窓。
       なんとも頑丈でしょう?! これでまた何世紀も大丈夫なのでしょうね。
d0097427_23465173.jpg



       かっての納屋の入り口かな、右上に見える黒い丸は木の梁で、
       壁に見える / とか X の鉄は、梁を〆る鉄の要。
d0097427_23470581.jpg
d0097427_23471920.jpg
       下の写真のガレージになっている扉口、ちょっとモダンで素敵でしょう?!




       ここも住居の入り口は上にあり、外階段が続きます。
       が、現在このお家も空き家。
d0097427_23473289.jpg



       お隣の広い庭の奥にワンがいて、ジュリアーナが何度も呼ぶと
       やっと立ち上がり、ワン!と一声吠え、またペチャっと腹ばい!
d0097427_23474648.jpg
       普通であれば、大急ぎで門柵まで駆け寄り大声で吠え、走り回るべきなのに、
       この子は全部省略! まぁ、このお腹を見ればね、ははは。




       村の中を行ったり来たり、細い道を辿りますが、
       まさに村の中の家々、すべてこんな風に石を積んだ造り!!
d0097427_23475902.jpg
     



       かろうじて見える門脇の花壇もこんな風!  
d0097427_23481257.jpg



       ここもやはり2階には外階段のお家ですが、なかなか良い雰囲気でしょう? 
d0097427_23482523.jpg
d0097427_23483854.jpg



       村外れまで来ると、葡萄畑の中でお仕事中
       復活祭祭日も春の仕事があるのですねぇ。
d0097427_23485199.jpg



       大きな赤い建物に白い線、そう、お隣のチゾンの領主、
       ブランドリーノ家の持ち物の印が残りますが、
d0097427_23490536.jpg



       奥の低い方の窓が開き、中から家畜小屋の匂いが流れ、むぉ~の声
       覗いてみると、やはり牛達が。
d0097427_23492407.jpg
  




       村外れの道を南に行くと、透明な川が流れ、ソリーゴ川と。
d0097427_23493803.jpg



       村外れの南の道から見るムーラのほぼ全体
       そうなんです、村のすぐ北に山が迫り、いわば屏風の役を。
d0097427_23495796.jpg
d0097427_23501033.jpg



d0097427_23502487.jpg



       村の南外れは平地が広がり、子供の遊び道具のある公園もあり、
       道はこんな風に東に続き、村の東側を囲みますが
d0097427_23503777.jpg



       こちらは南に延びる道
d0097427_23505142.jpg



       村の東に近づくと、花が既に盛りを過ぎ
d0097427_23510541.jpg



       川辺に小さな礼拝所、フレスコ画装飾されたのが。
d0097427_23512189.jpg
       ここに至り、初めて、あれっ、この場所には来た事あるよ!





       岸辺にある柳の芽吹き
d0097427_23513608.jpg




       そう、この眺め、覚えているなぁ!
       あの小さなのは礼拝所かも。 修復されたようですね。
d0097427_23515637.jpg



       垣根の隙間からレンズを突っ込み、動くなよ!と言いつつ、
       ははは、来年の干支用を撮り貯めしておかないと・・。
d0097427_23520993.jpg



       お家の広い庭端には、要りそうで要らない物があれこれ、ははは。
d0097427_23522271.jpg



       刈り取ったばかりの木の始末も
d0097427_23523609.jpg



       やはり花を見ると、春だなぁ、と嬉しく! 
d0097427_23525033.jpg
d0097427_23530347.jpg



       これも見覚えのある水槽
       ですが、上の古い写真風の絵は新しく追加された物ですね。 
d0097427_23531756.jpg



       古いアーチの中、家が見え、中庭が見え
d0097427_23533122.jpg

       ジュリアーナは子供時代をフリウリの北で過ごしているのですが、
       過ごした家は、こんな風に大きなアーチの門があり、
       中に入ると広い中庭で、女達が編み物をしたり、フェルト布の
       靴を作ったり、トウモロコシの実をこそげたりの農作業をしたりで、
       中庭の周囲を家がぐるっと囲み、他の家族が住み・・。
       つまり、アーチの中は門を閉めると小さな村と同じだった
       という想い出話を。 

       きっとこの村も、そんな古い時代を何世紀も重ねて来たのでしょうね。

       村の中には1軒のバールも、タバッキも、食料品店も見かけず、
       まぁ今は、隣のチゾンまで行けばレストランもホテルもあるほどの町ですが、
       かっての村人達の生活は大変だったでしょうね。
       きっと自給自足の助け合い、不足を補っての暮らしだった事でしょう。

       ジュリアーナ達がプレゼーピオを見に来た夜は、
       村でお茶とクッキーのサーヴィスがあったそうで、
       やはり一種の村興しというか、自分達の村を何とか、という
       皆さんの意思なのでしょうね。
       良く保存されていると思いましたもの。



       中庭の向こう、綺麗に改装された可愛いお家
d0097427_23534566.jpg



       ふと気がつくと、柵の向こうにワン君がいて
       吠えもせず動きもせずに、尻尾を立てたままポーズ!
d0097427_23535843.jpg
       おお、いい子じゃねぇ!と広島弁で褒めてあげ、ははは、
       我らは道を辿ると、




       なんと庭続きにずっ~と一番端まで移動して来て、もう1枚! 
       長い黒い耳が目立つ、好奇心の強い、暇なワン君、ははは。
d0097427_23541298.jpg



