イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 03日

   ・・・ シエナのパリオ ・ 7月2日 実況編 ・・・

     昨日2日、シエナのパリオが行われました。
     歴史的には、7月2日のパリオの方が早く、
     15世紀の初旬から始まったのだそうです。
     昨年8月に実況編を、かなり詳しくアップ致しましたので、
     今日は、なるべくダブらないように、ご覧頂きますね。

d0097427_6472392.jpg

      ◆まだ陽は高く

       実際に、競馬が始まったのは、8時ごろでしたが、
       実況は5時半ごろには始まっており、
       その時はまだご覧のように、広場も隙間がありました。



d0097427_6482728.jpg

      ◆カラビニエーリ登場  1

       6時頃、カラビニエーリの騎馬の一隊が登場。
       これこれ! と実際に見た事のある私は大喜び。
       皆さんにもご紹介できると。



d0097427_6485512.jpg

      ◆カラビニエーリ登場  2

       この騎馬隊は、ゆっくりと広場を半周し、
       そして広場の長辺の部分を、
       抜刀して、突撃! の形で走るのです。



d0097427_6492545.jpg

      ◆カラビニエーリ登場  3

       隊長の号令「カリカー!」と共に、全力疾走
       まさに、鳥肌もの!! 

       肝心の場面が、上手く撮れなくてすみません。
       なにせ秋には、「ミス・イタリア」がありますので、
       今、いろいろ工夫してみています。 ご容赦!
            


d0097427_6495635.jpg

      ◆ゲストの綺麗なお姉さん

       彼女のお父さんが、シエナのパリオについての
       本を出しているとか。
       そして彼女は、レオコルノ(一角獣)の地区なのに、
       他の地区の男性に、恋をしているのだそう。



d0097427_651162.jpg

      ◆彼女の肩には

       で、まぁそんな事は、ワッシには関係ないのですが、
       見せて下さった肩には、
       なんと、レオコルノ の刺青が!!

       そして、見せられないような所にも、あるらしい!
       フ~ム!!



d0097427_6514711.jpg

      ◆もう1人のゲストは

       はい、アンディ・ガルシャ君
       少しお太りになられたようですが、やはり良い男さん!
       インタヴューアのスザンナは、かなり舞い上がって。
       そして彼は、大変に礼儀正しく、
       しっかり彼女の方ばかり見て、
       TVカメラには、最後だけニッコリ一瞥を。
       だから、次のシーンと、ダブって映ってしまったよぉ!



d0097427_6522122.jpg

      ◆いよいよ競馬が

       今年7月の、本戦参加は、
       内側から、ルーパ(雌狼)、モントーネ(雄羊)、
       オンダ(波)、オーカ(家鴨)、チヴェッタ(梟)、
       ニッキオ(貝)、ブルーコ(青虫)、ドラーゴ(竜)、
       そして、タルトゥーカ(亀)

       今回は、チヴェッタが常に弾き出されて、
       コースに並べず、大幅にスタートが遅れました。



d0097427_6525697.jpg

      ◆タルトゥーカ(亀)

       これが、一番最後の籤を引いた タルトゥーカで、
       彼が駆け込むと、スタートになります。
       冷静に、ロープ内の様子を見つめます。



d0097427_6533455.jpg

      ◆スタート 
   
       今回は、スタート不成立が2回。

       今、走り始めました。
       前を行く3頭は、
       左から、ルーパ(雌狼)、オンダ(波)、
       そしてオーカ(家鴨)。



d0097427_654137.jpg

      ◆ドラーゴ(竜)転倒

       1周目の、難所サン・マルティーノのカーヴで、
       ドラーゴが転倒。



d0097427_6545163.jpg

      ◆2周目

       モントーネ(雄羊)が、2周目に転倒。



d0097427_6552094.jpg

      ◆そして勝敗は  1

       2周目以降、1位のオーカ(家鴨)と、
       2位のニッキオ(貝)との熾烈な争いに



d0097427_6563610.jpg

      ◆そして勝敗は  2

       ご覧下さい! 
       ゴール前の、2頭の競り合いです。



d0097427_6571239.jpg

      ◆勝負は  1 
  
       オーカ が小差で勝ちました!
       1頭だけ、グレイだったこの馬、牝馬だそう。



d0097427_657484.jpg

      ◆勝負は  2

       そしてこの騎手、なんと22歳の若さ!
       が、彼も名も、馬の名も、忘れました!!



d0097427_658182.jpg

      ◆勝負は  3

       こうして、勝者に与えられるパリオが下ろされ、
       オーカの地区が大喜びしていると、

       突然に、「勝者はニッキオ」と伝えられ、
       こうしてパリオは、ニッキオの地区の手に。



d0097427_6591657.jpg

      ◆勝負は  4

       TV報道の関係者自体が、あれこれ取り沙汰し、
       おかしいではないか、といっている間に、
       再度、勝者はオーカ、と訂正
       写真判定ならぬ、このヴィデオが決め手となった模様。

       確かに、オーカの頭半分 早いですよね。



d0097427_6594996.jpg

      ◆勝負は  5

       今だかって、こんな事は起こった事がないそうですが、
       それにしても、揉めました!
       ヴィデオがあって、良かったです。

       昨年のブログにかなり詳しく写真をアップいたしましたので、
       そちらをも、ご覧下さいね。

       8月23日 シエナのパリオ ・ 実況編
       http://italiashio.exblog.jp/5585951

       8月1日 シエナのパリオ ・ Il Palio di Siena
       http://italiashio.exblog.jp/5544938


       シエナは晴れていましたが、
       我が家の方は、嵐がやって来て、途中で停電。
       いささか、今回は疲れましたぁ!
 
