イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 04日

   ・・・ イタリア共和国 建国70周年記念パレード ・ ローマ ・・・

d0097427_03172916.jpg
       イタリアは第2次大戦後の国民投票により、
       それまでの王政から共和国となり、今年で70周年
       その意味ではとても若い国なのですが、

       毎年6月2日を共和国記念日として祝う祭日となり、
       ローマの中心フォーリ・インペリアーリ通りで
       軍事パレードが行われる様になったのも、
       先々代のチャンピ大統領の時、2000年からの事。

       以前はよくTV中継を見ていたのですが、久し振りに今回
       中継を見て写真を撮り、皆さんにも様子をと張り切ったのでしたがぁぁ、
       情けない事に、コンデジ・オートで撮ったら良い写真が撮れず・・!
       ご容赦願います!!
       
       が、イタリアの建国記念日祭日の軍パレードのTV中継、
       どんな様子かお楽しみ下さい!

       上はフォロ・ロマーノの近くのお家にかかる、大きな三色旗




       フォーリ・インペリアーリ通り・Via dei Fori Imperialiは、
       かのコロッセーオから北西のヴェネツィア広場を結ぶ850mの通りで、

       ヴェネツィア広場の西角にあるヴィットリアーレ、無名戦士の廟
       番組の最初に流れ、 
d0097427_03174064.jpg



       3色の煙を吐きながら、上空をアクロバット飛行隊が通った様子も。
d0097427_03175259.jpg
       どちらの写真にも見える煌びやかな甲冑姿は、
       コラッツィエーレ・Corazziereと呼ぶ、大統領の儀式で護衛を勤めるもので、
       乗馬が出来ること、背が高い事を条件にカラビニエーレ・Carabiniere・
       元々国王の護衛から派生した警察、の中から選ばれるのだそう。
       



       正面にコロッセオの見える風景
       左に見える通りがパレードの行われるフォーリ・インペリアーリ通りで、
       右側にフォロ・ロマーノの遺跡跡が広がります。
d0097427_03180481.jpg



       フォーリ・インペリアーリ通りの左側、既に観客がいっぱいですが、
       後ろにも遺跡群が。    
d0097427_03181722.jpg



       正面にコロッセオの見えるフォーリ・インペリアーリ通り
       右に半分切れて見えるのがヴィットリアーレ・Vittoriale、      
       無名戦士の廟はここに。 

       パレードは、コロッセオの方からこちらに向って進みます。
d0097427_03183096.jpg
       この中継を見る時いつも思うのですが、 
       本当に舞台装置が良いなぁと!! 思われません?!
       

       コロッセオの修復は済んだのでしょうが、
       今回、手前にまだ少し覆いが見え、これが残念・・。

       それにしても、少し修復が綺麗過ぎるのではないかと思いますが、
       ローマ期の人々は、こんなコロッセオを見ていたのでしょうか?!
       



       音楽隊がコロッセオに向って進み
d0097427_03184262.jpg



       大統領の乗られた車を護衛するコラツィエーリを迎える形。
       後部座席奥に大統領の姿。
d0097427_03185517.jpg
d0097427_03190899.jpg



       こうして中央の貴賓席前に到着され、 
d0097427_03192028.jpg



       お迎えの上院下院議長と首相にご挨拶され、
       貴賓席中央にお着きのセルジョ・マッタレッラ大統領・Sergio Mattarella,
       第12代イタリア国大統領、現在74歳。
d0097427_03193385.jpg
       はい、イタリアに大統領が居られるのは余りご存知無いかもですね。
       大統領はイタリア国を代表する方ですが、国政には直接関与せず、
       首相に助言を与える、というお立場なんだそう。

       先々代のチャンピ大統領の時よりイタリアは大統領に恵まれており、
       とshinkaiは勝手に思うのですが、
       チャンピさんは国民に初めて大いに愛された大統領であり、
       先代のナポリターノ大統領はご自分で任期を延ばしても、
       あの恥知らずなベルルスコーニ首相と戦われた大統領でした。
       
       現在のマッタレッラ大統領は、イタリア憲法の判事だった方で、
       彼の弟は1980年にシチーリア州の知事を務めていた時にマフィアに
       暗殺され、それが政治界に入るきっかけとなったと聞きました。