       後ろから、ボクもぉ!と吠え騒ぐ、羊みたいな耳の子!
d0097427_23542546.jpg



       こうして村の中の道を行ったり来たり、奥まで入り込み、はは、

       村の入り口まで戻り、最初の教会前に
d0097427_23544008.jpg
       この教会は村の守護聖人サン・ゴッタルド・S.Gottardoに捧げられ、
       この聖人は家畜たちの守り神だそうで、農民達から長年にわたり、
       家畜を病気から護るように祈りを捧げられたという、
       いかにも農村に相応しい守護聖人の教会なのでした。

       前を通る道が、ヴィットリオ・ヴェネトから西のヴァルドッビアーデネ・
       Valdobbiadeneまで続く、この先は白ワインの道、


       村は教会横の道を上った上にも少し続くので、行って見ようとなり、




       お家に裏庭に見えるムスカリの花
d0097427_23545450.jpg



       如何にもの半円の橋が架かっているのが見えますが、
       水路も掘られているのに今は空で、何の為の橋だったんだろ?!
d0097427_23551325.jpg



       山に近いせいか、ここの花はちらほらの咲きかけ
d0097427_23552619.jpg



       村を見下ろす位置に出て
d0097427_23554095.jpg
d0097427_23555567.jpg
d0097427_23564707.jpg



       山からの風が遮られ南からの陽が当る位置の木は、正直に花を咲かせ
d0097427_23570505.jpg



       なんの芽かな、こういうのを見ると嬉しい!
d0097427_23571979.jpg



       土手の南面に咲く花。 
d0097427_23573371.jpg
d0097427_23574704.jpg



       村の南向こう遥かに、雑木を焼く煙がたなびき
d0097427_23580266.jpg



       教会の後ろに戻ってきて、小さい教会なのにちゃんと後陣が張り出し、
       横にもポコッと礼拝堂があるのに感心!はは。
d0097427_23581752.jpg

       時計を見ると12時40分。
       2時間ほどのムーラの村散歩でした。



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、 修道院回廊の途中経過 と、 春の道 を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     

    





by italiashiho2 | 2016-03-31 00:08 | ・ヴェネト州 | Comments(6)
Commented by ミ~タ at 2016-04-01 22:26 x
ここは2年前に案内してもらったチゾンやフォッリーナに近い村なんですね。
(ムーラ村と声に出してみると、恥ずかしい感じがするのは何故でしょう?)

色々な花が咲いていますね。
この数日、私の住む埼玉や職場のある千葉の辺りも、
桜や菜の花などが一斉に咲き出しました。

可愛らしい村ですが、やはりお店が全くないのは不便ですね。
空き家が目立つのもそのせいでしょうか。

Commented by italiashiho2 at 2016-04-02 04:33
★ミ~タさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうです、チゾンやフォッリーナに向かう時に、教会前の道を通りすぎる所です。

ムーラ村と発音すると、ですか? ははぁ~ん、そういう潜在意識下に関する問題は、やはり専門の先生にご相談なすった方が宜しいかと、ははは。

そうなんですよね、今頃は農業だけで過ごす方が少なくなり、車でお勤めも遠くになると、ここに過ごす意味が無くなり、子供たちの学校も送り迎えが大変でしょうし、そんなこんなで町に住まれるようになるのだと思います。
子供たちは皆そうやって村を離れ、両親が亡くなると家を売るという事なのでしょうね。

ゴールデン・ウィークのご計画は? それとも夏の計画かな?
Commented by MUSICA at 2016-04-02 17:15 x
こちら桜の花が満開で。地球がふくらんだみたいです。御町内を一巡して。小高い山にのぼって。夕方からは小川の土手のサクラや個人の家のライトアップや、。忙しく巡っています。SHIHOさんの春も素敵ですね。ほんとうは其方にも行きたいです。
Commented by italiashiho2 at 2016-04-03 00:24
★Musicaさん、こんにちは! お久し振りです、コメント有難うございます。

そうなんですねぇ、今日本は桜が満開なんですよね!! あちこちのブログで満開の桜を拝見して楽しんでいます。

町内を歩いて桜を楽しむと言うのも素敵ですねぇ。 お弁当を持って丘の上で、と言うのも素敵でしょうね。
個人のお家でライトアップもされているのがあるのですか?! それは凄い! 

この辺り桜は余り無いのですが、坂ノ下に1本大きなのがあるんですよ。
こちらのは白い桜が主なので、薄いピンクのが懐かしいです!

フィレンツェにはお出かけになりませんか?
Commented by ゆんぴょ at 2016-04-03 01:24 x
こんばんは!
ムーラという村! 笑っちゃいそうです。
でも懐かしい感じのする、いかにも・・・村ですね。
日本的な情景にだぶり、余計に親近感がもてるのかも。
味のある村なのに空家が多くなるのは日本でも同じ。
村おこしも・・・ね。
ワンちゃんたちは元気ですね~。春の花たちもイキイキ。
こちらは桜が少し出遅れてます。ゆっくり楽しめるのはいいかな。
メールをお送りしました。よろしくお願いします♪
Commented by italiashiho2 at 2016-04-03 14:45
★ゆんぴょさん、こんにちは! コメント有難うございます。

ははは、ちょっと日本的言葉遊びです。

ここまで見事に石造りの古い家が並ぶと壮観でしょう?!
ただやはり村の中に何か仕事の核に繋がるようなものが無く、ただ農業だけだと今頃は難しいのでしょうね。

ゆっくりお花見が出来ますね。 楽しんでくださいね!

はい、可愛い写真付きのが届きました! 有難うございます!


<<    ・・・ モデナの 伝統バ...      ・・・ ルチャーノ・パヴァロッ... >>