イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

italiashio.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 14日

・・・ アッシジ ・春のお祭り、カレンディマッジョ 2008 ・No.4 ・・・

      アッシジの春のお祭り、カレンディマッジョもいよいよ最後
      今日は、最終日5月10日の夜の部、下町地区と上町地区の
      最終対決の場面をご覧頂きます。
      まずは日中の町の様子を、ほんの少しどうぞ。

d0097427_035253.jpg

      ◆春の野  1

       お天気が続いたアッシジの滞在でした。
       昨年の春ほど暑くはなく、
       緑の美しい、ウンブリアの春



d0097427_0355115.jpg

      ◆下町地区  1

       町の西半分を占める、下町地区の各通りには、
       ご覧のように見事に赤い旗が出され、
       お祭り気分を盛り上げます。



d0097427_0362961.jpg

      ◆下町地区  2

       下町上町地区とも、其々が3区域に分かれているので、
       下町の赤い旗と、その区域の旗、と2つ出されているのが見えます。



d0097427_037666.jpg

      ◆舞台は

       夜の公演準備が整ったコムーネ広場
       そして、ミネルヴァ神殿
       塔の時計が10時10分前を指していますが、
       はい、正確です!
       始まるには、まだもう少々かかります。



d0097427_0375483.jpg

      ◆始まります  1

       広場の東からファンファーレ隊が入り、
       始まりを告げます。



d0097427_0382911.jpg

      ◆始まります  2

       お祭りの長老が始まりを告げ、いよいよ。
       舞台の中央には、
       下町地区の音楽隊とコーラスが、既に待機。



d0097427_03941.jpg

      ◆下町地区  3

       舞台左上方の窓に、恋人達が
       彼は明日、十字軍で旅立つので、別れを惜しむ2人。



d0097427_03946100.jpg

      ◆下町地区  4

       こうして、彼も旅立ち・・、



d0097427_0402914.jpg

      ◆下町地区  5

       時の経過、遠い場所との隔たり
       現すかのような、布が流れ、



d0097427_0411855.jpg

      ◆下町地区  6

       十字軍に従った異国で、
       故郷に残してきた彼女を偲ぶ彼。



d0097427_042744.jpg

      ◆下町地区  7

       彼は、遂に戻らず
       
       具体的に何を現すのか分りませんでしたが、
       美しいシーンでした。 
       彼の想いが彷徨っているような・・。
       


d0097427_0425256.jpg

      ◆下町地区  8

       残された彼女も彼を思い続け、
       こんな人生に、何の意味がある?! と。

       この布も、彼女の上に過ぎる時の経過のように
       ブルー系から、ぐるっと反されると
       オレンジ、黄土系に変わりました。



d0097427_043362.jpg

      ◆下町地区  9

       そして、ちょっと可笑しく厳粛な結末
       赤ちゃんの到来!

       右の高い人物は竹馬をつけて。



d0097427_0451510.jpg

      ◆下町地区  10

       舞台に座った彼女と乳母。
       そして、抱かれた赤ちゃんはやはり本物!
       こんな夜の時間に、良いのかいな?!



d0097427_046390.jpg

      ◆下町地区  11

       コムーネ広場の東端にある泉に、
       点された火。



d0097427_0463926.jpg

      ◆下町地区  12

       町の人々が時代衣装で登場。
       手に持っているのは本物の火。



d0097427_0472657.jpg

      ◆下町地区  13

       広場の西端に下町地区のシンボル、
       塔の形に、火が点きます。
       形が大きいのでやはり迫力。



d0097427_048104.jpg

      ◆下町地区  14

       敷き詰められていた白い布も赤に変わり、
       赤系の衣装の女性たちの踊りが始まり、
       これで、下町地区の公演が終りました



d0097427_0485796.jpg

      ◆上町地区  1

       さて、こちらは上町地区。
       左側に、サンタ・キアーラ教会と広場が広がる辺り。



d0097427_0493680.jpg

      ◆上町地区  2

       上の写真の道を、真っ直ぐに中心に向かうと、
       コムーネ広場に出ます。
       この辺りには、ホテル、店、レストランが立ち並び、
       いつも賑やか。



d0097427_050910.jpg

      ◆上町地区  3

       下町地区の公演が終わり、片付けと上町の準備中、
       桟敷席の下がなにやら騒がしい。
       覗いてみると、悪魔に扮した若者達が
       出番待ちなのでした。
       皆上半身裸、裸足!!
       (寒い位の夜で、観客は皆、コート、ダウン着用)

       写真で明るく写りましたが、本当は、
       悪魔にふさわしい暗い場所!



d0097427_0515739.jpg

      ◆上町地区  4

       大道具で、中世の町並みが再現。

       最初3つに分かれた建物群が運ばれ、
       オモチャ臭いなぁ、と眺めている内に、
       トントンカンカンと城壁が取り付けられ・・、
       格好がついたので感心しました!