       コラッツィエーリの団長(言葉が浮かばず・・!)が音頭を取り
d0097427_03194633.jpg
      



       ファンファーレが流れ、ついでイタリア国歌の演奏
d0097427_03195944.jpg



       今年建国70周年のパレードの先頭を切ったのは、
       イタリア国中から集まった400人の市長たちの行進で、
       8000市の参加があったそう。
d0097427_03201238.jpg
d0097427_03202554.jpg
       先頭の真ん中にいるのは、(写真前列左から2人目)レオルーカ・オルランド・
       Leoluca Orlandoパレルモ市長で、その右も顔は知ってますが名が・・。


       今年は共和国建設70周年記念でもありますが、
       婦人の投票権獲得70周年でもあるのだそう。



       貴賓席前列中央に並ぶ、左から首相のマッテオ・レンツィ・Matteo Renzi、
       上院議長ピエトロ・グラッソ・Pietro Grasso、
       マッタレッラ大統領、下院議長ラウラ・ボルドゥリーニ・Laura Boldrini、
       一番右は・・、知りません。
d0097427_03203897.jpg



       貴賓席前を護衛するコラツィエーレ
d0097427_03205165.jpg



       そしてその脇にしゃがみこむのは、招待された子供達
d0097427_03210343.jpg



       さて、カラビニエーリの軍楽隊の行進が始まり
d0097427_03211618.jpg
d0097427_03214191.jpg



       中央貴賓席前で、礼を捧げて行く姿。(ピッタリの言葉がありましたっけ?)
d0097427_03212815.jpg



       このパレードは軍隊の行進が主で、
       右から、陸軍、海軍、空軍、カラビニエーリ、財務省の軍
d0097427_03215375.jpg
       日本では大蔵省が軍を持つ、というのは考えられませんが、
       イタリアには財務省の軍があり、大いに働いています。
       



       そしてイタリア20州の旗の行進
d0097427_03220657.jpg

       



       この方は軍に在籍の、パラリンピックに出場される方だそうで、
       車椅子に乗っての行進参加、
d0097427_03222038.jpg



       その後ろには、各軍からのオリンピック参加の選手たち
d0097427_03223321.jpg



       陸軍の先頭を切って登場は、有名な歌う部隊、
       サルデーニャはサッサリ・Sassari旅団
       第一次大戦の時は「赤い悪魔」との勇名を馳せたそう。
       歌はこちらで。 
       歌詞は勿論サルデーニャ語! まるで分からずですが、
       「お前がもしイタリア人なら、サルデーニャ語で話せ」と!
d0097427_03224647.jpg
d0097427_03225814.jpg



       貴賓席で拍手するレンツィ首相と、その左の女性は、
       マッタレッラ大統領と一緒に車で登場した、初の女性防衛大臣
       ロベルタ・ピノッティ・Roberta Pinotti、52歳だそう。
d0097427_03231170.jpg

       寄り道ヴィデオ。朝会場に上院議長グラッソと歩いて到着のレンツィ首相。
       市民達から、頑張れ、投げ出すなよ!と声がかかります。
       政治オンチのshinkaiですが、今までのイタリアの政治家とは一味違う
       彼に、どこまでやるれか、密かに声援して見ています。




       これは赤十字のヴォランティアの皆さんと。
d0097427_03232382.jpg


       アルピーニ・イタリア山岳兵部隊、オーストリアからのイタリア独立では
       大いに戦ったアルプス兵、帽子に黒い羽1本が目印で、
d0097427_03233643.jpg



       今回はスキーを担いだ姿も登場
d0097427_03234956.jpg
       普通の行進速度は、1分間に130歩だそうですが、
       アルピーニの速度は遅く1分に100歩。
       逆にパレード最後に登場のベルサリエーリは、180歩!




       たくさんの部隊、士官学校の生徒達、様々な伝統衣装で登場なのですが、
       とてもすべてご案内できず残念!

       海軍の登場、まずは軍楽隊から
d0097427_03240209.jpg



       士官兵たちが、サン・マルコ!と(連隊名)叫んだ所
d0097427_03241587.jpg



       海兵の中に、肌の色の違う兵もいるのを見つけました。
d0097427_03242790.jpg
       イタリアは既に軍は皆職業軍人ですので、かっては国籍が違っても、
       イタリアで生まれ育った人達が軍に入っているのでしょうね。




       空軍
d0097427_03244095.jpg
d0097427_03245297.jpg



       驚きましたぁ! モデルが扮装したのかという様な女性が、
       ヘルメットにカメラを付けたパイロット姿! 立派!!
d0097427_03250438.jpg



       カラビニエーリ。 元は国王護衛の憲兵から派生した、
       警察でもあり、軍組織もあるカラビニエーリ。
       ミラノのスカラ座前辺りで白馬に跨っているのもカラビニエーリですが、
d0097427_03251819.jpg



