イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 25日

   ・・・ テッラチーナの海辺 朝と夕 ・ ラツィオ州 ・・・


       皆さん、こんにちは!
       一昨日夜、無事に南ラツィオ州の旅から戻りました。
       今回の旅は初めて行く土地でもあり、知らない物をたくさん見、
       美味しい魚料理も何度か食べれた、大変満足の旅でした!

d0097427_23502874.jpg
       最初の地図でご覧頂く様に、
       北イタリアのコネリアーノ・Coneglianoの町を朝6時に出発の、
       総勢48人のバス旅行でして、一路南下。
       休憩を挟みながらウンブリアのナルニ・Narniまで行き、昼食、
       そして19世紀まで異端審問所のあった地下教会を見学。
       
       これがまた大変興味深い見学、ガイドさんの熱のこもった説明で、
       是非このブログでもご案内をと思っておりますが、
       ナルニを午後5時半に出発、またまた南下し、
       今回の旅行の基地となるテッラチーナ・Terracina の宿には
       8時半頃に到着だったと!




       夕陽が傾く頃に最後の行程を行き
d0097427_23504288.jpg



       テッラチーナの、これが今回4泊した宿
       すぐ向こうが浜辺で、shinkaiの部屋は7階の非常階段の左隣。
d0097427_23505490.jpg



       地図をどうぞ
       今回回った町は、翌日にガエータ・Gaetaスペルロンガ・Sperlomga
       旅行3日目に赤点を打ったセルモネータ・Sermonetaの町、城要塞と、
       午後にニンファの庭園・Giardino di Ninfa
       4日目は船でポンツァの島・Isola di Ponzaに。
       最後の5日目の午前中は、テッラチーナの旧市街を回り、帰路に。
d0097427_23510472.jpg
       左上にちょっと引っかかるのがローマの街で、
       右下に見えるNは、ナポリのN。



       という事で、今回の旅行ご案内の最初に見て頂くのは、
       ホテルの窓や浜辺からの、ティレーニアの海と空の色

       4日目に渡ったポンツァの島では、本当に蒼い海の色、エメラルド色を
       見たのでしたが、それはまたのご案内とし、
       ここでは、海辺の朝の空気を感じて下さいね!
       
       まず2日目の朝、部屋のテラスから
       shinkaiの部屋は海に面しておらず、これで精一杯!
d0097427_23511617.jpg



       非常階段が部屋の横にあり、
       あっ、あそこからだったら西側の海が見える!と出まして、
d0097427_23512858.jpg



       これは少し陸側を。
       こんな風に松林に埋まる感じで、貸しマンションや家があり、
       多分殆ど夏のヴァカンス用なのでしょう、窓は大概閉まっておりました。
d0097427_23514144.jpg

       で、非常階段に出たのは良いのですがぁぁ、
       うっかり閉めてしまって入れず、ははは、
       1階までポツポツと下りましたぁ!!


       浜に出ると東のほうは雲が厚く早く動き、
       海の色もグレイで少し陰鬱な色!
d0097427_23515541.jpg




       東に続く浜の様子
d0097427_23520983.jpg



       波もそんなに大きくなく
d0097427_23522278.jpg





       西の方には青空
d0097427_23523576.jpg




       3日目の朝。
       少し賢くなり、ははは、非常扉に締め出されずに済み、
d0097427_23524834.jpg



       テラスから見る北の山と
d0097427_23530105.jpg



       手前に広がる平野のオリーブ畑
d0097427_23531443.jpg



       ホテルから浜に向ってこんなテラス席もあり
d0097427_23532780.jpg



       この日は少し波も大きく、海の色もブルー!
d0097427_23534183.jpg
d0097427_23535443.jpg
d0097427_23540780.jpg



       打ち寄せる波、ひく波、そして浜の小石、貝殻
d0097427_23542038.jpg
d0097427_23543316.jpg
d0097427_23544831.jpg
       前夜に大きな雷の音が何度も聞こえ、雨も降ったらしく、
       浜の砂もしっとり。
      
       朝食の時に連続雷の話が出ると、えっ、ホント?!という
       豪傑が結構いるのですよねぇ、これが、ははは。




       何に使う車なのか、こんなのも通り過ぎ
d0097427_23550271.jpg
d0097427_23551537.jpg



       タイヤの跡くっきり!
d0097427_23552999.jpg



       遠く遥かに見えるポンツァの島。 
       翌日船で1時間15分の距離でした。
d0097427_23554311.jpg



       この日は良いお天気、暑いほどの日となりました。
d0097427_23555657.jpg



       浜を引き上げようとして見た蝶!
       羽を広げて止まったのが、残念閉じてしまいましたぁ。
d0097427_23561063.jpg



       連日見学が長くなり、ホテルに戻るのは7時過ぎ!
       で即夕食となり、その後部屋に引き上げて見る夕陽の名残
d0097427_23562265.jpg



       4日目の朝、浜の写真は今日は無し!と決めていたのが、
       朝食後のぞくと、
       あれっ、ボートがいるじゃん!!
d0097427_23563665.jpg
d0097427_23564873.jpg
       この日は終日ポンツァ島で過ごし、暑い陽射しに焼けましたぁ!