d0097427_0524227.jpg

      ◆上町地区  5

       さて、上町地区の始まり、始まり。

       地獄の入り口に火がつけられ、



d0097427_054132.jpg

      ◆上町地区  6

       次々と、火縄を持った悪魔達が、
       吐き出されて来ます。



d0097427_0544172.jpg

      ◆上町地区  7

       燃え上がる火縄の煙のもの凄さ!
       そして、その匂い!
       桟敷席の一番上の私の席までも、
       時に、火の熱さが伝わってきます。



d0097427_055227.jpg

      ◆上町地区  8

       絶対に若者達自身が楽しんでいる! と
       確信できる、熱演ぶり!!



d0097427_0561629.jpg

      ◆上町地区  9

       火噴き男も、2人。
       イタリア語ではスプータ・フオーコ
       火を吐き出す、と表現します。



d0097427_05768.jpg

      ◆上町地区  10

       悪魔達の狼藉振りに、司祭が鎮圧のお祈りを。
       が、勿論効果なし!



d0097427_057485.jpg

      ◆上町地区  11

       と、火を持つ天使たちを従え、
       大天使が登場。

       この場面が、素晴らしかった!
       
       コムーネ広場からサン・ルフィーノ聖堂に続く、
       あの急な坂道を、竹馬に乗った大天使が松明を掲げ
       一歩、一歩、広場に下りて来るのです
       夜の公演の見事な一場面



d0097427_0584255.jpg

      ◆上町地区  12

       悪魔祓いに立ち向かう
       大天使と天使の部隊



d0097427_0594071.jpg

      ◆上町地区  13

       突撃~!



d0097427_102521.jpg

      ◆上町地区  14

       悪魔達が退散し、
       平和の天使たち、登場。



d0097427_1175.jpg

      ◆上町地区  15

       カレンディマッジョのシンボル
       飾り付けられた樹も登場。
       細い布の旗を持ち、町の人々が踊ります。



d0097427_115488.jpg

      ◆上町地区  16

       すべての出番が済み、健闘を讃える町の人たち。
       いやぁ、本当に素晴らしかった!



d0097427_124154.jpg

      ◆コーラス対決  1

       一番最後の番組は、コーラスの対決でした。
       こちらは、下町のコーラス隊。

       其々が3曲づつ歌いますが、
       最初の曲は課題曲で、後2曲を其々で。
       おまけに、1曲済むごとに交替しますから、
       課題曲などもどちらが良いか、
       素人の私にもよく分る仕組み!



d0097427_131891.jpg

      ◆コーラス対決  2

       こちらが、上町地区。

       う~ん、私には、上町地区の方が
       コーラスとして調っているという感想。

       で、全ての夜の番組が済んだのは、午前1時!
       これから、審判員の協議の果てに
       どちらの地区が良かったか、評決が出るというのですが、
       協議にいつも時間が掛かるとの事

       こうしてご覧頂いても分ると思いますが、
       上町地区の公演が、大変にイマジネーション豊かで
       見せ場が多く楽しく、おまけに、
       荷車引き、綱引き、弓、コーラスと勝っていますから、
       当然上町地区の勝ちと確信し
       翌日のドライブに備え、宿に戻りました。

       で、2,3日後、サイトで結果を調べましたら、
       (評決の出たのは夜中の2時半だったそう)
       なんと、今年度は下町の勝ち、とあります!!
       冗談、多いよぉ!!       
       審査の評価には、下町の公演には、
       中世の飢饉、戦争、汚れなど、歴史全てがあった、と。
       記者の感想としては、上町の女性陣が頑張った、と。

       皆さんの、ご感想はいかが?!

       で、このアッシジのお祭り、カレンディマッジョの
       桟敷席のお値段ですが、高い方で、4回公演通しで
       80エウロ、 安い方が60エウロです。
       お祭りの1ヶ月前から売り出され、
       銀行振込みで買えます。
       お祭りの日程などは、大体2~3ヶ月前には、
       このサイトに。 http://www.calendimaggiodiassisi.it
                 http://www.calendimaggio.com 
       インフォメーションは、 info@iat.assisi.pg.it
     
       毎年出し物が変更されるわけで、
       こんなに楽しいお祭りが、こんなに安く楽しめます!
       是非、チャンスを作って、お出かけ下さい!!
       お手伝いできる事は致しますので、ご連絡を。



d0097427_143268.jpg

      ◆ウンブリアの野

       最後に、
       春の野の、赤いポピーの帯を
       まだまだ、赤く広がりそう。
       来年、また見れるかな?!