    ***

by italiashiho2 | 2007-07-03 06:46 | ・トスカーナ州 | Comments(8)
Commented by Vi at 2007-07-03 12:05 x
どうもありがとう♪懐かしいです。ご苦労様でした。
何と言っても予定も何もせずにフラ~と今日はシエナ行こうね?と向かったら同じバスに乗っていた一人旅の日本人の方が、へぇ~お祭りの事知らなかったなんて信じられません・・・なんて言われたんです。本当、昨日のような感覚で懐かしいです。帰りの電車が最終便に間に合いそうでなかったので早めに出たので競馬は見れなくてあの時は心残りでした。あの広場から出るにもそれはそれは大変だったんです。ガルシアさん、イタリア語喋ってたんですか?スペイン語と似た言葉結構あるようですね?
Commented by Yiszk at 2007-07-03 18:59 x
実況放送は大変楽しかったです。一度は現場の雰囲気を肌で感じたいと思っています、パリオはTVで何度も放映されていますが。サルデーニャの話を聴きに行った時、あの島では小さい時から裸馬に乗るとかで、パリオの騎手はsardoが多いとか、聴きました。vero?
Commented by shinkai at 2007-07-03 23:48 x
★Vi さん、こんにちは!  コメント有難うございます。

そうですね、もう1年ですね?!  懐かしいでしょう?  
日本の方には、かなりこのシエナのパリオが、有名になっているようですね。  ただ、皆さん、時間がなかなかゆっくり取れないですよね。 
今回は、余り写真がピリッとしなくて、少し自分でも残念です。

ガルシャ は、英語でしたよ。  彼女は、芸能関係の記者では無いので、ものすごく嬉しそうでした!  もう満面の笑顔でね。
彼は、スポレートのフェスティヴァルに来たのですって。  シエナは初めてで、大変素晴らしい、と、礼儀正しく!!
コミックの連中は、イタリア語の語尾に、ス・S をつけて喋ります。 ふざけてね。  そうすると、スペイン語らしく聞こえますよ!
  
Commented by shinkai at 2007-07-03 23:54 x
★Yiszk さん、 こんにちは!  コメント有難うございます。

ははは、楽しんでいただけましたら、嬉しいです。  昔、広場で2度ほど見たことがありますが、やはり凄いですね。  TVの方が、細部が分りやすいですが、 野球を球場で見るのと同じ事で、感動が違います。
あの、カラビニエーリのは、本当に凄いのです。  鳥肌が立ちます。

サルド かどうかは知りませんが、そういわれると、顔がどうもそのようなのが多いですね。  今回のタルトゥーカの騎手の顔もそうですね。
騎手になるための、学校があるそうです。
Commented by naotyan at 2007-07-04 19:41 x
今日の午後、NHKBSで世界遺産云々とかの番組で、トスカーナ地方と共にシエナを紹介していました。
shinkaiさんのブログがシエナに因んだものだと知っていたなら、もっと真剣に見るんだった~!残念!
転倒やら競り合いの白熱するレースを見ていて、優勝は何処?と思ったら・・・騎手の名前も馬の名前も忘れましたのコメントに大笑い!
ところでと、アンディー・ガルシャ君て、何処かで聞いたことがある名前だけど、何処の何様でしたっけ?
Commented by ゆんぴょ at 2007-07-04 22:11 x
こんばんは!バリオの実況を見せてもらいにきました! 今回も迫力満点。馬が斜めに走ってますものー。写真なのに、転倒シーンとか「あぁっ!」と思ってしまいます。転倒してもすぐに立ち上がれますか? 怪我とか心配ですねぇ。(実際、あの場にいたら、そうも言ってられないかも)
タトゥーのお姉さんも色っぽくていいけど、久しぶりにアンディ・ガルシア! おー、興奮。でも少し年取ったかな。確かに少し太ったような。
でも色気がありますよね、彼は。
今回、勝敗が揉めたのですね。最近はビデオ判定できるから便利。

前回の「アッシジ点描」も見せてもらいました! 朝の澄み切った空気の中、光を徐々に浴びていく街が美しかったです。山からの風景は霞がかかって幽玄な感じも。
Commented by shinkai at 2007-07-05 06:32 x
★ナオちゃん、こんにちは!  コメント有難うございます。

あはは、例によって例の如しの、私でありますね!!  でも、優勝地区は 「オーカ・家鴨」  というのは、もうしっかり!!  
そうですか、シエナの案内がありましたか。  なかなか良い街でしたでしょう?  フィレンツェが、京都とすると、 シエナは奈良、の感じですね。

アンディ・ガルシャ君は、ハリウッド映画の俳優さん、ホラ、「アンタッチャブル」とか、「ブラック・レイン」とか、最近では「オーシャン」シリーズに出ている男前君で~す。
Commented by shinkai at 2007-07-05 06:41 x
★ゆんぴょさん、 こんにちは!  コメント有難うございます。

そう、写真にしてみると凄いですね。 ほんとうに、良くこんなに斜めになって走れる、と思うくらい!  転倒すると、お馬君はやはりさっと起き上がりますが、騎手の方は遅れて、後から来る馬の下になったり・・!  イタァ!とこちらの方が、思わずね。  
騎手の怪我よりも、馬の怪我の方が酷いみたいですよ。  あの細い脚に、あの体格でしょう? だからいざ怪我をすると、大変みたいですね。

ガルシャ、やはり太ったよね?  今幾つ位なんだろう?  そう、あの目が素敵ですよね、昔から。  ウフウフ。  

アッシジ、有難うございます!  本当に、美しい町ですよね。  何度でも行きたくなりますね。
  


<<    ・・・ クレモナ ・ ス...         ・・・ アッシジ点描 ・... >>