       軍であり、アフガニスタンにも中近東の紛争にも派兵
d0097427_03253122.jpg
d0097427_03254357.jpg



       こちらはカラビニエーリ所属のワン君たち
       綺麗に撮れずにごめんよ!
d0097427_03255642.jpg



       そして財務省軍、フィナンツァ・Finanzaといいますが、
       どの軍も最初に軍楽隊が行進し、
d0097427_03260840.jpg



       ほらね、軍隊であるのが分かるでしょう?
       マフィア相手の財産差し押さえとか、襲撃とか
       やはり軍である必要がいろいろあるんだろうなと想像・・。
d0097427_03262208.jpg
d0097427_03264890.jpg



       そして赤十字の皆さん
d0097427_03270541.jpg



       国の警察、ポリツィーア・Polizia関係、刑務所警察、地方警察などなど
       たくさん登場してきたのですが、この方達だけは外せず、
       
       プロテツィオーネ・チヴィーレ・Protezione Civileの皆さん。
       様々な自然災害の時に働いてくれる方々です。
d0097427_03272778.jpg



       そして最後を〆るのは、ベルサリエーリ・Bersaglieri
       黒い羽根つきの帽子を被り、走って行進する歩兵隊。
       とても人気があるんですよ!

       まず整列し、演奏しながら走り出し
d0097427_03273956.jpg
d0097427_03275330.jpg



       あっという間に通り過ぎて行きます!
d0097427_03280503.jpg
       
       こんな感じで~す



       マッタレッラ大統領が近くの皆さんにご挨拶されはじめ、
d0097427_03281909.jpg



       もうそろそろと、テレビ・カメラが捉えたフィレッチェ・トゥリ・コローリ・ 
       Frecce Tricolore・3色の矢
d0097427_03283239.jpg



       ああ、やっと一枚綺麗なのが撮れましたぁ! そう止まっていてくれたらね。
       いつも思うのですが、それにしてもRAIのカメラマンは良い目をしています!!
d0097427_03284400.jpg



       大統領お迎えのカラビニエーリの軍楽隊と、コラツィエーリが近づき
d0097427_03285720.jpg



       貴賓席前に整列
d0097427_03291114.jpg



       再度、国家演奏が始まると、上空をアクロバット飛行隊
       「3色の矢」が飛びます。 綺麗! いつもわぁお~!と見とれます。
d0097427_03292417.jpg
d0097427_03293863.jpg
       フレッチェ・トゥリコローリの演習風景は、


       今年のパレードの様子、短いですが、最初に用意したのよりも
       良く見えます。 イタリア警察のヴィデオですと。
       
       こちらは前夜の夜間リハーサル、全部の軍楽隊
       




       貴賓席前にいた子供達が、自分達で描いた5mもの、
       この記念日の印象の絵を差し上げ、記念撮影を。
d0097427_03295177.jpg
       



       ローマの空を去っていく、フィレッチェ・トゥリ・コローリ
d0097427_03300383.jpg



       パレードの間は何とか保った曇り空が、遂に小雨となりましたが、
       車のホロをそのままに、コラツィエーリに護られ会場を去る大統領
d0097427_03301638.jpg



       お帰りになる大統領官邸、クゥリナーレ宮・Palazzo Quirinaleに翻る旗
d0097427_03302908.jpg

       という、イタリア建国70周年の軍パレード
       毎年同じではなく、今年は装甲車類の参加もなく、
       一度見て恐ろしくも感じた騎馬の槍部隊の参加もありませんでした。

       私は単純に煌びやかなイタリア軍の男達を眺め、
       空を飛ぶ美しい「三色の矢」の軌跡に憧れ、パレードを見つめます。

       イタリアの一面を楽しんでご覧頂けると、嬉しいです!



     *****

       水彩+色鉛筆画ブログには、糸杉の道 途中経過と ・ 猫と鶏に見る日常の容姿! を
       アップしています。   
       見てやってくださ~い!    



     *****        
       
       いつもブログご訪問、有難うございます!     