       ポンツァ島での昼食の量が多く、美味しく満足超満腹!
       で、ホテルでの夕食は辞退し、ビール1本とポテト・チップスを部屋に
       持ち帰り、TVニュースを見ながらちびちびと。 
       
       テラスから見る落日、と夕陽
d0097427_23570267.jpg
d0097427_23571434.jpg



       最終日。北の空、朝の薄いピンク色
d0097427_23572885.jpg



       西の空、非常階段越しの月
d0097427_23574232.jpg



       バスに旅行鞄を積んだ後、ホテルのテラスを見ると、
       椅子が並び、傘を広げている最中!
d0097427_23575550.jpg
d0097427_23580988.jpg
       
       浜もごみ掃除が済み、綺麗になっています。
       そうなんだ、この日曜から夏の浜開きなんだね!




       テッラチーナから西に延びる岬の先端
d0097427_23582357.jpg



       海が煌き、今日は暑くなりそう!
d0097427_23583944.jpg

       チャ~オ! また来れるかな?



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、健在! アッピア街道 を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     





   


by italiashiho2 | 2016-05-25 00:07 | ・ローマとラツィオ州 | Comments(10)
Commented by クリス at 2016-05-25 07:11 x
お帰りなさいsinkaiさん!
なるほど、テッラチーナにお泊りだったんですね。
前回の旅行プランの中ではガエタを含めこの辺の宿泊施設はけっこう調べていたので興味がありますね。テッラチーナにはロマネスクもあるしアッピア街道も近いので、このブログのおかげで行った気分になります。
ニンファの庭園は、興味深い遺跡ですがこれも行けなかった所なのです。それでも最後まで捨てきらなかったのがセルモネータでした。
ナルニはウンブリアなので前回は断念しましたが、そちらも期待しております。
それと、ガエタの名物のティエッラ(Tiella)と呼ばれるパイ(ピザ?)は食べましたか? これも興味あったのですよ。

まずは、無事お戻りの様子でなによりです。
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-05-25 11:06
こんにちは^^
今回も海辺への旅を満喫させて頂きました✨気持ち良かったです^0^/
Commented by italiashiho2 at 2016-05-25 14:30
★クリスさん、こんにちは! コメント有難うございます。

テッラチーナの宿は中心から3K以上離れた浜辺だったのですが、中心に向う道は両脇がオリーヴ畑と温室、イチゴも有名なんだそうです、菜園、そしてキャンピングカー、バンガロー、貸し別荘で埋まっておりました。

ニンファの庭園は木曜日がお休みで、最初の予定、金曜のガエータと入れ替えられてでした。 
廃墟を上手く使った世界でも10指に入る人気庭園だそうですが、ガイドに連れられてで奥には入れずで、普通の植物公園とは別物でした。

ガエータのティエッラは食べませんでしたが、ウンブリアのピーチ式の太い麺シャラティエッリというのは、友人のお皿と分けて食べましたよ。 美味しかったです!

この街も大変面白かったので、また見てやってください。
Commented by italiashiho2 at 2016-05-25 14:37
★Izu8Mayu3さん、こんにちは! コメント有難うございます。

宿が海辺のモダンなヴァカンス客用ホテルだったのですが、すぐ裏が浜辺で気持ちよく、朝ご飯の前に撮りに出ていたのですが、
部屋の窓から見られていて、何人もから、朝浜辺で撮っていたね、と言われました。
Commented by 小父さん at 2016-05-28 22:55 x
こんにちは

こちらは相変わらず忙しくしています!(笑)

南ラツィオ州へはマイカーで704kmも走られたんですか!
あっ、バス旅行だった!(汗)

異端審問を少しだけ見ましたが、どこまでも大きな宗教支配の一端の言葉にまた接しました。

うわ、14時間のバスツアーでしたか!
もちろん高速道をぶっ飛ばすんですよね?

>ホテルの窓や浜辺からの、ティレーニアの海と空の色。

いわゆるリゾート地なんでしょうね。

>うっかり閉めてしまって入れず、ははは、1階までポツポツと下りましたぁ!!