     ***  ご案内  ***
     
      この度、友人のお1人より、ペトラルカについて書くので、
      記事にリンクをと、お知らせを頂きました。

      イタリアの至高の詩人、と讃えられる
      フランチェスコ・ペトラルカ が、
      彼の人生の最後の数年間を過ごした、
      アルカ・ペトラルカの村について、
      2007年2月にアップした時は、
      まだ実際に訪れた事がなく、
      ガイドブックの写真を使いました。

      暫く後、早春の村を訪れ、
      実際にペトラルカの家も見、写真も撮ったものの、
      その後再アップする事無く、気にかかっておりました。

      今回、お知らせを良いチャンスに、
      ペトラルカの家の内部など、写真を追加いたしました。
      こちらです。  http://italiashio.exblog.jp/4752528

      そして、ペトラルカとヴェネツィア についての記事は、
      こちら、イタリア、とりわけヴェネツィア
      http://pescecrudo.blog122.fc2.com/blog-entry-42.html に。

      ご覧下さいませ。



      

by italiashiho2 | 2008-06-14 00:30 | ・アッシジ | Comments(8)
Commented by yukitan at 2008-06-14 02:41 x
はじめまして。
アッシジのお祭り素敵ですね。
見に行ってみたいです。
イタリアが大好きなので時々訪問させていただきます。
Commented by イタフリ at 2008-06-14 14:13 x
あ~~ついに終わりました。夜の部はかがり火、松明、灯も本物なんですね。あの狭い道でヒラヒラとした衣装で大丈夫?と思いました。住民の人達のエネルギーもすごい。イタリアには方々に特徴あるお祭りあるみたいですね。新開さん、見なきゃ、そん、そん、で、また楽しみにアップ待ってますね。沢山の写真で本当に臨場感が味わえました。
Commented by shinkai at 2008-06-14 16:04 x
★yukitanさま、 始めまして、こんにちは! ブログご訪問、有難うございます。

はい、本当に素敵でした。  行く前に写真を見て想像していたのとは大違いで、熱気あふれる、大変に面白いお祭りでした!  アッシジの町に、とても相応しいお祭り、という気がしましたね。  ウンブリアのあの近くの町、村もとても素晴らしいですから、是非チャンスを作ってお出かけ下さい!

はい、そちらにも、お邪魔致します。  よろしくお願いいたします。
Commented by shinkai at 2008-06-14 16:14 x
★イタフリさん、こんにちは! 早速に、有難うございます!

そう、本物の、松明、篝火、それも盛りだくさんに!!  大変に風の強い日、夜で、手に持っていた提灯式の灯りが、あちこちで燃え上がる、という事もあり、でも、皆さん、案外平気でした。  こういうのを見ると、つい日本なら、と考えてしまいますね。  

イタリアの夜は、日本と違って、暗いです。 街中以外は、道筋にも余り街灯がありませんし。   考えてみると、中世はもっと暗かったでしょうし、夜の灯りの美しさ、松明、篝火、  その効果が納得できますね。

はい、今月の末から、シエナのパリオを見に、そしてトスカーナ巡りをして来ますね。  秋のお祭りの予定も、調べてみます。  一緒に、楽しんでくださいね。
Commented by まつ at 2008-06-19 21:57 x
shinkaiさん、お久しぶりです。

写真の数々を拝見~。やー、町全体がお祭りモードになっているようで、その雰囲気、じかに体験したくなりました。
本物の火で彩ったり、火を噴いてる人までいましたが、んー、あれ、熱くないんでしょうかね(笑)
Commented by shinkai at 2008-06-20 00:55 x
★まつさん、こんにちは!  お久し振りで~す、コメント有難うございます。

凄いお祭りでしょう?!  派手好みの、名古屋人には、まさにぴったりと思いますが、いかがですか?!  楽しかったですよ、本当に!!

火吹き男、あれ、先日のコネリアーノのお祭りにもいて、散々吹いていましたよ。  何か、アルコールの入った水を口に含んで、ブッと吹くと、かなりの迫力で。 口ひげぐらいは、燃えそうですね、あはは。
見にお出かけ下さい、お勧めです!!
Commented by 小父さん at 2013-11-08 17:31 x
昨日ずっと探していたというページはこのアッシジの1~4のことです。

ここも・・・イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県にある、人口約2万7000人の基礎自治体(コムーネ)ですよね。

カテゴリを確認してきました(笑)。アッシジ Assisi ( 8 )になるのか!
またゆっくり訪問させていただきます。
Commented by italiashiho2 at 2013-11-08 19:49
★小父さん、こちらにも有難うございます!

はい、ここのお祭りは素晴らしいものです!! 
大体お祭りと言うと、パリオとかの競馬、または昔風の競技があり、その前に時代衣装の行進、が多いのですが、
ここは町の人が出演する演技、出し物で、それが学芸会風のちゃちな物、素人くさいものではなく、きっとちゃんとしたプロの演出家が付いているのだろうと思うのですが、見せる、のです!
1年がかりで用意すると聞きましたから、もう年中行事で、観光客用ではなく、自分達の為の物で、それはもう素晴らしい出来なのです。

私が町にもこんなお祭りがあるのですが、もう月とすっぽん!
一度見ただけで2度と見る気はしない程の違いがありましたぁ!!


<<    ・・・ ラヴェンナ ・ ...      ・・・ アッシジ ・春のお祭り... >>