       
    


by italiashiho2 | 2016-06-04 03:40 | ・ローマとラツィオ州 | Comments(9)
Commented by 小父さん at 2016-06-05 22:35 x
日本国の兵庫県は明石市からイタリア共和国 建国70周年記念パレードをお祝いさせていただきました!
いやー、壮観ですね。

確か日本は自衛隊の演習場内だけのパレードで観閲する総理大臣の映像だけが、時々テレビに映ります(笑)

♪戦争知らない子供たちさ~♪の私は軍隊に対する確たる人生観を持ち合わせていませんが、こうやって記事やヴィデオを
拝見していると日頃自分がイメージしている憲法9条への安倍総理の取り組みや歴代自民党の総理や長老が護憲の上に立った
報道や評論家の言に「どうあるべき何だろう?」と考えてしまいます。

記事の方ですが、最初の「朝イタリア共和国大統領マッタレッラが月桂樹の花輪を捧げた様子が」と
最後から2番目のヴィデオ「今年のパレードの様子、色は悪いですが、」は同じ
2 giugno, l’omaggio al Milite Ignoto e le Frecce Tricolori がリンクされているようです。

>本当に舞台装置が良いなぁと!! 思われません?!

いやいやハリウッド映画でも観ているようです!
Commented by 小父さん  2 at 2016-06-05 23:02 x
しかし軍隊の礼服というものは実にスマートですね。

中学校の頃、家に残っていた父のサーベルなんかで友達とよく遊んだものです。

大統領の乗られた車を護衛するコラツィエーリになんてさらにかっこいいです!
絵になります。

セルジョ・マッタレッラ大統領は気品も漂い、貫禄がありますね。

そうですか!ベルルスコーニ首相はやはり変ですか。
今のアメリカのトランプ大統領みたいに無知でも人気があるようですが、ベルルスコーニ氏も支持者が多いのか?と遠くから見ていました。

>イタリア国中から集まった400人の市長たちの行進で、8000市の参加があったそう

この光景は素敵です。
三色のたすきも粋です。

マッテオ・レンツィ首相のこと伊勢志摩のサミットでもほとんど報道はありませんでしたね。
そのくらいの方がいいと思います。
ラウラ・ボルドゥリーニ下院議長って女優さんみたいです(笑)

Carabinieriの帽子はナポレオンのものと似た形なんでしょうか?(笑)

>(ピッタリの言葉がありましたっけ?)

検索しましたが単に「敬礼」という表現の気がします。


Commented by 小父さん 3 at 2016-06-05 23:22 x
興味深いのは、財務省の軍、サッサリ・Sassari旅団、女性防衛大臣ロベルタ・ピノッティ氏、赤十字のヴォランティアの皆さんの姿勢、
士官兵たちが、サン・マルコ!と叫んだ所・・・これはヴェネツィアの大聖堂か広場なのか?どんな意味が込められているんでしょう?
モデルが扮装したのかという様な女性・・・ベッピンです。
赤十字の皆さん・・・皆、映画に出演しても絵になりそう!
ベルサリエーリはヨーロッパオオライチョウの羽を付けているんですって!?

> こんな感じで~す 。

これ面白いです。
とても鍛え上げた体なんでしょうね。

>「3色の矢」が飛びます

このヴィデオは素晴らしいです!

書き忘れていました、レンツィ首相は好感度で応援したいですね。

いやー、明石までイタリア共和国 建国70周年記念パレードを届けていただいて有難うございました。
楽しかったです。
Commented by italiashiho2 at 2016-06-06 05:14
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

70周年建国記念パレードへのお祝い、有難うございます!と私が言うとちょっとおかしいかもですが、でもこちらの祝日ですので、有難うございます!

そうですね、日本は憲法第9条がありますので、その辺りからの問題があれこれありますね。
ただこちらイタリアは、自分の国を護る軍、兵隊という意識が徹底していますので、紛争に出兵する場合も「我らの兵隊が出兵していく」と見送り、万が一兵士が死亡した場合は、真夜中に遺体が国に戻ってきても必ず政府大臣、高官が空港まで迎えに出ますし、国葬になります。
この辺りの考え方、捉え方が、私もこちらに長くなり見ていますと、日本にいた時と少し違って来たと思います。

リンク先が同じだったの、お知らせ有難うございます!
新しいのに変えましたので、見てやってください。

いやぁ、昔の武将の甲冑にしても、今の兵士の礼装にしても、まさに男の美学の頂点というか、一番カッコよく見える制服ですよね?!
今頃は本当に女性の姿が多くなったと思うのですが、女性もピリッとしてカッコよく見えません?!

ベルルスコーニは、本当にイタリアの恥だと皆が言っておりました!本当に!! でも首相でしたし、今頃は余りニュースにも出ないようですが、ああいうのでも、はは、支持者がいるのですものね、分からないものです!