とんだ災難でしたね。

>東に続く浜の様子。

波も素敵ですが、背景の山が高そうですね。

>テラスから見る北の山と、

岩肌でしょうか?

海辺の「テラスが素敵です。

海の色は変化するんですね!

波打ち際の写真数枚に見とれます。

>豪傑が結構いるのですよねぇ、これが、ははは。

酔い潰れていたのかな?(笑)

>タイヤの跡くっきり!

これいいですね。

>4日目の朝、浜の写真は今日は無し!と決めていたのが、

はっはっは、楽しいです。
何と素敵な構図なんでしょう。
Commented by 小父さん 2 at 2016-05-28 23:06 x
>で、ホテルでの夕食は辞退し、ビール1本とポテト・チップスを部屋に

そんなことってあるんですか!

>テラスから見る落日、と夕陽。

ん?太陽の下の黒い部分はでこぼこに見えますが、木々でしょうか海面ですか?

>西の空、非常階段越しの月。

なるほど、こんなアングルもあるんですね。

>そうなんだ、この日曜から夏の浜開きなんだね!

いい感じですね。

>テッラチーナから西に延びる岬の先端。

これも岩山っぽいですね。

>海が煌き、今日は暑くなりそう!

二人の右下のシルエットがいいです。

もう、すっかり写真教室気分です。
有難うございました。
Commented by italiashiho2 at 2016-05-29 04:26
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

はは、ちょっと偵察に行きましたら、本当に良く歩かれているので驚きました!
明日改めてお邪魔させていただきますね。

はい、朝の出発からの時間をみると14時間ですが、途中でナルニによって見学していますし、2~3時間走ると休憩する義務がバス会社にはあるようで、ちょうど片道8時間位でしょうか。
普通は高速を走るバスを乗用車が追い抜くのですが、この度の運転手さんは凄かったですよ、大ベテランなんでしょうね、ぶんぶん乗用車を追い抜くし、アッペニン越えのトンネルの中でも追い越し車線をどんどんでして・・!
戻りに大きな停滞があって30分位ぞろぞろだったのですが、そんなのは軽く取り戻す感じで、ははは、コネリアーノに予定よりずっと早く戻ったのでした。

あのナルニの異端審問所には驚きました。 異端審問なんて16世紀位の物だと思っていたのが、なんと19世紀まで、イタリア統一運動が起こって引き上げたというのです。 怖いものでした!

はい、夏のヴァカンス地ですね。ホテルもですが、もっと一般庶民向けの貸し部屋とか、キャンピング・カー用のキャンプ地とか、貸し別荘とか、とにかくいっぱいいっぱいありました。

そうなんですよ、その日のお天気によって海の色が本当に変わるのですね。
それに風によって波の高さも変わりますし。

Commented by italiashiho2 at 2016-05-29 04:36
★小父さん、続けます。

今回のホテルの夕食は、魚、肉、魚、肉という有難いもので、ちょうどあの日は肉だったんですね。
お昼を本当にお腹いっぱい食べ、おまけに最後の日だというので夕食が8時からだったのです。
私はいつも家で6時半ごろ食べ9時過ぎには寝ていますので、8時からだと消化に悪く良く寝れなくなるので、ビールとポテト・チップスでちょうど良かったです。
でも考えてみると、こういうのも結局体力の衰えなんですよね、ははは。

落日の写真やらで地平線に見える凸凹は木や家の影ですね。
そんなに大きな街のビルはありませんので、ほぼ一直線ですね。

ははは、写真教室! 私の写真なんぞ、講評会に持っていけばワヤクチャに言われる部類の物だと思っています。

こちらこそ、いつも有難うございます!

Commented by granpa di itosugi at 2016-05-30 18:26 x
shinkaiさん こんにちは。コネリアーノ発48名のバス旅行、ラツィオ南部の旅、私も参加したいものです。(*^_^*)ディープなイタリアを感じられるでしょうね。記事のアップを楽しみにしております。
Commented by italiashiho2 at 2016-05-31 00:28
★itosugiさん、こんにちは! コメント有難うございます。

そうなんです、大人になって以降、日本ではグループのバス旅行を殆どせずにいましたが、こちらに来て参加したグループのバス旅行、日帰りや2泊、そして1週間と結構あるので楽しんでいます。

土地のガイドさんが付き、説明もとても深くて面白いのですが、聞いていると写真が撮れなくなるので、勝手にフラフラです。
有難うございます! また見てやって下さいね。


<<    ・・・ ニンファの庭園 ...         ・・・ ヴァルヴァゾーネ... >>