あの3色のたすき、はは、まさにたすきですね、が良いですよね。 一度腰に帯のように巻いているのも見たことがあるのですが、たすきの方が良いですよね。

あ、そうですね、カラビニエーリの帽子はナポレオン式かもですね。

ああ、なるほど、「敬礼」で良いのですね。
Commented by italiashiho2 at 2016-06-06 05:25
★小父さん、続けます。

財務省の軍はやはり興味深いと思います。 カラビニエーリは普通は警察と同じですし、財務省の軍隊も、どの辺りで探索領域をわけているのかな、とは思いますが。

「サン・マルコ」というのは連隊名です、すみません、追記しておきました。
軍がイタリア国中に分散しているので、毎年同じ軍の同じ連隊がパレードに参加するのではなく、どうやら持ち回りで参加しているらしく、中央貴賓席前で敬礼して、連隊名を叫ぶのですね。

ベルサリエーリのあれはオオライチョウの羽ですか? ふさふさしたのがたくさん付いていますが、オオライチョウが丸裸にされたりしていて・・、ははは。

楽しんで頂けたら嬉しいです! 日本ではたくさんイタリアが放映されているみたいですけど、こういうのは余り無いのだろうな、と思って。
いつも有難うございます!
 
Commented by MUSICA at 2016-06-07 10:28 x
SHIHOさんありがとう。こんなにきっちと全容が見られて。感謝です。ちらりちらりの断片しかみないですもの。
信じられないカメラの技量。圧巻です。
パレードは美学!
イタリアの若者が、優秀な子が、軍隊に入りたいと言い切るのをはじめてわかる気持ちがしました。
日本人の目から、御勉強できるのだから、お医者さんとか建築とか、と反対していたのですが。
でも戦いはしてほしくない。
Commented by italiashiho2 at 2016-06-07 14:37
★Musicaさん、こんにちは! コメント有難うございます。

昨年の暮れにやっとデジタルTVに買い替えたので、今年のパレードは久し振りに、と思っていたのですが、ちょっと横着してコンデジのオートでやったら、余り鮮明に撮れませんでしたが、
全体を見れて良かったとお聞きして嬉しいです! こちらこそ有難うございます!

そうですねぇ、今のイタリアは経済的に行き詰っていて、若者達の就職が思わしくなく、優秀な人ほど海外に出て行く実情があるので、
そういう意味でも士官学校に入り、その中から専門的に上を目指す、という道もあるのかと思います。

勿論、イタリアが軍を持っているから戦争は好きなのかという質問をしたら、100%のイタリア人がNo!と言うと確信しています! 
イタリアも陸続きの国で、何度も戦争に蹂躙されてきた国ですもの、戦争の酷さは見にしみて知っている国だと思います。
その上で、他への侵略ではなく、自分の国を護る為の軍、と考えているのだと思います。
Commented by ゆんぴょ at 2016-06-08 01:50 x
またまたお久しぶりで~珍しいものを見せて頂きました!
仰るとおり、イタリアの観光地は日本のTVで放映されても、こんなパレードはなかなかお目にかかれず。
一面を垣間見たような気分になりました。
甲冑姿は堂々として誇りも感じられますね。
それぞれ、自分の役割、使命感を持った行進。
国を守るという意識が高いですよね。
日本はまたちょっと立場が違いますが、本当にお国柄が伝わってきます。
それにしても女性がキリッと美しい~(やはり選んで映しているのかしら)
ワンちゃんたちもお仕事の顔をしてますね。ご苦労様!
綺麗に揃ったアクロバット飛行が見事。
こちら梅雨に入ったので、爽快さを感じましたよ。
Commented by italiashiho2 at 2016-06-08 04:19
★ゆんぴょさん、こんにちは! コメント有難うございます。

こういう軍の行進というのは、そうですね、やはり日本では難しいかもですね。
でも、お堅い国のお堅いパレード、国の威信を示すようなパレードではないですよね。
もっとずっと親近感溢れるパレードだと思います。

今頃はやはり若者達の就職、経済的な問題があるので、軍に入れば心配ないという事もあるのかもしれませんが、優秀な人材確保にも繋がると聞いたことがあります。
いずれにしても、元気な若者達のはつらつとした姿を見るのは美しいですよね。

そうなんです、本当に女性の姿が多くなっていて、士官姿、それも青だすきをかけた団長の姿も多く、声援を送りたくなります!

やはりもう梅雨入りなんですね、これから少し大変ですね! 
ちいこももうすっかり大人になった事でしょうね。
お約束のは忘れておりませんが、も少し後になりますので、宜しくお願いいたしま~~す。



<< ・・・ セルモネータ ・ グー...         ・・・ ニンファの庭園 ... >>